Skip to main content

Full text of "Tanpen shōsetsu Meiji bunko"

See other formats


700 




.ii/j41 
no . 1 一 o 



3 0112 071411737 



LIBRARY OF THE 
UNIVERSITY OF ILLINOIS 
AT URBANA-CHAMPAIGN 




き' 



T£ 入 山 遽舌巖 



P 直 宦 g ま 梢 白黒け 秋 流 風 



行 野 



食の 
?聲 
; て 



31 



@ Ui 面农 、 
fi き , 

拔慢鷗 月 鬼 * 卞蝶饈 



第 量 禰 目 




謎 明治 文庫 第壹 



⑩麵 沖へ ^ 



山 



人 



( 一 } 

々わん- V つち 5 ら あめ あめ ふ こ ひ つち S ら. S 

r しれ は 元祖 钍 占^、 飴 は a 流戀の a 占 入 



つち, 



、辻占 飴 をめ しませ- (-! さ、 鉱 面白く 叩き 立て、、 僅か 二 

— .L ち 5 5 ある あめう m- どし はたちみ つ を 

女 か 三文の § 貸に、 の小兒 を 常 顧 主にして、 市中 を賣- ^步 行く 飴賣人 。齢 はま だ 一 1H 年 t 二 さは 過ぎす、 

ぼ 323,3- みむく ま いろ ひや こくろ め もど を 4- » を もち yj ほ もの い くち もど あ. S き や 5 

I: は ぇラ リ さして 格 逞しく、 色 は 日 k 焦け て 少し 黑 いが、 眼元凉 しく 鼻筋 透ゥ、 物 を 云 ふ 口元に 愛嬌 



ばい 



あど 

わりて、 ^の 商 『買に は 惜しい 男 振ゥ。 t の小兒 をロ實 にして、 子守 女の 跡 を 追いたがる も 成る 程 道理。 

C "ろ ,y で t&fjv. ん てん ね い ろ Iv-b げづ きん こ 5 はく ね づ k% ケめ まる. > おび ふた こ あはせ を ねか 

ぎの 無釉, 纏に、 同 卜 色の 投 頭巾。 紅白お 手綱 染 はした 丸 括け の帶に 。二子の 袷の 裙 を 高く からげ て 



ほ $」 もつ ど- 



はこ か"; SJ 5 



5: ュ ?,- きゃはん てっこう あめ S ^ .i あか ひもつ ひだ 《- かな ► 

俊 黄 木綿の 脚 狩 手 甲 かひ, ^しく。 飴 を 入れた 荷 箱に 赤 S 翻 付けて 左の 肩に かけ、 箱の 角に 鬱金 木綿の 



i^. ピ. をげ て、 もれ i:^fH^H^ 六:^^、 扇子 一 一三 本 入れて わるの は、 折々 乙れ を 持て 躍る とも ある^ 舅へ た。』 

J るび よ a の" J." こど け ふ のち ひがんい ほ A がう こ い しか はへん ひど あつ てら $15 じ や 5 あ る 

^日和の 長 問 さ、 殊に 今日は 後の 彼岸 ざ K ふに、 本鄕 から 小石 川 邊^、 人の 集ま ゥ さうな 寺 道. 場 を步行 

か ^ ふ X} ころ さいふ たも わがい へ かへ どち. ひや 5 や おかた も S- かたむ ころ め じろ ふ や 5 ち 

て、 可 S ゥの商 負 ひに 懷 中の 財.^ を 重く して、 吾 家へ 歸る 途中。 日 嫩く高 a の 森に 傾く 頃、 目白 不動の 地 



辻占^ 



WbS さ か、 >4, ほ ?ん けい にん ちの こ あて はこ ほん J-5 ゑん たろ れい かね 5 はや 

內に 差し 掛, 00 尙 チラ ホラ ざ參詣 人の 傲- >殘6 を 目的に、 荷 箱 を 本堂の 椽に 卸して、 刺の 紙,^ 打ち 喊 す 

5 はし 上 こ! もま, U みやげ さいせん あ ま w ばァさ <5 ま しぶらく ひビ たこ 

さ。 ,^れ に 浮かされて 走ろ 寄る 小兒、 孫への 土產さ 赛錢の 殘餘. はたく 婆檨 も混ぢ つて、 朁聘は 人の 循.^ J 

つ やが 5 だ あ ひ かね み をつ の. J くだん ..、 め や い まムし fi- た * 

築かした が 。聽て 打ち出す 入相の鐘に、 皆ち. of に 成て、 殘 された ハ 件の 飴屋 S 、今 葦簾 を疊 みかける、 

ちゃみせ >*ァ &っ あめや :i ば 二 さ ちゃみせ は 5 き あいき や 5.L や 5 ぶい くち かろ 

茶店の 嬰さん ばか 6 に 成た 飴屋 は 荷 箱 を 提げながら 茶店の 方へ 來て、 愛嬌 商寶 だけに ロも輕 く、 

しま たき J く ちょつ どた ば. J ひか :J L や £-53 こし 

《もうか 仕舞 ひな さるのに 御 氣の毒 さまです が、 1 寸茛の 火 をお 貨 しなす つて …… :! 云 ひながら 床几へ 腰 

かけ Hi ァ 1*-れ< , か 上 てんき けつ こ "< 

を 掛ける さ。 婆さん も驯々 しく、 《さァ さか 掛けなさい 。好い か 天 氣でま ァ結搆 で ru^s ました チ。 :! 《^ん 

よ あんばい あきん 5i たも け ふら かきいれ ひ ふ 

さに 奵ぃ鹽 梅で 商人 は 助か. ます OM 今日 等 は 書 入の 日 だもの、 降られて たまる 毛んで すか チ 。ホ 、ゝ、 } 

わら ばァ しぶちゃ くんだ ばい, ひ し. &. S3 

笑; 3 ながら 婆さん は gi 茶 を 酌で 出しぶ 一 杯 かわかん なさ. so …… 火 は r^^s ました か 知ら 云って 今 

さ やき だん 2 せ のケ み あめや ちゃ どの ね., - まひ む 

mj? の 達磨の 背お 窺いて 見る。 飴屋 は 茶 を ffi つて 吞 みながら、 ((御 仕舞が けにさん だ 御 邪魔です チ oj> 《な 

まへ ひく ゆつ <w や も い わ たし ぶく 

ァ にか 前さん、 まだ 日 は 暮れ やしまい し …… 悠然 憩んで.;^ 出で なさい、 妾 も rJ れ から ゆる. (- 1 服して 

くわし たつ ちゃ だ. A は 5 ゆ あめや た 

…… ドレなん どか 菓子が わ. さうな もの だ o》 ト、 立て 茶棚の 方へ 行かう さする のお、 飴屋 は 押し^め 

^^4ァ たよ ちゃ 5 わたし お & ほんの.,.! る い 

て、 ((か 婆さん、 をれ に は 及ばね ュ。 か 茶 受け は 私が 奢 6 まし やう、 まだ 六 七本殘 つて 居た から o】 云 ひな 

, に ば こ ひきだ 1- L やうば いもの ちめ ばんか だ もぶ あつ はん 5 へ た f のこ もの 

から 荷 箱の 抽斗から、 商賣 物の 飴 を 五六 本搔き 出して、 傍に 在た 盆の 上に ft き、 U 婆さん、 殘. < ^物, た、 

つま も ちゃ S か わな. I しゃ., rs* ん 

」 ッ-; ^摘みな さ so)) 7? をれ は濟 みません チ 。をれ ぢ やか 茶 を 入れ 替 へて、 妾 も 御 伴食し まし やうよ。)) 

« ァ べク ちゃ. S き あめや もば ざ L ばん どク もが をみ あめ 

塑 rc んは 別に 茶 を 入れて 來て、 飴屋の 傍へ 坐 を 占め 、飴お 一 本 取て 眺めながら、 《乙れ は 通常の 飴です か OJ 



r れ つち 5 ら あめ い わたし CA< f I つち 5 ら L こん つち. T ら & 

《ィ、 ュ、 此は、 辻占 鈴 さ 云って 私の 新 工夫 さ、 中に*^fiが仕込でゎるんですo】 で ゾ辻 占かチ …… 成る 

ほ ビ き よ s でき 1^ ん ち いさ わたし 上 、 ゝ ゝゝゝ ゝ、、 ふし 

程奇 用な とが 出來 ます チ。 ::: 何 だ ゥッて …… 少 くて 妾に や 籠め ない が、 …… ふしぎな と ゑん …… 不 S 

ぎ £ ゑん ほきち が みし あめや か 5 L よ.^ やの 一 

議な 御緣、 » る 程 さう は 違; 3 ない ねュ。 見す 知ら 卞の 飴屋さん さ、 期して 1 所に か 茶 を 呑む の は、 乙れ 

ふしぎ & もん ちが を しか あいて %5ァ ► まへ *^ め wfJ^T » -' 

は 不思議な 御 綠に逢 S 無い、 ホ、 ゝ、。 然し 相手が 4^ 婆さんで、 前さん 乙 を 御迷惑 さチ。 お、、、》 

ばァ き 上 5 いつ わら ク ゐ あめや 3 たべつ あめ をつ を かみ , * „ . ,,,,パパ * , \ 

婆さん は 興に 入て 笑て 居る^、 飴屋 は 叉 別に 飴 を 折て 中 を 見せながら 《乙れ はは 力. はらぬ みさを さ あ 

たの を 5^ «J こ をヮみ っ^^5ら で 3 V めづ * 

A> ますせ o》 ((賴 もし ぃチ0 成 る^かう して., 何處を 折て 見ても 辻占が 出 るんで すチ 乙れ はま ァ珍 らしい 

よい 物 を .55 者 1- なすった。 さど 寳れ まし ゃラ子 OM 處が まざ 初めて 間が 無い から、 わん ま. 賣れ ません の 

サ 0)) ((をれ;1^ゃァ13だ此頃かー初めなすったのかチ0》 《つい 一月 ほ.^ W 前から * めました が、 ^う も 馴れ 

のま ゝ さ I L&.5t ^ およつ ど. S にく ばァ 

なぃんでぃけません0》((其25前は何樣な商賣をし^^すった0ズュ 、 …… をれ は 一 寸云; 5 惡 いので。】 婆さん 

さっき f>a- あめや か は 5 ちま も ゐ この ビき もこ わら ひ ふく >、、 ► 7 y ^ >M.^ 

は 先刻から 頻 6 に 飴屋の 顔 を 打 守って 居た が、 此赌 少し 笑 を 含んで、 ((ハ 、 ァ讀 めた。 をれ もや ァ粹 の果 

ァ た &. 5 だ v,--^ こ^^っち5ら おも ひっき い だい、 ち を どこぶ さ 5.- でき、 

だチ 0)) U 婆さん 串戯 云つ ちゃ S けな S せ 0)) ((ィ 、 ュ此 辻占の 意匠^ 云 ひ、 第 一 男振り か 左 樣出來 てる 

ばァ あめ & へんれい どん 

もの 3)) ((か 婆さん 飴の 御 返 禮か子 0)) ((ホ 、 、 、飛で もない 0)) 

(二) 

この どき まん さ $ 1^ ん し た 5 づく チ ふ もら t あ を ぜん ざた を てぬ- 2- ひ 5 へ よ ねん i ケ * ゐ * 

此將 まで^ 堂の 段の 下 は 蹲 ま ゥ て、 今日 貸ひ檷 めた 靑錢 を、 薄汚 S 手拭の 止で、 餘念 をく 算 へて 居た 

ど. しなろ をん &こ じさ .S3 ば, わら ひ&ゑ き つ こ をた み ゐ 、i > > r I . , 

年頃 四十 五六の 女 非人。 今 婆さんの 笑 聲に氣 が 付いて、 此方 を 見て 居た か。 やかて 立 上って ノゾく 



さ 乙れ も 茶店の 方へ 來 て、 小 腰 を か》 め、 ((叔 姆 さんまた か 仕舞な さらない か 子。)) ((^" 船 ii ぎさん^ か 慰 

い > ばか ば をし ゐ S へけ ふ. S もら ひ ビ ころ ^ ^ 0, ビ.^ 

を 入れて 馬鹿 ッ話 をして 居る のサ。 か 前 も 今日は 好 S 所得が あったらう チ 0)) ((處 が 却て ^SI です よ。 Z 

ひ 上 そ やつら • こん < どち もの かへ つ さ 5 け、 1^、 

んな 日に は餘 所の 奴等が 入、 $;! で來 るから、 土地の 者 は 却て ゥまゥ ません よ 0)) ((左 樣だ らう 子、 今日はが 

ふ を ゐ .S ゥた ち 上ち 5 けさ み 

分 見慣れ ^いのが 居た ッ けよ。 …… をれはさぅさ何日もの御女中は今朝は.^-見へなさらなかったょぅだ 

ノ。】 ((ほんに さ。 毎朝 欠した との 無い か 方が、 今日に 限って 4- 見へ なさらね ュの は? です 于 0)) ((ゲ 

ふ ひ?, ん ひどで. &-.«> い を L i f , . 

日 はか 彼岸 だから < が 出る さ思ゥ て、 をれ でか 出で が 無 S のか も 知れ 》 い 子 0)) ((か 彼 St だから ゲ Si なん 

ほの こ >J ま ゐ さ まや 

ど は、 尙 更か 參. がわ. さうな ものです に でも あ、 やって 毎朝々々 早くから かお ゥ なさる が、 

はんさに 威 心な か 女中 さチ まだ 御歸は 若く りて 居らり しゃる が、 ほんどに ま;! な辦; I ぎけ で、 旷 が 

お-や、. r もく ^ くだ どき.. たいさ 5 みめ ま は > 3 — 

もお 鳥目 を 投げて 下さる シ、 々は 大層な …… 見ても 眼の 廻. さう 》、 すばらし S か氣 子なん ど てが 

て 下さる から、 くって く、 45 ちゃ 15.^ いが、 f:^ 麟 11 より g が J い g ゐで、 ^^EMh 

ゝ ね R- この £ろ わたし ちゃ 》2fi- みづ か ,^ヒ 一 

をし なくつ ちゃ. ら ない つて、 此頃 では 妾が か 手 洗の 水お 掛けて あげる とに しました が …… 1^ の 

や 5 こ き みづ か かへ つきみ わる た- P . 

樣^ 非< が 水 を 掛けて あげたら、 却て 氣 IT か.; -惡 からう と 思 ふけれ <$J、 をれ でも 汚い^も か I ブな さら 

ない さ 見へ て、 ちゃん ^接け させて 居つ しゃる がチ。 ほん^に 威 心な.;^ 方です よ。)) ((さう か于 ol^ が^:^ 

み 力、 65 だい、 ち な if 5 つく h^L ^-i. 1 

4- 見掛け 申す が 、第一 あの 御 容貌の よい io)) i ん .J にか 美しい 方で、 妾ん-切 めての i は、 わん ま 

t < わんたん さま け しん たも 5 ど ク み £ 

し 力った から、 あの 觀音樣 の 御 化身お やわるまい か^ 思って、 實は リク から 踵け て 仑、 が、 、ぎ ^ で 



き ゑんし 《 'さま & もん は いつ L ま め V 

消え もなん にもせ す、 ちゃん さ 遠 州樣の 御門へ 這 入て か 仕舞 ひなす つたが。 ほん^ k わんな ぉ方ハ 珍ら 

i た s- はみ し さつ a- だまき ゐ あめや をん を こじき むか まへ £ 'はさ 

しい …… ザ、 1 一人の 會話を 先刻から、 默 つて 閬 S て 居た 飴屋 ハ、 やがて 女 非人に 向って、 ((か 前さん の嵴 

ゐ ち 上ち 5 い せんた. こ かた w,; んし さま たし こし もど 

して 居る、 をの か 女中 さ 云 ふの ハ、 全 體何處 の 方 4^ んだチ 0)) ((をれ は 遠 州樣の ::: 確か 御 腰元 だ をう で 

3 い あさいつ、 ぶん この ふ ^5 さ 3 ひど S- さんけい & ほ 5-1 かんしん ちょち 5 たぃ^Jん 

すが、 毎朝 五 時分に 此 不動 樣へ、 一 人で 御參詣 なさ るんで す。)) ((成る 程 もれ は 感心な- 女中 だが、 ー體何 

樣御 心願が あるの 、おらう。)) ((をれ がさ、 矢ッ 張. 男の 爲め ださう でして チ。 …… 此處の 叔母さん さも 此 

い だ は をし どし &ろ S き 5- や 5 い $J 5 をに しさい いつ ゐ や 

間から 話 をして、 ^う も 年頃 さ 云; S 容貌 さ 云 ひ、 如何 も佝か 仔細、 がわる らし S さ 云て 居ました、 が、 矢ッ 

ば いか を どこ をの を どこ ため £ しん じん や ば を 50 こ ため 

張ゥ をの 云ひ替 はした 男が わるので、 其 男の 爲の御 信心 ださう です よで)) ((さう か予、 矢ッ 張.^ 男の 爲か 

べつ。 ひん たも ひこ やら 5 5SJ こ や ら f K< を 

子。 おん^ 別品に それほ^ 思 込まれた 野郞 ハ 何處の 野郎お らう、 ほん^ k 憎らしい チ。 ホ 、 、 、0)) 《叔 

ば い どし £ くら 5 しゃ S あめや そば わら * ゥ わき ぼァ 

母さん も 好 s» をして、 飛んだ 苦勞 性です チ。 ホ 、 、 、。: I 能 屋も 傍から 笑; 3 ながら、 ((ほん さ ド浮氣 な 婆 

まへ たいそう しつ ひど はじ き まつ 

さんだ 于 。をれ はさう^、 か 前さん 大層よ く 知て なさる、 が、 一 ツー 初めから 話して-; 3j 聞かせな。)) ((お 极さ 

しつ は を まつ い こ じき i かんが ゐ は ^^し ま 5 

ん知 てる »ら か 話しよ 0)) ^极^ 云 ふ 非人 は 少しく 者へ て 居た か、 ((それお やか 話 申し まし やう か于 o》 

3 いま ちゃ あめや /-ん おや まつ いた の ほ 、, 

《ちょっくら 待ちね H 、今 か 茶 を わげ るから 0)) ト 飴屋が 酌で くれた 茶 を、.; -极は 頂いて 呑み 千し、 (> れぢ 

き わた. L またぎ ゝ くわ.. J L か 

ァ ^Jsg きな さ so 妾も傳 聞で 委く $: 知 6 ません が、 まづ^つ さ 期う なんです。)) 

ニニ) 

わ さ ほんち や 5 め げんま 々ち .&< 'せんみ せ あ 5 み や. S へ ゑ ひ ケ 4. む fi- め を きゃら い こどし むか 

江 は 本 町 二 丁目に、 三 間々 口の 友染 店、 近江屋 伊兵衞 の秘藏 娘。 名 はか 京 f 云って、 今年 向へ た 二八 



辻 
占 
省 ft 



の ii。 iEI?s ビる& の flir ^求 橋 を 中心に して 此八百 As は、 二人 わらう V は 思 はれぬ 美 色。 評判 

13*- f3 ろ., S> り K-s^.> ささき i tfaJT- ばいちの い. x- せんた ちま いろ たれ その は 5 め 

ダッ さす 程の 代 *o ー:^己れを^^頭に^らせれば、 i 買物の 友染 忽ち 色 を 失って、 誰も 其方へ は 目 も 

< 2 & か T. S ぃ5 い ものい い 5 せん ふ y や. T けん のケみ ひど .J むね こが 

れ す。 i:.r*si で 自由になる ものなら、 をの 生きた 物 云 ふ 友染を ざ、 不 了簡な 所望に 人知れ す 朐を焦 

す f から。 ぎ ■ の pyK:i、 ,s のまく しい を、 ¥ まの it て、 S は Kb 

の 1、" い i にく か の sifl-^ ぢ is めて、 ^^母のか崎が乙れの看守人。 さても 不憫 や 何の 罪 もな 

^ き. 5 パ ^ ひ. ^ゎ r てい ざ しきろ 5 せう せん あったらび ぎょく は vJ tvj $ つ どき 

いが を、 氣も i はぬ 酽爱 ぃ& を、 云 は >體 のよ S 座敷牢 同然。 可惜 美 玉お « の 底 11 でも 瑕の 付く 將は 

付く.^ の。 

rl ゝ く. ca.r- もゥ Acs' ,e て Mt^ くめ 4J ら 5 S あるじ いへ, « ど は もんつ、 い ち 5 

此處に 果« 者 1 A 11 近 江屋の 手代に 条次郞 ^云 ふが あった。 主人 伊 兵 衞の遠 S 緣賴 きさ やらで、 稚 S 

JJ き W よ 5..> ん のこ せひ この いへ ひきど こが ち , こど:"、、 f*^"^ , ト ^1^ 

K に兩 親に 殘 され、 是非な く 此家は 引取られて、 子 飼 ひの 中から 廿 二の 今年まで 随分 S 目お 掛けて 使 

& a 9 5^ くめ じ ら 5 L ゆつ せ C- こ f あら どし かさ ば, C ど 5 あき をい みち .^LbL 

はれて 居 4 ^が。 根が 利 is な条 次郞、 出精の 効 メキく 現 はれて、 年 層な 番娘 ょゥ は、 商業の 道に も怜仲 

きゃく ね 5 たい どひ や ど W ひき ばん 4J ぬけめ * & だい、 ちき だて, たど を > 、 * い へ CP こ.^ > ほ ヽかは 

く 客の 應對 から 問屋の 取引まで、 萬 事に 股 目 無い のみ か、 第 一 氣 質が 温和し いので 伊兵衛 殊の外 K 

も L i ど *v- た かげま ゐ き や 《 'のは あんしん さ お 5、 でき い 

母 敷, が 条ょ く^ 何事 も れに 委ねて 置けば、 4^ 蔭參 6 や 京-. 14 も、 安心して 道中が 出來 る^ 云 ふ 

くら ゐ ft<{ む をめ むこ も ほ みせ くら ども あ わた t た £ 、ろ しつ , し . > • ' ,^ fiH f . /,: I 

位。 將來は 娘の 婿に 直して、 店藏 共に 開け 渡す 下心 をれ を 知て か 知ら S でか か. In- も 鬼 角い さし かつ 

.-I 5,1 上 もりひさ まつ ぶん 5 へ ひど.. J ほ, 《は ひ SJL ほね もしろ ひ 一 W-i ほお.^ ま 

て、 ト * で讀 ひ. Si 染久 fe、 さう やら 自分の 身の. H さ 思へば、 一 入 憐れに 一 入 面白く 而も 一 入居 ひお 增 



す 媒介で わった o 

こ、 またい へ ゑ ^xif し 3 い 0f まこ ど は、 なや ビし たき 

妓に叉 伊 兵衞の 女房. A 島 さ W ふ は、 か 京の 具の 母親で は^いので。 齡 もまた 卅には 二つ ほ^ 足らす、 容 

:r や 5 ^ み ねん を る ビし わか み き. や 5 あ C い ど かく は、 けど 

貌も尋 常の 女に 優れて 居る から、 齦よ ゥは 若く見えて、 か 京の 姊さ云 ふなら 鬼 も 角、 母^ は^ても 謅取 

たがつ たが をり あい たもし ろ 5 へ この しま さ sf L や 5 か む もめ 5 まれつ きみ づ くさ 5 たお 

れす、 隨て互 ひの 折 合 も 面白くな S 上に、 此か島 は 相應な 商家の 娘で あ. ながら、 性來 水草の 浮いた 質 

さ き ね ど、,.. - このい へ のち ケひ をつ きどき 、ゝ め ゆし. S へ ゑ ほげ あ ま /'めじ ら 5 を どこぶ 

1 昨々 年此 家へ 後妻に 成て 來た將 から、 はやこれ に^、 眼 點は伊 兵衞の 禿顱を 滑べ つて、 条次郞 の 男 振 

ビ 1- ゐ さ. * が si しほ た めつ ひ しむ をケ こ 

6 に 止めて 居た が。 了 得に 云; S 寄る 機會 はなく、 只い やらし S 眼 付き や、 日々 の 仕向けに 謎 を 籠め て、 

ど あせ こ、 ろ い の さき き ぶつ か &ゅ どけ い しち ケ 5 せみ ビ ほ^ かん ね 

解けての 逢 ふ瀨を 心に 祈っても。 先 は 木佛 か金佛 か、 石 地 藏に蟬 の 止まった 程 も 感じない に。 音に rJ を 

を むね ほたるび ひど たも ひ こ ゐ 5 ち ふどきつ き や 4.- ぶ たい くめ C ら 5 あ を 

啼 かね 胸 は 螢火、 單. 思 を 焦がして 居る 中。 不圖氣 の 付いた か 京の 素 振. o、 をれ に對 する 条次郞 も、 靑 

め あ をみ さ 5 くさ さどつ み か あい i にく くめ C ら 5 だい、 ち じゃま 

い 目に は靑く 見えて、 如何 やら 臭. S さ 悟て 見れば、 可愛 さ餘 つて 愴ぃ 条次郎 よ. o、 第 一 に 邪魔な はわの 

き や 5 f ケ この あ ひだ さ く ふ f ひ A! む: C いた L ほどれ しゃ S い へる ゎゃタ れい 

何卒して 此間 を、 割いて やる 工夫 は^、 私 かに 胸 を 痛める さも、 知らぬ が佛 性 の 伊兵衞 親爺、 M 

し た £ 、ろ い だ ^^tif さんせい わ い w. や 5 けん き ..J3 い 上 .(•/- や く 

の 下心お 云; 5 出して、 女房の 賛成 を 得 やう S 云 ふ 了簡 閗 いて. R 島 は 愈々 悔しく 憎らしく さう はな ゥ 

いか べつ をに をん くせ つ き や 5 C まった こ LS い れ 

ませぬ とも 云; S 兼ねた が、 別に 何やら 難癖 を 付けて、 遂々 か 京 を 封 卜 籠め さした も、 全く 此のお 島の 入 

智惠 であった 

に L き や 5 ふ びん その、 ち かさ、 ぎ ほし を かた ひ せ かほ み か,. b のビ 3- くも こ ひ を L 

何も 知らぬ か 京 乙 を 不憫。 其 後の 鵲の橋 中絶え て、 日に 一度 も顏は 見られす。 籠 鳥の 雲戀 しく、 篤鴦の 

をみ さか こ、 ち たも はこ を か だち か ゆ ふ. れ&ど * < こどね くめ じ ら 5 き たび i ビ 

波 k 割れた 心地。 思 ひ を 運ぶ 媒手、 夕暮毎 狭れ て 來る、 ァレ くわの 琴の 昔。 11 条次郞 Si く度每 に、 



辻 占 飴 八 ^ 

み ちゃうぶ はち そろ はん ゝ、 だ を か 2i» あ &た 

身 は帳塲 にわ 6 ながら、 彈く 算盤の たまし ひ 脱け 出して、 中庭の 彼方へ フ ラリ く。 

, (四) 

こ ひ はも くき を をつ み ほ あいちゃく いど つ ゐ き や f ま、 は、 上 こ. しま はから ひ こ ひ あ ひだ さ 

戀ハ 蓮の 楚、 折るならば 折て 見よ、 尙 愛着の 絲ハ 繋がって 居る。 か 京 n 繼 母の 邪ナ. 畫で、 戀の間 を 割 

こ、 ろ き や 5 ケめ ほんべ、 k さ め ぁふぜ た た t ふち 

かれても、 心 ハ京染 の 本 紅、 いかな く 褪色 はせ す。 また 条次郞 も 逢 瀨の絕 える だけ、 思; S の 淵い よく 

ふ- s- を さけ をみ たか はじ まさ せつ こ、 ろね 50 て. r-G でき 

深く、 情の S ますく 高く、 - 初めに 優る 切な 心根 n、 迎も 動かす と ハ出來 なか ゥた 

その、 ち し3 め 5 へ こぶ はら こ、 ろ もち い せん ぶしつけ い よ さら 

されば 其 後 か 島ハ、 眼の 上の 癯.^ 拂 つた 心 持で、 以前よ ゥハ 無職に、 条次郞 に 云; S 寄った が 条 次郞更 

VJ しゅじん はよ 5 は A- が ま A をび け しき を f> まも こが * 

. ^取 6 わ はす、 ± 人の 女 一 房^ 我慢 はしながら も、 なかく 靡く 氣色ハ 無い に。 か 島 も 少し 我を折. o、 

この S しゅ わが ひ 5 ら だ つら あ か み い たづら をん を クね 

< ^うかして 此 意趣 を さ、 我 非 を 知らぬ 恨み 立て。 をの 面當 てに 期う して 見せん £、 乙れ も St 奔婦の 常、 

さん こ か は あかし だま ,4- こ L ろ. e- の たち おも みせ わかばん ど 5 ひろき ち い を どこ み 

珊瑚の代.c^に明石玉で、 少し 代物 ハ 落る けれ.^、 同じ 店の 若 番頭の、 廣 吉ゥヒ 云 ふ ノッ。 へ リ男に 見 かへ て、 

ち 上つ ど あた み もど こやつ やつ こど f La よ のケみ いだ る ビ ころ 

^Jれに 一 寸當 つて 見た 處 元よ. 此奴ぬ からぬ 奴、 殊に 疾 から.;^ 島に ハ、 H からぬ 望 を 抱いて 居た 處ゅ 

やせいね み にく を ふ 上つき たち ま け を か をつ 

ゑ 瘦 犬に 見せた 肉、 尾お 振. たて、 寄て 來 て、 忽ち 怪しから ぬ 中 S 成た。 

しか にんげん よく さいげん を c ぶん 5 ち に K 5 め は& つ Si もしろ ど かくど を 3- さくら た を 

然し 人間の 愁にハ 際限の 無い もの。 自分の 家の 庭の 梅ハ、 鼻に 着 S て 面白から す、 鬼 角 隣家の 櫻 を 手 折 

た ろう 5 し 上く のケ ぎん ほ きん さが た をら ひ しま ひろき ち て い 

4 度が ゥ。 隴を 得れば 蜀 お望み、 銀 を 堀れば 金 を 探し 度くなる 習慣。 島 n 廣吉を 手に入れた もの、、 

むか を *^ び を. J こ こちら を さけさ ほビ く は や は つれ を か あい 

向 ふから 直ぐ 靡く 男に ハ、 此方の 情 左程に 加 はらす。 矢 張 6 わの 条次郞 が、 わの 强 面い 条次郞 が、 可愛 

き れい ね .《 ひき か & こちら む 1 ふんべつ ><b か 

らしくて £,*kJ しくて、 奇麗 思 切る と 叶 はす。 何卒して 此方 を 向かせる、 好い 分別 ハ 無ら うか £、 をれ 



ばつ か. o を苦勞 にして 居た o 

あ ひ た & ちゃ を. & み くも や き し ら. r- い く を 3- や てい 》1 ゆよ 5 げ き い へ ゑ たく li かい ひ, 

或る日 同 ヒ町內 の、 三 雲屋喜 四 郞ゥヒ 云ふ藥 崖の 亭主。 用 わり 氣 にやって 來て、 伊 兵衞^ 奧ニ喈 での 秘密 

ば をし も K£ ど だ 6 ゐ 5 ち はん どき ふた S- は... お き いくたび かへ 

談。 何事 か.^ 思って 居る 中、 や、 半特 ばか. CN して、 二人 n 階段 を 下 ゥて來 たが。 喜四郞 n 幾度 も ふ. 返 

ャの しき ねん お る をの *TN しろ 

つて ハ、 《もれで n 伊兵衞 さんよ しく 赖 みました ど。)) ト、 頻りに < ふ を 押しで 居る.^、 伊兵衛 c 其 後 

&ゝ くね へんじ い みせさ さ たく だ ゐ 3 .S "ビ ひ ばち 

から、 ((いづれ 後刻 御 返事 を …… )) ト云ひ 》 がら、 店先まで 送 6 出して、 やがて 居間へ 戾っ たが。 火鉢の 

をぶ を だま ゐ のケみ を かまつ 

側に 坐 はった ま、、 さしう つむいて 默 つて 居る を をつ さ 観いて 見れば、 何う やら 濟 まぬ 顔付きに、 y 

*<s よ こほんした.: ゆのみち やくんだ i かんが こん ゐ 

島 C 讀 みかけた 小 本 を 下に 置き、 吞に茶 を 酌で 出しながら、 《貴 郞何を をん なに 者え 込で 居らつ しゃる 

み くも や は &し をん ど かけ もつ ゐ きぜる 

ん です 于。 三 雲 星さん の. R 話ハ 何でした ノ 0} ト問ひ 掛られ て 伊 兵 衞ハ、 持て 居た 煙管 をポ ゾ S はたいて、 

r たから 娘 n うつか 6 出されね ュ 0) 

(五) 

こどし .3. わつ にち ひ わいじん. I や さいれい わ こどし しんしゃ 《'.:>ん なじ や, i- らん い 5 ち こ まちく を ど、 し わ 

此年 六月 十五 日 は 日 枝 神社の 祭驄。 分けて 今年 は新將 軍の 御上 覽^ 云 ふ;^、 氏 子の 町々 は、 一 ^年 輪 

か ふんばつ こ 、わ $J こ はらみ ビき び つく だしゃた. & の ちづ、 5 こど むか はち 

を 掛けた 奩發。 玆ど江 戶 ツ子の 腹の 見せ 將。 ヒ、 美を盡 した 山車 屋臺 に、 後の 頭痛 を 事 W もせす。 向 ふ 鉢 

3 きかた だぬ たれ たの われ さわ た み 5 ち ほ "一 あせ La f>5c つ ほ, JS- K„b か か こど 

卷: it 肌脱ぎ、 誰も a まぬ に 吾から 騒ぎ立て、 身中に わる 程の 汙を 絞って、 終日 塵埃の 中 を 駔けま はる 事、 

さら . しゃ 5 き さた おも い へ&ど せきはんに しめ ようい く きゃく むか あるじ け ふ か. a 

更に 正氣 の沙: i^^.^ 思へ す 家 每に赤 鎩煮グ の 用意して、 る 容も迎 へる 主人 も、 今日は ふくれた 顏を 

み あたり 5 はや ふ. £5ji! いこ ね ど ちわ おゆ ひど こ、 ろし せん f た み 

見せす 四面に 打ち 離す 笛 太皲の 昔、 さながら 地から 沸く やうに a えて、 人の 心 自然, ヒ 浮き立ち、 身 も 



X わ も たいへ いらく ほ 5 ねん ち. *Un この にち あら 

ffi も 忘れての 太 年樂。 ま 乙さ豐 年の 兆は此 一 ニニ 日に 現 はれた。 

み こ L を., 夕た ちゃ f ほんしゃ で かやばろ や 5 ね たびしょ ねソ ゆ どち 5 ぎ やう れっこり はんち や 5 ど は ちゃ ぅヒ あ 5 み や そじむ か 

神 應ハ永 田 m の 本社お 出て、 茅場 の 御旅 所へ 練て 行く 途中。 行 列此本 町お 通る を、 丁度 近 江 屋の斜 向 

み くも や に かい やまむ ろ ど ほど 5 みの かみ わか どの へ や e せんざ ぶら S い しの も がた じゅ ちしゃ 

ひの、 三 雲 崖の 二階から、 山 室 遠 江 守 の 若殿、 まだ 部屋住みの 仙 三 郞さ云 ふが、 忍び 姿に 從者 二三 人 

5 しろ あ をた け らんかん 《«- た よねん を^ ゐ い まこ いへ まへ か i-JJ まち た ほざ 5 ビ 

後に ら ベて、 靑 竹の 欄 千 憑れ ながら、 餘念 なく 眺めて 居た が 。今 此の 家の 前に 麹 町の 大象止 S つて、 

からこ e たて こ SUR- ふた S- t の 5 へ いろく げぃ を 5 み め あ 3 ふ ど あ., T- み や みせ 

唐子 仕 立の 小兒 二. < ばか. os、 其 上で 種々 な藝 をして 居る のお、 打ち 見やる 眼の 餘ゥ。 不圖近 江屋の 店に 

き や f みつ だしゃたい ひどみ い いっしん つ き や S み みづ いろち りめん わ ほ 

.2 ぶ を 見付けて、 それから ハ 山車 も 屋臺も 瞳に 入らす、 一 心に 成て. を 見れば、 . I 水色 縮緬に 大き 

くも だま そ だ ひどへ もの かた あ か あい たび か^いろ 50 びが な こや をぎ どきい ろ 

く薰球 を 染め出した 單物、 ま, た 肩 揚げの.^ る も可爱 らしく、 帶は 樺色に 飛 形の わる 小 柳、 朱 驚 色の し/^ 

ふさ/. \ む も かみ まちかた U あ たや 5 ひん f3 まだ は ><b かん ざし み. つた 3 さそ み SS て 《- ちわ いつ 

ぎ 房々 さ 結び さげ。 髮も 町方 ktt 似合 はぬ 上品な 島 田に、 花 簪.^ 』 水玉 を揷し 添へ て、 右の 手に 園 扇 を 1 

g んも ね どく L ひど- こ jj, 、つ ! か を ど こ こ じ ぶん ひざ こし L. つか あ を 

本 持ち、 弟 か 知る 人の子 か、 七才 斗-^ の 男の子 を、 自分の 膝に 腰かけさせて、 靜に 煽いで ゃゥ ながら、 

おもて はう を ゑ ゐ め もど 5 つく ふたへ あ, ん い を 《 'く を どこ こ を K い き 

表の 方 を 眺めて 居る 眼 元の 美し さ、 フック リ さした 二重 願 何クヒ も 云 はれす、 折々 男の子に 何 か 云 ひ 聞か 

わら おも ほね どろ ね u わか 50 の だん f ひざ f ひち たち ま らんかん 

して は、 11 ッ さ:^ ふ 面さし、 骨 も 溶解け さう は覺 えて、 若 K 段々 ざ 膝 を 進ませる に、 臂 忽ち 櫊千を はづれ 

f あな あ を だけ あぶ を ざ 5 ね ほ もの ぎょい 

て、 思 はす 願お 靑 竹で コッリ ((ホイ^ 浮 雲う rll^ います 0)) 《 …… 象 は 火き な 物 ぢゃ十 0)) 《御意に な It; 

6 ます)) 

その ひ たも がれち か S ヘメ \ のき ぢゃ うちん ども ゑ もん だし こや を さ f らが し _p ,^,^1 しば 

さて 其 日 も 黄昏 近く、 家々 の 軒 提灯に 巴 繪の紋 か > やき。 山車 も 小屋に 納まって、 裏 河岸の 居 離 子も暫 

らくい き いれ ころ むか のりものみ くも や みせさき よ こづ な きくわん e^s«>fj々 £>*^ せん 

將息を 入る 頃、 か迎; 3 の 乘物三 雲 星の 店頭に 橫: S けに なれば。 ((ィ ザ御歸 館)) ト從 者に 促が されて、 仙 



ざ ぶら 5 しぶ-, たおい の 5 つ どき み れん ひどめ あ 5 み や みせみ こ SO たん い ま ft< は い 

三郞 ffi 々立 出で、、 をれ に乘 移る 特。 未練! 今 一 目 さ 近 江 屋の店 を 見込む 途端、 今 奥へ 這 入らう^ 

き や 5 あ ひだ のれん み は, <; ぶんつ、 ものめ づ こ K すた ふ S- かへ その かほ せんざ ぶら 5 み あ K 

する^ 京が、 間の 暖簾に 身 を 半分 包んで、 ,Ja> ほ 物 珍ら しさう;^ 此方 を 回顧った 其顏、 仙 三郞ハ タト 見台 

92 わる の S- もの を か ひ を も だれな み を さけ たち をが た はちまん ようしゃ 

せて 極. が惡 く、 乘 物の 中へ 潜んでも、 簾 越しに まお 見える ク、 あの 情ら しい. 一 ルー 姿。 八幡! 用捨 が^ら 

うか 、 

(六) 

ぶ ゐ ろくしゃく ゑし やく か い ク い きづ わ の S- もの ち は を せんざ ぶら 5 その ま、 ひ t» や 

無粹な 1 ハ 尺め! 會釋 もな く 肩 を 入れ、 ケ ゾ さ 突く 息 杖に、 乘物は 地 お離れて、 仙 三 郞は其 » 日 比 谷の 

かみや しき かへ こ、 ろの こ ほんち や f め い ねね た、 い き や 5 こ XI わ fi- 

上 家 敷へ 歸っ 4 ^が。 心 は 殘る本 町 二 丁目。 をれ からさ 云 ふ もの は、 起きても 寢て も、 只 か 京の 事 忘れら 

じ ぶん め さへ き もの ら 5^:- よ こし も:. 一 はげあたま か らう ひげ あ, しがる 5 つく き や 5 み 

れ す。 自分の 目に 遮る 者 は、 老女 も 腰元 も、 秃顱の 家老!: むしゃな 足輕 までが、 あの 美しい か 京に 見え 

いま きつ ら うか ぎ^ たん ほ 5 く をた ま あの どき き もの;,、 も だ その まへ さ がた 

て。 今まで は氣も 付かなん だが、 廊 T の 杉 に 探 幽の薰 球、 彼將の 着物 思; 5 出して、 其^は去.<.^難くo 

しょ ゐん どこ ま みん が しゃくやく き や 5 かん ざし ま、 つ たも どかく こどば か おも つ 

書院の 床の間に 明 害の 芍藥、 お 京の 簪 その 儘 さ、 かぢゥ 付きた S 思 ひ。 鬼 角 その 事 斗. 思; 3 詰めて、 

^.u£ .- てつ ぶ げ. S さ <し上 の あけく れゐ ま どこも は さん ビ t よく じ も、 

何事 も 手に 着かす。 武藝 も讀書 ももつ ち 退けに して、 朝暮 居間に のみ 閉ぢ 籠ゥ、 果て は 三度の 食事 も 進 

や Ar-^i- た つき こしゃう まゆ ひ, M をに L さい み 5 どころ じんじゃ 5 & び ゃキき 

まぬ 様子 i^o 陪從の 小姓^も 盾を媒 め。 これに は^ど 仔細が わらう、 見受けた 處尋 常の 御病氣 では ある 

てんやく そくさい t しゃ がしら たく や い もの あ ^き まへ みい さ々 

まい ビ、 典藥の 則齋ょ ゥ、 まづ 小姓 頭の 多 久彌, ヒ云ふ 者、 威 る將仙 三郞の 前に 進出で、 をれ さなく 探つ 

み S- や 5 けん た それ,^ がら わか どの こ のらろ ね かほい ろ わる ねこ、 ろ a Ai くさい ^ み 

て 見る 了簡。 ((乍 恐 若殿に は、 此頃は 御顔 色も惡 く、 ^うやら 御 心す ぐれぬ 御樣 子、 則齋に 1 度お 見 

あ. V , 、か S- た れ び や 5 き い L や を ほ たく や おも 

せ 遊ばして は 如何で まし やう。)) ((ィ ャ 乃公の 病氣は …… 醫者 では 癒らぬ 0)) 多久彌 さて 乙そ^ 思; 3 

辻占 鉛 11 



ひざ ちかた ろよ しぎ £ び やうき ズ";, ん き か、 § 、..」 ざ 

ながら、 少し 膝 を 進めて ぶ をれ は 近頃 不思議な 御 病氣… …をれ では 何 どお 氣に 掛ゥ ます 事で も厶. CS ます 

て?. < へ た かく あ を こど ほか だれ を いた このた く &• r. あ, U L 

か。 手前に御隱し遊はす事t^^ll^^;..^1Hすま.s、 他に 誰も 居. は 致さす 此多久 彌へ御 話し 遊ばせ 

だいよ て 3 へ べつよ く を y も ど あげ い を rj fj あん る 

第;^ 依つ て は 手前が、 別に 良い 藥を 求めて さし. H まし やう 0)) ト云 ふに 。仙 三郞 少し 思案 をして 居た が、 や 

こ ビゑ & たく や そち この あ ひだ たれ いつしよ さんの 5 まつ w み いか そのせ つ ども いた 

かて 小聲に 成う、 《多 久彌! 其方. は此間 乃公 さ 一 所に、 山 王の 祭 を 見た な 0M 如何にも 其 節お 伴 を 致し まし 

て さ. ます 0)) ((三 雲屋で たな 0)) ((S かに も 三 雲 星の 二階よう 行^ を 見まして .0^.0 ます 0)) ((三 雲屋 

ほんち や 5 め ; 3 よ &ざ たく やおれ べんみ くも や 

は 本 町1 一丁目お やな 0)) ((御意に ム. ます、 本 町 一 一丁目で …… )) (( …… 多 久彌、 乃公 はも 一 遍三雲 屋へ佇 

い r^ru をみ だ や £^ を たく や ビく み たお ま こ ひざ 5 を 5,ヒ/、」 7;- つど も 

きたい。)) ト云; S さして 少し 淚 組む 檨子。 多 ス彌は 篤^ 見て、 忽ち 小膝 をハ タ^ 打ち、 ((成る 程 御 道 a …… 

ばんじ てまへ の こみ み くも や や S ちいた を ^の {5、 ゐ ま まかりいで を 

萬 事 手前が 呑み込ました。 藥は三 雲屋, が 承知 致して 居ゥ まし やう 0)) ト 、其 儘: g 三郎の 居間 を罷 出た が。 直 

? したく み くも や 

ぐ k 馬の 支度 を させ、 三雲屋 さして ハ ィ ョ —— 

たく や ふい t ゆら. S た. ij ろ あは ねく まど は あるじ き L ら f は を w きか 

多 久彌が 不意の 入 來;^、 三雲屋 では 驚き 狼狽て まづ多 久彌を 奥の間へ 通し、 $< の 喜 四郞^ 織 を着替 

あいさつ い L 、や ね もむ づ おか まね せつ. L や 上 5 じ し だい わか 

へ て 埃梭に 出で。 さてお 使者の 趣き はト 尋ねる さ、 多 久彌喜 四郞を 近く 招いて、 ((拙者 用事の 次第ば、 若 

どの & いちめい くわん もったい つね しさい かた {5 い 

殿の 御 1 命に も關 する と0)) ト、 ま づ勿體 を 付けて 置いて 。さて かう,/ \ さ 仔細 を 語ゥ、 ((わの^ 京 さやら 云 

む,^ め わか どのと ど ほか 、1| し < 'しん こど じ や 5 じゅ あかつき &f> や *ゥ, がい た 上 > じ 實 を き さま ねんらい & たん 

ふ 娘に 、若殿 殊の外の 御 執心 事 成就せ ぬ曉に は、 御 生害に. F 及ばれん 御樣子 なれば、 貴 樣も年 來の御 恩 

f Ift ゐ ぶんじん S- よくいた たの はやが てん や を こ よう S け 

f 隨 52i 力 致して くれ。)) ト赖 めば、 喜四郞も早合點0((をれ^^-らばぉ安ぃ御用、 « 四郎め キット 受 

合; 5 ました 一一 ト云 ふに。 多 久彌も 勇み立ち、 急いで 家 敷へ 歸 つて、 此由仙 三郞に 話す さ 仙三郞 開く よ 



さ i-if しどね s た そば あつ きん まき w,: S くろ S どつ どつ ね 

. ^はや 相好 をく づし、 » から 滑-^ 落ちながら、 側に 在た 金 薛鎗の 印籠 を 取て、 ((多 久彌! 取て 置け、 く。) 

(七) 

くめ じ ら fi's.i' かた ひま み らまち ゆや ゆ ひ か あせ が かへ みち てぬ ひ さ 上つ か まが 

条次郞 夕 の 閑暇 を 見て、 凄 町の 場屋へ 行き、 日中の 扦を 流して 歸 6 途。 手拭 を 提げて 四角 を 曲ら う^ 

どき であ 5 ば さきさき 5!- こ し、 や 5 50 こ. ねち や,., さ 3 つか ひ 

する^、 ハ タさ 出逢った 乳母の か 崎、 《か 崎^ん 何處 へ!)) ((ちょっくら か 師匠さん 許 で 御孃樣 の. 使 

いも ゆ, t さき い ,4』 よど ちょつ ビ くめ 3 

で。)) ((さう か い。)) ト云ひ 捨て 、fi き 過ぎ やう^す るの を、 4^ 崎ハ急 いで 呼び止め、 (( 1 寸く 条.^ んか 待ち 

^ へ は をし き は をし をん は を. し し おや 5 

よ。)) ((なんだ チ 0)) ((か 前さん 話 を 4- 開き か。)) ((話 ッて …… 何の 話お。)) ((ァ ラ …… ti だ 知らない チ。 孃 

さま ま s こ f が あそ わ もも こ き つ あた; y み ま さい は ひど ほ 

樣が 奉公に か 上. > 遊ばす よ 0)) ((VI ッ?) ) 思 はす らした 聲に氣 が 付いて 四邊を 見廻 はす^。 幸 ひ. < 通り 

な こ、 わ. i 'らい ひビみ め いか, さき まね y-5 ふ や ろ ••」 もこ はい くら かげ た、^^- 

ハ無 いけれ *^、 茲ハ 往來" 人の 見る 眼 も 如何^、 ^崎お 招いて 豆腐屋の 路 次へ 少し 這 入. o、 藏の 陰に \ィ 

みながら ぶ.; - 崎^ん 具 實かィ それ ハ 0)) ((誰が 嘘なん ど 突く もんか 于、 馬鹿々 々しい。)) ((さう して をれ ハ 

こ やしき や むろ さま ひ *- ゃ& もん をん こど をつ 、 まへ 

何處 のか 邸お ィ 0)) I: 山室樣 さ、 ァノ日 比 谷 御門の。)) ((何 だって また をん. 事に * たんだ。)) ((をれ ハ; -前 

か わけ や 3 むろ さま い むかみ くも や た で いりば >J をいだ まつり どき やま 

さん 期 云 ふ驛さ —— その 山室樣 云 ふの ハ、 -;^ 向 ふの 三雲屋 さんの 御 出入 塲で、 此間か 15^ 鱧の 胁、 山 

むろ さま わか どの さ/ a やつば S けんぶつ き い ど きう ち ち.? さま みそ 

室 樣の 若殿 様が、 矢! 見物に * て 入らし つて、 をの W 自家の お.! 樣 を.;^ 見-初めな すつ たんだ, ヒサ をれ 力 

^ い こ ひわ づらひ い しゃ も /^&^ ない &か あ S もの- 、;, ほし ス ばい だん-^ £--5 

らさ云 ふ もの は、 云 は >戀 病で、 ;-醫 者 も 盛る 藥が 無い^ 云 ふので、 御 家中の 者 tt 大 心配。 段々 伺って 

み じつ し だ-.,, い さっそく 一..」 け らい. L ゆ み くも や かけあ ひ き せひ 5 ち 

見る さ、 實は期 云 ふ 次第 さ 云 ふので、 をれ から 早速 御下來 衆が、 三雲屋 さんへ 掛 合に 來て、 是非 自家の 

ちゃ fi- さま やしき あげ たの を み くも や だん を い かた 』 ► ふた へん C 

; V 鹪様 を.:^ 邸へ 上る やうに さか 航 みに 成る.^。 三雲屋 さんの 旦那 は あ、 云 ふ 方お もんだ から 二 ッ返辭 

辻占 飴 ニニ 



け あつ 5 ち だ. <K ザ S こ だ AT を か かた こど ひ ちゃう? 0* こど 

で受 合て、 すぐ 自家の 旦 ^ へ 云 ひ 込んだ のさ。 する さ 旦那 tt 堅い 方お; >-、 殊にた つた 一人 のか 孃樣の 事 

な ほ 5 こ s あげ いや • もげ こど は わけ ゆ し かた か ^ さう だん 

だから、 御 奉公に 丄 るの は 嫌なん、 たけれ^、 菅 無く 斷る譯 にも 行かす、 仕方なしに^?內儀さんども相談 

かみ かへ つ お ほ よろこび ねが かみ いや まへ も, つく 

する^, か內 儀さん は 却て 大葚悅 で、 をれ 乙 を 願った ゥ 叶った. だ、 をれ を 嫌がる か 前さん は 、耄碌して 

ゐ f. 一き w き や 5 あ いろ/、 を、 み くも や 3 い 

居らつ しゃる なんどって、 頻 にか 京さん を 上げたがって、 種 々さか 勸め なさる シ、 三雲屋 さんから は 毎 

にち や 5 へんじ さい をく だん を L か だ をつ どく こ ま., r' こ 5 き 

日の 檨 k 返辭を 催促す るので、 旦那 も 仕方なし;^ 納得な すって、 さう く 御 車 公に 極まった のさ 0)) ((ゥ 

はじ し AT せん うち かみ だん を いや る 

ヅ をれ ぢゃ I 初めは 三雲屋 さんの 周旋で、 自家の -;^ 內 儀さん が をれ を ::: 旦那 は 嫌がって 居らつ しゃる の 

そこ やば を かいた あ ひだ を か いた * か 

に …… 0)) 《さ ァ其處 が 矢 ッ張ゥ か 腹 を 痛めな S 間おから OM^ に ^腹お 痛めない 斗- おや あるまい o))r 

: ぢゃ 5 さま ,{3 ん い つ ゐ ちゃ < 'さ ts まへ この £ろ な 

ッ? M い ゑ さそして.; V 譲檨 a 何 さ 云て 居らつ しゃる?)) (U 孃檨も か 前 此頃ぢ や 泣いて ばつ かウ …… ほん 

か あい わたし みせ ゐ わたし & <fcr ら 5 

さに か 可愛 さう さ …… 妾 だつ て さう 成. やか 店に は 居られな S シ 、 妾 Ha- はんさに 泣きた い よ。) 条次郞 は 

5 で く」 L ばらく、 ぴ た ゐ さ a, また こ つ .fj- や.,' たいへん まヽ あ 

腕 を 組んだ ま、、 暫特首 を 垂れて 居た が。 か 崎 は 叉 語 を繼 いで、 ((をれ で.;^ 讓 さま は、 大變^ 前さん に 逢 

, ゐ まへ さケぁ い かみめ たも 

ひたがって 居らつ しゃる シ、 4^ 前さん も 嘸 逢 ひたから う。 ト云 つて さても わの; - 内儀さん の 眼が 恐 し 

いから …… 期う したら 如何 だら う。 —— ァ ノ後 にか 前さん 奧藏の 一 一階へ 昇って お出でな C さう すれば 妾 

ちゃう ものほし あ mv5 ま V*- どころ は し で き たど ひ ひど 

が. 孃 さま を 物 千まで;^ 昇げ 申して、 あの 窓の 處 で.?^ 話の 出來る やう k させ やう。 さう す. ゃ縱 令. < は 

見られた つて、 暴 S から 凉んで 居らつ しゃる 積. にして 置けば、 「d? 怪しく 思 ふ氣遣 はなし、 .sg さん は 

U を か . 'だれめ つか でき が 5 ぎ 

か * の 中おから、 誰に も 目 付る rJ ^はわる ま so チ そうかし l^o)) ((なるほ^ さう 出 來.^ や 豪氣だ 0)) T 



わたし ぅ^:ぁっ i ^ あ さきんへ ちゃ 5 だか e や 5 ふ 

.< ^や 妾が 受 合て、 旨く 逢 はして 上げる よ 0M をれ おや.;^ 崎^ん 歸 つたら か孃 さんに)) 7 、大丈夫お よ。》 

S げた そ ど は 5 む わたし いつ く との 3、 さき い も あし 

ト云 ふうちに 下駄 は 外の 方 を 向いて、 《をれ ちゃ ちょっくら 妾 は 行て 來 るから。)) ト、 其 11 か 崎 は 急ぎ足で 

で いつ しばらく ft ちせ かんが ゐ ろじ $ で e ぶん 

出て 行た。 あ^ k 条次郞 は、 暫將立 止まった ま、 で 者へ て 居た, が、 やがて ズゴ. 路次 口を出で、 自分の 

みせ かへ 5 しろ ふい < めさ こいつ むひ お *j ろ ふ かへ つ み 

店へ 歸 らう さする ^0 後から 不意に、 ((条^ん 何處へ 行たん だ?)) 胸 k ギッ クリ、 驚 S て 振. 返て 見れば、 

ね を みせ でっち かめた ぬか かほ ちょつ どよ みちゐ 5 み 

同 卜 店の 丁稚の 龜 太。 条次郞 拔らぬ 顔で、 ((ナ 11 一 寸 寄ゥ途 をして 居たん だ。】 ト云 ひながら よく 見れば、 

かたて . ?れ こ.?々 ひ じ ぶん のち い つ ぎゃ£>^;^ゐ かへ が み 

乙れ も 片手に 濕 手拭。 さて は 自分よ ゥ 後に 行て、 11 鳥の 行水、 はや 歸ゥ 掛けさ 見えた。 . 

(八) 

をつ ひて くた び K しまる も り しづ まち y チか ひ らし こ 1 な を ひくれ だ, C かって 

夏の 日 も 照. 草臥れた か、 西 丸の 森に 沈めば、 市中 蜩の聲 は 無く ゥ..!^、 日の 暮 ると 一 段 はやく。 勝手 

こ 5 じん め, X' つ ものほし ひど かほ しか み くら ち まっくら をの ひど 5J こ ゐ 

k 荒神の 燈明點 いて、 物 H-k 人の 顏も確 さは 見えす。 まして 藏の中 tt 具 ffl 、其 人 は 何處に 居る. やら^、 

のき た か „ ^しら 5 ちわ a ら もの ほ. L づ た <»."- ちか LA^ こ 5- ゑ よ あちら はや み 

軒に 立つ 蚊柱 圖 扇で 拂;: がら、 物干 傳 ひに 窓 近く 忍び寄て、 ((条 ! ヒ 小聲で 呼べば。 彼方 は 早く 見て 

どつ ちゃ 5 さ 3 い こも ま ちか き ゃ5 5 ど,, 'ろ むね ね .L づ あた 3- み まほ げちよ. L 

取て、 ((か 讓檨? )) ざ K ふ 聾 も 間近い に、 4^11; は嬉れ しく、 轟く 胸 を 押し 鎭 めて 四 邊を 見廻し、 下女が 仕 

まひ わ ひどへ もの さ を か、 つ さい わ かげ み ひ 七 ひどり くら を か もの まし Ar- へ て 

舞 忘れた 舉 物の、 まだ 竿 掛て ある を 幸; 3、 をの 蜜に 身お 潜めて。 一人 ハ藏の 中、 一人 は 物 千の. M 、手 

ど あいにく かね か 5 し さへ ぎ ちれつ ぢゃ 5 さま さっき さき き 

を 取らう にも 生憎に、 鉄の 格子に 遮られて、 をれ もなら ぬ 焦 思た さ 0((.;J^ 孃樣、 先刻. 崎^ん から 問き ま 

あ をた や 3 むろ さま い も みだ &ゑ くめ わた- - & ほ こ 5 あがつ. 

したが、 貴孃 はほん さ.^ 山 室樣へ …… )) 云 はれる ょゥ はや 涙聲、 ((条 !妾は 御 奉公に 上て しま ふよ。)) ? 

れ ではい よ/.. をして それ は 何日からで ゥ ます。) ((まだ 何日から W も 極まら^い けれ ク 11、 お 



. ^しき 215 たいそ 5 いそ み くも や まい:. is や 5 さい をく n つか たつ か せん いな 

邸の 方で は 大層 か 急ぎな さるから^、 三 雲 崖さん が 毎日の 檨に龍 ffio 阿 母さん は 阿 母さんで、 善 は 急げ 

い おにち はや きもの し たて や たの あ を でき. L だい b^L 

だから 1 日 も 早く^、 着物 もちやん さ 仕立屋 さんに 赖ん でし まって、 明日に も をれ が出來 次第に、 妾 は 

S ね も わた... - い や し ど 

行かな け.?^ ならな S か^ 思 ふさ、 妾 はもう 嫌で く、 はん, ヒに 死んで しま ひたいよ 0)) ((飛んでも な S 、 

i ひゃく s- ^ ひゃく 3- ;ん& く L た を わ ビ J- ち 

何 を.;^ しゃ るんで す于 rJ れが百 里. 二百 里の 遠國 なら 知らぬ と、 同 卜 江 卢 の 中で r^^s ます もの、 お 

ひま ねが いつ をん, き -へ つ. S けつ たんき たこ あら 

暇 さ へ 願へ ば 何日 何^でも 歸て 入らつ しゃれます 决し て ろん 氣を か 起し 遊ばしち や S けません 0)) 

た i. & ほ f こ 5 ど かく こん ビ わたし 一て かへ つ こ また を せ 

《をれ が 只 の 御 奉 a なら 觅も角 … … 今度 は 妾 は 迚も 歸て 來られ ま い よ。) ((それ は 叉 何故で r ピ h い ます? )) 

い や しか お. や 5 さま & f ゆつ せば をし 上ろ こ あたり まへ C. や 

(( …… ァ、 ほん さに 嫌で なら^い …… 〕 《然し か 孃檨の 御 出世 話、 か 喜び 申す のが 當然で …… 0)) 《嫌 》と 

い 5 た その そで ぶ をゐ か み ビ ぬし あた たも が 

か 云 ひで.^ い!)) ト 、おれて 打 う^する 其 釉も、 無 粹な鐵 網に 止められて、 主に は當 4 もせす。 思; 5 掛けな 

か 515- き や f わ リ かも だ ねさろ ね も か. 4 > よ 

い 蝙蝠が、 か 京の 襟お 掠めて ツイ ^飛び出し たに、 ァレ I さ 驚いて 思は卞 格子に 寄ゥ添 ふのお、 ((コ レか 

しづか くめ じ を か せい しの &ゑ これ し ^-.i らく K を. L ど ぎ こ ど=* あらた 

靜 に!)) さ 条次郞 、が、 中から 制する の も 忍 ぴ聲。 此に暫 特話は 途切れた が。 やがて 条次郞 は 言葉お 改め、 

しか ちゃ S さま い さき よ やく をく いま こど ゆめ あきら ケ わたくし こど たも き ね や、 じ さま 

((然し.; -孃檨 、乙れ も 云 はば 前の世の 約束、 今までの 事 は 夢 さ 諦めて、 何卒 私の 事 a 思; S 切ゥ、 親御 樣の 

しゃ も を ほ な ほ 5 こ あ くだ き き や $ こ ゑ ふる くめ くめ 

かタ 仰る さほ ゥ、 素直に 御 奉公 遊ばして 下さ いまし!)) ト、 皆まで 聞かす か 京 は聲震 はして、 ((条 ! 条! をれ 

わたし たど ひ こど まへ み かぎ こ、 ろ こど どつ 

はゎんま<^^な …… あんま. だよ。 妾 は縱令 きん を 事が あらう さ、 か 前 を 見限る 心 はな. so 殊にお., グ さん 

を いしん まへ わたし さら い わけ 

も內 心で は、 ;-前 を …… 妾の …… をれ に、 …… をれ に 今更 …… )) 《イラ, V う 云ふ譯 では r^^s ません が、 

ち をた ため f わたし ため おも たくさん こビ いつ 

っま<^贵孃の か爲を 思つ て …… M ィ >1 く 妾の 爲 なんど 思つ て くれなくても 澤山 だよ。 ク でんな 事 云て :k 



まへ わた ^ ほ. あが よ こど ゐ いた こ >J 

か 前 は、 妾の 御 奉公に 上る のお、 好い 事に して 居る の だら う 0)) 7 ェ < ^う 致しまして をん な 事が :•:• 

わたくし ぁ&, た こ ほ ちこう で あ t か を L «- を おが を 

私 だって 貴 孃が御 奉公に お出 遊ばせば、 ^ん なに 悲し S か 知れ やしません。)) 《ィ ュ臁 だ、 瞎に 違; 3 無 

わたし い つし ま あど さ だ 5 ち ねつか 3 へ か あい 

い、 妾が 行て 仕舞った 後 は、 定めし 自家の 阿 母さんが、 お前 を 可愛がる であらう チ 0)) 《ュ ッ、 をれ では 

な こど ❖ らゐし わたし こん £ あが き 

貴孃も …… )) ((をん 事 位 知れる ゎチ。 だから 妾 は 今度の 御 奉 1^ は、 ^うしても 上る 氣に はなれない。 

くめ わたし い ま た からだ た *• からだ .&<* だれ い 

もれに …… 条! 妾ば 今 は 只の 體ぢ や^ いよ。》 《只の 體ぢ やない €は?:| 《今まで は 誰に も 云はなかった 

*J んげゥ みものみ あま こど しばらく こどぶ で 

けれ^、 …… 先月から 見る 物 を 見ない のおよ OM ュ ッ?) ) 餘 4 の 事に 条次郞 は、 暫特 言葉 も 出なかった が、 

f や ズナに い だ どき たち ま はし、.: J した げ ちょ くに い や わたし はし もの 

漸くに して 何やら 云; S 出さう さする 將。 忽ち 階 子の 下に 下女の^ 國が、 《ァラ 嫌 だよ、 妾 <w したと が 千 物 

ど こ ゆ ふだち ね も ひど &ビ い ものほし あが く き や 5 

も 取. 込ます に、 また 夕立に 濕ら さう^ 思って 0)) ト 、獨ゥ 語お 云;: S ながら、 物 千へ 昇って 來 るに。 .J^ 京 は 

た :!> ろ ま «J は を て を s- VJ.O ろ き たち:: かほ 5 おわ 5£ かた もで め 

驚いて 窓お 離れ、 ッ 力く^ 欄 千の 處 まで 來て立 止ゥ、 を しらぬ 顔で 圑扇を 動かしても、 片釉は .}a> ほ 目 

くに み びつ く S- た お 6 たか こ ゑ f き や f て あは 

を はなれす。 か國は 見て 乙れ も 一 愕、 《ァレ 何人?)) 思 はす 高めた 聲。 ハ ット思 ふか 京 は、 手 を 合せた 

こ、 ろ 

(九) 

上 は かみな 3- たも a ゆめ やぶ こ、 ち く," ふ い もゐ さん せっかく しゅび こ丄 

夜半の 神 鳴に 思 ひ 寢の夢 を 破られた 心地。 ^國が 不意の 推參 に、 折角の 首尾 さんん、 にされ て、 此 から 

い だいじ § い ゆ ひま き や f ビ t- ろ むね ねさ ほビ まぎ その iw、l の. 

云 はう < ^した 大切な 事、 云 ふて 行く 間もなく。 は 轟く 肭. 押えながら、 よい 程に 紛らして、 龙 〈繡物 

ほしね じ ノん ゐま、 も - k を ほこ、 ろ あ. t こ のこ むね 5 おや も あけ:.?, 5> まる 3ビ 

千 を 降. o、 自分の 居間へ 房った か、 尙心は 彼 處に殘 つて、 胸の 中 安から す、 まだ^ 勉 して わる 圓恣 に、 

tl 占^ 1 七 



ちから *<*v ザ み もた 《. ちわ さき か よねん を か はは み る こ、 ろ こ、 

力無げに、 身 憑し かけて、 團 扇の 先お 喻 みしめ たま、、 餘<^1 なく 中庭お 見つめて は 居る が、 心 は此處 

む C S ろ/^ ものた も つね だい きら ひるが へる いま. S し ら *n ね もど はだ き 

にわら 卞、 胸に は 種々 の 物 思; so 11 常 は大嫌 ひの 蟇が、 今石燈 籠の 根本へ、 ノジく 匍 ひ 出して 來た 

さら め はい み くら V ず か くめ じ ら 5 あ ビ きさ >r, み ひも さい- ひビめ か、 

も、 更に 眼に は 這 入らぬ さ 見えた。』 藏の 中で は条 次郞。 彼の 將 早速に 身.^ 潜めて、 幸; S 人目に は 掛らな 

$ き ど 5" した たり ひどき も こん: }j にしが J- ま- Jj 

かった が。 何やら 氣を 咎めて、 下へ 降る とも^らす、 獨. y 氣を 揉みながら、 ゥ 力く^ 今度 は 西 则の窓 

そよ き づ くま した み ふビ き や 5 こ ぁ& さま み そのま、か*^が5し ど 

の 傍へ 來て蹲 居り。 フト下 を 見お るす^たん に、 不圖か 京の 此の 有 樣を見 つけて、 其儘鐡 格子に 取. つ 

わきめ ふちつ をが ゐ t L St ものば さ を S- 5 へ&み *^,-か 

き、 脇目 も觸ら 卞眤^ 眺めて 居る の を、 知る か 知らぬ か、 か 京 はまお 其塲を 去ら 卞。 折 ふし 植 込の 中 

I のき ふ, le- ん ね ピ づれ ゆ ふかせ びん げ をぶ もこ も む 上 こが ほ 53 ふ で ん ひか 5- 

«れ て、 軒の 風鈴に 音信る 夕風に、 鬚の ほ つれ 毛 嬲られて、 少し 素 向けた 橫顏 を、 岐阜 提灯の 光に ック 

み いろ な しろ くお びる つや め ふち あか を つ ゐ このませ しんら おも 

/^見れば。 色 は 凄い ほ.^ 白く、 唇に 光澤なくて、 眼の 橡 だけ 紅く 成て 居る に 此 程の 心勞思 ひ やられ 

か ちい や, f さ tit 3 、 „{> こ か を あみ め ^ どん 

て、 いさしく いぢら しく。 しんど, 愛の 乙 ちの 孃樣! 自由に 成る. |^>ら 此の 鐡 網の 目, V 拔 けて、 彼 處へ飛 

ゆ いちねん いつ びき か をつ き やう まっしろ くび をち ぶ ゑん si も つ- まゆ ひも 

で 行きたい 一 念、 何特か 1 匹の 蚊に 成て、 ; おの 眞 白な 頸筋へ、 無遠慮に 吸; 3 付く の を、 眉 を a めて お 

5 てのひら まっか ち あど くめ むね 5 ち くら を か !ゃぅ けんめ S ね も り ビ 

タさ 打った。 をの 掌に 具 紅な 血の 痕、 をれ 乙 を条が 胸の 中 さ、 藏の 中で は 1 生 懸命、 思 は 卞乘 4 出して 

こ ゑ か どき みせ は 5 たれ し 、、くめ くめ ぶん たづ こも & ^ 

聲を 掛け やう さする 將。 店の 方で 誰も も 知らす、 ((条^ん! 条^ん!】 ト 自分お 尋ねる 聲 がする に。 南無 

さん ゆ 5 f は L/y 5 へ き した や i «. か わざ あしね ど ね き ■Z.Ji 

三寳! ^思 ひながら、 をつ さ 階段の 上まで 來て、 下の 檨子を 窺 ひ、 態^ 足音 さして 降. て來 てぶ 誰お ィ 

わたし X い みせ ゆ 》><* lO まこ ゑ くめ こ 、 

私お 呼んだ の は 0)) ト 云 ひながら 店の 方 へ 行かう S するど、 か 島 は 居間から 聲を かけて、 《ォ ィ条! 此處 

だん <<b さっき よい —い くめ e ら. 52* き み わる $6 あし も、 か 

だよ 旦那が 先刻から 呼んで 入らつ しゃ るんだ よ on ト、 云 はれて 条次郞 薄 氣味惡 く、 傷 持つ 脚の 邋み 兼る 



や 5 や しゅじん ゐま は. S い へ ゑ 3 へて いへ ゑ ちか 3ね < y 

を、 漸くに して 主人の 居 11 へ 這 入 4、 伊 兵衞の 前に 手 をつ かへ る ざ。 伊兵衛 はな は 近く 招いて ぶサ テ条 

じら f *?- ビ&く ら 5 3 へお よつ VJ わ. し か は w 5 つのみ や S つ _ C つ わし • ^ M づ 

.1 ^郞。 誡に 御苦勞 だけれ. も、 か 前 一 寸 私の 代理に、 宇都 宫 まで 行て くれん か 。實は 私 か 行く 箬で わった 

f- つ ど ほ む T> め こん やまむ ろ さ 3 あげ わしる ふつ がふ まへ まに ど 

が、 知ての 通. 娘 を 今度 山 室樣へ 上る につ S て、 私が 留守で は 不都合 だから、 -f- 前誡は 御苦勞 たけれ^ 

あ (1 た ち さは やに ひど 5 つのみ や い つ ろ つのみ や ね ど !• L わし いっし 上 いつ だ. S こく や しろもの も?' 

明日の 朝 早立ちに して、 一 ッ 宇都 宮 まで 行て くれ 宇都 宮は 一 昨年 私^ 一 所に 行た、 大黑屋 へ 代物 を 持て 

S ほか こ よ 5 わし てがみ ゥ こ およ またろ 上 5 こ:.^」, 

行く ので 外に 少し 用が わるが、 をれ は 私が 手紙 を 付けて やる から、 口上に は 及 はん C 叉 路用 は 此處に 

もこ ばか S 'まき つゆ あつじ ぶん こど あさ を はや たつ- 

少し 斗. 入れて わるから、 胴卷/ ^さ 持て 行きなさい 暑. S 將 分の 事で も わるから、 朝 は 成 As たけ 早く 立 

につち う たてば ゆっくり や を ど ち f び. や fis き *, ザつ お 5 

て、 日中 は 立場で 悠然 休 ひやうな とに して …… 途中で 病氣 にで も 成ち やつ まらね から。 をれ に 道中 は 

ぶつ さ 5 わし ちろ ざ か ぶっこ ゆ を K L ねみ、 みづ 

物騷 だから、 私の 道中 差し を 貸して やらう、 われ を 込んで 行く がよ so)) ト、 何 か は 知らぬ が寢耳 水 

あし もヒ ビ W-.S を .S ひつけ くめ じ ら$ あっけ ど い を や へんじ しばらく で 

足元から K 急いだ 命令 は、 条次郞 呆氣に 取られて、 諾否の 返事 も暫特 a 出なかった。 

(十) 

き や 5 やまむ ろけ お <づ ど あが こど S かを^ L たく VJS^ いそ ゐ き や 5 か- f> 

.20^ は S よ- (-山 室 家へ 奧勸め は 上る 事に 極ま As、 家內は をの 支度 を 取 急いで S るに。 か 京 はつらく 悲 

L ま をが (J こ、 ろ も みだ く け ふ この/しろ たの おも こ ひ i-ao くめ ら 5 お.^ 力 f 

しく、 遠琉 にで もされる 心持ちで、 溟に 暮らす 今日 此頃。 親み 思ふ戀 人の 条次郞 は, S ひ 掛けない 宇 

つのみ や つか つね あ ぶ i L かた て 、たや £. -ら s まさらせん どの こ-み こ、 j5' 

都宫の 4^ 使; so 常に 似合 はぬ 不粹な 仕方^、 父親 を 恨む でも 今更 詮なく、 取ゥ殘 された 身 はます く 

ほ 七 あけくれ 5 ば さき どへ <SJ くビ し t3 い 

細く、 朝暮 乳母の.;^ 崎 を 捕へ て は、 かき ロ說 きかき ロ說 き、 S つ を 死んで 仕舞 ふさまで 云 ふ は か 崎 は 

た5」 ろ いろく ズザ々 さ , ザ なさ <§5 むね あれね も これ ね も は おも せ 3 

驚き、 なほ 種々 k 慰めても、 慰められぬ. の 心中。 彼 を 思 ひ 是を思 ひ、 果て は 思; S 迫って、 ほん 芑に 



たんき たこ L し S おも さき i そ £ど こ、 ろ St を £5 み あは い ヽゑ 、 ^や 

短氣を 起さう も 知れぬ に。 主 思 ひの か 崎 は、 餘所事^^ら卞心を痛め、 折 を 見合せ て 伊 兵衞に 向; 3、f か « 

さま この-しろ こ や i- も こ ほ f こ 5, い や このま、 を た ねから だ さは a て 

檨の此 頃の 御樣 子、 われ も 御 奉公 かか 嫌な ばつ か. <.^o 此饞に 捨て置いて は、 御 鉢に 隙ゥ ますの みか、 果 

た & せま どころ こ ど を し をつ どつ かへ つ ど かく この こど 

て は 御氣の 狭い 處 から、 ひ よんな 事に 成らう も 知れす、 さう 成て は 取て 返しが 付き ませぬ。 兎角 tt 此 

やめ X ふんべつ £ ざ 3 こ ど つく VJ & 、ゝ い へ a,: しあん で く 

を 中止に する、 好い 分別 は 御座..^ ませぬ か 0)) ト、 實 情を盡 して 說き勸 める に 。伊 兵衞も 思案の 腕 を 組み、 

を をた い わし さいしょ この こど こり ^ む もめ あ こど Hw 

《をれ は 其方の 云 ふまで も. く、 私 も最ー 初よ ゥ此事 は 好ます、 何う も 娘 は 上げられぬ^、 謝絕. はした けれ 

み くも や き し ら *r なやお ひど ち を わ ゆ やつ き や 5 どの あ ビき たい ゃまむろさ^^5 

わの 三 雲 nig の 喜 四郞親 ハ乂、 一筋繩で は 行かぬ 奴。 もし か 京 殿お 上げぬ 將に 於て は、 山 室樣の 大切な 

わか どの み こ iJii し ち *-ぃ をが さき でき を s- だいおん やまむ ろ さま も 5、 わけ た、 

若殿、 見す く 焦がれ 死 は 知れた HJO 祖父が 長 崎から 出て 求た 折から、 大恩の ある 山室樣 へ、 巾 譯が立 

ゆへ わし おんく し . ^く-..」 ,y,_^ な へんじ た ひど にんげんん た: y L や.? し さか ひ こ、 どころ が てん 

ぬ 故、 私 も: 喰 ふて 死ぬ 璺 悟。 其方が 返事 只ッた 一 ッが、 人間 二人 生死の境、 S の處 をよう 合點 して、 

き や SSJ の やしき あ く かへ たのみ い や い ビき 、...- にち をん; 3 

か 京 殿.^.;^ 邸へ 上げて くだされ^、 く-^ う 繰.^ 返しての 依赖 をれ でも 否 卜 や V- 云ふ將 は、 後日の 難儀 

はか せ ひ をつ どく t だい む, V め いや ふ しゃ si もつ ビ も ちょ 5 

W られ ぬに、 是非な く 納得した 次第、 娘^ さど 嫌で わらう、 不承知 は 道理 卜 やが。 これが 遊女に 賣 るの 

い をん を つせ い ゆ ゑ わし むね もこ さつ こんど VI ころ ふしゃう く そ, 

ではなし、 云 は > 女の 出世 さ 云 ふ もの 敌。 私が 胸 も 少し は 察して、 今度の 處は 不肖して 光れる やう、 其 

た いき たよ W を あいさつ ふた * かへ こどば を さき をの ま、 を ひ % 

方から もよう 云 ひ 聞かして くれ 0)) ト、 乙れ も 便 無い 挨拶に、 再び 返す 言葉 も 無く、; -崎 は其燼 泣き 寢入ゥ 

き や 5 *4>ほ さら を みだ し ま、 はや しま をの ひま f> たく. SsW い るゐて よ. い ; 'ほかた ど、 り 

A 京 は尙更 泣 S てば か. 0^。 涙 を 知らぬ 繼母 のか 島 は、 其 間に 支度 を 急がして、 衣類 調度の 用意 大方 tt 調 

あした い こど をつ 

ひ、 明日 は S よく ト云ふ 事に 成た ◦ 

き や <- けさ め を は さみ. a せん ど みだ びん くし た た •.• た tvj 

か 京 は 今朝から 眼 を 泣き腫らして、 三度の 膳に 箸 も 取ら 卞、 亂 れた餐 K 櫛 も 立てす。 只シク くさ 袂 を 



か ひど ま ひきこん ゐ t しも こど たいへん さき そ * ク 

喻ん で、 1 間に HF 籠でば か 4 居る に、 萬 一の 事が あって は大變 さ、 か 崎 は 側へ 着きき. にして、 せめて 

9 まぎ い ろく は, *t あ いさつ ろく た ビど a-,^.- も くめ かへ 

は氣の 紛れる やうに^、 種々 話 をし かけても、 挨 俊も祿 にせす。 只 時々 if れ るの は、 ((条 はま だ歸ら ない 

こ ゑ そのこ、 ろ fj げ ちょ く!; J は いつ き ちゃう 

か于丄 ト、 ぢれッ たさうな 聲 ばか. 00 其 心 知ら いで、 下女の か國 がいそく 這 入て 來て、 ((ァ ノ か饑 

さ 3 こ めし およつ W め -こ らん し たて や た. いい まもつ まゐ い 

樣、 此の か 服 を 一寸 召して 御 iS あ をば せ 。仕 立屋 さんが やつ ^只今 持て 參ゥ ましたから 0)) ト、 云 ひながら 

もつ き こん: JJ & ほ S こ f あが つ あら こ. L ら ふ そで み くろち 《- めん H もび し ちゃ もん ク 

持て 來 たの は、 今度 御 奉公に 上る に 就いて、 新たに 挤 えた 振- 釉。 見れば 黑 縮緬に 花菱の 定紋 付き、 裸 

L らち や こまつ 5 め も f つね どび つ 5 け ふかさ, V 

を 白 茶に ぼかして、 小 few こぼれ 梅の 模檨 。常なら ば 飛 付いて 嬉れ しがる もの を、 今日は 嚙み 裂いて 棄 

こ * ち み .S や 

てたい 心地。 、兄る も 嫌! 

(十二 

ふ びん き や 5 ぃ*» & てんぶ り あやち よ やまむ ろけ こし もど まげ & t ゆでん ゆ を は たび たて 

不憫 やか 京、 今 は 御殿 風に 緣路 で」 呼ばれて、 ま づは山 室 家の 腰元。 儀 も 御 守 殿に 結; S 直して、 帶は立 や 

じか み 》• た. S ち だんみ あ き y や 5 いっか f め その. S つ. LSJ あつ y- のゐ つめしょ L みさだめ あや や,' 

の 字、 斯うして 見れば 叉 一 見上げた 容色。 一 家中の 眼 其 一 身に 集まって、 宿直の 詰 所の 月旦、 綾路の 

ほか をん * & ど ひどこ ど みさけ こどば » を さけ め ねが 

他に 女を說 かす。 あはれ 1 言な ゥ W も 情ら し S 言葉、 1 度な-^ さも 情ら しい 眼づ かひ ト、 をれ は 願 はぬ 

もの どら ひげ. S か かみ fj-ft かた か 5」 ば 3.* らを きみば せんき ね い のお このき み 一 め 

者 もな く。 虎 厳めしく、 上下の 肩 角張った 丈夫 も、 君の 馬 前, ヒ 極めて S いた 命 を、 此 君の 爲 ならば、 

い まも さら を .L ゝ 、、ゝ おや S ちゃく を こど ふ& もで 、、、ねが 5 

今 捨て、 も 更に 惜 からす。 はこせ 乙の 打擲なんでも 無い 事、 振袖の しも も 願っても 打 たれたい は.^ な J^o 

ひど あやち こ やしき き をの ひ き げん かほみ め を 

さ. は 人ぢ らしな 綾路、 此の 邸に 來た其 日から、 ついに 機嫌の よい 顔見せた HJ なく。 S つも 眼お 泣き 

» 上 5 を ひど ま ひきこん かへ つ ひどき は ひど わ も ま 

腫ら して、 用が 無ければ 一 間に 引 籠でば か. <..o 却て 一 層 人の 念; S を增 さしめ た。 



この どき や 3 むろけ た ほどの ど 5 どみ のかみ. t へたけ かね ねが き、 ど f 、し もど いん さよ み はし マ.^ ひら." I マ 

此特山 室 家の 大殿遠 Jd 守季武 は、 兼ての 願 ひ 聞 届けられて、 國 元に 隱 居の 身 さな ゥ C 嫡子 仙 三^ 廿 一才 

げんぶく 5 たの. ヒへ たか ,v の, し さい きの ふ へや み み. 3 ん&く た S し 力 $ ^ 

で 元服して、 雅 樂助季 高, ヒ其名 も 仕 細らし く 昨日まで 部屋 住の 身 か 廿五萬 石の 當 i さ 成た。 rJ れに就 

かね し-,? L ん こし. vyj あやち あらた て かけ $ その ひ C やさ,. ほ • ひ" f fi^, . _^>I!t^、 お 

て、 兼て 執心の 腰元 縫路 を、 改めて 内 妾に 直し 其 日から 御 部屋 樣^、 -< 々に |@ めら れる 身の 出世 綠 

ち か &K^y の さ たんがん へた か #i-.J はらた ち き み をつ ある どき ル たはら 

路 はいよ く 悲しく、 何卒して 免が れん もの^、 樣々 の 嘆願に、 季萵 少し 腹 立の 氣咏に 成て。 或胁 傍 

ひど ビは ちゃち ひざち か まねよ をせ よい こどき, • I - 、 > 、 ノ L, > 、い > 、 . 一 \\ 

の 人 を 遠^け、 綾 路を膝 近く 招き 寄せて 、《何故 余が 云 ふ 事を閱 かぬ のお や 仔細 かわらう 云 ふて くれ!)) 

ど あやち i きみ わる こたへ L ばし ためら * ) 4t つ、 かく , f^i-,^, こ マい 1* 、- ノ > . ^ゝ 

ト. 問 ふに 綾路も 何やら 氣咏惡 く、 答 辭に霎 時 躊躇った が。 愁い 包み 隱 さうよ ゥ 事の 事 云 ふて しま ひ 

ぎ 上い さ.^ こど かく *-』 き お, て いや このみ 力 ほビ 

をれ で 御意に 逆らうたなら、 をれ までの 事さ覺 悟お 極めて、 恐る; \ 手 をつ かへ、 ((賤 しき 此身 を、 斯 程 

た ゆしめ た こ 、ろざし も つ >J い 5 れ たこ、 ろ したが し さ^ はつ 

に 思 召す 御 志、 勿體 ない ほ *J 嬉しう は,^^.? i5 まれ^、 ^うあって も 御 心に 從 へませ ぬ 仔細. 耻 力し 

か C ぶん S3 た S- み ふか S か ねどこ そのた^ $ 

ながら 斯うで r^^.o まする …… )) ト、 自分 も 今 は 只の 身で なく、 深く 云ひ替 はした 男あって 其 饊を宿 

ゐ こ ど の, 一 & は を のお か ほ わたく-ゆへ vi てた ねま ど か を このま、 

して 居る 事 を、 殘 6 無く 話した 後 ((斯 程に 汚れた 妾 故、 迚も 御寢 問の 伽ぎ は 叶 ひませ ぬ。 < ^うど 此儘 

おいどま くだ き くだ ひ 50 たも ね C 5 をみ だ の い は を 

御 暇 を 下さ. ませ。 をれ も 4^ 聽き 下され 卞ば、 きう ど 一 思 ひに 御手 打ちに …… )) ト、 涙を>^^んで云ひ:^ 

*t へた か はじ や *r を L たさ JC あき し く こ どば を 《 'で く L あ/ < ひさ 

tko 季高 は, 初めて 檨子を 知り、 驚き 呆れて 暫將は 言葉 も 無く、 腕 を 組んで 思案に „k れ たか。 やかて 膝 

あやち て a ぎ あやち そ ち ていお よ かほ ね も はか は 5 ち あべば 

を 進めて 綾路の 手お ザ ッさ握 ゥぶコ レ 綾路! 其方 は 貞女お やな。 顏 ばか 6 さ 思; S の 外、 腹の 中まで 夭晴 

び tit ♦iJ へ t か を 5 さらし 5 しんいた いど ま やて 5 さ おき、 ビビけ あや 

れ 美人、 季高^ 更 執心 致す。 睱も 遣られぬ、 手打ち はもせ ぬ。)) ((をれ では 何う でも 御 閲屆は …… )) 

ち いん 々わ る い は を もの J» 、ざ たつ あど あやち もへ たか こ 、ろく 

路! 乙れ も 因果 じ や、 許して くれ!)) ト云; S 放して、 其 饞座を 立てし まった。 跡に 綾 路は季 高の 心 酌み 



S まさらむ なや も ん 52 ねよ ひど あん る をの ひ もへ たか た 

かねて、 今更 胸 安から す、 さんな 難儀に 及ばう か^、 をれ のみ 獨ゥ案 卜て 居た が。 其 日よ. 季高 は、 只 

r- ん& あや ぢ いた ども こ、 ろよ あ,, C しん 4Ji けつ ひビ へ や さま た r を 

懇^cに綠路を劬はゥ、 共に 快 く 遊ぶ ばか. 寢 所は决 して 一 ッ にせす、 部屋 樣.^ は 只 名のみ で わつ 

た。 

(十二) 

た ど 々ひも しゅ 4? か&か や はこ ひ もどき 5 め あやち いま こし もど 

譬 へば 黄鳥、 朱 塗ゥ の 籠に 飼 はれうよ 6、 矢 張- >戀 し SIX 木の 梅。 11 綾 路も今 は 腰 一 もっか 中、 さ 

©* こど ,てぶ め ね ま visa や、, T- や のが 1^.ほゃせ かへ た *-.0> まむ ろけ たく でん か 

さて 具の 內妾 でもな く。 寢 間の 伽 だけ は 漸く 免れた が、 尙 宿へ は歸 ると なら 中。 只 山 室 家の 奧 殿に 詞 

き ら きんし ど&ま ね ほ ち 上ち 5 やま ちゃ にん む もめ もつ い 5.1- ないせつ 

はれて、 綺羅 錦繡 に取卷 かれ、 多くの 女中に 敬 はれて、 町人の 娘お さゥ さて は、 勿體 ない 大切に され 

ほか は s!** い おも はく S か ら あ A rv£ み は s- しどね ビ かく ゐ 

るに。 他の 朋輩の 所存 如何 さ、 をれ 等 を 案 卜 過して は、 身 は 針の 褥、 鬼 角居づ らくて ならぬ けれき ま 

もへ たか こ なろ ふる a ひ 3 ひ にお や 5 たづ き 5 れ が あや ぢ ケ 1* 々さ 

た季 高の 此の頃の 擧 動、 每 日の 樣に 尋ねて 来て は、 憂; S 勝ちな 緣路 おば、 何卒して 慰めん もの ト、 をれ 

こ 、ろく だ はじ ;' る さ ね も f- だ. S を さけ ほ だ は こ、 ろ もこく ち 

ばつ か 4 に 心を碎 くに。 , 初めは 五月 蠅く思 ふた も、 次第に 情に 終され て、 果て は 心 も 少し 挫けた が 

こ ひ くめ じ ら 5 かたどき わ も ひま た よ s- き 

さう さて 戀 しい 条.^ 郞 のこさ、 片 K 忘れる 間もなく せめて はもの 音信な. o^kr 間 かして ほし S さ 思 ふ 

こ、 ろ ま、 こ >j はら こ よつ き こ、 ろ や を さん 5 を こ やし を 

でも、 をれ さへ 心の 儘. *^>ら す。 殊に 腹の 兒も はや 四月、 心安く 產 おせよ、 產 まれた 其の 兒は 養うて やら 

どの こ ちれ こ、 ろ や. * 5 ね ど のち こみ さ つも S- かんが 

ぅト、 豭の 言葉 は媳 しい けれ.^、 心安く 產み 落した 後 は、 此の 身お 何う する 御 心算か^、 もれ.^ 考 へて 

こ、 ろ S そ しょせん ゑん あき どの こ、 ろ したが をん を みち い つ 

はまた 心細く。 所詮 われまでの 緣^ 諦ら めて、 殿の 心に 隨は うか …… いやく もれ は 女の 道なら *o 寧 

.ij- かた ^ だ くめ じ ら 5 も ど ゆ ^の も あれ たも き こ 

を 館 を拔け 出して、 条次郞 の 許へ 行かう か ::: をれ では 殿に 濟 まぬ やうな ト。 彼 も 思 ひ 切られす。 是れ 



も こ、 ろ ふたみ ひど さ む; 3 や も ぃ> ま 

も樂 てられす。 心 一 一 ッに身 1 ッ.^ 、 今 は 何う する 乙 さもなら ぬに、 胸の 安 まる 暇 なかった。 

むね ね k- ほか あら あやち ど か や 5 を みか もへ たか こ、 ろいた この 9*、 た だいじ 

朐の思 ひ 外に 現 はれて、 綾 路は免 角 優れぬ 檨子、 見兼ねて 季 一 咼は 心お 痛め。 此 儘に 捨て置いて: 《、 大切 

からだ さは き づか たも ビ. J ろ いろ /( -I > あん め々 もへ わざ/ cir- しなめ め e ろだい あた 

な體に 障る で わらう ト、 氣遣 はしく 思ふ處 から、 種々 思案 を-巡らした 末。 態々 牛 込の 目白 臺に、 新ら し 

や La- あが, ぁゃ^^' i C ぶん た ほかた そこ どま **K.cyJ ち.!? こ、 ろ ま、 きらく ほや f 

く 屋敷 を購; 3、 もれに 綾 路を住 はせ て、 自分 も 大方 は 其 處に泊 何事. 緣路の 心の 儘、 氣樂に 保養 さ 

こ め じ ろ しも や しき い ちゃ 5さ ふ だ 5 € $ あた せ? > ち を: Si れ のケ 

せる 乙 £ にした —— 此の 目白の 下屋敷 さ 云 ふの は、 丁度 不動 堂の 隣 地 當 ゥ0 關 口の 淸 流に 臨んで、 

むか たか <5J わせ だ もんら < ひよ 3- ふ t> あし がら やまく をべ ぶく づ をつ しき もがめ あ どころ 

向 ふ は 高 田早稻 田の 村落、 日和に は 富士足 柄の 山々 まで、 總て 一 幅の 圖に 成て、 四季の 眺望に 鉋かぬ 處 

ゆへ L せん あ.! K ゥ こ、 ろ からだ ため よか S み を もへ たか C つい ねも あ * もった 5- こ 

敌、 自然 緣路の 心 も ほ つれ、 體の爲 はも 良ら う W 云 ふ、 皆季 高の 實意 乙れ を 思へば …… 嗜勿體 なや 此 

ち ビ のさ ま はら 5 ち て あ 》 なびく 

方の 殿檨! ト 、 腹の 中で 掌 を 合す こさ も 度 々o 

ち つきひ ゑ f> やく *4- .S ゥ iS> つも さつ く あき のきば § わ ど g ふ. >れ む. J ね あは 

かゝる 中に も 光陰 は會釋 無く、 何日 か 夏 も 過ぎ去て、 來る秋 《 軒端の 桐に 昔 づれ。 夕暮の 虫の 音 哀れに、 

わがみ 5 へ かこ た *- & のか を を S- おも か だいじ 

我 身の上お ft つか €、 只 さへ 物悲しくて ならぬ 折から、 11 思; 3 も 掛けぬ 一大事! 

はっか S ひ ひる £ 'ち に. J かせ をけ ふ 《- ねこ よ いつ はげ から も ね ら ふ fevw 

七月の 廿日と 云 ふ 日。 晝の 中から 西風 砂煙.^ 起して、 夜に 入て は S よく 劇しく、 鴉 も塒を 振- y 落され 

やみ を こ ゑ もの も & ひビ 》i\ き R- ひや や 5 や まくら つ その上 .„ま こ < ねみ、 つら 4? fif ひ J- 

て、 閽に 啼く聲 物凄く、 人々 肝 を 冷して 漸く 枕に 就く やがて 其 夜の 午の 刻、 寢耳を 貫く 半鐘の 響き、 

くわ じ み を や ねかの ほみ ひこ ビきは ばし そ ど 

ズ お 火事よ^、 皆 屋根に K け 登って 見れば …… ァレく 火の粉が 1 常 盤 橋 外! 

(十三) 

た を わ さ L や 5 々ん ひざ. S "ど を J^5S やか したまち まん を か へんぴ 5L£» はし . 

同ト江 S/ 將 軍の 膝下に 住みながら、 一 つ は 繁華な 下町の 具 中、 一 ゥは邊 鄱な牛 込の 端0 をれ かさば か 



ひがし そら あか み はんしよ 5 ね ど もこ きこ ひ もど $1 のへん .L た*- かみや しき、 づか 5 ま 

.< ^東の S 赤く 見えて、 半 歸の昔 も 少し は閗 えたが、 火元 は 何邊^ も 知れす。 只 上屋敷 氣遣 はし さに、 馬 

つか もの 上の ひきあけ どんかへ ね かみや しきぶ C • あやち さ., おさ ど まるやけ い き 

を はしらせた 使 ひの 者、 黎 明 に 飛で 歸ゥ、 《御上 屋敷 は 無事 なれ.^、 綾 路樣の 御 里が 11 丸 so ト、 呼吸 

つ ち 5 しん き あやち 53 や 5 て ん し?! Ess< もの い どころ ど W ク y おもへ は. L き た 

も 機き わへ ぬ 注進.^、 開く よみ 綾 路は仰 夭 して、 暫將は 物 も 云 はれす 處へ 取次の 下婢 走って * て、 《只 

い 2 さ a- い ちょち ち 上つ ビ め ほ ねが も か くち き -' 

今 4- 崎さん^ やら 云 ふか 女中, が、 1 寸.; ^目迪 6 が 願 ひたい ゥヒ、 中の 口まで 來て ^ざ 6 ます か。 何やら 

.si £ ょ,ゥ み こ、 ろせ や sfi- を あ s L 

急ぎの 御用 さ 見え、 ひ^う 心の 急く 樣 子。 直ぐに か 逢 ひなれ ます か。:! ト、 云 ふに 緩路は をれ^ 知ゥ、 T 

はやこ、 こた. ひき かへ さき あん を. S あや <f る 3 つ き 

れ^ら ば 早う 此處へ 0)) 《ハ ィ 0)) ト答 へて?:?: 返した が、 やがて か 崎 AJ 案內 して、 緩路の 居間へ 連れて 來 た。 

ひさ ぶ たいめん あやち つぎ *s で むか さき き はし よつ をのて ど 

久し 振ゥの 劉-怖に、 綾路 はい をく 次の間まで 出迎へ て、 《ォ 、崎 か、 よう 來て 0)) ト、 走 寄て: ^(手 を 取 

さき あやち かほ み のま、 た、 み ろへ み を ふ あいさつ た あや 

らう さする so か 崎 は 絲路の 顔 を 見る よ, o、 其 31 疊の 上へ 身 を 投げ 伏して、 挨拶 もせ 卞只 泣ば かゥ。 M 

^7 f ねこ さき をゐ わか はや ゆ ふべ や 5 も き ゆ ふべ 

路は をれ を 救け 起して ((コ レ崎! 泣いて 居て a 分らぬ、 速う 昨夜の 檨子を 聞かして!】 ((をれ では 昨夜 

£ や 5 を &ケん つ かもの も S!j きたつ いまき ど 、さ 3 

の 御樣子 を、 もう 御存 卜で/^ さゥ ます か 0)) 《使 ひの 者が 戾 つて 來て、 只 タ今閲 いたば か. CVO シテハ 乂樣は 

t P t くめ けが を はや は を き せこ さき 

御 無事な か、 条には 怪我 は 無かった か 。速う 話して …… をれ が 聞きたい。》 ト、 急き込む に、 か 崎 はやう 

き ど ね a& もう い ま た は を や 5 を わか ちゃ, r' さま 

く氣を 取り直し、 ((御 話し 申す も 忌 はしう ^6 ますが、 御 話しせ ねば 樣 子が 分らす …… か孃 樣まづ 

たき くだ まくら た ものがた き ひも ど ゎづ けんさ *w K しか を かざ 

御閲 き 下さい まし。)) ト枕を 置いて 物語る を 聞けば II 火元 は 僅か 四 五軒 先き、 折から わの 西風に、 風 

しも か& ws-li ひど もちだ ま たち ま いへ ひ っゝ か をい ものね まき から み ひど 

下の 悲し さは、 道具 何 一 ッ持 出す 間もなく、 忽ち 家 は 火に 包まれて、 家 內の者 a 寢衣 のま、、 辛く 身 一 

のが で を か だん を さま ^5 げ みち 5 し を あさ くら ク ち.. J けさみ む ざん e* つ 

ッを 逃れ出た が。 中 k 旦那 檨は、 如何 活路 を 失 ふた か、 S まし ゃ藏の 土に 敷かれて、 今朝 見れば 無殘 ft 



—辻-占, 始 二 六 

くろこ ビ 、さま くろこ め あ ひが ふ, U さい、 J 

黑 焦げ! ((ュ 、、 をれ では 父樣は ァノ黑 焦げ k )) ((ハ ィ •:•: 目も當 てられぬ 非業な 御 最期。)) ((をし 

くめ そ^:^た もの & ,しん ケ しま さま ゆく ゑ し は. V ,づち さ 力 み み あた 

て条 やら 其 他の 者 は?》 11 御新造 か 島樣は 行衞 知れす。 乙れ も 灰の 中 はか S 、探して 見ても 見 當らす 

5 わさ き ばん ど 5 ひろき ち 3 つ さき 1」. し 3 ) をの ほか-^ せ もの J„J も ね. f に ちつ い 3 

嚙に閎 けば 番頭の 廣 吉^、 具 先に 逃げて 仕舞 ふた さやら。 其 他店の 者 共 は、 思; S く は 逃げ 散て、 未だ 

たれ かへ こ また わたくし f ん つよ ゆ ふべ こくち や T- をば もビど い つ を ゆへ あやう いのち 

に 誰も 歸 つて 來す 叉 妾 は 運强 く、 昨夜 は 石 町の 伯母の 許に、 泊ま 4 に 行て S ふました 敌、 危險; 3 命 

た そ くめ じ ら 5 くめ K ちまへ いへ で いま 

を 助す かゥ ました。 ((をして わの 条次郞 は?》 《 ほんに ァノ 条^ん は、 四 五日 前から 家出して、 今 は.;^ 

た &を くめ いへ で また を せ わけき を: i ゆへ いへ 

店に 居 6 ませぬ oj- ((十 11 条が …… ァノ 家出お。 を 6 や 叉 何故に 9 譯を 聞かして!)) ((サ ァ 何故の 家 

で わたくし わか い ま SJ こ ゐ い つか 5 ケん ゆ ふべ まっさき 

出 やら、 妾に も 分.?^ せぬ 0)) 《もれで は 今 何處に 居る?)) ((をれ も 一 向存卜 ませぬ が、 咋 夜な- ^は 具 先 

かけつ き けさ かげみ た ほかた わ i 'ちる み 

きに、 ffi 付けて 來 さう 4 & もの を、 今朝に 成っても 影 を 見せぬ の は、 大方 江 の 中には 居ない の^ 見え ま 

き き i<b さけ を こど た 3 か さき ひざ ふる つ 

す。)) ト、 閗 けば M く は.^ 情無い 事ば か. <yo 綾 路も今 は堪ゥ 兼ねて、 か 崎の 膝に 霞; S 付き、 ワットば か. 

を ふ さき &ん ズ_5 さ じ ぶん かさ *4> あ *<6 みだ もで ゆ 

泣き伏す は。 か 崎 も 何 さ 慰めて よい やら …… やがて 自分 も 重ゥ合 ふて、 涙に 釉は, 絞る ばか 

この どき ふ, s» しづか あ た れゐ ま はいつ < f を あやち おせろ み ねこ をみ だ み かへ 

此 將襖靜 かに 開けて、 誰 やら 居間に 這 入て 來る樣 子 ko 綾路は 驚いて 身 を 起し、 涙 を はらって 見返れ 

5 しろ >』 の おんい V 

ば、 後に ズ ッ クさ —— でれ はした.. 鰕の 御入來 

(十四) 

たも も ふ Ti- へたけ c ゆらい さき ね til ろ ど さ つぎ ま はんぷんみ だ へいふく ちゃ 

思 ひ 設けぬ 季 高の 入来に、 か 崎 は 驚きながら 飛び退.^、 次の間に 半分 身 をに ぢゥ 出して 平厌 すれば 綾 

ぢ いも せき あらだ s- や 5 て L ばらく つ ふ w あ わ た t. 

路も急 ぎて 席お 改め、 し^やかに 兩手 をつ かへ たま ゝ、 乙れ も 暫將は 頭 を 揚げ 得す、 只ォ * ヅ くす るば 



力 -oc 

#t へた か ょゥ そこ ざ t »$ そ ち しんお 5 さつ を いた few ひど 乂どを ftj け 

やがて 季高 は继み 寄て、 其 處に座 を 占め、 ((コ レ 綾路! 其方の 心中 察し 居ろ ど。)) ト劬 はる 只 一 言 情 

じ I' ぶん, V の 5 ち こも こ: た をみ だ に, y f を あやち かた e け を ほさら むね ふさ、 をん へん ^ で 3 

は 充分 其 中に 籠って、 聲も 涙に 濁る 檨 子。 綾路は 辱 なさ.^ 尙更朐 塞が. c^、 だ 何 さも 返 衝は 出ない。 

へた か <» た しづ さきみ そお あやち 5 ば ち いさ をり お、 あ 

季高 は叉靜 かに か 崎 を 見 かへ-^、 ((其方 は 綾路が 乳母 か 0)) - ィ …… 御 幼少い 折から 御 乳.^ 上け まし 

さき もう ふつ、 かもの さき きく や f を ね? I かた ひど ま き 

た、 崎さ申す不束者に^^^.<=^ますo)) 《ォ 、崎 さやら、 よく 來て れた …… 樣子は 大方 一 間で 閱 いた 

ふ びん あやち み 5 へ この、 ち -*><3 さら こゝろ ほ, y こど i そち この やかた ゐ 

が、 S かに も 不憫 》 綠路が 身の上、 此後 は尙更 心細い 事で あらう 故、 苦しから 卞ば 其方 も 此舘に 居て、 

むかし ビほ あやち W いた < このぎ もへ たか あらた そ も たの S い, ^ び 

往將の 通 ゥ錢路 の 擁護 致して I^l 兎れ ぬか。 此 儀は季 高が、 改めて 其方に 賴み 入る。)) ト云 ふに.; -崎は IX よ 

ね.. ャ ビ ころ くる こど を こど まこ ど ぉゃ?^:-ゃ^ を、 め よろこ るぎ むね 

ゥ跳 ふ處、 なんの 苦し S 事、 がわら うど。 さう 成る 事なら 實に 重 疊ト、 斜 .1^ らす 喜んで、 異議 無き 旨 か 

5 もへ たか まん ケく を こど をの ま、 さき ちゃち tQ ま っビ るつ I 

^^けをする亡、 季 高 も 滿 足して、 直ぐ さま 事が まさ ま. o、 其 儘 4^ 踏 は 綾路の 居間に 勤める と は 成た さ 

をゐ さぶ ちゃち ふ びん じつい 

て も粹な 捌き、 れも 綾路を 不憫が る實 意から 11 

まこ ど いま へた か あやち こ こ、 ろ あはれ ねん か ほ .ij 5 きめ み > 』 き み を.^ れ ノ, > 

奥實 今季 高 は、 緩 路を戀 ふ 心よ ゥ、 乙れ を憐 むの 念 まさ 60 期 程の 憂苦お 見せる の も、 皆 吾 さ 云 ふ 者 わ 

.e- へ うや さど き f た 4> このうへ い か あやち こ、 ろ -さ k あ 

る まさ、 をれ を 漸く 悟って は、 氣の 毒で くた まらす。 只 此上は 如何にもして、 緩 路の心 を 慰め 飽く 

ちから を わ も をのみ け: St 4j や 5 よく ど い を も そ はじめ のケみ を どこ 

まで 力 成って やらう さ 思 ふば か,. yo 其 身 を 汚して わが 情慾 を 遂げ やう € 云 ふ、 仰 も 當-視 の 念願 は 男 

いま お も きつ これ ひど をのて いさ 5 かんげき >ねく , , 1 を I ^^^^^ k H \ 

らしく 今 さつば 6 思; S 切て しまった。 —— 是偏 へ に 其 負 操に 威 激しての rjsos へ は 女の 操 正し S ほ^ 

よ た そ ちから た. S ケぅ つ を い その かみのけ , 

世に 恐る しい 力 はわるまい。 大象. ^も藥 ぐと 云 ふ、 其 頭髮 もなん の をの。 



辻 
占 
g 合 



i,i £^ ゐ を あやち を こ ちから わ y.?LA のこ み f ち せ い 

か 崎 力 共に 居る とに. ^つて 力ら は、 緩赂も 少し は 力 を 得た 、が。 兩 親に は殘 され 親類 は 無く、 二世 さ 云 ひ 

- めじ ら をに、,. ど ゆく し もれら おも どき このよ あちき はて . し 'つ 

力 はした 条次郞 は, 何事 ど行衛 知れ 卞ト、 其 等 を 思; S ま はす 將は、 しんど 此世が 昧氣^ く 果は 死を决 

. _ ピの やさ こ、 ろね はら や 51 こ ひ, -ど たね さ. か あいじゃく きづ を ひ をし 

すると も 度々 であった が 殿の 優しい 心根 亡、 腹に 宿した 戀 人の に、 流石 爱 着の 紳を曳 かれて、 惜 

も ゆ, ゐ . > かんが . か, C が わがみ ふ. L あはせ せん 、じ f たも ね そろ ,.J 

くもな::, 命 を 永ら へて は 居る もの ゝ。 者 へれば 者へ る ほ^、 吾 身の 不幸に 前世の 業 思 はれて 恐し く、 後 

しゃう ねが ねん おこ このく ろかみ た ため ゆ さつば 3- そ たど ふり, y で か I* つどく 

生 を 願 ふ 念 こ、 に 起. <r -、 此黑髮 も 誰が 爲に結 ふ もの ど、 いつを 淡泊^ 剐, 落して、 振袖の $i£.cs に. 德ト、 

^げ- ヽゅ" .1.^* ^ J ど,, き さき はも み さき を-』 こ くび かた ふ S びしょく 

健氣^^^决>=^ 或 る W か 崎に も 話して 見る ^0 か 崎 少し 小首 を 傾けた が 何に しても 乙れ ほ の 美 色 を、 

さ は寳の 持ち腐れ。 妾で 濟ひ となら、 -f- 身代, にト 云; 3 たいけれ <^、 乙れば か 6 は 左檨は ゆかす 

ri^ ば, 1 ) » fL- あ;. て, いか さき を、 め あやち げ がてん- どの さま ズジ いしょ まい 

詮をク 御 >庀 なら 期う 遊 はして は 如何 ト、 か 崎の 働吿 に、 錢路實 にも ト合點 して 殿 樣には 內證、 每 

g.:! ら じ f レん . y.^- くち しゅ い, は を さき ふ iJ5 さま にち あ ひだ はっさん これ ち、 ほ だい どもら 

朝 暗い^ 分力ら 庭 口 を S ひ 出で、 ツイ 鼻の 先の 不動 檨へ、 三七日の 間 日參。 是ー ッには 父の 菩提 を 吊 ふ 

. I . はらの こ つ、, つ. マず fi' ま , こ ひび ど くめ じ らうぶ 4J ゐ をに どケ ふた 、びみ 

ため, 二 ッには 孕 兒の 恙無く 產れる やう、 さて 三ッに は戀. < の 条次郞 が 無事に 居て、 何卒 再度 會 はれる 

k この で 5 &>.5^ わん み わ も しん ふ らん その ま £ 、ろ ビ 5- くめ じ ら 5 あ どき ど の はが 

やう ト、 此三ケ 儘の 祈願に、 身 を 忘れて 一 心 不亂。 其眞 情が 屆 いて 条次 郞に會 はれた 將は、 殿に 願 ふて 

いどま こ ども あ ふみ や いへ こ しょ ケん また あ そ どき わん しゅび 

暇 を 乞 ひ、 =S 〈に 近 江 屋の家 を 興す 所存 もし 叉會 はれぬ 其の 特は、 rJ れ までの 綠さ あきらめて、 首尾よ 

は f のこ 5 . , た^- »?, ,を. あ ズチ かくな この あ ひだ た まる y け さ をが た 

ぅ孕兒 を產み 落す を 待ち, 直ぐ さ 1H 尼に 成る 覺 悟で、 —— さて こも 此 間からの 御 參詣。 それに 今朝 か fSC 

) _^ * - ケ- み: け ふ まん, 3, わん おや 5 ビ あ こ ひび ど 

の 見えぬ は ……方. 、をれ よ- 算 えて 見れば 今日で 滿繃、 丁度 三七日に 當る やうな が ::: シテ, V の戀人 

あ,、. 》- 3 、あ こ まち ざ くら あ を * し ま 

に;; J 間; された か。 もし また か會; 5 なされぬなら、 あったら わの.^ 町暖、 靑葉 にして 仕舞 ふと か。 さ 



て も 、 s ^しゃゝ情ナ^^…… ト 

こじき まつ をが ものがた い つ あき ひ く ^^ こ ゐ ひど かほ しか み • ゃミ を 

非人の; -极の 長物 語。 何將か秋の日のたっぶ,<^昏れて、 つ S 其處は 居る 人の 顔 も、 確^ は 見えぬ 樣に成 

つた。 

(十五) 

まつ は*^>し みいつ ひく L 5^ アビ ct 

ufe さんの 話に 身が 入て、 日の 暮れる の も 知らなかった 。ほん^に か 婆さん 飛んだ か 邪魔でした 子 01> ト 

い あめや さいふ を か いくらか お. や 5.* く だ ほん 5 へた ¥^ァ こ 

云; S ながら 能屋は 財布の 中から、 若 千の 鳥目 を 出して a の 上に 置き、 ((か 婆さん これ はほんの 少しば か. 

ね き ビ くさ ま あめや また? つ ちゃ 5R>< た 3 つ むか ゝ、 

です け^も。)) 《オヤ まァ をれ は御氣 の毒樣 です チ 0)) 飴屋 は 又 別に 鳥目 をつ かみ 出して お 核に 向; 3、 T 

3 へ しつれい は k_b し だ:: おん ビゥ お 

れ はか 前さん k …… 失 鱧 だが 話の か 駄賃お …… 0)) ( (ィ、 ュ なんの もれに は …… ))((ま ァぃ、 から 取て 撤 き 

かげ たいさ, i. おも しろ かへ れい £i はこ ^た か た ft- て かた いつ 

藤で 大層 面白 かつ 4^0 ドレ, VK:-^ 歸. o.^ しゃう か 一一 ト、 制の 荷 箱 を 肩 k 掛け、 表の 方へ 行 

ばァ い そ よ しづ ま f や. ぎ つかさみ せた、 C ぶん 5 ち へ いつ 

てし まふに。 婆さん も 急いで 薪 簾 を 捲き、 床儿 な^を 積み重ね、 店 を 疊んで 乙れ も 自分の 家へ 歸 つて 行 

た . 

まつ この &ろ け ふ もうけ ひさ ぶ こめ めし 上, C こ もん 

^€u-^0ti. 此頃 にない 今日の 收 獲に、 久し 振. で 米の 飯に わ ゥ つく はト、 ホク )(.- 喜びながら 門 を 

で か 5J に や はい おも さ 3 はら み . さか SR- まつ る 

出て、 角の 赉賣屋 に 這 入 ゥ、 思ふ樣 腹.^ 滿 たして、 乙れ から は只寢 るば かウ、 酒 がさ ど 待て 居 やう ト, 

£, を あしかへ つく いつ ま たおも^ あめや もん こ かげ あら まク » お, よ 

急ぎ足で 歸て來 るで」。 何 K の 間に 立 房った か、 さい 前の 飴屋 門の 小 藤から 現 はれて、 I; オイ か 松さん 一 

つど まつ < よど まつ おせろ たちさ *T' しろ もみ い まへ 

寸待て „k れ ないか。)) 呼び止められて か 松 は 驚き、 立 止まって 後 を 透かして 見ながら、 ((さう 云 ふか 前 



さっき あめや さっき あめや * まへ たのみ., * » い 3 、 ^1^ 

は …… ォ、 先刻の 飴屋さん 0)) ((S かに. 先刻の 能屋 だが、 ちつ さんに 依赖 かわって、 今まで 此處 

まつ ゐ わたし たのみ !!! つ る は を あ こ き 

に 待て 居た の だ 0)) 7 テ 妾に.;: i 依賴^ は?)) ((立て 居ち や 尸 話せね H し:: ちょっくら 彼處 まで 來て もら 

さき たつ S せん おやみせ どころ き つん L や 5 ぎ ひどつ まつ いっしょ こし あた 

はう 0)ー ト、 先に 立て 以前の 茶店の 處へ來 て、 積で わる 床几お 一 脚かス し、 ;-松 も 一 所に 腰かけさせ、 四 

3. 5 か ビ よつ y- き まつ たのみ い ほか ゑんし さ 3 や f き h た f- 

邊を窺 ひながら y ッさす 6 寄て、 ((特に 4^ 松さん、 依 a さ 云 ふの は 他で はない、 遠州樣 のか 邸へ、 私 を 

あん ズ ザい -. ん 15 さ 3 やしき た *- さっき 

案內 して くれまい か。)) M ッ、 遠州樣 のか 邸へ ソ )) ( (サ、 只 これば か 4 ぢゃ わかる ま いが、 先刻 も 

まへ は をし あ ふみ や て だいくめ じ ら 5 をに かく わたし こど = まへ 、 く, め 

前さん が 話 をした、 近 江屋の 手代 条次郞 さは、 何を隱 さう 私の 事 * たよ。)) ((をれ では 4- 前さん が ァノ条 

い ハま かろい を s- ゐ しさい おつ わけ わ 力 

さんさ 云 ふ …… )) 《今 乙 を 期 云 ふ 風俗 して 居る が、 これに は 仔細の わる あで、 追て 譯も 分る けれ. 

ビ ひ "It や ち ちゃ 5 さま あ い げんく わ A を のつ で わけ 

兎に角 是非^も 今夜の 中に、 -孃樣 に 逢 はに やならぬ が。 さう かさ 云って 4^ 玄關 へ、 名乘て 出る 譯 にも 

あ 0- は し ul- わた L ぶじ ゐ こど に あ S 、 

ゆかす。 …… 逢て 會話 はなら す さも、 只 私の 無事で 居る 事 さへ、 知らして 上れば よいの だが …… なんど 

を wrt- つ *J の ft, まつ どくき を ほど Z もつ ども 》• へ 

案 r^.^ して はくれ ま S か 0)) ト、 折 入ての 依 賴。 か 松 は 篤 さ 間いて、 ((成る 程 をれ は 御 道理。 か 前さん の 

ぶじ か 5 5 らん, ひ を あ. やち さま お. i ろ こ か うい どき S たん は 5 へんじ . はや 

.戒? 事. 顔 を御覽 遊ばしたら、 綾路檨 もさ ど 御喜び て.^ らう …… 斯云 ふ^ 乙 を 御 ぬ 都 じ、 片 S も 早くお 

fc- 66 & あ 乞 しん あ を あ こど こ、 ね し もや しき ゆへ げんち 5 

逢 はせ 申して、 御 安心 遊ばす やうに して 上げたい もの …… 殊に 此處は 御 下屋敷 故、 さほ^に 嚴重 でも 

を し の こ も つて こ ひ どころ わなし み L ゐ _ はふ ,^3 ん 5:5:^ 一 „ み &ふ、 g!!ia> 

無 S のみ か、 忍び込 ひに は適當 の處、 妾 は 見て 知って 居ます。 ほんに 今日は 御滿 願、 己れ も 皆 不動 樣の 

ぎ か …… さう 云 ふ:^ も 心が 急く、 をれ では 直ぐに、 さァ 御出でなさい!)) ト、 はや 先に 立て 行く に、 

.OM さり こ 3 こ ^2 ヒ この こ まつ あど つ ぃク みぎ たかべ い ひだ M- しいの き わ だ しげ 

.1 次郞は i もしく、 &箱も 鉱も其 處に殘 して、 ^fe の 後から 尾いて 行た。 右 は 高 場、 左 a 椎 木の 枝 茂つ 



た まっくら こ みち ささ たつ ゆ 3 つ ひやめ. J ケ 5© ね ど L ベ た ^ ゆ けん みちつ 

て、 只具閽 な小徑 を、 先に 立て 行く ^松の、 冷 飯 草履の 音 を 知る 逢 は、 迪 つて 行く と 廿 間ば か.. 路盡 

さき さ、 やぶ こ、 はい まつ み、 5 ち < め 4J らう 5*^>づ かた じけ しの -CMJJ あしお ビ も 

きて 先 は 權薮、 此處 から 這 入れさ.? -极 の B 語、 条次 郞は點 頭いて、 《辱ない)) も 忍び 聲 。やがて 足音 を竊 

やぶ 5 ちわつ. S ね ざ さ ふ から やぶ ひく め がき の こわ 

んで、 救の 中に 割て 入.^、 がサ つく 根符. ^踏みし めて 、辛うじて 藪 を 拔け。 低い 四ッ目 垣を乘 6 越れば、 

T- れ こ , ひろ^ は か t み ども. L び かげ あた w あやち &ま め あて もゝん ゆ 

ャレ しゃ 此 處は廣 庭、 幽かに 見える 燈^ の 影、 あの 邊が 綾路の 居間 かト、 をれ を 目的に 進で 行けば、 

い で よこお ひ ほ..' さ <* つば はら ゆか そのむ か 4 をね いしけ おも もこ > つづく ま 

ァ痛! 橫 合から 頰を 刺す 松葉、 をれ を拂 つて 行う さする、 其 刺 脛 を 石に 蹴つ けて にな はす 其 處に蹲 居.. 

ま N ゝち あが て さ々 たちき 上 T> ていし なた つきやま や £ 'や む < でんち か 

X 立 上って 手探ゥ に、 立 木お 除け 捨石を 跨ぎ。 築山の 裾 をめ ぐって、 漸く 奧殿 近くなる に、 まづ 嬉しく 

またむ とろ いき ころみ ひそ を ほふた るし み あし も、 どき をむ n2i 5 しろ ねび ぎ わ どつ たれ L 

しく。 呼吸お 殺し 身お 潜めて、 ; IS 二足 三 足 進み かけた 將。 南無 三! 後から 帶際 取て、 誰か は 知らす 

くせもの まつ 

((曲者 待た。】 

(十六) 

あやち さき TV 、め め 4J ろ ふ きせい Vi どもつ た S 'ひど 《- ひどめ しの にっさん け 

綾路 は. 崎の 勸告 によって、 目白 不動へ 祈誓 籠め、 供 も 連れす 只 一 人、 人目 を 忍んでの 日 参。 はや 今 

ふ まん. > わん い をのく しん かひ くめ C ら 5 ゆく s! を わん 

日 は滿: 1^ 云 ふに、 K 苦心の 甲斐 も^く、 条次郞 の行衞 まだ わからねば、 さて はいよ く 無い 緣 かト、 

あき いまさら か,, ォ T 'を々 ら あん さ, r もど さき ひざつ あ ビ も をみ だ く ゐ どこ <- たも 

諦ら めても 今更 悲しく。 ?i 暗い 行燈の 下に、 か 崎 S 膝 を 突き 合 はして、 共に 涙に 暮れて 居る 所へ。 思; 3 

が どの た つか ひ 々さま、 ゐ ため をん & よ 5 fl いも. S ふく あらな な 

掛けない 殿の 御 使者、 ((即刻 畚れ! )) トの 御召しに、 何の 御用 か は 知らぬ が、 まづ 急いで 衣服お 改め、 泣 

がま かく どの ゐ 3 いつみ もへ たか. S つ ま きげん あ. やち そ ち わざ よ よ 

き顔隱 して 殿の 居間へ 行て 見る £o 季高は 何 特に 增 して 機嫌よ く、 ((さて 緩路! 其方お 態々 呼び寄せた 

ほか こビ こ よ ひかぎ そ ち い ど 3 .& 々わい こどば L ばらく あき たビ, V へた か かほ み 

は、 他の 事で はな so 11 今宵 限ゥぉ 方に 暇 を やる ど。)) 意外の 言葉 k 暫將 呆れて、 只季 高の 顔. 几つ 



ゐ へた か 3 な こ つ #* へた か をん. L そお ど せ < べつ こ、 ろ 上 i- 

めて 居る^。 季高は 又 語 を繼 S で、 ((をれ にっき 季 高が 寸志、 其方に 取らせる 餞別が わる、 快く 受けて く 

い つ 33 まみ たく や そのし を こた あ ひだ あ 

れ!) ) ト云 ひながら 次の間 を 見 かへ. o、 ((多, <彌 其 品 おこれへ!)) 《ハ ッ o】 ト答 へて 間の 襖. サラリ 明けれ 

たく や さき たつ あど く その ひど くめた ら f はし 上つ o- 

ば、 多 久彌先 は 立て、 後から 來る其 人 は、 11 ャレ なつかし ゃ条 次郞! 走 寄て すが. 付きた S けれ^ 

VJ の な せん は か た t- ゆめ を 

::: 蹈の 御前お 憚って、 只モ ザく する ばか —— さても 夢で は 無から うか。 

これ まさ もの 5 れ あ 3<が な せんべつ あやち た ばかり これる まも かへ さき み 

此に 優った 者 はな い 、嬉し い 有難い 餞別。 «路《 押し戴かぬ 斗 にして 、此 AJ 居間 へ 持ち 歸. o、 か 崎に も 見せ 

さき ね ろ こど 上ろ. J こど ふた w り や fi-VKS て どつ しばらく $ れ みだ こどば 

る £ 、か 崎 も 驚くまい 事 か 喜ぶまい 事 か、 一 一人 兩 方から 手 を 取て、 暫時は嬉し涙に言葉^6-なかった0 

や 5 や あやち くめ じ ら 5 み *<bs- か はつ & きつ をん こど たづ ri 

漸くに して 綾路 は、 条次郞 の 風俗の 變て 居る 氣が 付き、 さても 乙れ は 何 £ した 事ト、 いぶかし さに 尋る 

<めじ ら 5 かたち ちゃ 5 さま き くだ これよ 3> かな .& だ き あやち 

亡、 条次 郞容を わらた め、 ((されば よ.;^:! 樣か 間き 下さ ゥ ませ^、 自是 語-^ 出す を 聞けば、 —— さても 綾路 

£ てん あが のち しま ふぎ や 《> せき つの ひどめ Bs- くめ じ ら 5 い や ふるま ひ 

が 御殿へ 上って から 後、 か 島の 不行跡い よく 募って、 はて は 人目 も 憚から す、 条次郞 へ 淫猥ら しい 颦動, 

くめ! レ ら 5 めいわく れい ひろき ち C ぶん ちゃ 5 よこ さ La- くめ e ら 5 el ね, S- 

条次郞 は迷减 でたら ます。 また 例の 廣吉 は、 自分の 寵を橫 取. され ま S ト、 頻りに 条次郞 を 邪魔に 思 ひ、 

5 を もの しゅじ < い へ ゑ さま,^ ざん, y き、 め を どころ はて おそろ たくみ 

如何 かして われ を 無い 者に ト、 主人 伊 兵衞へ 種々 の 讒訴、 をれ も 効 驗の無 S 處 から、 果は 恐し い 企 謀、 

み < もや あるじ 50* だ 3 あや く てい き どき みのけ i だ しょせん こ 、 をが も 

三 雲屋の 主人 を 旨く 欺して、 怪しい 藥 まで 手に入れた^、 聞いた 特は身 毛竪 つて、 所詮 此處に 永く 居て 

たぶんみ や を つま „y たた を ため ふんべつ さ だ S へぬ だ fj ばらく 5 

は、 自分の 身の 安から ぬのみ か、 到底 は 御 店の 利益に もなら 卞ト、 分別 を 定めて 家 を拔け 出し 暫特宇 

つのみ や だ. &こ くや かげ かく い へ このし さい * g またみ せ かへ お t 

都 宮の大 黑屋に 影お 隱し、 いづれ 伊兵衛 だけに は此 仔細 を わかして、 機會も わらば 又 店に 歸 らう ト、 思 

ゐ 5 ち しゅか たいへん をが ねんだ いたん あるじ いへ ゑ むざん め さい, y K よ. 5 ば. r 

つて 居る 中 ま 家の 大變 永年 大恩の ある i 人 伊兵衛 は、 無慘ゃ •:•: 眼 も あてられぬ 最期 また 女房の.;^ 

^^^—■■■i 陽 | | 豳1| ,-1!!—^|—|—||18|^»^— ^|^—^^— ■— — ^^—― n— H—BI 霸 ■ _ ml -1^1 



Li れい ひろき ち い つし よ をつ こった いへん さ. &は きん も いくらか ひ さら いづれ ちく てん あ ふみ や い < 

島 は、 刺の 廣吉^ 1 所に 成て、 此大變 を 幸 ひに、 金子 若 千 引き 櫻って、 何邊へ か逐轉 し、 近 江 屋の家 は 

さん, i\ fj まつ かたつ は e き びっくり £"311 どんかへ ほんち や 5 やけ あど d み: 

散々 の 仕 末。 —— それ も 三 四日 經てー 初めて 間き、 驚 懌 して 江 I!; へ 飛で 歸 6、 本 町の 燒 跡へ 来て 見れ は、 

みせ くら た 5> はい やまこ、 か li» ね 6 どころ はんぶんた * ろ 5 まっくろ みき 3 ほきみ 

店 も 藏も只 K の 山、 此處が 中庭 ト思 ふ處 に、 半分 倒れ かゝゥ た石燈 籠^、 具黑な 幹ば か の 観の 樹、 見 

をみ だ ね をの ま 、はい 1 5 つぶ か し あどき た を s^i 

るから 淚は らくさ 落ちて、 其儘灰の上に突^^し、 《期う さ 知ったら 彼の 特に、 店 を 逃け はせ ま いも 

だん を さま こ しんぱい わ まこ あ S- さ 3 か を くち * を 

の を。 なま 卜 旦那 樣 御 心配 かけ、 び もせぬ 間に 此の 體 態。 :.:• ァ 、悲し や 口惜し や 0)) ト、 泣いて 

5 ら たつ、 き やう さま 5^1 *r- ゐ お をげ 

も 恨んでも 追 付かす。 また. 樣は 如何して 居らつ しゃる とか、 さど 御 嘆きの 乙 さで あらう ト、 をれ 

たも i( この 5 へ みこく だ こ あ ふみ や いへ おこ .& へ ゑ ば 5 こん 

を 思 ひやって は增々 たまらす。 ョケ此 上 は を 粉に 碎 いても、 此の 近 江 屋の家 を 興して、 伊兵衞 の. a 魂 

1^>.«-さ かく & こ つち 5 ら あめ い < f まい Si ち 5 あ 

を 慰めん もの ト、 ffi 悟 を さだめて さて 此の あ 6 さま 、辻占 飴 W 云 ふ もの を 工夫して、 をれ を 每日賣 4 步 

る もこ ばか ゆん わ ち 5- つも やま その ゆく をへ たのし ゐ を W W ふめ じろ ふ ^^Ay 

行き、 少し 斗ゥの 利潤 を 得て、 塵 も 積れば 山 をな す、 其將 來を樂 みはして 居る 折から。 今日 目白 不動の 

ち をい き ふどき こん まつ は, &し あ. やち f L i- ま、 であ やち どの い ^^たが たの つき 

地 內に來 て、 不圖 聞き込 だか の 談話に、 綾 路の樣 子 篱さ知 ゥ0 今迄 綾路は 殿の 意に 從 つて、 藥 しい 月 

ひねく ゐ T ビ こ ら - たも ゐ まった t ぶん ひがみ まこ ど み あ しんてい 

日 を; 达 つて 居る と"^、 少し は 恨めしく も 思って 居た が。 をれ は 全く 自分の 僻見、 實は見 上げた 心底に、 

s れ かた じけ いま やた C & だいたん たや しき しの S どころ たく や どらね 

嬉しく 辱な く、 今 は 矢 も 循^た まらな く 成って、 大胆に も 御屋敷へ 忍び入る 處を、 多久彌 捕られて、 

ビの せん ひき TV たて 5 こど かく/.、」 き を こ わる あ S- のま、 はくじ や ATN 

殿の 御前に 引 据えられ。 もはや 御手 打ちになる 事 さ、 覺悟を 極めながら 少しも 惡 びれ す、 事實 を白狀 

50 のき こひざ 5 を. >3*» い 2 しめ ど ざ. J きビほ をお 5 をき み わる X' を 

する さ 殿 聞いて 小膝 を 打ち、 直樣縳 を 解かれて 座敷へ 通される k、 何やら 薄 氣咏惡 く、 如何 成る 

こど あん ゐ 3 ね もが このしゅび くめ じ ら 5 ものがた S- こど あら 3 し をの、 ち はんい 

事 かト案 卜て 居る 間に、 思; 3 掛け 》 い 此 首尾 ト、 条次郞 の 物語に、 事の 大概 はわ か- 00 其 後 は 三人 入. 



秋の 蝶 u^nn 三 四 

みだ かれ く これ く あるひ ダォ あるひ わら あき 上 み ちか ひ &ろ くもき のけ さ はれ らんま 

亂れ て、 彼 一 句是 一 句、 Istt 泣き IT 一は 笑 ひ、 秋の 夜 も 短く あけて、 日頃の 雲霧 今朝 晴れば。 欄間に さす 

あさひ 5H? 5 れ を ビ め こ ゑ 

旭 魔 はしく、 ァレ 嬉し さうな 雀の 聲! 

もへ たか ズ ザ さけ あやち くめ じ ら f Li やしき さが たんつ ぶ あんみ や いへ 2 なわ こ ふた 5- 

さて 季 高の 情に よって、 綾 路は条 次郞^ 一 所に 館 を 下 み0 一 端 潰れ か、 つた 近 江 屋の家 を、 叉 起す 二人 

ちから そ を か か あ. & や、 5 ん さき だ やまむ ろけ ら き げん.? A で ころ をへ たか 

の 力。 其の 間に 可愛らしい 嬰兒產 で、 乙れ をお 崎に 抱かせ、 山 室 家へ 御機嫌 伺が ひ 出る 頃に は、 季 高に 

まつ & い ねく がた で き ためで た 

も 极江さ 云 ふ 奥方 出來て —— 乙、 も 御 目出度 や。 (了) 

あきて ふ 

® 秋の磲 

(其: 

あさぶ ふる か はばた しも わ 5 ば #6- む い せんてい しゅ L にわか のち *< きち せがれ 

麻布 古川端に、 霜 £ いふ 吾, が 乳母が 住で 居る。 廿年ほ < ^以前 ー艮 人に 死別れ て 後 は、 與吉 W いふ 子息 さ 只 

,•: ふた w く よきち ちいさ e ぶん き よ 5 ^ん さい はこに は つく る かひ s** き や むれ い 

の 二人 暮らし。 與吉は 幼稚 S 赌分 から、 器用に 盆栽 や 箱庭 を 造って 居た 甲斐に、 今では 植木 師の 群に 入 

ひる て いれ ゃヒ 上 る またわん にち くさ は かゥ だ やせ で ひど s- は、 やし & f> ゆし や 5 こ ビし 

ク、 晝《庭の手入.^^^^^傭《れ、 夜 は叉緣 日へ 草花 を擔き 出して、 痩 腕に 一人の 母 を 養 ふ 殊勝 さ。 今年 

けっき ざ か 上の つむ わかいもの めし も S- 5 ク、 1 を, > さみ た. は fj や 5?* いもの 

廿 四の 血氣盛 りで、 尋常の 若者なら、 飯 盛に 現 をぬ かすか、 さ 4 & くば 良から ぬ 遊戯 を覺 ゑて、 商 買物の 

め.^, パら しゃ 5.^ ん かみ ふだ かい ありがた た ほかた 5 ち おど ね や t ゆめら ち、 い どし £ ろ 

栴櫻 も、 正眞の ものよ. CV は、 紙 礼に * たの を 有難が, 00 大方 家 を 外にして、 親の 壽命を 縮めさせる 年頃 

, ) こ よ らち (-上 くにん めづ か だ ざ. x- まへ f あ を ぴ& どいつ さ S よろこ つきあ ひ せき つら む a じ 

で わる は。 此與吉 職人に は 珍ら しい 堅 造で、 前の 樣な遊 事 1 切 喜ばす。 乂 際の 席に 連なっても、 無理 强 

ちょく いつば ひ いき くる f この ビ L っゐ いちど たや こ あか 

ひの 猪口 一杯に、 息お はづ まして 苦しがる ふ 風で あるから、 此 年齢になる まで、 遂に 一 度毋 子が 赤 



かまし あ か げふ だいじ W 、たや だいじ せい 、つばい かせ きんじょ もの かん. I ん うち のら む も- J ■ 

S 魏仕 合った MJ»<o 稼業 大切、 母親 大切^、 精一杯 働ぐ ので、 近所の 者 も 威 心し、 自家の 野良 息子 W I 

ひ かく らゃ ゐ a 

比較して は、 S つも 義 ましが つて 居た。 

ね や み 5 れ ひどに ま つ ゑ はしら たの ゐ ど L& ろ こど かつ ころ さき 

されば 親の 身の 嬉し さは 一 入、 杖^も 柱 S も賴 むで 居た 、が。 もはや 年頃の 事で はわる し、 且は轉 ばぬ 先 

つ, i< よ きち わる こどお! U K あ によ. r-fjis も f5 も ひ もの 

杖 ふと も わるから、 與 吉が惡 い 事を覺 えぬ うち^、 似合 はし S 女房 を 持たせて ト、 知己の 者に も 

こ、 ろ あた さが e ぶん い にく ひど たの よ きち い ひき み を き かしら 

心當. ^を 探させ、 自分から は 云ひ惡 いから、 人 を賴 むで 與吉 にも 言 聞かす さ、 皆まで 聞かす に 頭 を ふ 

わたくし ビし わか ろで にぶ た ひ sow は/' やし & ^ゐ ぶん をん ぎ この 5 へ に 上 ^i-tts も 

AVO 甘、 お 私 も 年 は 若し、 腕 tt 鈍し、 只 一 人の 母お 養 ひます の すら、 隨分^ 難義、 此 上に 女房な^ 持ち、 

^ き ひど 3- で か た ほ t ど たや こ S-Ma^ ほか またに よ 5g5 i 

嬰兒の 1 入 も出來 しまして は、 をれ 乙 を 大事 親子で 饑 死す るよ-^ 他 ttr^^o ませぬ。 叉 女房 を 持ち ま 

し さん を さけ f かた 上 たいせ ヮ ふくろ そ 3 つ ^.^ £ ("ばらく あ ひだ によ s-lists. 

する^、 自然 情が をの 方 k 儡. o、 大切な か 生母 も 疎 末になる もの。 何 は 免 も われ 今 暫特の 間、 女房持ち 

ひら & めん .S つか 5 s け ひか は 、おや ひ 5 ち せがれ やう こ 3 

ます は 甲に 御免 さ。 一向に 承引ぬ ので、 母親 も强 て, ヒは いひ かね、 自家の 息子の 樣 でも 困 6 ます ト 11 

惡く いふの だか、 ほめる の だか。 

X きち ね S かたまい K ちし &ど あさ 14 や べんた 5 も だ ひくれ かへ ウこ , 'る ;. -もた t- ひどり 

與吉は 大方. t 日 仕事が ゎゥ、 朝早く 辨當 持た して 出せば、 日暮 まで 歸て來 す 留守 はか 霜 只 一人、 を 

さび たも 9C, この あ ひだ おやみせ ひら だ 々わし に 5>uw*i-.J この &ろ はや s- やき みせさぶ をら 

の 淋し さから 思 ひ 付た か、 此 間から 茶店 を き、 駄菓子に 握 酢、 此頃琉 行の 燒ペゾ な^を 店頭に 列べ、 

ごま "、 もク き t^tj よ こ も あいて TV こ り ぶん い さ、 か へ *0 く 5- たし 

掛., 'の 者 や 近所の 小 供,^ 相手に、 少しば か. の 利 分 を 得て、 聊. ya> がら 臍 粟の 足に する の も、 まるで 

tf, I やく かひ たも ど fjlw- い きち そのから だ じ や. r- ぶ く わんれ き .S は ひ ビほ 

子息の 厄介に はなるまい, ヒ思 ふ、 老嫗の 意 氣地。 乙れ も 其 身體が 健康で あれば 乙 も、 —— 還暦の 祝 も 遠 

く はな S に C 

:-■ 

秋 蝶 三 玉 



秋 の 蝶 三 六 

5 V. ,0 んき 上し £ ど この ^い i が みせ いそ み ざんじ , 5 ち ぶ さ た 

乳#が隱居仕事^^.|+^8^をは卜めてからは、 流石に 店が 忙 がしい さ 見へ て、 暫將 吾が 家へ も 無沙汰で わ 

4t んげっ ひさ ぶ き げんき き どき sw- ケ わかさま あ の へん ど ほが、 、 せひ たちよ 

つたが。 先月 久し 振で 機嫌 聞き k 來た 時、 ((何卒 若樣、 那邊を 通 ゥ掛ゥ で^さ いましたら、 是非 か 立 寄 

なが ズ ザに たけのこめ し々 らゐ & ち さ 5ぃ た ねん £ろ い い つ ゆ ゑ い おさ たづ 

ゥを願 ひます、 何 はなく さも 筍 飯 位 は 御馳走 致します。)) ト、 懇切に 云 ふて 行た 敌、 ぃゥか 一 度 尋ねて 

.tj もつ ゐ この £ ろ はつ あ はぜ み がる きん じょ VJ も だち ん め ろ しん S- よくみ いつ かへ みち しろ.^ 

やらう さ 思て 居る うち。 此頃ー 初 袷の 身輕 さは、 近所の 友達 二三 人 さ、 目黑 の新綠 見に 行た 歸 ゥ途。 白銀 

きた も だ さい わ ひた か ま はみ ち け ふ たづ. &k 5_ 

まで 來て 思; S 出し、 幸; 3 まだ 日 も 高く、 をれ にさ ほ^の 廻り 路 でもない から、 今日 乙 を 尋ねて 行て 乳 

ば 上ろ こ かほみ こ, ビも だち わかれ ゥ またゎら^^ まめで き あし ちから ふる か は た で 

母の 喜ぶ 顏 でも 見て やらう ト、 玆で 友達に 別 を 告げ、 叉 草鞋 豆の 出 來ぬ足 を 力に、 やかて 古川端へ 出て 

そこ こ、 みわた ちゃ はし わたつ どころ * . ^やみせ、 ザん _ ま ち , ゆん ボ>、 ' > > • 

其處 か此處 かさ 見渡す 丁度 三の 橋 を 渡た 所 は、 をれ らしい 茶店が 一 軒 間口 は 二 間 半 はか 6 力、 ま 

あた こ.. J だかし や 5 じ や をみ 55J ころ か しゃ ぎ ぎ や. X. ぎ 

だ 新ら し S 腰高障子に、 「か 休 所」 r たん r^」 「すし」 な^ 書いて あ <>o 床几 三 ッ四ッ 行儀よ くなら ベた 

3 ゆきぬ き をつ *T ら はは を もて は 5 わらじ ひやめし ざ 55- つる ちゃ だ を くわし だい, ぶい 

土間、 行拔に 成て » は 庭ら しく、 表の 方に は 草鞋 や 冷 飯 草履 を 釣し、 茶棚 や 菓子な^ をのせ た臺が 置て 

たく のケ よち や 5 を もて ざしき ひ ばち をば ちん どつ 5 ^ f^^ つ. もの ゐ、 

ある。 なほ 奥 を 窺く^、 四疊 ばか. の 表座敷 火鉢の 側に 陣を 取て、 乳母 は 頻りに 繼ぎ物 をして 居て C 

をり きゃく や 5 を i ひど 上ろ こ あん をい はい ► . 5 ひど かげ み * ^^WN 

折よ く 客 もない 樣 子おから、 甘い さ獨 4 喜んで、 案 内 もな くす ッさ這 入る さ、 乳母 も 人影 を 見て 客お £ 

26 y <• をき- はじ われ い L わかさま 

思 ひ、 ((入らり しやい まし 0)) 云 ひながら 下. て來 やう さして、 一 初めて 吾 さ H ふと を 知 6, ((オヤ、 若檢 

き くだ むさ どころ 

で.^^ います か。 よく ま ァ來て 下さいました チ。 サ^う ど、 rJ んな 汚い 處で さいます けれ^も、 まァ 

か上-=^遊ばしまして!)) 

をゥ わさし をぶ しゃ 553 を や 5 こし み 5 を 力/ \ みせ 

其う ち 私 は 傍に ある 床几へ、 投げる 樣に 腰お かけ。 あた. を 見廻 はしな から、 《中々 S 、店 だ于 1、.^ う 



はん 4J や 5 あ をた い つか 5 ふ けいき しか V- ころ き くだ 

だ S 繁昌す るかい ィ?) ) ((ィ 、 ュ 貴君、 1 向 不景氣 で いまして。 然し ま 尸よ く 乙ん な 處へ來 て 下さい 

こん はち いったい せちら め .V ろ いつ かへ り め 々ろ ひど q 

ました、 をして 今日は 1 體何邊 へ? )) ((目 黑 まで 行た 歸途だ 0)) ((目 黑 まで リ へ >1 か 1 -< で.^^ 

つ しろ かね わか あ をた わらじ め ゐ 

います か。)) ((連れが わった け < ^も 白銀で 別れた 0)) ((オヤ まァ 貴君、 か 草鞋 を 召して 居らし やる ので ru^ 

わら ij 8 をせ みあし. &た 

います チ。 まァ ホ、、 、。)) ((草鞋 穿い てるのが、 何故お かし so)) ((よく 4- 貴 足が 痛みません チ 0)) ((な ァ 

痛い もんか、 始終 穿き つけて る もの OM へ H0 誰に 穿 かせて.; - もら; 3 遊ばしました 0)) ((馬鹿にするな、 草 

2„ ひど は 上め た < み もさ き げん 

鞋 なんど 獨 6 で 穿け るサ 0)) ((ほん^に 能く 召せます チ — ^宅で は 皆樣 御機嫌よ K- しう/^^ います 

> = か は „ . けっか 5 せんだつ あ もみれ は y ォ も 

か oj ((ハ ァ、 みんな 變 -.. はない 0)) ((をれ は 何よ 6 ^結構で,^^ います チ。 先達て 上げました 莖は花 を 持 

み さい こん Sli よ きち き こやし を も 

ちまして, ^います か 0)) ((ゥ ゾ 三ッ ばか. たよ、 今度 與吉が 求たら 肥料 をよ く敎 はつ て か かなく ちゃ 0)) 

わたし おや ど かく わ かさま あが あそ もの わらじ ど 

((オヤ、 いやな^ はま, た.; ぶ も わげ ませんで。 兎も角も 若 樣.; ^上.^ 遊ばして、 . ^うど? - 草鞋お か 取 6 なす 

& ゆつ <s- や あそ くだ われ t-、 ざ しき あが ちゃ つい だ みせ くわ 

つて…、 御 安樂.;^ 休み 遊ばして 下さい まし!)) さ、 吾 を 進めて 座敷へ 上らせ、 茶 を 酌で 出した 6、 店の 菜 

L もつ き 力. S ゐ $ら 々ち ほ 5 いつ 

子 を 盛て 來 た.. して、 甲斐 しく もてなして 居た が、 やがて 裏口の 方へ 行て、 ((ま ァ ちゃん や、 もう を 

ちょつ どき s ら ひど S わた. J だまき ぃゐ A あい 

れは ぃゝ から、 鳥渡 來て かくれ!)) さて は 裏に も <: が 居た のか。 —— 私 は默 つて 聞て 居る <k ;、 可愛らしい 

をん >^ こ こ ゑ ば ふた、 ば あらつ たい を 5 はや 

女の子の 聲で o(( アイ! をれ おやか 婆さん :•:• 二 把 だけ 洗て かきました ョ 0)) ((オヤ 大層 早かった 予 をん 

あした お 上つ ど つかい いつ き 

ならわ^ は 明日に して、 鳥渡 か 使に 行て 來 ておくれ 十!)) {" ィ 0)) 

この どきむ? ごめ まへ だれて しも そばく t ひきよ を K さ、 やい む. め た をづぃ る 

此將娘 は 前垂で 手お ふきながら、 霜の 側へ 來 るの を、 霜 は 引 寄せて 何 か 耳語た。 娘 は只點 頭て 居る ばか 



秋 の 蝶 三 八 ^^^^ 

このむ,. ヒめ ど ft かみ か; い て ふかへ ゆ 5 ゐ あぶ u- けど- 5 を び s: けうる rj 

60 此娘、 年 は 十三 か 四。 髮は 形ば か. の 銀杏 返し 結て 居る が、 油 氣疾に 無な くつて、 W の 毛 五月 蠅 

み、 お ほ きものて ね 3-.* めん あ はぜ 、 ゝ、、 け じゅ を はら あはせ はビ せよ わび し あん \i い ビ 

さう に 耳.^ 掩 ひ。 着物 は 手織 木綿の 袷に、 め れんす 毛襦 子^ 腹 合の、 幅の 狭い 帶を \ めた 鹽檢。 何う 

み い やし もの む もめ かほき つけ. つか は Sj こ け だか め S-. やけ ?ん 

見ても 賤ぃ 者の 娘ら しいが、 面 は 着付^ 打て 變 つて、 何處^ なく 氣高 く。 パ ッ チリ さした 眼に、 了簡^ 

あ. S き や 5 くち もビ 5- か 5 よこが ほ この あ ひだ ぎんざ しゃしんや たも あぶら-な 

ら ぬ爱嬌 めって、 キッ^し まった 口元 利 巧ら しく 。橫顏 は 此間 銀座の 寫眞屋 で、 ほしい S 思った 油^の 

び じん これ むぎわら tjs し みづ いろ やう ふく がく だ f たが 

美. <に をつ く. 00 此に麥 藁の 帽子 を かぶらせ、 水色の 洋服き せたなら、 わの 額から ぬけ 出した か^ 疑 は 

ゆか こむ, t め $j こ だれ .as 、め こ 5 ば へ f い ゆか 3- き つい 

れ やう。 さ. は 床しい 小娘、 何處の 誰の 娘で、 此の 乳母の 家に、 何 云 ふ由緣 わって 來 たもの かト、 酌 

おや L われ わ も み ど ゐ 

で くれた 茶の さめる の も 知ら 中、 吾 を 忘れて 見惚れて 居た。 

をの 5 ちく だん む,, V め や 5 じ き、 はて やが ら々 ち いで いつ あど ばあや Jjj こ こ 

其 中 件の 娘 tt 用事 を閲 果、、 脑て 裏口から 出て 行た 後。 ((乳母、ぁれは何處の娘だ>^?)) 

(其 二) 

あの 娘で. 0^.0 ます か。 彼 は.;^ 町と 申 ままして、 今年で 漸^ 十四に な 6 ますが、 をれ はく 感心な 娘で 

て、 たや まつ. やまかん いち た t 'い 3 ち でなら 5 らゃ ♦s* ゐ いた を 

ru^ ウ ます —— ハ乂親 は 核 山 幹 一 さ 申しまして、 只今で は 直き 飯 倉 五丁目に、 裏屋 住 を 致して 居ります 

, い せん み ど さまな けらい <^5んびゃくこく て f だい わかた 5 ざ ss- SJS- ぶん ビき t み ぶん 

か、 以前 を 申せば 水 戸檨の 御家來 で、 何百 石 か 頂戴な され、 若黨の 草履 取の さ、 分聘め S た 御身 分。 

た C 'こん じ せつ し ケく かたがき た ほ かたみ だんく せ! 》 まへ 

をれ か當 今の 特節 成. <^ まして は、 士族 S 云 ふ 肩書ば か. 大きく、 肩身 は 段々 狹 くな. o、 兩 三年 前まで 

た ほくら しゃ 5 つど +r うき ねこ と めん また ケろふ ち は&, 

は、 大藏省 さかへ か 務めであった を、 中氣か 起って ム、 れも 御免に な. o、 叉 候扶俸 離れさ なられ、 さ しづ 

く こま どころ 《■ ち た、 た !-ぃ ま ころ ひきこ あれ あに .& ん さっきょく しょく こ.,' だ 

め 暮らしに 困る 處 から、 家を疊 むで 只今の 處へ HF 込み 彼の 兄 を 印刷 局の 職工に 出して、 少しば か. の 



にっき 5 い な ふくろ はりし £ ど たっしゃ さい は やしきが た L たてもの ちん ぜん ほ. V はふ W 

日給 を 頂き、 また か 生母 は 針仕事が 達者な の を 幸; 3、 か 邸 方の 仕立物 をして、 ゎづ かの 賃錢に 細く も 煙 

た を て 5 ど きょねん ふゆ をの ふくろ ムビ, a せひき R" ビ 

を 立て、 居りました。 丁度 去年の 冬のと で ^6 ます 其 か 生母が 不圖 風邪お 引ました が、 をれ が 元 因 

どこ つ soi- か ふ その ま、 t たびだ あど のこ こ Jh- 

で ドッさ 床に 就き、 十日ば か. 臥せ ゥ まして、 其 儘 わの 世へ 旅立ち。 …… 跡に 殘 された 二人の 小 供 は、 

かんじん て、 たや た. S び やう たの ねき ふくろ く を 、 た ろた さ 

肝 賢の 父親 は 大病。 親み に 思 ふか 生母 は、 死去って しま; S ましたから、 只 狼 狼へ ますば か. < ^で、 何う す 

で き きんじ 上 ^Jf し ろせん やう/ むら ひ ざ よ, r い 

ると も出來 ませす。 近所の 衆の 周旋で、 漸々 葬式お け はす ましました が 。をれ や 乙れ やで、 雜費は 入ゥま 

らち を 5 ひ くるま この. こめ たか e せつ かゆ ろく < し まつ あ *a> た 

したから、 家 ttl 層 穴の 車で、 此 米の 高い 時節に、 粥 も祿々 す はれな S 仕 末で.^^ 6 ます する さ 貴郞、 

上 わめた ゝ みま -^n ^rc t & くき だて を ビこ こど 

弱 目に 祟, CS 目、 魔で もさし ました もの か、 彼の 兄が 至極 氣立 のよ S 男で.^^ < ^ました か、 あらう 事 か 

やく.. J よ やつば ひん ねこ ふ W や 5 けん やくし 上 かた ビ けい ぬ も ぬ も 

お 役所で …… 、 乙れ 土" 矢張り 貧から 起った 不 了簡で、 役所の 方の 時 針 を …… 、 盜む だ^か 盗み かけた 

24. やくしょ fl/.ic いま ど き 5 ど 

さか 申す とで、 か 役所 も 失策 ゥて しま ひ、 今まで は 何程 づ、 か 取れた もの か、 急に 取れな くな 6 ました 

ど 》f くや か せけん ひつ あ •*> は 

から、 途方に 暮れて 何う.^ も 期う にもな ゥ ません。 する さ 叉、 世間 は廣 い^ので さゥ ます C 負 君 

がた & ケん むかし やつ -trvs ま けいあん i,- ち か わる 、 

方は御存じ^^^^;ゥますまぃが、 昔 將 のせ げん^ 申す 奴で、 只今で も慶 庵の 中に 期 云ふ惡 いの か.^ さゥ 

こ き W- や 5 め 5 ち こ ゐ さい は ひ 力 

ますが、 あの 娘の 器量の よ S のに 目,^ つけ、 家の 困 まって おる の を 幸に、 卅圓^ か 五 +. 圓^ かに 買 はう 

たび,, i\ い、 こ i をち ぶ L ケ くさ 3 せ; i かね む もめ てば f て、 

さ、 度々 云 a んで 暴り ましたが。 零落れ て も を 乙 は 士族 樣で、 金錢づ くで 娘 を 手 離な す樣 なと はト、 父 

たや 々わん こ はゥ を かくしゃ ちち いた こ しょて たいへんい や お 、みみ か 

親 は 頑固 を 張て、 中々 承知 を 致しません。 わの 娘き 初手 は大變 厭が つて 居 ましたが、 見る k 見兼ねる 

て、 ね や < つ 5 i ちく たも どころ し まひ e ぶん ま & き あに さ 4.- だんいた 

はハ乂 親の 苦痛、 少し は樂 にして あげたい ト 思ふ處 から、 仕舞に は 自分から 參る氣 になり、 兄 さも 相談 致 



は 


當み 


覽ぇ 


ま 


只? 


鳥で 






> 

し 


1 


さ 


は 




て 


し 


す、 


て 


mi 


す 


少ミ 


目》 


使?' 


に 


\ i、, 

は 


v> 






力 > 




て 




ま 


は 


れ 


し 




ひ 


は 


力 > 




z; い 


さ、 




逐 f 




神;^ 


せ 


せ 


は 


m 产 

困 ま 


や 


ま 


よ 


1 




力 > 


ふ 


づ 




k、 


<X 




ず 

ん 


t 

1 




b 





、 

し 


く 


の 


め 






,み 

邸? 


其き 


叙 や 


に 


位え 




, 


丄 

ま 


ュ 


て 


/ぉ, は 


組 






ん 

や 


mi 


1 こ 


働!? 




は 




す 


し 




さ ら 






ら 


b 


公 さ 


はし 




ゥ 




れ。 




の 


て 




ま 


命 i 

ど 


> 

ら 


-W わ 

妾! 1 


度た 


に 5 


置ノ か 

立? 


ブ 
ろ 


て 


れ 


00 




は 




; t ぐ 


ふ 

す 


や 




の し 


> 

< 


は 


m【 


1 


居 を 


力 > 


さ0 


其き 






は 


力 > 





-A- わ 

镜 


處き 


《 


ま 


に 


\ 


b 


tit t» 

貴 ま 


さ 


心々 


鬼に 


5M? し 


定是 


ら 


て 


力) し 


でろ 




た 




中 


ま 


君な 


、 

し 


丄 口 5^ 

根 g 


角? 


慮 jJ 
致 《 


の 






ill- せ 

itr ^ 




ト 


年 f 




し 


す 




72 




ム H 

自 5 


の 


妾? 




■ ^わ 
話 






丄 ♦ 

か 


ま 


ま 






かさ 


推 J 


家& 


し 


き 


^し 


月? 




A 

手 




ii、 fi 

少?' 


、 

し 


し 


ち、 


節 s 


/ 丄む 

侍? 


し 




て 


金え 


"^ふ 

不 


^ 、 
ぉゝ 


し 


ム 


し 


72 




ら 




TV 

の ひ 


ま 


戀き 




の 


憫ぇ 


> 

ら 

て 


て 


力 > 


( 




力 > 


. メ 

力 ^ 


し 


は 


;^、 


し 


し 


々く 


他? 


で 


か 


ほ 


\ 








さ 


申 


孃;! 

樣 1 


て 


が 


rift ^ 

取 e 


に 




、た Y> 

ま 


rtl^ や 


、 

し 


心え 


れ 


さ 


中 





、 

し 


は 





る 








^ き 

舉 S 


い 


配 ま 


> > 

に 


、 

し 


マく 




《 


、s 




て 






愛き 


へ 




さ 


致 ft 


第 


づ 


二ん 【な 


: わ 


が 


世よ 


中 言, 




で 


れ 


さ 


來 S 


1 い 


思 も 


し 




め 


r 


妾 < 


b 


か 


«0« 0»へ 


使?' 


は 


で 




て 


m だ 

出 




て 


, し f 

支 L 


喰 だ 


處き 


111 
は L 


Q 


世よ 


U 


ム 3 


か 


で 


ふ 


し 


て 


活を 


度? 


ベ 


で、 つ 


Pj か 


わ 

妾? 
し 


で 


が 


L 






堪た 


b 




活 


る 


u ぐ' 

か 


る 


は 


爱ミ 


f> 


t 


特き 


ま 


さ 


ま 





わ 


る 




嘗 f 重" 

出て 


事き 


で 


さ 


風"^ 


-> 

b 


申 




、丄 

せ 


ん 


b 


て 


け 


の 


中 


來き 


に 


さ、 


フ 






さ 


、E? ft 

も 


ん 


の 


ま 


活 * 


ん 

や 


た 


す 


ふ 


困き 

1 





で 


に 


ぶ 


れ 


< 


o 


好 も 


、丄 

せ 


1 




ラ 


力 > 


> 

と 




t 


ft 


~ ず 

母 


-> 

b 
は 


た 




ほ 


さ 




ま 


カゝ 


> 

ら 


, 

ど 




ま 


せ 


な 


Hi 

ぐ ほお 


義ぎ 


b 


ん 


, 二 






> 

ら 






5 


す 


ん 


b 




理 a 


ま 




物 あ 




力 > 


ト 


J 


わ 


お、 


力 > 




丄 

ま 


IK 


mi 2 

? 


で 


す 




で 


分 t 






度 


の 




ら 


わ 


せ 


o 


は1 Hf 

母ば 


は 


が 


を 


丄 


の 


第 




卒 


近え 


云い 




ベ 


ぬ 


ij ゝ 


よ 


2:、 




れ 


具 か 


娘ネざ 




て 




所ミ 




ふ, 




リ 


は 




さ、 




、 丄 

は 




のめ 


^ き 


で 


來き 


の 


て 


町 i 


ベ 




れ 




b 


れ 


烕! L 


て 


樣會 




相? 




^ の 




k 










t 




》 し 、ん 


i= ^ゆ 




a ゝ 


e 炎ん 


は 


<^、 




何 


CA 









せ 


て 


な 


さ 


思? 


至 も 


を 


吳く 


ら 


理 J 


處こ 






'も 


mi 


ん 




m 


な 


ひ 


てつ 


t 


れ 


聞? 


茶; 


ど 


く 




れ 


扇 a 





父で 


でめ 






好よ 




ま 


込 こ 


屋、 


へ 


叱 i> 




で 


の 


ま 


親 さ 


で 






V> 


め 




み 


や 


奉? 


h 






風な 


ァ か 


の 


さ、 




分ズ 


上气 


ま 


力、 


ま 


商き 


お 


m 




何 i 




や J が 


身み 




し 




1 こ 


し 





し 


に 


ら 






さ * あ 
加ら 


ゲ へ 






ば 


た 




て 


せ?: 

の 


れ 


の 


出 だ 


れ 






< 




^, 


す 


力 > 


は 


年? 




中 4 


m、 


處き 


し 


ま 




思 ま 


は 


御 こ- 


t 





b 


ク 


の 




に 




へろ 




し 



これが わの 娘の 履歷の 槪雰。 問けば 聞く ほ^、 吾 も 可愛 さう でた まらな く 成て 來て、 暫將は 無言、 おこ ハ I 

しき さ たん ゐ 

で頻 6k 嗟嘆して 居た。 

うわさ その ひビ 力げ 5 ら. ち や s じ *n つ たも 3 ぶ ts' いま 

蹲 を すれ は 其. < の 影、 裏口の 隙 子に 寫る ふ 間に。 《か さん 只今!)) 

$ つか もぶ ^ この ど at^J れ L さい 3 ち や 5 を み いま K をし き せい ん L ぎ 

か 町 は 使から 灵 つて 求た, 此 は、 なほ ti: 細に^ 町の 檨子を 見る のに、 今の 話 を 閬ぃ た敌か 不思議 

e'fz き も © き たは を、 かみ かへ つたつ 6 くち 」 く て, x*fj ん ら.: 'き や f 

! 溥槭れ た 衣服^、 汚く は覺 えす 煤けた 髮、 却て 貴^く 目 さ ロ^に 合 ませた 夭 具の 愛嬌、 無上 

ちれ むじ や 5 あ &がた かん 

嬉しく、 無上に 有難く 威 ヒられ た。 . 

つ, ほ >st , い P k まち,' ふ, ろ L きづ、 5 けビ » をに if ゐ く X, し ざら 

霜 は 次の間へ 行て, か 町から 風呂敷 包み を 受取り、 をれ を 開けて 何 か暫將 して 居た が やがて 菜 子 皿へ、 

ど ころ に あ むし ◊ わし , ゥづた もつ くわ. J くち あ if C 

處に 似合 はぬ 蒸 菓子 堆 かく 盛て ((こんな か藥子 は、 か 口に も 合 ひます ま S が、.^ うど.;^ 一 ッ 0)) ((有, う :.:• 

しんぱい こま あ Wb た JC ゐ,^ i 

こんな 心配して くれち や 困るな 0)) ((.^^bんの贵郞、 かか まひ 申し 度く も、 rJ ん な田舍 で,^^ いますから… 

こん はち もく たけのこ な はん ケん あ.^ た もき 

今日は;^ 約束の 笏の御 能お 乙 しらえ まし やう V- 存 卜て …… をれに貴郞は牛がか好て;^^^ぃますか 

ら、 只今 取て 參 ましたが、 此邊の 牛 は 如何で います か 0)) ((をれ はお g ぎぎ 寧た チ。 あん? =4^ 

さ 5 5- き *5> つ ま. &y ち あそ く まいにち - ひそ , 

走す る^、 好い 氣に 成て 乙れ から 毎日 遊びに 來るョ 0)) (( ホ、 ゝ、. $J うど 每 日.;^ 遊びに 入らつ しゃい まし、 

もの か は や £- く ま あ た < いた & たいくつ fj.e5< あ ひ 2 ま 

其 代.? 5S 々;^ 侍ち 遊ばせよ これから 支度 を 致します から、 < ^うど 御體 屈で も少々 の 間 0)) 9 、、 

さもく、 か^なし くして 待てる ョ 03 ((かひ づ から 卞 はか 遊び あ をば せホ、 、0)) 2: 戯を 云; 3 ながら、 

5_ ば た だ. S, ご k ろ かた いつ I をのみ ひだ まち こめ か L ねけ 5ら て で つ や 5 も わ L ざ しき りこ 

乳母 は 立て 臺 所の 方へ 行た。 其 間に か 町 は 米 炊 桶 を さげて、 裏手へ 出て 行た 樣子。 Kjm は 一人 set に i さ 

秋の 蝶 ^ ^ I ^ 



む L< りし めづ ふ もま B かぺは tlL きゑ み& 

れて、 蒸 菓子 一 ッニッ たべな から、 珍ら しく もない 襖の 張ゥ ませ や、 壁に 張ゥ つけた 錦鎗を 見て 居た か。 

ふ 50 た .》 つい ひど 5 をづ をの s» 、わんが は 5 らて かた ゐ tfJ かた 

不圆 思; 5 付て 獨 6 點頭 き、 其 膽 椽 側から 裏手の 方へ 11 井 iius の 方へ …… C 

其 三 

をせ われ この ビき 5 ら: i« は 5 で. S つ これ. を C L さい はくじ や. r- われ さっき • _ 3 ち 

何故 吾 は 此將襄 庭の 方へ 出て 行た か。 是には 少し 仔細が わるので、 …: -白狀 すれ は 吾 は 先刻 一 寸.: ^町.^ 

み どき いど を む め ね も ば その w れ きき い ど 

見た 時から、 最 惜しら しい 娘^ 思った が、 今 乳母から 其 履歷を 聞いて S よく 最 惜しくて たまらす 

こビ こどぶ か いねんだ つ ものねんs^きっゐ われ ざ.^ ^ 

せめて 1 語な り も 言葉 を 交 はして 見たい さ 云 ふ 《ふ むら 立て、 其 やん 力 遂に 吾 を 座敷から か し 足 を 裏 

庭の 方へ 向けて しまった 

S ら ksK で み ひだ q て み つ げ いけがき そ ふば ゑん i ^ゆ • * を 3 をのした ゐ, さ,. 'あつ 、 、 

さて 裏庭へ 出て 見る さ、 左手の 隅に 柘植の 生垣に 添 ふて、 太い 槐が 一 本立て 居 ゥ。 其 下に 井卢か 在て、 か 

その を ビ ころ しき こめ ど ゐ さい a ひど こどば この どき 

町 は 其 流しの 處で、 頻. CS に 米 を 磨 S で 居る。 幸; 3 わた 6 に 人 はなし、 言葉お かけやうなら 此將で わるの 

さ われ き * じけ で その, y ば を、 わ また あし てん みぎて 5 ゑ & B ^ 

に、 何う した もの か 吾 は 急 は 臆氣が 出て、 其 側へ は 進み 得す。 叉 足お 轉 じて、 右手の 植込みへ 這スゥ 

^ ら つ f き や を わ つくつ どころ 50 ほ ざくろ & ど f たけ はんさい ねい だい 3 へ た 

薔薇 ゃ樁、 榧 な^の 苗の 作て わる 處を通 ぬけて、 拓榴ゃ 梧桐、 竹 な^の 盆栽の 置て ある 臺の 前に 立ち 

く b だん は, n いつ まつ: * は たん ひゃくにち さ. 5 もみれ をで し. J け L > た を し せいや 5 ^^.i 

ii また ハ 花壇の 方へ 行て、 核 葉牡丹、 百日草、 黄、 瞿麥、 罌粟。 其 他 名 も 知らぬ 西洋の 草花 を^ 

C くさん fis ゑ をが .L ばら < ゐ こ、 ろ 50 く ゐ ばた い つ ゐ よ きち *_ 

の、 澤山植 て あるの を 眺めた ゥ して、 暫聘ぅ くして、 居た が。 心 は 疾に井 側へ 行て 居る ので、 與吉か 

たん 4. ヌ ゥ く まんさい くさばみ か かひ わめ どかく まち あし も 化 

丹精して 作 ゥ た 盆栽 も 草花 も、 斯ラ なって は 甲斐^く。 吾が 眼 は 鬼 角 か 町ば か ゥ を 見た かって, 足元に 

きつ をむ さん タろ ばち け かへ 

は氣も 付かす。 南無 三、 泥 鉢 一 ッ 蹴返した。 



や 5 や さき や 5 を ゐ S8J %5 た は 5 きみ ゐゐ げた もど かぶ t まつ *J ろばち 

漸く 度胸 を据 ゑて、 また 井 11^ 側の 方へ 來て 見る^、 ——- さても 粹 な。 井 欄の 下に 五六 株、 麁末を 泥 鉢に 

f ゐ をで.. 1 こ われ ft われ み ゆ • ふ そばよ つめ づ 

植 はって 居る 瞿麥 が、 吾 を をつ ささし まねく 檨 子。 吾 は 之 を 見に 行く 振ゥ で、 ッカく ^側へ 寄て、 珍 

は を をで しこ 

らしく もない 花 を ザット 見ながら、 ((これ は 耀麥か 于?) ) 

*» ち こめ ビ て や ひげ &で しこ じつ き れい われ われ 

か 町 ハ米を 磨ぐ 手 4.1 休めて、 ((ハ ィ、 S 瞿麥 でな います o))(( さう か …… 實に 奇麗お。)) 云 ひながら 吾 は、 吾 

し & げた こし は を ♦* か だち や S や くち ほ 55i 上く こ は を み 

知らす 井 欄へ 腰 を かけて しまった 花 を 媒介に して 漸く ロは綻 けた もの ゝ、 慾に は 今少し 話しが して 見 

いきみ s- は を わけ ゆ き ねく Ltf らくむ &ん こ、 ろ ち か さっき fit 

たいが。 さて 突然 話しかける 譯 にも 行かす。 また 氣が 後れて 暫將 無言。 心の中で は 期う、 I 先刻 霜から 

き は * し わか もこき こど しかもん い ビか かんがへ 

聞いた 話で、 あらまし 解った けれ^ まだ 少し 閜 きた S 事 も ある。 然し 何^ 云って 問; S 掛け やう。 者て 

み だ. S ゝぉを * &んぃ 上 5 ち ちょち 5 上 も 

見る^ 第 一 名 を 何 さ 云 ふて 呼びかけ てよ いやら わからな い。 自家の 女中で ないから、 .; ^町 さ 呼び捨てに 

ていね S もぎ こど むひ いた ゐ や £ 'や たも 

する の もお かし いし。 さう か^ 云て か 町さん では 丁寧 過る ト、 つまらぬ 事に 胸 を 痛めて 居た、 が 。渐く 思 ひ 

きつ まへ にい どし いくつ さ こ 

切て、 (7 ノ; - 前に 兄さんが わる か > -?) )(( ハイ、.^^ います OM 年 は 幾 歲?) )(( 廿 1 で.^^ います。)) ((何 處か 

が ぐから いつ がく か 5 まへ お 5 がく か 5 まゐっ を た i 'い 3 さちら まへ 

一 學 校へ 行て るノ ? )) 《學校 は …… え ッ ト 前に 中 學校 へ 參て居 6 ましたが 、只今 は何處 へ も …… )) ((- ;-前 は? )) 

A, た がく かう S ま んき 5 たビ、 しさ を 

《ハ ィ …… 三田學 校へ。)) ((今 何 級?)) ((ィ 、 もう 一 昨年 下、 がって しま ひました。)) ((惜しい とした 于、 …… 

をせ さ まへ おつか ゐ た どつ あんばい 

何故 下がった ノ?) )(( )) ((^前 阿 母さん は、 居な いんだって 子? } ((ハ ィ )) ((阿 ハ乂 さん は醮栴 

わる まへ 5 ちゐ ここる せっち い 

が惡 いの?)) (( …… ハイ。)) ((か 前 自家に 居る のさ 此處 ±i 居る のさ 何方、 が 好い?)) I …… )) 

- このむ をめ むしむ < ち たちみ われ 5 ビ は .& たつ .6 ん たん <»e め こたへ 

此娘は 寧る 無口な 質さ 見えて、 吾 かこれ は 打ち解けて 話しかけても、 至て 簡 短な、 をして 嚴正. > ^答ば 

秋の 蝶 四 三 

^I^B^lBBIUmn- I —- -— a ズ.^ r,— ト — ; i 



わ *i いこ a あ ひ、 ぬ , きついみ 上う いろ-, \ たづ A 、ゐ ぶ.? る さ い 

力. 00 吾 も 少し 張 4 合が 拔け たか、 氣が 付て 見れば、 用 もな いのは 色 々^尋ねる, の n、 隨分 五月 蠅 とで 

その 3 ゝ 

あらう さ、 其 儘 だまって しまった。 

この *^^ち まち あか ど 5 ち& めん たもき まつ- -ろ Si 5 で あら くび もこ を、 よ rft こめ ど 

此間か 町 は、 赤い 唐 縮緬の 櫸に、 眞 白な 二の 腕まで 現 C し。 首 を 少し 斜め.^ して、 餘 < ふなく 米 を 磨いで 

を どき こめ を か Ic み ほ, y ゆびさき つま だ その ゆびさき ほ 5 た びんけ ^h* t 

f o 特々 米の 中の 芥を 細い 指先で 摘み 出し、 其 指先で 頰へ 垂れる 鬢の毛 を はら ふ檨 子、 可!^^て何さ 

い わ.^ たあい み ゐ 2 ち たけ を、 しづ みづ が 

も 云 はれす、 吾ハ多 愛. >a> く 見され て 居る か 町 ハ やがて 桶 を 斜めにして、 靜 かに 水 を 流し かけた から、 

われ さどた 、 つるべ さほ ばいく いまみ づ た 

吾 tt をれ^ 悟ゥて 立ち わが. o、 釣瓶の 竿お 二 ッ三ッ たぐって 1 杯 酌み あげ、 4^ 町が 今 水く みに 立た う, ヒ 

する の を、 立し も敢 す、 ((桶 を.; - だし、 水 を あげやう!。)) ト、 釣瓶 を さし 出す さ。 か rottl^l れた g な魏 で、 

み つみ を こら だ まこ ど おそ ひ y 

私 を ザット 見つめる 罪の 無 さ。 私 は を かし さ を 堪えて、 ((い、 から.; - 出しよ 0)) ((誠に 恐れ入ます …… )) 

まち や S や おけ だ みづ 5 われ つるべ .5- ち みづ い ちから t て 》* る 

か 町 は 漸く 桶.^ さし 出して 水 を 受けた。 吾 は 釣瓶. i&s て 水 を 入れて やった が、 力が 足らない から 手が S 

みづ もこ もど その どばし w a- もの i あし さき か、 いそ ねび & 

へ て, 水 か 少し 外へ 乙 ぼれ、 其餘 滴が 衣 物の 裙^ 足の 先へ 掛 つた。 する さ.; -町は 、急いで 帶に はさんで 居 

てめ々 ひ ふ く われ 5 ど この どき そのて にぎ £^ぎ 

た 手拭 を 取て、 拭いて 5^ れ やう^ 出した から、 吾 は をれ を 受け取った 此時其 手お 握れば、 たしかに 握 

- われ まで き で 

れ たもの を …… 吾に ハまだ をれ 迄の 勇氣は 出なかった。 

、ふ、 ivL/^ はう > 5 ば こも わかさま t いつま どこ 

不意に 後の方 力ら 乳 # の聲 で、 《ォ ャ若檨 、が. - 何 W の 間に かもんな 處へ 入らし つて、 か いたな すつ て いけ 

ません チ oj> 

^せろ - ? ふい こどい きづ も あし もこ 5 ろた 5 ば e や 5 だん かへ r や 5 だん で <- 

驚 吾 は 不意の 事 さ 云 ひ、 疵 持つ 足 少し 狼狠 へて、 乳母の 冗談に 返すべき 冗談 も 出なかった。 乳 



母 は 手桶 を さげて 井ヌへ 近づき、 S 瓶の 竿へ 手 を かけながら、 吾が おぎの 7 濕れて 居る の 4,4^ て、 ず つ 御 

覽 遊ばせ、 か 召しが 代 無しで な^います。 i 郞まァ か^ぎに かな 4^ ばし ます。)) ((これ か …… M;; おが は 

ねたの さ 0)) ((ま ァ.; -出 しわ をば せ!)) 

乳母: sm 分の 被って 居た 手拭で、 すつ か 6 ふいて 吳れ た。 町,^ か o た!;^ g も 今 は J 、きにな ク たが、 g し 

力へ い の や けん 5 ば み ね を たも ビ .At -8 ク る 

反し もせ 卞 ^う 云 ふ 了簡であった か、 乳母の 見る の を 恐れて、 リット 袂の 蔭に かくして 持て た。 

^^5^ 5 ^, みづ い て をけ こめ ど t き たけのこ い 

其 rS: に 乳母 は 水 を 入れた 手桶 を さげ、 ((か 米が 磨げたら 持つ て來て かくれ ョ。 笏 はもう うだった から 0》 云 

ゝ . ひき 力へ いつ その 5 しろ. *- がた み おく い も てぬ. > ひ かへ 

ひ.^ から 引返して 行た。 其 後 姿 を見送6ながら、 吾は急ぃで手拭を.^-町に返した0 

^ め f & わる そのば ゐ ざ むき はう かへ く 

欺うな る^ 吾 も 妙に 極ま ゥ が惡 く.^ つて、 其塲 にも 居られぬ から、 K ゴ^ (\. 座敷の 方へ 歸 6 かけて 來る 

> て 5SJ おもて ち » St は. & つき をビこ 50 し いろ あさ 々み め は tib ビ e んじ, oif けつ みに < 

さ。 丁度 表口から、 急いで 這 入て 來た 1 人の 男 年 は廿三 四、 色 は接黑 いが 目鼻立ち 尋常で、 决 して 醜 

> を どこぶ こん はらがけ ね を も、 ひき ふる むぎわら .tfs し あし わらじ さん 4Jfo.< をび き さみ て, 

からぬ 男 振. 00 鲋の 腹掛に 同じ 股引。 古びた 麥 藁の 帽子 k 、足 は 草鞋ば き、 三尺 帶に木 鉄 一 挺 はさ ふで、 

て L かく べんた 5 ク、 5 ば こよき ち 

手 は 四角な 辨當の 包み。 —— これが 乳母の 子與吉 であった 

其 四 

i I 5 « こ われ ちき や 5 だい い あに $-5 せん を の^ほみ をん ゆか そ !• むかし しの 

與吉は 乳母の 子、 吾 さは 乳兄弟で、 云 はい 兄 も 仝然。 其顏 見れば 何^なく 床しく、 坐 に 昔聘が 忍ばれ 

• > お. f だ , おや $ビ ねんい せん 上き ち ち、 よざる I ん ふ ど ベ fi. き ,6 くも わ も がた み ほさ 

る。 11 S ひ 出せば 丁度 十七 年 以前、 與吉の 父 與左衞 門 は、 不圖 した 病氣で 身罷 60 をの 忘れ g、 程な 

5 . , た 3 f をん を こ この 上 きを かば か ふびん S ぶぎ その き や.? &た びら 

く 生まれた は 玉の 樣な 女の子であった が、 此 世の 氣を吸 ふ MJ 十日 Tfr -^、 不憫 や! 產 衣お 其 ま、 經 帷子に 



秋の 蝶 四 六 

て ゝねゃ あど ね い つ 

して、 ハ乂 親の 跡 を 追 ひかけ て 行た。 

たの たも をつ ど L ^ はら み f たのし あかん ほ ゆ ここち ゝ 

賴 みに 思 ふ 良人 死なれて は、 空く 腹も充 たす に 易から す。 樂み にした 嬰兒に 逝かれて は、 凝る 此の 乳 

f ころ しも こ の ちへ い へた、 5.- こ 5 ぼ ば, f こ 5 で ,*i のく ち さが ゐね W ふしぎ 

の 捨て所!; -霜も 此上は 家を疊 ひで、 何處 どへ 乳母 奉公に 出たい さ、 其 口 を 探して 居る 折から、 不思議 

わん わたし さ ど VJ まこ < ち け をん きみ わか 5 ば も を は われち、 く みぶん をつ 

の緣ぁ ゥ て、 私の 實家駒 小路 家の 二 男 君 若の 乳母、 11 乃ち 吾に 乳 を::. s-れ る 身分 さ i ^た。 

その どきよ きち ちゃ 5 さやつ ゝ たや そば おく あ おや か でっち だ る L ろ こま 

其. S 與吉は 了 度 八才、 もう 親の 側にば か. 置と もなら ぬ さ、 或. る 町家の 丁稚に 出されて 居た か。 白 S 駒 

あし はや われ 5 ば そば ゐ て ssilj あいて よ きち じ *r さん あきは 5 

の 足 速く、 吾 もはや 六才 にな 6、 乳母の 膝にば か. も 居ない から、 丁度よ S 相手 さ、 與吉が 十三の 秋 奉 

こ 5 さ わ や .Ja- ひきど い わかぎみ こしゃ 5 ちゃ s> にん ふせ S ね も しゅっせ 

公から 下げさせ、 吾が 邸へ 引取った ひかし で 云へば 若君の.; -廪 從、 町人 風情から 思; 3.^ よらぬ 出世で 

た 5^5 ん よきち は、 たや 上ろ こびお ほかた をみ だ をが あ W がた よ きち ぶ て, つ はふ 

あるから、 當 人の 與吉 よ. < ^は、 母親の 喜悅 大方なら す。 涙 流さぬ までに 有難が つて、 與吉 にも 不調法の 

や 5 いき つ W ゐ i<b にい こさ. 《 さし こ ヒ われ あま そだ 

無い 樣 にさ、 よく 云ひ閗 かして 務めさせて 居た が。 何 を 云 ふに も 小 供 同士、 殊は吾 は 甘く 育てられて、 

ゐ ぶん わが ま、 どき. む W- . & よきち こま こどよ かんしゃく つみ み 

隨分 我儘で わった から、 將 々無理お 云 ふて は與吉 お困らせ、 事 依る さ疳 瘤に まかせて、 罪 もない 身に 

I ね さもが L ん? d5 づょ よ きち をみ だ々 を か いま ね ゆ る こど い まさらお. V 

瘡を ft はせ、 流石に 辛抱強い 與吉 を、 涙 組ませた ともあった。 中に も 今 だに 覺 て 居る 事 今更 思へば、 

ひ こど 

よくも あんな 酷い 事が! 

われ やつ、 をつ f> や 5 がつ たし ふっか われ 上 きち ふたり 5 らば t- でた こ a 

をれ は 吾 か 八才に 成た 正月、 確か 二日のと であった。 吾 は 與吉さ 二人で、 裏の 馬場へ 出て » を あげて 居 

. » その ひ , たいか は もく ひ みじゅく われ たこ あが みよ きち たこ 

たか、 其 日 は 一 體 風の 少ない RI で、 未熟な 吾に は.^ うしても 服が 揚ら ない。 をれ に 見れば 與吉の 风 は、 

i あが > > わ- れ たこせ い よきち た ビ い よ きち -J ゆ じん めい 

甘く 揚る榛 子, たから は をれ を 眼の 故にして、 與吉に 風 を取ゥ か へ て くれさ 云 ふ 與吉も 主人の 命 



rA^ is わ. さらわた こ あ われ よ きち たこ 《• けビ み 

で 否み もなら す、 素^に をれ を 吾に 渡して、 更に 吾が 默を 揚げ はじめた。 吾 は 與吉の » を 受取って 見る 

しばらく あ ゐ もら かせ またし だい * く 

は、 暫時 はよ く 揚がって 居た が、 空に 風がない から、 叉 次第に 落ち かゝ つて 來る •:•: 、 をれ をた ぐゥて 

ち t 5 ち たち ま も 5* かし き ひき いどめ ばんき この どき み 

揚げ 直さう さわせ る 中に、 忽ち 傍に わった 樫の 木に 引かけ て、 糸目お 1 本 切って しまった C 此特 また 見 

X きち 6 たこ て 5 し ゆ や 5 も われ 56 や ふた、 ビ 

れば、 與吉の 持った 服 は、 調子よ く あがって 行く 樣子、 吾 はま 4^ 羨ましくな つて、 再び取 ゥ かへ て くれ 

もど 上 きち こん! SJ こ、 ろよ わた もこ 3 あ, y S む W そのい ど 

さ 求めた が、 與吉 ^マ 度 は 快く 渡さす、 少し か 待ち 遊ばせ S 云った の を、 無理に せびって また 其 糸 を 

て ど よきち しぶく c ぶん たこ いどめ つく あ は C SSO め つ 3- あ ひ わる あ 

手に 取った。 與吉は ii 々自分の A の 糸目お 繕 い、 また 揚げ 初めた が、 糸目の 釣合が 惡 かった か、 揚が 

か、 めん { f い あが e ぶんみ も あ いどま 

<>掛 つて は 面喰ら ひして、 容易に 揚ら ないから、 自分で も 見捨て、 揚げ やう S もせす、 を ^:^\糸* ^卷 

その あ ひだ われ C ぶ たこ あ たの ゐ こん: もこ て 5 し わる * & き 

き は 卜め た。 其 問 吾 は 自分の * を 揚げて 樂 しんで 居た が、 今度 もまた 少し 調子が 惡く 成って 來 たの.^、 

みか よきち わ いど ビっ はじ おつ、 5 しわ か べんけい まつ 

見兼ねて 與吉は 吾が 傍へ かけよ..'、 S をいで 糸 を 取て たぐ ゥ- 初めた が、 もう 追 付かす。 牛 若 も 辨廣も 具 

さかさま たこ ちじ や 5 ひ C や 5 われ かんた たれ たに む ど 

逆樣、 I * は 地上に パ サリ。 乙れ が^うして か 非常に 吾の IS を 立た せ、 なせ 乃公の * を 落して しまつ 

いき, 上 きちく よきち あは たど わけ い、 わけ 

たト、 突然 與吉に 喰って か、 つた。 與. fjis 周章て、、 ィ、 >1 落した 譯 では ft; いません ト、 言譯 する ほ 

われつ sals' よきち つ よきち も 乙 sjj s もの 

^晋は 付け わが ゥ、 怒氣に まかせて 與吉を 突き^ばす さ、 與吉は 少しよ 2: けたが、 何う 云 ふはづ みか 其 

ば よこた * をげ は、 たんせい こし しゃ 5 がつ はれぎ くろ 4J ゆ も は ^-^ しょかん ひら 

镇へ橫 倒しに、 投られ たからた まらない。 姆、 が 丹精して 持ら へた 正月の 晴着、 黑襦 子の 羽織 も、 暴 寒 平 

はかま Is^ せろ これ われ あた こ は - 'を, 

の祷 も、 霜解けの 泥 だらけに してし まった。 是 ほ^にしても まだ 吾 は 飽き 足らす、 聲を張 6 あけて 泣き 

だ われ ねこっ いろく わ ^« よきち その どき よ ほ^ < ち を み 

出した。 いつも 吾が 怒て 泣く さ、 種々 に 詫びて 慰める 與吉 が、 其將 ばか 6 は餘程 口惜しかった^ 見へ て、 



わきあが をん い 5- ろ 3 ぶ きもの あ こ 1 を HC 

起 上った ま、 何 さも 云 はす。 泥塗れに なった 着物 を ながめて、 …… やがてし やく 6 上げて 是 キノ 泣き,^ め 

> どころ ようにん みづ もど い を ど. J きか、 こ あ a さま み ねさろ か t はら よつ ゎチ it づ ttw ^ 

た 處へ 用人の 水 元 ざ W ふ 男が 來掛ゥ 、此の 狀 態お 見て 驚き、 傍 へ 寄て, 譯.^ 尋ねた が、? t 人 さも &ぃ 

こな そのち $ さい ど ^f' わく や 5*4* しか わ * &ゐ ち vwi ち A づ 

て 答へ ぬから、 其 仲 際に 當戡 した 樣子 であった。 然し 吾が 泣いて 居る ので、 地頭に は 勝 を讓ら ねばなら 

> k , 上き ち は 5, わるもの をつ こ ♦、£ い V £6i J ハ 9 

す、 譯も わからす に 與吉の 方が 惡 者に 成て、 ひ^く 小言. vnH はれ やがて 二人共 家へ 這 てし まつ 

た。 

われ くせ はら た ど き e つ あ しゅら や 5 あ どき も 5 hi C り S ら 

吾の 癖 さして、 腹の 立つ 將は實 に 阿修羅の 樣に 荒れる が、 特 過ぎる S まるで 打ち 忘れ、 しかも 欺ぎ を 

立てた 相手に 氣の 毒に なゥ、 ^うか 其 4^ 慰め やう £fK ふ Ml が艇 る。 ^^も 吾 は i& て^んの ほき? かろが 

起ゥ、 與吉 が氣の 毒で く 矢も循 もた まらす、 i 機 駆お^.. § さう さ、 艇 かに i ハ? の へ^か、 つて 

み あか ポく 上き ち いま は、 たや しか ゐ さいち f わる どころ ね も .S き A ヽ t 

見る^、 生惜! 與吉は 今 母親に 叱られて 居る 最中 アツ! 惡 S 處へト 思 ふから、 引 さう としたが、 ^ 

$ い, 1 ゐ -- をの ふ を ま みよ み、 も き る よ ta* 

てよ! 何お 云 はれて 居る カト、 其まゝ をっ^ 襖に 身 を 寄せ、 耳を淸 まして 簡 いて 居る^。 餘所 をに かる 

4® で、 r たから 云 はない とで はない、 か 父さんが^ ゲ てから は、 ? MAVk?^^^,^^ 

ゐ - , > かんが & らん みん を やしき かげ & ^,.ん t.., 

きて 居られる のお。 …… よく 考 へても 御覽、 皆 か 邸の か 蔭お やな いか。 …… をの 御 恩が わるから、.^ し 

こど が まん &き げん さ 5t »| ビん い ゐ 

の 事 は 我慢して …… 御機嫌に 逆ら はない やうに^、 不斷 から あれ ほき ェひ きかして 居る のが か 前 はわ 

か. ません か。 …… ほん^に 妾にば か. 苦勞 させて、 ::: 阿 母さんの 氣 にも 成て 御覽 …… コ レか s^! 

き もの あした き.? のき ね < でき こも きこ ク 

着物 乙ん なにして しまって、 明日から 何の 着物. > ^着て か 奥へ 出る 氣 だ!》 やがて 聲も 開へ なく K たか 



ふ しん たも ふ を ま ひ J のケ み か あ S 1 I は 、たや まへ つ、 ぶ きた , _ ,r 

ら、 不審に 思って、 襖の 隙から 窺いて 見る さ、 可愛 さう に與吉 は、 母親の 前に 突^して ロカし やく.? H け 

& または、 ね や きり よな よきち き もの をが , め: , 

て 泣く ばか ASO 叉 母親 は 泥に 汚れた 與吉の 着物お、 うらめし さう に 眺めて、 乙れ も 眼に は …… ァレ 一杯 

をみ だ これ み われ たま か をの 3、 どび こ わたし わる お f r » 

の 涙! 是を 見て は 吾 tt もう 堪 o 兼ね、 其 儘 « 込む で、 私が 惡 かった ト、 あやまら うか^も 思った か, さ 

5^ ゆ 5 き で た 、いむね へん. L ゃ5 お ほ いつま をみ だ ほ 5 , は, *^ , 

て を れ^の 勇氣も 出す。 只 胸 は 變に较 ぼられ る 樣に覺 え、 何特の 間に やら 涙 頰 にった はって 水 鼻 も 

Z つ こ ゑた も、 《> や St で をみ だ は を おさ こ 、ろ せい . ば ど k て, , 

垂れさう に 成た が、 聲 立て、 ると もなら す、 兩 袖に 淚さ鼻 おじつ ^押へ、 心で は 精一杯の 詫 言 手 を 

あは そのば たちさ さ は 、さま どころ ゆ を ,ねが.' m^^-^^u ' ^ ' / 

合せぬ ばか. < ^にして ^q; 場 を 立 去- すぐ 樣奧の 母 檨の處 へ 行き、 泣きな から 願って、 羽織 铃を 新ら しく 

よきち VJ わむ ね や もこ ビ 

排 えて もら ひ、 をれ を與. 口に 取らせて、 やっと 吾が 胸 を 休めた 事が あった 

この こど こ さも £ 、ろ じつ ふか か s: み お ほ かんべん, つい いせん や 、 タ ►fl: い, > - ♦ 

此事が 小 供 心に も實 深く 威 t たさ 見え、 をれ から は 吾 も 大きに 勘辨が 付て、 前の 樣. i^i-i? は 云 はす 

さけ よ きち つか ほさ y だい を か が < か 5 ゆ 5 ち,^ f た 

情 を かけて 與吉 4:1 使った から、 程 く 二人^も 大の 中よ しにな う。 學 校へ 行く にも 自家で 遊ぶ にも 片 

どき もば は **- を ビ よきち よ, あ )- 

將側 を 離した ij^ く、 何事 も與. Jill で. くて は、 夜が 明けぬ やうに なった 

どき ちいさ ころ やく をく いま お ほ はたけ よ 5 し き のち みぎわん 5 ば よきお 

をれ から 吾、 が 十二 才の 將、 稚 S 頃からの 約束で、 今の 大畠 家へ 養子に 來て後 も、 右の 緣で 乳母. 與吉も 

い まで. S さ ひ 5- 5 ど S わけ 上 き おどし ど てゝね 

今 だに 出入 4 はする もの ゝ、 去る もの 日々 に 練し^ 云ふ譯 ではな いが、 與吉も 年を取る につけて, 父親 

を し まお. を き ま こ 、ろ われ こど われ くわ ケ く さき 5 'へきしょく ん み ぶん ちが 

の 無い 故 か、 一 人 大人び て * て、 未だ 小 供 心な 吾 さは …… 、 殊に 吾 は 華族、 先 は 植木 職人、 身分 も 差 ふ 

VJ ころ むか. J ? つき-め ひ (i ゑん じち SC- み か ぐら ひ. く,' ぃぷ 

處 から、 昔 將の樣 な 交際 は^らす。 一 所に 綠日に 行て 力 ラタ リを見 た. o、 4^ 神樂に 日の 暮れる の も 厭 は 

ころ こど わ も ? たい L & くま e め こどば づか は. Jj ていね S 

なかつ 4^ 頃の 事 は、 まるで 忘れた 樣に 對 して は 至極 具 面目で、 言葉 違; S も、 を かしい 程 丁寧に なつ 



た o 

X i み い Ai が ばう し ど て ひざた じぎ わかさ 1« る 

與吉 は, ム!: を 見て 連 忙しく 帽子 を 取. os、 その 手お 膝まで 垂れて 辭義 をし » がら、 《若樣 で 居らつ しゃい ま 

すか、 よく^ 出で 下さいました 0)) 

われ ちょつ どた ふれい 

! 1 寸答禮 して、 

、、いまし cx_ かへ こんにち わかさ 9* ビ ちら かへ w け ふめ ❖ ろ 

((今 仕事から 歸 つたの か 0)) で ィ。 …… 今日は 若樣 何方の^ 歸途 で,^ ft- いました 0)) ((今日は ァ ノ目黑 まで 

いり . かへ C こく はや よ さや f しか たちよ くだ 

行たん だが、 歸 6 に將 刻が 早かった から 一寸 寄った 0)) ((左 樣で。 をれ は 然しよ く か 立 寄. 下さいました 

むさ どころ £ ゆつ く S- あ を 

…… こんな 汚い 處 で..」 さいます が、 ^うど 御 安樂 遊ばしまして …… o》 

その. f ち 5 ばた く でき よきち たいさ 5 け ふ はや を こ き 

其 中に 乳母 は 奥から 出て 來て、 ((與 吉 かィ、 大層 今日は 早かった チ 0)) 《ァ 、、 少し はやかった け^も、 切 

, へ き > -、、 , おや 5ま さっき わかさまね ひどり さみ ゐ 

4 わけて 歸 つて 來 たの さ。)) ((もれ は 丁度よ かった、 先刻から 若樣御 一人で、 . 淋しがって 居らり しゃる 

. ^ まへ か,^ き あ ひて わた.. J S まも. J て か は S へ ね L や 5 

處K^^^C 歸 つて 來た なら 御 相手をして …… 妾 も 今少し 手が 離されな いから、 をの 代り か 前 も御陪 

ばん, U ち- 3^«: , „ が 5 ぎ ど か < あし あら わかさま Z めん あ を 

食で 御馳走して あける よ。)) ((を いつは 豪氣 だハ 、 、 、o 兎も角も 足 を 洗って …… 若樣、 一寸 御免 遊ば 

せ oj 

よ きち ば s し ,^f.^c あが くち ね わらち た ぴ はだし をつ げた ぃ,^ & 

與吉は 帽子 s 辨當 箱お 上. 口へ 置き、 草鞋^ 足袋 を ぬぎすて、 跣 足に 成て 下駄 を さげながら、 急いて 井 

で い つ ■ 

の 方へ 出て 行た。 

この どき ざ しき あが その ま /'をん き ^ また 5 ら. sij で たちさ は. J ら Kit fa さ 

吾 は此將 まお 座敷へ 上らす、 其 儘 何の 氣 無しに 叉 裏口から 出 やう さして …… 立 止ま 60 柱に 憑れ て 井 



の 方 を ながめた。 

み 3 ち い 3 上 きち あし あら く がた み. あい ほ、 かた もく » かへ 

見れば.;^ 町 は、 今 與吉の 足 を 洗 ひに 來る姿 を 見て、 爱 らしい 頰に片 靨 をよ せながら、 (、もう 歸 つた ノ?》 

けム 》 や もゝ ひきあら < あら 

((今日はち つ と 早 か つた 。ァノ … … 股引 は 洗 つ て cj^ れ たか チ OM ハ ァ、 洗って ちゃ ァ ん とし て ぁゥ ます ヮ 0)), 

あ がた 

((そ S つ は 有 6 難え 一) 

ゐ さ?^ たき も つきげ た L たた つるべ さ * て まち, vltf たら ひ ね 

與吉は 井 II!, 側へ 來て、 持て * た 下^お 下に 置き、 釣瓶の 竿へ 手 を かける 町 は 傍に あって 盥 お押し 

だ もこ からだ そこ く たら ひ を つか 

出して、 少し 鉢 をよ け o(( 其處に 酌む で わ. ます ョ、 斑に!)) ((乙れ は濟ま チ-、 使っても ぃゝ のか 0)) ト云 

あ L あら 

ひながら 與吉 は、 ,v>c く 足 を 冼ひは 卜め 4^0 

をん け ふ きゐら きゃく さま Kl かた かた やしき わかさ t» 

《與吉 ん! K (何、 た ィ?) ) 《今日 來て 居つ しゃる か 客標は 何處の 方? M あの方 か。 われが か 邸の 若樣 さ。》 

は をし ね ほ はたさ 3 わたし さっき おも い , こちら み 

9 、、いつも 話の わる 大帛樣 の …… 妾 も 先刻から さう だら うさ 思った。)) 云 ひながら フ ッ S 此方お 見た 

どき を む さん われ ひどみ あは J» ちわ こ、 ゐ おも きわる かほ 》* つか 

特 。南無 三! 吾^ 晴を 合せた。 か 町 も 吾が 此 度に 居 やう €は 思はなかった から、 極 1?^ 惡さ うに 颜を異 赤 

こ か <• し いま あ L あら て^々 ひ あ.. - かた ._. 

にして 少し そ ひけた —— ^與吉 は 1 向 これ を 知らす、 今 足.^ 洗って しま ひ、 手拭で 足 を ふきな か. ら、 片 . 

あし て まち かた かた ころ がまん 

足つ まだて、 手 をのば して か 町の 肩を^ら へ、 (二寸 肩お かしな!) )(( ァラ あぶない、 轉ぷ ク。) ) (我慢し ね : 

H 、 ちつ さの 間 * た 0;! 

( 其 五 ) 

s'i をみ >i\ 'や 5 や 5 も. 《^ら ゐ sj ばた ,;J ん 4J ゆ こ i ゆ ふやけ を ら もび しんりょく いろ ひ 

植込みの 隅々 漸く 薄閽 くな.^、 井 BSS の 槐 の樹 梢、 夕 映の S に聲 えて、 新 綠の色 まば ゆく、 日 もはや 

玉 I 




^の 蝶 玉 二 ! 

西に 沈み かけた。 

この どき われよ きちつ く 《» のて い ゐ をば. 5 づ み 

此將 まで k;ei は、 與吉が 作. 物の 手入れ. て 居る の を、 傍で 殄 らしもう に がら、 まだ 知らぬ^の や i 

たづ > また つぎ、 f> かた め C せっきく をん こ やし まつ き ゥち ぎ C 

を 尋ねた o。 叉 tt 接 木の 仕方、 さし 芽の 將 節。 魏 k は 何の 肥料が よくて、 核 は 何の 土に 限る ト云 ふとな 

けん a5 おも ^き 5 っゐ £ はん ま, 5 d t きち a* 

^を 硏究 して、 思 はす W を 移して 居た が ((もう 御飯が よ しう 乙^い ます)) ト、 か 町の 報知に 與吉も 木 

さみて や さや 5 ijo ケ さき たつ われ a*. ざ fj きど も 

欽の 手お 休め、 ((左様ならば 何卒!)) ト、 先へ 立て 吾 を 座敷へ 伴な つた。 

(^^ ' ^. み ,, ► せんぶ is ぃビ、 の しも たもき が はちもの こざら ど る 

座敷へ 求て 見れ は、 はや 膽 部の 用意 整; 3 て 霜 はま だ櫸 掛けに なって、 鉢の 物 を 小皿に 取. わけて 居る 

> まち かひ-:,. • だ いさころ 》«> も K はこ る や 5 も Lt われ か $ み 

さ。 か 町 も 甲斐々々 しゃ、 臺 所の 方から 何やら 運んで 居る 樣子 霜 は 吾の 覿を 見る^、 

ヽ、 を. f>、 あ, H くち あ a 5t ん 3- よ 

((さど か 腹が ねす き 遊ばしました で 乙^い まし やう、 さ ァ< ^うど、 .i^ 口に も 合 ひます ま いが、 御 遠慮なく 

め (1 あが くだ ゐをか れ は *S> し たね e つ い ろ/. .-f >ん ば. S. 

召 上って 下さい ましよ、 田舍 料理 もまた か 話の種で 乙 さいます ホ 、 、 ゝ 0)) ((實 に 種々 心配 を かけて、 

f あ をた 

濟 まない チ to)) 《なァ^^^貴君 ::: サ うど これへ, 》 

S ゑん S よ e や 5 ざ ど ほ もこ きち か L ゆね w てぶ あ., 1 せん ちゃわん 

云 はれる まゝ k 遠慮なく、 すっと 上座に 通れ は 其 處には 木地で 中 だけ 朱 玲; にした 蝶 足の 膽に、 茶碗 も 

C ざら を は& もの _^<k あ づき ち あっさ S づら あきくさ まきゑ L るわん はし かみ.; i さ A き わ. K- &e 

小皿 も 尾 張 物の 醜から ぬ をのせ。 小豆 地に 淡泊 6 鶉 秋草の 蒔繪 した 汁 碗に、 箸 は神路 山の 榊、 形の 如 

^.L^^ . ) ち >?^ やく もく たけのこめ. J f に たまこ まき やき ふるかわ 

く 箸 紙に さしてつ けて ある。 さて また 馳走に は、 約束の 筍 飯。 牛の M たのに 玉子の 卷燒 rJ れは 古川 

め. & ぶつ こ ひ み を を ひもの s ば こ、 ろ つく も て をし h れ きら もの W づ きふ!, し 

の 名物 か、 鯉の 味 吸物。 乳母が 心を盡 しての 供應 に、 吾の 嫌 ひな 物 わらう 箬 なく まして や 紛事は あ 

まち 5 ち ゐ し ぅピ どめ まへ きね た はるみ *<b つ わ は te も 

のか 町、 自家に 居て 舅 や 姑 の 前で、 氣を ft きながら 噴べ るのと は、 遙 かに 身に 成て 覺ぇ、 思 はす 1 二 



B い .*<<J かへ つ f 5 , 

杯 過して、 却て 乳母.^ 嬉れ しがら せた。 

.ts- よ 50 れ S まも わ はし t つ ゐ あ ひだ けつ せん むか わ せん ひい つ 53 

霜 も與吉 も禮を 守って か、 吾が 箸 を 持て 居る 間 は、 决 して 膳に 對はす 吾が 膳 を HK てから、 はじめて 次 

ま しょ くじ VJe-A ゝ ちゃ S くわし ど だ (1 ^らく は を. J ゐ 

の 間で 食事に 取掛ウ たが。 やがて 7- れも すみ、 茶 を 入れ かへ、 菓子な.^ 取ゥ 出して、 暫 談話 をして 居 

じつ この どき こ、 ろ S おひ &ろ ね も 5 ば を さ を £も だち X きち ? • ち. ふ 

たが、 實に 此將の 心の中 11 日頃から なつかしく 思った 乳母 や、 稚 友達の 與吉、 をれ にあの か 町 、今日 

He あつ はじ いや おも ゐ まち おも せき ゐ たれ こ、 ろ -s^ > 、 * 

一 初めて 逢て、 をして 一 初めから 嫌なら 卞 思って 居る、 あの.;^ 町 も 同. r 席に 居て、 誰に 心お 懷カ うで はなく 

じつ た .5 まど ひ た ど ^> てん C や 5 もど $ たゝみ 4- へ はん^ ► , 

實に藥 のしい、 嬉れ しい 乙の 圑欒。 縱 令へ 煤けた 夭 井の 下、 破れた 疊の 上で わらう さも, 人間の ィ I デ 

こ , この どき か& せつを 

ゾ は 此處此 …… 悲し や をれ も I 刹那! 

氣が 付いて 見^ば、 日 もた ゥぶ. <=. 暮れて、 七特は 何特の 間に やら 過ぎて 居る。 吾 は 急に 自家の こ^が 氣 

" 、 はや かへ お- P こいへ こ ズチ/ J を I 

. 早く 歸ら ねば. らぬ …… ト思 ひながら も、 何^した こ W か 此の 家が 戀 ひしく、 名殘 6 惜しく 

鬼^が 練な 心が 出て 來 るのお、 漸 やくに して 吾れ さ窘 なめ、 に 心 付いた 風で、 もう 大分 遲く なった か 

か 5 お ひさ ぶ W 

ら歸 へらう。 また その 中 )) 《オヤ、 まァ かよ >C し いぢ や いません か、 久し 振で,.^^ います 力 

ら …… 0} 

X ? せつ A く ^ < だ & あ も ど , 

與吉も 傍から、 ((折角 か 出で 下さ S ましたのに …… ^うど 御 ゆつ く. 遊ばしまして 0)) 止められる ほさな 

ほ 心; く £ て ずるが、 なほ も 心 を鳓 まして、 《 でも 今日はもう 歸 らう、 遲く 4 &る さまた 自家の 方 力 o》 

もこ か を S, 5 ば わむ ねさつ や K し づ て 5 し さや 5 

少し 悲し さう は 云へば、 乳母 も 吾が 胸 を 察して か、 矢張り 沈む だ 調子で ぶ iW 樣 でみ』 さいます 力 …… ム、 

秋の 蝶 • 五三 



ビ おどつ さま こ i-yj で わたく t わけ 

れで tt.Q ま, CV か 止め 中し ません 御 養 ハ乂樣 のか 小言が 出ます やうで は、 妾 、が. &譯 が,^ fl; いません か 

また その ち 5- くだ 

ら :: : 其 中に ^うど;: J 出で 下さいまして!)) 

この こどば き ど き 1*K ゆへ わ f か& むねめ 5 か 一 い はらわた しほ 

此詞 お問いた K に は、 何故か 吾れ は 急 悲しく、 胸 は 妙に むづ痒 ゆくな つて、 云 は》 腸 を 絞られる や 

た ゆ しか かんが み じつ こど ねん ねん わかれ L こど 

うに 覺ぇ 4^0 然し 者 へて 見れば 實に AJ かしな 事で、 これが 二 年 三年の 離別に なるなら 知らぬ 事、 また 

«- s- ど ほかへ どかく ね を ど S き や f f ち こ おも S f こ ひ. 

百 里 さ 二百 里,. J 遠くへ 歸 るなら 免 も 角。 たか > 同じ 東京の 內で、 來 やうと 思へば 明日に も 来られる の 

$ わか にく & ,0 を は * & L «^ ど かく 

に、 をれ が 何 さして をれ ほ^ 別れ 惡く、 名殘 6 惜し いか。 乙れ はは 話さねば ならぬ 次第 も わるが、 鬼 角 

ひさぶ f ば をば きた わ 0000 たお も SJ み i か < .ajs よき S 

は 久し 振.^ で 乳姆の 傍へ 來た爲 め、 吾れ もむ かしのお >っ兒 に 立 房った さ 見える。 不覺. ^!今 は 與吉も 

せひた よ いふ. 9 じつ ざんねん こんにち か 

是非に 及ばぬ さ 云 ふ 風で、 實に殘 <t^l で います けれ^も、 をれ では 今日は.;^ 歸 へし 申し まし やう。 …… 

せひ 5 ち < まへ ひまどき あ, y い ありがた 

また うど 是非 をの 中 ko)) きり^ 來 るよ ::: 4^ 前 も 閑な 膀 i:d は 遊びに か 出で!)) 《へ ィ、 有難う 

f( »* あそ およ クビ くるま まゐ くるま へん の 

S ます。 をれ では 少々 か 待ち 遊ばしまして、 1 寸車を さう 申して 參ゥ ますから 0)) 《車なら をの 邊で乘 る 

あ をた つち くる 3 ひど わる ち きん r よ L くる 3 や を 

からい、 よ o;l (( ィ、 >1 貴君、 辻の 車 は. < が 惡 くって いけません、 直き 近所に 知った 車夫が 居 6 ます か 

げん どこ いつ くるま き れい f く ま 

ら …… 與吉 や、 はやく 源さん 處へ 行て …… 、 車は奇麗^^>のを!)) ((よ >C しい C をれ ぢゃァ 少々. 持ち 

下さい まし!)) • 

い そが は おもて で. S つ あど わたし おから たお あが ねび $ ゐ L6 そば 

與吉は 連 忙しく 表へ 出て 行た をの 後で^ は、 力 4 &げに 立. rl6、 帶 な^しめ 直して 居る^、 霜 は 傍に つ 

そ われ こ ^ も .き ものき や 5 わる つま ひ せ ち を は 

き 添 ひながら、 お 吾お 小 供 わつ かひ。 衣服の 着 樣が惡 いさて、 德を 引いた. 背筋お 直した ゥ、 



せ わ や 5 せっかく h くだ ひどばん.: V ら lO ビ あ も 

世話 を やきながら も、 っぷ やく 樣に、 ((ほん^に 折お;^ 出で 下さいました のに …… 、 1 晚位か 泊ま 遊ば 

よ な き くつ L じ 5 き 

したって 可 さ、 うな もので rOfi; いますが チ.. '0 …… さど 貴君 も 御 窮屈で. U さい まし やう 于 IO 始 ^ 氣が 

ちそ 

ねば か 遊ばして …… o】 

わたし み ,ウへ ね も いた を だ われ ひじ や 5 げき さ. 9 こどば われ むね 

私の 身の上 を 思 ひやって は、 勞 はる やうな、 慰める やうな、 をして 吾お 非常に 激動させる 詞 吾の 胸 は 

を こ 、ろ も せっかく ら 5 ば しん かへ つ 5 ら 

1 層 心細くな ゥて、 折角の 老婆心、 却て 恨めしい どや! 

この どき まち ね もて まで ゐ ば はきもの R- の わらじ - 

此 將.; ^町 は 表の 土間.^ 出て 居た が、 ((ァ ノ .J^m 女さん、 4^ 履物 は? M か はき 物 ::: ォ 、 -;^ 草鞋で,^^ いまし 

3 ァ ,てこ げたよ こ あたら こ Ja げ た だ わらじ 

たチ。 町ち やん、 其處の 下駄箱に 新しい 駒下駄が わった ゥけ、 をれ を 出して.; - くれ! M ィ、 H 草鞋で い、 

ちで ど さ は あ を W くる 3 め わらち みつど も 

よ 自家 を 出る W から 穿 いてた の だから。』 ((をれ でも 貴君、 ^車に 召す の は か 草鞋 ぢゃ見 共. S ぢゃ 1^ ^ 

そ 3 つ よきち あたら きみ わる 

いません か。 麁末. のでよ K: しければ、 與亩 のが rUfi, います、 まだ新しぅ,^J^ いますから、 咏の惡 

いと はわ. ません 。;- 召し 遊ばし まし!) H をれ ヒゃ氣 の 毒 だが 借ゥて 行く £ しゃう 0)) 云 ひながら、 其處へ 

ほ, y ちゃ ほ を を つい だ. S ひく こまげ た たもて は 5 ゆ 5 

を へて くれた、 細い 茶な めしの 鼻緒の 着た、 臺の 低い 駒下駄 を はいて、 表の 方へ 行かう^ する さ、 乳 

ば 5..: ろ ち をた くるま で み 

母 は 後から、 ((貴君 まだ.; ^車が。) )(( ナ 11 j 寸 出て 見る のお 0)) 

い おもて で み あたり だいぶ /-ら ふる か は か はみ づ しろ むか ふが し は くるま て 5 

云; 3 ながら tr^ 外へ 出て 見る さ、 はや 四面 は 大分 閥くな つて、 古川の 川 水 だけ 白く 前 岸 を 走し る 車、 提 

ちん みはけ や をぎ !-£ はん か はき S- ク、 ゆ ふかせ をび ゐ は.. > きわれ 

灯に それさ 見え。 刷毛で か S たやうな 柳 四 五本、 川霧に 包まれ.^ がら •、 夕風に 麾 いて 居る 景色。 吾 はう 

か は きし 、むく あした ど ぉビろ た ほたる • ひき しゃく やみ ぬ 

かく^ 川の 岸まで 進で 來 る^、 足音に 驚 S て か、 フ-ッ さ 立った 榮 一匹、 一尺 ほ^ 閽を 縫って、 また 

秋の 蝶 五 五 



j\ に £1 



秋の 蝶 五六 

■HDRIIIIIIBBIIIBIBEBIIIIiBIIBI^IIIBRBHBII^^I^III^IIIIIIImlRIIIIIIIHIIImilll 

わ め *^ へ あら はらて *n し おもま か あい こも ほたる 

吾が 眼の 前に 現 はれた が、 一寸 拂 つた 手お、 後^cぇぬけた^思ふ間に、 可愛らしい 聲で、 ((ァ ラ螫 が!〕 

うしろ み まち てぬ々 ひ ほたる はら おど いも ひろ 5 

吾 は 後 を ふ. ひいて 見る さ。 町 は 手拭で 榮を拂 ひ 落し、 をれ を 急いで 拾 ひわげ て、 嬉れ しさう-に 眺め 

a 上 こが ま, おが もゐ ほたる みこ S ■ ケ 

て 居る 橫顏、 十 ラ^ 拜 ませた 粹 な瑩。 身お 焦がせ € 云 ふ 謎 か。 

ビ ころ よ きち くるま やど き われ のつ ぶ C.S へ かへ こ、 ろの こ ふるかわ 

處へ 與吉は 車を展 ふて 來た から、 吾 は をれ に乘 て、 さらば! 無事 家へ 歸ゥ はしても、 心 は殘る 古川 

ほ yjs- そのよ ゆめ まち あ を 

の畔 —— 其 夜 夢に か 町 さ 遊んだ。 

(其 六) 

こ ぬか がふ も わ も い や 5 し み 5 へ か 1* み 5 へ われ いま ゐ 

小糠 三 合 持ったら、 忘れても なる. さ 云 ふ 養子の 身の上。 をの つら ひ、 悲しい 身の上に、 吾 は兮 成て 居 

おも こ ひ じつ ふたた や ねん まへ くに もビ かへ われ この や 5 か てい L ゆん くわん 

るので 思へば 戀 しい 實の兩 親。 rJ れも 三年 前に 國 元へ か歸 6 にな. 00 吾 は此 養家へ、 體 のよ ひ 俊寬 

どし こ、 あし ねん ねん あいだ fwN くわん お を せ. sf- ついち v る 

十二の 年から もら はれて、 兹に足 かけ 六 年。 をの 六 年の 問に、 11 習慣 は 恐 しい もの、 性質が 著しく 

か 31 S せん たん &5e や 5 ゐ ぶん わが ま、 われ, き $ かん a んづょ i ビ ころ 

變 つた。 以前 は 短氣 で、 强 情で、 隨分 我儘で わった 吾 か、 氣も 長く、 堪忍 强く、 をして 少 かい 處 によく 

きつ.? 5 かつ か は ま ft ばん e ひか わめ も むかし かわい { わつ き., > や 5 き 5 い 3 かへ つ 

氣が 付く 樣:: : 成た。 をの 代-^ 叉 萬事扣 目に な. < ^過ぎて、 往^の 快活. 氣性 はいつ-の 消お 失せ、 今では 却 

いんじゅん かたむ われ しんぱい くらい や 5 か き よろこ、 ろ ま、 でき こど 

て 因循に 傾き はせ ぬかさ、 吾ながら 心配す る 位。 これ も 養家へ 來 てから、 萬づ 心の 儘に 出来す、 する 事 

こどき が 乙 の L ば f たは e5 ぶん e ぶん こ、 ろ のば でき 

なす 事氣 兼ねば か 何處 さなく 物に 縛られる 樣に覺 えて、 充分 は 自分の 心 を 伸す とが 出來 なかった。 

これ ため けつ くわ 

是 その 爲の 結果で がな 

なわん らい. L. り ど いな ものがた は 5 い » かヌ ぎ かわ々, - い 6 の- 0ど 

一 X 來 養父 は 至って 物堅い 方で、 云 は > むかし 氣質 吾れ を 可愛から ぬ € 云 ふで も なから うが、 物事 



c<« ► もん こわ かた <S50 め これ はん fj &く< ちか を f おか 1. し ^< 

I 口 や 力まし くて、 何 どなく 可 怖い; - 方。 養母 は 之に 反して、 至極 ロ數は 少^い が、 をの ロ齓の 少ない 

> ゾ、 つ 3".s^^*.r,^、.^1、 D さけ こどば ま わた 5 ち は a- 

の 力 潮て 叉簿秦 S 惡 るく。 た.?/ \ 情 らしい 詞を かけられても、 眞 綿の 裡に針 あ. さう k 覺 えて、 る 

れ にも 氣が 許されない。 乙れ き观 めの 程 は、 —— 吾が 此 家へ もら はれた 當座 は、 吾 もま だ 小 供であった 

故 力, 隨分優 さしくして、 可愛がっても 與れ たが。 段 々年を取る つけて、 次第に をの 慈愛の 度が 减る 

、み 1 5 さき.^ ど、 乂さ ど りゃ.^»-;<5 く はも だ ひき 5 つ き せい t^. だいぶ か めした か れい 

ft に 見え。 一昨々 年實 家の 兩 親が、 國 元へ 引 移って から は、 氣の 作用 か樣 子が 大分 變は. 00 眼下の 家令 • 

^;>^:» は,, めつ かもの . われ や M- し あ を $J こ、 ろ.: J しょち たび メ\ こど たもし ろ 

家扶 果て は 召し 遣 ひの 者まで が、 吾 を 養子 ど 侮って か、 心得ぬ 處 置ぶ. も 度 々o —— 殊に 面白から ぬ 

) しわ . . ► や-みは わ, みらい つま ねん せん K いさま 《 われ ズ <b じ こ、 

は あの 势枝 までが、 —— 乃ち 吾が 未来の 妻、 —— 三 四 年 前まで は、 兄樣々 々^よく 1$C に 馴染み、 をの 心 

ろ.^ ^いへ ひ ; y ろ かゆ わ を われ いぶん ふ びん ゐ よし わ き い 

枬の可 a さに は 日頃の 悲し さも 忘れる ので、 吾も隨 分と 不憫が つて 居た あの 芳枝 までが、 何が 氣に入 

1 : r^^u 、 5 ど そ ぶり もこ み この あいお を こ わち SlJ f 5 ど 

ら S 力 此 頃で はッゾ 亡す まして、 打ち解けた 素 振 少しも 見せす。 此間も 吾が 少し 落度. があって、 養父 

しか ゐ どころ * 上し わ がく か 5 かへ き わた いひ わけ ,L,C ば. S かま 

は 叱られて 居た 處へ、 芳 枝が 學 校から 歸 つて 來 たが、 吾が 爲 めに 辨護^ rJK? か、 心配ら しい 紙 もして 

く. * 一 • つ た ゾ., 一 ゐ よこが は み たく ゐま. & ま こどね 

s-n^oro 只 垂れて 居る 橫顏 を、 ザ は リさ 見た ばか. で、 直ぐに 奥の 居間へ 行った が。 間もなく 琴の 音が 

ゆ, ^-^ L $ —どき f> 乂 つら K< か f あ W さま この ねん このかた やう か 

聲 乙,^ た R な 仕 末。 わの » は 心から 面憎かった。 —! 期樣な 有様で、 此 一 二 年 以来 は、 何 さなく 養家が 

たもし ろ _ にしき しどね WW- むしろ きゐね. 》 どころ (J せんき む あめ ふ 

面白 力ら す。 錦の 褥も 針の 筵、 氣まづ くも 居づ らく も 思ふ處 から、 自然 氣、 が 結す ぼれ て。 雨の シ ョボ降 

ゆ ふゆた * r- ど v-x-ft^J だ ひどし そで しほ よは ほど、 ゲを めさ み 5 へ かんが だ 

る 夕方、 實 家の 事 居ひ 出して は、 人知れ す 袖お 絞. 00 夜半の K 鳥に 眼が 冴へ て、 フ ト 身の上 を考へ 出し、 

ヘメれ し よぎ わり K がた いつ s きょ あじき V ん わがみ め、 をつ 

吾 知ら 卞 夜着の 襟に、 齒形 をつ ける とも あ. 00 寧 を 浮 ffi の咏氣 なきお 感じて、 吾 身ながら 女々 しく 成た 

秋の 蝶 . 玉 七 



m 


ん 

V\H ゆ 


1 こ 


"て ヽミ 
/し、 、 

嬉? 


て 


の 


さ 


家ミ m 


さ 


か 




今け 


場 口 


r ベ 


幹よ 




M 


て 


力 > 


の 

V ノ 


し 


町 S 


に 


g ふ 


へ H- 


古 
> 


のつ 


々ね 
iC** ん 


れ 

1 レ 


な 

か 


の 




好 も 


祭い 

カゝへ 


く 

、 


力 > 


瞎は 


iff* も 

y しの 


^ "^さ 




, 口 ふ 

✓TV ん 




し 
レ 


ん 

/ レ 


マ 1 ど 


の 


さ 


\ に 


な 


可 か 


れ 

つ レ 


頃歲 


出 ど- 力 > 




な 

か 


い 


ほ、 
^1 


力 > 


翌? に 


^ゐ 


く 

、 


碌な 


る 


ら ら 
れ 夭 ま 
ぬ 氣 S 






い 


力 > 




a ^ 
P ひ 


"ま 


マ 




く 
ヽ 


樣? 

L^C つ 


何ビ' 

1 り 


sa、 







ら 

ソ 


ら 

ソ 


腦ま 




/ し 


フ 


ノヽ 、* 





に 

V 、 


の 


甚く 
口 








廿 


に 


J や 







"J し 




か 


ま t 


ゆ が 




1 こ 


の 


は 


や 


殘? 


)y- ビ- 




A 
ソ 


视ば 


れ 

つ レ 


ほ' 


樣? 


ゑ 惡き 


で 


先艾 

ノレ/ L 


位え 

凰 ら 









ノ" J つ 






の 


さ、 




の 


、 < 


し 




だる 

/ レ 


は 






購 (ヌ 




パヽこ 


側き 


比き 


た 

/ レ 


S| ま 


生 、 


な 


it こ 


ぉゝ 


3i わ 
1-1 れ 


し 

レ 


^ 


び 

口 




伊ぎ 
1 曰 5 


か 


き/ ュ 


ぉゝ 


合き 


徒ヒ' 折? 


力 > 


さ 


ら 


fj ゝ 


て 


井ゐ 

ノ 1 


や 




)e 

C 


Y 


ベ 




せ 

し 


tt 々く 


ノ 


れ 


他 S 


ら 




^ビ - 


あ 




ni^ よ 


< 
ヽ 


て 





力 i 


皆 g 雨 J 


力 





の 


好^ 

》J の 




側 


ノ 




ば 




は 


ム 




騰 





易 や 


惠ら 


ん 

/ レ 


一 


で、 


わ 




4 レ 


) 




れ 
n レ 


I^VI ん 




さ 


は 


で、 


向? 




故' i 




て 
、 


( 




お ゝ 


の 






し 


お 

ジ C 


田た 


tfr わ 

ゼ 


町? 

つ ち 






V 




父 ど 


リ 


氣き 


殘? の 






し 

レ 




れ 

n レ 


孓 


f=t 




杏 




が 




な 


で 








出 だ 


ソ 


話£ 


H- 
m つ 






親 ど 




云い 


し 

レ 


て 、 




取^ 


^み 


し 

レ 


れ 


い 




5^ ら 


の 


す 

ク 


L 


に 


、 + 




も 


1 こ 




す 
メ 


し 

レ 


の も 

V ノ 




きく 




キ、 


すレ 


思 も ~^ - 






染し 


诤 











な 
'あ 


が 


( 


の 




a 特 e 




甲^ 


A 

<^ ハ 


V メ 


て 


•=5^ ど 


PrS か 
1B】 ん 




あ 


い 


リ . 


は 


t- 






常ん 


古 
メ 


お 

M ノ 


レ 




t 匚 




ひヽ 


\ 


怖 わ 






く % 




に 





力 


て 


、 


卞 し 




浏け 

fH: や 


で 


く 

、 


思ち 


づ 


に 一 




似に 


m< 

^■Iv わ 


A 

ソ 


そ 


^ U 


)yc く 




} 






ね 


群お »e 




卞 


ふ 


ま 1 5 
すし 


の 


母ば 


1 

し 




や 


{ 


寒 や 
<^ う 

Ty- め 


出 だ 


て 


を ま 




誤 5 


の 


-Hfc ぶ 




に 


レ 




1 に 




し 




な で 




寫? 


P 日お 


の 




mi 






居 




が 




思? 


し の 






%^ 


^い 

■ ^、へ 


出 だ 


めさ 

V ノ 


瑩ゲ 




力 
/こ 


o 


い 


檨? 


ひ 


° 體ま 




ら 

リ 


矿 
きつ 

あぼ 


に 


レ 


ら 

つ 


校ず 

へ 






J? お 

力' 




に 




今け 操 言 
日 ふ ^ 




け 

リ 


游乏 


-r 


れ 

1 レ 






mi 

1>K ミ 


) 


霜 も L 


け 






に 

k 、 


ん 
/ レ 


居ゐ 


れ 

/ に 


出で 




、 


に 


{ 


が 


ぬ 


の 臨え 






な 


で 


る 




て 




わ 


ズぃ 


親ム 


戀& 偸'? 


譯? 特 e 




し 


い 


居ゐ 


間き 




行 ゆ 




け 


は 


まし 


し 


快 S 


讀? 休意 




そ 


失き 


る 


はだ 


さ、 


き 






れ 


れ 


< 




の み 




れ 


策 f 


檨? 






は 








す 




得 わ 


復ナ に 
習き 成 1 




t 


ば 


な 


誠き 


幾? 


し 










與ょ 
士 き 

a ち 

が 

な 



力 > 

し 

< 






又き 


力 > 


氣き 


にど 


度 ど- 


た 




k 


ん 




曰き 


k ft 




口く 


b 


は 


mi 








古? 


な 




頃ろ 


し 




惜ゃ 





な 


し 


な 


の 




ま 


居ゐ 




の 


义 お あ 




し 


tgj- わ 
阵け 





< 


< 






の, 





ま 


屈 ふ 


居る 間き 








て 




田 た 

jCV も 







乳. 


ら 


る 


托? 


る はだ 






な 






出? ど 


ま 






IP 


で 




m 運え 








更意 


に 


し 


お 




の 


m 







き, つ K ちわ * 'び ゆ い 3 ; 3 つ しん い... 'せ," ゐ 5 んだ 5 か あるひ よ せ 

强家も われば、 次ぎの 日曜日の ボ I- ト行 きを、 今から 熱心に 遊説して 居る 運 勵家も あ 威 は 寄席から 

??, fl ば じゃれ 5- あ t ど ゐ こくけ いか また あや ざっし まへ あけ あいて あは ふい 

受賣の 駄洒落に、 一人で 頤を 解いて 居る 滑稽 家。 叉 は 怪しげ. 雜 誌お 前に 開て、 相手 もない に 泡 を 吹て 

& ぎ ろん £0, > ^"ん けいこ もの も W は ♦ ^し 力 まね もの け. ちゃ 5 せん 

居る 議論 家。 立て 演説の 稽古 をす る 者 も われば、 坐って 落語家の 具 似 をす る 者 も あみ。 敎塲 はまる で錢 

&ど r-,i さ a を か われ た w は 5 こし ほ、 づも 

!! の 如く、 只 ガヤく さ騷 がしい 中 は、 吾 は 只 一人、 隅の 方の ベ y チに 腰かけ、 テ f ブル 類 杖つ いて、 

f ん, ひつ ちゃ 5 力ん へ し を!: i い たづら がき 3 た きの ふ こど たも だ ひど たのし ゐ 、 

^筆で 帳面の 表紙に、 何 さもつ かぬ 徒 書 しな、 がら、 叉 も 昨日の 事 を 思 ひ 出して、 獨. <y 樂んで 居た が。 

,> る せ £ 'ねん さつ *?. せつ ほん くち ゑ かんしん み ゐ 

フ ト 見れば、 隣. の ベ ゾ 十 i:i 坐って 居る 少年が、 一 册の小 說本を あけて、 をの 口 書お 感心して 見て 居る 

わ.;; ん き こ よ Lao し か くお も ゐを かむ やめ こ、 ろまム ^こ きの ふ 

から、 吾 も 何の 氣 なしにの どき 込む さ。 芳 年の 畫 S た 口 書の 田舎娘、 i 心の 迷 ひか、 何處 やら 昨日の 

まちに かわい で きゐ よね ST が & , いき-ザ w ね ははた 

.1^ 町に 似て、 いかにも 可爱 らしく 出來て 居る ので、 ほ も餘念 . ^く 眺めて 居る と。 突然 ((ミツせ K 大畠 

しゃ うざ つ お ほで き 

の 肯像 0)) (へ Z れは大 出來く 0)) 

ね ろ ね を f よし もど い ゑ じ まん わがく まんてん ど せう ねん ぬ W い はく ほく 

驚いて ふりむく さ、 同じ 級で 吉元さ 云 ふ、 騫が 自慢で、 いつも 書學 では 滿點 取る 少年が、 黑 板に 白墨で、 

ゃゐ ぶん ュ, ^ハ か せ is:- よ はんしん ざ 5 かみ そくはつ みお ゆき むね み さへ や ろじ た ほ はた か 

隨分 念入れて 書いた 少女の 半身像。 髮 を柬髮 にして、 道行 を 胸まで 見せ、 上に 洋 字で ミ ッせ ズ大 畠 S 書 

.S たづら み や K せ 5 せつ くお, *J み ゐ 

いて ある。 私 はいつ もの 惡 戯^、 をの ま、 見む きもし な S で、 矢張ゥ 小説の 口 書 を 見て 居る^。 一人の 

ねん お 5 ほた *^ も ^ 

少年が、 ((大 畠、 をん な k 濟ま さなく つても ぃゝぢ やない か!)) ((な.^ も濟 まし はしない サ 0M 濟まさ i& い 

ならわれ を 見た まへ ナ!) ) , 

り たま はた ふだん み かみ およ T け ふちよ <- 

また 1 人が 《ナ 11、 大白 &«年 生 見て るから、 なにも 畫は 書い.^ の を 見る も 及 はん サ。 ::: 僕 は 今日 丁 



^ あかさ かみ つけ も じつ こ VJ ほ i ほ 5j k い 5 めい 

度赤阪 見附で 逢った が、 實に 此の 通ゥ。 乙れ は餘 程よ く 似て るよ。)) する さまた 一 人が 、((乙れ かィ、 有名 

おは はた くん ワイフ をる はさび じん 、つち び じん まつ じつ お ほ はた 5 らゃ 

な大^^君の妻は。 :••: 成程 美人お。 家に こんな 美人が 待てる の だから、 實に大 畠 は羡 ましい ナ 0)) 

よし もど われ よ た ほほた わる 50 こ ほいく たきい 

吉 元は wg, 一 呼ん で 、 ((大 畠、 惡ぃ處 がわるな ら 直す か ら云 ク て ?^-れたま へ - …… さて も 御 氣には 入 る ま 

いけ^- * ち)) 

A-^ つぶめ さへ づ われ S- や s けん 5 

耳うる さい 燕の いづれ も 吾 をな ぶる 了簡。 なぶらば な.^ れ、 な,^ られ. がら キ. -嬉れ しかった は、 

むかし こど い ま かへ かれこれい そ. つかれ いど これ たも ねん いま たも 

もう 往特の 事 今 はなん さもな く、 却って 彼是 云 はれる だけ、 一 層彼を厭ひ是を思ふの<^^んまし0 今 は 思 

上しね かほ もの も か われ よし y ビ はがゆ .CIr せん まち くさ ゑ だ 

はぬ 芳 枝の 顏を、 物々 しく 書に 書いて、 晋 を^ぶ る吉 元が 齒 痒く、 偶然ながら も 4. "町 をば、 ロ霤に 出し 

よし ビし ^-のも み 5 よし もど は 5- あ ひ ぬ しぶ/、 ゑ 

た劳 年が 赖 しく。 ぢっ £ をれば か. 見て 居た から、 吉元. 張 合が 拔け たかして、 ^ 々をの 盡を ふきけし 

たも ら これつ お, ゥ ら いや たも よし.?;; たち ま け た こ ひ まち を ほめ まへ 

た。 思へば 嬉れし S 是:: y 占、 嫌お^ 思 ふ芳枝 は、 忽ち i:^ かき 消されて、 只戀 しい 4- 町ば か 6、 猶 眼の 前 

ビ 、い る かって りくつ 5 さど あど おも ばかき こ ひ 

. ^止まって 居る ト、 勝手 》理3 ^をつ けて 嬉れ しがつ-たが。 悟った 後で rJ れを 思へば、 馬鹿げ 切つ だ戀の 

よく こ ひ さ 

欲。 戀 はなる ほ^ 愚痴な もの 

(其 七) , . 

こ ひ そら ふ かせ こ たこつ $j こむ か いつ ダ ザん 5」 き いか しさい たき ' 

戀 tts 吹く 風、 何處 から 起て 何 處へ向 ふの やら、 何日 何膀、 如何なる ff 細あって 起る やら わからぬ。 さ 

ひど した い こど ひど あい い こ 5J これ *a? せした をせ あい. い どひ だ そ も, V 

れば人 を戀 ふさ 云 ふ 事、 人 を 愛する^ 云 ふ 事、 是に 何敌戀 ふか、 ii: 故 愛する か ト云ふ 問 を 出す の は、 抑 

々 きょく や ほ い た こ ひし さけし かわら さか づき しか ,マ 二 お < 'せん こ ひ、 その や $ & くつ 

も 愚の 極 野暮の 至ゥ、 戀 知らす の 情 知らす、 瓦の 盃 にして 而も 底の ない ゥヒ 陬然。 戀が 其樣な 理屈 づめ 



仕? 煩!^ 智ち ° 



の ものなら ば、 M が に蹈迷 はう ど。 誰も 蹈迷 はぬ ものなら ば、 何處に 白面い 味が わらう ど。 藝喰ふ 

JL こど. C. ざ .H ら vf さ- ら 3 で を t f 、r め きょ 上ろ こ われ また たも をん かズ ざ、 *V 

の 謬 嘘 をつ かす、 太郞, が 櫻の^ 手 を 好けば、 次郞は 梅の 淸 ぃを悅 び、 吾に 叉 さ 無く 思 はれる 女、 必 

t かひい ち び じん てんか ぶ f び じん もの わ s- ひど L5f-A た ふ りくつ ゆ > I i や 2 'に 

しも 世界 一 の 美人で なく、 夭 下 無雙の 美人 も、 其 割に 人が 熱心せ ぬ は、 同ヒ 理屈で 行かぬ 一 ッ の設據 

じゥ こ ひ ヂん めう こ ひ ふ し ざ たび こ $ f であ ^さ み、 にぶ め く. f » 

實に戀 ほ ^を 妙に、 戀 ほ.^ 不測な もの はわるまい。 一度 此の 魔風に 出逢 ふ畴 は、 耳: ゥ眼は 曇ゥ 

S も 愚痴に なって、 ぎち 闇路に 蹈み迷 ひ。 身 tts 口が 物にして、 吾が 物で なく、 所謂る 戀の 奴.,.^ なゥ、 

ザ 、 フ でめ 5 ュ をし ゆん を 5 ため い のち ぉビ ほか よ 5 つか りつば 、 

i の カ自, i ^なって、 戀の爲 に as も惜 ます、 煩 腿の 爲に命 を 縮め。 他の 用に 使 ふた 4^ ら、 立派に 一 

ず る^^ を、 かかい もない 事に 心勞 して、 赖 まれ もせぬ に喂ど 凹ませ、 颠の 肉まで 落して 騷ぐ さ、 

こ ひ ,,, &チ きっ^つ み た ん み をつ み If^rQ ぶん &っ ども 5-- ころ 

戀 のない in から は、 替家が 狐に 憑かれた やうに 見え やう けれ 當 A の 身に も 成て 見よ。 隨分 道理な 處 

ひどし s-s たもし ろみ 3 ん ざら お そ もも ね ほ 《- や 《- けんちが ひ r ク あ :,- ま 

も わって、 人知れぬ 中 k 面白 咏の ある もの。 万 更の醉 狂 さ 思 ふ は、 抑 も 大きな 了 見 違で、 决 して 頭 か 

ら けなしつ ける.^ のでない 

されば 吾 も、 木 や 石で 無い 身の、 4- どく も 此の 魔風に 捲き こまれてから は、 わの か 町が 戀 しくて、 なつ 

ん あい かご どきり む をぐ る た、 いわけ こ ひ やっこ ズォ 

かしくて、 可愛らしくて * い <kJ しくて 片將 忘れられぬ 胸苦し さ、 只譯 もな く戀の 奴.^」 成.^ 果てた 

こ- ビき ;!, -L な - 2 ち かみ"^ われ どひ か たら こだへ くるし フ 

もし 此將に 誰か >、 何故 わの.:^ 町が 可爱 くて ならぬ かト、 吾に 問 掛けたなら、 恐らく 答に 苦む だら ラ。 

じつ £cf7 7 L まち ど 二 か ふかた も こん たい *&/ L I 

實の處 吾 すら、 町の 何處 がよう て、 斯う 深く 思 ひ 込 だか わから 卞。 只 何 さなく …… 云 ふ は 云 はれぬ 

どころ < 'あい つ. <3 fj $ じつ い は. つ fj だい > f> か 、 k 

,處 に、 ふに 云 はれぬ 愛らし さが わって、 遂に か、 る 仕 末、 實に云 ふ も耻 かしい 次第お 然しながら 



い まわれ きょしんへ S き をつ かんが み そのげ んゐん もど あ > ^が むつ こど こ、 ろ あ み 

今 }$! が盧 心平氣 に 成て 考えて 見れば、 其 元 因 を.^ める も、 强ち六 かしい 事で はなく、 試みに 舉げて 見れ 

5 ば は& S ち s- れさ た ほい かん tj や 5 f & こど まち 上 《 'ば. f かね 

ば、 まづ 一 ッ はは 乳母が 話した か 町の 履 歷が、 大に 吾が 威 情 を 動かした 事。 一 1 ッに はか 町の 容貌が、 兼 

わ い f わが ゐ s- そうび じん f を ふ が 5 こど だい わ よ.? & おもしろ おも 

て 吾が 意中に 描いて 居た 理想の 美人に、, 少 から 卞 符合した 事 さ、 第三に、 吾が 養家お 面白から す 思 ひ、 

あ よし. £i かんけい おか &ろふ ゆく わい 55> つ き はんさ 5 こ もの こ はん-: s-i> た ほい こ こ ひ 

彼の 芳 枝^の 關 係が、 近頃 不愉快に 成て 求た からの 反動で。 此の 第三の 者が、 此の 反動が 大に 此の 戀を 

f> や 5 れい おも げん ゐん をつ いま たも あ その どき わ しんち 5 

獎勵 し、 ま づは曾 なる 元 因 さ 成たら しい。 ト、 今 rJ を 思; 5 合 はす もの、、 其特の 吾が 心中、 なかく を 

んな餘 称はなかった。 . . 

あた あた おも こ、 ろ は こどた もつ. & せめ $J め がく か 5 かへ 《< みち たち 上つ 

逢 ひ 度い、 逢い 度い さ 思 ふ 心から、 果て はよ からぬ 事.^ 思 ひ 付た。 二度目 三度 目は學 校の 歸途に 立 寄 

あそ ゐ かへ W- た, y っゐ ど こ 5> どよ だ し 

て 遊ぶ やうに して 居た が、 をれ では 歸 宅が 遲 く^り、 遂に は 養父の 小言 を 呼び出さう も 知れす。 さラ 

い にち よ s び か あ ひだ ま S かれこれ あん ミ こ >J ちん だ がく か 5 

かと 云って 日曜日ば か, では、 六日の 間が 待ち 遠い ト、 彼是 案 卜た 末、 よからぬ 事 を 案 t 出し、 學校を 

さ だ tj かん R やかへ V き がく か 5 で 5 ば. S へ ひねく べんた $ 

定めの 膀 間よ. 早く 歸ゥ、 また 賠^して は-初めから 學 校へ 出す、 をの ま、 乳母の 家に 日 を 送り、 辨當 も 

5 * いへ かへ こど たび, お ほかた 5^ ちた ふっか ね がく かう や を いつは うば いへ あそく 

乳母の 家で つか ふて 歸る事 も 度 大方 一 日 置き か 1 1 日 置きに、 學核を 休み 亡僞 つて 乳母の 家に 遊び暮 

こど はんつき 5 ば 1^>ん い ゆ たび £ど ミ かほ かれこれ 

らす事 や、 半月ば か 00 をれ でも 乳母 は 何^も 云 はす、 行く 度每 は嬉れ しさうな 顔して 彼是 もてなし、 

ま まち < 'ビ き あいて あそ たもし ろ どころ われ み &どを まけ もの た J" 

叉 か 町 さも 打ち解けて 來て、 相手 して 遊ぶ、 が 何よ 面白い 處 から、 吾 も 見事 懶怠者 さな ゥて 只、 ノラ 

ひ く がく か 5 せいせきし だい わる をつ ゆ こ S.J 、ろ か あど た、 5 わ も ば 

ク ラさ日 を 暮らし 學 校の 成績 次第に 惡く 成て 行く の も、 1 向 心に 掛けす、 後の 祟. も 打ち 忘れて、 馬 

か た ほば か もの をつ 

鹿 も 馬鹿 も大 馬鹿者に 成て しまった。 



. K ち し ぬ け ふゆ 5 ち がく か 5 ゆ ふ 《- ほんつ、 た S 

二三 日足 を拔 いたので、 今日は 行きたくて たまらす 自家 は學 校へ 行く 振で、 本 S み をかゝ へて 立ち 出 

ど f よ 乙み ち き f (るか た こを?=^ み 5 いへ 

で、途中から橫路へ^vれて、 うかくう かれて 來た 古川端 二 丁ば か. 此方から、 はや 見える 乳母の 家 

れい か こし^1かしゃ5じ み こ、 ろ 5 れ ある ゆ げん さき L かく ふろ 

例の 「だん r^JJS 書いた 腰高障子、 見る から 心 嬉しく、 イソく^ 步 行いて 行く 二三 間 先へ、 四角. 風呂 

しきつ ゝみ みぎて びをゝ ゆ をん, * こ き つ まさ i われ あし あ. L はし 

敷 S を 右の 手に さげ、 首 を 斜めにして 行く 女の子。 氣が 付けば 正しく か 町 だ。 吾 は 二足 三 足 走 ウ^が 

ら、 《オイ、 何處へ 行た ノ?》 

い <s ちた まふ L ん 5 しろ ふ S> かへ われみ. &を じぎ 、、はや 、 

云 はれて 4^ 町 は 立ち 止ゥ、 不審 さう に 後 を 振 返った が、 吾 を 見て 急いで 辭義 をし ((か 早う rll さいます 0)) 

い わら あい われ そ?. * はしょ まへ.:; J こ いつ つか ひ 

云; 5.*^ が らも 11 コ く^ 笑 ふ 愛らし さ。 吾 はやが て 側へ 走. り 寄. o、 《お前 何處 へ 行た ノ、 か 使 かィ? )) (( お 

い ひなら ^ァ& け ふよき ち よ きち 

ィ、 飯 倉まで。)) ((さう かィ …… 婆や は 居る か。】 《ハイ …; 今日は 與吉 さん も ::: J ((ナ 1】 與吉も 居る? 

し など きの ふ けが け き &く 

仕事 はや すんだ ノ?) ) 《ァノ 昨日から …… 怪我 をした もんです から 0)) ((怪我 を …… をれ は 氣の毒 

だ予。 何處を …… )) ((ァ ノ 足の裏お …… 踏み 拔 したので ru^ います 0)) 《をれ tt 可哀 さう に …… 臥て るか 

たね ゐ まへ さ を y 

ィ?) )(( 起きた.^ 臥た. して 居ます 0)) 《さう か ::: 前 その 下げて る もの 何? M これで,^ います か …… 

くわし みせ 6 くわし はこ はいつ ゐ た、 いい まど ひや どつ まゐ 

棄子で さいます o》 ((店で 賣る 菓子 かィ 箱に 這 入て 居る チ o))(( ハ ィ 只今 問屋から 取て 參ゥ たのです 0)) 

f もつ こど. S か この ほん 503- 

((重から う、 持て わげ やう o】 ((ナ 11 よ しう.^^ います。)) 《をん な 事 云 はすに か 貸しよ、 此本さ 取 かへ て 

持た う。)) ((でも …… 》 

ち S. ちょ ゐ われむ り ほんつ、 み ど その はこ み おもつ ね も われ もつ 

まだ 躊躇して 居る の A -、 吾 は 無理に 本 包お 取 6 かへ、 其 箱 を さげて 見る さ、 思た よ. は 重く、 吾が 持て 

秋の 蝶 さ 二 



ちき もた. は こむ をめ み いひ ぐら き 

さへ 直に 肩が 張. さう., a, を、 まだ 十三 四の 小娘の 身で、 よく 飯 倉 わた-^ からさげ て來 たもの ト、 V れが 

叉いた はしく. つた 

その 5 ち はし そば く 3 ち また われ ほんつ、 み か わたくし もつ まひ 

其內に 三の 橘の 側まで 來る さ、 か 町 は 叉 吾の 本 包 を 返へ しかけて、 ((ァ ノ、 もう 妾が 持て 參, まし やう 0)) 

うばいへ,、 ちか をつ 5 ば み どき われ この K こ t ゐ あい ,4. 

乙れ は 乳母の 家が 近く 成た から、 もし 乳母 にても 見られた 特、 吾に 此箱を 持た して 居て は、 相濟 まぬ さ 

f け ねん われ さど も を ほ ま、 はこ わた ほんつ、 み ビっ ゆ はし t-sp ど フぉ. ま 5 

思 ふ S 念。 吾 も をれ^ 悟った から、 素直に をの 儘 箱 を 渡し、 本 包お 取て 行き かける 橋の 换 に;; y 待の 

くるま ひき きゃく を たいくつ ひどば か &き きみ あいの W ゆ 

車夫、 客の 無い 退 3g まぎれ か、 人 を 馬鹿にした 語氣 で、 ((君、 合乘 行き やす か 0)) 

しっけ. & しゃふ いや くるまや 

失敬な 車夫! 嫌な 車夫 だよ! 

( 其 八 ) 

• ちゃみせ まへ ちか き ん *4- き どが まち fl よ 3 い ^< まち ^ き 

やがて 茶店の 前 近く 來 たが、 さて 何^無く 氣が尤 めて、 ^Jro と 一所 は 這 入 < ^惡ぃ から、 か 町に 云 ひ 間 

さき かへ われ あしたく は い 

かせて 先へ 歸ら せ、 吾 は 一足 後れて 這 入 ゥた。 

いべ -み. - * ^ t お f ^ ら を た&て は 5 しや 5 ぎ きゃく こし か ゐ や i 

這スて 見る^、 霜 は 土間に 下. て 何やら 働いて 居. 00 表の 方の 床几に は、 はや 客が ® 掛けて 居 る^子 k、 

力 ;&ふ 乙 やま き さく あいさつ おく どま この 、じろ わ.,^ -c^>.{< 

稼業の 邪魔す るの も 氣の毒 <kj、 援挨も そこくに ズッ^ 奥へ 通った。 rJ れも此 頃 は 吾、 が 度々 东 るので、 

"も は め ころ おんち 上 5 い しんる ゐ つきみ ひ をつ 

霜 も當 i 初の 頃 ほ^ 珍重から す、 云 は > 親類 交際 は 成た からで 

•、 た. x> ま み よきち ひどへ もの 5 へ あや はんてん ひき か は 5 たい みぎ あし 

ッカく さ 奥の間へ 來て 見る^、 與 吉は單 物の 上に 怪しげな 半 夭 を 引 掛け、 綳帶 をした 右の 足を投 出し 

. 、、; \ ぬ "が H 、 いま ほんさい る • われ をが た み い もる を まひ は て 

な 力ら 椽 ft で 今 盆栽 を いぢって 居た が。 吾の 姿 を 見る さ 急いで 居住 を 直し、 手 を ふきな, がら、 



I い ひ *- ま き せ s: だってち f たび < い 

((オヤ. Q か樣で rUfU います か、 よく.; - 出で くださ いました。】 ((また 邪魔に 來 たよ 0)) ((先達 中から 度々 か 出 

くだ , 》1 こどで を どき 2 へけ が 

で 下さい まし.;^ さう で ru^s ますが, いつも 仕事に 出て 居. まして …… 、》 《特に,;^ 前 怪我 をした つ てチ、 

たい こど を あ S がた たい & ざ L £ど で 

, ^うだい 大した 事 は 無い か ィ?) ) ((有難う ru.tT; います、 十 11 大したと は 御座いません が、 仕事に 出られ 

こ S い. L やみ : * ち をが さかに た ビ <is 

ませんで oj ((をれ はさ ど 困る • たらう。 醫 者に 見て もらつ た か ィ?》 で ィ直 きァノ 長阪下 k 土 倉樣^ か 

み い た ^1 いた *k を はや を ほ こ 3 

つし やる のが …… をれ に 見て 頂きました。. A 藥も 頂いて 居 6 ます。》 《さう かィ …… 速く 癒らない^ 困る 

は をし & どころ まちち や. S もつ き 上 きち $ むか まァ ? .i.s' ビっ 

ね fo)) ト、 話 をして 居る 處へ、 4:^ 町 は 茶お 入れて 持て 來 た。 與吉 は; -ro に ひ、 ((町ち やん、 か藥は ® 

て來 たか ィ? )) ((頂 い て來 ましたよ、 今朝 はまお 洗 はな い でし やう? )) ((まだ サ 手が 隙い て るなら ちょ つ く 

<| もつ き そっち ゆ & めんか 5 ふ 

ら やって もら はう か チ!) )(( をれ おや.:^ 藥 お持て 來ま しゃう か。)) ((ナ 11 其處へ 行く からい、、 一寸 御免被 

わかさまし つれい かま わたし あら い た 

つて …… 若樣失 鱧で な fUS ますが 0)) 《搆は すか や. …… 私が 洗って やらう か 0)) ((< ^う 致しまして、 

あし まが て あら *iJ ゐ ぶんらんば 5 る 

足が 曲って しま ひます 0)) ((もんな 手荒な ij はしゃ しないよ、 ァ ハ、、 、 、0)) ((隨 分亂 暴で 居らつ した か 

ら…… )) 

ちゃ S だん い 上 きち そば はしら ちから たちあが 2 ち かひ.? 》 41- ぶん かた < ;, た 

5 &戯を 云 ひながら、 與吉は 側に わる 柱お 力に. 上る さ、 町 は 甲斐々々 しく 自分の 肩に すがらせ、 勞は 

しづ つ ざ 3 つ ゆ あど われ をる き や 5 つ S ク 

.< ^ながら 靜 かに 次の 問へ 連れて行く。 をの 後から 吾 も、 醉&に 付いて行った。 

つ is t* わんが は よ ち ざし まち き? あら だ.? a- もろ きち ,て ょフ た *i 

. ^の 問の 椽 端に 與 吉はド ツカ^ 坐お 占めた。 4^ 町 は ¥S を 洗 ふ 道具 をれ./ \ 揃へ、 與. 口の 側へ 寄て、 

つ 力 てつ ほうたい ビ こ ほ-; >\ きづ ち めん ざんし son- の しづ せき だんさん あら は 4J i きち a 

束ない 手付きで まづ a 帶を 解き、 恐々 瘡 口の 綿 撒 糸. 除け、 靜 かに 石炭酸で 洗; 3, 初める 與吉 は^ 



からだ も いた S がまん かほ t ぶん 3 ゆ ひそ 

*>,^くひしばゥ、 砵 お反らして …… でも 痛い さも 云 はす、 ぢ ク さ 我慢す る顏 を、 自分 も 眉お 顰めて、 y 

まち した みあ , 、、いた $ いた いた 

町 は 下から 見上げな?" ら、 《痛い ノ ? ュ、 ュ、 ?、) ) ((否、 痛 かね!..… •)) ((,たりて …… 痛 さう だもの… 

はじいた け ふ S み f も *> つ 

…。;》 ((- 初めはち つ さ 痛い け も …… なに これし きの …… 0)) ((今日はで も 膿汁が よっぽ^ 少く 成た。 …… 

ちクビ が <» ん 

もう 少 許の 我慢よ。 j) 

ズオ. 5- さ まち い た f や あら や だれ をし 

慰め.^ がら も か 町 は、 與吉の 痛 さ を 思 ひ 遣って か、 よい ほ. $i にして 洗 ふの を 止め。 誰に 敎 へられた か、, 

I i て, あ * あた たい し あんばい こ"」 も ゆ ど t- 6 かん しん 

形の 如く 手當て をな し、 新ら しくき 帶を仕 かへ る 鹽梅。 小 供ながら も 行き 屆 いて 居る に、 吾は烕 心して、 

この ど き や <. や こど * 5 ァ $ (& r しゃさ ま こう こど 

此將 漸く 言葉 を かけ、 《町ち やん は 中々 慣れた もの, た チ、, ;-醫 者樣に 奉公した 事が あるんだ らう 0)) 《ァ ラ… 

, „ てつ S わら このかんび や 5 ふ ><b かくめい 

…をん なと わ. や^ません ク 0)) 《:^ つても 手付きが 好 5, もの o》 與吉も 笑いながら、 ((此 看病 婦は 中々 名 

じん しんせつ からかい わたし し 

人で ru^ いますよ …… もれに 信 切で fu^ いまして …… 0)) ((たん S か 愚弄^さい 妾 は 知らないから S 

をね む も は 5 た S をん い ゆ は 

、oj ちょい ^ 違 操て 結び かけた 綳帶を はなす。 《ァ 、あやまった、 もう 何とも 云 はね H から 結いて かく 

れ よ。)) 

をの.,. ち てあて も ゆ;^ また /'ち あが びっこ ひ や siv も 5J せき $ $ だ 5々 

其 中に 手 當も濟 ひだ 故、 與吉は 叉 立 上. <^、 跛鷲史 きながら 漸く 舊の 席へ 直った。 をの あ £ でか 町 は 道具 

ど w かたづ ゐ .し も よ みせ ほ.,' い ク 

を 取 片付けて 居た が、 やがて 霜に 呼ばれて、 店の 方へ 行て しま ゥ た 

みせ は 5 ひ つ きゃく しも まち いそが み もの、 ち し!^ しもが た み た si きち 

店の 方 は 引き 綾いて 客が わるら しく、 霜 も か 町 も 多忙し いさ 見へ て、 其 後 は 暫^ 姿 を 見せす、 只 與吉さ 

力れ, 1 ► むか は し あ まち. &こ を かく a たら どし .cm' ま 

吾 はか. o、 さし 對 ひでの 話。 《彼の か 町 さ 云 ふ 娘 は、 中々 よく 働く 予, '0)) 《へ >T ま ァ年紀 の 割に は 間 



あ おふくろ ね ほ た を も か/ か 5 こ をん あ を? - 

に 合 ひます から、 家姆も 大きに 肋 か 6 ますので 0)) ((をして 中 々怜俐な 娘. およ 0)) ((へ, -、 何 だって 贵郞、 

もど れ& /(- L ケく む もめ こ をいだ ぶ ァゃ き かんしん わかさま 

舊は歷 々の 士族の 娘で ご^いま すから …… 0)) ((さう だって チ、 此間 乳母に 閬 いて 威 心した よ 0)) ((若 樣も 

Z ケん じつ ふ びん しか れ よ &• は: こ 

も ラ御存 卜で ru^ います か …… 實に 不憫なん で, ^^います …… 然し 出生が 善い ^矢張り 何處か > 違 

!>*J こ ほ. 205 でゐ t つ, あれ たや 

ひます もので 0)) 《さう だ 于 …… 何處か 奉公に 出たがって 居る のぢ や^い か 0)) {1 ィ、 實は ::: 彼の 父 

ち さ こ やしき ほ 5 こ 5 だ ? 5 を た *, 'いま どころ ね ふくろ く もど はな 

親 は 、何處 か.:^ 邸 奉公に 出したい と 申して 居る ので r^^s ますが、 只今の 處では 家 母 も、 孚元 お放します 

ふ C い 5 あれ て まへ: ij も み 上 を ゆ い た 

さ 不自由で rOfi, いますし、 をれ に 彼 も、 なんだか 手前 許が よい さ 見えて、 餘 所へ 行きた が. も 致し ませ 

その ま、 をつ を e っビこ か やしき あ よしこ は 5 よろ 

ん から、 ^4ハ儘に成て居.^1"すが …… 實は 何處か 固い か 邸へ 上げて、 善く 仕込ました 方、 が 宜しい ので/^ 

^-^ ばあや たいそ ,ゥ か あ. S & t ぶん む, V め せん 

^います 0J 《何し >C 乳母が 大層 可愛がって 居 るんだ 于 0)) ((へ vT からもう 自分の 娘 も 仝然で rUfo います。 

&ケん てまへ つぎ ひど り をん を こでき <- ま 

それ^. S. す も …… 御存 卜で も 御座いまし やうが、 丰 前の 次に 一 人 女の子が 出來 ましたのに、 生まれる 問 

fy^ せい こ V 一 をん を こ み あこ ちゃ 5:5」 た ふくろ 

もな く歿. ごましおから、 をの 故で 殊に 女の子が い^しい さ 見えます。 もれに また 彼の 娘 も。 丁度 生 舞が 

きょねん をく ー& あど をん ね. 4 くろ や 5 き い た にんじゃ S S • 

去年 歿ゥ ました 後で r^^ いますから、 何 さなく 生母の 樣な氣 が 致す ので ru^ いまし やう …… 人情 さ 云 2 

もの め 5 ズ ザつ まゐ わたくし !^:-ん い もど t こ、 ろ. 》 いた かちい 

ふ 物 は 妙な もので …… さう 成て 參. ます さ、 私 も 何だか 妹の 檨な 心持ちが 致して、 可愛がって や. ます 

や 5 わけ め f .!> あ ひ を を M. わさ ゐ どころ し 

樣 な, 譯で …… マァ 妙な 具合に 成って 居る ので f^fD います ヒ、 噂 をして 居る 處へ、 さう^ は 知ら 卞 k 

た 5 にん 3 ちち や. & き は をし ビ ぎ しばらく せけんぶ ズ f し どき 5 つ ゐ 

當. < のか 町が、 茶 を 入れ かへ に來 たので、 乙の 話 はこれ で 途切れ。 また 暫^ 世 n 話に 膀を 移して 居た が。 

、 を こ ゐ ^st* if. ほ まじめ をつ をに い くお &も や f や わ も 

やがて 與吉は 少し 居住; S を 直し、 や、 具 面目に 成て、 何 か 云 はう. して は …… また 口籠り …… 漸く 思 

—醫 : 瞧画 : =5=—_5ー| 醫, 麗-國 變 耀 5 |||||隱| 「1 誦- £ | ー flgg l- g fla sjs gsll-gp -i-jlj TBl laJarigm JjlsajnspmTmnnmsrmgBmsTTJinlaiB^^m^^ll^n— — — 

秋の 變 ♦ 六 七 



き s f わかさ 》• 

ひ 切った^ 云 ふ 風で、 《若様!)) 

f さ IC. よ あら, 乂 で ► われ 5 をき み わる をん . 上 きち わかさま こん 

何う やら ff 細 わ. CS げに 呼びかけた。 改まって 出ら たから、 吾 は 薄 氣咏惡 く、 ((何お、 與吉 OM 若樣。 今 

にお よ きち せ 5/,.- にく S »*6 おら S r きつ い は た き わる $ 

日 は 與告が :•••• 少々 惡 まれ 口 を 申します 0)) ト、 思 ひ 切て 云 ひ 放して 置きながら、 極ま. 惡さ うに、 側に 

あつ ちゃわん 50 つ からし の ま, ね 

在た 茶碗 を 取て、 11 空 さも 知らす グッさ 呑む …… 眞似 をし 4^0 

( 其 九 ) . 

*<bs^&so f $ むね を みたつ もこ あいさつ 《• ろた われ ほ 5 め 5 へ ft< 

何事 ど、 惡 まれ 口 さは? 胸 はや、 波立て、 少し 挨 接に 痕狽 へたが、 でも 吾の 方が 上位 だけに、 さまで 臆 

れ もせす、 ((惡 まれ 口 ッ て …… 何 を? )) 

上 きお あた W み こい ゑ $ わかさ 》• この &ろ がく か 5 ね S> 

與吉は 四顧 を 見 ま はし、 小聲に 成て、 ((若 檨 …… 此 頃は學 校へ 御出で はな ゥ ます か。)) 

を む さん ひ どや む いつ ほん ビ 

南無 三! 1 矢 胸板 を …… ダ ザく^し ながら、 ((ァ 、、行て るよ 0)) ((具 實で rU?t; います か 0)) 

さら ュ ん ,2 わ かま みあげ 上き ち を のし せん どころ まゆ あ ひだ め 5 かゆ たは 

更に < ふ を 押して 釐 いて、 吾が 魏を見 上た 與吉、 其 視線の 注ぐ 處、 眉の 間が 妙 k むづ 痒く 覺 へたが。 さあ 

てい わき む まん ど や も た つか こた が や 5 

らぬ體 で 他 を 向きながら、 ((眞 實さ …; 休み はしない。)) ト、 覺束 無く 答へ た。 》は もさう 强情 はらす £ も、 

ど fh ゐ こど はく C や 5 ゆ あ までつ、 を、 

疾うに 見 貫れ て 居る 事、 ゥ ひ白狀 してし まへば よいに、 さて さう も 行かぬ もので、 倦く 迄 包み 掩せ やう 

い かく a を ^ あせ かへ や は 《 'を い ひ はつ & f>v: ち 5 この どき 

さ 云 ふ、 をれ ほ^の 覺悟は 無 いまでも、 1 度 出した 汗 は 還され す、 矢 張 6 艫お 云 張て 居た が。 心中 此將 

を こぶ あや ふ こ、 は 3- むしろ わがみ せ たれ わ W や 5 しん > 

頗る 危く、 此處 針の 莲、 吾 身 ズど責 めた もの は、 誰でもない 吾が 良心であった 

よろ せんだつ め. V ろ かへ 3- たちより ズ _b つ 

や、 わつ て與吉 は、 《もれなら をれ で 宜しう と ft; S ますが。 …… 先達 て目黑 のか 歸途に 御 立 寄に 成 てから 



このかた か てまへ g も い であ も わたくし f> i ま & ケん あさ 

以^ は、 三日に わげ す 手前 許へ ^入來 遊ばす さう で C 私 は 仕事に 參 つて 存じません が、 なんでも 朝から 

.& で * &っ べんた <- て 3 へ:;! J も じ &ろ かへ 

铷入來 に 成て、 御 辨當も 手前 許で あがって、 ニ將 頃から か歸. ^になる と. S. すと でと さいます が、 もれで 

は 何特學 校へ 御出でに. る W 間が わる かさ、 不思議に 存 卜ました から、 もしゃ :… さ存 しました V けで 

、 、 > しか 上ろ いたし わかさま この こビ たくね どつ さま L 

さいます が。 …… 然し もれ はま ァ 宜しい^ 致ました 處で、 若樣、 もし 此事が 御宅の 御 養父 樣に でも 知 

れ まして は、 をれ こ を 大變で いまし やうせ。 年 常から.; 5j 喧まし S か 方、 ^ん なに 御 小言が 出ます か 

し その ど さ をつ いひ. C け あそ たつつ わたく かう ん くち 

知れますまい。 に 成て は ん. 1^ に 云譯 遊ばしましても 追 付きません。 —— 私 共 が こんな 高慢な 口 

を か た t 'いま じせつ がくもん かんじん あ をた がた わか 5 ち 

をき、 まして は、 さど か 笑し う いまし やうが、 只今の 將 節は學 問が 肝腎で、 郞君方 も. 若い 間に 

(, や 5 けんめい & べんき や みそ のち りつば がくしゃ も あそ を & みぶん あ をた 

1 生 S 命 御勉强 遊ばして、 後に は 立派な 學者 にか 成ろ 遊ばさな く ゥては 成らない 御身 分。 をれ を郞 君う 

> がく か 5 は 5 る も てまへ さも あそ f & じ ぶん £ もん のお 

かくど、 學 校の 方 を 御 留守に なすって、 手前 許で か 遊びお そばす 様でば、 つま. CS 御 自分の 御 損で、 後 

いつ £ こ 5 くわ. S あ を L ちいさ どき & はつめい わかさま くら ゐ こヒ きつ 

へ 行て.^ ん なに 御 後悔 遊 はす か 知れません 4^ 稚 から 御體 明な 若檨 が、 乙れ 位の 事.^ 御氣の 付か 

お ほかた ほか わけ もの わけ よ きち ケん を 

いと は さいますまい が、 れには 大方 別に 譯 のおる とで さい まし やう。 …… 其譯も 與吉存 卜て 居 6 

ます o〉) 

わたし む を いた だいに や こ ばんね は こ ビ^ ちゃ この どきれ い *i* ち みづ < 

疵 持つ 足。 11 私の 胸板の 第二の 矢 は、 此の 一 翁 終. の 言葉で わった。 丁度 此膀 例の か W が、 水で も斟 

ゆ こ、 ろみせ は *- てた け 3 へ はは ど ほぬ ゆ sfi ろ やが たつね よ ビ 

みに 行く 心 か、 店の 方から 手桶 さげて、 前の 庭 をい を-/ \ ざ 通ゥ拔 けて 行く 後 姿 常. ^らば 呼び止め 

e や J- だん い どころ よきち てまへ いま われ た i- かほ あつ みで 

て、 串戯の 1 ッも云 ふ處。 與. fi 口の 手前 11 今の 言葉、 吾 は 只 顔お 熱く したば かゥ、 をれ を 見る ijrj へ 出 



來 なかった。 

ちょつ どビ た し * らく しか あ をた み 5 へ じつ か わい 

乙れ は &i は 一寸 途絶へ たが。 暫^して また 與吉 が、 ((然し 郎君の 御身の 上 は、 實 にか 可愛 さう で、 … 

お, ろ は し い た を iS> に&ど &き ゐ でき をに こど 

…いつも 生母^ 話 を 致して 居る ので^ ャ.; いますが、 何事 も 御 氣隨. ^出來 す、 何 か つけて.;^ つらい 事 

てま ヽ f い ♦& っゐ はる き ら< たも しろ どころ たび/ \ い あ も 

ばかう。 たま k 手前 許へ 御出でに 成て 居らつ しゃる のが、 遙 かに 氣 it で 御 面白い 處 から、 度々 御出で 遊 

しつ £ む り てまへ ビも まこ ど 5 ま Sli ち いで ねが 

ばす ので; u^l, いまし やう。 實に御 無理 もない 乙 さで、 手前 許で も誡 嬉れ しく、 毎日で も 御 入來を 願; S 

ビ くら ゐ を こ た いま も 9 ほ こ ため がくもん る を ^ 

度い 位で まいす が。 其處が をれ 只今 も 申す 通. <^、 此の 爲に學 問の 方、 が 御 留守に.^ まして は濟 みま 

を こ な (J んぶ 5 あそ いや をる たく で あ を がく か.. f 

せんから、 少し は 御 辛抱 を 遊ばしまして、 .; ^嫌で も 成るべく 御宅 を.;^ 出 遊ばさ.^ S やう J^、 また 學 校へ 

べんき や 5 い ね どつ さ ま は 5 しゅび よ 

は キク さ、 勉强 して 入らつ しゃい まし。 さう して 餘 けば 御 養父 檨の 方の か 首尾 も 好くな .OS 、御 

C ぶん どく かほ K ちわ 5 び あさ ばん てまへ もビ る よろ 

自分 も 御德^ 申す もので.^? I; い- ?H す C をの 代. 日曜日に は、、 朝が ら晚 まで 手前 許に 居らつ しても 宜し 

a ん ん ばん どま! y が .& でく だ もこ あ た/ c かって 

う ru^s ますし。 また 土曜日の 晚 から 御 泊 掛けに 御入來 下さいます さも、 其處は 郎君の 御 K 手で.^^ い 

ビさク ま ね ゆるし 5 あ t い ぶん だ.::; を 

ます。 さう して 御 養父 樣の御 許可 を 受けて 遊びに 人 らっしゃる 分に は、 誰が. ^ん. ゆし まし やう。 さう 

を てまへ も も ふし わけ f- だ. S よきち どつ さ ま ひや 》> か を こど 

で 無 S さ 手前 許で もゅ譯 が.^^ いません 次第で、 與 吉が撫 養父 様に 酷く 叱られます。 i 何も 乙ん な 事 

3, も ふした あ をた たた も きさ は 

を 申 度く は r^^s ません けれ^も、 つま 郎君の 御 爲めを 思 ひまして …… 。御氣 に障ゥ ましたら、 ^う 

S かんぺん 

か 御 勘辨を …… 0)) 

ほこた へ わ f f われ .f ほ のケ. & くび た を、 as $ ゐ 

云 ひながら 尙答辭 を 要する s;^k、 吾の 顏を覼 たが。 Ks:! は 始終 首お 垂れて、 斜めに 庭の 方 を 眺めて 居た。 



いや をが ふ w るば か はめ K S め ばい をみ だ 

否、 眺める 振お して 居る 斗り、 何が 眼に 這 入らう、 —— 眼に は 1 杯の 涙。 

をみ だ か を みだ < や をみ だ 5 'ら を. * だ さクき あわかへ から つげ せど いま 

涙 ! 悲しの 淚、 悔しの 涙、 恨みの 淚 先刻から 乙み 上げ 沸き返って、 辛く 睫毛に 堰き止められて、 今 

ま f ね も を か を をに くや を y 5 ら 

にも 頰へ すべ. ^落ちさうな。 —— 抑 も 何が 悲しくて、 何が 侮し くて、 何が 恨めしくて、 さて 己れ ほ^の 

♦{b みだ これいまい こビ た J> わたし さらむ C ひ し a む C やう まち っビ ふか よきち でき 

涙 ど? 是今云 ふ 事で はな いが、 —— 只 私に は、 更に 無慈悲な か 霜、 無情^.; -町、 嫉妬深い 與吉 が出來 

かふ くや 5 ら 

たので、 をれ が 悲しく、 侮し く、 恨めしかった。 

し # **> せむ ひ-ひ たよ をみ L fc び /、あ も < »2<? さ よ きち 

さても. S 相 は 何故 無慈悲 か? —— 吾の 賴ゥ 無い 身 を 知 64^ がら 度々 遊びに 來 るのお 蒼蠅 がって、 與吉 £ 

はかつ こ ? これむ iJ ひ を K まち をせ む C や 《- たも こ、 ろ 

IS て 吾 を 來られ ない 樣に する 。是が 無慈悲でなくて 何? ;-町 は 何故 無情 か? —— 吾が 乙れ ほ^ 思 ふ 心 

さつ < よきち にんじつ つく これ むじ や 5 を K 上き ち をせ しつど ぶか 

を 察しても c.^ れす、 與吉 にば か. 眞實, £a す、 是が 無情でなくて 何? 與吉は 何故 嫉妬深い か? —— 

3 ち ね も ふ ゐ しつ たも --ん せつ S けん あん ど ほ れ うけん これ L っビ ぶか 

の.;^ 町 を 思て 居る の を 知て、 表で は 信 切らしく 意見しながら、 暗に 吾お 遠 fl; ける 了簡。 是が 嫉妬深くな 

を K ぁ、っれ^^ ひビ ねん こゝ きつ 5 ば ^< まち 5 ら 上 きち ねの こ ひ 

くて 何? t:」 强 面の 人々! 1 〈ふ 兹に氣 が 付けば、 乳母 は 憎らしく、 .^Jsitt 恨めしく、 與吉 11 己れ 戀の 

かたき 

敵め! 

この みだ よきち み われ は をが ふり & ちょ いま ねち みづ くん き 50 ころ な も 

此淚を 與吉に 見られまい さ、 吾 は 庭 を 眺める 振で 居る ど、 丁度 今.;^ 町 は 水 を斟で 來た處 で、 重た さう に 

てね け Si はき 5,- "V- ば き てた け ちょつ ど さら たも ど あ 

手桶お さげ.^ がら、 庭の 木 in, の 側まで 來た が、 を 乙で 手桶 を 1 寸か 2: し、 更に 袂 おたくし上げながら、 

われ は 5 み れい ビほ わら こ あい ゑ が ほ いま わ きが ほ わ く S 5 つ 

K5ri の 方お 見て、 例の 通ゥ 11 n く 笑 ひかけ た II 然し 此の 愛らしい 笑顔 も、 今 は 吾が 泣 顔に、 笑 お 移 

す ほ^の 力 は 無った。 



^ の 七 二 

.y の 5 ち みせ ひま も み 5 ば でき あ. S か IS げんき も 

其 中に 店の 方 も 閑に 成った さ 見えて、 乳母 はい をく 出て 來 たが、 相 變ら卞 の元氣 で、 《 ャレく 忙 がし 

け ふ や. ゥ あさ きゃく かけ く ひ ろく./ \& あ さつ で き 

かった。 今日の 樣な 朝から 4a 各の つめ 掛て來 る 日 は あ. CV はしない 綠々 御挨梭 も出來 ないで …… はんさ 

しつれい いた »*5 ちゃ ノ ま, 

k 失 鱧 を 致しました。 ちつ さも. かま ひ 申しませんで。 …… ドレ 御茶で も 入れ かへ て :.:. 町ち やん や、 

御? J が 沸 S てる. }&ら 1 寸 さして 來 ておくれ ナ 。それから 何 か 御菓子が あったらう。 :… 若檨^ うど 御 

fe- も , , , , はじ C ぶん よきち S, われ ね 

遊ばして !)) ト、 チヤ ホ ャ もてなし ー别 める の も、 自分が 與吉に 云; S つけて、 吾.^ 泣かせて 置きながら、 

いま *^<っ またき げん ど $ れ《 'けん ね も 5 ら f< C や 3 

今に 成て 又 機嫌. 取ゥ 直す 了簡 かト、 思へば S よ-/ \恨 めしく、 惜 らしく < ^うせ 邪魔で わらう から、 

われ はや かへ けク くち だ いつ くら & あいさつ 

吾 は 早く 歸 るよ、 决 して かまって くれるな ト、 口へ 出して 云ても や. たい 位、 挨俊も くにしなかった 

か どき このい へ ゐ き つら あ も かへ ね も をに きさく 

が かうな る^ 片 將も此 家に 居る 氣 はなく、 面當 てに 直ぐ 歸 らう €は 思いながら、 何やら 氣の 毒で をれ 

3rc わ はらた L I わる かれこれき < ば iiJ いぶん & 

もなら す 叉 吾が 腹お 立てた の を、 もし 知られて は をれ も 極. 惡し £、 彼是 氣を 配. 00 隨分 さ居づ らく、 

たもし ろ どころ 4J かんがまん がまん もゥ を «■! ゥ ビ 

面白から ぬ處を ニ將 間ば かゥ 我慢し、 S よく 我慢が しきれな く 成てから、 をれ £ 無く 暇 を 告げて、 止 

そで ふ はら , 5 ば い へで どき にち 《 'ち { ち こ、 5 t 

めら れる 袖お 振 6 拂 ひながら、 乳母の 家 を 出た 將も、 『いづれ 二三 日の 中に』 ト、 口に は 云った が 心の. f 

5j ふた、 こ .し き a また われ かく, C 

では、 二度 £ 再び 此の 閾を 跨ぐまい —— さ, o£ は 吾ながら きつい 覺悟。 

こ. しだ か. しゃ 5 じ し © め こ、 ろ はんお や., f .SA1 あし き め fi, 

「,たんさ」 € かい た 腰高 障 紙、 尻目に かけながら 心に わ^わらって、 半 W ばか. 急ぎ足で 來た特 は、 妙に 

こ、 ろ ゆく. CS , > これ じ けっき た いや たも 5 ばいへ いさぎよ で き St ら b は 

心が 偸 快であった が。 是も 一 特の血 氣の爲 め、 嫌 ださ 思った 乳母の 家.^、 潔く 出て 來た 働き を、 i なが 

こきみ こどた-^ も SJS き しづ れ 5 けんへ .《 した V, だ どき み 

ら小氣 .5^ よい 事 さ S つたに 過ぎす。 — や、 動 氣も靜 まって、 了簡 臍の 下に 定まった te、 つらく 身の 



f へ かんがね ほ たよ > わみ _ゅ むじひ むじ やう まち かへ むじひ 

上に 考へ 及べば、 いよ. (-賴 々無い 吾が 身 行けば 無慈悲な 乳母、 無情な か 町。 歸れば 無慈悲な 養父、 

ぶ や i しわ フ いい > 、 、 > か1^っ 、 、 、 > いつ か を かへ ゥ か& ァ 、い-や いや いや .& や S きょ 

無情な 芳 枝。 行ても つらく、 歸て もつ らく。 行ても 悲しく、 歸ても 悲し。 噫、 嫌、 嫌、 嫌、 嫌、 浮世 は 

や ある .& や 

嫌。 步行 くの も 嫌。 

(其 十) 

さてけ さ 5 ちで VJ き 5 ばいへ *,_b ゆ たれね も こ.: i *j め がく こ $ で 

扨 も 今朝 自家お 出る 將に、 乳母の 家へ 泣きに 行かう さは 誰が 思 はう。 此が 爲に學 校へ も 出す、 はる/^ 

ふる か はばた き か を め あ つ ゆ ふべ ゆめ し fe& ゥ れ.^ ひど 

古川端まで 來て、 乙ん なつら い、 悲しい 目に 逢 はう^ は、 實に 昨夕の 夢にも 知らなん だ。 思へば 强 い 人 

たち *^5さけし ひどた ち • し これ ほビ だの こどろ f これ 5:^.- たの ひど f J -£ 

達、 情 知らす の 人達。 さう £ も 知らす、 此程槃 しい 處は ない 樣に、 此ま赖 もしい 人 はない 樣に、 今日の 

い ま だま ゐ くや かきつ み ふる か は みづ き マ を まち が 2 夕 や 5 5tV 

今まで 誑されて 居た 悔しさ! ト、 斯う 氣が 付いて 見れば、 古川の 水 も く、 . 町の 姿 も賤 しく、 乳^ 

に どころ , 

の 家 も! なんだ わんな ひさい 處 

あつば か W- つば ね も き ^-w こ みれんの こ S3 5 ち たれ t よ i 

夭 晴れ! 期く まで 立派に 思; S 切ゥ ながら、 まだ 何處 やらに 未練が 殘ゥ、 今の 三人の 中 誰か 霜 か與吉 

まち あ;? -ねひ き われ ysv- さ く い くた び <- しろ かへ つみ 

か、 11 わの.:^ 町で も 跡 かけて 來て、 吾 を 慰めて 與れ さうな もの S 、幾度 か 後 を ふ. 返て 見ても、 :.:. 

む だ こど かげみ われ かへ つ こど f やく かいばら み. < を わら 

無益な 事、 .V れ らしい 影 も 見へ す C さて は 吾の 歸 たの をよ い 事に 思; 5、 厄介 拂ひ をした な.^ ゝ、 皆で 嗤っ 

ゐ い ま £ ろ また 2 ち ゐ C や も S た こ 

て は 居まい か。 —— 今頃 はわの 與吉 が、 叉.;^ 町 S ふ^けて は 居まい かト、 つまらな S 邪推 も 起った が 

じつ われ づ れ 'ふん をん を < さつ f しゃ. ね き ど 《- を は われ たしな たれ み から ゆ 5 き 

實に 吾な から 耻 かしい 了簡、 女の 腐た 樣な 性根^、 氣. V 取窗 して 吾お 窘め。 誰に 見せる でもない ®SR 氣、 

むり あし はや ゆ <• ち <» たお も だ こ, c:> ご や 5 か こど V. ザる ほ, ヒ上 きち い ど ほ この, JJ ろ 

無理に 足 を 速めて tc タ くさ t く 中に、 叉 思; S 出す 今度 は 養家の 事。 11 成程 與吉の 云 ふた 通ゥ、 此 頃の 



^ ふばん,, きけ,, 5 ち もりし し 5 ど し あかつき この, ゥ へ また め 

吾 か不勉 s^、 もし 養家の 者に 知られたなら、 養父に でも 知られた 曉に は、 此 上に 叉^ん なつら い 目、 … 

H ふ こ £ どで し それ かんが あし を、 f たちどま たん. V く 

…ほんに 今日に も 小言 か 出る かも 知れす。 其を考 へ て tt 足 も 進めば こ, V! 思 はす 立 止って ァ I さ 嘆息す 

て k & ちが ゆ e ゆん 3 け S 'ん かほ われ み きま .£ る 

れば、 折から すれ 逢って 行く 巡査、 怪訝な 顏 をして 吾お 見る 極. の惡さ 

ゆ かんが どころ "」 みちこの ま、 i. お かへ じこく はや g ゑ あや . し 

然しよう 者へ た處 で、 何の 道此儘 家へ 歸 つて は、 だ 特刻も 早い 敌、 怪しまれる は 知れた MJO もれよう 

これ > も • fc^ どかく がく か, 5 で いつも じこく かへ あんせん 

此 から 直ぐ、 ち^ 遲 いけれ.^ 鬼 も 角も學 校へ 出て、 定規の 特 刻に 歸 つたが、 まづ 安全で わらう <^、 よい 

どころ き つ つ t:-^ る ま ど がく か 5 ゆ け し をん こ 5 じつ もう ち こ く どころ つくろ 

處に氣 が 付き。 をれ から a 車 を 飛ばして 學 校へ 行き、 教師へ は 何 € か ロ實を 設けて、 遲 刻の 處を繕 ひ、 

れい ど ほ じゅげ ふ 5 をん き どが い つも げんき で めう & 

例の 通. 授業 は 受けた もの、、 何 さなく 氣が尤 めて 19. 常の 元氣は 出す。 妙に ふさいで ばかり 居る のが、 

いろ あら み:; J こ わる しんせつ たづ もの こ、 ろ 々る あ 

いつしか 色に 現 はれて、 君 何 處か惡 いの かト、 信 切に 尋ねて くれる 者が わっても、 心苦し さ、 明けても 

云 はれす。 

4J を こ を おも 5 ち しゃふ むか き S, こづか ひ しらせ き. ビき 

する さ 十二時 少し 過ぎに、 思 ひも かけす 自家から 車 失が 迎; 3 に 东たト 云 ふ 小 使の 载 知。 乙れ 聞いた 特の 

わ や: is をむ さ, C こ *- ど を A- の *J ど がてん ふ. しぎ か がく か 5 

吾が 僭き、 南無 三 小言 かト、 一 も 二 も 無く 其 事^ 合點 したが、 をれ につけても 不思議な は、 斯う 學 校に 

でゐ よ もビ しか ねよ こど い ほか V? はづ 

出て 居る もの を、 わ 呼び 戾 して 叱る にも 及ばぬ 事。 さう かさ 云って 他に 何も 用の わる 箬は …… も 

し < 'ど きふび や 5 さら ふしん は ^.^t.L かんじ ど !• したく おもて い こゝろ 

しゃ 養父が 急病で も …… ト、 更に 不審 は 晴れぬな がら も、 其 由 を 幹事に 屈け、 支度お して 表へ 出で、 心 

もど しゃふ たづ しゃふ ズ ザに L た r- も ども かへ や 5 たく た ふ 

元ない ま、 に 車夫に 尋ねても、 車 失 は 何も 知らす 只 直ぐ か 伴 をして 歸る樣 に、 ^奥からの.;^ 命 せ^ば 

どつ さま わる も f & や S も 

か ゥ。 ((もしゃ か 父上 檨 でも か 惡 いので はない か 0)) ((い、 H 其の 樣な御 樣子は さ ませぬ 0)) さて はい 



程 g 速 s よ 



こ *- ビ き ね も き その W 、の こ、 ろ ど し 上 ひっち あつ, -く、 る S* 

く 小言;^ 極まつ. ト、 思へば 氣も タクく。 其 儘乘ゥ はした もの ゝ、 心 tt 屠所の 羊、 11 生衢 車の 

こど 

ま。 

くるま 5 ちつ げんくわん しきだいい つも たか おゆ ち ら くク あ 《• • で むか ? 

なく 車 は 自家に 着いた が、 玄關 の敷臺 平常 さは 高く 覺ぇ、 力無く 靴 ぬぎすて ゝ 上れば、 出迎 ひに 出た 

ち 上ち. たち いつ ゐ われ かへ つ svi. き み わる こわ': V- ねく ど ほつ み ち &. ま メどち 

女中 達、 例に なく イジ-^ して 居る も、 吾に は 却て 薄 氣味惡 く、 恐々 奥へ 通て 見る^。 茶の間の 火^の 

をば 上し わ た ビひビ 3- これ がく かう かへ つ き どころ むらさき じ; g*4- はかまつ しんぶん よん & 

邊に、 芳 枝が 只 一 ス、 11 此も學 校から 歸て 來た處 か、 紫竚 絲の祷 着けた ま、 で、 新 閗を讀 で 居る に、 

また ふしんた ね ふ よし S へ かへ つき t しわ われ かへ 3- かろ れい かへ 

叉 も 不審の 種が 殖 ゑた o(( オヤ 芳 さん、 ^前 も 歸て來 たの。)) 芳枝は 吾 を 顧みて 輕く 一 鱧しながら、 《か 歸. CS 

わた-し き たッ い ま 力へ つ ど つ さ; a かさま たく ( し り ふ 6 

…… 妾 もか迎 ひが 求て。 只た 今歸 たばか ゥ OM をして か 父上 樣 やか 母上 檨 は?)) 《ァノ 奥の 衣裝 室に 居 

らっしゃい ますって 0)) - * • 

上し わ かへ つ を 5- や 5.L ん わく S ふや 5 のま わか たぃ>^>1^ 上. し ..し 

芳枝 も歸て 居ゥ、 兩親 tt 奥の 衣装 室。 11 解らぬとばか<.^o(( 1 體何がぁるの。 芳 さん 知らな S か 0』 ト、 

ど どき 上し わ 5 ば ズ%" がし いそ は い つ き ちゃ 5 さ! 5 て 5 づ 

問 ひかけ た將、 芳 枝の 乳母の 某が、 忙がしく這入て來て、((サァか孃樣ょ^cしぅ.^ざぃますょ、 か 手水お 

あ, V, わかさま かへ あそ ぁ,^>た も めし A へ 

かっか ひ 遊ばせ オヤ 若樣 も.;^ 歸<> 遊ば もました か、 をれ では 郎君 も 直ぐ か召換 あそばせ! サァか 

t や ►I' さま ゝゐ K ゆん わけ し ま 上し わ 5 ばつ で C 'ク 

孃樣參 ゥ まし やう 0)) ト、 何の 譯 だか 知らせる 間もなく、 芳枝は 乳母に 連れられて 出て 行て しまった。 

われ を S ^&ど わか た i-kt* 'せ e ゐ ど かく この や s^i- こ ♦、 ど 

わさに 吾 1 人、^ 事 やら さつば,.^ 解ら す、 只 }iJ ー然 どして 居た が、 兎に角 此樣 子で は、 まづ 小言で は 無 いら 

おね わち つい 50 ころ し ど き もの あらた K をり はかま ゐ た ビ で き われ み 

しいさ、 胸 もや、 _ ^付 4^ 處 へ。 養父 は 衣服 を 改め、 羽織 转 k 威儀 を 正して 出て 來 たが。 吾 を 見る よう、 

き ガ.^ よ 、、 きみ ハか かへ つき を したく た i-s ま たいけ ふ J&y-C ど 

めづ らしく 機嫌 W く、 ((ォ 、君 若、 歸て來 たか、 直ぐ S 度 をし VC!)) ((只今 i 1 體 今日は 何事で AJ^ いま 



まゝ し じつ ビ 5 たもつ ゐ てんき わ る また さしつ- B へ 

す? M まだ か前ハ 知らなん だか、 ハ、、 、o 賓は疾 から やらう さ 思て 居た が、 夭 氣が惡 いやら、 又 差 S 

で き もの ま、 SIC ゐ きふ. てんき つ がふ きふ たら たち しゃしん 

が 出来た. ^して、 つい 其 儘に 成て 居た が 。今日 ハ夭氣 もよ し、 都合 もよ いからして、 急に 思; Si ぶて寫 具 

ど 3 へたち むか やつ はや いつ し たく こ しゃしんや き を , 

を 取る とに して、 をれ でか 前 達 を迎; S は 遣た の だ。 早く 行て S 度 をして 來ぃ! 寫眞師 はもう 來て 居る か 

ら。) ) 

あん よ, も き 5. み をん こど さっき .L,c ばい ビ こ き に はか い さ たゥ その ま、 

案 卜た よ. 產 むが 易く、 間て 見れば 何でもない 事 は、 先刻の 心配 何處 へやら。 氣は 俄に 勇み立て、 其 饞 

き. 《リ きか -p- しう v 一め そ..^ つき も ふ を どこ や 5 ふく は 5 -.-5? かざ w このみ ひだ かつ ft 

衣服 を着換 へに 行けば、 養母 も 側に 付添て、 男 は 洋服の 方が よから う、 襟 飾 は 此間買 て 置いた の を ト、 

をに を i4 せ. C や われ f t たくで き よし わ きもの きかへ 

何から 何まで 世話 を燒 いて くれる J^、 吾 も嬉れ しく。 やがて 支度 も出來 あがれば、 ?方枝 も 衣服 を请換 て 

5 そろつ ね もて ざしき ゑん は,^ で fis せき しゃしんし き-^ い に はさき ゑ かな i 5 つ 

し 甘 ひ、 打ち 揃て 表座敷の 橡 端に 出て、 設けの 席に. つけば。 寫眞師 は 器械 を 庭前に 据て 形の 如く 寫し 

は t めた 

さいしょ た S はたけ か ケく 5 ち. y ろ どころ をのつ ぎ に 5 ビ LT-io め づ、 3 た われ よし わ これ L 

ま づ最- 初に は大 S 家の 家族 打 働った 處 て。 其 次が 養父^ 養母 さ 一 人 宛、 叉 吾^ 芳 枝が 一 人 づ、。 此で仕 

まひ .2 も こ, T-^ われ it わ しょ 5 つ み もゐ し 《.ど ね ふせ われ いまさら はづ た 

舞 ざ 思へば、 今度 は 吾^ # ^枝^ 1 所に 寫 して 見る^、 さても 粹な 養父の 命に、 吾 は 今更 耻 かしく、 只モ f 

ゐ よし わ ね * &ゃ 5 I わる かほ ゐ $i . い を , をらん 

して 居る さ、 芳枝も 同 ド樣に 極 ゥの惡 さうな 顔して 居る の を、 尙促 がされて 否み もなら す。 二人 並 

f せき f>5 ど し5 どめ ど ほ 9 かほよ ねん a 9 は? の-^ 

で 設けの 席に つけば、 養父 さ 養母 は 遠くから、 さも 嬉れ しさうな 顔して、 餘念 なく 眺めて 居る 其 長閑 

これ けさ 5 いへ さっぷ 5 けい くら あれ くもさん たん これ かもみ SJS でい あき k 一 a.^ 

さ。 此を 今朝の 乳, 像の 家での 殺風景に 較べて は、 …… 彼 は 雲 慘儋、 是は霞 靆靉。 われ は 秋 乙れ は 春 

saj 5S こ ュ くら いで せいてん. & つばく ふじ み こ、 ち あ、 たの や 5 か » 

譬 ベば 函?^ の トシ チ かの 暗き を 出て、 靑 夭 1 6、 富士 あう く^ 見た 心地。 暗 〔\ 乙れ ほ^ 樂 しい 養家、 



&> せわれ いや 

何故 吾 は 嫌がった らう。 

こ , こ どき かせ ま t ひ く R> ふ S はらつ こ、 ろ て f> ん sii つき われ は e »• げん もさ ね も この &ろ わ • 

此處、 此將、 風 迷の 雲 を吹拂 て、 心 を 照らす 眞 如の 月、 吾 は 一 初めて 具 人間に 戾 つた。 思へ は此 頃の 吾 か 

ふる 3 ひ ぶ か もったい じひ ぶか や- 5 ふ ゆ じゃけん 5 ら か れん .ML わ む e や 5 

振舞、 一 さして 馬鹿らしく なき はわら す 勿 鉢. や、 慈悲 深 ひ 養父 舞 を 邪見 さ 恨み、 可憐な 芳枝を 無情 さ 

«- ら このた の われ さ. 1* くつ f た ね た *-ぃ や そ も を をん 5- いう 

恨み、 此樂 しい ホ I ムを、 吾から サ タ ゾ の m 窟の樣 にして、 只 恐れ、 只 嫌がった は、 抑 も 何の 理由 わつ 

• あ、 はづ わ こんじ や 5 み .4, こんじ や 5 か や 5 ふ は じゃけん み よ 》> わ む e や. f み 

て ど v.tr 耻 かしゃ 吾が 根性 皆 この; 3、 がみ 根性から、 斯 くも 養父母 は 邪見に 見へ、 劳枝は 無情 は 見へ、 

つみ か お 5 もの たれ かれ てき や 5 おも 5 たが ゆみ かげ へび めくら これ ね も, - k 

罪 もな;: S 家中の 者まで が、 誰 キノ 彼 も わが 敵の 樣に思 はれた。 疑へば 弓の 影 も 蛇、 盲目 tt 此に 恐れぬ が、 

われ あ ひにく め ャ めかお も か 5- や . 

, 吾 に生惜 ひがみの 眼 わった が爲 に、 期く は 恐れ 期く は 嫌がつ 力 

さて また 5 ばいか よきち いか まちい か 5 ぶけ ヮ むじひ k や: は I わ、 れ ^|ぁ>, ゝ 

偖 又 乳母 は 如何に、 與告は 如何に、 か 町 は 如何に。 —— 乳 姆は决 して 無悲 B なら 卞、 矢 張 6 罸を 可愛 か 

われ ふる か は ゆ くら ゐ S ゝ K しんせつ さっき S われ " -^, け i> 

つて くれる、 されば 乙 を 吾 も 古川へ 行きたがった 位。 與吉も # に似て 信 切 もの。 先刻 云 ふた 吾への 意見 

む S- どころ みおん い けんき ha を ほ 5 ^ 5S あ A1 > が; r"^5 』 で I > 

無理な 處が 微塵 も わらう か。 もし わの 意見 問 か ん だら、 吾 は尙 乳毋の 家に 遊ん で 居て、 學核 へ も 出な 力 

がく, で むか くる 3 いつ どき さん を > た. f > - み > け * . 

つたら う。 學 校へ 出なかったなら、 あの 迎 ひの 車の 行た K ゝ ほんに 如何で わったら う。 g へ は 身の 毛 も 

これ ,ひ よ きち たまもの れい、 e づ を Kt.J かれ こ.;:; 5 ら あ、. C れ , *w 

よだつ やうな。 をれ も 是も皆 與吉の 賜物、 鱧 云 はねば ならぬ 箬を、 佝事ど 彼是 恨む だは、 ^吾な から.^ 

じ や さ 3 た 3 ち や は か.!" ん せ ft'ct ふ びん む. *< め しか いや み ぶん た VJ われ. こ • 

か 蛇 か 诸て 叉.; -町は …:. 矢 張. 可憐な 少女、 不憫な 娘 然し あれ は賤 しい 身分、 縱へ 吾が 戀へ はさて、 

^ しだい われ さ だ S ひ を ぺけ みち よ. J れん ゆ む -"f 、 

何う すると もなら ぬ 次第、 まして や 吾に は 定まる 許嫁 も ある もの、 をれ に 道ならぬ 橫戀 慕して ^情の 

つれ 5 ら むりむ S 'ひ だ. ひ SJJf あ、 こ ひゆ,;. 2 われ ぐお か いまかん が み て k 

强面 いの^ 恨 ひだ は、 無理 も 無理、 非道 も 非道。 踏 r 戀敌吾 も 愚 S になった か。 斯う 今考へ て 見れ は 

.1 I 國國國匪國團隱 I —画 IIBII 麗國- ■■ 隱|1|顯|—|58匪 疆 |=|— 疆 璺|- 画 |-_5瞧國— ——_—■_■■—= I ■ „ ^ 



けなげ さ 七 八 

1 ひ. £, > たの ひどば か もったい £ 'ら ざ, <<» い これ ひど D 3<t ら 5 

いづれ も いづれ、 善い. < はか 4、 赖 もしい. < 斗 .0、 をれ を 勿 鉢 》 や 恨み 三昧、 是も 偏へ に ひがみの^ 用 

か。 

50 つ ,0 〇 たのれ K く , こん e や. r- たのれ ため しばし わがみ t ^5 <? あ、 ォ, 

咄 ひがみ! 汝 憎らしい ひがみ 根性め! 汝の爲 に暫將 な. cs^ も、 吾 身 を 自由に されし 悔しさよ! £5、 .JH? ら 

たのれ あ、 いま おのれ ちみ 

はし 汝 ひがみ! 忌 はし 汝ひ がみ! ュ 、、 西の 海へ さら. CS く! ? ttAV^ 

⑩^ なげさ 

(上) 

みやこ ちか かた. S を か さ、 い つけん まへ ひど, i. ち こ か は をが きし ^ 

都に は 近から ぬ: It 田舍。 片田舍 らし S 小 やかな 家 か 一 軒。 前に は 一 筋の 小川 か 流れ、 その 岸に 沿 ふて、 

い を か いけがき ゆめぐ . 、 はる いけがき れんぎ よ f づ のめ チ 

田舍 めいた 生垣 か 結 ひ 廻らして あ 4 ます。 乙れ が 春で も あれ は、 をの 生垣の 連撻 か、 11 賤婦 の^ 

は ひ は を さ まつる じつ ひも ビほ やぶ まい はち か 上 き たり 

粧 ! ^ほらし い 花 を R かして 待て 居ます さ、 實の ある 鶯、 が 遠くの 教 から 毎日 通って 來て は、 樂し 

5 な 5 た ひ * & を か ふ」 せい.' ) L た をが ゆ を か は ^i. こ ノ. し 5 れ 

さう に 唄 ふ をの 歌、 鄙びた 中に も 風情 か あ. <^ ます。 また をの 下 を 流れて 行く 小川 は、 汀の 小石 さ 嬉し さ 

さ、 やい ゐ むざん さど. こ &もら iS, か はいつ き たら ひふね 5 か や ヒ,ゥ 

う k 耳語て 居ます^、. ァラ 無殘! 里の 小 供 等カボ チヤ./ \. 中へ 這 入て 來て、 盥船を 浮べた. 鰌 をし やく 

せっかく ♦i- ゐ か は たこ かほ あか こ 50.!!- ら よろこ さ, 

ゥた. して、 折角 淸 まして 居る 川 を 怒らせます! 而を 赤く させます。 それ を 叉, V の 小 供 等が 喜び 騷; 3 て 

ゐ さつ ふ s けい f *» た お I むき もの. 4- きし ej ん い 

居る の は、 殺風景な 樣で ::: X を 乙 趣 かわる さ、 物數 寄な 詩人 は 云 ふでし やう。 

さて ふ 5 が こ S ゑ あるじ い 力 ふ ちりろ じん ゆか ど かんていち が このい も 6 

採 も 風雅な 此の 家、 ま 人 は 如何なる 胍琉人 ど^、 床しく-; -も ふの は 飛ん た 鑑定 逢; 50 此 家に 住ん て E る 



の は。 へ I テル、 ヒュ - ゾシ S 云 ふ 大工の、 實に哀 な 一 家族で、 老母の ヒュ 11 シダ ュは 寄る 年波の 仕業 か 1 



永の 月 曰 病の 床 に^して、 橫に 成た ぎり ::: 今 は A 代 も橫 にな. をうな 有樣 です。 

あやに >^ いま ふゆ の t いお めん しろぬ の つ、 くわつ ばつ こ か は さむ が まん で き 

生憎く 今 は 冬です 野 も 山 も 一 面に 白 布に 包まれて、 あの 活 凝な 小川 も、 寒さに 我慢 も出來 ないかして、 

われ が. にる ふた る あいか は げんき X さど こ :Jj もた ち ふゆ ふゆ あ も < f こ ほ 

我ゥ ヒ^子の 菴.^ して 居ます が。 和 鍵ら す 元 氣の好 いのは 里の 小 供 達、 冬 は 冬の 遊 ひ を 工夫して、 をの 氷 

はつ こ か は 5 へ た,^ しろ さわ ゐ 

の 張た 小川の 上 をす べつて は、 面白さう に騷 いで 居ます 

か,.! 1 そ ど たの ど £ 'ち こ る こほり どち ま& ち ねだい よ か 、つる ら cfj 

門の 外に はわの 樂 しみ。 の 內には 此の 苦しみ。 氷に 閉られ た 窓の 中に、 臥床に 寄. OS て 居る 老母の ヒ 

このかんき や i ひ ひど し- *t おも や 5 も ふ, し/ \ いた をぢ つ こどば いだ い きま ひ や S や B 

ェ 11 . ン シュ、 此寒氣 で 病 も 一 入 a つた 様子。 節-^ は 痛む、 筋 は 釣る、 言葉 さへ 出す 勢 なく、 漸く 吐 

こ きう あ を み まくらべ はゐ い ひど W ま &む め 

く 呼吸 ほん^に 靑さ うに 見へ. ^す。 をの 枕邊に 坐って 居る の は、 レ r チさ 云って たった 1 人の 孫娘、 1« 

こ、 ろ さま かひく ば、 この やま ひ か、 い あさ? ん 

た 十二 才の 少女です が。 をの 心樣の 甲斐-. \ しさ、 祖母が 此 病に 患って から £ 云 ふ もの は、 朝から 晚ま 

もば さ かゆ Si く, i§ せん ば、 み ひ& #4^ ど..' ふ か < ひい 

で 傍 を 去らす、 粥 を 煮た ゥ 築お 煎じた. o、 蔵 母の 身の 冷ぬ やうに さ、 煖爐 をた きつけた <>、 咖啡 をす ゝ 

- k ま は. ひ > い し を こ t たど か S や 5 4J つ おど * & はづ > 

めたり、 帶を 解く 暇 もなかった^ 云 ふ、 支那の 故事に も 劣らぬ 孝養、 實に 大人 も K かしい ほ. ^でした。 

- け ふ ^3 ば、 へや き か. S ほ f よねん ひる ば、 もの C ぶん, i げん 

をれ で 今日 も 朝から 祖# の 部屋へ 來て、 介抱に 餘念 もな く、 午 飯に は 祖母 か 好きな 物お^、 自分 加减の 

„ ミ; ► ほ くら ゐ , ふゆ ひ みぢか ひ くれ ゆ ゑ らんぶ ひ ども 

t<f フを 進めて、 褒められた 位でした が。 冬の 日の 短く、 はや 日暮^な ゥ ました 敌、 ま づ洋燈 に 灯 を點 



して、 今し がた 咖啡を 熱く して、 祖母に 進めて 居る 處 です 

ば あ あつ ち fo.5,;J げん 

《か 祖母さん.;^ 熱かァ あ. OS ません か o】 《 …… ィ、 ュ :… 丁度い、 加减 だよ 0】 ((をれ であった かく. ゥまし 



に 


-C て 

キ 




お 
れ 


T 口 ば 
祖 


す 


さ 


愛》 だ 


ム 
や 


ム 

や 


か 
祖ば 
母 あ 
さ 

ん 

ん 
な 
辜^ 

云い 

は 

な 








は 


1 y 
は 


し 


a; 


母 


る 


ん 


1 靑ネ 


> 

b 


マ 


/ 

\ 


さ 


妾お 

^し 


力 > 


ヒ 


TO ど 
取 《 




し 


は 


の 


が 


の 5 
レリ 1 






よ 


ii ゝ 






で 


W 




モ 


が 


ふ、 


ち 

刀 か 


【、 




/ 
\ 




fell 








本ん 


o 

が' 




何 g 惡 S 


L4- ら 

は 


チ 


ォ 






、 

し 


A. け 




B み 




わ 


V 

X 


い 




1 


1 




o 


I 
\ 


r-t ふ 




JC 


モ 


賢 t' 


ま 


A 

9 


中^ 


SB ば 

m 







ム 
や 


レ 


つ 


は 

パ、 ^ 

少 J 


r 


1i ゝ 









做た 
柴の 


は 


JiX. 、 






J 


t 

r 


て 






H み 
兄 




ま 


し 




ひヽ 

レリ 






に 


子 




> 

し 


J, こ 

ム 




せ 


レ 


せ 


■7. 
み 




ネて 
キ 




\ 




は 




は 


r 


さ 


て 


曹 


ん 


で 


b 


ど 










あ 


V 

X 


»s 、も 


X 


h 


4 





r 




レ 








4 し 


梅 * 


ラ 




n 曰 5 
リヌた 




何 f こ 
が 


かつ 

大き 


y 




于 




BH あ 
明 さ 


T 


ぐ 


モ 


、、 
C 




> 

ふ 


な 


せ 


o 




1 

1 




议っ 
伎 




組 さ 

惜さ 


おん 


さ 




ヒ 


し 


母、 

k 

めさ 
る 


ん 




ml 


の 




口 て 
P 


} 

/ 


リ 


> ノ 
々〈 


ん 


ふ を 

習 f 






ィ、 
で 




び 


頭 t 




U- 


\ 


て 


V 


す 










1-. 

lz 


)> ベ 
【人 




も 


早? 






> 

く 


力 > 


> 

ふ 


ルぁ 

31 や 

愴 K 


才 


る 




fj ゝ 


載の 






< 


か 

栴ま 
の 

よ 

く 

な 
る 
ま 
で 




な 


Q 




1 


涙^ 










>> 

ク 


よ 


ガん 


る 




奥た 
W 




CO''- 




h 


ま 




It 

y 


/ 

\ 


の 


や 


マ 


け 


> 

く 


れ 






h 


し - 




プ、 






>• 

つ 


、 


\ 】、、 

は 




よ 








ま 


7C 




マ 




y 


た 








わ 


の 


せ 




せ 







プ、 


ま 


力 


X 




力 > 


1 た 


の 


ど 


さ 






レ 






> 

し 


チ 




は 


'リ 


の 


さ决さ 


力 > 






] 






ふ 
や 


I 


z; い 


/ 

ん 


7c 


節 t: 


辛び 
卖 


見み 


ね 






寸 




1 


と 

ラ 




ひ 






r\ 


蹄 か 

1 


て 






は 







子 


t 


な 


に 




知し 


おは 






れ 


P1 か 




ほ 


I 


出 


* 、、、 

力 > 


ふ、 

、八 




ら 




し 






よ 


哀ミ 
ら 




ん 





、 

し 


ら 

額き 






た 


丄ム 1 

枕? 








1 ク 


さ 




て 


が 


今 も 






卓ミ 


のら 




fi、 


> 

し 




に 




< 
ら 
で 

御た 
iU" せ 

話 わ 

し 
ま 
す 

力 > 


ふ 


の ひ 




さ 


云 

ふ 

て 

祖 

母 

に 

進ミ 

め 

て 


母 


子 念 


上え 




早? 


い 




か 


し 




汗? 




きお 


力 > 


の 


に 




< 


まも ふ 
顏& 




一、々 1» 

前ミ 


て 


て 






じの 


曰 ひ 


上 之 


mi 




m 


ど 




は 




遣 や 


ふ 




- れ 

r , 








1W い 


輕か 






所 i 





ね、 


世せ 


み 


カュ 
ら 


新え 

mi 


—は 




の 


ん 




可 か 


に 
會! > 

堂;? 


ま 

し 




話 わ 
を 




大? ^ 


胸き 






< 


fe き 




哀 5 


fl 


し 


し 


す 


好 f 






な 


て 




さ' 


へ 5 


o 


て 


て 


o 

祖ば 
母、 


な 

の 


ん 


話き 
し 




る 

樣? 
に、 


イ 




に 


連つ 
れ 

て 




ハ 




n 


本' んま 


で 


m 










遊き 


行 ゆ 




力 


る 


漸言 


め 




聞き 


くら 




; W 






び 


さ 




チ 


の 


くや 


る 




力 > 


'ぎ 




祈? 


祖ば 






ま 


ら 






て 


將 e 


身み 




し 


切き. 




t 


母 あ 






し 


は 




フ 





A 



.>れ は かたみ めつ さ, C び かほん まへ 5 た 

雨 を 晴らして、 レ f チの方 を 見やる^、 眼に 着いた 讃美 敏の 本。 《か 前が 唄へ る^ チ.' •:.: 》 ^殘念 を 

浐ク ひどこ ど さんび 5 たき、 .S s み ふ < る そ f f- か 

ぅ^^::云た 一 言。 ァ 、讚美歌 か 聞たい =ト 云 ふ 意咏を 合ん て 居ます から、 レ . 'チに は 鹿 想して 叱られた よ 

かん わたし 5 た 上 ,ぃ> こ s 

Av もつ らく 威 卜ます 0(( ほん^に 妾が 唄 へれば …… はん^に 好い のです に …… あしたから 何處へ か 行て か 

き 》* いはち くね る ひさ くわいだ 5 ゆ 

を はつ て來 まし やう 0)) (( ::: かう やつ て每 日./ \- …… ^てばつ か 4 居る^ をれ に 久しう 會堂 へ も 行 

さんぴ かき、 こど がく か f せんせい たの かた 

かないから、 讃美歌 か 聞た くな つて。)) 7 、 ぃゝ 事が あ 6 ますよ。 學 校の 先生に 赖 みまし やう。 わの 方 

S こ.? しゃ いつ たの き まいにちき 5 たくお 3 へ 

ハ御 巧者 だから、 あしたで も 行て ® んで來 まし やう、 每日來 て 唄って 下さる やうに 0)) ((だって か 前 …… 

せんせい いも き かた しんじゃ しんじゃ 

先生が^ うして 乙ん な 家へ 來て 下さる もんか チ C …… i^ シ テぁの方は信者卜ゃなし0〕 ((信者で.^^くって 

ふし &ケん きく だ たのき くだ き 

も、 節 は 御存 してす ョ。 …… < ^うか 來て 下さい ッ て赖ん だら 來て下 さるで しゃう o》 《さう かね. I …… 來 



て 下されば ぃゝが …… をん なら か 前よう く 43^ 願 ひ 申て …… ひさい 處では さ. CN ますけれ^ も ••:: )) 



S またいた だ ふし/ \ かほ か I 

云 ふうちに X 痛み 出す 節々、 顔をしかめて 身お 屈める に、 レ I チ は.' わ はて- -後 へま はって、 脆 母の 腰 を 

かよ to « 'で い ふか あい け をげ こ 、ろ 

:k さへ る、 氣 弱い を の 腕 11 さう も 云へ ません、 深い をの 愛、 健氣 なをの 心 

(中) , 

こ や たつ. しゃ どき あんそくにち か、 くわいだ 5 で ねっしん き た- 5 さ、 ; a ク 

此の 病める ヒ ュ 11 シシュ 、ク での 達者で わった^ に は、 安息日 も 欠 さ 卞會堂 へ 出て、 熱心な 祈禱も 舉げ、 熱 



しん も、 め こ, とさら さんび か だ. S*, ヒき C ぶん ,,ゲ かく e や これ よ S- かんだ 5 もの .5,<はん 

心^^^勸話もし、殊更讃美歌は大好て、自分も中々巧者でぁったから、 之に 依て 威 導した 者 も 幾人 か。 眞に 

かみ ち 5 か せん しもめ ひど しんあい し まい しか この やま ひ か、 この どし ころまい K ちね 

神に は忠 且つ 善なる 婢、 .< に は 信愛なる 姊 妹で あ.? ^した。 然し 此 病に 患って から は、 此 年頃 毎日 臥床 



よこ *,ゲ つ ゐ くわいだ f で ね も た、 あん も <K ち IC ど き か ね こ ゑ かせ 

に橫に 成て 居る ばか 6 て、 會 堂へ 出る こざな <^ は 思 ひも よらす 只 安息日 每 k 閗 rJ§: る 鐘の 聲、 —— 風 

ゥ < おど もつ ゎづ き * & 々さ ゐ かん. しん き さんび か た 

か 連れて 來る オルが ゾの 音、 —— をれ を 以て 僅かに 氣を 慰めて は 居ます が。 肝心の 好な 讃美歌 は、 絶え 

ひさきで き いじ ぶん 5 た さんねんい iJJ ん 5.3- ひも お S 

て 久しく 聞く と は出來 ません。 それか^ 云 ふて 自分で 咱ハハ うに も、 それ は 三年 前の と、 —— 鶯 も老 

やま ひ あへ み 5 た あや:: f かれ 

て は0 —— まして 病に 喘ぐ 身の、 うして 成. CN まし やう。 孫の レ I チに唄 はせ うは も、 生惜 く彼ハ 知らす C 

せがれ ぶ こつ だいぐ. しょく a ん や 5 でき み 

悴 の。 へ f i アル n 佛 骨な 大工 職人、 なかく をの 樣な乙 W の 出來る 身で はわ. CS ません から、 ヒ ュ ソ ;^ ュは 

折々 之 を 愚痴の 樣は 云; S ます。 

i つい t{ をに こど ば 、 さから ば t, 13 

生れ 付て 孝行な レ,' チ です 何事 も 祖母に 逆 はす、 否 逆ら はぬ のみでな く、 ^うがな して 祖母 を 慰める 

t こ、 ろ そ た t 'ひど た,? C く このさん 

樣に W ゥ さめて、 他の 事^ら 1 ッも 祖母の 心に 染まぬ と ハゎゥ ません が、 只 一 ッ逗惑 をす るの は、 此 讃. 

美 歌でした 

S 上 おも ひきつ け ふ がく か 5 き や し もど ゆき たの こ けっしん ひ 5 ち きんせい る を 

を こで 愈々 思 切て、 今日 學 校の 教師の 許へ 行て、 赖み a まう^ 决 心しました。 が、 日の 中ハ 先生 も 留守 

ゆ 5 かた をつ したく 5* 、 い ど 3 つ ど を W むら き や 5 し い も か5^」 で 

であらう から,, J 、夕方に 成てから 支度 をして、 祖毋に 暇お 吿げ、 隣村の 教師の 家お さして 門 を 出ました 

あ、 こさむ ふゆよ こ e も ど &> を ど を むら この ゆきみち 

= 嗚呼 此の 寒い 冬の 夜 …… まだ 小 供の わの レ-チ に ::•• 遠く n 無 S が 隣ゥ衬 まて、 しかも 此雪路 を …: 

ね も だ >4 、い さ をが こ、 ろ もど ど かく 2 & み <- へ あん いた からだ たこ 

ト、 思; S 出して は 祖母 も 流石に 心 元なくて、 兎角 孫の 身の上 か 案じられます から、 痛む 體を やつ ^起 

まくらべ ま: Si かけ お がら も £ むか み かも め かも がら も ゆ ふけ ムり かも はたみ ち 

し、 枕邊の 窓掛を 押しの けて、 微子 越し 向 ふ を 見ます^、 一 I 霞む 眼 霞む 微子、 ,—— 夕 煙に 霞 ひ 畑 道、 

しか わか かぶつ ゆ やぶ し 3 みお ほへ ま 3 f む e や..' かせ 

確 さは 分らぬ、 が …? 頭に 被て 行く 破れ シ ョ.' 乂 縞 は 見覺の …… 正しく レ f チ! あの 憒 らしい 無情な 風 



が、 無殘 k 橫顏を "吹きつける、 —— またぎけ がれぬ こ 小 1 の 11、 11 ァ ラ だぎ の! b 11 i ぎ か 1 がの S 

を 取らう さする 之 を 見て は 祖母 ももうた ま. ません、 乙ん な 事 S 知ったら、 あの 檨な 我儘 を 云 はす 

. , いだ か あいま & どんく ろ 5 あ、 

ド 4^ け はよ かった, よしな い 事 を 云; S 出し て 、可愛 い 孫に 飛 だ 苦 勞 おさせた ヮ ィ ::•• 瘪 あやま つた = ト、 

みだ まつげ つゆ や! 

も い 涙 は、 —— もう 瞎 毛に 露 を 宿さし ます 

P め,^ ゾだ か ひ .wt も ビ おど ね 50 5 ち てしょく ビも で き 

《御免下さい まし j 可愛らしい 1 聲、 レ 》 'チは の 外から 昔づれ ました。 內 から 手燭お 點 して 出て 来た 

き や 5 し, さ. & くん さむ 3 ゝ ひど& 

は 、教師の 妻 君です。 《ま ァレ f チ さん、 この 寒い のによ くま ァ ::: お前た つた 1 人 かい、 ::: さう かい… 

, . たいへん こちら は S けぶ &ょ 5 

…まァ をれ はさお 大變 おったら ぅチ. -o サ 此方へ. 入 6! をう して 今日は なんど 御用 かい?)) ((ハ ィ、 

せ,^ せ 5j ^ ^ , しゃ 5 くお ねが S 5 ち こちら いで 

あの 先生 は 御內に 入ら しゃいます か 少 々御 願が,^^ いまして 0)) ((ハ ァ.; ^宅 だ ョ0 さァ此 方へ 出て!)) 

パは た ね < ひど 3 つ ゆき こへ あるじ ま ちゃう ビ あんらく. S も 

妻 君 は 勞は, なから、 奥の 一 間へ 連れて行ました。 此の 部 や は 主人の 書 室です。 主人 は 丁度 安樂 倚子に 

ui か,:. つ * お ほへい たよこ ふ ゐ みめ つね あか s きっか かろ 

寄 4 掛て、 倨傲に 煙草お 吹かして 居ます。 見れば 目の ふち 常にまして 紅くな つて、 意氣遣 ひも 輕 くない 

) . JO け. S くせもの はら jf, かも る いった S この を どこ だい さけ JS い ゆ ふか ブ ずら 

檨 子。 さう やら 酒 さ 云 ふ 曲者が、 腹の 中に 住 ひで 居る やうです o( 1 體此男 は 大の洒 家て、 毎夕 必すフ ラ 

5, ち Li* ほん たい 、 き や 5 し いま さいくん K も K チ く み "だれ 

ゾ ティの 1 二 本 は 平らげる さいふ と です。, J 教師 は 今 妻 君に ffc れて 來るレ I 于を見 て、 《ャ 誰お レ-于 

> I ま t この ころがく か 5 で あそ ゐ 

力。 ^前な せ此 頃學桉 へ :: : ちつ さ も 出 い ん, た …… 遊ん でば か .0 居ち や い かんど! 》 

み ねみ ゝ かみ を3- い ち:; J もの . 

レ-チ か 身に は寐 耳に 雷、 一 度 は あきれて 物 も い へ ません。 



け な げ さ 八 四 

_ 5 ち ば あ あんばい わ =*i あ び や £ 'き 

i …… ハ ィ 家の.:^ 祖母さん が …… 鹽 梅か惡 るい もんです から OS ナ 11 か 祖母さん が病氣 …… もんな 乙 ざで 

がく か 5 や を やつ ばか ズ き せんせい もこ ねが ひ 

學校を 休 ひ 奴が ある もんか 馬鹿な! をれ でけ ふハ 何し に來 た?)) ((先生に 少し か 願が,^^ いまして 0)) 《ナ 

ねが ひ ねが ひ かね か こど かね 5 た 

一一 願 か :•:• なんだ 願た ァ? …… 金 なん^あ 貸す 事な らん ど 0)) (( ィ、 ェ.; ^金ヒ や さいません …… ァノ歌 

を …… )(( ナ 一一 歌 を? 作る のか?)) ((ィ 、 >^o ^うか 私の 家へ 來てか 唄 ひなす ゥて、 ァノ お祖母さんが 

き ま を,, がっか 5 たかへ ばか い たも 

閬き たい ^ゅ ますから、 學 校の 御歸. にで も …… ^うか!)) ((馬鹿な •:••• 何 を 云 ふかさ 思 もや …… もんな 

うら *> せ どこ ゆ しつけい がく か 5 き や し 5 た 5 た しっけいき 5 た 

Hi 裏の 瞽女の 處へ 行け …… 失敬な 學 校の 教師に 歌 を 唄へ なんど ト …… 失敬 極まる 0)) ((ハ ィ …… あの 敏だ 

た > 5 た さんび か $ ち * あ たいへん もき 

つても 只の 歌で は f^^ いません、 あの 讃美歌 AJ! 家の か 祖母さん が大變 好で.^? t> いますから 0)) ((好きだ 

きら しつ さんび か 

つて 嫌いだって、 をん な と を 知た もんか、 をれ に 讃美歌 なんどな はい や だ 0)) ((それでも^ うか …… 

1H れ、 うるさい!》 

き あなた しづ こ f た "一ろ 

妻君ハ 閲 きかね ますから、 《良人 をん なに かっし やらす は、 もつ さ靜 かに …… 小 供です から 驚き まさ K 

き さま ,しち 13 ゆ せんせい 

チ oj ((ュ -.v 貴樣 までが だまって る! ォ、 もう 七特 お行かに やならん ク。》 《ァノ 先生^う か …… ))(u、 

. し あ をた し. 

うるさい …… 知らん く 0)) 《をう して 良. << ^ちらへ?)) ((知れた とさ 0)) 

き や, ゆう かけ ゅ5 し ひき どつ いつほん つき くつお ど あ 

教師 n 帽子 掛から、 帽子お 引ち ぎる やうに 取て かぶ ゥ、 ステッキ を 1 本 突き^がら、 靴音 荒らく ふみな 

らして、 …… あら ぅ姿ハ 見えません 。妻 君 ハレ I チ をいた は 4.Ja> がらぶ サ もうか 泣きで ない ョ。 ョ。 

せっかく せんせい さけ ゐ 

なにも 乙 はか ァ ない •::• さう かい、 折角ね。 …… でも 今日!:: 先生 ハ;^ 酒 を わがって 居らつ しゃつ たから、 



こま J わた. し ねが な 一 

あんなに ポゾ-/ \- かっしゃ ッ たんだ 今度 私から ようく か 願; S 申して かくから 于, •••:• サも うか 泣で な 

^ はや かへ なみだ あ , 

い、 泣かす に 早く か歸. ョ、 ョ! さ アムいて わげ やう o( 淚 を))) I; ハイ…:. ニイ :••: 有ゥ がた う •:••• を 

ん なら^う か …… よ k: しく …… )) 

を どめ しんせつ おくさ 6* みかへ で ゆ さいくん かんしん む もめ み ねく 

少女 ハ ほん^に 信 切な 奧樣 ざ、 見返 ながら 出て 行きます。 妻 君ハァ 、威 心な 娘よ ト、 見 ゥ なから 立 

ゐ を W ゆ ふづき を ❖ さ かほ 

て 居ます C 折から さしの ぼる 夕月、 —— 慰め顔です 

(下) 

くも お ゐ つき くも つか ゆきみ かり や 5 や くら か たかは 

雲に 追 はれて 居る 月、 ^う- v\ 雲に 櫻 まれました。 あ 雪 光ば か. て、 漸く 薄暗くな ゥま した C 片側 

み あげ も 5- こ だお ズチ: i さっき ふ < こ からし r^^^ ゆき け た W ね, >ら ど s- きも ひや ゐ 

n 見 上る や,^ の 森の 木立、 何 さなく 殺 風 を 含んだ 木 枯ハ、 梢の 雪 を 蹴落して、 塒の 鳥の 肝 を 冷 させて 居 

3 たかた かほ か を た ほ いけ みき ほ みだ ゐ かれ あし みづ" J り ため ** はた & や をつ ゐ 、 

ます。 叉 dt 側ハ 可成 6 に 大きな 池で、 汀に 亂れて 居る 枯 蘆ハ、 水鳥の 爲に 好い 旅籠 屋さ 成て 居ます が。 

こ ほ 5- は い け ね もて いま つき や: ^ こ い け ts- あ いだ に る 2 いち W や 5 や 5 や ど ほ 

氷の 張りつ めた 池の 面、 今 ハ月を 宿す こさ も 成 6 ません。 此の 池-^ 森^の 間に ハ、 荷車 一輛お 漸く 通す 

ほ"」 こ みち みか き や 5 し 5 ちゆく せひ ど ほ どころ いち 4^ き み 

程に 細路 があって、 レ I 于の 住家から 敎師の 家へ 行に ハ、 是非 さも 通らね ハ ならぬ 處、 ジ t ァ 一 番氣咏 

わる どこ A- -,^ このい け 3S;C んこほ り どき ひど づ、 なち. し い こど き をく 

の 惡ぃ處 です。 何故なら ハ、 此 池で ハ每. HJ. 氷す ベ. CS の將 に、 1 人 宛 落て 死ぬ さ 云 ふ 事が、 まるで 規則の 

ゐ この も y を ひど &ろ S 5 はさ 力ね/ \ き ゐ 

やうに なって 居ます もの を。 此 森で ハ 折-^ 人殺しが ある S 云 ふ 噂 を、 兼々 聞いて 居ます もの を。 

い まこの こ みち き か あ、.' せっかく たの い こど い も か はし ズ少っ 

レ I 子 ハ今 此細路 にさし か、 つて 求ました。 可哀 さう にレ ー 子 ハ、 折角 赖みは 行た 事が、 麟の啄 さ 成た 

5 ち かへ ク い ば-ひ たの ゐ このへん e きい 

ので、 1 家へ 歸 てなん^ 云 はう …… 4^ 祖母さん がさ ど 鍵 しんで 居る だら うに …… 此返事 を閗 たなら、 



かっか s- あん き き ^ むね つかへ おこつ ゐ 

. ^ん なに 落膽 なさる だら う …… = ト、 案じて C 氣が氣 であ 6 ません なん,:, J 無く 胸に 痞が 起て 居 

あし はこ たば. * さび わ も ふ まや "へ 

る やうで、 足の 運ぴも はか- (\- しく わ. ません が 又.; ^祖母さん が 淋し, からう ト 思て は、 単く 歸ら 

もどめ からだ ほどん これら しんば い f> はい く こ * 

ね はならぬ やうで、 ……少女の 體ハ、 殆€此 等の 心配に 支配され つ、 も、 來る さはな しに 此處 まで 步行 

きた ビ ころ こ、 つね な もる ajc ろ ひ ひど、 5 

て來 ました、 所が 此處: 吊から rJ はいく さ 思 ふて 居る 處、 •::. ましてもう 日 はくれ て 人!:^, ゥ n な 

き した 》r. も くら かせ おど もの & き こ ビも $ 

し、 木の 下 C 薄暗くて、 風の 音 さへ 物凄くな つて 來ま したから、 まだ 小 供の かなし さ、 さァ こはく 成て 

<st^ ろ をに ね こ、 ろ もち くび も お か あい あし ゆき け たて 

たま. ません。 後から 何 かに 追 はれる やうな 心 持で、 踵 も 地に つか 卞、 可愛らしい 足で 雪お 蹴 立ながら、 

いそ あし ゆ たち s;!,- ち, C がね むか こ だち か ゾ ふい ぉビ 

急ぎ足で 行き かける —— ァラ 落人に 陣鐘、 —— 向 ふの 木立の 影で、 不意に。. 5 スト をの 音が。 —— レ 

ちい きも ほどん おも ^ さんげんに だ i かく & き 

-チの 小さな 膽は、 rJ れ で殆. ^つ-^ れ まし た。 思 はす も 二三 問 逃け 出しました が、 雪に 隱れて 居た 木の 

ね そこ ころ ころ た あが K かどき つね 

裉 につま づ いて、 其處 へ轉げ ました。 轉ぶ ともう 起き 上って a けられない のが、 斯うい ふ特の 常で、 レ 

fc^ K fj かた はらぶ ひ .PS- &か 

I チはハ ッ笆思 ひました が、 もう 逃 けられません から、 仕方なく をの ま、 .gffl ながら、 森の 中へ かくれ 

ました。 

むか た. & へん . は さんばつ ひ た》» ./s- たど 

向 ふで n 大變 です —— 二三 發ビズ トルの 響いた^ 思 ふさ、 わさ はズッ テキで うち 合 ふ 昔、 — き £ も 

わか の、 し ゐ こ ゑ しばら き しづ たち ま ちし ^ivj 

分らす 罵 ふあって 居る 聲、 暫く やかましく 簡 こえました、 が やがて 靜まウ ました …… する £ 忽ち 足音 

きこ いま かズゐ まへ た ほ を どこ さんよ ; d ん を か .P き 

か 閬 えて、 今レ I チの 隱れて 居る 前お、 大き 》 男 か 三 四 人、 何 かいひ^がら a けて 佇ました。 11 i 

まった ひつ を0 ゆめ やぶ みき は みづ SJS- n はけ さわ こ ゑ 

n 全く 寂寥^して、 夢 破られた 汀の 水鳥の、 寢惚て 騷く聲 ばか. 00 



あんしん むね き あし ふるわ も s- で 

レ, 'チハ やつ ^安心し ました が、 胸の 動氣 足の 戰慄 n まだ やみません。 rJ は,. 1- 森から 出ました が、 

あめ ふつ ち このされ ぎ * どめ ;>-J き や 5 .S3 た 

雨 降て 地の かたまるなら; 3、 此騷處 かあつてから、 少女が 度胸 ハす ハウた やうです。 ソ シ テ今ハ 只、 = 

この や <- VJ ころ ゐ けが B やかへ St あし. si 

此檨な 所に 居て ハ、 また^ん な 怪我 をし まい もので もない、 ::: 早く 歸 るに しかす, と、 急ぎ足で 今の 

けんく わ ばしょ ど ほみ むざん だいち ゆき f もみち ち 

喧嘩の わった 塲所を 通って 見ます さ。 — ァラ 無殘! 大地の 雪に n 特 ならぬ 紅葉 を 散らし、 また わち 乙 

つ ひ K さん ほん い つち やう くつ かたあし どん ゐ これみ f こ は 

ちに 杖が 二三 本^、 1 挺の。 bt< トル さ、 靴が: it 足 飛で 居ます 之 を 見る さレ I チ にハ、 急に 恐怖 いも 

み ね ん おこ その へん みま は ぶ. L ぎ い け * &か 

の 見た しとい ふ <ふ が 起って、 なほ 其邊を 見廻しました 0. 1 する^ 不思議です —— 池の 中で ボ チ ャく 

みづ たど また 5 を こ ほ e- やぶ ね ビ き Kj これ き、 を かく 

さ 水 昔が して、 叉 溝い 氷の 破れる 音が、 パリ-/ \ ^聞お ます レ— 于 n 是を 問つ ける^、 中々 その まゝ 

^ い け ほ v-s- き たしか にんげん だい を VJIJ .S け を か 

に 捨てません。 ッカ くさ 池の 頭へ 來て すかして みれ n、 確に. < 間です しかも 大の 男です。 池の 中へ 

を い せ し た みづ こ ほ 《- ゐ 

投け 入れられ たもの か、 背から 下 を 水;^ つけ、 氷に すがって ょぢ のぼらう さして 居ます、 が よくみ れハ 

上 こが ほ きづ をが でち ゑり かた つた る あんばい ざんこく み 

橫 顏に疵 がわって、 をれ から * れて 出る 血が、 襟から 肩へ 傳は つて 居る 鹽梅、 いかにも 殘 酷に 見えます 

こ 5,- る しんき や.? しん ビむゐ か たど を た 上 ゆ 《. き で じぶん さむ 

から 小 供ながら も仁俠 心に 富で 居る レ I チ、 期うな つて ハ 大人 も 及ばな, い 勇氣か 出ました。 自分の 寒 

わ も かた あ. し みづ を か い くだん を どこ て つか せんしん ちから &ゃ S て ぁク ひ 

いのも 忘れて、 片足お 水の 中へ 入れ、 件の 男の 手 を 攫み、 全身の 力 を兩 手に 集めて、 引き あげやう^^ 

その を どこ こ、 ろ わ 5U て いたで i tO 

ます, ヒ、 其 男 ももの 心お 得て、 嬉し さう にレ, チの 手に すが. ましたが。 痛手に 苦しめられて 居ます か 

e ちから あが でき かへ つ ほ 5 いけ を か ひきい いつ L やう けん 

ら、 自分の 力て 上る 乙 さは 出來 ません、 却て レ 1 チの 方、 が 池の 中へ 引 入れられ さう です。 をれ を 1 生 S 

めい わん S- よく はん ん あげ ね も &£z z^a, わ また を か ね 

命の 腕力で、 ャ ツ^ 年分 ほき 上た と 思 ふ^、 男の ふまへ た 永が 破れて、 叉ズ かくさ 中へ すへ- H§S ちま 



この ド. さん ビ ひ み を どこ きづ かま こし 

す。 :••: 此 やうな 事 を 二三 度して、 やつ.^ の i で 引き わげ て 見 甘す^、 男の 疵 n 顔ば か- >で なく、 腰の 

ち ねび た 5- をが ゐ を か たソ あるく 3、 ゆき 5 へ くる 

あた. から も 血 か 夥しく 流れて 居て、 中く. 1^- てル 行と もなら す 。をの 鶬 雪の 上へ へたばって、 苦し n, う 

5 & を どめ い た ゆき くち い や 一 きづ. ち たさ や 

k 迂 つて、 居る ばか. です 少女 は rJ れを勞 ながら、 雪 を 口に 入れて 遣った 6、 瘡 口お 押へ て 遣つ 

か ひ かい?? 5 や 5 ち * どこ もこ たも /• び も .;,- 

た 4、 甲斐く しく 介抱して 遣 6 ます 中。 男 も 少し よくな つた か、 重た さう に 首 を 擡げて、 ffv- ::: 

がた ビア ザた ^ こ ゑ おは か 13 

あ, わ 6 難う 何方 :••: です か ::: 1^ 云 ふ聲ハ さう やら 畳へ が ある やうです。 もしゃと かも ふて 顏 

み ゎビ あ た せんせい だれ せんせ、, xi.? し 

を さしの どいて 見る さ、 驚^cきましたo ((ァ ラ貴郞 ハァノ 先生 …… )) 7f y …… 誰お …… )) ((先生 妾で 

せんせい だい e や 5 ぶ めん ゆく を 

とさい ます ョ …… レ . '于で …… 先生^J-ぅ4<丈夫でf^さぃ寸すョo)) ((ォ 、レ- 子 か …… 面目無い …… レ - 

さっき わし わる ゆる < わし こ *T- くわい わ. し ども だち 

子 や 先刻 C 私が 惡 かった …… 許して 吳れ …… ァ 、もう 私ハ 後悔した …… あれから 私ハ …… いつもの 友 律 

どころ * くち どころ わる やつく る こ、 

の處へ …… 赌博 をした 處が …… をれ から 惡 い 奴が …… ァ 苦しい!】 《さう です か。 をれ にしても 此^ ヒ 

だれき く ,- 

ゃァ …… ァ 、誰か 來 て與れ ないか チ I …… ) 

5 ち つ S かいは 5 おも * どめ み だい を どこ ひど S- お ゆ 

家へ 連れて行て 介抱し やう S 思 ひました が、 少女の 身で. K の 男 1 人、 . ^ラ して ft ふて 行かれ ま せう。 £ 

^ ほど くるま ど 5 わく ゐ どころ ど は さん SJSf. & し 上く にんて. S を どこ こ 

云 ふて をの 邊. は 車 もな しさ、 逗 惑して 居ます 處へ、 通り か、 つたの ハ三 十四 五の 職人 體の 男で、 此の 

てい .tc ためら を どめ もば 《 し 上つ こ かた ど つ 

體を みる S 少しも 躊躇 はす、 少女の 傍へ 走 6 寄て、 《レ- チャ^う したんだ 此の方 は?)) ( (才、 4- 父さん 

…… )) 

おや 5 ビ どころ ち、 L £ ど がへ ど はか、 _ ふたり ちから あ K ふかで き や 5t 5-:JJ 、ほ 

丁度よ ぃ處へ 父が 仕事 歸 4 で 通 4 悪った ので。 を 乙で 二人 は 力 を 合せて、 深 傷に なやむ 師を、 程遠 か 



らぬ r 家へ つれて t? ました。 をの i の i が r 里で も 分. -ま しゃう ( 

すョ 52 Z ノ ^ ^ き? し せん。 言 しんだ.. . ;-) 



あ 、 この * どめ け を S 

鳴呼此 少女の 健氣さ 



力 彼の I きな sf 、 鎖 V きにした の も、 こ 鮞レ, 子の まげさ 一 ッ でした。 



, . (上 鴛) 都の 眞中ズ 象 5 ぬお : , t もこ t? き、 一、 

お rhps までが、 i:l めき r うきる の! 5 さ: さ irM の u 

I. J^. ^>^o こ L .§^^fla^, せう やら 序 慕 首 を はねられ さうな 代 牧たカ 

杉內 S 云 ふ 男 かあった 7> れも 俗名 &S プにカ ズぉ .^f : .sf」 、卜 ハづ 7- 

fim^p%a( ,^の東ま 四 里 四方 はかる f 曰 ま, 十 f いつ, - 

Ml ft に、 I 者の L しき。 i4JI 2t 

俨 の i ず、 If 三晚 ノ も .<Ma 



かみ ど は, v& 



このは てい S どし わか さく. しゃ を ぉほこ^*^ は しい せね. 

ハ、 木 葉 亭^ 云 ふ 年若な 作者 さ、 何に か 大聲で 話な しながら、 か靜づ かに 入らつ しゃいき 背に ラ けて、 表 

で み よっか つきい * べんてん: If む; 3 どつ まっか 

て k 出て 見る さ、 四日ば か. の 月 まだ 入 6 もせす。 名殘. 惜し をう に辨夭 堂の 糠に 取, 付いて、 核の 影 

さまね も. し いけ たもて を. Q ね かも を まぬ こ!; - れク ら う は 

げを形 面白 く、 池の 面へ 投げて 居る^。 寢を びれ た 鴨が、 折ゥ ふし 間の 拔 けた 聲. して、 « を 移つ す 羽 

おど き ふた 3- いしばし き くら <» た この « し らく や を 

ばた きの 音が 閲 乙 へる J 二人 は ブラく 石橋の 上まで 來 たが。 鞍馬 n 立ち さまって、 ((オイ 木 菜、 暫特休 

い かさ かんおう X かせ ふ かせ か つら 、わ あつ 

ひで 行か ふ。 ァ 、 い 、風 だな ァ OM 寒中に 夜風に 吹かれて、 ァ 、 い ゝ 風た ァ 變はゥ てる ョ。 面の 皮の 厚い 

もつ し け しき じつ せっけい ね も. しろ を ま ゆ ふま 々れ 

以て 知るべし だ?)) ((何お?)) ((ィ 、 ュ、 い、 景色 ださ 云 ふと サ OM 實 に絕景 。面白 や 馴れても 須 磨の 夕 間暮。 

きみ いんぶん S か うい どころ き た 5 5 への 

君1^どは韻文ゃ詩のとをゃかましく云<が、欺云ふ處をまづ氣をっけん?5^ぃかん0見給へむかふの上野 

やま な あい も 3- f げ 5も もや あんばい したいへ li 

の 山の 具合から、 n ヅ モリ^した 森の 茂みへ、 簿く靄 を あしらった 鹽栴。 その 下へ 家 を 見せて、 をの 二 

かいど ひら ゐ しゃ. じ 5 くつち 

階の、 が た 開いて 居て、 隙 子が あかるく 見える なん y は 嬉れし いぢ やない か。 かうな つて 來る^ 辻 

3 ち じん & きしゃ て 5 ちん け. しきそ く あ、 せつび /\/\ さき い つ はや 

待の 人力車の 提灯まで が、 景色 を 添へ て 來る。 鳴呼絕 美々々: …… オイく 先へ 行ち やい かん ョ。) ) 速 

あし ねつか き きみたち わか .& たづ 5 け 5 く < ろん ばか はし る かる., 

足で 追 ffi けて 來て. 《君達 はだから まだ 若い ョ。 徒らに 受賣ゥ の S 論に 斗. 走って、 居る の を、 輕々 しく 

きょくせん び らたいび S い まめ まへ か 5 い か ft や 5 び てんねん び 

ャ レ 曲線が 美 だノ、 裸 體が美 だの ト 云って るが、. 今 眼の 前に 斯云ふ 高尙^ 美 11 天然の 美が わら はれて 

み も £ じつ .^y き は は < ね. 4 S は ゆるしん せい び けつ ど ほ おも & じん 

見過す さは 實に愚 極まる とだ。 僕 n 思 ふよ、 所謂 具 正の 美なる 者ハ、 决 して 遠く ハ ない^ 思 ふ 吾< が 

ひ 5- ゐ どころ び ゐ みだで き & がた や $ お ほ 

日々 見て 居る 處に、 美が いくら も rJK: がって 居る。 をれ を 見出す と か出来す、 さも 得難い 者の 樣、 に大 

さわ ど ふ もど いは ゆる e ぶん いへ 1^ さか を y-t か 5 もの 5 か 4- い つばん 

騒き やつ て 之 を 遠くよ ゥ 求め やう^す るの ハ、 所謂 自分の 家の 煮 看 をす てゝ、 隣家の 香の物お 窺 ふさ 一 般 



いや . さっき を ら つけ ねか かたき そ ど も だ 5 ff-;; ねん 

だ。)) ((嫌に あてつける チ 先刻 奈良漬 を 侵し た 敵 を 、 In; 外 ま で 持ち出 して 討つ ^はきつ い 執念 だ 0)) t ィ ャ 

い はら い かんべん どき こハは L こんや ひど をつ >」 ころ あんるい 

3 う 云 ふ 腹で 云った のぢ やない から、 ま ァ勘辨 した まへ! 賭に 木 葉 子、 今夜 は 一 ッ 妙な 處 へ案內 しゃ 

けつ お. y ビれ せい ろ 5 あん ない き や 5 でん さんば じ だい 

うか。 ::: ィ 、 >1决 して 恐れた まふな。 誰が そんな 靑樓 なんどへ 案內 する もの か 子。 京傳三 馬の 胁代 

いやしく しん a つばん さく (1 や くわ W5 ち 3 た はいく わ S ちょ や ら 5 ちわ fAV 

. ^やわるまい し、 iE- も 新 日本の 作者が、 をん な 花柳の 港に 徘回して、 遊女 冶郞の 痴話に、 貴重な 白紙 を 

けが い はん はいしゃ S ろん さかん こんにち づ 5 げん さ 53 がき たつみ ふげん よだ f, ' 

される もの か 子。 ゃ廢娼 論の 盛な 今日、 通 言 總籬ゃ 辰巳婦 言の 如き ものが 世に出 される 亡 S ふ 力 

»< じつ さんば き や S でん き L げ もんじ ぶんがく たん ゆる 

僕は實 に 三 馬 や 京傳 なんどの 氣が 知れん が、 をれ よ. on 第 一 、 あんな 游戯次 字お、 女學の 一 端 もして 許 

ね こんにち ひ へ 5 か きく これ ItK ザし L わう わ た いま ゆく * つ どころ い 

して e く、 今日の 批評家が 氣に噴 n ん。 ィャ是 は 話が 枝葉に 渡った。 今 僕が 妙な 處^ 云った の は、 遠く 

. ち そこ き みた 3 ちか いつ , びけい ゐ び けい 

はない 直き 其處, た、 * て 見 給へ!。)) ((近くなら 行ても い 、。なんか 美形で も 居る のか?)) 《美形? II 

S- や 5 けん き きみ 4J つみさ ひど い やしく にほんぶんがく かい りゃう ち ft* 

けしからん、 もんな 了簡なら 来て もら ひますまい。 君 も實に 見下げ はてた 人お。 苟も 日本 文學改 H の 重 

はん わ こん a おせ 5 せっか れつく わ もの < 、ふ e ん&ど さ ゆ 5 

ft* ^佩びて、 今日 小説家の 列に 加 n る、 者が、 なん さした 事お! 區々 たる 婦人 如きに 左右され る, ヒは! 

ふ 4J ん をい ゐ い い りゃ^' けん L だう けんき f で き きみ、 や 5 

婦< が 居れば 行かう、 居 ければ 行く ま S ト云 ふやうな 了簡で、 欺 道の 研究が 出来る もの か。 君 見た 様 

ひど せいせっかい S め & よみ い を かげん じ & きみ そくはつ む 

な. <が 居る から、 今日の 小 說界に まだ 栴曆 ゃ田舍 源氏が 捨てら W な いんだ。 11 君で しゃう、 柬發の 娘 

3SJ こ しょせい ほ わか どの さま げいしゃ Co, ふ けんか S き は もの. 

が 何處の 書生に 惚れた^ か、 わる 若 が 藝妓に はまった^ か、 實に 不健康 極まる 者ば か- > 書いて 揚 

Ms にんじゃ 5 きょくび 5 が つも ゐ きみら li ん 4J や s ね ,^ つ * 、 

々^して 人情の 極微お 穿った 積. CV で 居る の no 君 等 は を. J- く 人情 を 誤解して 居る もの だ。 實 になけ 力 

しだい い せいしん せう せつ か ふ 5 き や f かへ つ が. &, なが のみ 

はしい 次第 サ さう 云 ふ 精神で 小說を 書く から、 つま. 小説 は^? g に、 4 ぬな くして、 却て 害毒 を 流す H お。 



たれ ぶんがく き 上く をゐ たん もく まんざら だ こど き や .5.S く & い 

誰か > 今日の 文學は 極衰だ £ 嘆息した の も、 萬更 道理の ない 事で もない。 なん ぼ敎育 が 無い から W 云つ 

^ しんり けんき 5 しん 0- はっき い どころ こ、 ろが 

て 、をれ では あんま 6 ひ^過ぎる 。ち つ^は 具理を 研究して、 凰 i の S 揮 さ 云ふ處 へ 心掛けて くれんで は 

あ 、 きみら fj ゆげ ふ た はくみなら ほくいつ I よきみ 

11 &T 呼 君 等 はま だく 修業が 足. O.J^S 、チ ッ ト僕を 見習: S たまへ。 一 I だから 僕^ 1. 所に 來て 見た まへ 

い じつ お ほ. & まな どころ だ 3 き & こ 5 かく あわ ふ ろん た せんたい 

ざ W ふ, の だ。 實に大 に 學ぷ處 が あるから 0)) (( 默 つて 閗 いて 居れば、 口角 泡お 吹いて 論 卜 立てる が、 全體 をれ 

ビ こ は をし ビこ き や は きみ L こ 5 への やま ちん. じ もちみ が 

は 何 處の話 だい?)) ((何 處 だって 聞く だけ 野暮 さ、 君 はま だ 知るまい、 此の上 野の 山に 一 珍事が 持 上った の 

、、 おんじ ) t や 5 し ちか. a ろよ この やま ね ほかみ ど ほ 1 'へ ビほ 

を OM 1 趁 事。 なんだ 情死 か?)) ((またもん ^と を …… 近頃 夜な く此 山で 豺が遠 S をす るの を OM 豺の遠 

はへ :JJ<' ぶつ ゑん ft ほかみ を だいどく わい * &か お ほかみ ど ほに へ 

^9 —— なんだ つまら 》so 動物園の 豺が鳴 くんだら う OM さう さ 。だが 此の 大都會 のまん 中で、 豺の遠 吠 

じつ あ がた £ ん げん る w を か た ほかみ ど ほ t 'へ き くら ゐ >?.J め 5 ほく 

さは 實に有 4 難 いぢ やない か 。わの 權 現の 森の 中で、 豺の遠 吠 を 聞く 位、 凄く つて 妙な もの はない ョ。 僕 

まいばんき く きみ つきあ こど は 35 こんじ やう い 5 へんた. S さく 

は 毎晚閗 き;^ 东 るのお、 きう だ 君 も 付合 はんか! M ィャ もうか ii.o 申さ ぅ0)) ((をん な 根性 だから 雄編 大作 

で き >J ほ、 いへ きい めう あん $ か & < ら $ さ 5 か せ ひい 

が 出来な いんだ 0M 财の遠 吠 を 聞て、.^ んな 妙案が 浮ぶ もの か。 御 苦勞檨 な、 風邪で も 引ち やつ まらない。)) 

ケ くもつ だめ かへ むり い K やかへ さいくん かほ み 

((ァ 、俗物 馱目 だく 。よ^しい をん なら 歸ゥ たまへ! 無理に^ は 云 はん。 早く 歸 つて 妻 君の 顔で も 見た 

を のろけ .LS- や 5 505 だ. & めいか 

まへ。 をして 其の 惚氣 でも あしたの 紙上 はかくべ しだ。)) ((へ ゾを ねめ く ッ!) )(( われ だもの 。當 代の 名家 

5 ら 5 こ ふん ま ね はが^ こど 

が 左 一 一郎の 口吻 を眞 似して 苦々 しい 事 ,た。)) 

くら 3 さいせんだ いぶん いき ほひ つね わ ふ あいて こc^は 

鞍馬 は 先 前 大分き こしめ した 勢に、 常と は 輪 を かけて 吹きた てるので、 相手に された 木 葉 は ほさくて 

ほ ゐ き もき くるま ど 

乙す 6 つよい 加减 にあしら つ. て 居た か さても 切. CS がな さ、 うなので、 隙お ねらって すばしこく 車 AJ® 



ひ、 何將の 間に やら 姿を消して しまった。 

て-:' くらま さんじん ズク に ひど い ^-5 は 5 どつ. ゆ い し >JWHG 

體ょ くま かれた 鞍馬 山人 は、 何 か獨. CS で ブッく 云 ひながら、 東照宮の 方へ 取て 行き、 石の 鳥居 をく > 

だん ち f - だいぶつ つ.?^ か 1? ふい 5 » ^ど 3 

つて 石 壇 を 一 ッく、 千鳥に わが- ^ かけ る^たん 大佛 で撞き 出した 鐘 響、 不意お 打 たれて 踏み 止った 

5 ズ V? の ゆ いつ , 

が、 なんだか 點 頭きながら、 叉 登って 行た 

fL^l.f 3 へき ころ つき しづ ,VJ ら ほし てんか こかげ やみ せ かい $ た J-w ころ 

東照宮の 前へ 來た 頃に は、 月 もた つぶ 沈んで しま CV て、 空 は虽の 夭 下、 樹影 は閽の 世界^ 成て、 只處 

& ころ JJ や. r. やど 5 かへ つ もの さ. ひ を わ ゐ どき., i.\ も 5- こづ わ しの を いけ ふ よ 

々にある 常夜燈 が、 却て 物淋し さお 添て 居る ばか :g 々森の 棺をく かって、 不 忍の 池へ 吹き.;^ す 夜 

A さ ゑ& もど ぬれ C たは f み ふる y ち 5 々わいた <- ゑ S- ムか くび ち *- さっき 

風、 襟元から 濕 手お さしこまれる やうに 覺 えて、 思 はす 身お 震 はし。 二重 外套の 襟 深く 頸 を 縮め、 先刻 

ちゃ5^.^ぃ を だ はらて S ちん 々わいた f はね した い みやげ さ、 君 ふ 5,^ ころ * を こ. S * こ、 ほ あ..; -、 

もらった 長蛇 亭の 小田原提灯 を、 外套の 翼の 下へ 入れ、 土 產の银 折を懷 中へ 押し込み 小股に 急ぎ足で 

ゆ そのもの たど た"」 ろ ち 5 f ゑん した ね,; J いで ろい A ぶちい ぬバ らま 

やって 行く さ。 其 物音に 驚かされて か、 五重の塔の 緣の 下から、 躍ゥ 出た 白 犬 さ 斑 犬 。鞍馬 は ビック リ。 

.5 くし. 0.5 -<; ぬ たの さ 3 た しっけい /\ けつ 5 らく , 

で ュ r なんだ 畜生 ッ …… ャッ大 か 乙れ は^う も 4- 樂 しみお 妨げた。 失敬々 々o 决して 恨んで 5:.^ れ るナ。 

a f は i> どま * れ. I. ちょ ^ わぎ や 5 まつ をば また あら が &ち, y5 ) 

チ ト 根 岸の 方 通. かゝ つたら 吾の 家へ 寄れ! 直き 御行の 核の 傍 だ。 X 洗;: S 流しで も 御馳走す る から 

^1 R い どころ みはらた を かよ か "セ.^ 

默 つて 逃げて 行く 處を 見る^、 腹 も 立たなかった さ 見える ナ。 …: . ^うだ ィ わの 仲の 好 さ加减 …… わ 

を K a.^ ゐ K< にんげん はよ f は^ まへ, ビ 

れで何 か 話 をして 居る の, たナ。 「ほん^に 惽 らし S A 問お ョ」 てな と を 女房が 云 ふ^ 「か 前 か 止めな. M 

くいつ ていしゅ い^をれ K , — 1 ビ 、 せ;..^, 

れゃ喰 付いて や るんだ け.^ も 0」 な^、 亭主の 犬め, が 吾お 睨ら みやが るんだ ナ。 「何ラ おらう 犬の- X ^説 を 

か ふしぎ でき ちが こな S だ *, 'れ ど W せ 5 せつ か . > A れ lr、 rif" 

書いたら。 不思 儀な ものが 出 * るに 逢 ひない ョ。 此間 誰か > 鳥の 小說を 書く さ 云って たが、 吾 は 其の 向 



はつ ばん い^せ ちせつ か そこ ざいれ 5 さかや £• ち くわん 》; い 

ふ を 張て、 1 * 犬小說 を 書 S て やらう、 其處で 材料 はさ しづめ、 酒屋の 八, ヒ自 家の ムク^の 關係 がい、、 

あ ひだ ぎ や くろ けつ ど 5 まう こ どころ き つ おもしろ もの で き 

をして 其の 問に 牛 a の 黑が决 闘 申し込 ひ處 な^もあって …… ?是は 屹度^ 面白い 物が 出來る ョ。 なんで 

いま よ ダ^,か ざん I ん か けっさく ね も くわ だ や を 

も 今の 世の中 は、 一 ッ 斬新な もの さへ 書けば をれ で 傑作 ださ 思 はれ るんだ から、 企て 易い ものお。 —— 

ィャ犬 ざ 云へ は豺 はも ラ鳴 きさうな もの だが なァ …… まだ 寢 る氣づ かい C ないて …… 丁度よ い 此處で 

• f L ばら 3 ど f ゑん ちり はら こし たばこ いれ ど て 5 ちん ひ な < ふ 

一 服して 暫く 侍た うか 十。)) ト、 塔の 椽へ塵 も 拂は卞 腰お かけ、 煙草 入 を 取 だして、 提灯の 火に 一 ニニ 服 吹 

> 6 たち ま こ S, また んゃ だいぶん や. tsy 

力して 居る ビ。 忽ち 1 聲ォゥ .11 o(( ジリャ か 出で なさった ど… 叉.^ …… も 1 ッ。 今夜 は 大分 安賣だ 十。 

, ^ い め 5 か を を の 5 ち まん こ 5 -; & ふく はらわた 

. I さう も 何ん^も 云 はれない チ. '0 妙に 悲しい やうな、 其 中 滿腚の 怒氣を 合んで …… なるほ^ 臈 

, . , ひど あがた ふしぎ こ、 き たびで 

し ほられる やうな …… も 1 ッか、 有 6 難い 不思儀 だく 此處で 問いて さへ 乙れ だもの、 旅へ 出て 

やまみ ふ まよ やつ き たも みぶ る ふる ど さけ 

山路に 踏み迷; 3、 あんな 奴 を 1 ッ 問いたら、 思 はす 身 震; S する よ、 震; S が 止まるまい よ …… ィャ 酒が 

せい だ いぶ さむ &っ ひど たきび どころ ひ ろ St く ひ たきつけ 

さめた 故 か、 大分 寒く 成た。 一 ッ 焚火.^ してやらう、 處で火 はこ 、に 蠟燭の 火で よい さして、 何 か 焚 付 

> ) かれ ば ャ カン キイ テオ ホ な、、 - チヤ クラ ク エフ チ あ、 ふ ss-o このは てい 

はない かナ …… ヨシく 枯ッ 葉が ある 11 夜間 狼 燒,, 落葉 一 .1 &〕 風流な もの だな? <o 木 葉亭の 如き 

ふ Ax'ws L ふ びん &Ar き .,( { ゑん した こも で こ ひき ビ さん み 

は 此の 風琉を 知らん の だから 不憫 だよ。 ォ ツビ 豪氣々 々o 緣の 下から 菰が 出た ハ 、ァ 乞食の 遺 產さ見 

. „^ 卞め > >- ね f けがら しか かれら どつ P しき しどね K チか, (-s- なきつ こも 

たは 僻目 か。 さう S ふ ざなん だか 汚 はし S ナ。 然し 彼等に て は 錦の 蓐だ。 これで 中み 履 K 付きの 菰だ 

> » > もどし ビた みき もの をつ こけ 5 いたみ はる ど, ゥ けい き しんか わ 

から を かしい II 元は 四 斗 樽の 着物 ざ 成て、 敌鄕の 伊丹 あた から、 遙々 東京へ やって 來て、 新 川に 

S さ らう はん どし s- や や K しめ や か い t\ &£ ざ しき 

i になる HJ 半年ば か. OVO をれ から 割烹店 か 寞グ屋 へ 買 はれて 行き、 やがて はがれて 飯事の 座敷 さな ゥ、 



iliiill 



あ:,? x-s み t もク じ や 3 く もち いくたび たきび ほど 《- のケ あや 5 s のちた. * 50 き,; >- かつば か a をつ 

X. が W は 見世物 小屋の 幕に 用 ひられ。 幾度 か 焚火の 邊へ望 ひで、 危 S 命 助か. 膽々 は 合羽の 代 ゥは成 

い 5 だち ね 3- せんこん ほ: Sj こ は ひにんて < S きもの > いべ::? VJU ^l^AT 

て、 夕立の 折に 善根お 施し、 果て は 非人の 手に 下、 おって、 出で、 は 着物 ビなゥ 入て は 蒲 H さな ゥ、 風の 

S い くげつ しんこ も みかへ ゑん .L た もて いた ちりあくた < 

宿さなる 乙 ゥ:. J また 幾 月。 やがて 新菰 に見替 られ、 此の 椽の 下に 捨られ て、 徒 づらに 塵芥 さ 朽ちん こさお 

ま ビ ころ の ら ぃ^: ため みだ をし ふ i ま ゐ s*-s^ ん げん どら ほく^ べん 

待つ 處。 又 野 R 犬の 爲.^ 見出されて、 鴛 * の 襖に されて 居た が、 今人 間に 捕 へられて、 遂に 北邙 一片の 

v7,.^M-feyJ ふび 乞 こも み 5 へ あ、 くわん 《 'きょ ゆめ こ るふ, できあが _ 

Ir 思へば 不憫な 菰の 身の上、 踏. ベ 觀 すれば 浮世 は 夢な …… パ 、 , 、さんだ 菰の賦 が出來 上った 

ハ 、 、 、。)) 

ひど き や 5 ねち ぶ こも 5 づたか ろ *n をく ひ 5 つ しき 

獨. 興に 入.^ ながら、 落葉.^ かき わつ め、 菰を かぶせて 堆 くし。 をれ に, 蜋燭の 火,^ 移して、 ^ゥ はふ 

上つ ゆ ゐ こ./' も た •、< も くらま かほ 

s たけれ^ も、 夜露に しめって 居る から 一向 燃えつ かす。 只 燻ぶる のみに、 鞍馬 は 顔をしかめて もて わ 

そこ こ ねどこ を、 上つ たきつけ わたし さ あ 

まして 居る —I 其處 へ、 何處 から W もな く 一 人の 男 進み 寄て、 《焚材 は 私が 差し上げ まし やう 0)) 

か ゑ V も た^ くらま 3 へ もつ き かしこ くらま ^ よろこ 

云 ひながら、 枯れ枝の よく 燃えさう なを 一 束に して、 鞍馬の 前へ 持て 來て 畏まった。 鞍馬 は 1 度 は 喜び 

ビ rK^^ そのに どこ み どし いろ くろ くろほ ぶたへ こそで ね x-b 

1 度は錄 60 ックく 其 男の 樣子を 見る に、 年は廿 五六 か、 色 クッキ リさ黑 く、 黑 羽二重の 小釉に 同し 

は ね 5- くろ e ゆ, はか 3 くろ た び くろぬり げた くろ たかは.? し もつ いんぎん て 1 ゐ _ 

く 羽織 。黑 •!! 子の 袷 を はき 。黑 足袋 i:^ 黑途の 下駄、 黑の高 帽子 を 左の 手に 持て、 慇穀は 手 をつ か ゑて 居 だ。 

くらま ふ しん はれ かた じけ ズケ せんたい ^ ちら かた わたし からつ くら 5 が, OS もみ や もう 

鞍馬 は不 薪 暗す。 ((これ は 辱い が、 全體 わなた は 何處の 方で?)) 《ハ 、。私 は 唐 津九郎 雅號を 墨の 舍^ 申 

かけ5^-し さくしゃ ね をれ & がらせん せ. S ね ぎし くら *» せんせい わし ね y-L 

す ffi 出の 作者で rOfU ゥ ますが、 乍 恐 先生 は、 根 岸の 鞍馬 先生で は さ 6 ませぬ か? 、M いかに % 私が 根 岸 

くらま さんじん はな やい あ がた かた じけ を わたくし & らいめ. & 5 かい ひさし い つ 

の 鞍馬 山人、 叉 * の舍 たかい さも 云 ひます て OM ハ 、有り難し 辱し 。私 先生の 御 雷名お 伺 ふと 久く、 何將か 

黑衣^ 九 五 



Hi 黑 衣 九 六 

ビ か. x-?.- ん た、 & こ 5 ろん 5 けた <» た し/.: vi. ん あ せんせい £ けん. しきた か るん せん 〇 〇 

1 度 は 高 門お 叩いて、 御高 論お 承 は 度き 心願で 在. ましたが。 先生に は 御 ESI 高く、 門前に 俗士禁 

せいさつ た SJAt やう f li ん げん めんく わい < だ 5 けた <» われく このは さくしゃ た <- ていね め "一 5 

制の 制札お 立てられ、 尋常 一 樣の人 に は、 御面會 下さらぬ さ 承 は AN、 吾々 木椠 作者の 到底 御 目 通. 

か V. ザ ケん たんたら たつ この む ねん ち 5 や かんたん くだ を どころ 

叶 はぬ と どは存 卜ながら、 1 端 思; S 立た と、 此 ffi にあ きらめる も 無念 ど、 晝夜 肝胆 を碎 き居ウ ました 處 

この ころ 上 こ sic;^ ゃ<» ね、 かみ VJ ほ ゆへ き、 い よ. し さい は さっそく 

此頃承 ま はれば 先生.^ は、 夜な く 此の上 野の 山へ、 豺 の遠吠*^.^御閬に御出での由0 これ 幸; 早速 

L たくいた ひ 々れ こ VJ ころ まい ま OA, 5 ち はんや w き したた、? た 

支度 致し、 日 墓よ 6 此の 處へ參 まして、 御 待ち ゆします 中に も。 私が 茫然して 木の下に \ィ んで 居り ま 

くび じゅんさ そ くしん かひ 

すので、 もしゃ 首で もく、 るの か €、 二度まで 巡査に さがめ られま したが。 其の 苦心の 甲斐 わって、 さ 

せ t がた t& ん & い くわう な七 をば 上 こ かげ 

い 前 御 姿 は 見へ ながら、 何 さやら 御 威光 恐 >c しくな つて、 御 側へ 寄る 乙^なら す。 わの 木 影に 暫 らくた 

くわ せきこ 5 おも だ si- し ど しほ ちか 

めら ひ、 货石 a の ひかし 思; S 出して、 せめて か 帽子で も 飛んだなら、 をれ を 機會に 近づかう もの をト、 

く f せっかく たちば ひ & をん ぎ ff 

い く 工夫いた しながら、 ひ を かにう か > へば、 折角の 落葉に 火が うつらんで 御難 義の樣 子、 こゝど 

そこ さが かわ だ ひろ あつ や 5 >vi ま& わけ こ こ 、ろね しゅ. しゃ 5 た ほ. しめ を K 

^其 處ら 探し あるいて、 枯れ枝 を 拾; S 集め、 漸 やく; - 側へ 參- > ました 譯 此の 心根 殊勝^ 思 召して、 何 

ケ これ わたくし & もんてい あそ & き や, f 'じ ひど ねが たてま ひた ひ 

本是 よ. は 私 め を、 御門 弟の はしくれに 遊ばされ、 御 教示の ほ 偏お に 願; S 奉つ ゥ まする ト、 額の 

あせ か. しこ の よわみ くらま み しためみ 

汙 ふきながら、 畏まって 陳 ベた。 をの 弱 身に つけ 乙んで、 鞍馬 はズッ さをゥ 身に な 60 地 眼で 見 を 

わえい わか にあ こ、 ろが こ、 ろが け ゑん y よ およ いつ 

し 46> がら さも 橫 柄に、 ((ハ テ若 いに ttM 合 はぬ 心掛け だ さう 云 ふ心掛 なら ナ 11 遠慮に 及ばう、 何日で も 

たづ .S ろく &きや わし ケ くし きんもつ せいさつ た ひっき や. f 

尋ねて r^^ ら つし、 やい! また 色々 御 教示 申さう から。 ァノ 私の 家に 俗士 禁物^ 制札 を 立てた の は、 畢竟 

せ けん ケ くぶつ 《- る さ きみ t し f ねつ. しん かきね どり はら めか、 こど こ 

世 問の 俗物が 1 蠅 いから だ 。君の 樣な 新道に 熱心な 者なら、 垣根 を取拂 つて > も.^ 眼に 掛 るよ。 殊に 此の 



ころ わし した 》*ぃ^5 ち たづね < ものむ w よ を ぶん .C し をき ト いて 

頃で は、 私の 名. 慕って 毎日 尋て來 る 者、 無慮 1 萬 八 千 人 隨 分うる さい もの さ0 たが 私 も 好, たから、 相手 

. /. ^^f^ あつ それ いへ この &ろ ば ばけん 

にして 話 をす るか € て も j 會て やる わけに はいか^い し、 夫に 家 もせまい から、 此頃 では 馬 编の馬 見 

は K ^1. ん あ £ *, しにち • もんだ S づ、 こ. ん きの ふ て らんげき かい や 5 ろ A け お せ,^ せっか せき K ん ろん 

紫へ 出て、 皆 を 集めて 毎日 1 問題 宛 講談 を やる のさ 昨日が 丁度 ま 劇 改良 論で、 今日は 小説家の 貴 住 論 さ 

X I r,^ き- ぶんがく ざっし で なた々 わ. &o<4J ん ほんや < ほん £< しんぶん ざっし ね< 

をし て をの 筆記 は みんな 文 學雜誌 へ 出る が 、をれ を 叉外國 人が 飜譯し て 、をれ く 本國の 新聞 雜誌 へ as る 

ゼ. S こつ >U ろ あ.,' し..,' ぶんがく だいぶ めん へん き この あ rt- ビ あるひ ど 7 

さう だ。 をの 敌か此 頃で は、 歐洲の 文學が 大分 面目 を變 卜て 來 たさう だ ョ0 此間も 或 人の^お が、 『央の 

, . .i わ.^ I ^L^^ よん- • ► ► かんぶ < せ ひ き つ つばん わた i2» さん e ん で し 

シ カク ズ e - ャか 私の 讅 論お 讀で、 大に 威服して、 是非 近日 日本へ 渡って、 鞍馬 山人の 弟子に. J^AS たい 

, は を S あか ひげ ズォ かくね つ しん V- ん /<\5 けた <» 

€ 其 友人の シ ルレ . ^に話 した^ 云 ふ 事 だが、 赤髯も 中々 熱心な もの さチ 0)) ((段々 承 は. ますれば、 

有 6 難い 事ば かゥ。 然し 此處は 野 夭 で、 ゅるく;-&?伺ふと^^出來す0 甚, た殘 で, U ざ. ますが、 € 

て もの 事に 私の 宅まで …… 、 甚だ 恐れ入 4 ますが、 Isk で さ 4 ます i には^ 6 ますまい か、 お^から 

御 弟子 入の しるし、 何 は 無く V- も 一 献 さし 上げた う rUft; ゥ ますから oj> 《ィャ をれ は 飛んだ だ ^ 

- f iT" た: k ► /^あん をい ねが お き、 ど J- まこ ど たいけい た t-s ま の S- もの 

し 遠慮 は 無沙汰、 をん なら、 御 案内 願 はう か 0)) ((御 聞 届けで 誡に 大慶 …… 只今 か乘 物お 0)) 

みやた あが むか き かげ は &. こ C 

墨の 舍は 立ち上って 向 ふの 木の 影 を さしまねき。 ((早く これへ?》 《ハァ く 0)) ト答 へて わら はれた は、 

{ ろぬ はこば しゃ だい た < くろ <*• くろ. しゃ.,. ケ く ぎよし やよ 5 く くろい ^ しづ 

黑^. ^の 箱馬車 一 臺、 逞まし S 黑馬ニ 匹つ け 黑 装束の 叙者揚 々さして、 黑 革の 手綱 かいぐ. o、 靜 かに 

f ひ きた くろ かも し たて ^^i てい れい ど ひ もみ や ひざ 》• 

塔の 側まで 引きよ せて 来れば。 黑鴨仕 立の 馬丁 一 鱧し vAn, を 開ら く 墨の 舍 は跪づ いて ((^うど 乙れ 

へ丄 



<l どくい をつ のばし やか だ . 

鞍馬 は 得意に 成て 乘る 馬車 は^け 出す …… 

もぎ てつ べん たか K をし 

(下) 杉の 頂邊に 人の 高話 , 

み h,.c ビ. lJ ま さん も £ 'を ほ: iJ おは ひろま で f で f t ど ふ ► た つ くろぬ 9 

pi せば 床の間の 山水、 霞む で 見へ ぬ 程の 大廣間 十五 疊廿疊 いくつか ぷっ 通して、 立て 列ら ねた 黑塗 

- £<^^ ひ « らざ& e 上 《, ざ .< ろ&ん ざぶ どん くろが き どこば しら 3 へ くろ きょ,^ ろ < 

の域^!^ が Sh お 欺 r ひば か はるか 上座に、 黑 綾子の 座蒲團 しかせ、 黑 柿の 床柱の 前 J^、 黑 塗の 曲緣に 

si- さん .-sis,?, 、ら たれ fe も れい < らま さん じん まへ { ろね y ti せん 

よ 6 か、 つて、 豪 然^大 安樂、 乙れ 誰か さ 思へば、 11 例の 鞍馬 山人 前 はは 黑逾に it 繪の膳 二つまで 

5 へ さ, I か? ち I み ( き ほ: くらま ビを w を こ ざ 

据へ。 をの 上に 山海の 珍咏の 數々、 さても 喰 ひ 切れぬ 程なら ベて ある 鞍馬の 隣へ、 少し はなれて 座 を 

し せんく わ P たは あら か からつ く fts さつ からつ この や あるじ くら さっき ばしゃ の 

占めた は、 前回の 終. < ^は 現 はれた、. 彼の 唐津 九郞。 察する Jt^ 唐 津は此 家の 主人で、 鞍馬 は 先刻 馬車に 乘 

こやま r- H る L} からつ め した ね ほ きゃく 

せられて、 乃ち 此の 家へ 招かれた もの か。 をれ よふ 遙か 下座へ は、 唐津の 目下^も 覺 える 客、 いづれ も 

くろもんつき を w め た t- か. し ゐ ずら あんばい をん こど だ S くわん .L やう や も ど まね い ていさい > 

黑紋 付の 折目 正しく、 畏 rJ まって 居並んだ 墮梅、 何の 事 はない 代官が 庄屋の 許へ 招かれた さ 云 ふ 體裁。 

ざ しき fj うせん こし もど み くろち W めん た ほふり をで ふ S み ちん み 

座敷お 周旋す る わ またの 侍 妾 は、 皆黑 縮緬の 大 振袖。 なまめかしい 風 微塵 も 見せぬ が、 ほつ を 6^ した 

こ. しつ i くら 》* めがしら つ あみ & 

腰付きから、 裳 さばきの しさ やか さ、 鞍馬 は 眼 頭 を 釣 上げて 見され て 居る。 

f たぶ こ » ん くさみ ひ はち ちょつ どて £> づ た せん- C ふた W び んて e 

暖を すれば、 ノ レ お 煙草盆、 嚏 を すれば ジ レ か 火鉢。 一 寸手 洗に 立てば、 前後に はや 一 一人の 美人。 手も自 

ぶん あら く *5» この ど fj て をし ゆめ ほか あ よろこ 

分に は 洗 はせ す、 鞍馬 此 年になる まで、 乙れ は^の f 、 夢の 外 はは 逢った とがな いから、 悅ぶ まい 事 

5 こど はん. *- け! いつ こ、 ろ もち { < • のの 《も, 

か、 嬉れ しがるまい 事 か。 十 年ぶ. の 有卦 一度に 入た 心 持で、 食い も 喰った ゥ、 飮 みも飮 むだ. o、 臍が 

$ ころ からつ くん こんや e つ おはち や だ S こんや め きみ &| ち もう 

^ばぬ ばか ゥ0 ((ィ ャ唐津 君。 今夜 は實 に大 頂戴 だ 今夜 は 卜め てお 目 はか ゝ つた 君に、 こんな 御馳走 



t ク 



ゆ <ゎぃ 



S た いつ 



わた, 



をされ る さは、 實に夢 か € 思 ふよ。 tv '、乙ん な 偸 快な と はない 于 0)) ((rj れは 痛み入た か 言葉で …… 私さ 

こんや ほ C め かレ せんせい こど ゆへ くち あ. こど ざよ い かな 

て も 今夜-初めて. S 目に 掛ゥ ました 先生の 事故、 < ^んな ものが か 口に 合 ふの やら、 ^んな 事が 御意に 叶 ひ 

> > J い. つ. 05 £ き ゆ ど r &ふ まん ケ く ケん こど ほか 

ますの やら 1 向に 辨ま へませんで、 まとに 行き 屈き ませす さど 御 不満足 さ存卜 ましたに、 殊の外の 

、 * わた.: rr- > , , f L あ J? せ つ せんせい al そ い f( 

御機嫌で 私 はか ゥか 1 同の 幸覼で rj^4 ます。 付きまして は 先生に、 甚お 恐れ入. 0まし たが、 少々 か 



願 ひの 筋, 



:o 



ねが 



ちからろ あらた 



か *6 



問き 屈け 下さ. まし やう か 0)) 《願 ひ。 rJ れは 近頃 改まった 話お、 私の 身に 叶 ふとな 



► き せんたい こど さっそく き ど じつ かたじけな ケん さ やう 

ら、 何んでも 問き まし やう。 全體^ んな 事お チ 0)) 《早速; -閬き 届けで、 實は 辱 う 存じます 左樣 なれ 



こんや せんせい 



さ. S は 



か c< ねつ? hif いた 



ぶんが <tjf 



ば、 申 上ます が、 今夜 先生の 4^ 出で を 幸 ひ、 兼々 熱望 致して 居 ました、 文學 上の 御 議論 を 



-0 



十 ァ 



ぶんが < 



何事 かさ 思ったら、 譯 もない 事。 次學 



.& ち,. くび た * み 

諸君!)) 1 同 首を疊 へつ けて。 ((伺 ひたう 存じます o》 (( 

ct ぎろん > べつむ づ かしい わし ふ だんし やべ み * & ぶんがく C や./' ぎろん ー 

上の 讓論 など^、 別に 六 敷く 云 ふまで も^く、 私 か 平常 饒舌る とが、 皆文學 上の 議論お 私 も 先刻から 

大變 つめ 乙む だから、 チト腹 乙な しに 鐃舌 らう かナ ォホヅ く 0)) ((rj れか湯 を さしあげ 



に W のみ 6 1 からつ は t: ぃちビぅ もの せん かたづ み、 あか ほ ひざ 

g は 場 呑 を を はへ ひ 力へ、 居住 ひ をな ほせば 唐津 を, 初め 1 同の 者、 膳 を 付け、 耳 © を 堀. CNO 膝 を 



進めて 聽聞 仕-初めた 

くらま の", - る は 1 

鞍馬 は 咽を濕 し、 ォホヅ さ勿體 付けて。 ((さて fJ ん ばん は、 不審な 緣で 諸君に か 目に か !ゥ、 わしのへ 

► - . どろ <» つ し SSJ- かみ よろ 

いせいの 意見お 吐鏞 する^ 云 ふの も、 全た く 期 道の 祌の 引き合せ か。 實に喜 乙ば しい Hi.^ やて ォホヅ 

わし もこ め いてい を: i は ズチ. し C ぶん た ビ で 

!私も 少し 酩 S して、 何から か 話 をし やう やら、 自分ながら わからぬ が、 只 口から 出 まかせに 云 ふ 



黑衣^ 



九九 




で 


樣 i 事 


X 


出 だ 


m 力、 


カダ 


章 や 


け 


千 
差 ふ 




唱き: 


を 

亂さ 


力 > 


、 


の 


n 


る 


さ 


な ら 


し 




て 


す 


へ 


ら 


一 


や 




の 


れ 


ん 、 




す 




ん 


る 


て 


れ 






寸 


5 


、 




た 


ど や 


く 


れ 




別 :5 


保 は 
守 ゆ 


西?: 


た 


It 




俗】' 
眼力ん' 


U 


申、 


で 


の 


の 力 


叉 


ば 


古 


n 


m 


る 


君 


有》 


さ、 


' 、 


さ 


俳 S て 


わ 


丄 


文 


が 


•^s 主 ゆ 


mi の 




難^ 


れ、 


世せ 




A? い 


ね、 










義き 




方 




が 


け、 


に 




の や 


h 


の 


致 


要 ま 




k 


譬き 


で 


わ 


る 


る、 


は 


に 


% 氣き 


1 


n 


が 


す 


れ 


入 


やへ 




力、 


が 




バ 


古 こし k に 
色 f 崇;- な 




れ、 


全? 


る 




れ 




い 


ら 




力 







ら、 




に 




や 





樣? 


な 




ど、 


1 


k 


拜 5 る 

す 


解?, 




を 


古 


其 






U 


い 


れ 


力、、 


で 


帶な 


b 




m 文 


の 




チ 






ね、 




し、 


刺さし 


び 


る を 


I 


てつ 


め 


一 


間 


す 


ャ 


順 S 


ら 隨ミ 
. 分ん 




身み 


て 


颦 t の 


\n 


譯 S 


た 


致 


は 


る 




き 
J: よ 


力、 




考し 
糸ろ 

八 S 

1 ヶ 

碎け 

わ 
力 > 

ら 
す 
に 
有 あ 

b 

難?; 
の 


でら 盧畫 


ね、 




Br 


派 


ブ 


改 5: 


ぐ 


あん 


を 


書か 


喰 《 


、 1 こ 


ら 


な 


代 5 






進え 


に 


た 


更? 


力、 


ね、 


は 


z; 乘 琉 




n 




{^ 黨? 






の 


し 


な 


さ 


は 1、、 ' 


行 


所 g 
謂 ゆ 
る 
せ 

ゴ V 

ゆだ 

\ に 
/、 

難が 

1^ た 

< 
ヽ 

で 







て 


% 


ん 




素ん 


な 


け 


れ 


く、、 て 


る 


fl 


黨 


居ゐ 


h 


が- 




k\ 




れ 




骨ち m 




o 




る 


れ 


ら 


ら 


It 


の 


ば 


程 'さ 


m ハ 
文-ぶ れ 


云 




が、 


內 1 


ば 


か 


ひ 


n 


さ 






ふ 






股プ! 






ま 


具 3 


》J、 

然 * し' a% 


れ 


學 V た 




言 


此 


まあ 雅が 


て 






似ね 


し 


fi の 


梅 ま 




の 


義き 






や 


が 


し 


で 


が、 


が, 


で 








折 S 大 


ラ 


出で 


此 


な 


h 


此ぁ 1C 




致 




ml 







來き 


の 






骨 祿 


全? 


さ 




が 




痴ち 


才 


^ 




樣ま な 


董 黨 


盛 S 




の 


嶺ミ 


奇き 


ホ 






に 


ん 


文 n 


を 


ふ 


間 


ネ^ の 


な 


V 


お、 


文 


覚は 


で 


學 


極き 


の 




ゆ 

教ぎ 


名 


Si ん 


{ 




ら、 




% 




が Z 


め 






番ま 




を 


tfe" い 













西 


、 れ 




に 




行 


も 








お y 


元 さ 


自し 鶴 


且?; 


二 は 


の 




Zj ジ、 






け 


實ミ 






難?; 


が' 


然? 






三 彼 か 




入 


fp ん 


れ 


ふ 


て 


に 






さ 


mi 此ぁ 
文尤 琉? 


限 か 


の の 


が' 


b 


饒 4 
舌べ 


た 






は 




■ 


が 


ぎ 




有 S 西き 
力 1 鶴? 
なく 、 





1»5 も 







元 IT 


や 






力 > 


の 


る 


A ど 


飽き 




る 


—ね 




m 


今 


勝? 


ら 


作? 




に 




文ズ 


言 【 


昨? 


派 a 


の 


n 


曰 


增 3 


割 わ 


者 あ 諸 i 角ケ %1 其き 


ぼ 


fea い 


葉ぶ 年 L が 


昔む 


の 


す 


h 




事し- 


眼め 


m M い 
者 4 、 の 


n 




力 > 


わ 




o 


ぎ 1 





n 


ば 


八 


新き 


力 > 




ら 





に 


言: r 


有 


し 


か 




ら 


か 其き 


が 


ら 


の 


去 i 


て 


力 > 


%i 界 さ、' 


難 


た 


神 t 


字 じ 


し 


ら 角ケ 






ま 


年 2 




へ 








さ 




Ml 


屋ゃ 


< 


唱き 、 


m 






へ 


實 


さ 


ず 






が 


の 


m 


が 


覺 H 


へ ? 


た 5 


似れ 


%1 か 








れ 



*» これ まへ <ら て f ど はんたい き はや 

增 すから 世に もてはやされる。 此を 前の 言 文 1 致に 較べる さ、 丁度 反 對に來 て 居る。 言 文 1 致の 统 行つ 

わか や も はや わか y く K んだ 5 < しか 

たの C 解. 易い から、 元祿^5<の流行るのハ解6惡ぃから …… かう も 反動の 來る もの か 然し 遠から す 

は を つ く かれこれ だ ど か か 5 ゃク 5 る さ こ いつ 

此も 鼻に 付いて 來 る^、 叉 彼是 云 ひ 出す にちがいない。 兎角 琉行さ 云 ふ奴ハ 五月 蠅ぃ者 だ 此奴 中々 の 

ちからもち たいか 3>5 か $ みなも ど しん 

力 持で、 ^れほ < ^の 大家 も、 乙れ に は 動かされ るから を かしい だが 此琉 行の 源 はなる 人 乙 を、 具の 

このな ろ や 5 ❖MJns' こま ど 4* はん 

大家で あらうて —— 大家 さ K へば、 此 頃の 樣に 大家お 安寶 されても 困る て。 當人が はやく 大家が るの か、 

こ もこ 

世人が 大家に してし まふの だか、 其處は < ^つちか 知らん が 此 頃の 大家 は、 ニジ三 ッ小說 おかいて, 少 

? かせ たくさんで き かしょく t ❖Ic 

し 名 を 知られ ゝば、 それでもう なれる の ,た。 博士 も澤山 出來て は價値 もない やうな もので、 大家 も 無暗 

で き あ W がた み ,2* その あ ひだ いくつ かいき. 9 

ビ 出来て は 一 向 有難 咏が簿 so 然し 見る 人が 見れば、 其 間に 幾 個 も 階級が あるから、 大家が 必 しも 多い 

わけ こん a ち どころ ていざ かしょ <ぃ かん か-' たに t の を 5 

譯 ではない が、 まづ 今日の 處で、 大家 € 云 ふ 者の 定義 は、 其 人の 價値 如何 は 係 はらす、 只 其 名の 賣れて 

f X% つ せけん ばか いば ゆ めくら 

居る ものお さす 樣に 成て 居る。 をれ もよ いが、 只 を かし いのは、 世間の 馬鹿が、 所謂る 盲 千 人が 此の 大 

け ふ た ビ めくら のみ ど め あ fcfc 

家の 爲に 煙に まかれる HJ だ 只に 盲 千 人 耳に 止まらす、 や、 眼の 開いて 居る 者 すら、 大家の 名 はま づ恐 

じ £ 'ぶんこ. /'へい へ f *• 一の ひど ねん あた 3 そ <= ^く 

れ 入て、 充分 公平に 評した つも A> でも、 此人は うまい^ 云 ふ 念が 頭に わる もんだ から、 をれ に 束縛され 

ひ へ 5 がん e ゆ.,' く しゃ.,. し て.;; はん 

て 批評眼が 自由に 配 ばれす。 いつも 賞詞ば か. を呈 して 居る。 乙れ に反して さまで 名の 知れぬ 作者 か、 

5 いちん ちょさく たい <V いぶんて きび こ ど ぶか へう 

或は 一 初陣の 者の 著作 ^^£對 して は、 充分 手嚴 しく 小言 を 云; s、 或は 馬鹿にする やうな 評 をして かく まる 

くわん ゐん ちゃ 5 くわん こづかい ちょ.? し か ひ へ f か 

で へ ポ官員 が 長官 に對 する 將 さ、. 小 使に 對する 將^、 調子 を變 へる やうな ものお。 乙れ が 抑 も 批評家 



はんぶん たい こ 5 へいむ し おろん t,-- た <» 

たる もの ゝ本 分か 1 體 批評家なる もの は、 sle. 無私でなくて はならん と は 勿論 だが、 第 1 膽を 大き 

ど 5 だい へつ か 5 さいう ふ けんしき こ, ち 

くせんで はいかん。 當 代の 大家 IS ら つた 6、 琉 行に. W 右され る やうな 不見識な とで はいかん。 今日の 

ぶんがくしゃ くわい せん W や 5 し じん せんり や f ひク よ. *- ち- 

文 學社會 n、 善良な 詩人よ ゥも、 まづ 善良な 批評家が 必要 だ。 lur 日本に シ ルレ か あれ^も 未だ レ ッ シ 

y グ 無し、 心 ある もの 豈 慨嘆せ る を 得ん やお 乙れ ほ^ 批評家が 必要なる にも 係 はらす、 批評家に なら 

たれ かれ こは また K%- を ほ" - さくしゃ し 上く 

う £g ふ 人 は少 くして、 誰も 彼 も 作者たら う S する の は、 是亦 嘆げ か はしい とだ 成る 程 作者 さ 云 ふ 職 

ぎ や f を かめ おもしろ き らく み ち おも 

業 は、 岡目から は 面白く も、 氣樂 さう にも 見え やう、 をして 直き なれる やうに も 思へ やう。 をれ だから 

ふで まね へ 5 た A こま で 、 3 ね ほんし 上く やから 

少しで も才 がきいて、 筆が ま はる 者 はすぐ 具 似お する 11 瓢 第から 駒が 出て、 眞 似が 本職になる 輩 も あ 

ほ A しょく をつ み を か- (-き ね を を- 5 5 せき^ん i ^も 

るが。 さて 本職に 成て 見る €、 中々 氣 骨の 折れる もの、 な.? r い 名が 賣れゝ ば 賣れる だけ、 賫 住が 重く 

き ひど.. > f ちまく .J ん たん よ み はん だ.? .i- (£i< - しゅ S お いだ 

な ゥて來 て、 ■<Ji^知らさぬ内慕の魂膽o まだ 讀ん で. 見ない 本 を、 堂々 £ 書目 十 種の 中に 出して、 あ £ 

い も よ ぶん C ぶんへ 5 ひた もら y ザ 5 M こど ひど けん <ゎ 

で 急いで 讀んだ 00 自分で 自分の 評お かいて、 只管 名. i 買ら う^した. 00 用 もない 事に. <J ^喧 障お しか 

いろく せい S* やく か てい 3 い つ < たき はか 

けた 00 をれ はく 色々 さ 政 奪の 數を盡 して 體 裁 を 作らなければ、 さても 立ち 切れない £ 云 ふ 果敢 » い 

L まつ しか しょさい た 6 どき も てん. しん ど き げんこう いか いん 上 s しょ ぶ 

仕 末お。 然し 書 齊に只 一 人 居る 將は、 乃ち 其の 夭 具お わら はす 將で、 原稿 一 枚 書く のに、 引用 書 五六 部 

め いぶん ひき こつお こ 5 く つ わけ を か ズゅづ か e びきく ぴ び 

あっちの 名文 を 引ぬ いて、 此方の 好 句 さ 接ぎ あ tt せ、 譯も 無い 假名 遣いに、 1 々字引^ 首ッ 引き。 rJ ん. 

どころ ひる どんび た いへん てん: L-5 て さくしゃ ib;%A ク 

處を晝 まに のどかれ たら、 をれ 乙 を大變 だが。 でも夭道はゃC^ぱ<^照らし、^ぅかかぅか作者らしぃぁ、>J^ 

ねく f&x ひろ さくしゃ < ち 》* く き 

が 送れる さハ、 さても 浮世 ハ廣 いもの。 ィャ 作者の 內慕を あばき 始めたら、 ほんに 切 4 はわるまい o, 



衣 

楚 




やみ せ じん あいこ わ at 3<L や わざ せ じん たいか r? しゃ たも t U, ん L 

喑は 世人の 愛顧 を 得 やう さ 思 ふ 作者。 故意 ど 世. <に さからって 大家が る 作者 さう かさ 思へば 自分の 知 

ゐ ^::^こ い さくしゃ し L f さくしゃ つど き もど せ e-c 

つて 居る HJ 殘らす 云 はなければ おかぬ 作者。 知らぬ 事まで 知った 風す る 作者 勉めて 奇を 求めて 世人 を 

Xi 3< しゃ ほ づの さくしゃ そ. し き さくしゃ を 5 ほんもう さ くしゃ を 3 

威.^ す 作者 賞 めら れて圖 に乘る 作者。 謗られて 氣をも ひ 作者 名を賈 らう さして 奔走す る 作者 名 負 

も あま さ < しゃ じつ 5^ んど いろ しゅく さま.. a- よ, あ し ,1 こ、 

けがして 持て 餘す 作者。 實に 十人十色、 種々 樣々、 1 々わげ てハ 夜が 明ける かも 知れない か II 愛に 

ふ し y む. めさく しゃ ふ じん 3 くしゃ い つ だれ ふ ちょし しょ せっか て きゐい い 

不思 儀な の n 娘 作者、 お 婦人の 作者お。 何時か 誰 やらが、 婦女子 C 小説家に 適して 居る ざ 云 ふと を 云つ 

» ^つく わ ね ひ-^ ふ じん さくしゃ ふ や こ あいだ しんぶん み ちょ かく. 945 

た、 をの 結果で も わるまい が、 追々 婦 入の 作者が 殖,^ る樣子 だ。 此の間 も 新聞で 見た が、 ある 女學 校の 

ちょせ < 'ど <■ ち く しゃ 《. せつ ざつ. し ゐ し **5 せっけんき うく わ. S ひら ゐ *w 

女生徒の 中には、 五六 人 組んで 小説の 雜誌 おこし..? へて 居る £ か、 小說 研究 會を 開いて 居る さか、 折 

, 1 き こ こ、 ろ ざし じつ かんぶく げん. r. か ?• た もれら れいち や 5 しょくん 3 つた た tl つ x-tfcf 

々閱き 込む が。 御 志 の は^は 實に 感服お? だが 一 言 伺 ひ 度い の c、 其 等の 令嬢 諸君が、 全く 他日 東洋 

もつ みづ. & にん いき を.! V3 か ゐ この こど はた 

の ユリ オット を 以て 自ら 住 卜 やう € 云 ふ氣 か、 もれ^も ほんのお 慰みに 書 S て 居る のか、 此事 だ。 果し 

まじめ けんき 5 こ、 ろね 4J つ. f またみ がた e や S だん じつ わ *^ 

て 臭 面目に 研究す る 心根なら、 實 に嬉れ しく も 亦 有 6 難いが、 た > 冗談に する のなら、 實に惡 い 冗談お 

いま 5 ち やめ た だぃ、ちれぃtょ.T^しょくん た & C んた S 

から、 いつを 今の 中に 止ても らい 度い。 第 1 令嬢 諸君の か爲 めはならん か, り、 御人體 にか ゝ はる 力ら 

ね も ど 5" ほ 5 よろ わ ぶんき や 5 かしょ & らん むかし;^ んな e こ は. r を * か をへ 

さつば. 思; S 止まられた 方が 宜しから う。 和文 教科書で も御覽 でしたら う、 昔 仁 和 寺の 小坊 まか 鼎 を 力 

を:; J つる か&へ < る W さん- i- ゝ > メ, 

ぶって 躍ったら、 遂に 其の 鼎がぬ けなくな つて S るく さ 苦しみ、 漸く拔sたら顔が散々に.^ったざ^^ 

つ ねて ほん あま い も ,考, 考,, , くだ £ &ど 

ふ。 是 れは實 はよ い 御手 本、 た オット 餘. 云 ひ 過ぎて、 ァラ よくって よも 下さらない、 小言 は こ ゝらで 

ビ か < こん a ち ぶんがく わか もへ たの どころ > いま > ぶんが Y 

やめ やう。 —— 鬼に ft 今日の 文學 はま だく 若い、 が、 また 末敏 もしい 處が わる。 だから 今の 文學を 彼 




ぬ 



黑衣 鬼 n^nnl 一 。四 

これ ひや 5 S ま ぶんがくしゃ か- <上< ろ, C f» こど む V It ズ ザし は :一;」ぃ-» ぶ .< がく かい たいし CA あら .sf へん 

是 評し、 今の 文舉 者の 價値を 論す るの は、 誠に 無理な 話, た 。なる 程 今の 文學 界に大 詩. < は 現 はれない、 勇篇 

たい r? でさ む り あ をが ち もん H る しん <» い もど あかん » せん? oif 

大作 は 出来ない が。 乙れ も 無理で はない、 をれ を强 ちに 注文す るの は、 春、 新米お 求め、 m^§.s^ 

.S だ い ^frru しん; ♦i.*' しん <» い で き せんそ 5 で たい..! で 

出さう^ 云 ふやうな ものお。 今少しの 辛抱 やがて 新米 も 出来る、 戰爭へ も 出られる _ 大 詩人 も 出 

ゆ へんだ ぃさ< あら ど は 

る、 勇篇 大作 も 現 はれる なんど 遠き にあらん やお、 ャレ せつない!》 . 

くらま のビ S る ほ せき こど! * だん か 4- 

鞍馬 は 漸く 咽お 濕 した。 今まで は暖 もせす に Si いて 居た 唐津 は、 此特 はじめて 言葉お 凝し。 《段々 伺 ひ 

たもし ろ &ぎ ろん か -Al ん 

ますれば、 實に 面白い 御 議論、 私共 1 同の 思 ひ も 至らぬ とば か ゥ。 か 蔭で 大いに 學問 致しまして ゥ 

, へいせい ぎろん た f f つ ゑ, fs し か 

ます。)) 《わ、、、、 甲 常の 議論 を か S つまんだ 處 がま づ わん^も のさ 其 他 小說、 演劇、 落語、 詩敏、 

たんが < し. M ふつ. S ら っぁづ しか 

昔樂 な.^ の 枝葉に 付て は、 叉 をれ f 議: n も あるが、 をれ 等 は 次ぎまで; - 預け £ して もら はう。 然し 》 

たづ ゑん &** しつ,; > ん, f さ 上 5 さつ tNiJiJ- 

んど 尋ねたい とが ある. ら、 遠慮なく 聞きなさい!、 質問に 應す るから 0)) 《 左樣 4^ らば 早速 伺; 3 ますが、 

さき ほ,; J fft で ビ. 5 い たびく 

先刻お 話の 出ました 西 鶴 さ 申す 男 は、 一 體何云 ふ 男で さいます か、 度々 名 は 聞きます が、 一 向 云 はれ 

ケん 上 X5 は を もつ ど f( 

を存 卜ませんで …… )) ((今の 世に 西 鶴 を 知らん 樣 では 話せな S チ0 ィャ 尤も 堂々 たる 大家で すら、 其 名 を 

L この &*c きみら たい くわ, し む も C 

知った は ツイ 此 頃の ij ,たから、 君 等が さう 云 ふの も 尤もお。 西 鶴 は 一 體核壽 軒 € 云 ふ 菓子屋の 息子で、 

かつ んち 5 < ゑい し、 や 5 を 55 ん お どし 

曾て 緩 頭.^ 1 一 ッ食ふ 中に 1 句睡 卜た さ 云 ふので、 師匠 宗 因から 一 1 饅 翁の 名お もらった。 惜しい 事に 年 を 

どつ め だ. &を どこ む もめ ひっき か 

取てから 目が つぶれて しまったので、 1 代 男の 終ゥ 4^>ん ど は、 娘に 筆記 さした さ 書いて わる oj> で . ro 

おか _c ろ ろし や ビ いつ ぶんがく さか たい 

> ^頃 は露西 亞ゃ獨 逸の 文學が 盛んにな ゥ ました やうです が、 1 體ゴ ュ テ, さ 云 ふ 人 は、 . ^んな HAl の A 



. . ま は、 ズ! テ-、 X は ギヨ-一 TI ふ 人 も わる。 わの 入 はま づ京傳 8 

で さい まし やう? ズゴ ュ テ,„^5-はク- テ 5as 52 AO 、 ^ 

I 5 レ -11^ 一なら よから うか。 ゴ ェ テ, も 云 ふ 人 はま づ通 入た ね ~ ^ 

r^^^t AZ0L< ^ ^ レ ケど馬 琴に 比し 4^ らょ 力もう 力 r i 

な 人物 1 f f し ? tm t れはゴ テ ,.J 云 ふ 名に 音が 似て 居 

が 彼の 人の 事 を、 始終 コ— ト HI トさ 呼んで 居た さう? ォ ./rH.. /^おし. ^ので、 

h>, I まえ に if r. > r^.^,-o:5.-ゴ ム テ I は^に 寫具屋 へ 奉公 1プ7 て 

る.^ らだ g は I も 云 ふと だが、 當 人は展 さも g はな 力っ^ J ト, し 

『p:』MLr 一 II。》 1 お H f では、 せ:: 

やう. 見へ ますの は、 flljidl -yu 

11 まづ七 I、 十! 四 f 十二 ゆ いづれ BnsH 

やたら > 2,i f^^i> ト の睦を 取らす^ 道の 銷を S ひ 

本 iAM しな S で 人 夭 f 西洋の 物ば か A, 用 ひた 力る のは J - i m 

の廂書 かえ ,りド 匕 f=s ふ、 寒い する からで も あるまい が o: (成る 程 :.:. 先生なん,.^ 

: き や:": Mn: む^^^^^ 

一 UHr.np! き §1、 ill るの なら 

I 。ボも Air!.. か、 か illni4、 さう:.:" 

醫 國 一三 = ■ i 一 S I 1 oi 



黑衣 t 



nn 黑衣. ぽ 一 i ハ 

W 、ね や 3 くら c た、 ね ゆめ ぶんしゃ. ^せい はらん ,みつ 

がって 居た よ。 母親が 八 犬傳を 枕に し 4^ 轉寢の 夢に、 文 昌星を 呑 ひ §15^ て 妊 身 ださ 云 ふ。 三才の 將にぃ 

#^ た ぶん や-^ も ys>. たち 

は 四 十七 文字.^ をらん 卜、 六才の 特に はもう 歌お 作った をの 特 分から 樣子 がちが つて、 一寸 友達 S 

あ, C こ 3 たこ 3、 &ど L.ia ,て のころ 

遊ぶ にも、 つまらない 獨樂 わて や * を あげて 遊び はしない。 必す 飯事 か 芝居 つ 乙。 其 頃 rJ しらへ た 五 

せ w ふ いま をい ぶん せんだん 》^た..?* じつ 

人 男の 臺辭が 未だに.^ る、 が、 隨分を かしな もの さ 0)) 1~ 、 f、 旃檀は 二葉よ ゥ さは、 實に 先生のと で 

ど 5 し 上 ほ S: か ど をね ち へん つる や ^ん 

成る 程。)) ((をれ から 十 才の將 に、 はじめて 正本 を 書いて 見て、 隣. の 叔父さんに 大變 ほめられ、 鶴屋南 

}< i. たし かめ や どうざ. & つ お, V いつ * 

i ^は, 足さ 云 はれた から、 を 乙で 龜屋 東西,.. -名を 付けた 0)) ((恐れ入た もので …… シテ をの 時の 正本 は 何 

2 ヮ * "だ、.' はつほん ほ 5 はふの よこ K ザ e そ, r む まく 

^御 付けな されました?)) 《, 外題 はちゃん, ヒ覺 fe て 居る よ。 ュ丄 一 本 棒 鼻汁 橫 撫で 總六 慕。 チヨ ボもゎ 

ざスま こうしゃ で きゐ ス きざ いた 

摩 も わって、 ちょい さ 巧者に 出來て 居た つけ 0)) ((をれ ほ,^ の 物 をな せ 歌舞伎 座で 致しません でな 

を 《> たや き た わむ たいへん かんぷく せ ひ 

^いまし やう?)) ((ィ H なに 此間圑 洲が來 たから、 戯れに 見せたら、 大變烕 服して、 是非 やって 見たい S 

りし む かし こど しかもち , , _ わた.;^ 

云った が、 ;;^ も 昔特の 作おから 颧 はった の や 0)) 《成る 程。 然し をの 筋 は^んな もので とさ いま す 力。 私 

f ビ さく のこよ た t-f- ま こん 1^ ちた !• いま 5 けた ま くら 1^ «s 

共 先生の 御作で 世に出て 居 6 ます もの は、 殘 らす饋 みました, が、 只今の は 今日 只今 承 はった 位。 甚だ 

みゥ て ち 上つ ど をち ま を くだ ビ いわく し 力 

勝手が ましう と^. ますが、 一 寸 筋お か is し 下さいません か!)) ((ハ 、 、 、乙れ は 飛んだ 迷 戡だ。 か 然し 

^ ふね ま 一ず まふ か に ほん SIS は をの <M こなで ちょ まくお ぶ.^ ゑんに ち あめや 

乘. かゝ つた 船お、 か^し 申さう。 まづ斯 うぢ ゃゥて ォホゾ く 二本棒 真 汁 橫撫、 序 慕 地藏綠 日骷屋 

の塲。 

ビ 5 ぶゥ ゑん つる 乙 ゑた ち さ ひど, 1 てん の こ かげ や 5 や あ ね ら 一 から j: け P - ^.^ . , 

動物園に 鶴の 聲 高く、 旭東 夭 に 1* ぼれば、 木 影 漸く 明か, るくな ..yo 塒を はなれる 鳥 今朝 は 一 f0a 




かし so 11 巡 S 一 人、 角 燈の燈 i して 一 .5 お f B^,rl i> £^^fnK i ま 

ぶ> もキュ I く、、 カサリ 1 コトく (靴 昔 )o 今 東照宫 の石疊 力ら 五 r<f 

の Kii め、 つかまへ に, つたが、 見掛けに よらぬ 弱 生て の-^ f の.— 

Is" つ .へ、き"、1:鶴;ぎ- 1 き 

『 ,,f!^^JS.S_^Klls ^ 見上ける杉シ头^.^1 んも j あるひ ど. ひ ふん > >, . KH^^.^ 

r^^!f^^ . た 0t ド、 SKl^f^ こビ まった. 。、i か ,ながら 糞 をし かけた.. 種々.^ t 

f 0^o をの 側に 鳥 何 匹 さも 知れす IS は 肩 t J まつす いつ I kro^f^lc 

ぎ f 響 fit m<n ((コ — ? 

) おはこ >^ 

- - D V へ 4<聲 で) コリャ ッ!) < だん * どこ 、 

るん じ や? n リャ ("1" vr きして ほ 4 つがへ ずび まき、 をの さたんに 件の 男 は 

この g は、 ょゥ はま づ鳥 驚き。 r ジさ 曰 を さして 他," 3 へ 1 ラひ禾 



((? < 痛た!)) ((コ リャく !)) 

一い を はもの 



さかさま 、 tr 

) fcl^fei 、 ぐレ -J- \ 1^1^ パ, -J- ^ >ノ U 、 § Tsac,* ヌ し-い , 

まり 逆^に ズ t き! の; 能,, がの:^^ ぼつち よった か 。貴ャ を 

f 14 J 體 ばの U: . 41。 :.:. : 



—^ € IG 八 

in^— Bs I5」ll jsiasrir jllg sl H a gnrBn 隱 墨國—|ー| 5 麗 |ーーー| gll— =-l!l, - = ー國画ーー|ー顯画—ー謹醒疆ー隱^國:^|顯| ■ ■Igsi^M^B—ill 

み ま^^ ゐ あんぶい ま スざ? しるし お ぼ こ 3- への や? - 

キヨ ti く 見^して 居る 嚷栴、 萬 更のキ 印^も 覺へす さて は 狐狸に つま、 れ たか、 をれ 上野の 山 

て.^々 * ャ たもち や *J ゆん さ *^ こ き >-| く たづ み 

に 天狗が 棲む で、 をの 玩弄に された のか ト、 巡査 も 少し 氣の 毒に .}&.o、 い く^ 尋ねて 見れば、 —— 

いふべ ろし ,51>£' ケく を どこ け さ から,. て ね も あ しさい じゅんさ を か くら 2 めん » く 

昨夜の黑^^-の男、 今朝の 烏、 11 思; S 合 はせば^ うやら 仔細 も わか AO 巡査 は 可笑しく、 鞍馬ば 面目 

ちゃ S めん ど ^ & こ、 ろづ そのぶ こ も さ、 ts- 

なく、 帳面に 名お 止められ、 後 を 心付けら れ たばか. で 其 塲は事 濟み。 からつ ぼに された i 世 折, ヒ、 メ 

やぶ て 5 ちん .4- て ふん ❖ わいた 5 こし 

チヤ,/, \- に 破れた 提灯 くやしさう に 捨て。 糞 だらけに された 外套 を、 をの まゝ まさ ひ、 腰を さす. o-./^ 

たちあが 5 ら r きへ みあ いふべ ざしき ちくしゃ S ftA み 

サ 1AV、 恨めし さう に 棺を見 上げ、 あれが 昨夜の. J ^座敷 かさ 思へば。 — 畜生め! まだ 二三 匹、 高慢に 見 

あざけ i を ほめ 

か して 嘲る 聲 —— 成る 程、 ァホ. 'く 

き ゐ だんし ,1 «-<L から も は を. し この ほん 

チッ ト.' の メルへ ゾ シャツ ジ (奇異 談集) は、 樂師が 烏に 誑された 話, が あ.. ます 0此黑 衣 魔 は をれ を魏 

あん ザん しょ あるひ ふ 5. し いみ しか これ .« の や s か 5 まん い み さら 

案した ものです 原書 は 或は 諷刺の 意-おかわ. まし やう、 然し 此には 其樣な 高慢な 意 昧更, にわ. ませ 

へんち. r. くら s ぎ ろん あん さくしゃ へいせい い けん どろ おも かた 

ん 。編 中 鞍馬の 議論 、暗に 作者が le. 常の 意見 を 吐 漏した 者 さ、 思 ふか 方 も わ まし やう。 が、 もれ はゥ ヒ 

めいわく へんち 5 へ S- くつ くら 3 S お ふた わけ から も 50 きふ ねつ さくしゃ わけ 

んだ 迷惑 編 中の 屁理屈 は、 鞍馬 さ 云 ふ 大白 癒が 鳥に 誰され た特 吹いた 熱、 作者に すら _譯 がわから ぬ、 

, しんしゃ 5 <»5 また この ち 《 'しょ ね ぎ. し いた わる きま かた 

を NT か 身上お^ 申す とです ox 此大 白痴の 住所 を 根 岸に 致した ので、 惡く氣 を 廻 はす か 方 もゎゥ まし 

さく しゃ べんぎ じ や S おこ この さくしゃ f .& たづ いた 

やうが、 乙れ さても 作者、 が 便宜上から 起った MJ 、此 作者、 がなん で をの 檨な 徒ら を 致し まし やう! をん 

せんせいがた け きかけ こ、 よ ^5 ぜん は はい 

トょを こらの 先生方、 决 して.; -氣に 掛られ ますまい 玆に豫 防 線 を 張る。 趣 

8Blml1HIHJ——3— ^3ss 8.『B= ll gi 85g3B5is 圉ミ 濯画誦 一 禰 画一 一 欄 —SM- I s 一 一 一 I 一 | | 爾 一 國匪ーーー議 1 = I 一 333333— gBB§BB , i,M- 5= ー-圍| 罾 , ー = 8 圍 ! - -1|31—-^^^|" 



⑩ 白面 鬼 

、 しも はせ a の 

(上) いよく 天下一 の 幸福 者 

► おもん み y んザ乞 ひ、 し. res か 5 なく ム C. き おや ちめい ASA はく. しき 

夫れ つらく 惟る に、 人 問 無上の 幸覼、 富貴 か、 長命 か、 高位 か 博識 か 。あれで も 4^ し 、乙れ でもな し。 凡 

き S? や f よ これ これ これ K 乞 げんむ. し. やう .5.5 ムく め-:, よ 

を A 問の 男. 女 も、 持て 生れて 容貌の 美き、 是、 是、 S 乙 を 人間 無上の 幸福。 金 も、 命 も、 名譽 も、 へ 

, ちつば はつ めい む ふん ぺっ たど 二 ち ざぶ にん き しら 

つた くれ も 入った もので ない ト、 天晴れ 發明 した 無分別 男。 さ さは 氣の 知れぬ 麻布の 住人に、 紀の白 

ゆき わ. a もの つら ゆき こ 4- いん ど ひん 

之 £ 云 ふ 若者が わった。 彼の 貫 之の 後 § ^な. ト、 自分で 云 ふこ さ當 てに はならぬ、 が、 家 富まね.^ も 貧な 

, な けん き や, ついく ひど どまり ザん じ もの- 5-^5- 

らす, せ (性 愚なら ね ど叉贊 ならす 1 通 6 の 敎育は 受けて、 まづは 一通の 男で あつたが わる^ 源氏物語 

t、 よ む やみや たらめ つた む. しら. げんじ きみ -ft 'らや <? しく if-tt どケ よい を どこ 

を 素讀み k してよ. o、 無 閽矢鰾 滅多 無上に、 源氏の 君が 浦 山 敷て く 堪 ら卞。 何卒して 普 もわん な 美男 

か あい e- きょ ど f しん ん 

にな ゥ、.0 れ は^女に 可愛 かられて、 浮世 を 面白 を かしく、 でれ, く^ 送らん もの さ、 途方もない 心踬 

ひるび へ は 一 5! かほ まん ふか み、 

を 立てた もの ゝ。 渚て 飜 つて 吾が 面 を 見る に、 成る 程 眼が ニッ 口が 1 ッ、 鼻 は 顔の 具 中に あって、 耳 は 

9 よ, r ほ.!' はし たし にんげん .&5 1 V.- - - 2 a, ゑ 

兩 方の 端に つき、 確かに 人 問 男一匹の 顔に は 相 逢ない が 何處 やらが 問が 拔 けて、 ぢ> ひさくて、 翁で 

げんじ & さ,, f め だいお さ べつ 

見た 光る 源氏の 御 相好 さは、 吾が 眼に も 大分の 差別が わるので、 なる は.^ 是 では 及び もない 事 つ 夫 

A. あい はん ajj ん ざ^.3ゅっ き IV や- 7 か^ ほ 

れ 女に 可愛, がられる ト云ふ 事 は、 正に 判然 S 一種の 枝 術で、 容貌が 美うて 金持ちて、 をれ で 女が 惚れる も 

そ こ い つ. しゅれ S- め f ぎ じゅつ fC ま を たれよ あ a* 、 * 

ので もな く 其 處に云 ふに 云 はれぬ 一 種靈 妙な 枝 術が わ 00 餘. 澄まして は誰キ i 寄- >っ かす、 餘 6 ひつ 

, 、 きら しんせつ せわ や ふじつ * ゥら 5 れ • ヒけ 

こくて 嫌 はれ。 親切 過ぎれば 馬鹿にされ、 K 話 4, -燒 かねば 不實亡 恨まれ、 嬉しがって でれ 助に される も 

白而鬼 1 C 九 



な い くち はんい し. やべ しゃべ ま 

つらく、 泣いて 意氣地 無し さ H はれる も 本意な く。 饒ギ: :れ ば; - 饒舌ゥ ささげす まれ、 默っ て 居れば ォ ッ ゥ 

き "iw , 、 じつ ,つま かぢ む > か e てん. しや ひビ /」 

氣 取£き ^がられ。 實に實 に、 其 問 を 甘く 梶を 取て 行く 六 敷し ささ 云 ふキ. -の は、 中々,: in 轉 車で 人込み を 走 

ほね お 4J んじゃ ち. rc, ゥ ^ かち s ま たく 

るよ. 骨の 折れた もの。 尋常 一 檨の 男子の、 得て 成 6 易から る 處だ。 然ゥ而 して 此の 梶を 甘く 巧み 

よろこ か あい 、、、、、、 た われ はた 

に 取って、 女 を 悅 ばせ、 女 k 可爱 がられる、 是を 様子の 好い 方、 すいたら しい 方 さ 云 ふ。 吾 果して 其 

かた ゝ、 ゝ、、 .f た ひ, y き わ 5 けいれき てら 

欉 子の 好い 方で わらう か、 すいたら しい 方で あらう か。 私 かに 旣往 の經 歴に徴 して 見る に、 ま 

づ あま. 檨 子の よからぬ 方、 すいたら しから さる 方 さ 見えた。 夫れ 旣に樣 子が 好から 卞 して、 而 して 叉 

き 《- や f る しんがんお ほつ か せっかく いろ. しゅ y や 5 あ、 

^:な貌か惡ぃ亡來て居るからは、 さても 心願 覺束 なし。 折角 思 ひ 立た 色 修行、 踏笈び もない 事ト、 一度 は 

つくつ ふた f や いまさらから 、 ゝ、、 

しょげ 返. o、 念入れて 製造て くれなん, た、 兩 親が 今更 恨めしく、 一人 やきもき 思って 居た が、 思 ひ 返せ 

まんざらき おど わけ むかし かつらが は ;? きし T ム,, 

ば 萬 更氣を 落す にも 及ばぬ 譯0 昔 桂 川 亡 云 ふ 力士 は、 元は六尺棒も振れぬ程の:sょ^cく野郞でゎっ 

め ❖ ろ ふ f わん いっしん ふ らん き ねん C だ. き み § かたき 

たが、 目黑の 不動に 願 かけて、 一 心 不亂に 祈念 を 凝らしたら、 遂に われ 程の 大力と 成て、 見事 親の 敬 

5 つ ざ,.' しき つ t 'こ *? しやく いちねん やみお かわ さほ 

打た ためし、 此 間も雜 色の 辻 講釋で SI いたが、 なる ほ, t 人の 一念 は 恐 し S キノの 隅 田 川 さへ 棹 さし や 

ビビ i つ. し Ici*' けんめ. S しんじん かみ だに 

屈く、 一生 S 命 信心 をしたら ば、 吾が 思 ひの 屈かぬ 事 も わるまい さ。 かな はぬ^の 神賴 み、 玆にク で ^c»/-<' 

かっか 5 ! -5 ビ けさ ま 々わん ふ "fi つよ ほどけさ ま さづ 

渴仰の,5^^^起したが0 さし 當て 何の 佛樣に 願 を かけて よい やら わから 卞。 不動 樣 は强; 3 佛 樣敌、 カを授 

どこぶ W- $ ふ.:: て ち ざ 《 'さま まゆ 

けて は 下され やうが、 男 振 を 直した 6、 檨 子お 好く する は 不得手で r^fl; らう さらば 地鑭檨 にせう か、 

げ しかた こんが ら さま は をた か こ あみ だ i かみ, ち、 

毛ば か. 好く 成ても 仕方なし 金 比羅樣 もよ いが、 鼻が 高くなる はかう でも 因 まる 阿 彌陀樣 では 髮が縮 



誦 — J 1 1 — J^^nN. i^o 斯う さ 知ったら 此 問れ 墓 參ゥに 行た 》 旦 5 

れ やう。 屁 あ 放らぬ は 水 夭宮榛 もお 力し を も。 f ^,^o 

S t! ま ^B-f ._45plg ビ、 S はて かけば よかった もの ト、 今更 佛撰 みに 當减た 力 

寺の 相 尙檨に 、容貌お 好く する 方の f 様.^ i ;! いてんに よべん てん i ほど- r> ;、 ^,.so^^^.^ 

ざ ヒミ モ> ^5^0 お ^ ほ:^、 辨 夭 樣。 怫樣の 事で も 5^: る ゆ 口 乙の あ 方 

勿 5 ち i をハ タ S 打ち、 ある わく 善い の 力 わる わ 15.^ さい 9?|ち、 . 

勿ぬ 1! I . r,.L ? うさ、 きて こもなら ぬ in! をつ け。 思 ひ 立た が 最上 吉日、 今 

こが? つななら、 大方 男 振 6 も 直して 下され.^ 當 . や I て,."」 て &ろ 

i つ!;: くしん,? こ 力 卦ら うさ、 今 乞 一は f のどき,, r きかけ i が 、まにしき 『H- a 付て 、丁度 手頃 

日から 早速 信心に 取 6 掛 らう^ 今迄お f 扃厂 l>f 

> :、 .きの11こ家,き-し、 i の .Tu 一 ill . < 、 i J. Ill 

S^^^E^^I ii、 i まの 養 t て、 乞て is 子の 好い、 s 

ならし ハ方 にして 下されます やうに , 1 i ? みづ J い、 み, 

if く。 II へす ゝ.す、 S やち" i 白く fu" ほほに"" 

吾 

力 ラレ々 わ/ 

して、 llii 一 i する g ス、 いつしか 滿 願の 日^ 成た -. かま に 

面 鬼 



う"、 うが、 ぎ, 明け やうが、 ipltif 一 ill 



しんせん か つ ^^びさき ゆげ た はビ いつ f> や 5 けんめい がっし **5 5 ら む ち f 

て、 神前へ 靳け 付け。 指先から 蕩氣の 立つ 程、 一 生 懸命に 合掌し、 少し は 恨み つらみ もませて、 夢 巾に 

いのり ふしぎ ど ほ & てんしき め siw しゃう めん ど びら おど べんざいてん はよ 

成て 祈て 居る ゥヒ ァ.' ラ 不思議 や、 * さや を 御殿 頻ゥに 鳴動し、 正面の 扉 ガタゾ さ 音して、 辨財 天女 

しゅつげん かちい ねこ ゑ „ よ あ 

出現 ましく、 やがて 白 之が 耳元に、 可愛らしい 御聲で n ((もうよ し 夜 か 明けた 0)) 

どき ころ み をつ き L の、 め がら も 3 る や 3 も 9 こ だち あくび ► いけ つら あさぎり こ 

^しも 頃 は 水無月の 、東雲 吿る あけ 烏、 圓 山の 森の 木立に、 欠伸の 聲も やかましく 。池の 面 は 朝霧 立ち籠め 

^んれ <• しゃ よ しり ゾみ ク、 せ s..,<\ は. *- は かはぞ し、 た _» あざむ こんか ら 

て、 寒冷紗 か吉野 1 で 包 ひだ 檨。 其 中に 靑 々どした 蓮の 菜、 蛙の 尿 を 玉 £ 欺き。 矜翔羅 童子が 持ち さうな 

はも は を は あ ひだ あら つゆ ひら など どき .(.》- こ め さめ きし 

遨の 花、 葉の 問に 1 一 ヨキく 現 はれて、 ボカく さ荅 みの 開く 音 も膀々 聞 ゑる に。 まだ 眼が 醒 ぬか、 岸 

や をぎ わお た ゆ 5 ぺ けさ け.: き こ、 ろ も 

の 柳 は ポゾ ャリ 枝お 垂れて 居る。 凡て 昨夜^ 今朝^の 間の 景色、 なん さも 云 はれぬ 心持ち. た 

ほ 503- れい みづか J- み 5 つ びつ <w ふし 53 ふしぎ 

白 之 はい をく^し て 池の 頭へ 來ゥ、 例の 如く 水鏡に i 為して 見て 1 愕。 . ^う も 不思議! 乙れ は 不思議! 

きれ S よ をど乙 きの ふ き しら ゆ a- ゑ げんじ 

成た リく、 奇麗に 成た ク、 美い 男に 成た タ。 もはや 昨日の 耙ノ白 之 は 非す。 繪 にかいた 源氏の 君に、 

K おろ s り み み みちん あつら ど は 5 せん C や SVJf こ .r だんじ 

似た. 愚か 瓜 ニッ、 見れば 見る ほき 微塵 を かしな 處 の^い、 跳へ 通 ゥ御膳 上等の 好男子。 吾ながら; S 

か よ を ど乙 上ろ こ 5 れ てん よろこ t ろ こ て ま 

っ搔 いて やう 度い 程の 好い 男に 成た に。 悅ぷま S 事 か! 嬉しがるまい 事 か! 夭に 悅び地 i:^ 喜び、 手の 舞 

あし ふ いけお ^ I ほんせ <- ふ おが あ 3> がた かた じけ 

S 足の 蹈み處 も 知らす。 今にもす べつて 池に 落ちさうな 勢。 叉た 本堂の 方 を 厌し拜 むで、 ((有難 や! 忝な 

べんざいてん さま べんて, C さ <» べん,. i\. てんく さ 3 く かげ X * どこ f れ さ だ 

や! 辨財 夭樣! 辨夭樣 !辨々 天々 樣々! お蔭で 此の 通 ゥの好 S 男に な. ました 嬉しう.^ います。 定め 

し樣 子の よい、 すいたら しい 方 はも.^ た 乙と で z^ftro まし やう 有難うな^い ます 宜しく 御 鱧 を 申 上 

いく たび れい: as かほ みづか J- み 《- つ みほ いく. 4. ゑ む をさん よう、 

ます 0) ト 幾度 か 鱧 拜 し。 また 吾が 顔 を 水鏡に 寫 して、 ゥッ トリ i 見惚れながら も、 はや 行末の 胸算用。 



く s ち 5 ろ < 'かく てい 

暫 らく C 此處 空中 樓閻 の 體。 

べんてん さ &* ねかげ W- つば び だんし k 

扨て 吾も辨 大|^ の 御蔭お 以て、 斯う 立派な 美男子 k な. o、 樣 子の よい 方に 成た からに は、 もはや ひかし 

き しらゆき C ぶん つも てんか ぶ さ 5 び だんし ふ 5 かたせん じ 5 ぶん 

の 紀ノ白 之で.^ いから、 自分 も 其 積 で、 夭 下 無雙の 美男子 ト云ふ 風 をな し、 樣子 のよ い 方 然£ して、. tH 分 

し かく このま、 たから もち ❖ さ 

其 資格 を 保^なければ 4^ ら ない。 然し 只此 儘で ぢゥ さして 居て は、 所謂る 寶の持 腐れなる もの だから、 宜 

び あら をい は. てんか ぶ さ 5 び だんき しらゆき あま 

しく 此美を 現 はし、 此粹を &|g 輝し、 第 十九 世紀の 日本 は 、天下 無雙の 美男、 紀ノ白 之 あ ゥ.^ 云 ふ 乙と を、 IS 

はつべ 5 せっかく をど こぶ かひ もこ ぴ あら をい はっき 

ねく 天下に 發 表せんで n 、折角 男 振. < ^お直して もらった 甲斐が な so 其處で 此の 美 を 現 はし、 粹を發 輝す 

そ も そ い か しゅだん 5 ち ひきこみ きんじょ む, め 

るに は、 抑 も 如何なる 手段が よから う? 自家に 引 込で 居る ばか ゥで: r、 近所の 娘 ツ子.^ チヤ ホヤ 云 はれ 

だいじ げふ ひどめ つ 

る だけ.^ 止まって、 ^ て,1^^大事業は成し難ぃ から、 .^^んでも初めは.<の眼に着くゃぅにしなければなら 

まい^ち く ある ま S 'ゑん は オタし いちばん ちかみち ssj 

^^o さう かさ 云って 每 日々々、 柬京 市中 を步 行き 廻 はるの も 迂遠な 話 だから、 まづ 一 翁の 捷徑 が、 何 

こ たくさんむ をめ あつ 上し はら も さき あ が 

處ど澤 山女の 集まって 居る 處へ、 をれ く 出かける の だ。 —— ま づ芳原 洲崎。 をれ. 登樓 るに は 及ば 

か. ft かたはし しんば L や ばし したや 

ない、 只 格子の 前をズ I ツ^ 通ゥ さへ すれば、 をれ で dt 端から なで 切 になる。 をれ から 新橋 柳 橋、 下 谷 

あかさ かよし ちゃ 5 ころぶ しょ 5. し& めよ つや きら ねこ かつを ぶし そのた W や 5 り や sst-5si< や <t よち 5 たち 

赤 阪芳町 講武 所、 牛 込 四 谷の 嫌 ひなく、 猫に 魚 節 を 見せびらかし 其 他 料理屋 牛 肉屋の 女中 達から、 

はくじん せ SSO し L くこ 5 はこ いれむ をめ いつべ s-:>^ ほ かほ 

又 白人に 至て は、 女生徒 職工 箱 入 娘、 女 さ 云 ふ 女に は、 ん でもかんでも 一 遍 通り 顏 お見せて ft くさ、 を 

たいへん せけん む • ひ 

れ から はもう 大變。 至る 處でャ イノく。 世間の 女が 一度に ドット 吾の 方へ 向; S てく るから、 忽ち 女旱 

で S- しんこ <!» けつ ど 《- ちゃ f くわ しやく わい hi つし 上 5 S5 や 

殺が 起って くる。 はて は 新 駒 榮三郞 な.^ から、 决鬪狀 を 付けられた- =N 、今迄 花柳 社 會を膝 渉して 居た 遊 冶 

白面 鬼 】 二 11 




ら 5 ん ぶく あん は <■ がい もしゃ 5 ねこ さわぎ いそ にんき 

郞 から は、 艷福 案お 幼 害するな^ ゝ、 訟訴が 起る 騒動、 ィャ もう 中々 忙 がしい が。 是 まで 人氣を 取て し 

だい e 上 5 ぷ しんぷん せ S せい れん は & ふ じんがた い を. S い で 

まへば、 もう 大丈 4K だから、 を こで 東京 中の 新聞へ、 i 小生に 戀 慕の 御婦. < 方 は、 二 ヶ月 以內に 申出べ 

こど し が S くわつ e .< わ 5 こく さき あね-を ねんしょ ひ 

き 事 I ト、 四號 活字で 廣吿を 出す ト、 吾 も 吾も^ 先を爭 つて、 鉋 書 を 持て, 來る者 引き も 切らす。 中々 

しょせい たれ 5 けつ たれ しょき たのく じ む ぶんたん ね も 

1 人で は 手が ま はらない から、 まづ 書生お 五六 十 人 置て、 誰 は 受付け 誰 は 書記^、 各々 事務 を 分 擔し。 表 

きの しらゆき. W ん しょ C む しょ かん; * ん まい にちじ かんさ だ C む ど C ぶん わ, C 

てに は 「紀白 之艷書 事務所」 ト云ふ 看板 を かけ、 每日 時間 を 定めて 事務お 執る。 さう する さ 叉、 自分で 鉋 

fj 上 か べん w はかり もん せん だ. S しょ.,::^ で き 3 いに ちわん しょ へ いきん 

書の 書け ぬ 者の 便利 AJW て、 門前に 代書 所が 出來 るが さて 來るク く、 毎日 K 書か 罕均 十二 萬 三千 四 

し せん かた 

百 五十六 通。 中には 詩箋に 「三更 踏 月來」 さ、 堅く るし いのがわ るか^ 思 ふさ。 「マ イデ ィャレ K ト …… 」 

ろ e き ぺ a ふで こ^ きみ こ f 

な.^、、 羅馬 字で か S た 生意氣 なの.^ ゎゥ。 さう か^ 思 ふ で、 「焦る、 君べ、 ふ」 £ した 古風な の も 

じつ せん さ 3 んぺっ を かく ゆっくり 

ぁゥ。 「命 も 入らない よ」 な^ ゝ、、 辻占め いたの も わつ. て、 實に千 差 萬 別、 中々 悠然 見て 居られぬ から、 終に 

し ► ^しき みのがみ くわつ ばん .4- わた 

ハ 此方で 書式 をき めて、 美 濃 紙 四ッ切 活版で 措ゥ て、 此を 一 々渡す やうな 事に する が。 をれ でも 每日 

ft し か ため た& かんぎ <'C55J5 た .S き ほひ 

. 十 萬 以上の 女が 申込みに 來 るの だから、 洛 陽の 紙 價爲は 貴く、 汗牛充 棣も菅 なら 卞ト云 ふ 勢 だて。 i 

かいさつ いちち や 5 なほ さわ ひ it K よばん 

さて:, yrJ でい よ-/. \ 開札の 日 さなる^、 玆に また 1 塲の 大騒ぎお 惹起す 何 を 云 ふに も 何百 萬, ヒ云ふ 女人 

い ちビ もん せん た かけ てっさつ きんさつ タ f & くらく き 5 だい らくだい ねが ひ か を か を は 

が、 一 度に 門前に 押し 掛て、 鐡札 か、 金 札 か、 地獄 か、 極樂 か。 及第 か、 落第 か、 願が 叶った か、 叶ぬ か を 見 

だいぎし せんきょ き. ビ しょ W こ ❖ わ s 

に來 るの だから、 恰も 代議士 撰颦の 日の 如く。 をれ に 皆氣が 立て 居から、 老人 ゃ小兒 はわぶな くて 外 

ふみころ は ©?i>.L たれ き C. だい S 

へ は 出されない、 ま くす る^ 踏 殺されて しま ふ を こで 表へ 張 出が 出て、 いよく 誰 は 及第、 誰 は 



らくだい はっきり たいへん き 5 だ. S 503- の む ts: こね:; JS- 

落第 ど 判然 わかる ざ、 さァ 大變。 及第した もの は 取 退き 無盡 でも 取た やうに、 雀躍して よがる けれ 

らくだい ふ び, C こど;^ i くや じゅばん 

之に 反して 落第した もの 乙を不 偶、 しはく さして 言葉 も 出す、 おれて、 すねて、 悔しが つて、 播摔の 

もで か さ かん ざし を かく & くわいち 5 かみ, yw- み, tM- < ろかみ なしげ 

袖お 咬み 裂いた ゥ、 簪を 折った. o、 兼 ズ覺悟 をした もの か、 懷 中から、 制 刀 を 出して、 綠の黑 髮惜氣 もな 

の » せ か こんざつ 

く、 プ ッッリ 切て しま ふ も わ 叉 中 はは 取. <:s 逆上て、 くやしまぎれに 人に 咬み 付き、 上お 下への 混雜 

おころ ふころ けいさつ おて か を >f> みたいて い 

k、 押し 殺され 踏み 殺される もの、 何千 人 e 云 ふ を 知らす 饕 察の 御手 數も 並大抵な 乙 さぢ やない C す 

よくじつ ね ほか は をち ちま-が L ま. 5- ろ なが まる S お ビ て 

る^ をの 翌日から、 大 川筋に 毎日 女の 土左衞 門が、 魚河岸の 鮪の やう 流れつ く。 また 丸の 內の 土手の 

まつ くびく、 3- にん ^-ビズ^> らくだい くや し まつ 

に は、 女の 総 死人が 鈴生りになる。 是も皆 落第の 侮し さに、 思 ひせ まって 斯 くの 始末、 思へば 入らぬ 

せっしゃ 5 ね もて らくだい をん * & たち 

殺生お が、 乙れ も 致し方の ない 譯だ 。然し かうな る 亡 叉、 ゥッ カリ 外へ も 出られない。 落第 をした 女達 

き あらやつ 力 あい i ^< ひゃくぶ い い つづ かたき 

の 中で も氣の 暴い 奴 は、 可愛 さ餘っ て愴 さが 、百倍、 1 圖に晋 を讎 敵^ 付け ねらって、。. J ズ ト かや ダイ 十 マ 

たん ど. f てっせん さ I ベる み かた だ 2 たい 

イト、 短刀、 餓扇、 洋刀 な^を 持て、 あ-^ ない 事に 及ぶ かも 知れぬ から、 咏 方の 女も默 つて は 居ない。 大 

e ねんけ が へんじ かた ほら はくふ ビん 

切の くの 白之檨 は、 御 怪我 させて は 取て 返へ しが 付かぬ ト、 片畴も 吾の 傍お はなれ 卞、 入て は 肉-蒲 團、 

くた て か しゅ &. & き なみ たの をん をた ち つね 

出て は 肉の 循。 ト云 は》; S ッ搔き 合て、 吾が 身 を 守護す る意氣 組。 此の 賴 もしい 女達が、 常に 吾 を 

i ゑい ちょつ どた し S つ つら あど さき き れい 

護衞 して 居る から、 一寸 他出 をす るに も、 人力車 六十 臺 ばか 6 連ね、 後先へ 奇麗な 娘 ツ子 をつ けて、 を 

おれ を A** らゃ おかやき はんぶん 

のまん 中 、吾が 澄ましての 行く だからた まらない、 通ゥ が、 ゥの 者は羡 ましが つて、 岡燒 半分 石 な^を 

ど かく これ ほ,; J せんせい つく くに VJ5 ざい かつ き 

ぶっける かも 知れぬ が。 鬼に 角是 程の 全盛 を盡 したる もの は、 画の 東西 を 問 はす、 古から 曾て K かぬ 處。 

白面 鬼 1 1 五 



源氏の 君お つて 業 }^ だって、 今 居れば 指 をく わ へ させて やる ものお 誰が 何,. J 云 はう, ヒ、 の 美 

だ A し こ 5 ふく リウ こうふく さづ べんてん 

男子 後の世に も 叉, ヒ わるまい。 吾 乙 を 夭 下 一 の 幸福 者 をれ に 付けても 此 幸福お 授けて 下された、 辨夭 

3i やい がた か あ なむ べん .f てん < さ !1く 

樣 粹.^ 方、 有 6 難い 方、 可愛い 方 南無 辨々 夭々 様々! 

ひど わけ 5 れ どつ せん だれ しらゆき S- や 5 は ,ゥ め か < 

ト獨. <=\St もな く: & "しかって 居る さ、 突然う し から、 誰 さも 知れす 白 之の、 兩 方の 眼お 隱す ものが わる 

ふ S こど ねビろ しら. e き め てぎ 

不意の 事に 驚いて、 |> ッ!) ) ^云 ひながら 白 之 は、 眼 を かさへ て 居る 手お 握って 見る さ、 フゥ ジリ£ 

温かく、 正さに 女の手に ちがいな S から、 白 之 は その 手お 握った ま、、 グ ルリ^ 後 を 振. か へ つて 見る 

• , ► ふつ.' ち ^ . 'わ も てきめ つば 5 び ii ん ひどり の ほ かみ 

11 夭 から 降た か 地から 沸 いたか、 素敵 滅法な 美人 一 AO 年 は 一 一八 か 一 一九 さは 昇らす。 つやく した 髮 

たか fjv* だ 《• つく は &5 き れい ぎん ふ e むらさき も - しらさぎ t 

を 高島田に 結って、 美しい 針 打ちに 奇麗な 銀の ビラ 藤 紫 の あけぼの 染めに、 白鷺 を 裙模樣 にし 

ろ ふ J をで もみち 5 きお w ひ ;;;,- ん を おび 4J む を どき いろ ふさく . 

た 粘の 振袖に、 紅葉お 浮 機に した 緋 緞子の 帶ぉ 立ャの 字に 結び。 鴇色の 「じ き」 房々^ 結び さげ、 右の 

きんち,' ぬ ほ; 3 せん を は A ぶん おび か を もり 

手 は、 金 地に 何 か繪の ある SH- 骨の 扇子 を 半分 開き、 帶の 上に 「はこせ rj」 の 金物 をき らく あら はし、 

4.- ゆばん I かほ まっしぐら しらゆき はな 5 ゐ 

赤 S 襦袢の 秈の 見へ る わた. から、 何 さも 角 さも 云 はれぬ 薰ゥ、 驀地に 白 之の 鼻お 撲 つて、 まづ 魂の 居 

Ik ろ . しらゆき て はら まっしろ ね どが ひ まっか くちびろ 

所 を かへ させ。 白 之に 取られた 古の 手お 拂ひ もせす、 扇子お 具 白な 頤に あて、. 奥 紅 少し 開いて、 

あんばい が まん ト.; らしゃ で き をゐ ぶん y. や 5 けん 

ホ 、さ 笑 ひかけ た 鹽栴、 我慢 も 用捨 も出來 たもので な ぃ0 白 之 もた つた 今まで は、 隨分 大きな 了簡に 成 

かたはら ほ, y を じつ VJ ころ 

て 居た が。 何 を 云 ふに も 女の 傍へ 行た の は、 11 臍の緒お 切て 乙の かた、 實の處 乙れ が-初めて。 まして 

ひ SJ や 5 び じん ひじ やう めん <ら こど^ わ, T& からだ ふる 

先が 非常の 美人 だけに、 此方 も 非常に 面曛 つて、 言葉 も 容易に は 出す、 身體も 少し 慄へ かけて 來 たが 



いつしゃ けんめ. S はく だ 3 しだい ビ<-き* , 

乙 、ど^ 一生 S 命に 齒 咬い しば. CN 、なほ も 件の 女お、 只默 りて 見つめて 居る うち。 次第に 動氣 はけし く 

5 ち び f ちら ゆ f こ き じ や. ゥ いったい さ こ 

打 出して、 鼻息 もや 、荒くな つて 來た。 11 漸くに 勇 を 鼓し、 ((ァ 、ァ …… 貴孃 …: 、一二 體ド、 何邊 から… 

^ こ みづ くさい あ K„b た むか まゐリ 

…ォ、 ォ-; ^出で^ ;… なされ …… ました? M 何邊 からさ は 水臭、 郎を 君か迎 ひに 參 ました。)) 《ナ 1】、 ォ、 A 

むか • ^ こ しらゆき さ 3 ね こど^^ 

迎ひ ::: プ私 を? をれ は 又ド …… K 何邊 から? )) ((白 之檨 さした とが、 をら くしい をの 御言 葉。 t1 、まァ 

しら,, 《 'を ゆびさき しらゆき 5 で きもの > 、 

ぢれッ た S!)) ト いき ^白魚の 様な 指先で、 白 之の 二の 腕 を、 衣服の 上から 一 ト ひね ゥ 白 之 はび つく 6 

ム ぃヒ sfc そで むらさきいろ 

振ゥ はら S ながらぶ ァ痛 たた …: い 事 をな さ S ます 十! )) ト急 S で釉を まく 6 わげ、 紫色に 成た 處 へ , 

唾 をぬ. ながら、 t< ウ^, \ 意氣 をはづ ませて 居る さ。 女 は を かし さ を 乙ら えて、 ((-4- の 位に 致しましたら、 

しらゆき にぎ つ 

思 ひ 出された で.^^ いまし やう サ ァ 入らつ しゃ S まし!)) ト白 之の 手 をし つか. 握ゥ、 先へ 立て 連れて 

みちび しらゆき さら がってん い , かんが 1^.ほ み , こ は * » 5 

行く 導かれながら も 白 之 は、 更に 合點が 行かなん だか 。叉考 へ 直して 見れ は、 何も 恐 かるに は 及 はない 

ふ だん きの しらゆき & せんべつ びん てんか いち び だんし これ, ビ_ f 

吾 も 今 常の 紀白之 で^い、 御 膳 別品、 夭 下 一 の 美男子 は 成て 居る の だから、 正しく 是か 通り か、 6 

みそめ さ £- ゐ みちばた < C ぶん 《. ち 

に、 Is!.^ 見 染 たに 相違. ^し。 をして 此處は 道 傍 だから、 ゆつ く ロ說 くこ さもなら ぬので、 自分の 家へ 

つ もんば う &ビこ つ ,; J こ つい. & みやまお く ,y のおく 

連れて行か うと 云 ふ 寸法 だな。 ョ シ何處 へで も 連れて行け! 何處 へで も 着て 行かう 。深山の 奥の 其 奥の、 

おく ど 3 たけ はしら ち? I や や ね かま a こ £ や や 5** 

すつ さの 奥の 行き 止ゥ、 竹の 柱に 茅の 屋根、 蒲 鉢 小屋 はち^ 恐れる が、 此 女の 様子で は、 中 々もんな ひ 

つば きれい & てん、 こん べつびん、 たくさん 

さ S 處に あらす。 正に 立派で 奇麗で、 すばらしい 御殿に ちがいなし。 をして 此 別品が、 まだ 澤山居 

z^i ゝ、、 L は S はっぱ •X' ありがた C せった らい き め 5 てち れい 

て、 其 等が 一 々吾に 夏 ぼた、 四方八方から ャ イノく。 …… ゥッ 有難 いど、 ^節 到來、 歸命頂 鱧, いよ 



び あら . ^ゐ はっさ 《 'で 3 へ たたき なれ ベ sr てんさ 3 

く 美 を 現 はし 粹を發 輝し、 吾が 腕前の 程お 試め すべき 特期、 か來 たど。 見 く 今に 吾が、 辨 天^から 

さづ f んぺん ふ し ぎ ひじゅつ つく み &ビて ち こん てんじゃ fvj ん. 6- い^ "-く 

授かった、 神變 不思議の 秘術 を盡 して、 見事 手の 中に まるめ 込で やる ど。 然し吾^$-今は天上夭下唯我獨 

1^ ん び をん や げんき ひどり はら C ん,. h 

尊の 美男 だから、 さう-; - 安く は 振 まかぬ ど さ、 叉, く 元氣 付き、 一 A 腹の 中で 力 身ながら、 今度 は 

ひら ひじゅつ じっし G 'ようけん お てんき ♦csr-vtfL 

此方から 口お 開き かけて、 はや 秘術 實 施の 了簡 ((よい 御夭氣 で.^^ います チ C)) ((ハ ィ よい 鹽^ に …… 然 

あつ 、、 あつ た 5 ねん べつ きび 

しまた か 暴くな. < ^まし やう 0)) う も; s< ^い 暴 さで、 當年は 別して 巖し いやう でつ ピ^ S ます ナ。 —— 時 

き.?' や 5 ズザ 》* へ ♦& ん き あそ 

に 食孃は …… か 名前 は 何 さかつ しゃいます? M 妾の やうな も. の 、名お^ 閬 き 遊ばして、 何に なさい ます 

?)) 《ァレ 御挨援 です チ。 なるほ^ 私の 檨な 者に 名お 云って きかしても、 何の 役に も 立たない^ かっし 

やる のです か。 ょ^cしぅな^ぃますo をん なら 承 はりますまい 0)) ((郎君 男の 癖に ィャミ を かっしゃ いま 

すね。 决 して さう 云 ふ譯で 申した ので は いません 0)) ((をん ならお 名 を 知らして 下さいまし^ f 

H 、*1 、^ うか 云って 下さい!)) ((でも 妾の 檨な 者の 名なん ど 閬 いて …… 0)) 《又 そんな 事 を …… 是非 伺 ひ 度 

みぎわ 、ゝゝ . 

いのです から ((妾の 名 は 汀^ 申します 0)) ((みぎ はさん? まァ よい 名で,^^ います さ。 よく 云って 下 

5 にく & や AT'*^ ^|ぎ 

さりた、 ^^/;' も媳れ しい 0)) (7 テ惜 らしい チ 。御樣 子の よい 事ば つか. つし やって!)) ト 握って 居る 手 

しらゆき みぎわ な や 5 

の 甲 を 1 ッ つねる。 白 之 は 今 汀 御樣 子の よい 事 さ 云 はれた ので、 グッ ト嬉れ しく. i^.o。 さて はいよ く 

さ 5 ゐ よ かさ 

様子の よい 方に 成った に 相違ない、 然し 檨 子が 好い 方 さ 云 ふ 者 は、 つねられなければ ならぬ もの か。 I 

卞た , くら ゐ が *• ん へ _3 しょ. r- こ むらさき ハろ あ ど 

S つ はちつ ^痛い が、 其 位な 我慢 は 屁で もない 事 此のつ ねる のが 乃ち 女の 惚れた 證據 で、 紫色に 痕の 



の乂 ゆ き L や 5 けつばん ビ 5 せん いのち しるし ぁ^^がた む e や 5 あ y がた が み irj わ 

殘る は、 所謂る 起餹の 血判 も 同然 命 も あげます ト云ふ 印なん だから 有難い ト、 無上に 有難って、 尙も, 汀 

X を • . . みちび , さ 5 ケ 5 n- つば & てん K はさき あ をた 

に 寄 6 添; 54^> がら、 導かれて 行く 中に、 やがて 想像 通- >、 立派な 御殿の 庭先へ 來た 0(( 汀さん 此は貴 M の 

ね もま ゐ い つた. & わた <»3$Jft- 

御 住居で,^ fi, います か、 1 體何 £中 す處 です?)) ァ此は 妾 共の 居ゥ ます 處で、 名 も 何も いませぬ 

< ゝ せ.^、 f.^.^ てん りつば & てん ゆき & てん かべ 

力 世間で は 雪 御殿 e 申て 居ります 0)) で , '立派な 御 澱です チ .J^ る ほ < ^雪 御殿 ::•• 壁が 白う r^ft; いま 

I きじ や 5 ども だち たくさん い ざ ,しき 

すナ。 シテ 貴孃か 1 人で 居らつ しゃる のです か。)) ((ィ >1 友達が 澤山 居. ます 0)) ト云 ひながら 座敷の 方へ 

あさせ つ $ こど 

進み、) ((淺 瀨 3 ん、 白之樣 をお 連れ 申し ましたよ 0)) 《ァ ラまァ 嬉れし S 事。)) 

AM あい こ ゑ き こ か ちい む もめ たち 

可愛らしい 聲が閬 えた S 思 ふ 間に、 可愛らしい 娘 1 人、、 汀^ 同 卜扮装 をした のが、 いもく^して 走て 

しらゆき しゃく おく たの. 6- こしち まつわ ほしろ いど や? S 

出て, 白 之に 1 寸會釋 し、 叉 奥の 方へ 向って、 ((田 面さん、 越路 さん、 松ケ 枝さん、 苗代さん、 糸柳さん、 

こみの , たいで S れ み さ 3 ゝ& 

小簑 さん、 皆様 入らつ しゃい ましよ。 白 之 様の 御 入来で,^ さ S ます 0)) 《さう まァ 嬉しい 事 0)) ((皆 樣參 ゥ 

まし やう 0)) , 

がらく さ あら は ^ち クん に 上たい t たかしまだ さ ざ 

伽羅 息い 風サッ ト 吹かせて、 先お 爭 ひながら 現れ 出た 一 群の 女隊。 いづれ. 1 檨の 高島田に、 同し 置の 

& f ふり もで そろ そろ び けい しらゆき かほ ひど が うれい い ち^ 上 こめ 

摸 様の 振袖、 揃 ひも 揃った 美形 七 八 人。 白 之の 顔 見る^ 等しく、 號令 でも かけた やうに、 一 度に 橫 眼.^ 

つかって 異口同音に、 ((ァ ラまァ すいたら しい 方! } 

ほんもの しらゆき 

\ めたい よ^^ 本物 。白 之 は 只もう でれ H う 

た ほ だ わけ 

(下) さて こ. V1K 下 1 の大 白痴 

白面 免. 一 1 九 



白 而 鬼 1 一 一 〇 

おも だ こ ほ ぎ 上く ゆめ だいき よげん しらゆき こ、 ろ も くわ f こつ こ, CV< く tH ,ごころ 

憶 ひ 出す 彼の 賈寳 玉が、 夢に 大虚 境に 遊んだ 將 其 將の樣 な 今 白 之の 心持ち。 只 恍惚 さして 魂魄の 居處 

C ぶん さら K< どろ ほね しび やつ き v-ys 

自分に も 更に わからす。 肉 も 溶け 骨 も 疼 れんば か. で わった が 漸 さの 事で 氣を 1^ 直し、 ォホ ゾゥヒ I ッ 

せき ぶら しづく ざ しき しら W き ゆ 

暖拂; S して、 靜々 さ 座敷へ 上る so 女 共 は 左右から 白 之 を 取. まき、 しさ やかに 兩手 をつ かへ、 結 ひた 

し 3 だ た、 み まっしろ ゑ S> あ. し ていねい C ぎ しらゆき さ 3 

ての 島 田 を にす. 付け、 眞 白な 襟足まで 見せて、 丁寧に 辭儀 をしながら、 ((乙れ はく 白 之樣、 むさ 

この どころ いで ここ いちねん どビ .A/ かた 

くるしい 此處 へ、 ょぅ^Jをか入來下されましたo)) ((戀 ひに 戀 がれし 女の 一念、 屆ぃ てうれ しゃ^ f ^炎お、 

た *• いま ねが み くわ ほ 5 み .&く ひ & ろしん f べんてん さま 

只今 乙れ にて 拜み まする は、 此上 もな き 身の 果報。)) ((乙れ £ 申す も 皆々 が、 日頃 信心す る 辨天樣 の、 か 

ひきあ は この や AT- 5 こど 

引合せで ^4 まし やう 0)) 《何 はさ も あれ 此樣 な、 嬉れ しい 事 は, U さんせ ぬ oj- 

しらゆき をり み P しらゆき さ ほ 5li を をた たち こ、 ろ ほビ み さも 5 

白 之 ダット 反身に な 6、 《數 ならぬ 此白之 を 左程までに 思 はる ゝ、 其方 達の 心の 程、 身共 も嬉れ しう 存 

しらゆき さ fa こど Jf. ほ ま 上 & あい 

卜ます る 0)) 《ァレ 白 之樣^ した 乙さが、 御樣 子の よい 言ば かク、 猶 さら 女が 迷 ひます ど. ((サ ァ御挨 

拶が濟 みましたら、 觅も角 も 御 湯お 召して、 あ 《 で ゆるく 御酒 宴 を …… )) r 、れが 宜しう r^^.o まし 

わたくし & あん *i5S たの も お 3 あそ わたし つ 

やう 、をん なら 妾が 御 案內を 0)) ((ァ ラ田 面さん 御 待ち 遊ばせ、 妾が お連れ 申す ので 厶 6 ます o》 《乙れ はし 

み マ. -ひ あ をた べんてん さ <5 こ、 ねて こ., I 

た 6 汀さん、 貴孃は 辨夭樣 から 此處 まで、 御手 を 取て 入らつ しったから、 もうよ いで は,^^ いません か 今 

^ わたくし か あ, V な しゅわん £ 上 $ぃ あそ お ゆ ん 

度 は 妾に、. 貸し 遊ばせ! ))(( ィ >1 小 養さん は 御酒 宴の 御用 意 を 遊ばせ! 御 缗の番 は 此の 苗代 OS ィャく 

をが しらゆき ひつば たこ もつ あつ. > る そ: :5 へり,?, rK5 5 で 

此の 越路 がか 流し を …… )) ト白之 一 人 を 引 張. 章魚、 左 右から 吸; 3 付く 暴 苦し さ 其上兩 方の 腕お、 あ 

めいわくが ほ もの や 5 で を ; JJt^ た 

ち ち €取ゥ 合 ふに、 白 之 も迷戡 顔、 《n レ サ く其樣 に. すって は、 私の 腕が 折れます 何方でもよ 



a やつ £ らん しらゆき さ 3 たて * 

>C しう いますから、 速く か 連れな すって, ))i> レ御覽 遊ばせ、 白 之樣の 御手が 折れたら、 皆 さ 

:>ビ 5 まか あ, y かや 5 *iiS5 た ( 

ん 如何なさい ます …… だから妾^:^か住し遊ばせ!ズィ *^妾に!))((をれでは彼樣願ひましょぅ、 何方々 

わ こ い ちばん 5 ら を つ 

々^か 名お さして は、 却て 依怙に な 6 ますから、 妓は I 番 恨みつ 乙 無しに、 皆さんで か 連れ 下さいます や 

& い つし よ たれ £ fj ゆ £^ん 

うに 顧 ひ 度い キ、 のです チ OM なるほ^ 是は よい 思 ひっき、 をれ では 皆さん 御 一 所 は。)) ((然し 誰 ど 御酒 宴の 

よ 5 い のこ を 

用意に、 殘る ものが 無くて は ますまい。)) ((ほんに 左様で ru^ います、 をれ では 小 蓑さん さ 汀さん だ 

のこ S たビ こど いた & しゅわん しらゆき さま お ね 

け、 殘 つて 頂く 事に 致しましょう。 其 代. に 御酒 宴の 特は白 之 樣の御 傍に き いて 上げます 程に 0》 《サ、 

ね ふろ ね ども わたく t たち ね まか 

をれ がよ ろしう,^ さいます。 をれ では 汀さん 小簑 さん、 御 風呂の 御供 は 妾 達に、 御 tt しなされて 下さ, O 

をつ どく あさせ こしち たの も 3 ク わ い どや ざ を は, L ろ せん 

ませ!)) ト 漸く 兩 人に 納得 させ、 わさ は 白 之 一 人 を、 淺瀨、 越路、 田 面、 极 か 枝 柳、 苗代の 六 人して 前 

こ t ゆ "」 の つ 

後 を 護衛し、 やがて 湯殿へ 連れて 來た 

ゆ DfJ の $ い ち めんだ いり せき ゆき L しらかべ て あ ゆ ふね ひのき ふし 

襟 殿 I— 琉しは 一 面 大理石、 雪の 檨に 敷きつ め、 ま は A- の 白壁 さ 照らし 合 ひ、 湯船 は 檜 材の節 し、 ま 

か £ 'き やつ か, ヒく きんび や $ きんた が こたけ その へん 

だ 香氣の プゾく する 奴で、 角々 に銀& わさ やかに、 銀圈の はまった 小 桶、 一 1 ッ三 ッ其邊 にならん で 居 

けつから ふだん せんど 5 から も さぎ さ ゐ しらゆき き 

る。 すべて 其の 結構、 le. 常 行く 錢湯^ は、 鳥 S 鷺 ほ^の 差異に、 白 之 も $J うやら 氣がを くれた。 

しらゆき さまね めしね ど たび ど あど きもの はだ 

《白 之樣 御衣 服お 御 取 6 あ をば せ!)) ト 後瀬が 前へ 廻 はって 帶ぉ 取れば、 越路 tt 後から 衣服 をぬ がせ、 肌 

ぎ したわび C ぶ s: しらゆき き わる はだか 

着 をぬ, がせ、 下帶 まで 自分に は 取らせぬ 、白 之^ 極ま. 惡く、 モザ くして 居た が。 漸くに して 騍體 k 

$ ゆ ふね ふた かげん こた. 5 ゆ くん 

t. 流しへ 下 6 れば、 は.2^柳が揚船の蓋を取って、 中の 加减を 見、 ちゃん さ 小 桶に 湯まで 斟 である 

白面 鬼 ニニ 



白 
面 
鬼 



しら P き 力ら だ し てち し い つ あ. ひだ い ろしろ き め こまお 

白 之は此 で五體 を, 濕 めし、 此:^ は 卜め て 吾が 手足 を 見れば、 何時の間にやら 色白く 成て、 理膩細 は 

K くつ をね ざ 5 げ さいく き おい 

肉 着き 丁度よ く、 脛の 毛 も 多から す少 からす、 象牙細工 にも 見た 事の 無い ほ,^ の 奇麗 さに、 Wii 身ながら 

お i せ を か あざ たろ ちまた ほくろ き > , > . ► か,^ だ ち 5 こん & き 

驚き。 此 分で tt* 中の 德は 愚か、 內 股の 黑子 も! S えたで わらう。 顔ば か..^ さ 思 ひの 外、 五體 中此樣 k 奇 

れい べんてん さ ** あ y がた お れい 、 ひど ふ ろ ちた、 

麗 にして 下された、 辨 1K 樣は 有難い 方^、 叉た 心の中で 御 鱧 を 云; S ながら、 一 風呂 温まつ て 出る 兼 

if ^ ひ .5- のこ た をき こ つま か ひ だいこん もね ちら 

て 用^の 女 共、 緋鹿 子の 捧 がけに、 小 棲 甲斐./ < しくから げて、 大根の 樣な 脚お 現 はし、 六 人 ゥヒも 流し 

てぬ々 ひ つ "もつ しらゆき めん ど たれ たれせ たれ むね たれ 

に 下 .CS 立ち、 各々? 拭 1 ッ宛 持て、 白 之の 四面 を取ゥ まき、 手 は 誰、 足 は 誰、 背 は 誰、 胸 は 誰 さ、 持ち 塲を 

き をリ3、 どろけ こ、 ろ も しらゆき さま たから だ き れい どの 

極めて 洗; S は 卜め るに、 白 之 は其膽 溶解 さうな 心持ち。 ((ま ァ ほん S に 白 之 樣の御 鉢の 奇麗な 乙 ^o」) ((殿 

はく きめ こ ほ しき 7,^ か 5 で むらさき 

方の くせに 憎らし い 程现、 が 濃くて 0)) ト賞 めながら 頻 4 に 磨いて 居る うち。 淺瀨は 白 之の 二の 腕に、 紫色 

の 痣 を Si 几が け 出し o(( オヤ 乙れ は 郎君.^ う 遊ばした ので ム 6 ます …… 誰 どつ ね .0 ました か 《,をれ 

せんこく ど ち 5 

は、 先刻 汀さん に …… 此處 へ來る 途中で つねられ たんで …… 1 《汀さん がつ ね 6 ました か。 ァノ 汀さん 

ひ !;; J . わて したち こど は e ぶん 

ザ なん.^ 越路 さん、 はんに 非道い 方で ざん せぬ か o》 I: されば ぃナ、 妾 達 は颧ゥ なしで、 自分 

c- ち 乞 

ばか. 一翁 さきに、 乙ん, }2SI. をな さる^ は :•:. よ しい、 妾 も 汀さん に まけぬ やうに 0)) ト越 路は悔 

しらゆき 5 ちまた い わき ら い 

しさう.^ 白 之の 內股 をつ ねった。 ((ァ 痛た!》 ((もれで は 妾 も …… o》 ト 淺瀨, が 脇腹 を 一; 3 ね 60 《ァ痛 

た が まん あそ を どこ を どこ 

た!》 ((痛 > て も 我慢 遊ばす のが、. 丈夫で な^います よ。) ト 苗代が 叉。 《なん ぼ 丈夫で も、 さう 皆さんに 

た て や はら どのが た { せ や it 

やられち や。 …… も をつ さ 御手 軟 かに!)) ((殿方の 癖に、 をん な 野暮お かっしゃる もので は;^^ いません 



3 ト 糸柳が 又 一 ッ o(( 野暮で もなんでも 斯う 痛く つ て は :… 0)) 田 面さ 极枝は 一 一人 一 度に つね. なが 

あ ご どの バた に あは 上 わ あ ズゲ たがた ひめ & せ にあ はて あら 

ら、 ((郎君 は 殿. 1^ にも 似合ぬ 弱い 言 を。:! ((* 孃方 は姬 御前に も 似合ぬ 手荒な 事 を。 ••:: もうよ い 加减に 

.eK? いち じゅん 、じ かんべん 

免して 下さい 0)) ((,0 れで 一 順 ま は. ましたから、 まづ 御勘辨 ゆし まし やう 0)) ((ャ レく 乙ん なに 赤くな 

ズ^,み^^^ fn^ i ひっき や 5 なれ か あい いろ を どこ 

ました 0)) ト 少し 一 汲 組みながら も、 自惚れ の 鼻ハ 却て 高く 、乙れ も 畢竟 吾が 可愛 い から。 —— 色男 はつ ね 

か <£ はら しんち, もの 

られ ねばならぬ もの だト、 覺悟 をして は 腹 も 立てす、 却て 心中 一一 コ 物 

から.. y さん £ さい 5 ま か だ 

其 中に 湯から あがる さ、 をれ れ姊 を.; - ふき 申せ さ、 前の 樣に 前後左右から 取 6 卷 いて、 五 體中を ふき。 

AT ち は -こ. S を, tKJ しま. S あっか かみ 力 S^A^ ゐ ば& 

叉 大き^ 圃 a を 持て 來て、 大の男 を 齚米扱 ひ。 をれ から 髮を ちゃん^ かき わげ て- 香水 を ほ * にしみ る 

み £ど みが いろ を! :,J こいつ .び き こんお - しらさぎ ゆ. 》た つ、 > > . - : 

ほ^ふ 掛け まづは 見事に 磨き あげた 色男 一 匹、 靴 地に 白鷺 を をめ as いた 浴衣に 包んで 其の ま は, 

Z る {C, らう.?. づ,, ひろま しづ /\ " へいさ 4- こく を どこ よ げんじ 

を 八 人が 護衞 し、 廻廊 傳 ひに 廣間を さして 靜々^ 練って 行く 樣、 平 相國の 男の 好い のか、 光る 源氏 ゥヒ 云へ 

ば 其 ま、。 

ひろ 3 せき ま こが しらゆき は しづ- あ ふ 5 ち は せ 

廣 間へ 來て 設けの 席へ つけば、 待ち 焦れた る 小 » ざ 汀、 白 之の 左右へ 侍べ つて、 靜 かに 煽ぐ 圈 扇の 風に、 

ひぶく ろ か 33- ズ ザつ わ を ゐ 5 ち せん て うし 、 一 

^ 袋 の ft を ませて、 夏^ 云 ふ rj^ を 忘れさせて 居る 內。 やがて 膳が 出る 跳 子が 出る。 入れ か は 6 立 代 

はこ ま さんかい ちんみ がん せん を か きづ はら: _ ,、 k 

4 運ぶ ほ.,; uk、 問 もな く 山海の 珍味 眼前に 岡 を 築いて、 見た ばか. ^でも 腹が 栲 くな ゥ さう. J^o ((サ ァ 

しゃく さか づき の をれ. S ひざ H -、 

< ^う J^.;^ 一 ッ!〕 ト 汀が 酌に 白 之 は盃を 取. あげ、 一 口 飲んで 下へ 置く so 例の 淺瀨膝 を 進めて、 r 、の 4^ 

て 5 だ P がってん の はいせん t の j 

盃を 頂戴 致し まし や う。》 ォッさ 合 點^ 飮 みほして、 盃 洗で 洗ら はう さする^。 《ァ ラ 白之樣 …… ^うど ^ 

白^.^ 】 二三 



白 I 面 鬼 一 一 一四 

ffi 下さい まし!)) ((をれ では 失^です が 0)) ((淺 瀬さん ばか. 御 指し 遊ばさす^、 ちつ S 妾に も 戴な!)) 越 

. よこ あ ひ た いま どころ s らゃ S 

路か橫 合から ィャ… を 云へば。 《ィ >1、 只今 わげ ます 處 で。)) ((越 路 さん 浦 山し い rJ さ!)) ((苗代さん 今 あ 

げま すから 待て 下さい!)) ((^うど 极 が 枝に も 下さい ましな!)) ((^うせ 妾 共に は廻ゥ ますまい けれ < ^も o》 

し は Ar-S ち y- ん た、 これ さから のん さ のん さ ま"」 さけ はら ^か ij*?;; う 

ト 四方 八面から 疊 みかけられ、 1 々是に 逆 ふまい さ、 飮 では 指し 飮でハ 措し する 程に、 酒ハ 腹の 中 を縱橫 

. . しゃ 5 たい はんぶん をく を め ふち さくらいろ を だいぶん & き ザん 1 い.;」 

踏み 跺 つて、 はや 正體ハ 半分 ほ^ 失. o、 眼の 綠櫻 色に 染まって、 大分 御機嫌に 成って 來た o(( わう 數ぃ 

じつ こんにち 5 はか し 上れい ちゃ 5 まへ した fj あはせ 

實に 今日は 嬉れ しいよ。 圖らす も かう やって 諸 令孃の 前で、 親しく.;^ 話し をす る S 云 ふの は 何たる 幸福 

じつ <- しらゆき ほ, y を きつ ゆ くわい まこ ど f 

實に 媳れし い 、 白 之 臍の緒 切て-初めての 偸 快お 0)) ((さう か つ しやつ て 下されば 、誠に 妾 共 も嬉れ しう.^^ 

, ふつ、 かものば か め L あがつ たも しろ 

S ます けれ^も 。乙ん な K. 束 者斗ゥ 居ります 處で、 か 酒なん ど 召 上ても、 ちつ さも. iJj 面白く 無から うか <>J、 

むき ビく ふつ、 か ビズず 

却て 御氣の 毒に 存ヒ ます OM 是 はした 6 极か 枝さん こんな 不束者 さは、 をれ は 抑 も 何方の 事 …… 僕に は 

力つ てん き れい かた *M ち さ 5 

1 向 合 點が參 らぬ。 乙ん な 奇麗な をして 程の よい 嬢さん 方の 前で、 かう 云 ふ 御馳走に 成て、 をれ で 面白 

• ,いい こ たのし はしら さけ ふ どころ かね むかし て、,, ぎ 

くな. S な^、 云 ふ 奴 か、 何處に 居ます 。樂 みは 後に 柱 前に 酒、 左右に 女懷 中に 金ト、 ちゃん さ昔特 から 定義 

•> ) , どこば しら び じんた ち /^わいち 5 

かき まって 居る。 11 y レ 後に n 乙の 床柱、 前に ハ酒、 左右に n ジ レ 乙の 樣な 美人 達。 さて 懐中に …… 金 

^云 ふ處、 たが …… 併し 是は 無くな つても ぃゝ 。是 にも: H 曰聘 か ら、 色男 金 さ 力 ハ 無 か. け 6 さ 云 ふ 定義が あ 

- » , . い ろ を どこ ゆく わい し-, こい わけがら 

る 力ら 十 1 一 金 ハ 持たぬ 方が 却て 色男なん だ。 ィャサ 却て 偸 快^んだ …… ト 中す 樣 次第の 譯 柄お 

ゆ &. e くわいき わ を もしろ きわ ありがた 

から、 實 にこれ ほ^ 偸 極ま. 快 極ま. o、 面白 極まる 事ハ なから うさ 思 ふ 實に 有難い、 ァ 、 乙れ^ 云 ふ も辨 



^^00^^ J ^ » i 一一 しら §き さま f{ ^ 1 

nir 重 f ill i、s、((lin 

s s およ、.. 管ん I 近で 一 . mrf >J14^H,3 > 

いも I. ,t 2、 フ cl£v/£/ 、つね-. 掛 るに ぉハ、 今 は 自分 も 酔て 居 力 

き、 3 うは さ *Ji< 勢が 、寄って たかって K て 押へ tgll 、フユ tls^ 

ら、 もうぎ f つ? せす。 ^^i^.lg.,.^J0fr 

6 する,, 、女 て、 キヤ ッく あぎ? 5 ほ rifr び- : 、 皆. 

0t^f. f<£ik faff 皆プ M 

酒を飮 んて酽 S た 力. ^ら< 1- ..、ト こ 淺賴は 田 5 ひ 出した 様 は、 《ほんに 妾. -し たこ.. - 

云クて 苦しがって、 暫時 ハ言菜 も 出な カウた 力 ま,1>. 錢瀬 f 严 ^cfe. m^^tlf 

-も . し、、 rjlt^ ぶく S いで 居 6 ましても 興 力 うこ さ ィまサ 

,.^、 f つ "651 れて居 6 ましたなん さ 皆さん 力う 譯も なく 驟 レズ 5^ 、 > 、 

;、 IKOSf i 入れ 言 i! せんか! i る ISTHn 

1 なら 早, fe して。)) i は 汀さん. £ltF 中し。 fs よろしう つ:;^ U ひ; 4 

、次へ きし i。il 汀ば?、 III uli^t ざ 

VI 白 はって、 St つれ か、 るに。 汀 % ノ f に 尊, 妾の 膝 

云 ひ 合て 居た 力 、おひ 愛して!) H 鍵い 1 いても よろしい か?)) 7テ妾 ので は $ に 入 

^^,」ブぅ ンナ^^ < ^う;^ か 枕に 遊 はして, 5 ィ 手 f 



白 



ろません か! M をん なら 小 養さん の を 借..? ^しゃう。)) 《ァラ ひどい、 折角 妾が かう して 侍て 居 6 ますの 

せんくち .srv ろ 

は 0) 《妾の 方が 先口で,^^ いますよ OM ィャ 乙れ は 驚いた 于、 こちら 立れば わ ちらが 立た すト、 云って 私 

くび わ わけ ま L 

の 首 を 二に 割る 譯にも 參らす …… をん ならよ k: しい、 かう 仕 やう 0)) ト小養 W 汀お 兩 方から、 ズッ^ 寄 

ひざ まん を か まくら かほ 

せて ニッ の 膝 を ならべさせ、 其 具 中 を 枕に して コ リと橫 に 成ゥ、 一 一人の 顏を 下から 見上げながら、 ((これ 

けっか f あ をた ゐ 

では^う だ?)) ((ハ ァ 結構!)) 《ほん^ k 郎君 は 粹な方 子 0)) 

5 おは あ ふ しらゆき 5 W ぎ 

云 ふて 11 ッ コ リ笑 ひながら、 また 圑 扇で 煽いで くれる に、 白 之 はさ も嬉れ しさう に、 小 養の 手 ^握った. o、 

わき よ ねん したく い せん しづく 

-^-簑の脇の下をくすぐった6して、更に餘<?^んも無ぃ處へ0はゃ支度も出來たさ見へ て、 前の 女 共 は藹々 

-ゃ 5 め, I ち A た よ, W を ひこ こび 

^正面へ わら はれ、 越 路さ淺 瀬が 地方に 成て、 糸柳、 极か 枝、 田 面、 苗代の 四 人が、 粧を 凝らし 媚を呈 し 

ま ♦ ^ゐ かん も 5 ろ 5' しら S き て ふ 

て、 何やら 舞 ひ 初めた が、 醉眼已 は 朦朧^して、 何 を 歌 ふか 何 を 舞 ふか わからす 白 之に は 只 大きな 蝶 

て』 ひき ビ こ な ひ を 

々が 四 疋ヒラ . く 、何處 かで 鶯の聲 かして …… 

しらゆき び じん ひざ まくら ね i ^?) Tfc^ ざい!: -ひ| I . 

白 之 は 美人 の 膝 を 枕に して、 此の 舞踏 を 見. がら も 、 つ らく 思 ひ めぐらす 樣 —— さ て も 吾 辨附夭 女に 

一ん. . ひ こ 5 だん. L 、ゝ、 、ゝ、 はし ゆき i てん 

信心せ し 甲斐あって、 斯く 夭 下 一 の 好男子、 樣子 のよ S 方す S たらし S 方に^つ. て、 端な く 此の 雪 御殿 

7 ^ *x 'いちん しゃ らいてん かいく ふ じん ろち らく び び をリ をゐ :!^ つき 

遊ぶ 譯は 成た が 抑も是 がー 初陣で、 將來夭 下 幾 百 萬の 婦人お 籠絡し、 美の 美 科の 粹 たる 處を體 輝す る、 

if ?んぃピぅ しゃ S らい 5 んき はく かちよ く 

是が第 一 着の 運動、 お 然し 果して 是が紀 白 之の 第二 着の 運動 さして、 將來の 運 氣をも 卜すべく 價 値して 

たま か乞パ きな てん れんちゃく 

あるか.、 是 大いに 气 ふべき 處 である。 11 なるほ^ 此雪 御殿の 八 美人、 いづれ も 十分 吾に 戀 着し 切て 居ゥ、 



. 1 1 z,f て, パ; - , S 鬆" 成 M?r れ しがら せ、 彼等の 》 心お 得て は 居る が。 

いろ? こ-^; f ば、 > -フ、 が、 こさう では 雜ぃ らしい 寶王は S3 ョ f 

f まして I の 本分: らう 力 ほ「 JJr さんきて、 凡き か f 4! し 云 はる、 

あいて >-^^H,> r-o-N ま、 i し爭ふ 可ら さる 事 (賀た 4^4/ 

も^^ I^UMHM^? .i II まん 

き:、!: f : 草 き is くて は、 き f 1 

^t0saf ,,.、grf f まい.,、 や; やぎ ま 心 を 配る、 

つ I も は Ik 駭こ女 こ千ャ ホヤされ、 をして ま た^女の 機 翁を 損ね ビ まい か I み <i 、巧 

ら J ",sl:r4pryp えの、、 f べき f tt i う 悟りて 見れ は ^« 

れ でぁ のよ SI 然、 苟も は 色 えの。 P^XILP. さ しづめ 此の 八 八 

1&I fnu. は S 處ぃ 、 -ill 

のまら、 此の 白 之の 情き にすべき、 白 之の 情? して 耻カカ s^p よ::、 田 面の:? rs 

^4 んんで たもの もな S て。 …… 糸柳の 細面 もよ い 力 田 面の 丸彦. 

ぬが。 まづ斯 ucr ap«f lisK.i。 I 下 

く t4 一 ほしお 他き か; 一 ひ おが、 ま liif 所 かわ 

tl..? つ siuHKi か r がへ、 ii は いづれ ず?、 ま 

る 舊は &S 法 白く 苗 S 理カ frtfr, パ。 c づ £st 、似? や 似た 

た 其が i の i らしい s、 If 、 i sa I^UU HIIIi 



白而鬼 一 二八 

靈 = 11 一一 画 一 國 5 ■ = ■- --||--- a -.is: - 画靈 ■ 11=1 —Bg_— 8— ————————— H———————B— — 

^^r^^^^ 上い-まさ め らっ ま. C ざら fi しん や ほ けんさ 

花^? io 赖 政が 目 移. ri"、 萬 更のー 初心 *W わ^ける は 野暮。 此白 之で すら 此の 驗査に tt ちょい^ 迷 ふか 

こ、 一.: く ふ i.- こ ゐ いっさく ぶ ど 5 も 

ら …… さ 白 之 は 心の中で、 人知れ 中ェ 夬を 凝らして 居た が。 やがて 一 策 を 案 卜 出し、 舞踏の 濟 ひの を 待 

ビ つせ A ざ しき まん ズ すか め かく そ s だ が £ 'れい 

ちかね て、 突然 座 敏の眞 中へ 飛び出し。 ((サ アサ 乙れ から 目隱し をし やう、 皆總 立ちく!》 ト號 4- おか 

こ、 ろね せんぶ かたづ せき ひろ そうだ しらゆき けん 

ければ 。皆々 心得 取. <^ 、散けた 膳部 を 片付けて 席お 廣 くし、 總 立ちに 成て 白 之の をば へ來 6、 ジャゾ 寧で 

わにき ね , さいし 上 てぬ々 ひどつ て K や e ぶんめ かく 

免 を 極め やう さする の を 白 之 は 押し 止 め、 私 か 最初に 鬼になる から <^ 、手拭 取て 手 速く 自分 の 目.^ 隱し 

5 ん てん いち^ん さい. しょ どら 4J ぶん tj や f ふ . しらゆき や. f. けん 

た。 …… これで 運 を 夭. に まかし、 一 番最- 初に 捕へ たものお、 まづ 自分の 情婦に する 白 之の 了簡 。《サ よ 

fj ら こっち て,^ ど 505 しん 々ら だんめ S つし is けんめ. S 

しいか ゥ かまへ るよ。)) ((白さん 此方、. 手の 鳴る 方へ!》 ト 飛んだ 忠臣 藏の十 段 目 白 之 は 一 生 » 命、 よ 

あ. し ふ みぎ ひだ 3- ねび ぷ 

めく 足 を 踏みし め )(.-、 右左 さ 追 ひま はしても、 籼に さはった. 帶に 觸れた 6 する はか. で、 誰もつ か 

どつ せ. < そば くちびろ ち も その 

まらす …… 。 其 中 k 誰 さは 知ら 卞、 突然 白 之の 側へ よって、 唇へ 血の 出る は^ 吸 ひつく は、 \ め たさ 其 

もの しか どら て ば や て ひ ビ つみ ズ ザむ 

者 を 確^ 捕へ、 片手で 手 速く 手拭 を 取て 見れば …… 南無 三! 

ベ はて.^ ま^を か みづ はんみ い せん くちびる も ひつい ひる % ら 

辨 夭の 池の 異 中に、 泥水の 中から 半身 を あら はし、 £S 前の ま ゝの紀 白 之。 唇に 吸 N た 蛭つ かみ 捨て、、 恨 

き, し ゃ,^5ざ まつ. しろ さぎ ま しら * き の うてん 《し 

めし さう に 見 上る 岸の 柳に、 眞 白な 鷺八羽 中の 一羽が ズ,' ッさ舞 ひ 下って、 白 之の 腦 夭へ 1 觜 …… な 

て. *- もん いっしん 

ん WrJ たへ たか 頂 門の 一 針! , 




⑩檢 玉 月 

か ヘン ? ^ ちょし &め 

《か蹄ゥ丄 —tsst わん S し:、 いは "れ お 鼓 こ t^.o1=!l ち、 k% ひに 出で し 下女 尻目 

. tufcr のお. i き 聞え て、 &f 闢に 止まれ は、 主 A 菅 敷?ドだ。 ち i 

は? (uf S cf irn。 は 4 力::;; お、 isi 

iif ず、 ぎ r r は。 f^l Ji 一 ひ 、!: K 

ひ.。 0tt 《ハ f ハ今 :.: .1 《 ィぉ r き 

i a - . !?】 i 寒さ i 當 r ほ u 【に 早 S し, 



ィ 



P; P! ((ナ でき: P 

iii お f f r ました。)) き 1 んな? i 寸音か 4 々耳 は 這入ク "は,:^ 

なケん 5 ': -, ヒ S^E«.CN?11?J うから 聞いて は 居 ま L 力 

ふしだら こど、 >> ト く S 字トで t ん ならお 母 さま- タ^カ 5^ 力 PI 

仕陀 落の 事で わらう チ?》 ((よく 御存 < ^ I . k^^^L ^ t^iA^ 

わたし i w:^,Mic-£、 :… そ e こ ^ がか 6 で、 たしかな 事 も わからぬ 故實は 口へ も 出 

が、 妾 も 4- 前に 苦勞. ^憑まい € … それ I 鳴 W 力 J >df i^a. ,^^^kA 

?れ で" si す p きいません が、 實 n 今日 I 丄で その 話 1 ま 5 一, へ も? 

i§ これ まな ir の sni ひ、 ^i0,l$AJ, 



格 上 月 



さ て も rJ の-子細、 委しく 語らば 期く! 

い 3 だ か:;;, f し い ** さ くわん しゃ 5 くわん るん 1 つく cf. しょしる み きん 41 たん かくは 5 しいた t> ころ ま 4J«& 

今 田 兼,::: T 今 は 去る 官省 にっかへ て、 宫 s 錄に 住所 記さる、 身なる が 金鈕に 角帽 子 頂きし 頃、 交. 

む そ した を どめ しま むら あいこ い をつ ぎ や 5 のちく おも, aj は、 f a. > y-< 

結びて 親し か. o ける 乙女に、 島衬 愛子,. J 云 ふわ. ける.^、 卒業の 後國 元よ, 母 を ひかへ し 折、 母に も 篤 

は を て,^ か はれ つま こ-? あい VJ 5* つ おんじゅん こ、 ろ たん iS, し 5 どめ *s- あい 

さ 話して、 天下 晴 ての 妻 さどな しける 此爱子 生れ 付いて 温順に、 心 まめなる 女.^ れば、 姑 さの 折 合 もよ 

ふか き は はんねん S せん きんじょ さいくん みち ぴ も XV *K> や <s くわい 

く、 夫婦の 中 は 極めて ひつ まし か ゥ しか 半年 ほ^ 以前よ ゥ、 近所の 妻 君に 導かれて、 最 寄の 敎會 

> かほて ど ほ"」 :55 51 み わるげ たも る v< きつち まき た CJ 

へ 通 ふ 事 さな は 卜め の 程 は^う やら:^ な ものよ £、 簿氣 咏惡氣 に 思; S 居た る も、 沃土に 蒔し 種な 

ど W つい は s^f ら さまた L だい みた 4 ち から あら い つ ま"】 まこ ど しんじゃ ひま 

6 けん、 鳥も啄 ます 茨 も 妨げす、 次第に 聖靈の 驗カ現 はれて、 何日の 程よ. か 具の 信者 s.5^.*、 問 さへ 

-、 せい. しょ ひ もしへ みち けんき 5 f し 5 どめな つど ど も、 .」. /'どめ もど 

われ は 書 を 開ら きて、 敎の 道お 研究な し。 折 ふし は 姑 良人に 說き勸 むれ^も、 姑 は 元よ .o- む かし 

かたぎ き y し たん ** ほ 5 おさ ころ おゆ こど さ J?- た んさら わん こ 

氣質、 切支丹 は 魔法な ウ^、 幼き 頃よ 6 覺 へし 事の 去ゥ 難く や、 万更の 頑固に n わらね^、 わたしに は 

あみだ さ .》 つい い つか 5 ひんぶ つさん まい よめ このな ろ き やうく わい?. 上 乙 、ろ 

呵彌 陀樣が 付て.^ ざる^、 一 向に 念佛 三昧。 嫁の 此 頃の 敎會通 ひお、 わらす もがな さ 心に はか もへ. $J、 

もど やさ ら 5e ん おもて あら ふ つ が 5 5 こ ね も 

元よ. rs 優しき 老人 なれば、 表に をれ さは 現 はさす。 さした る 不都合の 出で 來ぬを まだ もの 仕 合^、 思 

ゐ たつ ど かね 上. し が % ^もん あさ し 5 き しん たこ き&も どき や 5 ぶっき, やう 

ひ 居る こ をうた て けれ。 また 良人 兼 良 は、 * 問の 淺 からぬ だけ、 宗; S 心 tt 起 ゥ がた く。 基督教. 佛敎 も、 

き ビ ころ み >6 ひど せ けん わるもの ふ ? 1 な あい こら く らう もど 

歸 する 所 は 皆 一 ッ、 世間に 惡 物の 權 おぬ やう、 甘い 工合に 戀し てかき、 つまらぬ 苦勞を 求めぬ やう、 よ 

tt^w あきら こ ども しんけい, しつ るの に 上し 上う < ビく ぉヒ *J 

S 程に 諦めさせる、 いは > 小 供 だましの やうな もの 0祌 經 質の 者 か、 女性に ハ功德 も わらう が、 男らしい 

もの . しん ぎ w t- ぶんき *JS. し 上い ちまい 上 こど よ げんし や 

者の 信 卜ら れた 義理で ない^、 自分から 極めて 壁 書 一枚 讀ん, た 事な く、 モ I ぜは ァラ ピャの 豫言 者、 ィ 



re ft 湖 jawftp g 



yyyp^g. i して rj き i:、 

へ f— は、 pam^. m に f ぎねば、 41 ^^^^^ 

の p、 まづ i を fir へぬ。 <lrf *«-^UEy 

I ぎ s さへ f にて、 , お 共 はぎの よき、 lli fir 

f 、 鲈あ f f んさ、 f ivf r ぬる も、 ivji f i f 

ス ほ,, ! 、ひ .^^こ|-フょ.5て、 ぉ^^„1はmぉ"の¥Rても、私ををられる程もはな.9ぬ 總て 

さる 街 は 愛子 か 信仰 は 日 は 月" 堅うな て .=-t 一 H げき ク.. 41 けんもん 1 btt^ > 

^4 <i , り... りい. 5 な |、を を たがる. &な 謙遜 を1? する * 督 信者 力 

が i 心錢墓 なれ は、 少し はか.^ の もの.... 5 た、 るき も を をき f,,r つみ 

¥4g んしは て、 lsfe.f めて i ま 罪 を 犯 uf し 

ki3 てぬ 事な し 妾 は 幾 A 道を傳 へた, 9 妾 ク な これら i きせん 4 れ,, こ? ill.- ン 

hp If Is き r から; gif きれば、 更 frsT れ 

L 7> . 「 —— .. I.klj^liiliieip03j,i..ril._ 一 , 一 一- 1 疆 i— "" - 



Is 



精 上 



'- > や- ビ, - せ'、 - 



上ろ づ こど さ S だ A あいこ かみ ため さら ほね ft • こビ „ こ/ろ かぎ はた 1 

て、 萬の 事 相談な す. i^、 愛子 も 神の 爲^ れ は、 更に 骨 を 惜しむ 事 i& く 心の 限 6 働ら きけ ASO 

かみこ む ほんにん おめい 5 ふ < わん せん にんげん ねこ, * ひ . た^> 

种の 子なる ィュ ズ すら、 謀反. いふ 名 を 受けぬ。 まして や K. 完全 る 人間の、 行 «s か はか 4 正し 

あやまち te5 *r きょ つ ひ ね も 9i 5 はさ ぬれ この ころ たれ い 

ければ さて、 誤 失 多き 浮世の 常、 思 ひ 設けぬ 蹲 をう けて、 あらぬ 濡 衣き せらる ゝ事ゎ 60 此頃 誰か 云 ふ 

ちい こ き や fiv-f. わ. S でん: J? し よし もど い ひど き ^ど しん や is: ち ちぎ 

^なく、 愛子 tt 敎 會の傳 道師吉 * さ H へる. < さ、 11 基督 信者に あらう 事 か、 1 ! 道ならぬ 契 6 をな 

け 《. はさめいだ き や 5<ゎぃ * & かま • しん しもざま で 

せし^、 怪し かる 噂 芽 出しぬ。 教 會 の 仲間に は、 さすが k 信す る もの も なきやう なれ VJ、 下檨 なる 出 

si もの げ ち 上 し^ふ くお 5 が かげ い あは あくじ せん w こ S はや 

入の 者、 下女 車夫な^ が ロ善惡 なく、 陰に ま は 6 て 云 ひ 合 ふ k ど、 惡事は 千里の 駒よ. 速く、 いつしか 

かねよし み、. & i かねよし あいこ たが あ ひた も を か 5 へ つれそ いちねん 

兼 良 か 耳 k も 入 6 しが。 元よ. of さ 愛子 さは、 互 ひ k 相思; 3 し 仲なる よ、 連 添 ふてから もはや 1 年 あ 

こ、 ろ ほ; 1- レ i 9 ちが おも もの 5 たが ひど あい 

ま .0、 心の 程 はよ く 知う 4^ れは、 何 どの 間違 ひさ ハ 思 ふ 物から、 疑 ひなき 人^て C なく、 まして や 愛 

.r たパ |& よし こゝろ 15 お たも おも ひ ねこ このい ち ねんね. J き この ころ あい 

は疑ひの伴ふもの1^^れは、 f か 心の中 はも、 もしゃ さ 思 ふ 念 も 起- y ぬ。 此 一 念 起 4 來て ハ、 此 頃の 愛 

こ ぶる !》 ひ こ、 ろ 5 た れんや き た 5<ゎ い さ. 9 だん くわい 、 

子の 振舞、 ^うやら 心 かち かね、 疑 かへば 連夜の 祈 禱會も あて k はなら す、 相該會 もい ふかしき と^ 

か もて ま を JJS? さかだて めん むか つみ を かほ こ * ろ を 

6、 斯くて ハ 捨 かくへき k あらす さ、 ある 將 ハ 眦 も 逆立て さて 面さ 鎖って n 、罪の無い 顏は心 も 折 

しんせつ もて をし き ぉ< J' たが ..S3 さら もったい こ、 ろ 《- ち わび こど , 

れ、 信 切な 待遇 氣も 後れて、 か 6 をめ k も 疑 ひし 7- さ、 今更 勿體 なくな 6、 心の中に 詫 言 も を かし。 

'ぶんき e つ ? 2* み 5fc いま かねよし こ、 ろ かれこれ 上た われ さ 5^ 

風 閎聽け ハ 實ら I く、 樣子を 見れ ハ虚 らしく、 今 ハ兼良 か 心 も、 彼是 ニッ にさ まよ ふて、 吾な から 定め 

とんや し Afeff ゆ $t ん ff も 5 べつく わい せき 4J や f した を はがし » 1' ^ 

かねし か、 今夜 W らす もさる 酒樓 て、 友人 か 洋行の 送別 會ぁ 6 し、 をの 席上に て 親しき 某 か、 具 面 

» ?^. < きみ し 3<ら たき しさい か キ5 しかく いお < むね つ と ど 1*^4^ 

目 k な ての 吿 だて。 君 C 知るまい かさの 枕 を 置て、 仔細 は期檨 云々 さ、 一 々胸 を 突く 事の み 町內 



11 In— mllln^^ つみ は 

1 llllllrnT^.^i^ 3 . -;: g ダも な 4 て は、 罪のない 顏 

も g ず 爵 も、 S く AI ら f へす: f 一 IS "SLIT でれ さへ f を"? しむれば、 自 

や f !、 1 へ *B あか U き、 i.f : 

f I ず frn れ" き" お き!!、 き あれて 

0tk0i. I な聖 I めしく ィ . プ憎 

ゥたし 

し。 Z (ま 4,.0 こも^. 9 ましお なら 和が 

^v! C t レ、、 や 人あって *• タ さな 6、 《よろし うるさい r き . ^5 

fli はくれ し 力 や:: あ ゥ.^ iifi, 0fit< 

i がて ハ よくない から 今の い もの i . tkr.^ さ C, ませ to ァ、 今更 思へ ハみ 

1 ?,^ しても あの 評刿 …; ^の 節 を^ を 11 . h 、ヒ; わの よい i か、 でん 

きし 仕 f は、 ^^.l^suunil ^ 

r I - 棺上 H: 



榷上月 BBBBEgsnnli 一三 四 

"や ff めい は S こ、 ろ こど H 1 つど も ひど sun; しち efi にち こ ど わざ い ^ 

女房に はされ ぬ さ、 名譽を S ふ 心から、 をの 言葉 n 道理 だが、 人の 蹲 も 七十 五日^、 にも 云 ふ 1^ 

ち .0 はさ きく をに 

6, 窗 きに 噂 は 消え やうから、 をん. J^iJ を 苦にする にも 及 ふまい 0)) I; をん なら 阿 母 さまに、 

あんしん ゐ つ ぶ 

おまかせ 申ます から :••: )) ((h ァ-/ \、 マァ 安心して.;^ 居で!)) ((をれ;^ 付けても もう 歸. さう. もの 

を は かへ き こ. や いき まへ ゐ 

です か、 何をグ ,ダ くして ::: )) ((歸 りて 來 たら 今夜 も 云 ひ 聞かして や. ますが、 お前が 居て ハ 間 

わ. る > さ や 5 わた く.. > & めんか 5 む たさき ふ く 

か t ん からう 0)) ((左様なら 私 ハ、 御免 蒙って 御先へ 臥せ. まし やう 0)) ((さう してお れ!) ) ((さやうなら 

ば …… )) 

こ 30* のこ ゑんい あしお ねまい つき を げちよ こ i んを さ 2 

言葉 殘 して 橡 k 出で、 急き 足 k 己の か寐問 入れ は。 付添; 3 し 下女の 某、 小聲 k な-.^ てぶ 旦那 檨! M な 

た、 S まわた <し あかさ か つか ひ ま! ど f さんの *r さ 3 ..i た どま S を /I- こ ひく 

ん&? )ズ ァノ 只今 妾 か赤拔 までお 使に 參-^ ました 途中、 山 主 樣の下 を 通. 0. ます £ …… )) 益々 聲を 低う し 

& し. C ケ i おど こ かた t 5 へ ほ 5 ち いま 

て、 《ァノ 御新造 檨さ 男の 方 さ、 たしかに 山の 上の 方へ…)) ((ナ 11 か 愛が? ほん さか?)) ((ハイ 今が た 0)) 

?。》 

かねよし lb ちょ ち ん さ き ふた、 さかの S 5^ ee> ぶん しゅき さん, U か ぃビま げ 

兼 良 は 下女の 注 心に、 怒氣 再び 逆. H6 し 上、 加へ て 充分の 酒氣も あれば、 前後 を 者, ふる k 睱 わらす、 下 

ちょ つ ざ た のち ねし いれ を か おさ び せん もの ふくろ ど W. だ ち 》>ん< ち はは さき 

女お 次へ 追 ひやう し 後、 押入の 中に 納めた る、 備前 物の 二 尺 一 寸、 袋の ま、 S 出して、 地震 口よ .CMBS 前 

ど * ほど ど を さんの. 5 くび そら at ゆ 

へ 飛 ひ 下ゥ、 程遠から ぬ 山 王へ、 踴を空 k 走. 行きぬ。 

ふゆよ よ ひ, もの も *1 おやみせ ど-? し かげみ しゃでん たど zi こから し ちぶ 

冬の 夜 はま, た 宵な から 物凄く、 茶店 燈の影 見えねば、 社殿;^ 鈴の 音 もな く。 棺 をなら す 木枯、 落葉 を 



i かせ f き. 》 ひや はだ. w あは しゃ 《' かひよ し いき 5 らて さか «L の は 

ちらす 夜の 風、 折 ふし 肝 を 冷 させて、 肌に 粟お 生せ しひ。 兼 良 は 息つ ぎ わへ 卞、 裏手の 坂よ 6 走ゥ 登ゥ、 

t こ 乙、 たづ .S をた こやま < 'へ き. J ひど i み、 A-:,i たつ ひど a- 

其處か 此處か W 尋ねめ ぐれば、 わ やしゃ 彼方の 小山の 上に、 ほのかに 閱 ゆる 人の 聲。 耳 を 側れば 一人 

まさ たど, J ねん & ふ ざ ■ つゆ あし かれ くさ ね 

なら 卞、 しかも 正しく 男さ 女。 さて NM 、不義 ものと^ん »れ さ、 露に す ぺる足 ふみしめ、 祜 たる 草の根 

や 5 や ほビ ちか も、 き vj は を こる も X- 

にす が. て、 漸く 邊 6 近く 進み よれば、 しかと M ゆる 話し 聲、 (( …… さう おっしゃ S ます けれ.^ も、 元 

わたし けつ はく み <- へ このよ ひど かれこれい てん S かみさま まへ つゆ は 

よ 6 妾^ても 潔白 务 身の上、 此 世の 人に tt 彼是 云 はれても、 夭に 居ます 神様の 前に は、 露 恥つ る 乙と は 

f* か このよ かぎ みさかへ あら L 4J5.J 、ろ 

いません つも …… 然し 此 ffi にわる 限ゥ は、 < ^こまても 御 榮を現 はした く、 をれば かう 始終 心に 

か を まち かひ あ をた わたくし 5 き ズザ いま き や 5 くわ S 

掛けて 居 ますに、 ^うした 間 逢 か 貴君^ 妾、 …… つまらぬ 浮 名お たてられまして、 今では 敎 會 の 

ひど めう かんがへ もつ この ぶん f*s L まい ざい ん 

<: まても、 妙な 考 を 持 やうに ^ゥ、 此 分で.^ 一ったなら、 仕舞に ははん 《 うの 罪人に されて …… )) 《サ 

かみさま まへ た、 このよ こど けつ この 

さう です。 祌樣の 前 さへ 正し けれ は、 此 ffi の 事 は^う わらう ど、 かま はんもので は 决 して 4^ いので 此 

よ かぎ このよ ほ かみ さか あら われ < つど 

世に わる 限り は、 や は 此 世に 賞め られる やう、 祌の榮 へ を 現 はす やうに する のが、 吾々 の 務めで わる 

わたしども こ ねれぎ ぬ はら S このあいだ 

のて すから、 私共 ハ何處 まても、 乙の 濡衣 を晴 さな けれ はな. ません。 …… 乙れ と 云 ふの も此 間から、 

でんだ 5e や., さ 5 だん たびく わたし い! た い また この ころ れんや き た 5 くわ. S まい ん ち 

傳道 上の 相談で、 あなた か 度々 私の 家へ 入らつ した. <y、 X 此頃は 連夜 祈禱會 で、 每晚か宅を^5ぁけなす 

つたから、 つま. わの やうな 馬鹿^と を、 云 はれる やう k なった のでし やう。 實に 好事 門 を 出です で、 

こビ めた わる ひや s ぶん L X Si ん e や 5 じつ か & わけ し か 

よ S 事 は 目に 立ちません が、 惡ぃ評判はょ^0乙んで仕たがる世の.<情、 實に 悲し S 譯 です。 然し かう や 

つてわん ま. 永くなる^、 また.; U モに惡 う.^ さい まし やうから、 早く 祈禱を 致して、 歸 るこ^に 致し ま 

槠上月 二 二 玉 



Im 棺 上 月 BsasEUEHIIIHHSillll!! i 一 三 六 ml 

やぶん で ゎ^. かた .!-^( こ: aJ ねが <it し 

しゃう rJ れ から は 夜分な-^ は、 あんま ウ^ 出に ならぬ がよ K? しい。 か 若い 方に 種々 な 事お.; 5^ 蹦; 3 申た 

わたしども あ 5* わたく.. J » く 》 - は を た かた ねが ま * いた 

のか、 私共の 誤. ですから、 私から 牧師に 話して、 これら は 他の 方に か 願 ひ 申す 乙 さに 致し まし やう o》 

ねが わたし き や 5 くわい ため tl4' ぶん はたら さきほど iL ほど 

《さう 颗 はれます と^ら …… 妾も敎 會の爲 に、 充分 働 さたう はな^います か、 先程 も 申ました 通ゥ、 

を ti ぶんお つど しんしゃ は、 * しへ し こ* ろ ゆ ♦ く 

何分 良人 はま、 お 信者て さい ませす、 母^^また敎ぉ知らぬものて^uさ いますから、 ^ラも 心お 許して 吳 

たも t はた ざんねん この こど あ をた 

れ ませす、 思 ふ樣に 働ら く 乙 さので きません のが、 いかにも 殘 今5 て.^^ います , ^うか 此 事*^ 赏 WJ から 

so- あ を h つ い の お どころ 

も、 よく か祈ゥ 遊ばして……)) ((ハ ィ をれ はか CN しゃる まで もな く、 何日 も 祈 CN て 居る 處て乙 さいます。 

さ や.,' ね そ ,「ち いの あ をた 

左樣 なら, 睨くなら ぬ 中、 はやく か 祈りな さ い! 》 (*i う か 貴君から! 》 ( (さ 5 かり しゃら すに! 》 《をん ^6 ら 

a いっしょ もく た 5 5, た 

御 1 所に 默禱 致し まし やう 0)) 

ふ た y こし か 6 くいせ さ い 5 わか くび た a ど くち 5 ち き ん いの 

二人 は 腰掛け 居た る 株お はなれ、 左 右に 別れて 首 垂れ、 眼を閉 ちて 口の 中には、 祈 <ふ お 乙ら す 斬ゥの 

かづく み こど こ、 ろ ひど この 二ろ ふ few れき は こよ ひやく ど、 こ、. くわい 

數 々o 身 は 異なれ £ 心 は 1 ッ、 此頃 うけし 一 1 人 か濡衣 を、 晴らす よしな く 今宵し も、 約して 共に 此に會 

かみ 5 つな たも こ ひどへ をし へ わけし ひビ f こ、 ろ まこ ど > 

し、 神に 訴 へて 助け を 乞 ふ、 乙れ 偏に 数の ため。 譯 知らぬ 人 をつ まづか せじ^、 思 ふ 心の 具實 のみ 「我 

£- こど あいだ 上 かせ いま さ だ t 、ろ さら きょ 3 乙、 ろ きた 5 み、 

れ」 ト云ふ 事. V の 間にな し。 夜風 乇今は 定まれば、 心^4-すみて更に淸く、 * 心 rJ めし 祈禱 にはな^て 耳 

かた ふ てん いま われら かみ 

を 傾けさらん、 夭に 在す 吾等の 神! 

いの S- め ひ ね もまう ひど 《- たど. J や はは .J かけ fe.:5- S た! iJ ろ ふ, た W 

新し はて ゝ眼を 開ら けば、 思; 3 設けす 1 人の 男、 矢庭に 木蔭よ. y 躍り 出て、 驚きた めら ふ 二人 か 前へ, 

もち かた ズォ を ねん K% て どク, あ S ゆる , 1 - 

持た る 刀 を 力 ラリ^ 投げす て、 女の手.^ ジ ッさ 取て、 (か 愛 許して くれ! M オヤ わなた は!) 



f もこ 木 f i& ふて、 ま淸 みけ あ 上の 月! 



• ^ t 5 ビゝざ 



人 は SI- かけに よらぬ 心 

^0 Z ^ Z れは 取れまい . . ff つい せ ひ きみ 

の i き、 i され SI fi if^^^0^0€. n«% 

ので! ペリ j 冗 nrES" 拳した。 I おへ》 J 

f!, はか 1" 遠:: rsv 1 1 ,て、 ^.lio s^sl 

■ はいつ . S り 1 J-.J11、 亂 〔4r こ テ.' ブル 遣^ V Jiff -7 りか ざ 5- 

の きに つれて、 這 入! f f 合 tw^J^rrff けて きわる i ノに f 、 まがり sf 

1st やがて 汲て I 茶 S みはし けさ 1 んー^ ^れ、 MifM^ 

7 ま おもて 4 まゾ ^^ゃ>して、 ド>くムって來たは三人の女連 t 三 a グ 1 ラ 

01 表に 車の 止ま I" して S J sits きなら、 正に 令 付? 

が、 まお は si、 これ &し まので、 年 は 十九 力:: r ぬ 00 ら?. I 



abb 



山 時 rt? uml 一 三 へ 

す やうに、 確^ 見る 乙 さは.^ う も出來 なんだ 

いま このび ん へ や *, タか は い つ き を いも か し =4 らく ろ のち われ 

今此 美人 は 部屋の 中へ 這 入て 來 たが、 直ぐに 椅子に も 掛けす、 暫將 ためらって 居た 後。 吾 さはす ウ^ 離れ 

S も や i> や ざ あいだ ふたり たん を おんど どきく われ め くぶ や 5e ん けん, y 

た 椅子へ 漸く 座 を まめた をして をの 間に、 二人の 女 か 陣取って、 特 i 吾に 目お 配る 用心の 堅固 さ! 

,-& しん ケ さ い f ら ちょ ど S- み ほん ひら み や は i 

((御新造^a何云ふaがょK:しぅrtJ^ぃませぅ?】 老女 は 取な しか はに 見本お 開 いて 見せた。 《矢 張ゥ御 

ほんしん あ 七 こし も XI くび くちぶ し い はつひ 

半身に 遊ばせ!】 腰元 は 首 さしのべて 嘴 . ^入れた。 《さう さチ. '0)) ゎづ かに, 初音お もらした。 

さんにん いっしょ まげ よ ねん みゐ こ、 こ ちら し さい くわん さつ 

三人が 1 處に髭 を あつめて、 餘念 なく 見て 居る の を、 此處ど £ 此方から 細に 觀 察する に。 —— まづ 

つぶ S- お ほかた 3 る 5 げ ひ な し » て がら こ はくいろ べっかう か 5 がい きん あ L &ぶ たま みづ た びん 

頭 はチト 大形の 丸 髭に、 緋の鬼 絞ゥの 手柄、 號珀 色の 鼈甲の 笄 に、 金 脚の 五分 玉。 水が 漓 6 さうな 雙 

.o- あい ゑ はき はち ざ S まゆげ わ ざ ど * ほ も "1 こ りん 

工合よ く ふくらみ、 書に かいた やうな 生へ 際に、 地藏 眉毛 も 故意で なく。 眼 は 細 S ながら 何處 やら 骧 ,乙 

p-,> 3>^-^-っか5 { おか あい ほ. J ろ は ち < 'ち& t ろ くび ち > ず かた 

して 凉 しく。 鼻 格好よ くき^ まれて、 口 可愛らしく 綻び。 プ ックリ と 二重 頤、 まッ 白な 首筋に、 撫で肩 

; U ん: & s つく どころ だん.. (- あら み ちんし ゆ < ち ど, J ろ び C ん び にん 

の ほらし さト、 念入れて みる は <^、 美し S 處段々 現 はれて、 微塵 朱の 打處 ない 美人。 乙れ ほ^の 美人 

まへ も ま 上 こ か t=J どき じ ゆう しゃしんや く.;:; ほ 5 もの この 》>ゃ< 'ぶ らゃ 

前に 据 ゑて、 正む きにした 6 潢 ひけた 6、 片特た 自由,^ する、 寫眞師 は 梁^ 者、 此商寶 羨まし 

ビ ち fi- らゃ この ひど たつ ど &ん こん ょク ひ うま たも つら 

や をれ ょゥ 第一に 羨ましい、 此 人の 所 夫。 いかなる 善根に 由て、 . ^んな 日の 下に 生れた か、 思へば 面 

< ュ た けつ こ つ .23 よ さ 5 f ゆん め はくらく あ > び,, 

憎く IS ましく、 决鬪 でも. & 込みたい。 をれ に 付けても ま、 ならぬ 浮世、 總 しで 駿馬 は 伯 樂に逢 はす、 美 

じん ぶ を どこ つ _v この ひど おつ ど い ひげ はや ど た ほやく わん ね やち 

人 は 醜男 さ 連れ添 ひ 易い もの。 もしゃ 此 人の 所 夫 さ 云 ふ は、 髯 ひしゃの 隼 人で ハ ないか、 大藥錄 の 阿 爺 

つらお < き 上 4J f い ちにち な どこ か は み 

でハな s.^o をん. 1^ らばな ほ 面 僧し。 浮世 自由にな るなら、 1 日た も をの 男に な. CS 代ッて 見たい わ 



J4.^0no sil^tt., で 出て がて、 Imrl 《ハ S . t 

づ して f tlr 處へ。 i1 子 力 出て 东/ お .mM^hlmlk また 以前 

P の 9ま1 で I かも 知れ 4:rM:;:』:lrvr,v れでき f ます S 

の i きまって f 。ずら 知らす む llnnul ひまし やう f ゝ 

: 二 1 しましても よろしい さう で •:•: 》 iff 



でよ る しう;^ l,JS ます 力 )) - - 』 3 いっと ^A-tr . 00^ 

_o(( をれ で ft わと で 御 一 所は拂 ひます 力ら 】 

さん 1 し-は いつ 



$ て か P さ へ ! (^1^ ノ T;>T ちかんで、 ろの f i て f 

ま ri へき.^ ッ Ji, つた 。ぁノ 5』" きノ ケせチ 「まし 力て! の f 

船 の r%&>1 何? ぶ. を.. f )i れ です 

か:: きものです まんな もの か、 I 山の i 力 ラ e に L 丄 $k3mm :.… 

誰の? Ms"s は 入れます ::• ,. ^れ でに * ひ c、?t,u ぎ r 一 a です。)) ん 

お^ 島 



京 自 S 1 

f が は „ ねく さ 3 か ひどみ 

素顔。 《これ を あの …… M~ ィ奧樣 か 買いた かッ しゃる ので 0)) ((人 n 見かけに …… 0)) 

L J ^ く • ねどこん ビ み どき » さつ たもて か は いや ひど お ^.p や 

叱 ッ下ゥ て來る 音、 今度 見た 時 は、 菩薩の 面に 變. ハな いが、 もう 嫌で く、 < が 居らす n 唾 はき かけて isj 

) いま y ケっ おつ ヒ ふ びん さっき < 'らゃ さ、 をみ いっしゃ 5 ちゃ ち われ ひた ひ „' つ ! u か 

ゥ たく。 11 今^ 成て ハ:: ^夫 不憫、 先刻 禁 むだ も 1 生の 過失、 吾^ 額 を 打て 11 J ^ (! 

き や 5 e まん 

藝東 自 粳 

き や 5 げいこ あ を さが 

(一) 京の 藝妓の 穴 探し 

わら 好かん tN 

•1! づけ f どこ き や を 乂ぇォ むか. し さ, ゥ;^ き き や 5 め 5 ぶっか ビ を か だ、,, これ に S ん よ しレ 

蒌男に S 女^, 往古よ. 相塲 極ま. CS て、 京の 名物 數 わる 中に、 まづ第 1 は是 な. ど、 日; 六十 餘州 

> ひば .A- み をみ, I に の $J け 5 を か け 5 ^6 をん K タ を か をん, げいこ ま,? しぶん 

の- <々、 皆 見ぬ 戀に 咽喉お 鳴らせ <^、 京の 中なる 京の 粹、 女の 中の 女 4^ る、 藝妓 にはち さ. & 分 わう。 

, そのみ げ ひこ を き s- よ 5 さき げぃ のち ざ 6 みち 5ぶ か 《 き? く 

まづ第 1 に 其 身 藝妓の 名 わ. <^ ながら、 S 色お 先にして 藝を 後に し。 座お 持つ 道に 疎く して、 却って 容 

に 遊ばせて 貸 ひ。 座敷 出れば 其 儘に、 ズッ^ 客の 側へ 通りて、 ぉ盃を さ 所望す る 乙 ど、 柬ゥ らばが 

格子の、 女郞. ら ではせ ぬ 事な. 00 元よ, 座付きの 祝儀 無ければ、,. 初見の 客の 照れる も搆 はす 。や、 さもす 

L f ^ び > ^« V ようい 、 3 ゆ は け かいみ ど だ かほ し 5 ふく いそ を 5 さュこ つ & 

れば帶 の 問よ. CS 用意の 眉 刷毛 鏡な < ^取.. >出 して、 顔の 修 覆の 忙 がし さ、 成る^ 猫<^ はよ く 付けた 名な 

> 3 み ,1- よまう ひど い きら ,.^2 まや よろこ もの ^ f -- 

AVO 三昧 を 所望す る- < を 、モッ サリど 云 ふて 嫌へば、 唄; す を 喜ぶ 者 を、 か. 4o さん! W ひて 輕 蔑む。 

> f お ほ f た ^*-み* fc づさ よ 5 どき いも どげ いこ か て tf- ちゃ、 けいこ さみせん ビ 1 

さめ は 大方 は 三 咏を携 へす、 用 ある W は 妹 藝妓に 借る か、 手お 鳴らして 茶屋の 稽古 三 咏 線お 取 4 寄せ、 



ち 5 た こ 3 か、 ばち もち つめび き よしこの じんく を ど. r け 5 ; も あみ づ 

地歌の 駒の 掛ゥ たるま、、 撥 も 用 ひ 卞爪彈 に、 情歌 甚句 を 後き 鳴らす こ^、 東京の 場末に も a られぬ 蹋 

*ss た きら しやく ろ.' /\ お の よ 5 を ^10 たの ? y のく せむ しん い 

な 坐ったら 立つ と を 嫌 ひ、 酌 も祿々 すれば こ を、 自己が 用 すら 仲居 赖み 其«無心t^ょく云ひて、 

しば ゐ けんぶつ VJ ほで ゆ さん はて きもの くし かん ざし つ ひたち い はこ い もんび たび やく, V. く かきい 

芝居 見物 遠出の 遊山、 果は 衣服、 櫛、 簪。 朔日ぢ ゃ笆云 ふて は 箱 を 入れさせ、 紋日の 度に 約 東の 書 入 

きゃく めいわく さいお も こど ひど まへ はト ゆ ふべ ざしき 5 はさ しんき きゃく のろけ このあいだ 

れ、 客の 迷 或は 一切 思 はす。 殊に 人前 も 憚からで、 昨夕の 坐 敷の 噂から、 新規の 客の 惚話 やら。 此間 はわ 

しんぱい あんた に ちゃ、 をかゐ たづ どき S こど も 

れほ^ 心配した に、 なんで 貴女 はか a げた さ、 茶虔の 仲居に 尋ねられて、 わの^ は 誡は濟 みまへ なんだ 

ふ JJ や s はかい *&y わけ わか 5SJ けがら こど かくし こど; *i もち 

が、 はん まに 不淨, があった 故^、 何やら 譯は 解らね^、 何う やら 汚 はし さうな 事 を、 隱 語 も 用 ひすに 

S きょ ^^5か わ つらにく を あ げいこ 上 S た いづら はだか で さ 

云 ふ は、 わん まゥ 聞き 好き もので なし 中に も 分き て 面憎き は、 名 荷る 舞妓の 容態 面。 裸に すれば 出來 

あ ひ しろら の あか ものし ろ もの かげ し つく つけ にんげ 5 &ど こど? i ろく あいさつ 

合の 代物 を、 紅い 物 白い物の お蔭 *W 知らで、 作. 付の 入 形の 如く、 言葉 かけても 碌に 挨機 せす、 ッヅさ 

ビ も どころ 上 L だいざく づ だんく せ 5 た. い あら をかゐ ど わ 0* 

取ゥ濟 ました 處は 好けれ^。 次第に 座の 崩る ゝ につれ て、 段々 さ 正 體を現 はし、 仲居が 取. 分ける を 待 

かね はち も をし わ この あて S の S- い や & たくせん JSC しょちよ £ど * は s- 力 に— 

ち 兼て、 鉢に 盛 6 たる^の 撰. CS 好み、 妾 海 若 は 否や ヮ,. J の 御 詫宣。 乙れ ど-初めは 處 女の 如く、 終 は餓虎 

&y_ い みづ あげ. S ふるもの /-ら をのつ だいまい まくら きん これ だ ばか. ゆ ゑ 

の 如し どや 云 はまし 水 揚さ云 ふて は 古物 を 喰 はせ、 其 都度に 大枚の 枕 金、 之 も 出す 馬 ffi がわる 故 なれ 

おも もったいな て 53 か C い これ だいぶん はら いた た ねんつ ビめ ひ _ 

思へば く 勿體 無し。 手切れの 金.^ マ ,ヅ7 ヒ云 ひて、 之に も 大分の 腹.^ 痛めさせ。 多年 勸,, - 引力され 

み ひどつ .S へ くら つ こ こも か、 さ .&£ あ みし をな け あ ふた * も y- ノ. ろ 

て、 身 一 個に 家藏 まで 注ぎ込ませながら、 い^ マ "ッ の聲掛 るが 《 期、 後足に て 被 を 蹴上げ、 s び 一. X の 泥 

みづ どこ あ い をの ひ まなか はに け 5 せ 《■ ばい そのし. さ つらあて ていしゅ たいや 

* に 飛び込み、 明日, ヒも云 はで 其 日よ 6、 叉 河 竹の 浮き 商 KO 其 所業の _ マ S 當が まし さ、 亭 i の 逮夜に 入 

ん a か w 53 3- しもので き は if? し このほ^" あ ら かケ はま 

夫す るに も 似て、 假にも 義理 を 知る 者の、 出來た 話に わらさる なり。 まだ 此 他の 欠 點を算 ふれ は、 演の 



ま,? 1 かも & はら い し か <v だい る ま はこ つ まこ ビ げ めん-ほ さつ _e ど ないしん や しゃ 

奧 砂の をれ ならで、 鴨の 河原の 石の 數、 大八車で 運-^, ヒも盡 きま 卜。 誠に 外面 薩の 如く、 內心 夜叉に 

C け 5 げいこ:: こど M. きみ かへ の、 い し くわん; is ど,, け 5 きぺ H 

似た 4, ヒは、 京の 藝妓の 事な ゥ, 、カ昧 返. て 罵し る は、 云 はで も 知る き 關柬べ so I ィ ャサ柬 京の J 容 

fJA ち も を ほ^ど げ 5 げいしゃ くち て.^ て て 5 ざビ も <- ま 

A. をれ はち さ 口が 過ぎ やう、 成る 程 東京の 藝者^ やら は、 口 も 八 町 手 も 八 ro、 座の 取 持ち は 巧し£ 

げ f お、 3* A け 5 げ <=- こど $ た V.J さ たび もの C だ らく ね もて 

SF け^、 藝に 於て は憚ゥ ながら、 京の 爇妓に 遠く 及ばす。 まして ダラ リさ 下げた る帶、 ; S 自堕落 を 表 は 

あら -で しゃく み じか をを け 5 まひ こ くら どき <ct もぶ は ど W もの ね cfL 

現 はし。 雕妓" ヒ やらが 短き 裙も、 京の 舞妓に 較 ぶる 將は、 孔雀の 傍なる 雞 は 物 か は。 y レ御姚 子ぢゃ 

しやく め たちはたら こちら 5* やく はんやけ し5 ぎ 

酌ぢ やさ、 目まぐるしく 立 働く 乙 さ、 此方で 云へば かちよ ぼの 役、 われに 半 助の 祝儀.^ は、 さて )(.• 

東京に も 馬鹿 は 多し X 其方 tt 京の 藝妓 を、 藝, が 無い W 罵れ^も, 是 一 を 知て 一 1 を 知らぬ、 井の 蛙の 言 

STt い し かぎ &ん まち y よ *>*' ぶ い かぶ れんせ 5 い リっ ま 5 

,^云 ふ もの。 知らす や 彼の 祗 園 W に は、 女 紅 塲さ云 ひ 歌舞 練 塢さ云 ひ をれ くュぶ 派に 設け わ.^ て 

つね げ、, -こ まんぶん い 5 げぃ みち . い ねよ どくしょ さ S ほ f ぬ ひ たし, J > ^デゅ 一 ^^m^r^ 、 ゝ をん 

常に 藝妓 のが 分なる、 遊 藝の道 は 云 ふに 及ばす。 讀書、 裁鏺、 刺繡、 押 緒。 さて は 茶の湯 活 花まで、 女 

てわざ か e つく をし <; こど L S もの を はるあき おほさら へ ち 1 

の 手拔の 數を盡 して、 5^ えす^ 云 ふ 事なければ、 知らす さ 云 ふ 者 も 無し。 されば 春秋の.. K 温習に tt 

たは さか ど ほ を S や A- のた きんざい きん &く もの" 1 も わざく け < ぶつ の ほく ひど. げキ > ど::'、 . , > 乂ぱ け *r 

く は大坂 遠く は 名 古屋、 其 他 近在 近 國の者 共、 態々 見物 は 上 4 來る も、 儡へ に藝の 槍^ら す や 殊に ュが 

まひ ど, T. けう * ど g い び か, T. せ <- てん fes を か < あし もど ゆ r-r - * U ,ズ ずん,、 > 

の は 舞に して、 東京の は 躍 なれば、 優美 S 高 尙の點 に 於て、 中々 足下に も 追 付 力す。 さる は 何お や 藝勉" 

しゃか ひ A はかいせ こうし もん まろ の、. L ひど &ん£ た むか ふみ ズタ ん、 .K «J こ 

しさ は、 釋迦に 向って 破戒 を 貴め、 孔子 を 文盲 さ 篤る さ 等しく、 言 詰に 斷 へたる 向不見 何 ほ 江 ッ 7 

はぎ i く、 0^f0ii 露觀も f き よれ。 t^^^ffi i あ 

ま て b- か き * ん まつ w ね もの み ねんぶ さいこ 5 もよ ふ ね S- 乙 いづ 

の 待た うより、 さ しづめ 手近の 觝園 祭、 あの 練-:. 物 を 見た がよ so 十 年 振. で 再興の 催し、 練妓は 何 



ylyfet^,^ pi ぎ まれ? ¥o s できの 毒な?、 夢の 外に は 

れも 一 粒, &。 に千个 つ ぬ 力 あん を, おは 1 やら; k はんさ せし かせ 

^ ク C- 、; を んで すな ィザ案 內さ立 上れ は . ^た 顧 東の リ ねつ ft ぎ I 、 , 

見られ ir- い 之 を.,^ ノズ; f つ 、せま、 15 ま 、こがれ がちて、 i 園 町へ ど禽き 



ける- 



5J こ, CCS ん ちからこぶ 

(二) 處 自慢の 力瘤 



. ^んぢ や 負ける もの か , でき !| § . 

# へ 一 s&r 一、 里、 き 四ぎ rf r ねば、 J Jl ^JMi 

ir かし f ,il 切 Y、 f if 、 ruip い" 

【"て??? r きて f "r。 itf わ 、き! の 自慢 5 側:; ら 

ほの は r ま" のき。 お -. コ ダ ク H IfLS. 自 

でい" 來、 千年 镜 きし 帝 S の^^ 3Kst^ じんし S ゥ かくめい ひ" け:;; ほ、 X- 

滅" If tl ぽ s*su,i::l: 



, て の^ p えき、 f^^vt, f s の l-lnu 



i 



京 自 



ぶ 



* あ 




h 


屋ゃ 




!&ん 


得 (7 


m 




て 








、 


此ぁ 


逆 g 


、 


ら 


や 


mi 


Hi 
事し- 


家 や 


上せ 


煽た 


で 


ら 


る 


It 


h 


動 だ 




m 
聞尤 


の 


1 こ 


滯? 


が 


て 


、 


他 ま 




留? 








や 


は 


け 


の 


け 


は 


の 


ら 





て 


客. 1 


る 


喜^ 


齒' ま 


に 


藝?: 


京? 


は < 





は乂 


を 


て 


妓こ 








せ 




、 


の 


慢? 


« お 




、 


す 


其き 


酌 も 









Z 


顔 S 


のく 


其き 


の 




し 






酒 § 


上 之 


本 t んま 




て 


、 


名 を 






町 I 

M 




は 


自 L 


を 


呑の 


の 




腹? 


然? 


覺 S 


ま 


粹き 


に J 




立た 




% 


ね 


が 






、 


M 


、 


ば 


b 


仝 ま 




せ 


妙? 


あと 


、 




1、、 




、 




は 


世せ 

間 5t 


て 


物 あ 




力 g 


得 わ 


ぎ' 


* 






はら 


た 


5 


並!: 


年? 






入い 




で 


の 


の 


法 2 




ら 


け 




M 


屮 1 


に 




ぬ 


る 


は * 


那を 


に 


す 






に 


期 か 


の 




る 




頭 i 


、 


5 


如き 


度 ど- 






の 


友? 


さ 


< 


か 


m 




胴? 


At 






、 


m 




揚ぁ 


は 


十 


昵 5 


度 ど' 


兵べ 




げ 


年 2 


き 


、 


衞も 




、 


ふ 




の 


町? 






上 あ 


に 


あ' 
交ぎ 


半? 
分え 


內き 


3:; い 




げ 




の 


ふ 






ば 


の 




寄き 


男き 




h 


す 


樣 f 




合 






下さ 




な 


來 

しこ 


の 


先? 




げ 


店き 


話 H 


m〜 


代 5 






の 


れ 


1 




b 


者の 


b 


事 ど 

無 を 
け 


に 


h 




す 


ま 


o 

の 




の 




る 


で 


m 


茶 $ 


m 




iS ど' 


面, ぜ 


のり 


れ 


屋、 






目め 




の 


先き 






が 


立き 




ま 



ゆ 

UU ヽ 


ら 


京? 


拾 g 


げ 


% 


m 


す 


し 


に 


ふ 


ft 


此こ 




の 


た 




て 


h 


處、 




■ll き 


爭き 


珍 3 


わ 


t 


を 


m 


な 




ら 


が 


は 




屋ゃ 


れ 


< 


し 


庭 g 


、 




稅 s 
丄 ろ 
ハ< 


ば 




蒸 f 


力 > 


に 


"iH,- ゆ 
ザめ 


に 




る 


敷し 


の 


し 




寝き' 




さ 


様す 


て 


て 




船艾 


し 





な 


、 


、 


て 


は 





貸 もら 


る 


を 


寺 てら 




書る 


慶? 


ふ 


話レま 


れ 


mi 

通 S 




に 


應? 

二 




なし 


1 


か 


の 


の 


b 


\ 




の 


み 


年 2 


な 





出 5: 


に 


i 广、 


見み 


の 


らく 


さ 


稼 f 


名 =^ 




て 


神!; 


元ォ く; 
曰き 


れ 


す 


代 5 


狭! 


、 


き 




る 


の 


< 




月ぎ 


のつ 




力、 


分ぶ 




車 も 


、 


葬! 


三し ゆ 


t. 


m 


i お 




此 S 

寺 てら 


式 1 


hi 




ボゃ 




都 ど 


大 r! 


、 


稅? 


し 


の 


町 g 


甘 そ 

の 


ハ 


< 


m 


外 ま 


t. 


に 


山? 


は 





長 力 を- 




大は 

津っ 


產]^ 

ゆ 

衝 


菓も 


、 


奧? 


將 e 


m 


キし 


持^ 


Ml 


代 g 


は 




使 力? 


k 


て 


に 


よ 




へ 


取き 


生 墓 


は 

今 も 






、 


ひ 


て 


れ 


の 


樣? 


生き 


し 


置た 


ft 




太き 


に 


てれ 


X 






封 f 


物 さ 


おゆ 

一 f 


か 


b 


て 


嗇ん 


の 


店 $ 




ら 


、 




坊 f 




は 


て 


五 


廿 




、 


の 


、 




度 ど' 


七, 


ft 


轉 i 


千 


今 さ 




乘の 


年' 2 


中き 


ん 


雨ち t 




曰 さ 




の 


の 


で 


箱き 


曲? 


本' 1 


1Z 


春 k ま 


客 辜 






ま 




切き 


m 


のく 


只? 


山! 


ぬ 


は 


h 


k 


mi 


は 


の J 


大? 










起お 


如 g 


黑 i 


の 


z; い 


%、 






< 


柱? 


異ぃ 


ふ 


の 


さ 


卞 


に 


、ら 


名? 




他 (? 






積つ 


七 


《こ 


世せ 






み 


神え 


>1>J 




暮{ 


は 


k 


上 あ 



7t む も にんる ゐ"」 《■ や 5 つきあ ひ き は こ をた てだい ど 5 け 5 ゆ どき いづ ど f ベ ゑ かた まか を 

にて、 緣 こも 結ばね 親類 同樣、 交際 はも 氣 お張らす 此方の 手代が 東京へ 行く 賠、 M も 東兵衛 方に て 賄へ 

; rl んど i ^A. く かみがた や き さ.. > ひき さ<.«.9 もん ビ<>*> t こ あきん SSJ a 

ば o 彼方の^ 頭が 京へ 來 るに、 必す紙 形 屋に宿 を 取る S 極めて、 差引雙 方損德 無し、 其處に 商人の 拔け 

め 

目 わらう か * 

こ, ご ひ ど S ベ ゑ tia かね け 5 けんぶつ He け 5 い かね ね やち は *L ばん ど 5 f はさ け 5 

此度は 東 兵衞、 用事 を 兼ての 京 見物に、 初めての 京 入. なれ <^、 兼て 親父の 話 やら、 番頭の 噂に て、 京 

ふ. >ケ< あらまし、 5 こど くさ もの もく せい また ま き もの つね 

の 風俗 も大 S 知れば、 褒める 事の 無き わらね^、 また 貶す 物も少 からぬ は。 稅六も 亦 ft けぬ 氣者、 ^ 

A らて だい ど 5 け 5 みやげ わるく お ま かた 乙 ど みきや 5 の、 《1 か ひ *• さう ろん た わ ま k 

常 手代が 東京 土產 に、 惡ロ 混せ て 語, し 事^も、 見て 來た樣 に 罵. CS 返へ して、 日々 爭 諭の 斷間も 無かゥ 

»i ど ザ S こ ひ かく ま さ 5 は 5 せ 5 どつ か. T ろん ねつぶ く は み どかく こよ ひ ね もの 

しが、 不圖 藝妓の 比較よ 6、 叉た もや 雙方 衝突して、 甲論乙駁 果てし も 見えぬ は 鬼 角 は 今宵の 繚々 物 を 

ど 5 ベ は を あ さき てつち けんぶつ ゆ S こど しか くち いま 

見せて、 東 兵衛の 鼻を明かしく れんさ、 先に は 丁稚の 見物に 行く を、 入らぬ 事ぢ やさ 叱 'し 口で, 今 は 

さ P ,t さも Z ひ ろ しわ さ に いのめ を: i わ を こど こ 、ら け 5JJ まん ゆき どま. 5- その 〇 

,六1 ^よろ 誘; 3 出し、 日頃の 客 嗇に似 もやら す、 冗費 も 向 も 忘る、 事、 此處 等が 京 自慢の 極點、 其 京 は 

fed にして、 正氣の 沙汰^も 見え^ 6 け. 00 

ねんぶ ねりもの ざ は ひ 

(三) 十 年 振 6 の 練 物の 賑 

ひど 

まァ えらい. <ゎぃ ノ 

a もの か 5 たつ ベ K つゆ AJe ち 上 L£'< こ whs- ひ もど て ひで S-^A- こ C- みつ こ どし 

^6 物 や^から 落る 紅の 露、 釉 女が 秀句 も 道理 や、 日の 本 なれば 照 6 もす る、 旱賴 きの 此暴 さ。 今年 は 

h きびしき ひどし ほこ < ろ 5 ケん これみ た ビち た み i おんた さら いど むり こ 

分けて 嚴 敷に、 一 入御 苦勞 は存卞 れ^、 之 も 身の 爲め 土地の 爲め、 氏神 樣の 御爲 め^、 更に 厭 はぬ 練妓 

tj」 も & ね かも か は みつ さ か ビ, つくつ. し い S ぶつ たんせい こ きら つ < i も は ひ きんぎょ らくがん 

共。 名に 貧 ふ 鴨 川の 水に S ら せし、 河柬 屈指の 優 物に、 丹靑を 凝らし 綺羅お 盡し たる 扮装、 金魚の 落 肌 

京 自慢 】 四 玉 



を をみ よ しつ こど めいげつ か ち S くわまん ic5 くも ゐ あんど K そのみ t しやく 

を 追 ふて 波間に 沈 ひが 如く、 名月 ハ 彼の 中華 謾娘、 雲井 は飽 を閉づ るに 似た.. >o され は 其身ハ 磁石.^ ら 

け f も ほど ひど あし ひがし かた ひつ ちから ほ! た そ f は/ L み わた 

で、 京に 住 ひ 程の 人の 足、 一度.^ 東の 方へ^ 引き付け たる、 力の 程 乙 を 恐 k: しけれ。 四條の 橋よ々 見渡 

か a ら まち どもし ひ ほし ふ もの 5 ち おね もぃ ぶ M-s われさき X きた ほビ ビ ほ 

せば、 河 S も 町も燈 火の、 星を降らせし^=!ハ中を押され押されて粹.*1-不粹も、 Kill 先に, ヒ寄 來る 程に、 遠 

ほんがん じ せ 5 ど 5 しき ちか ふく. しまち 5 さ け 5 L ね も あ, y さま よ あ 

く 〔本願 寺の 上 糠 式、 近く ハ顧 島中 佐が 入. S も、 rJ れには 如か 卜 £ 思 ふ 有様、 女なら で n 夜の 明けぬ、 

いは:. J か々 ら はじ いま か は かみ まつ これ たいへい よどく 

岩 神! -のー 初めより、 今 も 變らぬ 神 祭 ゥ、 是も 泰平の 餘德 なるべし 

ぎ をん し. や をい い まる やまこ < 'わん き やし ゆ た 卜み たい 4$» み *^ ひど おも »5 

さて 觝 圓の 社內に 入-.^ て、 圓山 公園の 北 林へ^ 行けば、 只 見る 1 帶の黑 山、 これが 皆 人 か * ヒ 思へば、 京 

を かくば か でき また か lib た ほんげ ふ しんぶ たい ひのき か たか これても か、 *、 リび てん よ 

も 中々 馬鹿に は 出来す。 X 彼方に は 本業の 新 舞臺、 まだ 檜の 香 も 高く、 之に 照ゥ添 ふ篝火 は、 夭 も醉ぇ 

け fj き 

々ん. しふ を かわゆ ひど い きれ む &ど これ ま 《J もの y ほひ て をリも めん こんく さ f> ろち ゆか 

鮮 集の 中 を 分け 行けば、 人の 體 熱に 蒸さる ゝ 如く、. 之に 混る は 物の 臭氣、 手織 木綿の 鉗 臭き に、 白地 浴 

た しゃ g ん くさ をん ズチ つもり あぶらく さ あせくさき でっち いが クり かたどき はふ もち をら 《• ち は いっしん -. ゥ& の わ 

衣の 石鹼 臭き。 女の 頭の 油 臭き に、 汗臭 は 丁稚の 伊賀 粟。, 片 S も 鼻 持成卞 さ、 圑扇 一, 心に 動かせば、 其抦 

まげ さは ど を- y か、 、、、、、、 まへ たか も は f たか あ ふぎ t:, やま 5 しろ 

が鬍に 障 6 し^て、 隣の 擤に ぼやかる、 も を かし。 前が 高 S 坐らん か、 帽が 高い 扇子が 邪魔 おや^、 後よ 

の、 し た 5 & あし ふ まへ こ&, こ こ ゑね こ はて けいくわん せいき て も あ ふぎ.,' ぷ 

ゥ罵れ ば、 押すな 動くな 足 踏むな w、 前に も 小言の S 起る。 果は 謇宫も 制し 切れす、 手に 持つ 扇子 を 振 

い こどき あて ま みつひで あっか ら ひげ は らんまる に は で き け 

.0 か ft; して、 云 ふ 事 聞かぬ 頭 をば、 ハ ッ シく 光秀 极ひ、 虎髯 生やせし M 丸の、 俄かに 出 來るも 一 興 

な. 00 

ど かく ま"」 はやし たビ L だい せ は L ふゆし で まひ あげまく * さ : , 

ta^ 角す る に、 コ 5- チキ くの 離 子の 昔、 次第く に急忙 くな. て、 木綿 a の舞揚 慕に 納まれ so をれ 



ね だ みそ こ を ひど をみ 5 ばか ア C のみち, *. ぢ むか ありさま 、 > む f が / £u 3 

練り 出す ど 見損 ふな さ、 人波 打って.^ つ さ に、 其 道筋に 向 ふ 有樣、 さながら 蟻の^ るか 如し 

みお やち ふ ビ あさ &は は れ 5 は f およ ひど あ ひだ e やくほ せ;^4 ふたり ら, _ 

道筋に は 太き 痲繩 を張ゥ たれ^、 兩 方より 押し 寄す る 人に、 間 三尺 程に 狭められて 二人^ は 列 ひて 步 

その に は ひ しる おほしん ど 5 から ふ まっさき お た つ •》 つく もの ^M- ゐ - さ? ュ > f , 

めす 「園の 賑」 さ 記した る大神 燈.^ 、 辛 卜て 眞 先に 押し 立 つれば、 鑌 いて は 作- y 物の 華表、 先攤 子の 家 

たい の あど にん ね りこ まっさき ^1 ひめ つ ざ #4- さの * のみこ ど をば かき, k k ゆば - 

臺。 其 後よ. は 七 人の 練妓、 具 先に は 稻田姬 次 は 素議雄 命、 名 Js.^ 聞けば いかめしけれ^ 髢 も^け 

ちから をい 5 めがみ さくら &ビ や へ がき ひめ S め はよ さん I みや * ^.vp . F. . 

ればカ も 無き、 優に やさしき 女神な.. CSO さて は 櫻の 如き 八重垣 姬に、 栴も羞 らふ 女 三の 宮、 蒸 a に ffi た 

ムみ <<> つ こ レ よ 5 あざむ t づ か.! J せん し で れんば L^A\ はこ ゆ ま を こ <ら ばか > 

る 文 奴、 笑 一容 を 欺く 靜 御前、 さて^ん 尻 は^ 綿垂 の、 蓮 步靜々 さ 運び 行く さま、 眼 も 眩む W りな. を 

またなん な ひどり- C ど ねどこ K んっ ,y Lf か ら 5 をく さ しだ て 5 力ん もち さほ ^ .!* ^ 

の X 女 一人 毎に、 男 四 五 人附き 添; 3 て、 床机お 舁 くもの、 蠟燭を 差 出す もの、 提灯持か先に^^ては 圑 

はもち あどつ ねの あせ ふ ひま いきき あ ふゆ む かし だいめ 5 これ ftv^, . 

扇 持 は 後に 附 きて、 自己が 汗 は 拭く 暇 も 無く、 呼吸お 切らして 煽ぎ 行くな^、 昔特の 大名 も 之に は 及け 

げざみ だんた か しんめ は . もの t ん がり い きこ. W X , まに ど Lyfi-U 

卜。 さて 下 坐 見に は、 一段 高く 神馬の 貼ゥ 物、 臞 さ 云へば 外聞 好 けれ.^、 乙れ や 誠の 尻 馬なる、 へし 

はいでん ほ >0り はやし い み をみ もん L づ. t a だ .L んか M- みち にし くだ ォん; SJ ほリ Stj * ん ち い - r V 

拜 殿の 邊 よ-.. 離 子 を 入れ、 南門よ. 靜々 さ 練- > 出し て 、祌幸 道 を 西 へ 降 6、 八 軒 通 を 祿園町 へ ^出 づれは 

こ ら や £ビ か 5 し は あ * だけて., i>y ひ も ろせん きんべ 5 ぶ た め. V s- ち は づか た. J?t,<: * こ:^ TiS • 

此處等 は 家 毎に 格子 を 外づ して、 靑竹 欄に 緋の 毛氈、 金 房 風な^ 立て 繞 らし、 圑扇使 ひも 大樣に 混雜を 

よ を ありさま L.t ひ £ < らゃ の C- り もの くころ いつま い へまへ ひど つ/ ス ^ y 

餘 所なる 有樣、 零將 は- <を羡 ませし が 其 練 物の 來る頃 は、 何特の 間に やら 家の 前 は、 人の 提を 築き L 

£ どね さはら ゆ .L や,. 'こど を た あが はて ふみだい の : ► 、丄 f ひば I 

如く、 追 へ^も 去ら 卞拂 へ^も 行かす、 仕樣 事無しに 立ち上 ゥ、 果は踏 臺は乘 る も あれ は 子供 は 人の 

かた か • 4$ いたみ がまん み や... や むね あ り いか もや 5 ひどい,: たり > あ P 

肩 掛 て、 頸の 痛咏を 我慢す れ^、 見えし は漸ぅ 朐の邊 まで、 裾 は 如何なる 摸樣 やら、 A 幾人の 足 を 切 

ら ねば、 其處 まで は 見えぬ ど氣の 毒.^ る - 

京 自慢 一四 七 



京 ,y ! s lul 一 四 八 

いつ み たな こど は々 この こ, C ざ:' ね さい ど ぺ ゑ ふた リ せ £ 'ら ft- よ ビ て. f い 

何特 まで 見て 同 卜 事、 早く 此混 雜を拔 けば や^、 税六東 兵 衞の兩 人 は、 膳 所 裏よ 6 淸元 町に 出で、 繩 

て きた いそ こゝら ちゃ、 やま ど さか ひ たもて つ;;! &ど し のき あん,.; -i- み 

手 を 北へ さきげば、 此處等 も 茶屋 は あ 6 ながら、 大和 橋 を 境に して、 * を 常の 如くに \ め、 軒 行 燈の見 

ばか かい たいこ たど きこ みち. * ち ゆ ゑ 

ゆる 斗 6、 二階に 太鼓の 昔の 聞えぬ も、 道筋なら ぬ 故^るべし。 

t き せんせい t> まん 

. (四) ft けぬ 氣 からの 全盛 自慢 

ェ ィ きうな^ 成 k: かィ 

これ たまげ せいろく ほこ が ほ かた ど S ぺゑ ね,ヒ ろ こど た 3 

なん さ 此には 魂消た か^、 稅六誇 4 顔に 語 A- かくれば、 柬兵衞 さほ^に 驚き もせす。 rJ れ しきの 事に 魂 

げ ft. も いく ク あ た は を こ ti つらにく せ. S ろ こ む つ 七の ま * し ど ほ 

消て は、 膽が幾 個 在っても 足らぬ ク さ、 鼻で 答 ふるが 面憎く、 稅六 少し 勃然. W して、 其 負け 惜みは 通ら 

を をた ^ ^ け ふ ねりもの ど 5 け f い か ね y もの い な かんだ 

ぬく。 .J^ んぼ 其方が 威張っても、 今日の 練 物 は柬京 はわるまい 如何 さま 鍊物^ 云 ふ は 無 けれ.^、 种田 

つ w さん わ.!. まつ 5- .J ん ばし や をぎ ばし げ. SL ゃづく お" J やたい さ を まいねん つ >* ゑ 1: んょ しはら , ♦ , もよ ほ 

祭 や 山 王 祭に、 新橋 さて は 柳 橋の、 藝者盡 しの 踊. 家臺、 左 無くば 毎年 夏の 末に、 新吉 原で はにわ かの K 

を おが ぉズザ もの この あ ひだ も をな f まつ ゑ み も 一 ゆ K てんか まつ: y に は どリ ほこ かま » こ 

し、 名 乙 を 違へ 同 卜 物お や。 此問も 其方 は、 腿 園 祭の 綺を 見せて、, J れが 乃ち 夭 下 祭、 鷄 鉢お や- M 鉢お 

しさい か 5f- やく これ どうけう を S きの ふた どころ み 

や ざ、 仔細ら しく 講釋 して、 是も 東京に は 無 云 はしゃった が、 昨日 建てた 處を 見れば、 》ん の われな 

ff だ し にんぎ や 5 か は ほこ た くわ 5 げんい こ けん さが あたま け を 

ら東 京の 山車の、 <: 形の 代 鋅を 立てた ばつ か 力。 廣言云 ふほ^ 沽券が 下る ヮさ。 頭.^ なしに 擯斥 さ 

せ いろく やっき を L /- らぺ でき け ふまの あな み にざ は 

れ て。 稅六 いよく 躍起, ヒ 成-^、 をれ は 知らねば 比較 は 出来ね^、 今日 面 6 見た わの 賑ひ、 あれ ほ.^ の 

ひビ はじめて ど 《. け 5 み ねんき げんせ ソ けん は はつ ふ &t ぎ は ひ み こん 

A は-初 度ぢ や、 よも 東京で は 見られ ま so なんの く、 廿ニ 年の 紀元節、 憲法 體 布の 賑 も 見いで、 今 

や .《J<Jt ふ めづ そ れ. C けん きせく ま ねり こ ら • い せ *- だ いきん き 

夜の 群集 を 珍ら しがる、 其の 了簡が 氣の毒 ぢゃ。 をん なら 待てよ。 あの 鍊 奴等が 衣装の 代金、 乙れ を 聞 



ft I t& ん 4« ほ ゑん そので ころ き これ き f 

いて 驚くまい ど C まづ少 くも 二百 圓、 多き は 五 百 六 百圓。 其 出處を 聞か をうなら、 之に は をれ,..^ 客 わ 

ひどて ひ& $ く もの ふたり だ あ もの いづ た. ん ふビこ <- み ちん 5 け いた 

6 て、 1 手に 引受る 者 われば、 ニ.<で出し<^ロふ者もゎ40 何れ 當. < が 懐中 は、 微塵 鬼の 毛 も 痛めぬ^ は、 

をん を £ f で を け 5 げいこ きり や f ほさ きゃく はら た ほ このい ち e し 

何 さ as 腕で は 無い か、 京の 藝妓の 器量の 程、 まった^5客の腹の大きさ、 此 一事で も 知れた もの ぢゃ、 

だいぶ どく. & きつ ど 5 ベ ゑ また あざ. e ら そ ん h せ 5 あ S- がた ど. i 'けいげ いしゃ はるぎ み ねび 

さ 大分 得意に 極め 付 くれば。 柬兵衛 叉 も 冷笑 ひ、 其樣な 衣装が 難 有く ば、 東京 藝 者の 春 衣 を 見よ 帶 一 

ほん れ 5 をげ を ひきし たまく さけ s し つの か さ ほ"】 fti- ろ 

本に 三百 兩、 をれ を 惜し 氣 も 無く 引 \ めて、 遇々 酒 を 掛けられても、 牛の 角 を 蚊の 刺した 程 も 驚かす、 

へいき わら け f げ S ぎ まね を か だ きやく はらね ほ ほた 

年氣で 笑 ひさ、 めくと、 京の 藝妓に は 眞似も 成る ま 卜 また 其 金 を 出した 客 を、 腹が 大きい ^癌め 立つ 

ど 5 け 5 み はか 3^ か い ど 《 ベ ゑ さきだつ や をぎ ばし さ もの たまい y 5- ん 

れ^、 もれら は 東京に 箕で W る 程 わる 期く 云 ふ 東 兵衞も 先達て、 柳 橋の 去る 者に、 玉 入 二百 五十 圓さ 

い きんゆび わか あた これら た 5 ざ て みやげ はづか は 15:- し & 5. と まこ x- »; ら 

云 ふ、 金の 輪,^ 買 ふて 與 へしが、 此等 はほんの 當 座の 手 土產、 耻 しうて 話に は 成らぬ <^、 喊か具 か 知 

だいぶ た ほ で や 5 .4- ゐ せい だま を ひ All ろ かんち や 5 ケ -か あ 

ね^も、 大分 さ 大きい 出様に。 粹がゥ の 税六默 ッては 居られ 卞、 をれ はく 日頃の 勘 i: か 高い に 似合 はす、 

ちょこ ざい こど fl の せつ. L,5> ま Si こど このはる こうげい てんらんかい をり ズ"^ じみ げいこ 

猪 子 才な事 を 仕て 退けられ たが。 拙者に も 亦た 似た 事が ある。 此 春ェ藝 g 覽會の あ. し 折、 馴染の 藝妓 

めい つ けんぶ ゥ まか た <- き .1 つき をが たり もの だん ズ^- おん を"」 も あし ね 

四 五名 を 連れて、 見物に 罷 6 しが、 陶器 漆器 はさつ さ 眺めて、 さて 織物の 段に 成れば、 女 共の 足 は 根の 

は &ど め にし^e'ん しゅっぴん つ よ 5 & み ^んも ひどり い 

生へ し 如く、 眼 は 西陣の 出品に へ パリ 付きて、 S 易に 黝く ベう. 見え 卞。 あの 鍛子 を.^ 一人が 云べば、 

fj ゆ ちん まな ひ どり をかゐ はりば ** こ , せん! - むしんい る あは ち. ゃゝ * ひ sy ぶん 

あの 編 珍が^ 又 一 AO さて は 仲居 か 針 婆まで、 此 處を戰 度^ 無心 を 云へば、 居 合せぬ 茶屋の 內 儀の 分 ま 

ひど か その はら ひし れ 5 わ. f ふく くるまだい げいこ は K タ だいな か& ぱ ち かへ 

でも、 一 ッく買 はされ て、 其拂^ めて 二百 七十 兩、 をれ 往復の 車代から、 爇妓の 花代 沖 居の 祝儀、 歸 

さんざい し れ 5 けむ いろまち かほ れ こど もの S 

てからの 散財 を^ めれば、 さっさ 三百 兩は 1 日の 煙、 ハ テ狭斜 に 顔が 寶る さ、 つまらぬ 事に 物の 入る も 

京 自慢 一 四 九 、 







ふ 


ら 


見み 

Z し 


近 * 


の 


間!: 


一 い 

ち 


げ 


5 


子し 


叶 ま 


て 


の 




にて 








IP 


お、 








/ 


t 


まふ 


や 






見み 




ベ 


し 


《、ろ 










\ 


取 § 




ら 










し 


が 




ャ 


X 


に 


降 カ5' 







ん 


負 ま 




て 











れ 




て 


京? 


參ぇ 


見み 


3:?: わ 

1— , ォ, 




け 




さ 


引 


も 




み 


は 


5 


は 


都 ど 




甘 


等ら 




ぬ 




て 


な 


は 


れ 


度た 




他た 




の 


は 


た 


如き 


俄さ 氣き 






ら 


明》 
晚ぇ 


は 


い 


耳く + 


愛》 


ら 


大 5 


神え 


も 




にか 


力 > 






ぬ 


か 


、 


寄よ 


の 




粹ミ 


妙? 




靑き 


降 や 

I-V , 


ら 
ソ 


> — • 


至 L 


行き 
掛で 


が 


安 J 






無る 


ど 


先艾 


々く 


頭き 


服 十 


の 


や 


明? 
後& 


0^ 




千 X 






生. ま 


のま 


?ミ 


の 











御& 


介 S 


m 


辜 ど 






ゆ 


の 


mi 
を 


成 ま 

JHL い 


惡ミ 






晚 ST 







で 


現! [ 


せ そ 




き 


、 








ロ4 


で 


な 


せ 


先 ま 






か 


葛 は 


故^ 




見み 




の 




に 




れ 


て 


mi 




今 こ 


mt 






k 


せ 


o 


罰き 




は 


、 


さ、 


は 


は 




m 


やみ 


2:、 


矢 


及^ 





元 さ 


金变 




奇き 






< 


mi 


ir 


練き 


の 


め 


ね 


メぐ 


A 


よ 


今え 




麗な 


る jh 


今 こ 


れ 


離き 


早 11 


妓こ 




れ ゝ 


ば 




ャ 


ケ 


夜 や 




に 


が 


宵 J 


ま 


の 


く 


に 


妓こ 


せ 




にろ 


恐き 


mi 


の 






滯? 


ざ 




中!: 




出い 


さ 


し 


稅 5 


非 5 


れ 


は" 


勘 力ん' 
定? 




請 5 


留ミ J 




力 > 


に 


閲き 


で 


や 


得 や 
意い 


丄 


す 


つ 


見み 




け 


中 f 


ふ 




て 


& 


れ 


ら 


グ 






へ 


? 






な 


て 






咎 


る 


の 


の 


ヅ 


此こ 


御 こ 


透 も 






が 


ら 


は 


疊さ 


篤 < 


め 






面? 

付? 
'o 


さ 


處、 




き 








ば 


間 ま 


みみ 


さ 







御お 


反^ 


に 


盛 ま 


れ 










に 


力 > 




さ 


の 


名 を 


身み 


至;? 




れ 








何い 

fl きつ 


合 あ 

4-1 


け 


も 


て 


小 こ 


は 


仕し 




兼 か 


ば 






ャ 


は 


た 


見み 


は 


〇 


何 f 


濟! 


成 を 


關 f 


ね 








U 


で 


卞 


る 


覺 g 


あ 


さ 




L 




^す 




柬 f 






X 






東^ 


% 


の 


中 S 


中 ま 


fl 





丘べ 
衞ぃ 


粹 .5 兵べ 
者ん 衛も 






ん 




明' 


兵ぺ 


さ' 


小 こ 


す 


さ 




ハ 






な 




晚'? 

ッ" rt 


衞ゑ 


h 





ギ も 


る 


さ 


、 






心ミ 






^ こ 


L 




の 


し 








東 f 


、 


兜 や- 




にろ 






に 


案え 


で 


口 ど 


が 


や 







丘べ 

衞も 


、 


^ヒ' 


及? 


を 






成き 


內!: 


待 ま 

暴 •# 


葉 は 




ら 


W い 


イ 




服ね 


ベ 


か 








mi 


ft 


U 


罸^ 




前 ま 


ャ 


は 


月き 




ば 


し 






V 


む 


れ 





の 




は 

新え 

問ズ 


名な 




の 


で 




け 






t 





な 


稅ぃ 


»? ^あ 
田た 


兼?; 






艇 


降 や 

m 




れ 








を 


ば 


丄 
ハ 


ら 


て 




も 


の 










思 f 

ふ 

心ミ 

はろ 

た 


れ 




少き 


ぬ 


m 


に 


し 


税 5 


江 わ 


k、 


や 








な 


如い 


し 




方な 


ま 




丄 
ハ 


> ^ビ 


々く 


左 さ 


此こ 






ら 


佝か 


< 


の 


が 


で 


數き 


を 


ク 






奴 § 






吃き 






な 


馴 t- 


出 だ 


h 


煽た 


子 こ 




お^ 








自 S 


度 ど 




る 


ら 


染み 


さ 


れ 


動 だ 




態 5 


< 








らか 






む 


ば 


し 


れ 


ば 


て 






て 


1! 








合 あ 


t ほ 








し 




1) 




帽? 


は 


めし 



ie ざま 

. 、ば』 し, 2 おお ヒ^ けしが、 ヱイ ま、 よ 何うな さ 成らう さ- 

i ん- お- t"5;i"、 g 六 ぐら gil 自慢よ \ 飛ん た 散財 を? i け 力 で , a ^ur 

霍 から? は 此事 か稅ひ っヽ r 、 、"お-おへ あき せん,.;、 ぎ f ぎせ しもの、。 * よ I 地 

との あ < る ひ ゆ ふ々 れ 、 へ;;;、 半 ふて ィサ 宿坊へ 達?,^ / ? : , ね < び > - 

g 翌日の タ暮 よ. -、 彼の 1^ 兵^ Itt ふ ちか? p^r^> ハ タ. せし か^も、 暧 にも をれ 

,たど? こ。 かほ , ; し csn ら a;.tT 六夂 なる 茶屋 も き^ > ばき! しべ 

¥ て 町に も、 此 f ん i れち てま 居らね ^ 1/ r iaf ba> ^^ fs$ 

IKif. 三條の 方へ 寻ゥ 行く 中 ォ圆 g 出た: 

f 爵、 I . ph^tk^t f £ がー 一 

r£ こ . はお 户ぉ、 いお i ヽ こ |L がれて 行きし 事 われ は 仲 s-qi-- まブノ 

彼 1 此 春き a 開の J iK^tfttl, sf.flt さ 

fl.iid^ S rovm ド.; し は rw 入る, I、 i に は 力 代 へられ 卞、 

, t ベ ^ 2$ h . 、 貼して しらん 乙 を 此 * に 取て 肝要 なれ £ 5>5 

び 出 お n 町 1."、 f f f i、 l,r ほ、 a- 知 

<si< 追從こ タフ ひく f<fff< Isl^ 

らね 1の¥ に は、 はや ゲ 宵の 豫算案 遠く 晦の 慮 

ら れ?。 ,A . ひ! さき ft^^f. i いて f き, 議 のさ 左右つ あ 

やがて Hi の f に 来たれ は、 i 先に 馳け込 みし芳兵 衞 1 1 ^ IJIl 



J 



京. a 慢 一 五 二 

か,.' だん,.^, お い をれ く こどぶ か づ のせい だいじん osJ 

を 屈めて、 オヤ 旦那 はん 御出で やす,.. -、 さも 驯々 しく 言葉 を掛 くれば 直に 圖に乘 る稅六 大盡、 また 今 

Z なる 3 ハ. t んく や 5 あい? つ しやく むし ?ほ いろ だ をい ぎ あ S き やう ま s-il ,v 

夜 も 御 邪魔に 成よ さ、 每晚來 るかの 樣な 挨援。 ま づ癡の 虫に 障れ *J、 色に は 出さぬ 內 儀の 愛嬌、 每度御 

ひい さ ぁづか あ ひづち 5 つ "^る, > 

晶 ft に預 6 まして^、 合 槌打乙 を 苦し けれ。 

をフ ど く. か こど こ し 3- した みづ をが 々 あ ひ かもが は で き ゆっくり t.v ? ある 

sは鬼ft^^^の事、 此の 尻の 下 を 水の 流れる 工合 は、 鴨 河なら では 出來 ぬと、 ィザ 悠然, ヒ凉み 玉へ さ、 ま 

C さ だ 《 'ち!^ ベ ゑて ど つ み ふかく さがた し いれもの たもて ベに き 3* もん 5 ら 

人躜 して 差し出す 團 扇。 東兵衞 手に 取て つくく 見れば、 深艸 形の 仕 入物に、 表 は 紅で 桐の 紋、 裏に は 

ある ふでぶ ビ V ずん をに づ M? しる ち i つど もの 5 か た こ や は げいこ したて ど む f 

藍で 筆太に、 何の 何 鶴 € 記された 1 寸 物が 伺; S 度い、 是れは 矢 張. 藝妓 ので さ、 下手に 問へば 無 造 

さ み をし よち S み まひ せっしゃ 5 ち くさ ほ,; Ji ざ みや ^ も い みを , ^:! 

作に、 をれ が 皆 #中 見舞 さ、 拙者の 家に は 腐る 程ム るち さ. «5土 產に^ 持ちな され さ 云 ふ を 皆まで 聞か 

もち まへ わるくち げぃ. しゃ しょち *• み まひ たも まつさん ばん われら いへ かって づか 

す、 はや 柬兵 衞挣 前の 惡 口。 これが 藝妓の 暑中見舞 か、 さ. <=, ^さはく 御 麁末千 萬、 吾等が 家で は 勝手 使 ひ 

. し ぶ 5 ち は しぶ わ. * . たれ らくがき たも い せい お ほ ふきや 5 

はする、 溢團 扇の ffi を 忘れて、 誰ど樂 書した のか^ 思 ふた.^、 云へば 稅六 大いに 不興ら しく。 コ レサく 

ま K" き. や <- わるくち も を^ き ぶか け 5 い f したが かや 5 ば し 上 きんもつ 

叉しても 京の 惡ロ、 其方の 疵は をれ ^おやが、 鄉に 入て は 鄉に從 ひ、 彼 樣な塲 所では 禁物に なされ ィ 

^9^: さォ まづ を 5^^ i もつ ども われら ち 5.,;>,. わる こ よ ひ、 ど ん き や f .ゎる< ちきつ ど い 

の 酒が 不败ぅ 1 ^る。 成る, をれ は 御 道理、 吾等 重々 惡 かった、 さらば 今宵 ー晚 は、 京の 惡ロ吃 度 云 

をの <=, あて あて ^ t かけ さ 

ふまい 其 云 ふまい が 目的に ならぬ て 目的に ならす ば 何うな さ 仕 やう さらば 賭事に して は 何 うぢ や C 

ヒ もしろ を K か をん か S も わるくち いふ こ よ ひ 

其 赌事も 面白から う、 ダテ 何お 賭けた ものち や。 何の 彼の ざ W はうよ. y、 若し 其方が 惡ロ 云たら、 今宵 

くわいけ いのこ も t あ ひだ たんこ ど て 5 I 

の會 iS 殘ら卞 持た さう 。安き 間の 御 事ぢゃ をん なら 手打ち。 ダャヅ ./\.,( 

50f ベ ゑ 上 ひせい ね & んはを も f わる < ち つ、. J Ltf 

さても 柬兵衞 は、 今宵 は稅 六の 驕. CM^b れば、 一 番花 お持たせん s、 封 せらる ゝ ま、;^ 惡ロ を愼 みて、 暫 



し , ほビ ^-- t ,いか さか を は C いだ き 5S- もみ こ あゆ し はやき 

特が程 は 無事にす みし か、 如何にし けん 下物 さて は、 一 初めは 出せし 黄瓜 揉 <k ;、 小 鮎の 鹽燒 のみ なれば、 

こ こど ど こ さけ の はら むし こ t-yj い だ ^0 

此のし みたれ た 事 は 何 うぢ や、 是れ では 酒も吞 まれぬ さ、 腹の虫 も, V ろく 小言 を 云 ひ 出さん さする 折 

* あら ひど w げいこ どし ころ せ ひかげ も、 き. S ろ む < のみ £ ど 

から、 ヌ ツ^ 現 はれし 一 人の 藝妓 は、 年の 頃廿三 四、 背はヒ ョ P くさ 日蔭の 桃の 木、 色 は 椋實の 如く 

め しか ビん. > りめ だん & ,i や げん ,5^ ち わら どき なく むしば み をのい き at 

にて、 眼 は 而も 鈍 粟 目、 團子 鼻に 藥研 口、 笑 ふ 膀には 奥の 虫齒 まで 見せて、 其 呼吸 さへ も 鼻持ちならぬ 

ど,' ベ -な もこぶ へき わき 《• ち は たて かほ をむ る こ みつぎた ま せい 

に, 東 兵 衛^る 避 易して, 團 扇,: 循に 顔お 外向け 居し が。 小用 S 見へ て 次へ 立ちし 間に、 をつ S 税 六の 

そで ひ た S を にもの 50 ゆ ふべ 5は3 こ .S を だい をん * & s aof ベ ゑ 

袖お 引き、 われ は 一 體 何者 ど,. J 問へば あれが 昨夕 も 噂 をした、 小 〇 ^云 ふ 名代の 女^、 云へ.^ 東兵衞 

しゃ 5 ち だま ど ほ ゆ 5 ベみ こ 5. ろ しろ は をた^ き W- や う 

承知せ す。 ィャ- (-欺 しても もれ は 通さぬ、 昨夜 見た 小 〇 なら、 ももつ £ 色 ^白うて、 鼻 も 高うて 、容色 

. はぞ, さ やうみ を をた ひがめ ,《$ * んを ど ほみ f ベ いしゃ. f 

もズッ さよ S 箬ぢ や。 ィ ャ左榛 見えた は 其方の 僻目、 總. r て 女 は 遠見の よい もの、 まして 昨夜 は 衣装 を 

つ ベ K なしろ い む 4J や 5 ぬ f つく み そのし や 5 たい むみ か 

着け、 紅白粉. 無上に f? ゥ たれば、 美しう-見へ もし^れ ^0 其 正 體を剝 いて 見れば、 ^れも 乙れ も 期う 

い み - もつ ども そん こど その ま /• むし おさ さいせん 

した もの さ、 云 はれて 見れば 道现 らしく、 左 樣な事 も わらう かさ、 其 儘 虫 は 押へ しもの、、 最前からの 

ふへい よ. しべ ゑ を、 r-fe い つ やけ ざけ & しだ. S わ ひ ま さいせん ffy く 

不平 まぎれ ゥヒ、 芳兵衞 が勸め 上手に、 何將か 自棄酒の 度 を 過し。 次第に 醉が嫺 はる i:^ つれ、 先刻の 約 来 

わ も どき せい ::;」 の こ 上 ひ そ をた ね はね *s- い ま 3S * ん まち を だい げいこ t ,い 一の し.? T たい をが 

もゥ カ^ 忘れ、 將に税 六 殿、 今宵 は 其方の 御 骨折で、 今 祇園 町 は 名代の 藝妓、 小 〇 殿の 體. V 拜ん: ^は、 

ま,,; ど かたじけ,^> おか &ろ もつ かたじけ,^- せい &の ゆ ふべ こ .r; れら たま ふ ゝく, y ざ 

誠に はや 辱 い、 近頃 持て 辱 い、 …… が、 稅六 殿、 あれが 昨夜の 小 〇 なら、 吾等 大きに 不服で ムる ど。 

き を.;^ もん を ど ほみ ft せつ £ もつ ども べにおしろい & 3 

ィ ャサ閬 きた まへ、 總 じて 女 は 遠見の よい もの、 をの 御 說も御 道理 ぢゃ。 また 紅白粉で 胡麻 かせば、 ^ 

もべ た ぴ e ん を そのお せつ り み き や *, * んを みズ -b;* けもの &ざ ばけ &ざ 

んな 醜女 も 美人 さ 成る、 其 御說も 1 理ぁ.c^だがoダ テ見 る? K の 女 は、 皆 化物で 厶る てな 。か 化で 厶 るて 

京自投 一玉 三 



m 

記吉 
行 野 

序き ィレを 
の 



京 自 侵 HI asaam , 玉 四 

もの ばけ ありがた あ ひかた ビ も を じみ さは やつら たわけ いた u >i か さ 

な。 其お 化 を 難 有が つて、 ャレ 合方に 取ゥ 持ての、 驯染 にしゃう のさ 騷ぐ 奴等 は、 白痴の 至極 馬鹿の 度 

てん 4J や 5 あき もの い ゆか ゆらめ わら せい はは か て 5 つ し 

天井、 呆れて 物が 云 はれぬ クさ、 床の 搖 動く ばか. oi^ 笑へば 税六 俄に 手 を 打て、 をれ ャ乙を \ め たど、 

こっち ほんもの こ 上 ほか 3 ひこ ん Ja だいふ つ こ さか 

もうかう なれば 射 方の もの、 y レ眞 物の 小 〇を 呼べ、 他に 舞妓 も 五六 人、 義太夫 はんも 連れて 來 い、 下 

を もつ き 上しべ ゑ もろ ども さは た £ぇ《 ゑ は t> こ 、ろ む さん ばいく 

物 も^ん,. \- 持て 來 たさ、 芳兵衞 諸共 騒ぎ立て るに、 東 兵衞, 初めて 心 づき、 南無 三 一 杯 喰 はされ たか 

い も くち たさ おつつ き や f しゃ ん どころ こ また ど いまさら や f 

さ、 急いで 口 を 押 へても 追 付かす。 さても 京の 商人め は、 きわ 處で 小股お 取 ゥ よる さ、 今更の 樣に 

くや どころ まこ ど こ き ばけもの 5 や,.' たい ちか £ はい つ め 

悔む處 へ、 やがて 眞の小 〇も來 たれ, ハ、 ィザ 化物の 正體 を、 近うよ つて 御拜 あれさ、 さし :3: けられて 眼 

み みる ゆ ふ Y ちかま さ 5 つく さもが ど 5 ベ ゑ みぶ る ひ かんち や 5 も 

をす. く、 見れば 見 ほ.^ 昨夜 ど は、 近 優ゥ せし 美し さ。 流る の 東 兵 衛戰慄 して、 i ィャ 勘定 は 持つ 

題 詩 滴 夭 情 仙 

奈,, 此視園 神事, 何。 七 人練妓 若,, 仙 娥? 却 看 秘訣 商家 在。 敢 道濃粧 化物 多 。青竹 欄 中^ 扇 閃。 

彩 霞 樓外鈿 車 過。 凉 床 寫出鴨 河 勝。 嘗 有-歌 川, 文 小 波。 

贊 云 可, 憐 得意 東 兵 衞。 惡 口 徒 誇 這 氣 揚。 孰 若 一 篇京 自 慢。 <鄕 只 管 欲, 從, 鄕。 



も つ み 、ゝ こど わ いま 上しの し 、、、、、きはつ 

4K れ 日光お 見ぬ 者 は、 結構 さ 云 ふ 事 を 得す、 未だ 吉野を 知ら^る もの、 いかで か、 しれ はくの 語 を 

U さ せんせい かた まこ ど よしの めいしょら われら 5 ば ふ どころ 上しの 、 乂 ろ 

し 得ん さ、 去る 先生 は 語られき。 誡に吉 野の 名勝 は、 吾等 乳母の 懷中 にあ 6 て、 吉野葛 を甜ぷ .0 し 頃よ 

もの!^ ts- き み、 たこで か もの &、 ろつ ころ . , • たびみ, 

4、 寐#^£ に w かされて、 はや 耳に は 餅胝を 出来しぬ。 されば にや 物心 付く 頃よ. o、 わ はれ 一度 は 見 

ゆめ ?:! まゆろ し 5 フ みぬ こ ひ こ、 よねん こ どし めいち きみ はる e せつ は 5 らい 

まく ほし さ、 夢に 描き 幻に 寫 して、 不見戀 にわく がる、 と 玆に十 餘年。 此年 明治 癸 巳の 春、 將節 Jrn 永 

てん じ * ん くいん つ ひ £ けんき わ ほ 5 も seises 上ろ こ たびにっき < かへ _ ひど 

夭 運循 環 して、 遂に; e 見の 機 を 得 たれば、 本望 成就の 喜ばし さ、 旅日記 を 繰. CS 返して、 獨. CV 11 コく 

しの この どころ こん: SJ このたび め はいしゃく でか ; ^^^u^te,^ パ > で、 

たるに 忍び 卞、 さて/^ を 此處; ^今度 此度、 お 目 拜借も 出掛けし なれ まいて 此行 只に 芳 野に 止まらす 

ち 、 . ^ち ど 5 へ でき を こ きき ヒづ つきの せ あら. し わ を もの ひろ かさ 5.TJ レは か、 勺 力. S をんだ 

ま づ途. 賀路 は取ゥ て、 上野 桃靑の 古跡 を 尋ね、 月瀨^ 嵐の 忘れ物 を 拾 ひ 笠 愛の S おに 慷慨の 涙 

,e、 ら きゃら ね も ひ よ はふ SWC ほ 5 ぶつ v< だれ ^が み わ ふるこ ど みよる I 

を 灌 げバ、 奈 良の 京に 懷舊の 念 を 寄せ。 さて は 法隆 寺の 寳 物に 涎 を 流し、 三輪の 敌 事に 身を鸞 はせ。 

さっせ や: h ^SJ5L々 の 、f> た ぶの みね ど ふげ あぶら あぜ しほ か どころ も<>^^- ) こビ ^A^^ I U1 

「初 瀬の 宿に 同 者 を 罵 6、 多 武峯の » に 油汗 を 絞る. i^.$J、 書くべき 處も少 からす 殊 同行 は 東 《 の詞 

い 5 5? #*る 、ん くわそう わ ど は ね 上び しゃい- 5 くお 3 つ しょし .S づ き もろ ども がら たび みちづれ こぶ わざ 

友、 紅 菜、 水 蔭、 花 痩、 乙 羽、 及 社友 國 松の 諸子に て、 何れも 氣の揃 ひたる 輩 なれ は、 旅 は 道 連の 諺に 

そむ かも はち ひろ しる t ど さた さは われ めづ あ をが ひど めづ 

反 かす。 搔き榘 て k せし K を 拾 は,^、 記すべき 事叉澤 ia>.<yo され,^ も 吾 轸 らしき もの、 強ち 人に 珍 

わ おもしろ お I ひど つま s にん ど いろ や 

らしから す 吾が 面白し さ 思 ふ も、 人 は 釣らぬ^ 云 ふ も あるべ けれ <^、 を は 十人十色 はして, 止 

ね おほめ み ゆる こか 5 き こ、 ろ これら めいしょ るん ズ ザい 

む を 得さる 乙 さ. i& れば、 た > 大目に見 許した まへ。 されば 此の 行 を 記す る 意 は、 此 等の 名所 を 案內せ 

か l?* い は をし だい は を たび S 

ん^ に は あらす。 た > 斯檨. ^rjs をな せし さ 云 ふ、 お 話までの rJ ビ なるお、 題して 「花の 旅」 さ 云へ る 

しさ. S かふ しき あん そ S 'しや f わ こか 5 は をむ は も e お を I こ * ひ .L や S 

仔細 は、 彼の 不識庵 宗匠よ ゥ、 吾が 此の 行 k 餞せられ たる、 十七 文字に 因み てな A ち 玆 k 引いて 證さ 

花の 旅 iMm 



范の拔 一 五六 

みちづれ て ふ ひば 3- は ズで た ,ひ 

道 連 は 蝶よ 雲雀よ 花の 旅 聽 秋 , 

わ ほ わ さ、 をみ しゅっちん こど 

(其 一) 大 江の 小波 出陣の 事 • 

✓ つけたり くわん ど S せいが つたい こど 

附 關東勢 合 體の事 

3 ほビ そのの ち や 3 しろ { にき や 5 ど ち 5 にん た ほ. S わん e やさ、 ズ% み めいち ;u ん 5 づき はち み0こく*^^か li- 

去る 程に さても 其 後、 山城の 國 京都の 住人、 大 江の 冠者 小波 は、 明治 廿六年 卯月 十三 日の、 巳 刻 半ば 過 

こ ほ k も をーゐ さ, 2C5 あど こ、 ろ ほ も た t 'ひど s- よしの 5 た その レ い でた ちみ 

ぐる 頃、 住み慣れし 唯 想樓を 後に して、 心細く も 只 1 人、 吉野を さして ど 打ち 立ちけ る 其 日の 扮装見 

: ► ち 、ぶ めいせん わたいれ < る めが§ * & がば た a ひった がの こ そ だ た ほ は *- へ こ ねび 

て あれ は、 秩父 銘仙の 綿 入; 久留米 鉼の長 羽織、 匹 田 鹿 子 を 染め出し たる、 大巾メ レ ゾズの 兵子帶 を、 

ふビ たくま ひざ をれ ひ む も . た ほさ かはくらん くわ. S もど la- ん ¥.ん てつの ベが ね きせる そのたけ しゃ く^か きん 

太く 逞しき 膝 折 kHF き 結び。 大拔博 覽會; ^て 求めた る、 南蠻鐡 延鐵の 煙草の、 其 * 二 尺 許. なる を、 金 

U ふくろ どし ふ ゾ * つ 4 'れ にしき み まが や 5 i ひだり £ し ひつ さ くろら しゃせい だいこく 

襴の 袋の 年經. 手 摩れて、 鑑褸の 錦 さ 見 紛ふ檨 なる に收 めて、 左 腰に ブラ リ^ 引 提げ。 黑羅妙 製の 大黑 

f L てん お いた 4- かん &く. J よ せいひん か、 みづ くさな K ちみ がふい リ せいや 4i- ゐづ、 さ い $ かた 

帽子 を、 腦 夭に 押し戴き、 監獄 署の 製品に 係る、 -水艸 鬼 編の 力 パ ゾ^、 一 1 合 入の 西洋 吸 筒 を、 左右の 肩 

もんじ よこ め で s ぬが L ら てつ わ か も y つ めくら e ま ねみ て ぎ5 ひ ふか. e 、つ ふ を 

よ 6 十文字 k 橫へ 右 芋 k 犬頭鐡 柄の 洋まを 突き、 盲 縞の 脛當 に、 牛皮の 深靴 踏み鳴らして、 ュ ラリく 

い あ さま S か てんま き たん たもて む t わがみ たの も 

さ 出で たる 有樣、 如何なる 天魔 免 神な ゥ さも、 面 を 向くべき 樣 あら 卜さ、 吾 身ながら も賴 母し か. しが、 

ひど ズザん おも 

人は何^も思は^^^ゥけん。 

» , -, ぽ I てい しゃば い た e や まち あ ひしょ る, もた t> こくき . あ ひま どころ はは fl やせい! WJ- ろ 

かくて 七條の 停止 嫫 到, CN、 上等 待合 所の 椅子に 憑れ て、 膀 刻の 來 たるお 相 待つ 處に、 俄かに 車聲 轟き 

ひが L のど ん かもた も をけ む w け た まつ., ^>ら は き たれ たちあ;?' fj や e&..5 

て、 柬 洞院の彼方ょ.c^、砂煙を蹴立てc^ゝ、驀地に走せ來たるものぁ.c^o 誰なる らん さ 立 上 ふて、 車上の 



ひど み あか e まふた 乙 みちゆきぶ s> がさ こわき か、 きゃはん わら e あし かた ,J やしんき かい さ 

-< を 見て おれば、 赤 縞 二子の 道行 振に、 三度 笠 をば 小脇に 抱ね、 脚紳 草鞋に 足 を 堅めて、 眞寫 器械 を. W 

f さ とれ き や 5 ど 《. きょ ゑ し をの ひど L 5 たが はは ふげんく はま ク きの ふ . ^くも < そむ 

右に 提げた 60 是 なん 京都の 浮世 書師 に、 其 人 あ さ 知られた る、 歌 川 法眼 國极 が、 昨日の が 束.^ 反 力 

後れば せに も 走せ 付けた るな. 00 

よ こた f たも ビ つら あ をき つぶ まっか 5 か £ せん C ぶんき しゃ -I っダ ザい 

ャァ^ 呼べば オケ さ應 へ、 共に 缺を聯 ねつ、、 靑 切符 眞 向に 揷 して、 午前 十 三十 分、 嵐 車の 室內 

ど S fj やち や 5 ふ ズザ よぶこ ども くるま ひがし はし 

飛び 入れば、 車 長が 吹き 鳴らす 呼子^ 共に、 車 はが ラシが ラ と、 東 を さして ど 走 6 ける。 - 

を われら こ、 ろ どころ わ L5 よしの やま こ 、 み をみ あた おほさ か むか ^^ぉ 

抑 も 我等が 志^す 處は、 和州吉 野の 山に お. て、 此處ょ 6 は 南 當れ ば、 大 坂へ 乙 を 向 ふべき は、 路を 

ひがし かたど わて き ほんの 5t あけお ,;> んリ. やく a い がく y つげお い み を もどの 

東の 方 k 取る と、 吾が 敵 は 本能 寺 k わ 6 て ふ、 明智が 軍 S に 似 たれ < ^も、 乙 は 伊賀の 國拓植 於て、 源 

あくた ら M- こ 5 わ 5 わ み こつ はふし ゝん &ぬ がさ e ら わ Aw- わた ベた ら s たど は S くわん ど ちせい がったい つきの せかさ 

惡太郞 紅葉、 惠 美の 骨 法師 水 蔭、 衣笠 次郞 花瘦、 渡 邊太郎 乙 羽なん^ 云 ふ、 闊東勢 さ合體 して、 月瀨笠 

f かんだ f ど ち め々 かね て は を か わきみお むか 

置の 間道よ. o、 大和 路 かけて 巡らむ さ、 兼て ょゥの vtsfu なれば、 さて^J^V新くは脇路ょ.o、 向 ふ 乙と、 

は 4 & 4 しなれ 

やま, たお ま も あ ふさ かや ま さて ばらつ sfj やまでら よこめ はら ほ& {さ つ て. sf- やば 

稻荷山 科 は 忽ち 過ぎて、 逢拔 山の 土手 ッ腹を 突き 拔き、 石山 寺を橫 目.^ 睨んで、 程なく 艸津の 停車場 

つ こゝ くわん せいてつ だ 5 のか みぎ はん いしべ 1- ゆく ひだ y むかで やま は を み くも やみ/も 

に 着けば、 此處ょ 關西鐵 道 k 乘 <>換 へ、 右 半の 石 部 宿、 左^ 藤 太が 百足 山、 花 を 三 雲 や 暗雲 J^、 

e ふか はわけ よこ々.. J ゥ げ しゅく ゥ 

過ぐ る 深 川 は, 譯も なく、 さて は ハが橫 櫛の、 柘植の 宿 ird ど 着きに ける - 

この どき や 5 や ひつじ げ こく くわん ど 5 せ S きた *^ほ こく ぃビま ど あ さてん こしう か しば き 

此將, S く 未の 下 刻、 關柬 勢の 來 らんに は、 尙 一 刻の 間 も あれば、 只 在る 茶店 k 腰お ち 掛け、 暫らく 息 を 

f ほ,, 5,- はふ げんくに まつ $ f& 5 むか こ あた リ めいしょ かた き たづ を 5 

休む る 程 Jid、 法眼 國极 は、 宿の 老嫗に 打ち 向 ひ、 やよ 此の 邊に 名所 やわる、 語れ M かん ^導 ぬれば。 老 



花の 旅 ! 一 五八 I 

も こくび かた どのき たま こゝ S への い たま きこ めいしょ つ 

嫗は 小首 を 傾 ひけて、 され バょ豭 聞き 給へ、 此處 よ.? H 野に 出で 給 は >、 開 ゆる 名所 は數 侍べ れ^、 柘 

げ どころ た や へ 《.-. ひや 5 ゑむ;: J きょ たくつ き こ あた y い くお ぶ" リ つた 

植に はさるべき 處も わらす 只, た彌平 兵衞宗 淸が玻 墓の、 此の 邊 にあ. OS し 云へ^、 を は 口碑に 傳 ふる 

さ だ こ、 L ひど lf5 こゝろ どのた ち ど たま い も {G- や かた まか 9ぃ 

のみに て、 定か k 此處^ 知る. <無 し。 意し あらば 殿達よ、 訪 はせ 紛 へさ 云 ひ 捨て、、 厨の 方へ ビ罷 出で 

け. 00 

はふ げん ひざ もゝ いか さ、 j4> み わ! の でき & ど や へ 5 び や, 2 なむね きょ <. こま. N- 

眼 や をら 膝 を 進ませ、 什麼 にや 小波ぬ し、 和 澱 も 已に閎 かる ゝ 如く、 彌平兵 衞宗淸 € し 云へば、 木^ 

せき 50 き は ほ せ みさほ みたり ち £ い のち たも は& , ^さけ L もの、 ふ 

の關 にて 常 盤の 御前の、 操 J ^愛で、 三人の 雜兒 の、 命 を 救け て勉ち 4^ る、 情を知れる武士^^^ぅ。 さるに 

を のち いしゃ ば み かげ さど わび ま & さ を はり L t ま その tzA こ 、 

其の後 は 石工 さ 化けて、 御影の 里 k 佗住居せ しょう、 更ら k 終焉 を 知ら^. しが 。今の 其, ぁ此處 にあ 

こ ふしぎ & わん こ たい そ あり 卜 t づみ か t 

Ay^ti. 是れも 不思議な 御綠. > ^ら卞 や o さら t 是れ よ. 立ち 出で、、 其の 所在 を 尋ね 見ん。 彼に は 

み けん ほくろ かね しば ゐ み たは わか こどば つく も、 

問に 黑 子の ある を、 兼て 芝居 て 見覺, ^たれば、 解らぬ さはよ も ある ま t^、 言葉お 盡 して 勸め しか 

か C こく 5 つ くわん ど 5 せ. S き どき さ だ たよ W あ ど や _?<:<;• 

期くて 時刻の 移. な は、 關東 勢の 來た らん 特、 定めて 便惡 しか. 0»ん0 訪 はで 已 まん は:^ 意 無 けれ 

け ふ おも ど た さ てん 《-»J ろ ざち S3 -i} ま みれ つ まへ ためいけ .e. ォづ V- 

^、今日は 思; S 止まるべし さて、 只 茶店の 後なる" 離 木 山 k 莖を 摘み、 前なる 溜池に^ を 追 ひな $Jレ て、 

l^L む S や 5 わ も くわん ど せ S の きしゃ を *>■ か やま ふ もど ま は は&. こ、 ク 

霎特 無聊 を 忘る、 ほ^ J^、 關東勢が乘-.^たる瀛車は、 鈴 鹿の 山の 麓 を 廻. CS て、 皁 くも 此處, ^着きし かば、 

さ、 ズザ みく K まつ のゃ<-は ん 5 ゥだ スチ. 'シ 3 ン でむか らち ど つ き. J.e み Ls- ヽ =c ピ、 f , 

小波 國 核の 兩人 は、 打ち連れ 立ちて 停車 塲 k 出迎 へ、 博に 取 ふ 付きて 瀛 車 を 見れば、 後 よ. <>i 三 i 

め か ど 5 れっしゃ ま 5li を か さ、 み お, & いでたち をの こ にんば A つら さ ビ Lf rui 

目なる、 下等 列車の 窓の 中よ ゥ、 小波 i 同ヒ粉 装した る 男、 二人; 面差し 出して、 頻ゥに此^«-を耐ぷ 

さ、 みか み MAr'L 5 ふ とゝ よ い を?, る ま 

^Avc , ^波斯 くさ 見る よ. CS も、 まづ帽子を打ち振<^て* 此處 どく^ 呼ば、 れば 彼方 はや:^ て 車よ ゥ 



rTIrflysrA f n、 二 li" i い xl ド太 

s^plllc^pf I き 鶴き げき 失 i しげ i 

ハ IL ぶ LSI こでら ち 5 はんみ & 4 どの *f>;WM;r,' -、、 t50 

W5 なん^ w 橫 寺の 住人、 源 惡太 ^ど を 知られ おる ぶ e Lf の £、 r 

? PM: i き、 $ 1 i J き、 ぼ 4 る" S 

:p..、 き tl よ、 i きる は、 }1 喜 

ipr は、 ,しさよ きれば、 ii ぎ fi ぼ樣に r 、一 Igkdst 

に iLtk や、 i£i IT 可 管れ て、 f if. ft^tfl " 



fe^^T-t^l^. 犬 櫻 さど 申しけ る- 

S が えの 警ほバ 

(其 一 一 



たいへい 



ti? 七 i に はさ f §、 四 ils し。 r やき t 戰? の 六? ん泰? 

"pi sK 零 a きしき、 ril 

で、 if f f f \ "hf さして Is る。 き , 

;4 の 野へ r ばき ぎ, V、 mffmf. fas. 



. ま づ其處 へ 陴取ゥ ぬ o 此 

1 五 九 



mi i 花 SB の 旅 一 六 ◦ 

50 き, *- で たも:^^れ 上く ど はん きつ ほど をん を くたびれ た » L どね 5 へ 上こ 

特 巳に 黄昏 なれば、 ま づ浴を 取り 飯 を 喫する 程に、 はや 何 さ 無く 草 臥を覺 へて、 撮の 上に 橫 たは 4 たる 

を J みくび か し たど ほ もる、 んら きこ あし まめ * ど, J このま、 ひむ たび 

ま、、 生 欠 忡嚼み \ ひる も わ. 00 され.^ も 乙 羽、 水 蔭 等 は、 聞え し 足の 豆 男 なれば、 此儘 眠らん は 旅の 

ほんい を こら さんば しき 5^ さ、 をみ はじ こ, I'.Jif くわ- V-5 を ほひち 

本意に わら チ いでく 其處 等.^ 镦步 せん £、 頻ゥは 促が したてた れ^、 小波お 始め 紅葉 花瘦 は、 尙肱 

まくら つむ y もな ひさ ぶ たいめん つも ほ をし いし か « はま まさ „y か A- こよ ひ. J 、 かた あ > 

枕の 頭お 擡げす。 久し振.=^なる對面^T 積る 話 は 石 川 や、 濱の眞 砂の 數 われば、 今宵 n 此處に 語. 明か 

けんぶ ゥ あ も てん ど 5 さ SS くた び こ やまかげ f た 3 ども. L び *f> やみ 

さん。 見物なら ば 明日に せよ、 太 ii 樣 もはや 草臥れて、 何處 どの 山 藤に 寢み紿 ふに、 燈穴 無くて は閽を 

み われら にんげん ぶんざい み はしき 3 ど よる あ る ^ をゐき や 5 で で 

見られぬ、 吾等 入 間の 分際.^ して、 身に 錦 を も 纏 はぬ に、 夜步 行かん £は 入らぬ 醉 狂。 出たい もの は 出 

われら こ 、 ひっこ ちゃばら こ てまへ かって さら ど あけ きを ふた & 

るが よし、 吾等 は 此處に 引 込んで、 茶腹お 肥やす が 此方の 勝手^、 更に取-.^合ふ氣色無きにど、 兩人は 

しき .& らだ S が ひ を みかた やつ.. A らかを こしぬ け ふ. L ふ 

頻りに 焦燥 立ちて、 云 ひ 甲斐 無き * 方の 奴輩 哉、 かくまで 腰の 拔 けた 4 ^は、 今日まで 知ら さ. しど 不 

かく ち、 やん か*^- た 、みけた たい 5 たが ほ、 ふげん これ みか やつ がれ おんど も 

覺 なる、 嗚 i: 止ぬ る 哉く^ 、疊. ど 蹴立て ゝ 立ち 出づれ ば、 歌 川 法眼 は 之 を 見兼ねて、 さらば 僕 御 伴せ 

もの あど お ゆ 

ん笆、 やがて 其 跡 を 追 ひ 行きけ. <>。 

あご こ 5.^5 くわ, さ、 をみ にん どもへ 55>w ね ころ しばらく だんわ どき 5 つ よ f-i か 5 も やさ 

後 は 紅葉 花 小波の 三人、 巴肜 に寢轉 びて、 暫特 談話に 赌ぉ 移す ほ^に、 夜き 初更 を 過ぎし かば、 宿の 

a しため よ よるの もの はこ ばか よ, J てんせ 5 $ こどば か i つ. S つ み 

婢 を 呼びて 夜具 を 運ばせ、 ゴ n リ^ W ゥ橫 にな ゥて、 夭 井 を 眺めつ >- 言葉 ♦ ^六 久 はす 中に、 何特 しか 身 

へ fi' せん み 上」 の さ, * よ ゆ ころ ビっを W もの 3 くら もど あしね どか f.3 ねき よ もの あ W 

は 飄然 さして、 はや 三芳 野へ 仿惶ひ 行く 頃、 咄 何者 ど! 枕元に 足 昔 喧しく、 起よ く^ 呼ぶ 者 わ 連 

た を; it ど つぶ y もな み あ. これ さき はん いま ゃビ かへ つ みちく ^ あ 

忙し 何事 どや. 頭 を 擡げて 見 上れば、 是 なん 先の 三. < が、 今し も 宿へ 歸 着きし にて、 途々 も 云 ひ 合 

おもしろ しばる み &ゃ 5 5 たき ねつ くら ちん どころ いつ き 

はした るに や、 面白き 芝居, V 見た. o、 興 わる 歌曲 を 聞きぬ、 乙な もの を 喰 ふた- >、 珍な 處へ 行て 來 ぬな 



きて、 又.^ ゃム n ャ くの 境^ 人ゥぬ o 

きの ふ 



鷗色 



pra」 き¥ 曰の i<f たれ ば、 .11 ぎ i き禽 

i の!. め uiT て、 JHP<*;.^cff£. こ魟 

こち iT&T ふ不 i の 爵ょ 鉍られ たる、 月 I 行の. S を 兼て r シの 中,. 藏 居 



5 への めいしょ けんぶつ q . 

を ひ 開ら けば、 I6«f 其き 家る 隅. i、 -^^4t^.^^.rpt の s 

60 flfr<f . 歸 rf たるが。 J まほ 尺 rr/""?rr u み i 

ゾの 建て. If グ l.^ ひ さ ff めい 、 ;^:^.Htx,.^^zv-s^:6iiJ、 肜の如く之を手向け 

aJ4. ^^^bn^^o ^乃&藏こ<{&卜て、 終阿伽の水を1^6寄せ え ^ 

: ばき:: i 編 PI きし、 r f き 

てれ 謹ま • llt^iiu 

I mul^^na 1 六 1 



花 



花の 旅 一六 二 

S3 へい る ^L^§ を た t- あ C つち くづ がけ C y つり よ の ほ り つど y どき か 

今 ハ壤も 無く 石垣 も 無く、 只 赤土の 壌れ か、. りたる S 崖お、 くの 字形に 攀ぢ 登る さま、 乘 取の 將》 ^期 

い つ もの, J 、ろ を しき ビき つく 

くわらん かさ、 问時か 其 心に 成. CN て、 頻. に 鯨波 作る も を かし。 

かまへ やしき くろへ い、 か かこ ,4. か ほく けん I あ ね は しき か 5 く 

忽ち して 1 搆の 屋敷 ぁゥ。 黑揚嚴 めしく 圍 ふたる 中よ ゥ、 木劍 な^にて 打 合 ふさ 覺 しく、 頻りに 蔓々 

こもき こ このた. S- へい よ ズ _b ほこの けいび わ も たの こど かた あ どら ざ 4- あど 

の聲閬 ゆるに ど、 さて は此 泰平の 世 はも、 尙此 謦備を 忘れぬ にや、 賴 もしき 事よ^ 語. 合へば 虎藏後 

わら い を こ、 かん £ く. Li こめ つ たど さ f らふ s われら い ま «*a さぐ たの 

よ 6 笑; 51^ から、 否 亡よ 此處は 監獄 署 にて、 われ n 米 を揑く 昔に て 候 S 云 ふ。 吾等 は 今 花 を 探. o て、 樂 

たび かれら てっさう 5 ち く わき しゃば はる し げ このいた ぺ いひ どへ e,c せい 

しき 旅 をな すなる に、 彼等 は鐡 窓の 中に わ. て、 苦役に 娑婆の 春 も 知らす 實に此 板 S I 重 乙 を、 人世 

苦 樂の境 なれさ、 坐 K? に憫を 催しぬ ノ 

このかん & く.,. >上 もん せん よ ほんまる た ほて か、 こ、 e や もん た たか いしがき あ ひだ 

此 監獄 所の 門前 を 過ぎ て、 本丸の 大手に 掛 るに、 此處 にも 城門ら しきもの なく、 只 高き 石垣の 間の、 

やま さ Si の » ゆ みちばた くさ ま みれ さみ だ か て の ゆ .© け <;.L 

山 坂 を 登ゥ 行く に、 道端の 草に 混ぢゥ て、 莖の R き亂れ たる, しほら し。 期くて 頂上に 登. 行ば、 石 

がきた か ほり ふか ら^-し や./' わ だお もしろ しげ あ ひだ やまざくら いま さか さ ほこ たきを さ fst 

垣 高く、 a 深く、 老极枝面白く^^.<>たる間^、 山 櫻の 今 を 盛ゥさ R き 誇 6 たる、 例の 桃靑 ならで も、 種々 

こどね も い あは 

の 事 思; 3 出 でられて 哀れな ゥ。 

こ、 い みち みぎ ど ゆ ちゃう かぎ や つち. S い < ^が& ゑ あだ 5 ち き 5 せき C. 

此處 お出で、 途を 右に 取り、 行く A1 五六 g、 鍵 星の 辻 さ 云 ふに 出づ、 S|if 越の 復讎 わ. し舊 跡に て、 以 

せん まお や た つら い 3 は S 'ひろ る * &か みち もんじ を どころ ふる に 5り や いつ ォん 

前 は 町家 立て 列な.^ たる も、 今 はや、 巾廣 き田舍 道の、 十文字.^ 成ゥ たる 處に、 古びた る 煮賣屋 一 軒 あ 

I 、 ^ っゥ 3- や くわん ねい ねん げっ か わ i:ii5> ベ か? ま けだ ち あらき また ゑ もんら ど & いはし あ 

るの み。 乙の 煮 賣屋こ を、 寬永十 一 年 十 一 月 七日、 彼の 渡邊數 か 助太刀 荒木 叉 右 衞門等 さ 共に、 鶴の 頭 

ふ つぶ . かたき ま あ so ころ あん >&ぃ もの い み を <た ちょ しぶちゃ り S 

を 踏み潰して、 敵 を 待ち 合 はせ し處 なれさ、 案內の 者の 云 ふが まゝ に、 皆々 立 寄. て澀 茶を飮 めば、 宿の 



花 

の 

旅 



e t» »r ^ .£-2t ち あ. y さま みゐゃ 5 ものがた さ、 をみ たはむ ものビきか*^.ま < か 

i 酽 i み k で、、 ^の 船 讎の有 si を、 見て 居 に 物語る は、 小波 戯れて、 さらば 其特數 馬が 八お ひ 掛け 

ハ まし りこ A/ ど をち な を ほ ま が ほ あや y< のこ を , ► ど かくて まへ 

4^ る、 &の a は徵 6 居らす やさ 問へば、 老婆 尙眞顏 にて、 をれ は 生惜殘 つて 居. ません か、 兎に角 手前 

A- & 二 5 »?J. ,M ざ い をん い ね A よ まへ こビ .,.--1 か は をし わか 

? 1 ハは S 船から、 少しも #o はム S ません さ 云 ふ。 何 さ 云 ふても 二百 年餘も 前の 事、 確な 話 は 分らね.^、 

ろ r c£> it しん き ら 5 ば は をし み、 かたむ いはし あた 3 しん> !:, t, 

航が にしても の lisll なら、 感心して 聞く がよ からん さ、 老婆の 話に 耳 を 傾けぬ。 鰯の 頭 も 信心 がら 

これ 《t 

^は、 是ょ. 一 初 ま ける さなん。 

つきの せど f こど 

(其 四) 月瀨 途中の 事 

,-り ろ 1*6^ かぎ や つちい かさ さ, をみ たづ かたはら ゐ あ S を か あ &>5stJ 

さても 船ぎ ピ、 !^: 敌に 鍵屋が さ 云 ふに やさ、 重ねて 小波 尋 ぬれば、 傍に 居 合 はせ たる、 田舍 商人ら し 

も < ^し .A ま を、 C- さ 5 らふき このさき けんば か どころ そのころ た"^ f-. ォこ や 

^ 知 4^ に 進み出で、、 されば 候 聞きた まへ、 此先十 間 斗う の處 に、 其 頃い さ大 S なる 煙 卿屋ぁ 

や パ, r- かぎ や い このっ^^' ^ い 

.OS て、 家 號を鍵 屋^ 云 ひける よ 6、 此、 辻の 名^な. <= 'ぬ さ 云 ふ C 

fe-tf a へ のお しゅじん ひ ざ 5 ^ せ 5 しんせき み たんざく か ふるいけ く まんち か 

かくて 宿へ 歸ゥ たる 後、 主人が 秘藏 せる ffi 蕉の 眞蹟を 見る。 一は 短册 にて、 彼の 「古池 や」 の 句を眞 中に 

なし、 

は *s> ね もて 》i ゐん _ I I 

花に 乙 を 表 書院で.:^ さかやき 其 角 

• くさ ひどき ど は 一 S- の * を ► . 

草く k 人の 氣を 取る 花 野 哉 嵐 雪 

くさ €.5 ぶく を た くわいし やう よ こもの 

の 二 句お 左右 化して 一幅^ 爲し 他 は 懐紙 檨の橫 物に て, 

わ. r か わ い みぎ あ w ^ s- み 

早 稻の香 や 分け入る 右 は 有礎澝 翁 



花 

の 



を こ 3 つ ふく はぎ も、 き 

しほら しき 名に 小 极吹获 溝 同 

あなむ ざん 兜の 下の き. くす 同 

< こど., 4 が そ 3 たべつ もんた いれき しゃほん さつ これ けんか 5 は 5 し かん どころ 

の 三 句に、 をれ く 言葉書き を 添へ たゥ。 別に 園 太 暦の 寫本 一 册、 是は兼 好 法師 關 したる 處 のみ を 

しる 

記せ ANO 

ひるめし はや も つきせ むか か どら ざ 5 & くる 3 にん はらつ つ あど 

畫 飯 をち さ 早め k 濟 まし、 いさ 月の 瀨へ向 はん^、 彼の 虎藏が 持てる 車に、 六 人の 荷物 を 積ませ、 後よ 

ひ ぃ5<(- たい か. 3 こ、 ひ 1^1 た $ い どころ をき*^5 き, T- せきみ のむ しあん 

.0 ガラ 挽かせつ、、 悠 々もして 立ち 出で しが、 兼て 此處の 日向 町^ 云ふ處 翁が 舊 B 養. &1 、庵の 

て 5 しう さ 5 し 5 き か 5 み ぉビ や ほい 1& て... 'ばか みさ 3 こ、 

あると、 聽秋 宗匠が 記 行に も 見えし かば、 訪づれ で 止まん a 本意 無し さ、 ニ附斗 途を S! は 6 て、 此處 

い どころ いた み ん かた ちょ 5 たろ た、 あ を いけがき あ ひだ きみ 

ど^ 云ふ處 k 至 て 見れば、 門 k は 堅く 錠 を 卸して、 叩 け^も 開かん やう 無し。 生垣の 間よ 6 透 見せん 

あ ひ K くに はき お -I げ おも あんしつ み この かき ひどへ くろがね み を /\ おもて 

さすれ^、 生惽 庭木の 生; S 茂. て、 をれ かさ 思 ふ 庵室 だに 見えす。 此垣 一 重が 黑鐘 のさ、 皆々 表に ゥ ^ 

つ 8.. おい a は じ きん じょ も の あやし われら きょ 3^5 めつ どが めん 

; 5: け は, rjttsls 入で も-初 まるの かさ、 近所の 者は怪 みて、 吾等が 暴動に 目 を 着く るに、 咎められて は 面 

f こ、 ろ ,c のま ゝ つぶや た さ 

倒さ、 心なら 卞も其 儘 k、 咳きながら 立ち去-: ^ぬ。 

これより,.:.' への まお は を はたみ ち ゆ S> ?!sJ か このる ひだべ ク み を たいくつ どら ざ 5 むか 

自是 上野の 町 を 離れ、 畑 道 を 行く と 三 里 斗ゥ、 此間 別に 見る もの も 無ければ、 返 屈 まぎれに 虎藏 k 向 ひ、 

,ての くるな ひ み こ, その かち はう ど けんば か あるき いた たお ま i 

其 車 を 挽かせて 見よ^、 紅葉 は 其 梶棒 を取ゥ て、 五六 間 斗 6 步 行し 、が。 于 ブトの 痛 さに 忽ち 弱 は. て、 

たれ か は い ふこ ゑ それがし か つ s- くる J5 ビ わ M をべ た ろ.? K ど は この ひどみ ち 

誰か 代れ さ云聲 に、 さらば 某に 貸した まへ^、 繽 いて 車に 取. つきし は、 渡邊の太郞乙羽な-^^o 此. < 陸 

のく 5 まれ おから あ までつ よ てう か ぬ み をく SJ て 5 

奧の產 にて、 力 飽く迄 强 ければ、 難無く 二三 町 IS け拔 けたる にど、 皆々 一 度に 手お 打ちて、 ヤシ ャく 





或? 






い 


琉!; 


白 




す 


6 




花!! 


ら 


是 せ' さ > 
非 ひ 呼よ 




の 


は 




た 


れ 


"fV* り 


開 2 





て 


な 


の 


ぬ 


れ 


頭 2 
ピ 


抑き 
什り、 






し 


iW* け 










木き 


プ 


力 > 




け 


よ 


衬? 




底 314 


疲?' 


て 


m 


お 

! S 


し 


搔か 


麼か 




る 




1 こ 


皆き 


勞れ 


• 、 






\ ノ 


t 













移さ 




に 


% 


間 5 

\ び 


云い 




、 け 




て 








今 ま 


h 


舟 わ 


掛か 


mi 


ふ 


る 


る 

牛る *1 


琳 




て 










に 


け 


くや 


は 


處ミ 




せ 3 


宅 か 




は 






の 


m 


て 




わ 

tCd\ を 


五 さ 


殺? 

4% つ 


lWt& 、 


の 


ら 

リ 


什い 


其 
五 




普 ふ 




渡き 


し 

レ 


れ 


月? 


て 


お 

—^よ 


A れ 

ノ , 




ね、 


麼か 




請え 






た 

/ レ 


ん 








は 


に 


に 




の 


J: み 


行 ゆ 


る 




の 


茶? 

一 L 、ャ 




M?| 縐? 
打, in 


さ 


お 勿 は 








最? 


進? 


く 






潺? 


店き 


半き 

r ん 


し 




車 4 

r つ 


車 4 










藤士 

■fell -2 

货る 





々く 


の 


町? 


ち て 


掛で 


音ね 


留ま 


夫 ふ 




k 


る 


半え 




橡 t 


斗 1 チ' 

1 か 


て 小? 
、 波 J 


b 


吹 ふ 


にめ 


虎 ま 




て 


程 g 




の 


町? 


る 


に 


ノ 


し 


さ 








に 


速!! 




斗 ま 


h 


腰チ 


【こ 


精つ % 




け 


い 》 り 


怪 




石 1 






お 

に 




1) 


打 5 


し 

レ 


A 、 


四し 


ば 


ど ふ 


力き 




材ま 


や 


に 


丰た 







h 




f> シ 
/ レ 


天 ま 







の 




け,- バ 

堆 2 


が 


て 


線く' 

/1、 不 


し 


溪 S 
流れ 


力、 


1 トゃ 

1 し 


る ャ 




血 


外' ま 


ず c 




て 




行 ゆ 

暴 J 


て 


け 


み 


い- J V J tiC 


の 


氣き 


に 




< 


月? 


し 


mi 


に 




ぬ 


is 'J 

i/J O は ビ' 




(こ 


は 

路 g 






前? 


瀨? 


取 ど 


く 

ヽ 


船' 一 


沿 そ 







の の 


< 


逸 ま 






途て 


村? 






塲' * 




ら 




落た 事 1 


に 


る 


の 








に 


ぬ 


寸 




た 


< 




ち h 


て 


面》 

















/) 


る 


まで 




ん ら 


、ね 
各? 










* ぎ 




い 




蛆 5 






^ ん 

V— 'レ 


は 


さ, 








し 




f] ゝ 


溪 S 




た 




ナ ^ 


M 




る 








が 




1 こ 


流れ 




る 




れ 、 




ま 


お、 













も 


の 


迎^ 


後 § 




I/A T^,^ 


IS 


や 


と 








彼 か 




面 5 


お k 


6 






、 m^f 


き 


車^ 








本!? 


の 




白き 


ち 


ゆ 


治!? 




A? ふ、 


ら 


留ま 


凰 さ 






の 


有 ^ 




し 


が 


< 


田 だ 




々f つ 


L 


何 ま 


先^ 

ノレ さ 






制ミ 


名 S 

M い 






爲 g 




村す/ 

• J ら 




h 取 ど 






('こ 






札き 


な 




て 


に 




に 






曳!^ 


のど' 


進ミ 








る 






令 


景 S 
色 1 


さ 






々く 


爭き 


み 






立た 


m 








し 






m 


f)、 


た 






て 


橋? 






舟き 


次く L 


お、 




く t 


t 


h 


る 








の 




の 




第 《 


\ 




t が 




ら 


中!: 












岸き し 


遣 や 




れ 




• ^あ 、 
ぶ 慣を 


げ 


む 


m 
花 も 






往き 


去 こ 




に 


る 


月? 


ば 




け 








來 5 


年ケ 






1 こ 


の 







む れ 


る 


顯 


瘦? 








の 




の 


竿? ま 


瀬せ 


兩' $1 




1 こ ぬ 




が 








出で 




ま iiJ や 


を 


臭 さ 


方ず 




ど 業 t 




破 5 








ど 


水き 




眞ぇ 


用 も 


< 


は 




、 さ ざ 







當? 






書か 


に 




器き 


a 


な 


山? 




入い て 



花の 旅 一六 六 

まし かろけ る 擬勢な- >o 

もの どき. L や ふ ビら ざう む さしば 5 き はや おん を がた このせ いさつ ふみた i VJ ほ 

爾^ 車夫 虎藏、 武藏 坊を氣 取み ていふ やう は、 逸らせた まふな 旦那 方、 此 制札 を蹈 倒して 通らむ は、 い 

や も こど み はしぶ しんよ 5 きりいし ゆくて ふさ さいの かまら ビ 5 

さ 易き 事 なれ <^o あれく 見 をな はせ、 橋普譜 用の 切 石 は、 r^H: く^ 前途に 塞が 4 たる、 赛河 Is- お 遠 

めがねみ IcaJ s つぶ みち あた どき ばんそつ ょミぃ も/' がた よ 5 がい この どき うしろ は. T- 

眼鏡で 見る 如し 1 夫 路,^ 當 る特ゾ ば、 萬卒もs易は進み難き要害な-.^o(此將後の方から、 ィ ヨウ ィョ 

こ ゑ か さ .S ち にんから み こ くる 3 ひき ゆ &ん& さ 5 だん 

ゥ の聲膙 かる) 然れば 1 人單 身に て、 越 ゆる 乙^ さへ 難義 なる は、 車 を曳て 行かむな^ ゝは 、言語 同斷 

それが 》> ねが は f けん にん たんかた おのく 5- つび ちから か くる S つ にもった ろ 5,.-ろさ<»くる3 

賤生 願く は 策を獻 せひ 三 四 人の ゆ 方、 各 一 臂の カを假 した まへ さ、 車に 積みた る 荷物お 下し、 後 様に 車 

せな AJ まも よ たもし ろ もの K 5 

を 背貧 ひ、 いで^-かくして 越え 申さむ^ 呼ば、 れば、 rJ.O ゃ而 白し、 やれ や 者.^ も、 北ぐ る もの は撲 

かけよ はんはん a き あら たれ- C はふげ. ん くに まつ こつ はふ し るいん ぎゃ^.^iJゐsち もさ き わた 

た ひ.^ ffi 寄 6 て、 半 人力 を顯 はす は 誰 々ど。 法眼 闕极、 骨法 師朮 蔭、 同行 隨 一 の 猛者 さ 聞 乙え たる、 渡 

を ぺ ねど は これ つ *• しゃふ あは X にん せ 5 せ& め ひく くるま あ たはつ か あしば あや ふ 

邊乙羽 之に 繽き、 車夫 を 合せて 四 人の 同勢、 眼よ.^ も 低く 車 を扛げ て、 覺束. くもよ たく、 さ 足塲危 

も、 み ゆ あど ^ もつ ひっかた こ 5- ゑ ? *4 か ひ、 こ も、 さゝをみ くわ を 5 こ,.' わ 5 

く 進行く 後よ 4 荷物 を 引 檐げ、 小聲に あれら の 馬鹿さな^、、 好兒 な. て 進みし は、 小波 花瘦 紅葉 

な 60 

*J のけん を たか けん けん こビ たも ゆ つ はたけ やま fp かの にん 

此險阻 も、 高が 十 間 か 二十 間の 事 さ 想; S しに、 行け <^ もく 盡き^ るに、 畠 山の 庄 司なら ぬ、 彼 三人 は 

ちから. M わ こし いつば t &ほ いこ さ &> がらむ し は ビ かく を,. i L ん 

いっか 力 弱 6 て、 腰 ふらく さ 一 步に 休み、 五步に 憩 ひ、 ^§然 虫の 這 ふ rU< ^く、 鬼 角して かの 梨 子の 心 

たも ころ か ゆ こつ はふ fl もる. &ん お た ほ 5 たが はくに まつ かたいき さ をが ぉビは 

K 思 ふ 所まで 扛き 行けば 骨 法師 水 蔭 は 地 倒れ、 歌川國 极は片 息 な. て、 流石の 乙 羽 もべ つた. さ、 

fls- もちつ つか さつ は 5 こ へ.,. か つ、.. J おく. ひや ひけ 5 み ひ, « か 

尻餅 撞 きて 疲れたる を、 かく やわらん V- 察せし ゆ ゑ、 暴虎馮河の 勇 を 慎み、 E 病 卑怯 さ 見せかけて、 私に 



おから やし われら め いち た, ろ か 5 まん かほ さ、 み < わ も. i 'こう ゎ$ よわ は はん 

力 を 養 ひたる、 我等 か 明智に 驚きた るか さ、 .;€慢 なる 顔を^て、 小波 花瘦 紅葉 は、 弱 果てた る 三人お、 

かいは,/' かい ゆん VJZ 'さ たさ 

ねんな k: に 介抱な し、 魁卷洞 指して ど迎ゥ ける。 

ももこの かいしゅ,... ど 5 りょかん こ やま いた さ あ の » も て 5 i »> かもし ゆん はんむ;;:; つ 

抑 此魁春 洞^い へる 旅館 は、 小山の 總 頂に 在りて、 登り 數 ro に餘ん ぬべ し。 加 之 崚坂胸 をも撞 かひす は 

S S- ちビ f か はみ あ S くせん み わみ もゐ いん まっさき た- i-ys 

か A- なれば、 ^vれさ謂はね^ 一同 は、 顔 見合 はせ て 愕然た ASO かくさ 見る より江 見 水 蔭、 具 先に 躍 出で、 

かた. f こ S やま あん ><bS それがしよ しつ この さか ひど の は かしこ み > やね, » 

やわく 方々、 此 山の 案内 は 某 能く 讖た 00 此拔 1 ッ 登る^ら は、 われく 彼 所に 見 ゆる 屋根 乙 を、 

かい しゅんどう さ S ろ ふ こ、 く こっち も、 fsss ち ふ ひ て 5 か k たお 

魁 春 洞に て 候 ど。 此處 まで 求れば 此方の もの、 進めく ビ帽打 揮り て、 飛鳥の. ^さく 翔る^い へ.^ も, 誰 

つ を くち くた び た 4- もの ゆ ちき 、た、 

わ ゥて續 くもの 無く、 口ば かゥは 草臥れで、 唯 其 勇 氣のほ *J を稱 ふるのみ 

かさぎ な ゑ こど , 

(其 六) 笠 置 越の 事 (上) , 

や .A いし, んど f つ & J- e こ ** ころ かい らんかん もた み わた か をた みねと 

漸ぅ して 魁 洞に 着きし は、 午后 五特 少し 過ぐ る 頃^. ニ階の欄千に§^れて見渡せば、 彼方の 峯此 

をた たに <a い 3 ざ き £ ど み み をぶ ゆ ,<b い まビ ふか ぶか 3 へ け <V しょ" さケ た f > 一 

方の 谷間、 今は雜 木の 如く 見 ゆる も、 皆梅樹 ならぬ は 無し 今 十日 許り も 前の 景色 嘸な^ g ひ やられ 

?。 

この か S, しゅ vc-vyn い り よかん ケ くめう かち や .S ふるく こ、 - S へ ひ ^. て ふ も . さつ 

此魁!^!^洞さ云 へ る旅館は、 俗名 を 鍛冶屋 も 云 ひ、 昔將 より 此處 にわ ゥて、 家に 秘藏 せる 雅帖十 數册に は 

こ、 ん めいか しん 4^ きな ほ いづ こ、 ゥね ひ ピき ふで ふる ► みみ <^ t こホ 

古今の 名家の 具蹟 多く、 何れも 此處に 筇を曳 きし 特、 筆を揮 ひし ものな ゥ€ ど、 皆々 打ち 寄ゥて 之お 眺 

かれ ? これ はん ち はし, びじゅつ ろん び こ 4. ね ふ ふパケ く^- . 、 ^^^^^^ \ 

め、 彼お 評し 是を 判卞る 中、 端 無くの 美術 論 どな 60 尾 紅 菜お 初め S なし、 風俗 誓に:^、 もなる 渡邊 乙^ 

9! ゑ たんの 5 5 た く はま つら こうかく あは ど ろん さ/をみ どこ 5 へ * は, レビ 」•> 、 ^tu^^ 

浮世 緒に 堪能^る 歌 川國极 等、 口角 泡お 飛ばして 論す る を、 小波 は 床の 上に 按摩 取らせつ ゝ、 W 々橫合 

li^f^f^ 1 六 七 



花の 旅 一六 八 

麗 5= 醫ー画|醫_| 8*3£518 8 886£ . さ1.£5 , § 08303 3888»868=5861,51*#5£3 8-1»8——_8國-|國隱_ = 醒|圍 = ー = --88—_|^—ー— —■■- = ■ 1111111 ■ s agB— B— -■— ■— — 

くち し い こり ど さこソ ほうし よ ねむ くわ さう この か 5 かんせう ぶげ 5 さ しき •, ひ そろ ん ひか 

よ 6 嘴 を 入れぬ。 此^ 骨. 師は酔 ふて 眼 .<TV、 花 瘦は此 行の 勘定 奉行 なれば、 坐 敷の 隅に 算盤 を扣 へて、 

てんさく 上 ねん, 4> 

二 一 天 作.^ 餘念無 かみき。 

このよ や .JJ てう き たも 2^ < み はた ら《 か S めんく か 5 だ 5 ろはん し、 

此夜 宿帳 を 持ち 來た. しかば、 もしゃ^ 思 ふて 前 を 線 見る に、 果して 樂々 會の 面々、 幸 堂、 露 俘、 S 

けん わい せん しょが けつ はじ を をん をゐ を, を み 

軒、 永 洗の、 諸 豪傑,^ 一 初めさして、 浪華の 南翠 翁が 名 も 見えたり。 

-ぁ か そらく も いま ふ い だ f み &< や も i 、ろ を ふ ふ, 

明くる 十四日 は 空 暴.. て、 今にも 降. 出さん かさ 思 はる、 i^、 皆々 安き 心 も 無 か, しが。 降らば 降れ W 

けっき もの:^-!も ^ もちち ら 5 さき た い さ も、 .S ゆ 

血 氣の者 共、 荷 持 治 三 郞を先 立て ゝ、 勇み 進んで 出で 行きぬ。 

や 5j 5 しろ や W こ くだ ざ か きふ あし ど $J を ほ:^ 50 ころ か ゆ 

宿の 後手の 山お 越 ゆるに。 降 6 圾の急 なる、 足の 止め 度 も 無き 程なる に。 か、 る處は 期う して 行け^, 

さ 、をみ からだ 上 こさ ま かお &ど あゆ ほ,; J つかれ さ ほ S ね ほ 

小波 體を 橫檨に まて、 蟹の 如くに 步む 程に、 疲勞 も. W 程に は覺 ,^^6 き。 

5J かく も、 の S どころ 5 また やま さか これ の ゆ ゆ ほ: この あた y は を もこ ねく み か 

鬼 角して 桃ケ 野^ 云ふ處 へ出づ るに、 叉山拔 になれば、 之お 登ゥ 行く 程に、 此邊は 花 少し 晚れ て、 見返 

か をた たに 《* も か むら ばい じゅ j5> ほ ゆき のこ 5 れ さ、 み ど あ 

へ. たる 彼方の 谷 問に、 素 枯れながら も 一 叢の 梅樹、 尙 雪を殘 せる も 嬉し €、 小波 取 敢 へす、 

ひ た: i われ のこ 5 め は を 

1 さ 谷 は 吾に 殘. <y て 梅の 花 

てて £■ BL かき めぃ< た, C ざく をの わ だ さ わ 5 らみ 

さ、 手帳の 端に 書い つけし 、が。 か、 る 名句 を 短冊に して、 其 枝に 下げ 得ぬ ど 恨なる。 

や A* ち た 1- 5- ばか わ .T-e f はら ど 5 も わ し- 5 や ぎふ さど つ i£0 fs 

かくて 山路お 迎る i 四 里 許 ゥ、 王子 奧ケ 1^ 等 を 過ぎて、 和 州 柳 生の 里に 着きぬ。 折から まだ 正午 は 1 

t かんば か はや これ かさぎ t t どころ こ、 s お^ゃ h い < 

特間許 ゥも早 けれき、 之より 笠 置 山に か、 れば、 休むべき 處 も^ければ さて、 此處の 市場 屋^ 云 ふ 家に、 

WJf ひるげ した、 

1 同晝餉 お認めぬ。 . 一 



この や ぎふ S. ビこ. C か ft じ まの かみ れ S ち このへん さんち. f あ SSBfc て い め いしょ よし あかつき か;: ♦ts' ゑ 

此柳生 S 云ふ處 は、 彼の 但馬 守が 領地に て、 此邊の 山中に、 天 3K 立 S 云 ふ 名所の わる 由、 曉 の鐽 成が 繪 

づみ みのこ ざんねん あん をい-や やど Sy ゆ この どき か こ < 'わ ふ sft 

圖 にも 見え たれば、 見 殘すは 殘< ふな. < ^と、 案 內者を 傭 ふて 出で 行きぬ。 此將 彼の 紅葉の み、 チ ブトの 痛 

み はげ ひど 3- や^のこ ゐ 

咏 劇しければ さて、 一 人 宿に 殘 6 居た 60 

かさ ざ こ ゑ こど 

(其 七) 笠 置 越の 事 (中) 

いちば や s て 5ff か こ だか ざ ふき やま たく いた ひのき をぎ むらしげ どころ たか せう あま 

市 塲屋を 出で、 八 町 許 .0、 小高き 雜木 山の 奥に 至れば、 檜 杉なん^ 1 叢 茂れる 處に、 高さ 一 丈に 餘れる 

い. L かさ あ を、 た をの かたち ど びら K これ あ 3 S は ど ど びら か 

石の、 二 枚 重な 6 合 ふて 斜め 立てる が、 其 形 いかにも 扉に 似た. 00 是^ん 夭の 岩 の 扉に して、 彼の 

てぢから をのみ こ ビ ため こ く 5 はる ^ あげ どき この やま たち こ、 ど いはた K いへ 

手 力 雄 命の 爲に、 虚空 遙 かに 投げ 揚られ し特、 此山へは落たるな.c^sどoされば此處をB-岩谷さも云.c^o 

むかし ら S さんく f た ほ へき いみち づめ もの じ どころ てん. > を い つた さどび ゾ さら あゆみ 

昔時 は 老杉 空 を掩; 3、 碧 苔 途を埋 て、 い < ^物 瘙き處 .1^6 しかば、 夭狗 住め. 云ひ傳 へて、 里人 更に 步 

はこ た ごや ぎふけ Lvc か S ち けんだ i- ひど $ もの こ SO さ こ 、 《.< しの どき まゐ s- てん々 L 

を 運ばす、 只 柳 生家の 臣下の 中に て、 劎道. <に 優れたる 者の み、 敌らに 此處へ 丑 特 參 して、 夭狗 ざ. 仕 

あ ひ ほ, ヒ f ゆく ゑ し あん を?. しゃ ま. kjVJ ものがた 3- み を.,, \ こわげ 

合な しける 程に、 W 々は 行衞 知られす なる もの わ, きさ、 案內 者が 實ら しき 物語に、 皆々 VVC く 恐怖 

た 々づく 3 たさ たいへん いもみ ちビ つかへ や 53 ふけ だ. s»5>» ゆ Li けん ふた、 いちば 

立ち、 愚 頭々々 して 股 割かれて は大變 .kj、 急ぎ 途を 取て 返し、 柳 生家 代々 の 墓場 を 一 見して、 再び 市場 

や かへ 

屋へ歸 ぬ。 

これよ G- さき さ、 みみ やビ ま やま か & みつた この どき あし さき かへ こ ね ふ 5 むか 

先 是 小波 は、 宿の 土間に 山 駕籠 わ. し を 見付け 置き たれば、 此將 1 足 先に 歸ゥ て、 まづ紅 菜に 打ち 向 

きみ しゅもつ がんべ 5 さゲ ど ち 5 んぎ こど これ かさぎ か、 やまみち ひど t ほけ は や、 

ひ、 君. 腫物 S 眼病に は、 嘸 かし 途中 も 難儀なる べし 殊に 此ょ. 笠 量へ 掛れ ば、 山路 一 入險 しくて、 働 も 

じん たに t こ ころねば か かち ゆ あや さい は か & 

すれば 千 《 の 谷底へ、 轉げ 落ちん さど。 徒步 にて 行く はい さ危 ふし 幸; 3 われに 山 駕籠 われば、 

花の 旅 • . 】六 九 



ばんの みき を われ つ あ て ふたの t ん rr つげ V- 

一番 乘 つて 見る 氣 は 無き か、 さすれば 吾 も 付き合 ふて、 一挺 赖むも 苦しから 卞^、 さも 信 切氣に 說き勸 

こ 《- わ ふ がんら. S が まん もの さ、 をみ しんせ ゾ ほお さ ど ^< はか ね ど, 4- 

ひれば。 紅 菜元來 我慢 者な れ^、 小波の 信 切に ゃ紳 され けん、 然 らば 免 も 角 も 針ら ふて よ^、 音 無しく 

31 んせ 5- » 上ろ こ さ、 をみ ゃビ こもの むか ひも * か& て ふ あつら を 9 

贊成 なせし にど、 すました. 喜びつ、、 小波 やがて 宿の 厮に 向; s、 私 かに 駕籠 二 挺.^ 魏 へしに、 折 

やま か &てふ た よのつね たれ か な をの を かひろ で sw e ぃ5 

わしく 山 駕籠 は 一 挺の みに て、 他は普通の垂駕籠1^.0け.0^0 され < ^も 其中廣 く 1 ) て、 出入に 自由なる ベ 

一 , こ わ ふ の ほ み をく これ み ね ほた a け 5 ぶ を い けうぶ 

けれ はさて、 紅葉 を もれに 戴せ ける 程に 皆々 之 を 見て、 いよく 大谷刑 部に 成. た. 云へば 刑 部 

こ ふかた め みひら か さ. •&> み ね の つかれ かく た われ だま か £ ひビ w 

の 紅葉 片眼 見開きて、 いやさよ 彼の 小波 こ を、 自 己、 が疲 勞を隱 さん 爲め、 吾 を 欺して 駕籠に のせ、 一人 

い 、こ かんお いし だ ちぶに しき さ、, みの、 L . 

好兒 にな ゥ たる 姦智: tr 石 田 治 部に も 似たら め e、 頻 6 は 小波 を 罵 6 ける。 

て 5 か& まん *S> か はん S^J-i- せいせん & L»& やぎ ふ さどたい & *• *J & ろ 

かくて 二 梃の 駕籠 を眞 中に、 四 人の 同勢 前後 を 守護して、 柳 生の 里 を 立ち 出で し ハ、 午後 一時 頃に て や 

ばら くち あし らく を か £ ゆれ こ、 ち 上 か ベ 5 し をろ 

わ... けん。 腹の 朽 くな. たる ど、 足の 樂に 成. たる さ、 駕籠の 動搖の 心地好 ささ、 斯う 三拍子 揃; S たれ 

, を K も た a たち ねむけ も 上 5 «c ほ: Sj あけが ゆめ さ 

は、 何 か は 以ゥ て堪 るべき、 忽まち 眠氣を 催して、 コク リ くさ, 初めけ る 程に、 曉の 夢なら 醒ま しも 

も 9aJSSJ«- も s- .S いつも ゆ かさぎ てら もん せん つ 

する、 n ケ コゥの 森 (鷄の 森 S も 云 ふ) も 何時しか 過ぎて、 さして 行くて ふ 笠 ft 寺の、 門前に 乙 を 着き 

けれ。 

かさぎ & わ こど 

(其 八) 笠 置 越の 事 (下) 

これ 上り あん をい しゃ こ 5 ふん か この や <» めいしょ れっき 

自是 案内 者の ロ吩 を假ゥ て、 此 山の 名所 を 列記すべし 

L ゆろ. 5 こ、 か どころ かね けん *f ねん がつ げ だっせ 5 はん い たま どころ たか e やくさし わ <:i し L-sx 

1 鎵樓 此 處に掛 くる 處の鐘 は、 建 久七年 八月、 解脫 上人の 鑲玉 ひたる 所に して、 高さ 三 尺 徑ニ尺 二 



If !" あ f ! I! . 

S1i『iy!li 

ま A~ こど 

,if ま Is^ て:^ 申 i、 

ね 御 s のの きこ , へました?。 で I 所の 成て 居 4 ノ 

- 1 ず は 四十し nr 、巾 三十 一尺。 



高さ は廿ニ 尺い 巾け 六尺 i に でら,, p,e、l^ 针 i が kt§ がわった ので わの 

み fr tit iSP が 四十 一 一 2?。 是が笠 ft 寺の 本尊で 昔將 は此處 I ォ产. -ラ H 

-p^^npo (あれき V おきき ii i 

おの I のず るの V 十三 S して、 

-Ml t4. 



o 



? I さ 十八 尺、 巾廿七 尺。 I i れ 5 べん? せ パ^ K や こ ノて 



れ S べん? せ- C 丄め はや..: i/IS; 



花 の 旅 一七 二 

せんにゅ ひ はふ を さ あそ ビ ころ ズ% せ., y ん & くら 5 こど せTゅ:,^:^,fゎメ*^タv^ ゝ f ん, 亡 > J ズ^ 

千 手の 秘法 を 修め 遊ばした 處で o( 何故 其 樣な御 苦 勞な事 をし たんだ) をれ 武夭 皇樣か 南都の 大 

ぶつでん & こん a う どき きづ が は か はかみ ざいもく どり よせ を どこ^ この か は がんせき, た;^ さ" ふ W だし^ 

佛 殿御 建立の 將、 木津 川の 川上から 材木 を か 取 寄に 成った 處。 此 川に 3 お 石が 澤山 わって、 舟も^!^も通 

も ,- れ 5 べん.. yf せ 5 こ、 こも はふ f P たち 3 か はみ づで いか たいほ、 な、 

.0 ません。 其處 で良辨 僧正が、 此處へ 籠って 法 を 修められる ゥヒ、 忽ち 川に 水が 出て、 如何なる 大木 も 難 

を ど ほ ま * こど れ 5 べん? ま かた & ざ かんしん 

無く 通った.^ 申す 事で。 良辨檨 はえら い 方で ムぃ ますな ァ o( フ f ゾ威 心^ もんた チ) 

こ <«. ざ 5. &し こ 5 ば ふだ. S し た ほ *^<っ たかさ L やくほ ビ しゃく &ざ .J4 ば ふ いしゃ L 

Iffi 空藏石 弘法 大師が 御 彫. に 成た ので、 高 は 四十 二 尺 巾 は廿四 尺も厶 います o( 弘法 は 石工 も 仕 まし 

き を どこ 

たか ィ 器用な 男さチ 0) 

たい ズ„-ぃ く *-り この 5 へ いし ねん せん ち <1 ん たに A- こ お > 

一 胎內寶 此 上の 石 は 四十 年 前の 地震で、 わの 谷底へ 落ちました。 

たいこ いし もの 5 へ どころ た、 & らん たいこ ね ど, L ^ ほビ を か, f つ l^- 

1 太敲石 其 上の 處を 叩いて 御覽 なさ so 太皲の 昔が 仕ます 11 (トゾ く、 成る 程、 中が sffi にで も 

をつ 

成て るのお らう 0) 

いし おし & らん ^'G 5 & ^ころ を か/..、 お 

1 ゆるぎ 石 押て 御覽 なさい 動きます o( 方ゥ. 動く は-/ \-) 處が 中々 落ちません のさ。 

ベ, いし こ , てっぺん £ ざ こ、 ひがし のケき い どこ 6 このした ふ !>vl さ 3 たれ み 

1 平等 石 此處 がま づ頂邊 で厶ゥ ます。 此が 東の 觏さ云 ふ處、 此 下に 不動 樣が わるんで すが、 誰も 見た 

な こ を ほ 1- のケ した 3 み k け. ばか • した 

ものが 無 S ので o( ォゥ恐 わ、 成る 程 乙れ ぢゃ ァ靦 かれぬ フ。 11 下へ 廻 はって 見る さ、 ニ間115^..<=^下に 

いは かげ L. や < ほ", - ひっこ ちい いし ふ ケ,! 'た か y ずん こど 

岩 蔭 一 尺 程 引 込んで、 少 さき 石の 不動 像 立て掛けた ゥ、 —— il: の 事、 た。) 

かんこ かむ y かけ 3 つ かんせ 5 しょ 《- さま こ、 S き, xv..y く J0 き かむ 3- か い まつ &ざ I 

1 菅公 冠掛松 菅 丞相 様が 此處で 御 休憩の 特、 冠 を 掛けられた^ 云 ふ 松で ムゥ ます 

あん々 5 あ yj て 55!」 み ろく いは 5 へ も *ss & だい & てん わ. i. さま ね みや どころ &ざ 

1 行宮 址 了 度彌勒 岩の 上に ゎゥ ます 乃ち 後醍醐 夭 皇樣の 御宮の わった 處でム 6 ます 



rsl ないか ぎ 一枚? べしく I) . I 

Is s > ほゥ: &こ rts- るの. 气 iw^ 严 さう 云 や 似て る樣 、お。) フ 

pf< したから、 後日の 標は 1 はへ 御 1 か S 成った! ふるて 

ii: きぎ f ので、 f Is. pi 師 ts よに f ます。 

::, ト. -} りまん ケん な ざ ) ノ 



ド し. や もん てん の& まさしげ こ 5>t;"t?;^t/,r,)i4>( 

ぎお 門 ik 楠 正.^ a の 守 本尊に ム ます 



せんい ti*- D 

-十錢 頂きます 



I pr.^-pp> IM- -J ] f .h くら 5 あん を いれ 5 V. 

$ 1 $fxi0$ 案內 料 は ) へ 

き づ がはく だ > 

i 一 其? I きお"? i! で、 i きお f 、 71 

笠 tt 山 見物 を * れは 後 は 坂 路を甍 地 I I 



、に まつ そ * 



を 入る 、事,^ な 6 ノ ヒ ォれ M 、こ此 it て鬱 ii,..^ さん. - したる に。 國松傍 

これ ふ I 、 t1 はメ、 き fes こて 行く もい^ 易:^ れは ^^l^in I ,j くら 5 

是 i 船? では 二 町 1.U シぃ >s i に ,;;、!PKi"kJ いから、 御苦勞 



: 船 r で て》 4 ゾ I ぎ g..f r ん だが、 pi が f い?、. 御 募 

よ! 出で リ駕 了" ん 一寸 待 ド irsfr べし) きば、 



花 の 



花 の 旅 一 七 四 

よど から ゆ もった S*i> ちょつ どお れの > い f の • > この 

呼び止めて、 「空で 行く の は 勿體 無い、 一寸 乃公に 乘 らして くんな o」 さ 云 ひつ、 もれに 打ち 乘<> しか。 此 

ひ yj がんら. SS05 け 5 そだ てつだ ?:.^ しゃ の あき か £ の け ふ. 'は e たも ほか々 あ ひ 

人 元來 東京に 育ちて、 ^道 馬車に は 乘.. ^飽 たれ.^、 駕籠に 乘るは 今日 か-初めて なれ は、 「思 ひの 外 工合の 

r さい しょ の つぶや .4- ゐ いん そ ひやか きみ も が も:? まで の 

好 いものお、 乙れ なら 最- 初から 乘れ ばよ かった o」 ト咳く を、 水 ま 卜な 傍よ 4 冷評して T でも 君 は鈴淼 1:2、 乘 

こど い がんらい か そ 5 い を W こま こだ. S たもて 一ず が ! こ りた や K 

つた 事が わるお やない か」, ヒ云 ふ。 — — 元 來花瘦 ^云へ る 男、 眼大に 面長く、 何處 やら 園 洲に似 たれば、 

そのばん 、んて 5 ベ ゑ ね もよ へ S げんし 

其幡隨 院長 兵衛 に、 思 ひ 寄せた る 評言 さ 知るべし。 

か はら い い つまど くに まつ いまや も ちゃみせ む もめ :y のどし ま 

かくて 河原に 出で たるに、 何將の 間に や 説きつ けた ゥ けん、 國松は 今 休みた る 茶店の 娘の、 其 年 未だ 十 

ば. S- & れ 5 ひ を まれ ども*^> き か &ダ? > か か ね だ か は Jy このむ もめ の 

六 W ゥに して、 容貌 も SI に は 稀なる を 伴 ひ來た 6、 駕籠の 中なる 花 瘦を追 ひ 出して、 代理に 此娘を 載せ、 

りこ もり 1^ か ふ 53 5 つ た か £ ほどり た ざ 5 し さし せわもの ま < ぎ 

殘ゥの 者の 半 は舶に 移り、 他 は 駕籠の 邊に 立ちて、 くさ 艸 紙の 揷 書か、 世話 狂言の 慕 切れに でも あ, さ 

づ - ち ろばん しゃ.. -ん 5 つど % ^ む. t め ねん £ わかれ つ か&ゃ こ 

うな 圜ぉ、 中 板の 寫 具に 寫し取 6 て、 乙れ さへ 濟めは 用 は 無し,.. -、 娘に は懇 に 別 を 告げ、 駕 丁に は 少 

ばか さかて あた ゆ ふ をみ ふ C たち ま き. し は * & きづ はし 

し 斗ゥの 酒手 與へ て、 かさら ば さらば さ 夕 波に、 船 は 忽ち 岸 を 離れ、 木津を さして ど走ゥ ける。 

か K もど きふ WW f> かぶん あ ほ ひ り こお ばい ふく ふ C はや や &ど 

川 は 元よ 6 急琉 なる に、 而も 十分に 揚げた る 帆 は、 雲雀 東風お 一杯に 含み たれば 、船の 疾き と 矢の 如く、 

を S こ 、ち よ い ぺか さけな こ * ろ 5 か から, 1 た ぎん . こ $ だ •<> やれ た、 か 

其 心地 快 さ 云 ふ 可ら す。 酒 無き に 心 は 浮かれて、 彼方に 詩 を 吟卞. る われば、 此方に 駄洒落 を鬪は す も 

をの 5 ち さ、 をみ ちょ さい を せん ^fjs むか e やら, のみ わた やま 1 み5^>めぃしょ そうら ふ 

の あ 60 其 中に も 小波 は、 如才無く 船頭に 向 ひて 、「いかに 尉緞、 見え 渡 たる 山々 n 、皆 名所に て ど 候ら 

た &し さ ら せん ^5 ビ< い やまかげ みづ ね 

ん、 へ 候へ トゎ 6 ける に。 船頭 さも 得意に な. て T さん fi, うら ふ。 まづ あの 山 蔭よ ゥ 水の 落ちた る 

もるな き ま * たき さ ふら ふ こ をた み こまが へ わん いほ ま * その. & はれ いか 

は、 鳴瀨 W 申す 瀧に て UO 此方に 見 ゆるが 駒 返し、 椽の岩 € も 申すな. csor 其由來 は, V も 如何に 「されば よ 



, げんこ 4 むかし く. ** のき まさしげ S ちう しん みかせ あんぴ き づか かさぎ K ゆ はる 

此處は 元弘の 昔將、 楠 正 成さ 云ッし 忠臣、 帝の 安否 氣遣 ひて、 笠 置お さして 走せ 行きけ る;^、 遙 かに 

ほの ふ あが み かさぎ ね たんいな いま ゆ せん t** かへ 

焰の揚 る を 見て、 さて は 笠 tt も 落ちけ るか、 御 痛 はしゃ さみながら、 今 は 行きても 詮な し^て 駒お 返 

どころ ま み ひビ むら こ、 いま せ むら わがく はせ K はじめ わ & 5 か いおん い だ 

せし 處 どかし o「 叉 あれに 見 ゆる 一 衬は or 此處ど 今 も 錢司衬 亡て、 我 邦 錢の嚆 矢.^ る、 和 同 開 珍 を 鑄 出せ 

ち こ た み か 《 みか はらわ をが よ ねき S づ みが は さ ふら めて み 

し 地な ゥ0 「此方に 見 ゆる あの 河 は C 「われ 乙 を 瓶の 原、 分き て 流る S 讀み 置し、 泉 川に て U へ o「 右手に 見 ゆ 

やま その * & がれ を かや ま むかし こ か 《 お ほみ づ S どき いづこ をが き こ、 ど 

る わの 山 は0「 其 名 も 流 岡 山 さて、 昔特 此の 川に 大水 出で し特、 何處 £も» く 流れ 來た. <rs て、 此處は 留ま ウ 

やま ゆんで かた かも さど か はら こや & や ね もしろ 4-5 だ たいこ 

し 山 ど^ゃ 「左手の 方 は 「加 茂の 里、 河原に 掛けた る あの 小屋 は、 芝居小屋 か 面白 や + '打ち出す 太 皸 

& はやせ み づ おど ほ,; J き づ まち か はら つ 

<$J うく^、 鳴る は 早瀬の 水の 昔、 はや 程. 6- なく 木津 町の、 河原に 乙 を は 着きに けれ。 

を ら^ん こど 

(其 十) 奈良 一 見の 事 (上) 

きづ ばしゃの * ォら. S たそがれ ビき き や s かいだ. x> ゆ あた この, JJ ろ あら た おは 

木津 よ. 馬車に 乘. て、 奈ー艮 に 入. し は 黄昏 將 4a>oo 京 街道の 行き 當 4 に、 此頃 新たに 建ちたら んさ覺 

si かん ふる か はら ぬ こ ビ ベい おもて かこ もん べん がく か、 fl^ しる 

しき 旅館 わ. 00 古き 瓦な^ 逾6 込みた る、 土塀 もて 表お 圍; 3、 門に 1片 の 額 を揭げ て、 * 水 さど 誌した 

.CN ける 

か 5 ち ひかへ S- こよい こ、 やさ げんかん ちか ゆ > K しためら ね ほ &ぁ , ! • > 

1 行 相 顧みて、 今宵 は 此處に 宿るべし. w、 玄關 近く 進み 行く に。 婢等 多く 居 合 はせ なから T お出で や 

い S これ も, J へ- 5 し ぬ こ 5 ね, r さ、 をみ れ,! 'にん お 5 や 5 H しため 

す」 さも 「入らつ しゃい」 さも 云 はす。 是には 少し 拍子 拔 けせし が、 紅葉 小波の 兩. <ハ 、さも K 揚に 婢 i± 

むか や. ij たの まお S はしためけ たい かほ われら 5 ちま & もの **、 ねく ゆ さ、 や を 

向 ひ、 「宿 を赖 ひ」 さ 申し入れた るに 。婢 怪體な 顔して 吾等 を 打 守ゥ、 其 儘 奥へ 行きて、 何やら 耳語き 居ゥ 

ふた 、いき N S f かほ こ よ S がい こ<じ ん き *-<こ あ や it こど は 

しが。 やがて 再び 出で 來. て、 氣の毒 さうな る 顔 もせす。 今宵 外 國<: の 客 込み合 ひたれば、 か 宿 はか 斷 

花の 旅 1 七 五 



花の 旅 —一七 六 HI 

ま を こど しっけい やつ よら か を われら ダ _bli もの ね も ばん tt-*5t た ^1 た び 《 ち 

ウ. &す さの 事な. 00 さても 失敬^ 奴輩 哉。 吾等 何者 さ 思 ふ どト、 一番 力 ^度く は 思; S しか. $J、 旅の 取 

か たも $ もん い しり ケ S つか 5 もがた み 5- づ さ 5 し る を かし 上せ. S r 屮か 

は 接き 棄て よさ、 思; 3 直して 門 を 出で。 さて 退いて 一行の 姿 を 見れば、 何れも 壯士 か田舍 書生、 中に も 

$J がさ わらじ は 5 たが は、 ふげん い や 5 い でた ち y"b ほさ こ ど は はて わら 

三度 笠に 草鞋 穿き なる、 歌 川 法眼が 異様なる 投裝、 成る 程 乙れ では 斷られ もしゃう, ヒ、 果は 笑; 3.^ がら 

もこ た さ この 5 へ け. &こ 5 をつ は i 'き し さら 《.* や S はた & や. S こ、 さも 

其 處^ ^立ち去 6、 此. H は雞 ロ^ 成て 巾 を 利かす に 如かす さ. '更に 魚屋^ 云 ふ 旅籠 屋に 入れば、 此處は 流 

が われら み ^こ を ざ ぶ どん fj んて 5 きぬもの い. y へ や せま わ ちゃ ビぃ き、 め t 

石 に 吾等お 見損 はす 、 座 蒲 H も 新調の 絹物お 出して 、部屋 の 狹きを 詫ぶ るな^、 茶代の 効驗 ど n 云 ひなが 

もったい ふ- ほビ お ほ このビ き, x- たが はは ふげん よん- ころ ダ Si?r5<-tj も f^io ぁ も 

ら、 勿體 無き 程の 大モテ な 4 き 此特歌 川 法眼 は、 無據 用事 われば さて、 夕^ を濟 ませし 後 、「明日の 

上 こ * こ 上しの おちあ こどば ^ru »5 かへ 

夜此 處へ來 られ卞 ば、 吉野 にて 落 合 ふべ し」 yy 言葉4.^殘して京へ歸.0ぬ0 

この 上 C S ろ あめ ふ だ あ も. S か きづか ひる ク かれ Jt ち c- ね ふ C 

此夜 十^ 頃よ. 雨 降. 出せし か は、 明日 は 如何に^ 氣遣 ひつ、 も、 白晝 の疲勞 にて 他愛なく 眠. o、 七特 

*- ろね い _ め や, r や あが そら ズタほ くも まこ ど あや ふ け しき & せん 5 ち ら ぅさぅ 

頃に 起き 出づ るに。 雨 は 漸ぅ上 6 たれ^も、 空 は尙 曇. て、 誡 危き 景色なる は、 午前の 中 は 籠城 乙 を 

»> か rv- のま、 まな どこ い e まで ゆめ むさ ほ 

然るべ けれ さ、 其 》 叉 床に 入. て、 十二 聘迄は 夢 を 貪. CS ぬ。 

ひる も ざ や *J い か. t が しんしゃ こ、 ろざ ど: y ゐ はい めいぶつ しんろく さ so よ つ 

かくて 午後 宿 を 出で ま づ春日 神社へ さ 志しぬ 1 の 鳥居お 這 入れば、 はや 名物の 神 鹿 左右よ ゥ寄. 集 

そで ひか もの いさむ i くび た こどつ. V は その さまい か み を < か は 

a ttAJ 扣へ て は 物 ♦ ^諫る 如く、 首 を 垂れて は 事 を吿 るに 似て、 其樣 如何にもし ほらし きに ど、 皆々 交 

さいふ ひら M- は& だん、. -J ぬかせん ベい もど これ あた ほビ を て 5 くら 

るく ffi 布 を 開きて、 卯の花 團子糠 煎餅な^、 求めて は 之を與 ふる 程に。 慣れたる は 手よ ゥ 受けて 喰へ 

を はる は r ゲ ひど さ のち ひら くら はくらんかい さる はんた ん や また こ ピ>& ね も 

兰 慣れぬ は遙 かに 離れて、 人の 去 .cv たる 後 拾 ふて 喰 ふ。 博 覽會の 猿に 胡蘿荀 遣る^ は、 又異. たる 面 

しろみ 

白咏 わう . 



Tr- H8l リ SSAC、r おりい J 、! なせのお I われさ y.^ て、 記すべき g にも わら t 

め 右て 手の i は I か 原 i ひて 野 守の 池!; rf ノの. ひ おは :、¥ゥたぁきの、15 

た.、 か、 へ 、、 ^^ハノバり、 13 4^*^なくぉ|:べるさ、 大蛇かさ1ふ^6は 年經. - 九る グ 

^十 抱 も わるべき 老杉の t0^^ ノ, きしつ かん? Id?^^ r-5^^> 

一、 1 ひ f ひお f はめから し。 ¥ にも £ は カ渠. -て、 其 花 雪の 如くなる 木の 4.^ 

蟠 れ る.? S 住 れき、 if^fit にの 4 

がく5^/ -<^-る、 遠くょ6見れは5のゅゃ1仆 い 、 、ら, クば こま 4、> 

猙く ^〈ナス L ば ♦、 たづ ? It ^ > て奈 良の 他に は顿川 

の, て、 ぎし f 、 fIJ. "れ に u 、お k へたれ 气 解か 

a Ifl-go 如何なる 字 を や 書く らん H 

き BHR f て f f f 。 ft ば、 

二の 鳥 s を? 适ス圹 w 一 J.,? ぶ.' リ。" ヮ か ビ S らう ド > >、 -、、 5? き xifci^fwrii 

ひ k,^J§kko ^び ir 日のお i は、 鹿さ燈 籠な ゥ..^ 聞きり る 力 昔^よ ゥ? f せ 

わ si を 見よ ゥヒて 路傍の 燈鼇を 指し^ 11^ ' しか きか i いちく こま > ^^r-st-.^ttfr 

し t ら〕 みち ! れっ,2, )c、 "||1^^千で」^^5ふを知らす0 而も其形1々異."て 俗な も れ 

しお、. sii、 1 の兩 方に 列を爲 して 其數& 『ヒ を •、 ^ ヒ 

し a む tS し h...,. わ, iv<、is こ %れ て を かしきな^、 坐ろ に 数奇 心 を K せ は 何れ"^ 

なる も わ-、 若 蒸されて 面白き も われ は ff 力 

, お s^yi ビ li らして、 足の 運 も 次第に 緩みぬ。 . ?i. つ 5 . 

:r "き Ir し、 g の ぼぬ。 rrfsu"l44 Ms ばリ 

.i i れを irr、 やがて s けの p つ 就き、 糞 合せに "f?: "出": g 

^H^lf\ f & の m のつ 付 I る、 ft a ^1 



しんか ほ. s 



一 七 七 



^ の 



花の 旅 】 七 八 

び.,, ' > I か. ら を は のちお ふだ み き い た れい の た さ この どき さやが 

美なる ものな o。 かくて 祌樂 の畢- > たる 後、 御札^ 祌酒さ を 戴き、 禮を陳 ベて 立ち去 ゥ しが 此將 流石の 

力 けつら い あ くち ちゃ An せき ばら ひ 

豪傑 等 も、 云; 3 合 はさね^ 口に 錠 をお >C して、 咳拂 さへ せ^, しも を かし 

わかみや い ほん., -ゃ いた こゝ 《s かいら. 5 かね どうら S あ 2 た つ さ いづ 5.2*, ふ もの 

若宮 を 出で、 本社.^ 至れば、 此處^^£は四方の«廊に、 鐡の 燈籠數 多釣ゥ 下げた. 00 何れも 奉納の 物なる 

せみ しかみ い を か めいさく み こど さ ふだ ゥ 

が、 蟬、 鬼 形^ん^ 云へ る は、 中に も 名作 さ 見えて、 敌らに 札 を 付けた. 00 

をら けんこ ど 

(其 十 一 ) 奈良 一 見の 事 (中) 

かもが L や & ぬ わか 々さ やま ふ もど S めいぶつ にんげ 5 さけ 5 みせ のき をら -5 き わ.,' 

春 日の 社 內を拔 けて、 若艸 山の 麓に 出づれ ば、 名物の 人形 わられ 酒なん ま 買る 店、 軒 を 並べて 頻 6 に往 

らい ひど よ を か を にがし い かた をみ せ みせさき ひか て だい を どこ ひど かほ み たび 

來の. < を 呼ぶ。 中に 何某 さやらん 云 ふ 刀劍店 わ. o、 店頭に 扣 へたる 手代ら しき 男、 人の 顏を 見る 毎に、 

て &ろ fl こ みづゑ ひきぬ ひら をん くに ち 5y んをん 1^>にがし せいしん こ き tS まふ 

手頃の 仕込 杖 引拔 きて 閃め かし、 乙れ は 何の 國の 住人 何の 某 が、 精神 凝めて 鍛えた る ものな. 00 馬觸 

5 ま き ひど ふ ひどき て e を £<-CT &ど L やべ た L き?' つ 

るれば 馬 を 切るべし、 人觸 るれば 人 を 切るべし な *J ど、 手品の 口上の 如く 饒舌 6 立て、、 頻ゥ k 賣 6 付 

けんさす 

いまたい へい ありがた み よ せいち かし ふで ほこ われら み R. の よ <, を も 

今 太平の 難 有き 御代に、 政治家な らば 知らぬ と、 筆お 戈なる 吾等が 身に、 か、 る 物の 用無し S は 思へ き、 

およつ どひ や おもしろ たおよ おど K そで もる. S ん fj ば. J ひ sot- &. おど ほ 

1 寸冷 かす も 面白 からん さ、 立 寄らん とする 乙 羽の 袖 を、 水 蔭 霎特さ HF き 止め 止みね く 乙 羽ぬ し、 

か き * . むよ 5 この や きこ あき を ひせ 5 づ きやく こし か さい S べん t5 まか しろもの 

買 はぬ 氣 ならば 無用に せよ。 此家は 聞お し商賣 上手、 客に 腰 を 掛けさせ たが 最期、 辯 口に 委せて 代物お 

ね つ さしみ てら £50 かお ? jaj き た 5- し ゆれん ね たち 上 

押し付け、 刺身 腐 刀の 如き ものな-^ € も、 賈 はせ では 措かぬ HJ、 誡に 奇體の 手練 を 得 たれば、 立 寄らん 

あや まめ い さ ぉビは たも ど *• ま その まゝそ こ M- さほ s>. その げん 

とい さく 危 ふし ト、 忠 やかに 諫めし かば、 乙^も さらば < ^思 ひ 止, o、 其 儘 其處を 素 通な し 其 二三 |& 



I 5-. ほ, お を おれば、 其 * に 背か 

!、 IRTI、 i ユ- へお "rlFt ivi ゝ、 f 

p ゆる §、 Hi i お r!PIft!、 

,f .If 冗、 は f f る::、 ュ 

ふ。 Ik^J き "るリ^"1 打き ば、 ^.^tj^ 

i f 4 y pr、 Irrs ひつ": L"" 

がら、 い t よわ sfl し^げ 靑:' し t s らばみ 土ぎ f て 9k て、 四 161 

t してみ 見せた る R ねお 極ま-, 氣? 見て H し: し 1 おの r もき r れ。 

めけ る。 rpi7^IM^^. る菌ぁ f 、 わらび f 

J ざけ ほ.'、 fx * 、 チヅ パ nr> きつ、 - SI, IT/ 

^りに^ したる、 わ ま 酒 L を 望まし けれ 



花 の 旅 ^ 1 八。 

をら けんこ ど 

(其士 n 奈良 一 見の 事 (下) 

がつ だ S けん だいぶつ , ゆろ 5 い た かたはら はしら *^だ つき せん し,? や. V h.5 fc^ 

二月 堂お 一見して、 大佛の 鎵樓に 至れば、 傍 の 柱に 札 あ. て、 一 撞 1 錢^ 記した 60 安い 樣で 高い も 

んじっ しか ばん 11 ん せん はら しゅもく つ もが sts, く sfp 

の なれ は、 五 人 一 特に 撞く こそ 然るべ けれ^、 乃ち 番人に 一 錢拂 ひ、 五 人 撞木の 綱に 鍵り、 曳々^ 掛聲 

ビ め 5 その ひ t- き にん つ ひく 1* ん こど つぶや >i ん!; 5 ん わら 

して、 ニー 度 目に ポゾ さ 打ちつ けし J^、 其 響 1 人に て撞 きしょ, も 低し。 何の 事 だ? 吸けば、 ^人 笑 ひな 

みみ さま ちから ^\-ろ S ゑ い な も かさ つ き 

がら、 を は 皆様の 力が 彌 はぬ 故な 6€ 云 ふ。 さも あるべし さは 思 ひしか^、 重ねて 撞く氣 にもなら す、 

その ま、 は. 'らん か S は 5 いそ 

其譫 博覽會 の 方へ W 急ぎぬ。 

はくらんかい./ \ 'せ. r- だいぶつでん ろ 5 もん お. r- しん さ ぃ5 くわいら 5 ん- のま、 もち R- どで い よ fi 

博 S3 會會塲 に は、 大佛 澱の 樓門を 中心に して、 左右の 廻廊 を 其 儘 用; 5 たるな.^、 資本 入らす はて 好き & 

か 5 ら., I 'るん みぎ は f い 505 け 5 あさく さ み &ど いき にんげ 5 いく、 み を か くめせ t 

向な. 00 まづ樓 門の 右の 方よ. 入る は、 柬京 の淺艸 にて 見た る 如き、 活 人形 幾 組 も あり。 中に も 久米仙 

んだ らく づ こ, f 'め £> い たれ :, 一, 1 のまへ あし ど ビ 5 つむ み 

人墮 落の H は、 さして 巧妙^ 云 ふに はわらぬ に、 誰も 其 前に は 足 を 留め、 を さ俯視 きて 見る ど いぶかし。 

めいぶつ を ら 1^ ん! b5 か をが しょく 5 おは おも a ど や 5 や だいぶつでん いた を だか だいぶつ ねが 

i の奈良 人形、 春 日 卓、 圆 扇なん^ 思 ひくに 求めて、 漸く 大佛 殿に 至ゥ、 名高き 大佛 殿を拜 めば、 

を ほ お ほ もの さ S ゐ からかさ ひら は をの あ を い たさ き ま CVJt 5 

成る 程 大きな 物に は 相 逢な けれ *^、 傘 を 開きて 鼻孔に 入るべし と、 幼稚き rJHrM きつる n、 全く 乳 * が 

ほ ら こ 力. だ 5. ぶク 5j の 5 しろ ぶつ ケ 5 こ き ぶつ あまた ほ 5 もつ ちんれ ク か いし か は n. るん 

法 蟒》 -.^ けゥ。 此大佛 殿の 後に n、 佛像 古器 物 1^ ん^、 數 多の 寶物を 陳列した るが 中に 石 川 五 右衞門 

r ^ - いか ま I これ しばる み ほさね?! ちか を K きみ わる こ、 

か 煮られた ゥ W 云 ふ 釜 わ. 00 是も 芝居で 見し 程 大きく n わらね^、 近 よれば 何 さなく 氣咏惡 し。 此處を 

ビ か.sc^€iしっ これ おも もの こったう みヒ ひや つ ひ たもて い 

出づれ ば搪書 室な れ^、 是ど ふ 物 もな く、 骨董 店 も^つ ^冷 かして、 遂に 表に 出で た. 00 

この どき ひ やま は かたむ あし つかれ おゆ け ふ けんぶつ これ み を < かへ S- いそ みみみ isi* 

此特日 n 山の端に 傾きて、 足 も疲勞 を覺え しかば、 今日の 見物 も是 まで ど,. J、 皆々 歸途を 急ぎて、 南 戈 



もん か が L や をい き か、 どき か をた らっぱ こもき こ を ど みや .L かこ や ぁク ぁひづ 

門よ. 春 日の 社內 に來掛 る將、 彼方に 喇叭の 聲閲 えぬ。 何事, V ,ヒ 見遣れば、 rJ は 鹿 を 小屋に 集む る相鬪 

ら fy やく ど ま も ぴき しんろく ひづめ ^\.1ろ か, x'&s か い あぶら ゑ づ 

はて、 老若 取. H 父せ て數十 匹の 祌鹿、 蹄 を 揃へ て搆內 へ駔け 入る さま、 油 書に でも ゎゥ さうな 圖^ るに、 

♦yoss: て 5 め 5 く さけ こうわ ふ もば を ほ $j め. *- f f> んち 5 ら つば めう f 

水 蔭 手 を 打ちて 妙々 £ 叫べば、 紅椠は 傍より 成る 程 妙 は 妙 なれ.^、 あの 眞鍮の 喇叭が 妙 らす、 慾に は 

か < たけ ゆら ほ s 

角 か竹螺 にして 欲し、^ 云へ ゥ 

つき せ ぬ s- はしで S もま あかし き てき きこ よ を か これら よ $ ち 

され^も 月の 瀨にぺ ゾキ 鹽 の 橋出來 て、 須磨明 石に 嵐 笛の 閬 ゆる 世の中、 此等 C まだく 好き 中なる ベ 

ち& くわん たん ち ,ヅ い むかし いしこづめ けい おこ K ォ い ビ ころ わ 5 くわん へ み む ざ,^ 

し もれよ 6 兒觀 音の 地內 なる、 昔時 石 子 詰の 刑 を 行; 3 し ざ W ふ處 を、 往還より 場 越しに 見て、 あな 無殘 

まゆ ひも さる さは いけ ほど w 5 ねめ きぬがけ や ぎ をが ふびん め f> ば t -、 ゃビ 

ビ盾を W め、 猿澤の 池の 頭なる、 采 女が 衣掛の 柳 を 眺めて ハ、 さても 不憫 やさ 眼お 數 瞬き、 や, がて 宿へ 

ど歸 ける 

そのつ ぎ ひ あさ <* だき たい はせ こ 、ろざ は を きの ふ つかれ ね & いつ 

かくて 其 次の 日 は、 早朝よ. 立ち 出で、、 , 初 獺へ さ 志す 箬. i^.o しが ^日の 疲 勞に寢 過し たれば、 f 

f つ ひで あさげ のお ゃビ た い ほど 3- ちか ズゅん ゑんだ./' はじ こんだ 5 tfl ら を ぶつ ケ 5 はな まつや へ ざ くら 

後れ 序 i ^亡、 朝 飾の 後 宿お 立ち 出で、 邊 近き 南圓 堂お 一 初め、 金堂に 列べ たる 名 ある 佛像、 花の 核 八重 樱 

は をし たね けん ふた、 や $」 かへ し f ど、 の スチ I シ H- ン くる 3 はし 、一」 せん e 

I. 話の種に 一見して、 再び 宿に 歸ゥ、 やがて 支度 を 調へ て、 停車場へ^ 車 を走& せし ハ、 午前 十^ 

はんころ 

半 頃な. け. 00 

はん じ ゆん らん こビ 

(其 十三) 法 隆寺巡 覽の事 

はつ き はふ リ 5 じ お のみち ちゃ 《- ぶか た 51 ゆ け ふそら のこ を は の tJj か 

十 一 將發の « 車 法隆 寺に て 降り、 野路 を 十 町 斗- >迪6 行く に。 今日 ハ S も殘ゥ 無く 晴れて、 長閑. 1^ る 

景色 得 も 云 はれす、 



花.! の I 旅 I 1 八 二 

わら fj て ふ -., \ ふ だ のみち か *f> 

草鞋から 蝶々 蹈み 出す 野路 哉 

これけ だ じっけい 

是 蓋し實 景な. 00 

ま, ふ sur-ij 5 らもん まへ かせ や い ち stal fl た、 あん をい 《* や にん やど はふ yfc けんぶつ で か 

やがて 法隆 寺の ffi 門前なる、 加 世屋さ 云 ふに 中 食 を 謂め、 案内 者 1 人を储 ふて、 法隆寺 見物 ゥヒ 出掛けた 

だら が らん のこ を —このて らば か 3 こど ゆめ の. L や 3- "一の はじ こ. C だ f ん 

AVO 七堂伽藍の 殘 6 居る は此 寺斗ゥ さど、 誡は さも わるべし。, 夢 殿 舍利蹈 を, 初めさして、 金堂なる 曇 

て 4, f た ふ e f しゅみ さん い ち -,. - -め f たどろ ばか そのほか ほんだ 5 ほ. r もつ ちんれつ くわいら. f 

徵が 壁繪、 五重塔 》 る 塑造の 須彌 山な^、 一 々目お 驚かす 斗. <^o 其 他 本堂に は寳 物^ 陳列 わ. o、 廻廊に 

こつ l-JS 5^ いてん はづ こ ? be ゆつ か < め き われら きの ふ け ふ ほ 《 'もつ しょくたい 

は 骨董の 賣店 われ^、 恥 かしながら 古 美術に は、 一 向 眼の 利かぬ 吾等 なれば、 昨日 も 今日 も寶 物の 食 滞 

た t- わけ & かんしん く は あ 3- がた み „> がた 

して、 只譯も 無く 威 心する のみ、 委しき 有難 * は 知う 難し 

5ん«<' まへ よこ みね *. くし いた こ 、こ だか * か はるか こんが, r かつら ギ J しょざん み 

* 堂の 前 を 橫ぎゥ て、 峯 の藥師 に詣れ ば、 此處 は 小高き 岡に な. 'て、 遙に 金剛 葛 城の 諸 山 も 見えた-. 

^5 S へ ばんしょ &ど もの 3 へ か はら あまたつ これ き しん もの だ 5 * & いちん み い 

堂の 前に 後 所の 如き 物 あ. <= ^て、 前に 瓦數多 積み、 之 を 寄進す る 者に は、 堂の 內陣を 見すべし さ 云 ふに、 

••C- だい はら S らて 5 おい み か 》^ だ 5 は め かも ゐ きら ひな かた やわき 

二 枚 は^の 代 を拂; 5 て、 裏手よ 4 內 部に 入. て 見る に、 六角 な. たる 堂の、 破目 鴨居の 嫌 無く、 刀 K 

? L よろ ひ かぶ 30 か !• みく しか がい か at- かざ を か ダ ゆら ふるだ e -々 や /-ら £ ど にな ど あん * &ぃ 

差、 0、 兜、 さて は 鏡、 櫛、 竽 . ^ん. ^、數 限 6 無く 掛け 列べ て、 古道具屋の 藏の 如し。 rjtt 何事 ど.^ 案內 

LP. たづ あん をい やど <ぃ を も そ こ ね TL さ 3 れ. S けんこ ど ねが こどき ► 

者に 尋 ぬれば、 案內者 得意 な 6 て、 抑 も 此の 御 藥師樣 は、 靈驗 殊に あらた かにして、 願 ひし 事の 聞か 

ためし を そのね が ひ か を み を たいせつ おも もの たれいた め ほ sii, ふ ゆ ゑ L まつ 

れぬ例 無く、 其 願の 叶 ひし もの は、 皆 わか 大切に 思 ふ 物 を、 御 鱧の 爲に 奉納な す敌、 かくの 始末 さな. y 

けるな 60 

わきざし ほ S を ふ ぶ ^5 みが さむら ひ や たて ちゃ 5kt ん & く 1 か. T が ひ .S L 

されば a 差 を 奉納す る もの は、 武道 を 研く 武士に して、 矢 立 a 町人の 品なる ベく。 櫛 笄は云 はで も 知る 



& ふ がた t い おど は この どきく ち ひら をん た. & せつ 》1 を われら ふで 

き、 御 婦人 方 さは 知られた ゥ W 云 ふ。 乙 羽 此特ロ を SW きて、 何な <>s も 大切な 品 さなら ば、 吾等 は 筆お 

5... を ふ い ふで を さ てん e ん i しか たれ をば 3 かへ 

納 せんや ト 云へば、 いやく 筆 を 納めるなら、 夭 祌樣乙 を 然るべ けれ さ、 誰 やら 傍よ. < ^混せ 返しぬ。 

こ々 けんぶつ f ほか どき 5 つ いも ゃ& かへ さき あつら た e ん w きしゃ の はせ はし 

此 見物に 思 ひの 外 特 移 6 たれば、 急ぎ 宿へ 歸ゥ、 先に 跳へ 置きた る 人力車に 乘. < ^て、 一 初瀨を さして ど 走 

らせ ける 

B せ ゃビ ^54 の、. L こど 

(其 十四) 初 瀬の 宿に 同 者 を 罵る 事 

はふ sfe はつ な ビ ti 5- ん はせ むか fe ほかた へ. S たん はたみ ち かげ S 

法隆 寺お S せし は 午後 ー將 半な. 00 これよ. 一 初 瀨に向 ふに、 大方 坦 なる 畠 路 なれ^、 陰^ 云 ふ もの 少 

を ひ まど も て あた、 むし あつ このはん はち だ 5 ち 5 あったら やさ * ど 乙 だい を 

しも 無ければ、 日 は 正當 に照ゥ つけて、 暖かきょゥ寧^c熱く、 此 半日の 道中に は、 可惜 優男 を 代 無しに 

tx_ ひも こ、 ろ いた 

する 事よ さ、 私 かに 心 を 痛めげ. rtso 

た はら もど まちい めて こだか やまみ しゃふ ゆび ざ ゥ き , 5 ぬび $ 

田 原本の 町お 出づれ ば、 右手に 小高き 山 見 ゆ。 車 失の 指して 告 ぐるお 聞け はこれ お-畝 傍 山な ゥけ るに 

くわ 5 も みさ、 ぎ どころ はるか ふ をが さら まへ かた み まっくろ や 3 ひど た a 

さて は 皇祖の 陵の ある 處 かさ、 遙は 伏し 邦み。 更に 前の 方 を 見れば、 異黑 なる 山 1 ッぁ. <>。 われ はさ 叉 

たづ しゃふ あせぬ み わ やま さ ふら ふ ひだ w かた あ たか ふ もど 

尋 ぬれば、 車夫 は 汗 を 拭 ひつ ゝ、 あれが 三輪の 山に て 候、 をれ よ 6 左の 方 J^, 當. て、 わの 高き 山の 麓に、 

9fm くも か、 や もど さくら このへん め. &..} ら .S こ、 & .^xs- は s- みち 

淡 紅 の 雲の 掛れる は、 柳 本の 櫻^て、 此邊 にての 名所な. OS 云 ふ されき も此 處ょゥ は 一 里餘も 迂路 

たち 上 ズザが た *v くる 3 i- へみ を ほ ゆ ゆ ほ", - み わ さど 

なれば、 立 寄ゥて 眺めん ij もなら す、 只 車の.. rj ょゥ 見や. cvCN ゝ、 尙 搖られ 行く 程に、 やがて 三輪の 里に 

着きぬ 

みや. ん まへ ちゃ、 いこ どき れい おど は ちゃ of る q わ も だ をら はた & やみ わ ちゃ、 われら 

明 神の 前なる 茶屋 はて 憩へ る聘、 例の 乙 羽 瑠璃 を 思; S 出して、 奈 良の 旅籠 屋 三輪の 茶屋 さは、 吾等が 

花の 旅 一八 一 二 



花 の 旅 一 八 四 

み へ Li も K のく ち むら い や は この きんじょ ちゃ、 こ をん な たづ この をん vfo か :5 リ 

身の上 よく 似た. <.o シテ北 〈の 二 口: 云 ふ は、 矢張6此>^^所さか、 茶屋の 小 女に尋 ぬれば。 此 女も變 

もの こ 、 きん ci り ; 4 か は& S み わ. i 'おき 

物に て、 いかにも 此處の 近所 なれ.^、 ニ圼 許み は 離れた う^ 云 ふ。 をれ では か 三輪の 家 はさ M けば、 を 

ち この さ >JJ ざ こた あ 上ろ しく. S < AJ や だん S そこ たちい みや 5 

れは 直き 此先 きで ムんす さ 答 ふる k、 逢 ふたら 宜敷云 ふて れト、 串 戯を云 ひながら 其 處を立 出で、 明 

SJ ん けいだ S . & き きのき お ほ f> か お ほかた みか、 t しゃでん ほど M- おも 

神の 境內に 入れば、 聞きし はたが はす 杉 木 多く、 而.^^大方は三抱へに餘れ.^0 され^も 社殿の 邊 は、 思 

まビ もの も <J こど いま さくら わか ざ 5 さど. ひど あ を びば こ 、 ケ くちん た の » 

ひし, ■ に 物凄から す、 殊に 今 は 櫻の 若木な^ 植 へて、 里人の 遊園^な As たれば、 此處 にも 俗塵の 立ち 昇 

み わ かみ さび . ビ ころ か; J f あだ 

A. 乂 三輪 乙 を 神 寂た る處 ならめ さ、 兼て 想;! S し は 仇 さな- ^ぬ。 

こ」. 5, せ S- e かん: *A ほしつ ゐ た a や い ゃビ ど .&& あ ひち か ころ 

此ょ. 一 初 瀬まで は 二 里 なれば、 ー特間 許-^.^ 走. 着きて、 井谷 屋さ云 ふ 宿 を 取. < ^し: 入相 近き 頃な 

$J *.1 ひろ ざ しき ど ほ い さま か. S あが ? t4 んど s/* しろ よ ビ まこ ど ま s しわけ を 

何 處ど廣 い 座敷へ 通せ^、 云; 3 樣に 二階へ 上らん とすれば。 番頭 後よ-^ 呼び止めて、 誡に 申譯無 けれ.^ 

*j 上 ひ あや 5i くこ あ ケ これ & かんぺん き .^JJ くげ あん をい ちゃ 5 ば ど を S- ちゃ 4.- ばか 

も、 今宵 は 生憎 込み合; S たれば、 何卒 此 はて 御 勘 辨€、 氣 の毒氣 に案內 したる は、 帳壤の 隣に 十二 疊許 

.24. 々ら ざ しき われら もこぶ ふ へい せんきゃく , た ひだ そ こ ちん tiJ _ ま 

4 なる、 簿 暗き 座敷な. 00 吾等 は颇る 不平 なれ < ^、先客と あれば 追 出す ともなら 卞さ、 其處に 陣取う 先 

ゆあみ ほこ W きょ せんむ Si 2. ゑ しの ほ: K かい ざ しきし だ. & さわ , わ, ん^、 5^ HC 

づ 俗して 埃を淸 め、 膳に 向 ひて 飢を 凌ぎ な^する 程に、 二階 座敷 次第に 騷 かしく やかて 音頭 を 明 ひ 初 

て び や S し 5 はや 上 ふ * & ほや て 5 し はづ さ み せん だみ こ-*^ はやり 5 た 

め、 手拍子 打ち 離しな して、 夜更 くれ < ^も尙 止めす さて は 調子外れの 三味線に、 濁た る聲の 流行 明、 

あ たち ま おは わん いた ふ を てんでう くづ ..i か した きやく ""や , 

をれ に 合 はして 立 舞 ふ^ 燮 しく、 椽の板 を 踏み鳴らして、 天井 も 崩れん 許み なる に、 下なる 客の 咬けば 

S ものき も 5 まも こ しづか い なかく き S け. L きを を ほいち さわた 

ri^ の 者は氣 を 揉みて、 今少し.;^ 靜 k さ 云へ.^、 中々 聞 入き る、 氣色も 無く、 尙も 意地に な. < ^て騷 ぎ 立つ 



われら :S む ねむ L や 5 こど を は をし たも は かい ものむ ど さへ ざ こ ゑ 

るに、 吾等 眠らん ^すれ,^ 眠られす。 仕樣 事無しに 話 を せん S 思へば、 二階の 物音に 遮られて、 聲 さへ 

つ S ほ ビ ゆる どころ ふ ビ ん は ■ み を もどの あ < たら S まっさき も、 

通せぬ 程. ja> る.^ ど、 もはや 許すべき 處 にあら す i、 蒲 圑.^ が パさ 跳ねの けて、 源 惡太郞 具 先 進めば、 

つ J- き 4f がさ ら 5 お ほ わ くわん AJ やら ね まき まゝ た 5SJ S はし & だん かたあし にかい かた ね 

繽 S て 衣笠の ニ郞、 大 江の 冠者 等、 寢 衣の 儘に 躍り 出で、 梯子段に 片足 かけて、 二階の 方をハ ッ タ^ 睨 

い か & しゃ; けた ま ><b ん ちら ゐ&か もの ぶんざい われら & !Ji こ 5 へ ちん tJj の 

めつ け、 如何に や in: 者 共 承 はれ。 汝等田 舍漢の 分際^して、 吾等 江 In 'ツ子の 上に 陣取る さへ あるに、 野 

みち し こど. S へ ち か W づ f こ ゑた ■ こ ゑ くさ 5 た た われら あんみん ば f 

路 ならば 知らぬ 事、 家の 中 k あ A- ながら、 蛙の 樣 なる 聲 お立て、、 肥料 臭き 歌 を 唄; 3、 吾等が 安眠 を 幼 

がい ちか £ ろ き つく わい せんばん や しづ よ *<b. ほ L づ もの ぶん も ね 

害する と、 近頃 奇怪 千万な 速 かに 鎭ま らば 可し、 かくても 尙鎭 まらぬ 4^ S て は、 其 分に は 棄て置 

だいかつ いつ *.s よ もど 5 & 5 fL$6 くちば か わ Sb こ ゐせ. & $ ( Lrc ま 

かぬ ど ツ^、 大喝 一 聲呼 はれば、 元よ 6 鳥 合の 同 者 共、 口 W4 なる 江 Ills ツ子の、 威勢 皆々 舌を棬 きて、 

たち ま みづ 5 £ビ しづかへ み こ、 f( 

忽ち 水 AJ 打ちた る 如く、 鎭まゥ 返って 見えた. け. CSO (此 處少々 かまけ あ <:s) 

, こ, r わ ふ ど ちう かへ か/,, y こど 

(其 十五) 紅 菜 途中よ .0 歸 らん さ覺 悟の 事 

かい や さわぎ や 5 や しづ み み を <ま たま くら つ このため ま *<b こさ い か 

かくて 二階の 同 者の 喧搔 も、 漸ぅ鎭 ま て 見えし かば、 皆々 叉 枕に 就きし,^、 此爲に 眼 冴えて や、 如何 

ねぶ ど*^:-5-ざしき たかいびき こ、 ろ a く たも *«- こ <-.£15ね も つ ふ S- も われ まか い 

にしても 眠られす。 隣 座敷の 高鼾お、 心愴 くも 思 ふ 折から、 紅葉 重たげ に 頭 を 擡げ、 吾に 向; 5 て 云へ る 

を 《• さ、 をみ われけ ふ が まん れい はれものし き 5 づ いま を か く た が 14 ま &こ *<b やみ や 5 や 

やう。 喃 小波、 吾 今日まで は 我慢した れ^、 例の 腫物 頻りに 疼きて、 今 は 中々 に 堪え難し。 眼の 患 は漸 

い > は をみ さは リ を fe^ ね ゆつ か まこ ど むねん あ われ 

く瘛 えて、 花 を 見る に 故障 は 無 けれ.^、 山路 を迪 ると 覺束 をし されば 誡に 無念 なれ.^、 明日 は 吾の み 

こ、 わか き や 5 ど たもむ こ、 ろ しづか ほ や のち ひ sow い よ. し^ の は きみたち あし たっしゃ 

此處 にて 別れ、 まづ 京都へ 赴きて、 心靜に 保養せ し 後、 一 人出で \吉 野に 登らん 君達 は 足が 達者 》れ 

よてい &yj た ふの みね こ 上しの けんぶつ こ, ろ S . & つね. S 

ば、 豫定の 如く 多武 a を 越へ て、 ゆるく 吉野を 見物 せられよ € 心細げ に 云び 出で た. 00 常なら ば 如 

花の 旅 一八 玉 ■ 



花 の 旅 lillllllllsl 一 八 六 

" けんざん もの かぞ わ わさ さ を、 あくた らう やま ひ たい か よわ ね > 、- 

何なる 險山も 物の 數さ せす、 吾 先に さ 進む 惡太郞 の、 病の 爲め^ は 云 ひながら、 期く 弱き 音 を 吹く と, 

つ ひ を べんけい いち, U l^nct だ き :iJ くみ . , ) さり、 をみ くわ,?' か は 

遂に は 泣かぬ 辨慶 の、 一期の 涙 も かく あらん さ、 い^ 氣の 毒に 見. Si しか は 。小波 さ花瘦 さは、 交る く 

これ さ ど ち 5 われら ひき 5 ベ ども よしの まで ゆ くるま か & ズ ザん おも 

之 を 慰め、 途中 は 吾等 引 請く 可ければ、 共に 吉野迄 行きた まへ、 車 も あれば 駕籠 も わるべし、 何でう 恐 

こど |ti つく はげ こ £-£55 を ほ かう ベ 5 ふ その しんせつ 5 れ を やみ 

る、 と^らん^、 i 言葉 を盡 して 勵 ませし かば 。紅葉 尙も首 を 打ち 振, o、 其 信 切 は 嬉し けれ.^、 か、 る 苦痛 

み 5 ち は *a> み おも.; ろ せっかく ゆ かひ & 上しの やま かざ は& 

の 身中に あ 6 て は、 花 を 見る とも 面白から す、 折角 行きし 甲斐. モ 無し。 吉 野の 山の あらん 限ゥ は、 花 は 

こ どし か-, さ このたび たも >Jt- ま かく & き は てい われら いま f, を、 

今年に も 限らねば、 此度は 思; 3 止らん さ、 覺悟 お極めし 體 4 & るに、 吾等 も 今 は强; 5 て も勸 めす さらば 

きみ こビば ませ あ を われら さきだ き や fi 'ど い しか ♦s.ss^ のち い 5 へ わ 

君の 宵 葉 は 委せ、 明日 は 吾等に 先立ちて、 京都に 入る rJ を 然るべ けれ。 尙彼 地に 入. し 上 は、 まづ 普が 

いへ や^ しか >i\ いし ちれ 5 こ われき み ため せ 5 かい さ、 い をみ どこ い たび を •-w を f 

家 を 宿さ. > ^し、 云々 の 醫師に 治療 を 乞 ふべ し、 吾 君の 爲に 紹介 せん さ、 小波 は 床 を 出で、 旅 硯に墨 磨り 

* &が つ 5 てんしょ した、 これ S わ いへ る,, v a もの しめ あし f はか V; も 

流し、 1 通の 添書 を 認め、 是 お持ちて 吾、 が 家の、 留守居の 者に 示されよ、 惡き樣 に tttt らう まじ。 共に 

ゆ ども だお よしみ か f せっかく こ 、 き わ.; i ら あ も よしの たもむ 

行かぬ は 友達の、 交誼 k 欠く る樣 4^ れ^、 折角 此處 まで 來し もの なれば、 吾等 は 明日 吉 野へ 赴き、 一 日 

たく かへ ゆる たま い くだん しょじ や- 5 こ うわら わた こ, r-.?^ ふ 2 'けど づ だ 

後れて 歸る ベければ、 許し 玉へ さ 云 ひつ、 も、 件の 書狀を 紅葉に 渡せば、 紅葉 は それ を 受取りて、 頭陀 

ぶ < ろ を か を さ またも yj まくら つ き ふ どかた はら ベ ,ゥ ぶ み いま、 でき つ 5 んれ 5 

袋の 中に 收め、 X 元の 枕に 就かん^ する 膀、 不圖 傍の 房 風 を 見れば、 今 S は氣も 付か さゥ しが、 雲 ffi の 

づ ゑが さかさ 3 た 

圜の盡 きたる を、 逆樣 ど 立てた ける 

こ. T ゎム これ み われ ひどり ども わか かへ ふきつ か を 

紅葉 之 を 見る よ o、 か. -る もの ゝ あれ, s: 乙 を、 吾 1 人 友に 別れて、 歸る is はな しなれ。 不吉なる 哉 

さかさ vi' ぶ め. & かね これた を ほ ゆ, we を これ わ くゎぅ ん つた を ゆ ゑ その ま、 

逆 房 風 さ、 眼 を 怒らして 睨めつ けしが、 叉 之お 立て直す 勇 氣も挺 I く、 之 も 吾が 花 運の 拙き 故か^、 其饞ゴ 



ね がへ つぶや <?£ ど 

11 リ^ 寢返. して、 咳きながら 眼 閉ぢ ぬ。 

^itr 羽お 1 の ふ%尸 は、 ii く im の i ひに い 入 しが、 Si の て や、 ,に ii なした みけ も 

こ 5 わ. r- ひ 533-^^ ざ 5 き せい こど 

(其 十六), 紅葉 日 K 地藏に 祈誓の 事 

fc りよく. りさ A^t - & どこい たもて あら くち も、 ほビ $ はしためい き マ ► ゅュべ , 、 ^..^/p 3 だ 2 

かくて II 翌朝、 15々 一 f に 床 を 出で V 、 面 を 洗 ひ ロを嫩 ぎし 程に、 宿の 婢 出で 來 うて、 昨夜の 客の 早朝 

C さ せき か さら たもて か? ある を. S 

に: ^:^ ち 去, しかば、 此. it- へ 席を換 へた まへ さ、 更に 表二階へ 案內 しぬ。 

こ^:^ビきこぅ ?" &.^ I ? 4:?. ま ヒぃ しき ちし ふ こ、 ろ こ くび かなむ か,. = が、 ゐ k おど ^.^.^ はら た れ 

te^^mtto ; ひけん^ 飾に か-ち 出で、 頻, < ^に &を 踏み 試み、 小首 を 傾け 者へ 居る に、 乙 邪 傍よ 4 戯 

- » ,、1 ヒ, ト S こ S ね ふか S ベ ふ ゆ ふべ を やみ ひき.,, * け P 

れて、 舻ぎ にも 'の あるに や^ 問へば 。紅葉 首お 振. = ^て、 いやさよ、 昨夜の 苦痛に 引かへ て 今朝 は 

麟も いさまし。 P よ .0 お ぎえ しに わらね さ 此 分なら ば吉 野まで、 行かれぬ 事 も わる ま, r^K ふ。 ふ 

il^^^iくょ,oも、 I ふ 夜 a 君が 苦し ひま、 は、 吾 も 吉野行 を 止めし かさ 今 

. - ら ども. :^っかく^!.-も た は を たび ま f てき よしの 

% は 1^^ も i ら ぎし S ならば、 wm 等 さ 共に きた まへ。 折角 思 ひ 立ちし 花の 旅、 未だ 當の 敵の 吉野 にも 

ク If-J-MJ f/s ん くち, こビ を こ る いたみ つ 50 ゆ しか 

13 で、 はや^?^ 一人 を^だ HJ、 何ば う 日 惜しき 事なら す や。 少し 位の 痛 疼なら ば、 勉めて 行く こも 然 

るべ けれ、 お 一 の な t.J、 も ir に歡 めしに ど。 紅葉 も遂は 志 を飜 へし、 さらば 君達の 言 菜 

-さ; - , 's-.^ ひら 2 iS ど, i\ う 上ろ こ くわ SW: ちゃ ,つ. きう は & たびばん ざい ゐ く ^£ 'たん f: ゆく 

にきがん ど、 ^ 處に i ぐ 愁眉 を 開けば、 他の 人々 も 打ち 喜び、 花 運 長久 花の 旅 萬 歲^、 異口同音 にど 祝 

しける。 

み,^,く5 ,VJ ろ よ き てん.. しん はせ でら, け,^ ^ 

をれ よ. 皆々 打ち s ひ、 まづ與 喜の 夭 神よ-^、 長 谷 寺 かけて 見物に 出で ぬ 



花の n . 一 八 八 — 

i き こんじん てんじん やま はんぶ く いしだん の » ちゃ 5 ぶか V ら 5 さん 5 つ さ 5 た .し ナ 

與喜 夭 神 は夭祌 山の 半 腹に あ. 石 壇 を 上る と 二 町 斗.. s、 老杉 轡蒼 どして 生; S 茂れる 中に、 少 やか.^ る 

や しろ 《- つば さ かみ さ み 

Ig 宇 あ, 00 さして 立派に はわらね^、 流石に 神 寂び て 見えた ゥ。 

こ、 はせ でら ゆ をん を ざ か おゆ いしだん くだ ゆ この ビき. し vis き .»-CJ r t, 

此處 よ, o 長 谷 寺へ 行く に は、 女拔^ も覺 しき 石 壇 を 下ゥて 行く^. 00 此特 芝居 好の 水斷、 の i ぼ t^l を 

み ま このま ゝ だら ◊ だて つか た もの も & たお ま は もこ 5 ^i "こ 

見 1! はして、 此儘 道具 立に 遣 ひ 度し、 物凄き 立 蟶 うは は 持 ゥて來 い ^ゥ と、 tt や 浮かれ i3 して、 き.? ら 

こ ゑ しやべ をり み いしだん た ゆ £. ち たち 3 さ. && だん ふ は C i す..'』, 

小聲に 饒舌 ながら、 反身に 成て 石 壇 を 下う 行く 中。 忽ち 最後の 一 段 を 踏み外 づ して、 ぎュ にズ デゾ 

た ふ い し さへ さケ. S た さ、 をみ ♦v- たも たこ け: „=- ,6 J,- づ 一,'. - 

ドゥ^ 倒れぬ。 石の 上なら ば 嘸 痛 からん く 小波 進みよ. て 助け 起し、 怪^ tt 無い かさ ぬ id^o %g 

かほし K どこ いた われ est: ゆつ た を a- ゆ だ t ビ 

面 を 鍵め ながら、 いや 何處も 痛めす、 吾 柔術の 覺ゎ れば、 か、 る 折に も W 斷 なく、 おのずに て ゼぎを 

み e. ち み ぢん いたみし よ & これ ひど use ゆつ どく きみら -5>ら ま- f ま, ご 

ちし かば、 身體に 微塵 も 痛 所 無し。 是も 偏へ に 柔術の 德、 君 等 もち^ 習 ひた まへ ち 斷ゥ M に li.o 

, ひビめ ぬ を そで みぎ ひち を W むき、? つばつ ゐ 

なから も、 人目 を 盗みて 铀を まく ゥ、 右の 肘なる 措剝瘡 に、 を さ 唾 付けて ど 居た, ける。 

はせ でら 5- た: か^? s はさ き たが ろ 5 もん ほん ゲ >5 ちゃ >ゥ i いし J,. ん くゥ 人, ら 5 &, t ^ 2 

長 谷 寺に 至れば、 兼て 噂に 閗 きしに 逢 はす、 樓 門よ ゥ 本堂まで、 一 町に 餘れる 石 壇に、 廻 の:^ く,^ 

f 、 をの を かば ねん せんせ 5 しつ さら ぁ^:^ら た また このい しだん さ ま i 

を 設けた るが、 其 半 は 二三 年前燒 失せし よ. o、 更に 新しく 建ちし もの,. J ど 此石 壇の 左; に は、 牡 

あまた 5 をら これ はせ S たん むかし を £ゎん ほ C だ f き や.,, き 上み づ ち , 

&多植 へ 列べ た ゥ0 是ど長 谷の 牡丹, ヒて、 昔よ, CS 名 わる 所以なる べし。 本堂 は 京の 淸水を 小さく したる 

ぶたい はぜ $ み てんじん^ ま も けい i れい &ど .A3, ら き しん いちん ん 

如く、 舞臺 よ. は, 初 瀬の 町 を 見 か して、 夭 祌 山の 森 も景の 巾な ゥ0 例の 如く^お 寄進して、 內陣 を! 

,レっ 一, > ほべ ケ乂 めんく わんせ なん ,?? しん きんばく^り そのた か e や 5 i せん Q ん.? まくら させ でら たも ォ 

物 すれ は 本尊に は 十 一 面觀世 音、 總身は 金箔 塗に して、 其 高さ 三 丈に 餘れふ 先年 鎌 倉の insil 寺に 赴^ 

やま ど は さ でら らどき こ 、 の らき き もビき まさ 5 らき ふ. S つも 

し^き、 大和の 長 谷 寺 は 元 木に して、 此處は 其 裏 木な. クヒ 聞きぬ 元 木に 勝る 裏 木 II しさ 云へ^、 吾が 哏 




タ おら お を f 

は 何方も 同じ 榛な 60 



^ち 地お に ひ 日歸 ぎ i さ ふ. io。 お i を^ て、 ひ 日 を i.o てま リ るに、 ^^なる 瞰 癒えす ざ W ふ 

なし 气 の 得意に な て 語る に、 佛嫌 ひの 紅葉 も、 背に 腹は換 へられ 中 や、 ッカ くさ 進みよ ゥ、 

懇を ずて 誘£ た、 s^pf 鬚の %ilBi、 1 け は is £ ものな 

ひ きり い その を もむ こん;^ ん まで <^>ほ がっし や 5 いの : i : V > - T;^*! ゾ 

ら、 日限 さ 云 ふ 其 名に 反 かす、 今晚 迄に 癒させた まへ ト、 合掌な して 祈. けれ は SAV^tttAvf 

ち ft- も ち ざ 5 さま あき ばんにんに 力 力 ほ 

.J^ 注文、 地 藏檨も 呆れた ま はん^、 番人 苦い 顔 をな しぬ。 

*^ゐ いん やま <f r?r ろん こご 

(其 十七) 乙 羽、 山 蔭 山路に 爭 論の 事 

これにて も £ゥ たれば、 いで ゃ吉 野へ 向 はんさ、 1 ト先づ 宿へ 引 揚げて、 思 ひくに 支度 をな しぬ。 

科き, の Si は、 おの i& の はしければ、 に て に&. -、 S ちに 酽 へお, 5 せし が。 i 

ac にん るの くるま さくら ゐ まち はづれ の も いさ も;; た ふ, み * ね > 、ぃ& きさ: . ^ 1 io 

を-初め 四 人の 者 は、 車 を 櫻 井の 町 端に 乘ゥ 捨て、 勇み 進んで 多武 峰の、 頂 差して 登. 行きぬ 

^^る?^ の is^ よ ,0、 まま 晴禮 S まで は 五十 i い 餘れ. され^も 路 さほ^に 險 きらす、 一 町 毎に 立 石 わ 

ふ もど みちの り I た& た 上 5^ 上 

々て、 麓よ 6 の 町 程 を 刻み たれば、 迪る はい さ 便宜し 

s.^p. い る は I へのお 鲈に、 一 ^がに てあられ i をお め、 二 3: が の 德ぎを ブラく ど 提げ 

fe^ やま ぢ ^ ► く, 2 fa. f や C や <_* ^ 

ぉゥ しが ^し の &g でさへ、 あらす もがな S 思 ふ 山路に さし 掛 4 て は、 件ん の德利 漸く 邪魔に 成 

? ♦iia いん も あ 3 はて E 

6、 釘 ど igCN て くれぬ かざ K へち 呑ませぬ. らば 嫌お やさ W ふに、 水 蔭 ほさく 持て 餘 し。 果は 小し 

花の 旅 ーヌプ 



や け おこ われ ,* ん べつ ざけ を ら めいぶつ は、 この どころ い 3 か S つ 5 

自棄 を 起して、 よしく K|:i に 分別 わり。 わられ 酒は奈 良の 名物に て、 母の 好ひ處 なれ^も、 今 は 交通の 

べん V み よ これ ひさ いへ あみが を ら かぎ け 5 た ほさ か でみせ -V こ か た & こ S 

便利なる 御代に、 之 を 販ぐ家 强ち奈 良に も 限る ま 卜。 京大 坂に は 出店.^ わらん、 其處 にて 賈は > 同 卜 事 

5 ふづ その せん ひ くち の はじ 

な, o、 さ うぢ や-/ \ さ點 頭き つ、、 はや 其拴を 引きぬ きて、 口よ ウ^ブ-/ \. ^呑み-初 ひれば さも わら 

かね ま た めん., (- われ の われ か a- ぎひ だ 9- よ いままで tj. や 

ん ど 兼て よ. cv、 待ち かまへ たる 他の 面々、 吾に も 呑ませ、 吾に 貸せ^、 右 4y よ 4 寄ゥ つきて、 今迄 は 邪 

ま もの fy たからもの &ど ビぁ み ち がふ け t づ くのこ 

魔物に せし 德利 をば、 寳 物の 如くに 取. 合 ひて、 見る く 中に 二 合の 酒 は、 1 滴 だ も 殘らさ き。 

やまちき や たら ざけ 

山路 來て 矢鳕 にうまし あられ 酒. 

この y き ほね はふし もゐ いん fl たづ、 み 5 L5 いつ 

さは、 此特骨 法師 水 蔭が、 舌皲 打ちての 秀逸な ゥけ ゥ。 

*^>ほのぼ ゆ ほ たお ま みち ほど 0- ど f,- ふ やまざくら い 3 さか さ ほこ 

かくて 尙登ゥ 行く 程に、 忽ちに して 路の 傍に、 年經ゥ たる 山 櫻の、 今を盛ゥ^^^き誇6たるゎゥ0 さて 

上しの き たど は を <Q がん みは い をゐ いんま した ま きみ こま 

はもう 吉 野へ 來 たか ト、 乙羽醉 眼.^, - 見張. CV て 云へば。 水 蔭 廻 はらぬ 舌 を 卷 きて * 君, ヒ ぼけて は 困る t や 

たぶ みね のぼ 5 ち よしの き きみ ざけ よ ばんき 

ないか、 まだ 多 武峯へ 登らぬ 中に、 吉 野へ 來て たまる もの か、 君 は わられ 酒に 醉 ふたな ト、 一番 極め 

つ た ど ほ わら た ど われち s- くら くら ゐ こど し も >J f> やれ 

付 くれば。 乙 羽 カラく ざ 笑;: S て、 縱令ひ 吾 地理に 暗く さも、 をれ 位の 事 は 知って る さ。 元よ- < ^洒落に 

いこ どまち めききみ よ きみよ きみ たま,?」 や けんく わ £ ど きみ 

云った 事お、 眞 面目に K く 君 rJ も醉 ふて る。 ィ、 ャ 君が 醉ぅた 十 11 君が^、 鶴 卵屋の 喧曄の 如く、 君 

あら ,て ひ さ、 みか ^?r' れ vt^- ん さち は f だ おもて さくら や、 ふだ か かたはら かけお, ゃゝ 

、がく^の 爭 論に、 小波 花 瘦の兩 人 は、 まづく ^双方 を 宥めて、 表に 櫻 茶屋. W 札 掛けた る、 傍の 掛 茶屋 

ふた s- つ こ ぶお や ..J^J*- か ほ ちゃわん あ はて わら ひ き げん を ほ 3 た みち た ビ ゆ 

へ兩. <*£s? れ 込み、 澀茶. 5 仲直りの 茶碗 を * げ させ、 果は 笑に 機嫌お 直して、 叉もゃ路を^^;ゥ行けば、 

ほ"」 たぶ みね はんぶ く だん ほ f じん.. J や つ こ、 e 5- つむ こん ど S- けし まもし こみ 

程なく 多 武峯の 半 腹なる、 談峯 神社に ど 着きに ける o( 此 處事實 無根 さ、 1^ 消の 申込 あるべし) 



たぶ の, ね こ ゆ こど 

(其 十八) 多 武峯を 越る 事 

を も 七 このたん ほ.. r じん. L や ま を ふ^!-はらし ti- ほんけ たいしょくかん かまた s- こ 5 3 つ ケく や 3 ど はつから い, こ 

抑 も 此談峯 神社^ 申す は、 藤 原 氏の 總 本家、 大職冠 鎌足 公 を 祀れる ものに て、 俗に 大和 日光 さ 云 ふは是 

y ザ ほビき れい さ r ゐ ふ か にっか 5 た せ. ひ その ふ もど およ ど 5 け.^ > ちへの マ.^ 

なり 成る 程 奇麗に tt 相 逢 無き も、 彼の 日光の 東照宮に 比し 》 ば、 其 麓に キュ 及ぶ まじく、 東京の 上野 柬 

せ 5 々う この あ ひて たくさん このく ら& ゃ^5ど y つか 5 ほこ や Jft ど こ けん さが > 

照宮 にて、 此 相手 は澤 山な ゥ 此 位の もの を 大和 日光^ 誇. て は、 大和の 沾 券が 下-^ はせ す や。 

けいだい さ. が f ぐ ん 5 じゅ ね ほ あき *s> が たも - 丄々 でん ぃ*^ れ.^ 

され^も 境內は 流石に 淸淨 にして、 楓樹 のい さ 多き は、 秋の 眺め も 思 ひ やられぬ。 まづ 社殿に 至ゥ, » 

ょク か々 ら .1 よ fs5 5ti か みこ ふ た。. & しんせん まひ AJS I その J^f^ か; が み * , 

i:- 依て 神 の 所望せ し 十二 三 W ゥの神 女 二人 出で、、 神前に て 舞 を 奏しぬ。 其樣赛 日に て 見し 键 

こ、 ち か t! たビ にん た どし £ろ み こ ゑん ざ 5 へ ざ L こ ゑた か > i^^i 5 は 

らね *$J、 此處の 地方 は 只 一人に て、 同じ年 頃なる 神 女の、 圓 座の 上に 坐 を 占めて、 聲 高らかに 神 Is^ を喝メ 

こ xi しゃく ひ. や,/' し ^ い さ、 ものた こ、 ち ほ, T もソ らん かまた 3- こう てん ic- く みやけ 

ふの み。 琴も笏 拍子 も 無き は、 聊か 物 足らぬ 心地す もれよ ゥ寶物 4,1 1 覽し、 鎌足 公が 夭 竺の土 產なゥ 

い あ A ら S き が を たか ど ふ け, C ぶつ JSS で, C ほら ひどの まへ も は の を かや ビ い 

さ 云 ふ、 ^羅^ 云 ふ樹を 眺め、 また 名高き 十三 塔 を 見物し、 IS 殿よ ゥ 殿の 前 を 過ぎて 花 中 宿 も 云 ふ 

q よて. S い 

旅亭に 入 6 ぬ。 

このい へ もどく わち うば 5 い てら よし はみ を かや さ 5 れ を こ、 ち ..'e き した、 * 

此家は 元 花 中 房 さ 云 ひし 寺な ゥし 由、 花の 中 宿と は 嬉しき 名なら す や、 此處 にて 晝 食.^ 認め, をれ ょゥ 

かみい ち St 

上 市へ さ 急ぎぬ 

われら はじ はせ たづ ビ a- たぶ み::? の ゆ ? r- て S き これの はつ こど お 4 

吾等 初め-初 瀨 にて 尋ねし 將、 多 武峰は 登.. > 五十 町な. < ^^聞きし かば、 もはや 是 にて 登り詰め たる 事^ S 

もん はか その ほんぶく これ かみ. S ち くだ ね も 5*. ほ て 5 あま のぼ 

ひしに、 ど らん rJ は 其 半 腹に て、 是 よ- >上 市へ 下らん さ 思へ は、 尙 四十 町餘. 登らね はなら す 而 

そのけ はしき s ま、 で た ひ あら さ が がちけ つら *^こ かへ の 力, ひわ 

も 其 ^組と 今迄の 比に 非卞 さは。 琉 石の 豪傑 等 もこれ に 少し ダ ョ ゲ 返-^ しか、 ま、 ょ乘ゥ 掛けた 船なら 

花の 旅 一九 一 



花 I の I 旅 |||^||__|||||^||||||| "一九二 

のに ユミ レ ず さらよ わ J ベ か し やう vTaK チ ゆ >r き ふる こ ケ * 「ひビ W 

で、 登り かけた 山 なれば、 今更 弱 S 音お 吹く 可ら す 《 て、 仕樣 事無しに 勇 氣を振 ひ、 やがて 小惜 一人お 

やど これ だ f K かつ われら きゃはん ひもし ほ ぃ£ \ た. & き たが 

储 ひて、 之に 一同の 荷を擔 がせ、 吾等 は 脚錄の 統^め 直しつ、、 悠々 £ して 立ち 出で しか、 閬 さしに 違 

みちき ふ の は どき むねつ ぐ だ ビ きせ も くる さ、 &> みて 4 もく 

はす 路急 にして、 登る 1^ は朐を 突かん どし、 降る 將は 背を康 らん V す わ ま. OS の 苦し さに 小波 嘆息して、 

こ 、 こん:^ S よか f f ち ばんけ B ビ ころ S いんし 3- へ かへ S かさぎ をゐ ぶんくる 

此處乙 を 今度の 旅行の 中 て、 1 番險 しき 處 ならめ さ 云へば、 水 蔭 後 を 顧みて、 笠 置 も隨分 苦し か 6 し 

い さ、, 4j み &ほ か 5 ぺ ふ かさ ャ」 ひ きば み きみか, U 

さ 云 ふ。 小 S 尙も首 を 振って、 ィャく 笠 置 な^の 比に あらす さ、 氣 張って は 見し か、 なんの 君 は 駕籠 

&か ゐ;: む り ゐ くせ かたはら くわ さ 5 よこ や W い これ さ、 をみ なん Ja- 

の 中で、 居 眠 をして 居た 癖 k ど、 傍なる 花瘦に 橫缝を 入れられて、 是 は 小波 一 言 も 無 か. き。 

ビ かく かみい ち S れいよ」 の が は あ ひだ はさ れ こだか やま K もちこ ケ 5 ゆびさ 、 

兎角して 上 市に 出づれ ば、 例の 吉野 川お 間に 挾みて、 兩方に 小高き 山 ぁク、 荷 持の 小僧 指して、 あれが 

やま い やまざくら ほん を た 4- あ をば むげ 

妹 山背 山な. 云 ふ。 されき も 山 櫻の 一本 だに 無く、 只靑 葉の 茂れる のみ。 

さ あ ふ <ゎ らんまん や K Lffa 5t こ s-x-s く ほ tiJ たち 3 ひだ &て か B ら あた ゥ 

左右に 櫻 花の 爛熳 たる は、 矢張り 芝居の 嘘な け 6 な^、 小言 云 ひつ ゝ來る 程に、 忽ち 左手の 河原に 當 

50 きのこ ゑ おこ ふせ い ゆ-だん み. 》< Ift み . これ か 《ら ► こ. 》 や 

て、 鯨波 ドッ S 起ゥ ぬ。 ズ ハ 伏勢よ 油颧 すな さ、 皆々 キッ さな A> て 其方 を 見やれ は、 是 なん 河原に 小屋 

か え. まふ こ fJSG や f 

を 掛けて、 相撲の 興行な すに どぁゥ ける。 

.^^>..ろ われら こ をた きし た Ltf けんぶ ク もま ふ yjw 5ji> ん ばつ 

乙 は 面白し くさて、 吾等 は 此方の 岸に 立ち、 暫 らく 見物せ しか。 角力 取 は いづれ も斬髮 なる に、 さて は 

.J ら 5V1 をまん S こ ケ 5 こた け ふ がつ せっく ゆ ゑ むら わか S ものら, も. み こど 

素人 相撲か^ 云へば、 小僧 答へ て、 今日は 三月の.; - 節句 敌、 衬の 若者 等 か 遊戯に、 か \ る 事 をな すな. OS 

C He こ、 ろづ を ほ&け ふ れき がつ か も、 せつく い もせ や 2 ほど り 

云 ふ。 rJ れ にて, 初めて 心付けば、 成る 程 今日は 舊曆 の、 三月 三日な As ける も。 桃の節句に 妹 背 山の 邊を 

i ふか わ: if! おど B かんしん て. S S > こ 、もどく がの もけ 

^る も、 よくく 深き 緣 ならす や、 さ乙羽感心したる體^^て云へば。 されば 乙 そ此處 許に 久我助 あれ.^ 



花 



旅 



貰つ 


h 

は 




ム 


1 

し' 




浙 

0^ く 


見み 


櫻! 


ぬ 






^ 年 


や こ 
ムれ 


是!? 


し 
ふ 


が、 


曰め 


力) ら 

/ ノ , 


渡き 


のら 





A 

V 








土 





千 


V.. 


せ 


渡 わ 




の 


し 


て KiV^ 
し \yX 


/乂ん 




小ミ 


あ 


》】 、さ 
リ * 、 


Z やん 

1^、 


ム 


ば 


船た 




柳で 




く cf 

のら H- 
レソ \t\ 


+ 

9 


ほ 




A し 


リスみ 


へ 


彼!: 


« し 




r 


はき 


グ、 


推 を 


C_ 


一 ひ 
ど 


お 
\ 


ば 


カ卞 


を, 




ひ 


の 

*^ ノ 


游ゎ 1 

v% レ 


る 


し 




人 《 

ノ、 






の 


渡?^ 




St 


入ぬ 


75ti c* 


の は 


レ 


n せた 

嘆ん 


伎く 


は 

7 ふ 
や 


な 

あ 




山? 


b 




て 


甚^ 


kn L 
大リ 


や、、 
じ 


はら 
iff t 

虚、 

Hat 


に 




の 


て 








I 'に J^S) 


しだ 


な 


X 


年!^ 




I に 


年? 




其 
十 


h 


•ML 


宅つ (T\ 


さ 


ぺ、 
'、 


r-i い 
t=i は 


縱 
お jt ほ 


す 


力な 


HUf 尙 1 を ま 


V) 


f^、 


さ ^を 




Sr 
«=» 


S 


が' 


V 、 


(/A 


•L 

K) 


は 


行 ゆ 


俯 ひ 

纖5« 


I 人 


し 








サも 
ノ しつ 


て 


づ 


力 


< 


き ど- 


て 


力 > 力 ヾ 


云い 




•dr よ 


4 ど 




し 


X. 


霞 i' 






で 


逢 ひ 


(/A IK ら 


へ 


o 


Bii の 


^% 
タほ 


あ 

tf ノ 


い 


プ Ic ま 

ノ J 乂 7j 

rfe ん 


カ^ 


五 






I 人 


、 A 

ひ 


ば 


ダめ 
や い 

ォ 刃つ 


々 


< 
、 


れ 

n レ 


づグ J の 


Si 


十 


波 


何 


*\s « 


皆 さ お 
白 を り 







が、 


や、 




力 > 


町? 


大ほ 






ひ \ "Y 




l《 


c. 


貝い 


一 ど 


あ 






にい 


ザ、、 

ち 


Mr 






a ま 


Ha か 


つ 


曰め 
1=1 


づ 




云い 彌 す 吉き 


や 


れ 
4 レ 


に 云" 


は 


V ' 


3. 


が 


千 




ョ 


ひ 


々く 


野の 


C 




乘の ふ 




脉も 
柳の 


1 

し 




Z"*^ ん 


力)' 


千べ 


度た 


■rfc 上 




二い 


|j< ら 


A は 
リ 


し 


z よ 


/ 
\ 


れ 

n レ 


な 


の 

*^ ノ 


rail / 
]vi ん 


け 


野の 


*wj 、 


へ 


め 


•1^ つ 


勃' さ 


し 


■ ^い 


は 


D 




I 、 


れ 


に 


るし 


ば 

は 


] 

し 


ソ c*!! い 


然ど 




、 






乇ぃ 






差さ 


4> ど 




翁げ 


] の 
し レノ 


し 


は 


c: 


{ 


よ 

口 L 




It ど' 
》sl 




し 


TLfc 
Jl 


)r 

M 、 






やか 






if の 
お 





夾き 


m 


掛ミ' 




rv れ 
公 




o 厗ゐ 


る 






、さろ 

cr 


で 


7 ね 
Cj ど 


1 

し 


にか 








卞 t 


ノレ m き 


體? 


や 
し 


處、 




ヌ 54 は 




紅き 
ゐ 


ぬ 




ネか 
ノ くめ 




^ の 




キ 
で 


が 


レ 


翁? 


TL* わ 


あ 
tf メ 






ふ 女し 
るば 


サ J ち 


Iz フ icl 

1 、 /JN ゐ 

る 化 碹"^ 

武ぷ tr 


て 




所 s 




の 


瘦? 


A レ 






ぼゐ 

m 


夺ず 

マ も 




c* 






見 5 


の 


は' 


の 






vj 


'リ 




A 
ソ 


ifr こ 


/ ノ, ろ 


雨' *t 




^な 






宽こ 
# ど 


mi 


^ね ,) 


は 




目め 


虚、 


力 > 


z 、ん 

は 


逮》 

錄ん 


ど 










小ミ 


て 


千 


の 






積つ 








い 


Mk A 

ゆ ソ 


波き 


は 


本? 


他 L ま 


1 卩 J 




ぉヌほ 


み 






ら 


术 


る o 


の 


吉き 


f、 


は 




之 ft 


に 


た 






ぬ 


憐き 


頃 i 


Pi 


野の 






返 5: 


k 


Hi わ 
O れ 


る 








れ 


X 


が 


の 




る 


せ 


閱き 


等ら 


如 1 








に 


\ 


過 も 


名 を 


吉£ 


ま 


ば 


& 


t 








水^ 


見み 




ぎ 


の 


野 e) 


じ 






顧 5: 









蔭!? 


% 


吾 SI 


た 


み 






尙 S 
奥? 


烕化 
心え 


み" 


さ 






スほ 


し 


等ら 




向か 


翁 ま 




て 


て 






にい 


か 


力 > 




か 


< 


の 


ふ 


の 


の 




は 






腹? 


ば 


後き 


お 


て 


見み 





千 


體 5 


わ 


わ 










に 








本? 


な 


れ 


れ 






立た 


小ミ 


從っ 












か' 


が 






て 


波! 


き 



mil 花の 旅 am i BmssBUHmsn 一 九 四 Bn 

は ほん 上しの や 3 むか,.! し じん 5 たよみ <ら き ほ ほね きみ ひど y くさ こ、 ろ わ み を 

も 日本 1 の吉野 山、 昔よ. CS 詩人 も 歌人 も、 口 を 極めて 褒め 置きた るに、,; 君 一 人 貶す は 心得す さ、 皆まで 

S さ、 をみ 《• わら ,*ゐ いん よしの びいき もの こ S- < つ かたはら. &た み た 3 や 3 つ V 

云 はさす 小波 カラく さ 打ち 笑 ひ。 さて は 水 蔭 も 吉野最 負か、 其 小 理窟が 片腹痛し。 見 給へ わの 山繽き 

へいく S5 ん. i\ ざ 5 き やま こ ぶか みね みづきよ たは み ひどめ はん ほげ さ い 

は、 平々 凡々 たる 雜木 山なら す や。 木深き 峰 も あらねば、 水 淸き溪 も 見, ^す。 一 目 千 本 ど大袈 に は 云 

その & かば しんで き こ 5 ゑん 5 たか 》> わかぎ わん にち ほん せん づ 、 か 

へ^、 其 半 は 新 出來の 公園に でも 植 ゆべき、 高の 知れた る稚 木に て、 緣 日なら ば 一本が、 拾錢 宛に は 買 

50 ほ のケ みね しらくも f ちか これ をが たれ みち >^ 

はるべし。 されば 遠くよ-^ 望む さも、 峯の 白雲 ど は 思; 3 もよ ら卞 近く 之 を 眺 ひれば さて、 誰か 路を^ 

f こ ケ L ほ a こどし L ほ 9- みち $ さいげ 5 . ^ん ばい い ていしつ 

み 迷 はん。 去年の 菜に も 今年の 菜に も、 路は 一 筋よ ゥ なきもの を、 西 行が 心配 は 入らぬ とに て、 貞 室が 

い おも ^ びつ く M- こ、 ろ そのほか くち き ほ ほめそや こ、 ん fl 4 'ん, ntiJ 上, t ら 

乙れ はく^ 云 ひけん も、 恐らく 二度 圪 驚の 意なる べし。 其 外 口お 極めて 褒稱 せし、 古今の 詩人 歌人 等 

い づきち やつ よしの さんれい つ toL. やう これ おも あらし やま ぼん や 3 £ビ いへ SJJ 

は、 何れも 氣の少 さき 奴なら すば、 吉 野の 山靈に 追從 せし のみ。 之お 思へば、 嵐 山 盆 山の 如し^ 雖も、 

も だつ ゝみケ < た .S へ^わめ はるか よしの 3 さ SO ころ こん a ちた t-S ま ゆめ 

隅 田 堤 俗 k 堪えす €雖 も、 吾が 眼に は 遙に吉 野に 勝れ. <..o か、 るく だら. y& き處も は、 今日 只今まで 夢に 

L .0 のど. ろ 乙 こが かへ ふ かく さ、 をみ 》> き ふん まん き L よく わる わきめ 

も 知らす、 此 年頃 戀; S 焦れし 乙 を、 返す くも 不覺 な. 9 けれと、 小波 頻. は 憤 憩して、 氣色惡 さは 脇目 

ふ くだん ひどめ ゆん の ほ ゆき さ こや S や & い 

も 振らす、 件の 1 目 千 本 を、 ズ タく^ 登ゥ 行て、 やがて 佐古屋 S 云へ る 宿に 入 6 ぬ 

& く ざ しき ど ほ こ 5 わ ふ C かん ほ il3 へ ちゃく たいくつ ねい i ひどり らん 

まづ 奥の 座敷に 通れば、 紅葉 はや ゝ 一 一 特間程 前に 着し、 退屈 まぎれ は 一 寢入ゥ せし 後な ゥ W て、 一 人 欄 

かん もた *5 せん さ、 みみ も、 よ こ, 1. わ ふ よしの どころ を い 

千 k 憑れ て 茫然た. <y ければ。 小波 まづ 進み 寄ゥ、 いかに 紅 菜、 吉 野はク まらぬ 處 では 無い かさ 云へ は、 

と 《. わ ふ 5 をづ われら ね ほい かん これみ さ いだ ほんきれ 

紅葉 も點 頭き て、 吾等 も大. ^同感な ゥ、 まづ之 見た まへ さ. て、 差し出し たる 半切に、 

ゆめ み 上しの は を めい LX か を 

夢に 見し 吉野は 花の 名所 哉 紅 蕖 



をのつ ざ 



ま 6。 M は I くて 手ぬ るし さ、 ls^<f 

^は SI はよ +し 口の 野に 驚かす 

€ffE^H ! さ; g,./ 出で、 らる、 と I- 

is は 例 i 腫 ぬび. さ t.fl ill 

f > 0fafft 打ち 戯れて 答へ? 

(,王 喜 |る事 f^^e\£,0fff 

ひ 墓! si ヽ B バ、. i、 Sib- を 名 i 昔し き" 仏 地して、 枕に は 早く 就 ひェ右きまは".^1" 

: 宵議: P き" f し、 if 11 1 

のきき if リきぷ i ひつ やられ u.、 (fff. お s の s のき f にぎ i 

fsl, い r 見 f は 「お^わ も/ P おへ if ぬ。 と此 f は ii の i を 1m め 

その せん & ほ:、.?" き 覊£ 堂よ 6 士ロ #1 耶 U ^〈まぎ p S ハづ 

るて、 源 2 朝の lu、 fs,f fsffi 

もれ igs は is ふて、 塱 i?- 一見し 延 i の 御』,. I ln^in 



お 



^ の 花 I 一九 六 

_—— 1—5 111111 豳 _1|隱畺曆||画 =■ 畺 I 画 „i 隱|画隱隱画 -- I -- - ■■ 國|| I 

、 むち-一、 化.,^ * たつ, み かへ かんがい tt i ちから ん げん 0" や や S らく 

く 掃除 も 1^ 行き 屆 きて、 いさ 貴 さげに は 見 ゆれ < ^も、 却. て 威 慨の情 を 誘 ふに 力無く T 延元陵 上 落 

くわの.^ せ い く や 5 や 《■ る を 

花 ®」 なん^ 云 ふ 句 は7 漸く 驢に 成らん させ 

乂 バ,^ . 力,^ > ^一 » は. 》 わがし こ s- せんせ. S かい せんせい もど これ, より や 《• の. a み け さ き. や 《■ ビ e- よくわん ばつ こ 

此 御陵の 前にて、 圆らす も 吾 師甕江 先生 k 會し 先生 は 元 是諸陵 頭、 今朝 京都の 旅館 を體 して、 此 

、 さんばい 

處に 參拜 せられし な. 00 

レ ^^.^^1^1^ との へん あ ふじゅた ほ みち さ い 5 わ 5 いま さか W も < ^ 

をれ よう 元來し 姐路を nt, 返す に、 此邊 にも 櫻樹 多く、 路の 左右 を 擁し たれ.^、 今 は 盛 を 過ぎ たれば、 花 

. メ, * ほ だ ) , ちく © ん&ん h L ば やま 5 へ ^ff こ f-f よも けしき. 

を 行く さ Ih ふ 程に はおらす やかて M 林院に 入. o、 芝 山の 上なる 床几に 腰 打ち かけて、 四方の 景色お 

, y.> ' * . に は たも みき ふ ど ゑ だぶ^た もしろ さくら どころ < さ みだ r きが あ をが め 

眺 むれ は 數奇 お極めた る 庭の 面に、 幹 太く 枝 « 面白き 櫻の、 處々 に疾 き亂れ たる、 流石に 飽かぬ 眺望 

なう。 

どころ ゃビ こもの か ま * つ お べんた 5 もき C こく まや た ♦ 

力、 る處へ 宿の 厮の、 兼ねて 申し付け 罱 きたる、 辨當を 持ちて 來た しかば、 まだ 特刻は 早 けれ.^、 直 

) -ぺれ 1, ひく ノゝ If*?;, しば t;;;^ き. T けャ £. ち ,5 ほこれ たく の は さ sy や 4 あんこけ しみ づ た ふ けんぶつ 

ちに 開きて 之お 食し、 尙暫將 休憩す る 中 尙是 よ. 奧へ 登りて、 西 行 庵若淸 水、 けぬ けの 塔 を も 見物す 

: U をん を こ >ろ も、 VS い .S ん e ゆん せっかち 

ぺ くや 4t5>^ 云 ひ 出づる もの も あ, しが、 何^無く 心 進ます、 もう 止さ ラぢ やな S かさ 云 ふ、 因循 說勝 

せい , 七 のま、 やせ ひきあ 

を 制して、 其贐 宿へ ,ヒ引 揚げた. 00 

よし P けんぶつ ど ほ を ゆつ * つ み くし f さ こ b- ji しも. s ち 

乙れ にて 吉 野の 見物 も、 まづ 一 ト 通は濟 ませし かば、 S で ゃ出發 S 皆々 支度な し、 佐古屋 を 出で、 下 市 

、 -^^ IP ,f?fe\ ^か . I よしり たちあ やく 5 たが はは ふげん 5- か 3 わり で き 

へさ 急き ぬ 先に 奈良 にて 別れし 將、 吉野 にて 落 合 はんさ 約せ し 歌 川 法眼 は、 如何なる 障 や 出 * に けん 

つ もがた み 

遂 ひに 姿お 見せさ. CS け, 00 



まぎに は^^^し^^ を i: だら す、 ^の!^^ゥチく,ヒ^:くと五十町、 W 上義 光の 墓、 吉野 神社 等の 前 

ゝ vcsio. ムもビ 广 そ こ くるま の む だ わたし みぎ み よしの が は き.. し しも S ち い ' - 乂. IT 

を經 て、 漸ぅ 麓に 出で、 其處 よ. 車に 乘ゥ、 六 田 渡 艄塲を 右に 見て、 吉野 川の 岸 を 下 市に 出 つれ は 千 石 

ばし い はし れい ぬりよ し の "は は あ け 6 せ 5 みた ど U き、 ま , ^u^^ 

橘.^ 云ふ撟 わ. CSO 阅の。 へ y キ途吉 野 川に は 似合 はしから ね^も 橋 上よ, 見下 す 時 は 叉 捨て 難き. G^l 

て 

わか あゆ いかだ よし の が ほ 

若 鮎 や IS うねらす 吉野川 

ッ y の じっけい て て う はし か のち e まんた ね 

さ、 其 實景を 手帳の 端に 書きつ け、 後の 自慢の 種 なしぬ 

をれ ょゥ車 拔ゥヒ 云 ふ W を 越 fe、 高 田の 方へ 向 ふ 折から、 不圖 彼方 を 見れば、 真四角.^ る 面に、 鶴 廣の幅 

しの し^^ぃ ゃ5 じんぶつ こなた き くるま 5 への、 あ:!^ * V- -^^ 

子お 載せた る、 一種 異樣の 人物の、 此方 を さして 來か \6 ながら、 車の 上に 伸び 上ゥて もう 皆さん K 

るので すか ト、 聲を 掛けた る 者ゎゥ け- 

^6 fa 3<- ら 5 ひきあげの こど 

(其廿 一 ) 一 同 唯想樓 へ 引 揚之事 

i か その ひど ャれ み これ さ をら. C か 5 たかは * ふげんく K まつ ヽ _r 3 

聲 ♦VJ 褂 けたる 其 人 誰なる らん さ 見て あれば、 是ど 先き に奈 良に て 別れし、 歌 川 法眼 國松 ^^..^ ける 

まフ さき #*1"で,- み ご t-Ki ん & 七 ゆらの け あっか よ^ く つ また e ひく 

異 先なる 水 蔭 は、 かく". J 見る よ. 大昔に、 遲か. しく さ、 由 良 之助极 ひに 呼 はれば、 國极は xffl を,^ 

たいさ 5 ? 4 や を を & やう くて 5 S. ヽ 

うして、 大層;^ 早 S では ゎゥ ません かト、 仲居の 樣 なる 口調に て 云 ひぬ。 

いまさら ひき かへ ,-,< け か こ、 わ. i. ら 5.^ か あ 《- ものい などた ,し- た. パ 

され.^ も 今更 引返す 譯にも ゆか 卞、 且つ 此處 は往來 中、 蟻の 物言 ふ 如く 立ち止ま ゥては 他の 往^ 人の 

ちゃ ま を &s> を たも VJ わか かれ 上し の われ また たか だ ゾ ま . - 

邪魔 なれば^、 名殘 惜しく も块を 別ち、 彼 は 吉野我 は 亦 高 田 を さして 車 を 飛 はしぬ 

I! 1 九 七 - 



, 花.! の "旅 一九 八 

ヒ げ c £ ころ t て ぼ ちょつ どや &しょ ちょ を は を あ ひだ ゆ ほ ビ けぶ ひよ;? の:; 一け 

15^^ 云 ふ處の 立場に て 一寸 休み、 御所の 町 を 過ぎ ゥて、 菜の 花の 間 を 行く 程に、 今日 も 日和い W 長閑 

へいた t* a たみち くるま ゆ あんばい をん S こゝち 上 わ さき くる 3 の * ど は 

く、 1^ 坦 なる 畑 道に、 よ.^ みなき 腰 車の 搖れ 隨栴、 何 さも 云へ ぬ 心地好 さに、 吾が 前の 車に 乘. たる 乙 羽 

fi JS- * か くび かたむ た あ S を ねむ はじ くる 3 こ いし あた &ど わ"】 ろ あたり み <» 

は、 帽も 落ちん ^に 首 を 傾け、 他愛 も 無く 眠.^ -初 めしが 車の 小石に 當る每 に、 驚きて 四邊を 見廻 tt 

5 しろ み かふ L ぎあん そ SAJS つき せき か 5 どせ s 

す さま、 後よ. 見る に いさを かしく、 彼の 不識 庵の 宗匠が、 月が 瀨記 行の 途上に、 

ひも ど か& ゆめ • , ,』 

鶯に また 取られけ う 駕籠の 夢 聽 秋 

の 句 ある を 思 ひ 出で、 . 

を は を 43 f" めさ どき 

菜の 花や 車の 夢の 醒 ひる 時 

や を ほ ひ W 5 ちわ ) 

さ、 燒き 直して 獨. 打 笑みぬ 

ス IKf ノ ちゃく & ^ じ なん き し 令 い *^-ほ じ か *c *j , はら 

かくて 高 田の 停車 塲に 着せし は、 午後 一 一時 半^-. .0 嵐 車の 出づ るまで 尙 一 聘問も われば、 此處 にて 腹お 

こしら ど あ おや、 い た 3 & を W ぶし どき お fti き fife* 

捲へ るべ し^て、 只 或る 茶屋に 人. o、 生 玉子 さ 生節に て、 特 ならぬ 晝食を 認めた ゥ。 

C こ きし C & ろみ をビて ふ を <t た ほさ か まお よこぎ 3 た 5 めだ 9 , 

三將 半に 乗. 込みし 嶽車 を、 五 時頃湊 町に て 降. o、 をれ よ. 腕 車に て 大拔の 町を橫 切り、 梅 田よ. 潇 

しゃ け o 尸 e まへ ひ なった L づみ あた 5- きゃくまち くる 3 て 5 ちん ほし &ど ころ 

車に 乘ゥ て、 京 は 入, し は八將 前、 はや 日 は 全く 沈て、 四 邊に客 待の 腕 車の 提灯、 星の 如くなる 頃な ゥ 

ども を や もぎのば 5- & さ i» ら 5 い つ. かん たち かへ る もる もの れ a ん む. Sx 

き まづ 一 同 を 伴; 5 て、 柳馬塲 なる 唯想樓 は、 一 週間ぶ-^ にて 立歸れ ば、 留守居の 者 共 嬉しげ に 門に 迎 

& きげん かへ あいさつ さそが わる を » 

へて、 御機嫌よ うか 歸 さの 挨援、 流石に 惡くは 無き もの 》ゥ0 

».1 、 { よ 5 れいか ばん かた は を が. i\£ く ら f もの 5 ら しる SK 

此處 まで 來れば 用な し^て、 例の 革提を 肩よ.^ 外づ し、 永々 御 苦 勞ビ劬 は. つ、、 其 裏に 記して 曰く、 




花の 旅 



I 九九 




可 許 省 務内日 十三 月 八 年 六 廿治明 



明治 二十 六 年 九月 十二 日印 刷 

明治 二十 六 年 九月 十五 日發行 




編輯 兼 

發 行者 



大橋 新太鄢 

日本 橋 區本町 三 丁目 八 番地 



印刷者 杉 原 辨次郎 



印刷所 



京 橋 區元數 寄 屋町四 丁目 二番 地 i 

杉 原 活版 所 

京 橘 區元數 寄 屋町四 丁目 二番 地 



東京 日本 檑區本 町 三 丁目 

元 博 文 




每 月 壹 回 

行 1 





ま 



毎 編讀切 木版 密書 入 

洋装 美本 印刷 鮮明 



疋 



一 册金拾 1 1 錢き六 冊 前金 六 拾 七錢⑩ 十一 i 

前金 壹圓廿 五錢ゅ 郵税 一 册金 四錢宛 



(f V パ) 



so^- s^oso^^ 其 問 名賢奇 傑 偉人 巨匠の 言行に 關 する、 快談 ^ 

tp<lr ひ Bac sdc 奇 珍說妙 語、 その他 百事 萬 物、 大 にして は、 

K 史を輔 ひ、 智见 を廣 め、 然ら,ぶるも£^て話柄に供し消閣に資すべきの談^.^求めば、 何ど啻 酵 

に 百千离 ffi 件に して 盡 きんむ や、 本書 は 廣く此 種の 逸話の、 殊に正確にして興咏ゎ.<^資益ゎる 謹 

べき もの を 網羅し、 谷々 十 項 k 紫け て逐 月刊 行、 以て 幽を闡 き 光を揚 け、 異を擴 め 智見を 博く ま 

する の 料に 供 せん さす。 IS 










武 事, 



品 




豪 爽 

畸 行 




凡そ 記載す べきの 事項、 此數 種に 限れる に 非す、 是 唯お 其 大要 を 示す のみ、 乃ち 夭 下 笑ぶべく 

泣くべく 喜ぶべく 怒るべく 樂む ベく 哀ひ ベく、 以て 智を廣 め 德を養 ふべき の 談は、 必中 網羅し 

て 遺さ > らん rJ さ を 期す、 希く は 文獻徵 する に 足ら fl; るの 嘆 を 免れし めむ か 








十日 發:^ I 



^o^^jTT^ ^"WtSr^"*^^ «-I**T"^ -s^iMT^ " *, や、 



r 



博文舘 編輯 局 校訂 

書 





洋装 脊皮 <Jsi 字 入 EM j 册, 五 ± お 

娥数 四千 五 百 頁 ^^價 *il 部 j 圓 九十 錢 



皇 靴 開 國以來 兹にニ 千 五 百有餘 年、 英邁 非常の 士實に 千 vss て 

^ふべ し、 然して 】 時 後 傑 雪の 如く 英豪 林の 如くな リし は元敏 

天 正の 際- H„ ^も 盛な リ S す、 中に 就て 身 僕 棘よ. 起. csa 

雲に 乘し て 夭 下お 席捲し 職關白 の 尊に 至- > て 位 

人臣の 榮を 極め 所謂 1 世の 智勇お 推 倒し 萬 古の 

心 胸 を問拓 する の 偉 s を備 へたる は豐 太閤 もの 

人に 非す や、 動 業の 隆經 輪の 大洵に 千古 比な しミ いふべ し、 

E 書 太閣 三百 六十 卷, その 一 生の經歷.„^模寫曲蕴して入*^し^ 

て その 煱々 の 眼光 親、 喑啞 叱^の 聲, くの 馕 もらしむ、 惜: 

むらく は魯魚 頗る 多く 亥 豕亦少 "ら す、 仍て善 本 數種を 取 

4- .0 て參訂 比 校し、 廣く 世に 公に す、 盖し 英雄の 面目 vMi す I 



るに 庶幾 がらん ,v , 一 讀 以て 閑.^ 消し 楚. 5* 排 する の小說 に i: 

充っ ベく、 以て 正 5/ の闕漏 4* 補ぶべく, 亦 以て 勇武 節義の 氣象 

養 ふに 足るべし 



^Af 2|#£.? IYA? 



博 文 館 編輯 局 校訂 (製本 旣成) 

1】 校… - - 」 全 

訂 



平 盛 衰 記 



册 



き 



正 K £ 



通運 料 拾お 



被數 1 千 三百 頁 

我 i 義の 稗史中 殊に 舊 くして 尤も 面白き は浪平 盛衰 記に 若く 一 

ものな... 其 事 其 文 共に 千古 LS ふべき に 足れり, 古來 版本 寫本 

+十數 種もリ て、 廣 ろく &に 行 はる. -も 之, a* 爲め なり、 但當 

運 未だ 開けざる の 際に 成リ、 而 して 鼓 次の 久しき 彼此 傳寫 した 

る, a, 爲め、 魚玄豕 の訛謅 頼る 多く、 假字の 用法 4* 誤れる、 假 

f 字 文中に 往々 和 習の 漢語 調,^ 雜 へれる 等 は 諸 本 何れも 然ら ざる 

なし、 隨て世 入. ぃ此 書の 流讃に K 便なる する M> 、久し * 仍ー 

て 今 面數本 4> 集て 互 稽遂訂 し、 字 正し、 假 字-^ 攻め, 句 謹 

點の謬 誤 4, 校正して, 以て 世に 公に す、 盛衰 記の 版本 世に 多し 

# W いへ. W も. 恐らく は 本書 *^U5 て 唯 1 の 正本 W なさ. ^ る す、 1 



猶ほ古 趣の 新れ に 磨.^ 經 たる も り ス 如 

て 镢 はる もの ミ まふべ し 

-。 t き や 



精氣 光怪, 千 哉 始め 



I 



ト 



碌博文 



館 編輯 局 校. 盯 (製本 旣 g) 



f 東海、 木 曾 Ebi^KS I ^ 

务!^ 奧羽、 扛ノ島 w¥sitt^$3^Tn^』 ^ 



、ま 



. 洋裝肯 皮 金字 入 ^yjsnf 金 五 gs^ 拾 ほ 

被數 1 千 三 頁 價 十錢 郵稅 十六 錢 

i 快活 落^る 二人 ぁゥ、 膝 栗毛に 鞭ち て 海内 を § 

跋涉 し、 足跡 大 八洲に 遍し、 頂 夭 立地、 旅 を 家 

さし 形骸 土石, ヒ す、 放浪 自恣、 滑稽 洒落、 も 

の 胸中 實に 光風 霧 月の 如し、 三 伏の 炎暑に 苦し I 

めら る、 の 人、 世途の 塵 熱に 勞るゝ の 人、 無事 

に 困し むの 人、 匆忙に 倦める の 人、 共 k 1 本 を 

購 ふて 以て、 淸凉の 仙丹に 當て紛 ふ ぺし。 抑 も 

二人 を 誰^す、 曰く 彌次郎 兵衞、 曰く 喜 多 八、 

二人の 言動 を爲 したる もの は 誰 ど、 人 も 知た る 

, 1 代の 奇人、 十返舍 一 九 をの 人な 6、 1 九 は 如 f 

ゆ 何 4 &る 人物 ど、 卷 首の 詳 傳を讀 みて、 1 九^ 膝 



、 



薬 毛 W を 知悉すべし 



博 文 館 編輯 局 校訂 (製本 旣成) 

總里見 八 犬傳】 ぼ 一 




^ 洋装 背 皮 金字 入 £賈 册 五十 錢 通運 料 

ダ 紙數 三千 五 H 頁 2 價 全部 一圃 四十 錢 金拾錢 

文の 妙、 事の 奇、 馬 琴 氏の 八犬傳 は實 

に宇內 有数の 珍書な り、 唯 其 卷帙浩 

、# にして 藏 架に 不便なる を慽 ひるの み、 本館 仍 

て之を三卷^^^約す、 用紙 精 良、 印刷 鮮明、 製本^ 

は 美に して 堅く、 揷甯 は密 にして 麗し、 且卷首 

に附 する に 依田 學海 先生 S 細 評 を 15 

f てす、 先 批評お 讀 みて 後 本書 を咏; ば、 必す I 



や 手の 舞; S 足の 踏 ひを覺 えさる の妙咏 わらん 



四 




き §資直 き is ず 

^ 博文舘 編輯 局 校訂 

「1 梅暦、 春吿 鳥ート 



i 



洋装 背 皮 金字 入 ; 14 M 金 五 通運 料 

紙數千 三百 頁 P=l A 拾錢 金拾錢 



,0 

, 

球 



^ 爲永卷 水の 小說は IK 然の 美人の 如し、 敢セ意 |f 

窥 を 用ゐて 修飾せ さる も、 情致纒 綿、 愛嬌 滴れ 

M ん^ する もの なれば.^ ゥ、 をの 人 を 動かす 處 ^ 

^ はもの 夭眞爛 爆の 處に, わるな. c^、 梅暦、 春吿 i 

融 鳥 は、 爲永流 即ち 人情本 中の 傑出た ゥ、 乙れ , 

§ によ. て 彼ハ馬 琴、 種彥、 一九、 三 馬 等^ 併 卿 

稱 せらる、 を 得るな ゥ、 栴 曆は惠 の 花、 栴曆、 , 

f 辰 巳 園、 英對暖 語 、梅見 舟 以上 は 五 種の 總稱 P. 

^ にして 春告鳥 は春吿 鳥、 籬の 梅、 春の 若草 三 , 

ま 種の 總稱な 6、 本 編 は 此八種 を 集めて 、刺の f 

n 美麗 鮮明なる 印刷、 堅牢 精一 艮 なる 製本 を 以て 0. 

1 摄刊 せられた ゥ。 瑪 

* き麵 r# 義議 ISTSSllfs メ r, 



^ 博文舘 編輯 局 校訂 

.3 1 . sis B 



洋裝背皮金字人^.-55員 一 ffi 

紙 數ニ千 五 百 頁 五十 錢 

古人 曰く 陳壽の 三 國志は 遙に歐 陽修の 五代 

史は 勝れ. < ^是れ をの 人の 然るに 非す、 をの 



;3 



通運 料 

1 册拾錢 



綱 特 代の 面白き が 故な ゥく をの.^ 代の 面白 I 

圆 き はもの 特 代の 人物 氣 運の 面白ければ な 

漏 玄德、 曹操、 孫 櫂、 皆不世出の雄な.<=^、 之 g 

に從ふ 人物 亦 皆 希世の 人物な ゥ、 夭 下 三分, W 

幾多 不出 希世の 英雄 豪傑 出で ゝ、 各々 鹿.^ 醒 

中原に 爭ふ、 非 55 の 勇者 われば 更に 之に 勝 

れる 勇者 わ o、 非常の 智者 われば 更に 之に ffi^ 

M 勝れる の 智者 わ ゥ、 奸 人 t 廉士. ^.os、 義 

者 わ 仁人 ぁゥ、 龍騰 虎踞、 雲 蒸 霧變、 眞 

に tK 地 間 一 大 劇塲。 



i 



尾 崎紅椠 山人 荖 



(富 岡 永 洗衋) 



i 國!! 國 圃 國國 圆 囫國画 :! 画 II 画國 画!; 騸國鬮 . . .li 

^ M I S C f) ^ き册 和装 

?國鬼 桃 太 iH 國 正價 金八錢 

一 暍囫 譖圓國 圆圆囫 園圆國 ■ 闘 画 圆固囫 調隨國 ^^一お a 

i 本書 tt ひかし くの、 . ^祧太 郞 物語お、 有名な . 

^ る 紅 人、 が、 記された る ものに て、 從來の 桃 一 

^ 太 郎^ は、 大に 異な ゥ、 其 面白き 乙 さ、 實に譬 か 

T ふる 物な し 幼年 諸君 は錢. ^惜します、 ド; > 

I 購讀 して、 其 fe 快お 感卜賜 まへ。 



巖谷漣 山人 著 



(武內 桂 舟 書; 



圆國園 鋼闘國 il 國画闘 調 11 画 嗣國國 國园國 

1 ri • > , f , 画 全 一 册和裝 

i 猿 蟹 後日 譚 i 11 

1 )/. f ^ ; さ f 圖 郵 稅ニ錢 

關 11 画! 1 闘 国 n 回 1: 闘 画 画 國画闘 uli 画 画 匿 .! 



^ 本書 は、 猿 蟹 合戰の 後日 起ゥ たる 譚を、 趣 山 

^ 人が 麗筆 を £35 て、 面白る かかしく、 握飯^ 柿の 種 

^ 子の 1 代 記 を、 述べた る ものな. 00 而 して 其 間 J 

^ に 果因應 報の、 所謂 德性 li 養 を 舍菩 せし ひ 本 

^ 書 は實に 子女 わる 家への 贈物に は、 至極 輕 便に 

I して、 廉價 なる 上品 本な. 00 



011 0f 



©t 



巖谷题 山人 荖 



(藤 島 華 傅 書: 



國 iifi 画 nil 國國 画國國 nil 匿 画 m 圖画 《^ 1 ゆ,、 ^ 

國 W 御 sS 草 fj 國 i 二 S ? 

I 翻 コヌ //1 / 画郵 a 四? ほ T 

画 國画囫 1; 國國 画! I 國画画 國画画 画 國國画 圆 ^ 

叮 愛らしき 詩境の 家元 を寫 して、 小 俄に ヤシ ャ 

さ 喝采 せらる、、 述 山人 は 今 叉た 滑稽 さ titiit^,.^ : 

の 二種 を、 巧みに 渾和 融合して、 奇妙なる 舌 切 十 

蛤、 かちく 山 娌紀念 碑、 七 羽 鳥、 由 良 太郎武 f 

勇 IS 、極樂 圜 、手枕 艸 紙な^ &々 の を纖 めら れ 一 

たる は 本書な, 00 爺 1 の 陳腐; 仏る 趣向 を 脱し, J 

文章^ 揷 fftt 新 魔^れば、 秋 夜の 伽に は .5 さな ^ 

き 小 供 諸君が、 最上の 好 珍本なる のみ^ら す、 " 

幼年 子女への 贈物に は 無 一 1 至極 的當 なり 



全 一 册洋 

正價 十二^ 

郵 稅四錢 



一 



幸 福 散史著 

通 唾 圆 画 null 國画國 II 画 國画画 嗣 画 nil 画 

™ 西洋 妖怪 苛談 1 

画 ii 画 画 國画画 画 國國画 画 國画躅 画 匿 画画鼴 

本書 は 小學 生徒が 修身 講話の 材料, ヒ して 泰西の i 

原書 有名なる グリム 其 他 種々 の 原書に よ"^ 面白 I 

き奇々 怪々 の 昔 物語 を 錄め勸 善 懲惡の 道 を說き ゆ 

, たる 好 書な ゥ0 : 



i 谷 漣 山人 著 (武內 桂 舟 #) 



画 關國國 國國嗣 國 國國國 國國國 画 画 圄 國画 g 

1 こ が ね 丸 I 

1 ノ囫 

画圆画 囫囫画 國國國 固國國 國囫画 國園國 

或る 里の 莊官が 家に 



全 一 册 和装 

正 僭 拾ニ錢 

郵被 四錢 



むかしく、 威る 里の 莊官が 家に、 月 丸、 花瀨、 

€ なん 呼べる、 雌雄の 犬 わ-^ け- >、 年頃 忠實に 

主家に 事へ ける が、 或る 特、 其 近傍の 山に 住み 

ける、 金^ 大王^ 云へ る、 いさわら^ (-. しき 虎 

の爲 めに、 嚙み 殺され、 あいなき 最後お さげけ 

るが、 をが 雌雄の 間に も ふけた る、 一 子黃金 丸、 

艱難辛苦 薪に 伏し、 膽を 嘗め、 首尾 能く 親の 譽、 

金眸を 打取る、 一 種 新 趣向の 復謦談 を、 趣 山人 

が M の 飽麗 流 調の 筆 を 以て、 面白く かきつらね 

たる^の .>&ゥ。 



紅葉 山人 著 

江 見 水 蔭 君 著 . 

⑩今 



7N 



正惯 十二 錢 

郵 稅四錢 

正慣十 1 1 錢 

郵税 四錢 



.$2w$/$/WNi,s>wws/vc.s>/>»/<,»/>>/WJ I 



I • • ^ i d_ 



巖谷漣 山人 著 



國國醫 nil 國画 國,1 画國 國國國 画驪國 闽驪通 

画: — 

& 画國國 陶國國 固 國國國 ■ 國國囫 画^ 画 画 



暑中 沐睱 i 



全 一 册和裝 

正惯 十二 錢 



署中 休暇に 於け る 少年の 行 ST 叙し 來ゥ て、 理 

想淸く 着眼 潔し、 天使 謠ひ、 星 文 舞 ふ、 神韻 躍 

6、 琴線 鳴る、 少年が 滿胺快 の 情、 1K 眞詩美 

の 境、 穿ちて 微に入 <>、 窬 きて 神に 通す、 嬉々 

^して 父母の 前に 盤旋 し、 怡々 さして 弟妹の 傍 

らに 談笑す、 山川の 色、 雲煙の 美、 悠揚 相迎 へ、 

夜々 睡 遊の 夢 勞 せし 莊麗 なる 城外の 風景、 翠 

霄參商 を 隔て 鯨 山の 低迷、 藥 事を談 せし 朋友の 

面貌、 愛せし 所の 花 丼、 植 ゑし 所の 樹木、 或は 

蒼 波 萬 里の 海に 役し、 將に萬 丈 怒 雷の 爆に 浴し、 

幽勝 千 W の 境を躋 -rs、 白雲 靑 山の 邊を 踏みし、 

凡て 彼等が 天 具の 詩境、 自然界 裏、 巧みに 少年 

の 品性 を 描き、 讀者 をして 坐 に 明治 少年の 面 

貌を想 はし ひ、 本書 は實に 夭 國樂 園の 記事、 品 

性 涵養の 好文學 淡な ク。 



WISillli* fl i 



隠 —て大 し I こしの 兇 家 我 黑魄ま c もる 剖 好 甲 
瞧 雙急珠 て 是む少 夫 門 愛 夭 窮る命 巧 大し譚 矛 

隱) の溪小 滑れ 他年!: は 子!: し 家し 妙 黑て筆 侍 

M 美に 珠稽 偸に 讀寫曰 は 得て 門て ダ f 芋 精 gtt 
P 觀 下の 縱々 趣 者し を 手る 死 繁東穩 を 細婉是 

m 早る 盤 潢快咏 を正逐 おやせ 榮戲 本寫深 曲れ 
聽 く か 上意々 饒し 實ふ颦 幸ん の 山 書す 刻意禍 
讕 請 如に はな 多て をて け 運 さ 商 護の や 其 匠 福 
m 翁し 落諷 るな 不叙 再ての す 人 國發他 肉純遥 
^ の 甲つ 世 三る 識 しび 再 曙る一 院 端の 幾 潔 環 

M 眼 子る 嘞題滑 不虚榮 び 光 も 度 や ネ舌塊 其 E 

纖 前 侍 か 俗 噺稽知 僞ふ現 漸の之 大大頭 其 正直 

欄 に 如に 筆 譚道を はく 幾お 黑黑ょ 骨實爺 

m 輝 申く し はお 德彩 其れ »度 矢 夭 夭え 幾な 2" 
B か 待 輕て流 添の^ 好 落き 》 ふ を信揄 節る i 

n む幷舟 冷麗ゅ 素る 漢魄 生が や 失 仰 出 其 好 p】 

i に に笑輕 こおの を せ 別再數 ふ のし 靈漢, 
霸 是駕& 快 は思處 描し せひ 奇 に 商て 驗を榮 
^ れし 出に 實 はかき 我し 大落始 人尤ゎ 解の 

S 醫 



『ョ, 

§ 甲 S 新 



子 





^ § 正惯 十二 錢 



.J 峨の やおむ ろ 君 著 

國國 ■ 黼豳國 國囫驪 膣 驪驪 圄崮國 随 豳驪國 全 一 #i 

國 姊 ビ リ . 

陽國 1! 画 固 园 画圆囫 關!-驪 國画囫 圖 國騸騸 

和樂の 園に^ き 溢れし 笑の 花 は實に 人生の 

純 善 純 美なる 者に して 1 家團秦 の!^ 玆 にわ 

AVO ー國 1^ 和の ii^ 玆 にわ.^ 姊の 仁愛 《甚薩 

の 如く 弟の 悌友は 神 子の 如し。 一 國 民の 君 

に 仕 へ 國に盡 くし 親に 盡 くす 皆此 仁愛 さ储 

友の 心お 擴張 せし,, 外なら す 本 翁 a 嵯峨 

の屋 君が 一 種神靈 純潔なる 筆を揮 ふて 姊£ 

弟^の 無邪氣 淡泊なる 談話に 托して 父母の 

厚 £、 お 右く は 人生 薛 倫の 大道お 說 示した る も 

のな 6 西 人 は稱し て 日本 を 童子の 樂園 £ い 

7, 我 明治 世界の 童子 文 學社會 の 大家よ 

う 這般の 面白き 物語お 受く、 其 趣向 威 想 共 

に 著者 自 から 子供ら の 位置に 轉 して 著述せ 

られ たる もの なれば、 わ^け. >^き 兒童 一 度 

本書 を繙 かば 忠孝 » 偷の 大海に 先つ 立 動か 

す巨濤 さな. o、 億 萬の 兒童は 喜んで 之お 誦 

せん。 



3HS 



待 



全 1 册和裝 

正惯 十二 錢 

郵 稅四錢 



U 傳直プ 、高 ®«« 如 肆る名 化し 度 f 全め 富 夭 河 tip 米 来 来 来来离 fi 
/^記ち g し々 の 地く タく朽 のし 反逆し 老膽 冠衬ま "-^ - 

U なに レ 本む K を 貲に鞋 好手 » 旅 3 ミ 中の を端も 
5 « 其 I 書し 害 墾利乘 、材 のの のれ 某 智有置 ま 
! pi 心- ノ 之て を さはし 紙 料 動 靈老ば 侯 略せ は 
f i: ョを輝 治 河 海て: i なく 力 爺 固お 新 ゥ實柔 



^ 、措シ 叙き す 流の: E をら 所 をに 是し井 、にさ 
^ 丄 のし 渠 る!: 如 材飛さ 目 呼 誡れて 白然人 f 
其 高て かに 通しのば る の ひめ一 坐 石 I) 間 尜 
ゥ、 腸 潮 快絶 至し 若專 し^ M 起ら 箇ろを の II 
妙 を!: 麗 世て 奥し 買て しく しるのに し渠眞 1 



n 

村 

瑞 



!橋 
穸太 



小 剖 描簡の は Z 羽 失!: 高 祭所滿 、 愚 嗟て か « * 
說 くき 勁 才^ のれ 試 堂 餘悉眼 や 鈍 嘆 端 明 亡!^ 「 - ま 
な 實て殊 望 か海官 むの の く 皆 胸な せな 敏し! 尖 盗 来 ^ ま 
b に は に隆ー 才欠果 是黄中 るし くの て 米 米 米 
— 側か々 代お Irg 、磚瓜 れ 金に 車む 諧才驚 
部寫 のさ の 開 奉 は を 踏 富 世醞カ 《美 幹 く 
の正ィ し 功き し 泉修破 貴界讓 C 雖せ渠 ベ ^ ^ ^ ― 
ひ 好寫ゾ て業大 ての めせ 功 どせ 一 もし かき 錢 おお T\ 



A 



稅 
四 
錢 



正 
儇 
十 



全 

册 
和 
装 



m 

謹 



»國 謹 匪 n 

» 村 井 弦 齋君著 




^ 1 - ^ : ト?, i き 册! ぶ.^ 

纖紀 文大盡 |正價十ニ錢_| 

^ 1 J 龍 郵 稅四錢 ^ 

商界 の大英 傑 千古の 快 男子 紀文大 盡の性 羅 

行、 精 描 神に 入. < ^潤 彩 目お 奪 ふ 文 情 絕世實 霧 

に是 少年 文學の 沘觀雄 色、 紀 文身 漁 衬 の邊 I 

隅に 生れ 早く 吞 海の 氣 あう、 至孝 舜の 如く、 ^ 

病 父の 爲 めに 竹蜻蛉 ま f 明智 夭の 如く: 

閭の爲 めに 大 を仆 す、 商家の 秘訣 幼聘 

の 口に 發し、 胃險の 精神 髫垂の 口よ ゥ 辯す 、優 

百 里の 洪濤、 密拊數 千筐、 京阪の 境 基鹽艇 數嫌 

千 尾、 生死の 巷 を 踏み 窮 命の 路に 入. 夭 下, 

の 豪商 さ. >8> り 宇内の 壯觀を 集む、 忽ちに し ^ 

て 有國の 火 經濟、 忽ち にして 豪游の 大 快舉、 邏 

爽快 雄 潤、 遠く 漢 高に 駕し、 機智 深謀 近く 南 目 

洲に 逸する の狀、 躍 然^して 目に ゎゥ 、著者, 

獨得 の 文 思 壯麗渾 成 の 光彩 手 從 つて 體揮 ■ 

す、 實に 少年 文學の 絶世なる ものな ゥ。 鐘 



九 




全ー册 和装 

正價 拾ニ錢 

郵稅 四錢 



村 井 弦 齋君著 

画國 u 譚國 園11 匪^ 画 B1:B 画 画! 一 

I 近 江 聖人 I 

き 画一 1 圖 國画譯 1 画 固, 國!! 纖驪攀 5.«b 

桃李 言 は ざれ >」 も 下自 、で ら溪 >„ ^成す 中 江藤樹 先生 の 籙化 

宇内 Li 洽く 近な 聖人の 名 聲< 道に 高し 面して 先生の 幼時 

又 是純孝 si の 性 斗瞻敢 B の 家の 小 暦^:^ けて 無頼 

の 少年ん、 睨お し 故^の 怒 母な 慕 ふて 滿 天の 風雪に 間關し 

して 1^ 兒グぉ 感化し 德行 逃り て 全 滴す るの 狀 

弦齊主 入 *p 繊麗 光明の ^^借りて 之 す 所謂 匹夫に し 

て 百 ±1 の師 V なり 英名 偉 1^5- 天下 後世に 擢耀 する の 風采 殊 

に 少年の 時代 性行 叙し 去り 叙し 艰 りて Si 靈天に 潮す 

原 抱 一 萄 主人 著 

■ 画賴 II 画 国 11 囫國画 國園國 n 國画画 n 

"大 石茛雄 1 

醫 P1 画國疆 nil 圖画 11 画 〔1 國园 画 画 画 f 

正 Is^m^ve^ 引て 容 に SgS わさろ の 忍耐力、 是 1^ 销 して 

蓄拮カ >」 いふ 、英雄 巨人の 大享 業大 偉功、 皆蓄稹 力の 原^、 

大石茛 雄办此 琴線.^ 彈 撥した るの 士 なり、 主.^、 *>玲 確の 

意匠、 透徹り 彩攀, 能く 此 好漢. る、 小 激 主君 

の 主命な 死, あり 救び たる 一 少年 池 ffl 休 馬 V、 秋水 一 觀元 

祿 の! なリ、 社稷 亡び、 綠 にろ ゝ や、 端し なく 彼の 朐 

中に 醵釀ぜ し 榼 力の 一 ぼひ 起し, 風 雷 雷電、 龍驥虎 

變 忠",^ 義勇の 士、 大石良 雄の 名 、永く 千 1^ に炳 倦す るに 至 

るの 狀、 手 に 從て 縱檳 35 揮す、 描寫綺 妙 夢靈焖 射、 八 生の 

粹美 VJ^ 抉く、 少年 諸君 一 度 之 讀ま は、 大石ー 雄 其 突*^ 

通し、 其 f$ 業 終リれ る 原動力.^ 感得す る や 必せリ 矣" 



疆 



全 一 册 和装 

正 價拾ー 一 錢 

郵税 四錢 



3 幸 田 露 伴 君 著 i 島 華 傷肅) 

H 國 IB 園 nsn 國猶 國國 國11 画 圖囫, . 

^ • > » ^ >| 画 全 一 刑和裝 

,:|画ニ宫尊德翁匪1^;-5 

M 圔, 画 塑圖 國画 画: sni 國画翻 圏 uli- 

0^ 尊德翁 特旨 ひ以 從四 位は敍 i 

る 翁 一代の 事業 之に 由て 六に 光ぁリ 近頃 朝野の^ に 盛な- 

ま ろ 信用 f 口 法の 如 さ 西洋 Ms の ものに 非す 55^,, 糸の 4^ 

d 夙に 之.^ 案出して に寶 行す る 所ぁリ 翁の 偉 入れ:^: J 察 

^ す へ し 其の 性行 事業 等 露 伴 氏 】 種の 攀.; ^以て 平 2 簡通、 

M 婦入小兒•.,1U解し?.I^<^樣に叙述ぜリ今ゃ天下有爲の士多 

6^ く 心. stj 業に 寄す 尊德翁 > ^悉 せろ 此書ハ 特に 有志 者の 1 

^ 讀 すへ き 價ぁリ 豈货だ 少年 必^の みならん 



^ 高 隱太華 山人 著 (富 岡 永 冼啬) 

PI . 全 一 册ぉ裝 

11 太閤 秀吉 iss 

"11 國 8}B1I 羅 1- 匿 I 匿 uli 黼 

U 矢 部 五州 君 著 (藤 島 華 傳畫) 

J 醫 画 國:^园>國 園 顯:1^,國 画 画國画 11 画 、 

M II lb 通 全ー册 和装 

:! ■ 德 W 家康 i Is 

^ f j 5 ン F/ 郵 稅四錢 

M 11關11 画画國 11 画 园譖關1; 画圄囫 圄國圄 



^ < 















全 一 册洋裝 

正惯 威拾錢 

稅四錢 



豢 



13? ^ • き r i? 47 ,。 # • ^ "(一 9. 

三 t:VB 朝 5^ 演 水 野 年 方 薪 

【何,.虽昌,@:;1^1遍.显:^^^ー通,|1灣^„1 ^隱顯醫鍾國磁 

i 醒 八景 喁田川 I 

嚷 > rfi I ゾ匿 

"我:^ 帝都の 永 だ 風 葛蕭條 たる 武蔵 野た. し に 1 

f 當て隅 田 川の 名 は 已は詞 iiel 章に 知られた. <>、 6 

,1. 次で 德川 氏の 江 R 城ウヒ な. て 蕭條の 曠野 は、 草.^ 

ょ^^出で人草に入-^^-にし月も瓦畕は出て!^^?崖に/ゾ 

f 入る に 至り、 海內 無比の 大都 さな. しはつれ て、 f 

隅 田 川の 名 も S よいよ 流れて 遠近に. 響き わた, り 

ぬ, かくて 文人 詞客爭 ふて 月に 棹 さし 花に 歌 ふ, 

の 名勝^な. しょ. 好事の A 遂に 兩 岸の 險區 八、 き 

所 を 選びて 隅 田 川 八景 を ど 定めぬ、 眞 lg の 月^: 

^;^、 6 髭の 暮雪 ざ いひ、 待 乳 山の 夜雨 さ S, 

f 草 寺の 晚錶 さいふ、 其 間 を 卜して 富 商 豪賈の I 

, 業莊園 を營む もの も少 からすな む、 兹に さる f 

類; 3 の 物 持に 何某 ざい ふ 人 あ .cs、 眞 崎の 邊 にい t 

f さ 風流^る 隱宅 Aj 搆 へて 住みた るか 1 人の 娘 を I 

もてゥ 、 此家に 希代の 强賊の 入.. ける にい かなて 

る 宿世 や 有け む 此の 賊に S 想し ける よ, 萬變千 

卜 化の 奇談 を 生 卜た る 顚末を 彼の 有名なる 三 遊 亭、. ^ 

7 圓朝 が 闽 の 得意 の 辨舌を 揮 ひて 述べられ たる f 

一 もの 即 この 八景 隅 田 川な.. o、 忒の辨 舌 意匠の 巧 一 

は 知る 人 ど, 知る、 世.^ 面白き さいふ こさ を 嫌 ひ 

たま tt ぬ 方 々ハ 早く 1 本 を 求めて 讀み 給へ かし 



|1 三 遊 亭圓朝 講演 水 野 年 方密寄 (三 版) ダ 

PB 國 iila 画國, 纏^ fi 画 画 画 画 IrlulflB 邏 . ^ 

, y :c M ん墜 全 一 i 洋装 

,通 政談 月の 麓 I SS . 

y 驪國画 隱隱譖 画 画一 Ipu^il 画 画 1 一画 國 f «| ^ 

f 三 游亭圓 朝 丈 一 本の 扇子 ゥ.. - 一握の 手 巾 を 以て 巧き 

に A 情の 眞を寫 し. < をして 喜 笑 怒辑禁 せ^らし 1 

^ む 元 さよう 尋常 小說 家の 牽強 的 述作の 比 はわら 1- 

す 本書 ハ寶暦 中 依田 豐前守 曲 淵 甲斐 守の 一 一明 奉 

行か 江 に 起 力た る 毒殺 事件の 裁判に して 圓朝 

丈の 口演 を 一 言 一 句 も 改めす 速記して 美麗なる 

讀み本に仕立てたる^^-の^^ぅ 

ね 採 翁 散 人 條野傳 君荖 水 野 年方翥 

眉 國圆噌 画 画 國画国 3Blsllg 國画國 up! f. 

I 痘痕 傳七鄢 g ^ I 

^ 鼸圆 驪画囫 画墜國 11 画 匿 画 E 画國區 ! f 

,痘痕 傳七郞 ^は 何人 ど、 痘痕面に 滿 ちて 醜 さ 言き 

ト はん 方な き 人な. <rs、 され <$J も 文武の 才幹 衆 k 秀 ^ 

^で世に稀4^^るべき入傑な.0、 沈 魚 落雁の 美貌、 ^ 

, 而も 威 櫂赫々 たる 要路の 貴 顯の姬 君に 思 はれて 

其 婿^なる、 さて 姬君は 思 はぬ 橫戀慕 k 逢いて 

貞節に 驚れ しょ. 千 緒 萬 端の 奇談 さなり し 面白 I 

き 小說 な. ^ 



wrmmrwrri 



|i 佛! i 學士會 院長 ジ ュ マ 氏 原著 



さ 



日本 文學士 小川 忠武 君譯述 I 



画11^1园画1國11圆画ー爵1|1| 



膠 il 園 ¥ ニ册大 

!判洋 頗 



1_ 



美本 正 



li 佛蘭西 一 一人 皇后 国ぎ i 

ふ》 釅画 IT ゆ 鬧 画 Lii 匿 画囫圆 画國画 11 画 圄〔卿 画 St*; /| 

Zi 文 卓の 脚色の 巧: なる 多くの. 化 者ん」 して 夙に 名 

聲.^^5ゼるけ佛阔有名なる^士會艮^小說家泰斗ァレキ 

" サンド.^、 ジ ユマ 君に して 紅 家の 俠與- ^ひ 革命の 慘剽ミ 

並ひ稱 ぜ ら れて歐 洲各國 の好讀 者.^ 感立風 動ぜし め > 

ハ 本書^ 蘭 西 二人 皇后な". 箪ハ剪 ssr 意ハ 風霜 雷 

b 焚、 犬 花 かに 吼ひ. 后 蒼荅. ^ 踐むの 情事, 奸 伎の 美 入、 放 

^ J^- の 潜 正、 有無 變 幻 出、 浅 自在、 讀 者 して^ 然、 呆然 而し 

^ て 逢に 本 誓. 終りし 其;^ 味.^ 忘ろ 、 能:! さらしむ 



^ 文科 大學 敎授內 膝 耻 叟 先生 

% 東京言啞學校長.^^西《八先生玲ヌ 

ss^: 子 佐 藤治郞 吉君藉 

^ 18^ 國画, n 园!! 画 SJ 曙 园譖國 画园國 

""新 伊 蘇 普 物語 I 



全 一 册 大判 

密議 入洋 S な 

正^ 拾玉錢 

鄱 稅四錢 



画-: メ > - - . メ, --:i【l 

画 画 lifps, 闘 E! 國画 1 画 画 画 画11 画 囫 

水?? I ハ 传礎君 鋭し く 教育の 任に 當リ 多年 s^. 驗事 置の 練 

2 以て 木 書 編 慕され たる 者な リ實事 の 繁簡 難易 力で^ み 

て、: て 成る へ く兒 童の 思想に 親切なら しめん 爲 め 多く 耳 

,に に 馴れ 易 さ 便睛 採リ 種々 の 斬 新奇 絡なる 抦 列 叙せ 

f リ加 ふるに 鮮明なる 美邀 数十 制.?. 挿入し 以て 兒 竜の 目 vj, 

力、 惹けリ 故に 一 度 本書 繙け ハ兒童 して 容易に 倫理 道義 

J\ の 大本. 知らし め" の德 性. ^涵養せ しむる 得へ し 世の 

T 教育家 亦 參考の 材料 >.> する LL 充分の 3^ 慣 あるん 信す る 也 



お 



?/、 



きそ-,, -.85«8£5? ifarafrlBBB— ■— BBWaME—B -BBB— n—BBB 



^福 地櫻痴 先生 著 (富 岡 永 i 1 

》\ 圄「凰 國國 墜画國 I 囫画画 ■ 画圄國 ■ 纏 匿國國 11 譖全 一 * ^ 

, 1 關和裝 正 C 

画! W へ 一 r 乂 



士 一時會稽曾 我 冒嶽 

面し、 S 



錢郵稅 ^ 

六 錢 ^ 



^ n 國國圆 画 画 囫 画 画 11 画國國 画國回 画!; 画 國國國 

W 此劇 tt 故人 近 松 門左衞 門が 荖 作の 院本 曾 我 ^ 

會稽山 を根據 さし て 櫻痴 居士 瀰地 先生が 需 5^ 

^に應 卜て 演劇の 脚本 は更 作せられ たる 新荖^ 

^ な. 失れ 會稽山 は 近 か 名作 中の 名作に し ^ 

^ て 趣向 斬新 頗る 妙案な 6 さ雖^ も 脚色の 易 #、 

^ から^る が爲に 未だ 是を 劇塲は 上らし めた 皿 

^ る 者^ し 然る を 先生の 健筆 を 以て 巧み に 之 # 

^ を 修正して 潤色 を 加 へ 更に 其 奇觀ぉ 添 へ 殊 

,お 歌舞伎 座..? 圈+. v| 

i 鄢、 菊 五 鄢、. 左團 次の i 醫 

J: 乙れ を演 する. U 以て 其 非凡の 新著た る を 知^ 

I あ るに 足れ. isg ふ此 書を繙 きて 极櫻雙 美の 文 |1 

^彩 如何お 觀ょ ^ 

十 1 



⑩ 



• 福 地 痴 先生 作 富 岡 永冼書 



東鑑 拜賀卷 



全】 册 大判 

洋装 美 木 

正惯 拾五錢 

郵 稅四錢 



附錄 春舆鏡 獅子 ゆ 

此 作に 樱.: i 先生の 健筆に 成れる 新著に して 先生の 傑作 中の 傑作 + 



先生の m 力、 ^22神證み來て;^^支^にれ53,.1-^、}:%* 

リ なし 此 作の twvol?-f 萝^ K1 ひて BaT^la^ 

rl^ ^ 者 Jynllft 先生に 乞 ふて 之 蕩 に^ぜ リ, U て 其 妙 作 

51 ^ ^^ぞ^^^たろ.£.^んに餘リぁリ諳ふ 1 讀 して 排悶 一 

の 料に 供し 玉へ 




福 地櫻痴 先生 作 富 岡 永 洗 書 (再版) 



ば ら ほ れの か ち S ご き 

原譽 凱歌 



全 一 册 大判 

洋裝頗 美本 

正慣威 拾. 化^ ゆ 

郵税 四錢 # 

此編は 先生が 歷&^ に據て 著作せられ たる 新案に f 

て 趣向 神 逸文 章 絶妙 實. に 今 代 近 极我國 の 沙翁先 ♦ 

1: 



は 歌舞伎 座に M て圑 十郧、 菊 五 郧の諸 名 

® 乙れ を濱す るに 付き 即ち 之 を刊 行す 1 讀 三嘆 

の 名著 近來の 奇書な...' 



iv9 



. や 2 



福 地楼痴 先生 作 富 岡 永 洗 書 (再版) 



女 



全 一 册 大判 

正 惯拾五 

郵稅四 



此書 はさ さに^^ &座, に 於て 興行し 大喝 釆ん、 得たろ^ ノ I 

4^ の §4 ^なり 身替 新田 は樫痴 15 士, か 近 松の 原作ん、 攻頁 した i 

ろ 妙案 女 楠 は 居士 ゲ 近來 の 傑作 新田 涌 兩將の 51 烈 悔悚淋 离情神 

紙上に 溢れ 鬼 泣き 神 哭す實 に歷 史劇の 上乘な リ購讀 もって 其然 

^ る.^ 知リ玉 ふべ し - 

• 

獺 地櫻痴 先生 作 桂 舟 永 冼ニ氏 害, (四 版; 




全 一 册 大判 

洋装 密 Hi 入 

正價ニ拾^25 

郵便 稅四錢 



本書 は 先生の 健筆.^ 以て 其 事蹟. 劇 脚本に 著述し 次郎、 P 江戶, 

こて 四 鄉に會 して 志 たるに 起り 情 忍て 妻子に 别れ月 照 暴 

*^助て薩摩に下り西鄉の溺死v^援ひ大藏谷にて黑田fe-にii^^してk 

尊攘の 事 し 日華 丸の 船中に て 捕 はれ 一 "J 岡 獄內の 苦 > ^許され 

て^ リ澤主 水 正.^ 戴-きて 但 馬の 生 野に 義兵. 5. 舉け 戦敗て 幕 兵に 

捕縛 ば.:^ ろ 、 迄 七 幕に つ .-、 め賈 に悔慷 悲愴 當日の 狀.? る, い 

如し さきに 川上 昔 次郞に 授けて, U れ &g せり 1 讀 して 神 泣き 鬼 

哭マ るの 趣あろ^ 妙の 愉快の 文字な リ 



一 Acs? 



驚 • 统'. =* 佛 韈 賞 




く れ R 3t 

江 石 嵯 まき 廣— 村' 川 メ^ 

m 

見鵡 椅樓 の予 津 、民 并 神上孙 e 




む 

^ 15^ ろ^ 齋山 




li 明治 文庫 第 K 



⑩霣辨 せ 



菅 



山 



人 



をみ だ あめ f> の 

(其 一) 涙の 雨 も 凌げぬ 浮世 

こけ &ろも かさ さむ つき も ひさし かせ くしゃく <» <* L きゐ ね つも 50 し こしよわ K まい ULf^ くぎ 

笞衣 重ねても 寒し、 月 洩る庇 風 戰き、 九 尺 間口の 敷居 落ちて、 積る 年に 腰弱き 雨 tllj 1 枚、 節々 の 釘 ゆ 

み もんぶん き 1» がち ゐ *>ま10 わ はしら S> た さ 3 もど み 

るみて 身に 寸分の 隙間 勝に、 いつも 居惡 るく、 柱よ ゥ 曲がみ て 立てば、 内の 樣は 外よ. 見えす き、 

ふゆ かせ わん si ふきこ..' L^5C やぶ は へだ もで び や 5 ぶ を や S ちわ 

冬 C つれな き 風 も 遠慮なく 吹 込み、 障子 も 破 6 果て、 隔てさ はなら す、 袖 OS 風 さへ 無き 家の 内 $: 分けて 

»*» ♦* が ゃづく W- か ぺひビ へ ビ をり f み か &|> l?s> あし ある ふる fts- み b- しき ひど ま 

哀れな ゥ、 長屋 作の 壁 一 重に 隣 わる は德 わる 身す がら 悲しく、 摺足で は步 かれぬ 古 疊八ッ 敷た る 一 間に 

る 3 ね <» きゃくまの. J か てん e や 5 やね 5 ら ほか せんだい ? 5a ん の. J ゆ てんまん 々う & ふ 

居 問寐間 客間 殘らす を 兼ねて、 夭 井^て は 屋根裏の 外にな く、 先代の 住人が 殘 して 行きし tK 滿宮 の御符 

を s> it はしら は け ふ かひた て ふ も 3e つ ほね あら ひ *• われ かぺ おち こしば 《- f- ん ぶん. L か 5 けん 5 も 

煤 J ^汚れて 柱に 貼られ、 今日 買 立の 襖 實は骨 露 はれお り0 胝 割し 壁 落 かゝ, CS て 腰 張の 新聞紙 効驗簿 く、 

や ©Sb て あか み わ ほ^ふる さ ほ! Sj ねづ みあ を3 だ ふ ふせ こど もみ .s-- くも も はら 

遣 の 手垢の 見分けられぬ 程 古びぬ、 去る 程に 鼠穴 叉 も 殖えて 防ぐ 事 も^らす、 隅々 の蛛蜘 の巢拂 へ^ 

■ たか ざ しき 》* んをか a ぶ じん かみ かさ きつねいろ か は SB りさん « を もの いろ 

も 又掛 くる。 座敷の 具 中に 一 一分 具の テゾプ 、紙の 笠 ii- 狐色に 變 りて、 周圍 三尺^ 離れて は 物の 色 もよ く は 

み 1 もみ f つきよ かげ くら つちやき ひ ばち -J ん だい ひ S- で ぶる KLA あ は S ちち 

見えす、 况 して 隅々 は 月夜の K よ 6 は 暗し。 土燒の 火鉢の 身代の 胝出 たる を、 古き 錦繙を 張. 'て Ite を 



雪 折 竹 一 一 

しの その ハき ひど S- をん み む. め をい しょく ひど K«L > よ '? 

凌ぎた る、 脇に 一 人の 女 —— 十六 七の 娘、 內 職に 人の 縫 仕事して 夜 もやう く 深き に 休み もせす。 

み かほ か t! ち ひど $ よ つね 5 つく > ま き * - め C ^1 ' % r . 

見れば、 顔形 人 勝れて、 ffi の 常の 美し さに はわら す。 負けぬ 氣の眼 キリ 、さ 釣.? H.O て リキゾ たる 

ヒ ころ を どこ くち も X- あい こ がた は を どころ ま ゆ やさ ち ざ 5 を s> ひ い ふ 

處 男 らし けれ <^、 口元 愛 くるしく、 小形の 鼻に お €^ しき 處ゎ ,90 眉 は 優しき 地蔵 形 はして、 額の 富 

f は jSiS の 1 ^^^せりけ るべ し。 の Si せ たれさ 滑かド 淸く麗 はしき 羽二重 肌、 これが 臭骸 

つ、 み ふし. t ひきし <» つまさき いか 、 、 を か < > t^stii 

を 包む もの さは 見えす。 rJ ささら 節々 の たる さ、 爪先の 如何 はもす 4 & ほなる は ヰ 々力、 る a 店 

のケ を さけ あめ かせ この ひど Bfr がた tl , ) ^ 

k 望まれる. の わらす。 情 をき 雨 も 風 も、 此 人の 花の 姿 は 損 はれぬ なるべし、 綿 銘仙の 綿 入に 怪し 

いろ さ H ん かさ かみ あぶけ ねく け かほ つき ik がた あ tt み. - * xr- 

き 色の 褪めた る 半襟 を 重ね、 髮 に油氣 なければ、 後れ毛の 顏 i ^パラ 付た る樣 姿に 合せて 見す ほらし 

た を ビし& ろ む をめ 5 ち かま たしろ い は tj> K$ ひ &> け ふ ろくめ S くわん あ も きざ 

同じ年 頃の 娘の 中には、 顔に 白粉 を 離さす、 髮に 香な き? -さ 無く、 今日は 鹿 鳴 館に、 明日 は 歌舞伎 座 は 

も o ひ あ を くら 5 きょ <• か かせ 》* L *J のむ .*< め いま しょない < L 

其 日-/, \ お遊び暮して、 浮世に 如何なる 風が 吹く か を 知ら^る も わるに、 此娘 今から 世 帶の苦 を 知 

ほ うち け ひたい さむけ た いま む. *> めざ か かく ズレ ひ ,ど M み P めみ, 

めて、 頰に 血の 氣 をく、 額に 寒氣 立ちて、 今が 娘 盛ゥ、 隱 したき 年 を 一 ッも 更けて 見せる、 其 身 はした 

ら^れ は < ^悲し かるべき。 

rr ひ W つ r にビ -<ら み & 6, しんみ サ あ 《^ ら ビ ころ どい 

しき. は鏠 立る 手 もさ 不阖 暗く. たるに、 見 上れば ラシ プの眞 短 かくな AN て 油の わる 所まで 届かす 

み 5 お 《• も くら あぶら さ 5 ちがう こ が ひ しんだい X い f はづ せんかた みづ もゝ S , 

見る 內 にあた. CV 薄暗く、 油 注さう にも 1 合 小 買の 身代の 餘称 わる 箬も なし、 詮方な しに 水 を 注ぎ入れて 

あぶら i しん あぶら 》* へ & ど あか * > だれ こど * し , ひんく So ち も 

油お 浮かせば、 具 やうく 油に ひた 6 て^ M の 如く 明るし。 鳴 呼 誰が こんな 事お 敎へ しど, 貧苦の 入智惠 

^見る は ^いぢら し。 



む もめ s»*t で. 《, ち ね こんや はか ゆ むか ふ L» , ひ, W 

娘 は 今 袖口 を鏠 ひか ゝ 4 しが、 《今夜 ハ なせ 渉が 行かな S ん, たらう、 か 向のお 重さん ハ 乙ん.^ もの は、 一 

« ん しあ し まひ わたし を おも お 、どつ 

晚;^ 仕上け て お 仕舞な さる けれ <^、 私 は 慣れな いから いつ も遲く CN て …… 遲 いさい へ はお 父 ッ さん はい 

かへ c おそ こビ i » おも.. J & どて ゃ ゾ ^ 

つもよ 6 お 歸の遲 S 事 …… もしゃ 何 か 有 ゥ.^^ ん ではない かしら (思 は卞 仕事の 手 を 止めて) 父さん も 

5J ビし この さむ よ かせ ふ この &ろ < らし & しんば い 

取る か 年お や あるし、 此寒ぃのに夜風^^^吹かれてさどかっらぃだらぅ …… 此頃 n 活 W に 御 心配な さる^ 

み からだ fts やせ けさ かみ か あ どき しらが み どき 

見えて、 身 體も大 さう お瘠な すッた …… 今朝 髮を梳 いて 上げた 將、 白髮の ふお たの を 見た 時 は^んな は 

か,^, いき ふ どころ て さしい せ ら< あ をん を 

悲しかった らう (ホッ S 息をついて 懷に手 を 差 入れ) 何う かして 樂 にさして 上げた S けれ ^、女お やわ 

いくち て だ もけ でき はいい ん 

るし、 意久 地が ないから、 * ゾの手 助し か出來 やしな S …… ァ、 兄さんが 生きて かいで ださ、 此檨 なし 

こど どつ き れ 5- ざ しき るん きょ じょ こたつ *5> か しんぶん & らん 

がない 事ハ しま Si£ …… さう したら か 父さん も、 奇麗な 座敷 を隱 居所に して、 E 鍵の 中で 新聞で も 御覽 

わたし いま e ぶん こど さら ひ も にんぎ や. f き R- の こしら 

.3^>すジてねられるだらぅし …… 私 も今特 分は琴 のお 後で もして …… もれが、 濟ん だら 人形の 着物 を 製 ひ 

け ぃビ あみもの ね もしろ くら こどた. 》 e 

て やった 6、 毛糸の 編物 をした. して、 さど 面白く 暮らせる だら うし ァ 、 ./\をん な 事 思つ ちゃ 濟 

まない …… をれ ようかお 歸も 間が あるまい から 火で も 起して 置き ませう》 

ひ ばち はいかき さ ❖ も、 たね た せん ひわ づか いき 

火鉢の 灰搔 探れば、 桃の種ほ^|な炭簡の火讓江息をゥきた.<.^0《ォャ乙んなは成っちまったょ】 

もみ あらき もみ ads' はか B-*?A; ど S- だ たくさん ゥ け み ま ひ ふきだ を w たもて あ 

縦の 荒木の 炭 取よ. <^、 量 炭 取 出して、 澤 山に は 注 かす、 消 炭 を 一 父せ て 火 を 吹 立つ る 折し も、 表の 雨 ガ 

あ いつの ぶろ. J きつ、 みかた かっか 5 * どこ む もめて あが 

タゴ ト V つかえ » がら 明きて、 五 布 風呂敷の 包お 肩に かけた る 五十 恰好の 男、 結び目に 手 を かけて 上 d 

S ^ おろ つゆい まかへ かへ さむ っゝみ 

口 は 荷 を 下し、 《お 露今歸 つたよ M オヤ- S 歸,. ^なさ S1>A し、 さど.^J寒ぅru^t;んしたらぅ、 包 はさう やって 

雪 折 竹 111 



し 


れ 




な 




- 


し 


ァ 


歸 5: 


ク 




う 






壁 i 


お 




か 




鮒 拿 


ァ 


タ 


な 




ら 


た 




遲 g 






わ 


借ね 


I 


ら 


U 


の 


お 

程 B 

チ 






3>1& ひ 




fj、 


ハ 


か 


乂 




る 






ね 


な 


甘 力/' 

1-1 ん 


さ 


ん 






古 i 






方? 

ノノ /(. 




が 


露ろ 


見み 


で、 


で 


田た 
" 、:、 も 


今ミ 


び 


れ 


痒 i: 




さ 








煮 


t 

7 


t 


% 





夜 や 


れ 

W レ 




さ 


片き 




% 


歸 え' 






か 


る 


ね 








る 


や 




ま 


%、 


に 《 


燒? 


下^ 


隣? 

暴"^ 


笑な 

ノ、 ゥ 


へ 





が 




錢資 

x» ん 


h 


k 


せ 


し 


前ミ 


な 


撒つ 


さ 


の a 


U 




i レ 






留 £ 

« め 








て 


私さ 


は 





の 




ふ, 


顏 'ま 




ん 


道 § 

序 2 




の 


ま 








か' し 


v> 


fl 






家 か 

"、 ― 






ち、 

'ノ 


ん 




せ 






火 ひ 




O 


ら 


る 


し 


內み 


n4 




や 


だで 


だ 


莒こ 


ん 




11 


鉢 ま 


し 






皿 意 


fl 




元》 

ノ U C- 




な 


力 ゝ 


力 > 


入 J: 

Z 、れ 


fj、 


で 


の 


ま 


さ 


上 あ 


に 




ん 


U 




い 


ら 


ら 






顔 S 


前ミ 


t 




げ 


盛 も 






自し 




力 > 


庄も 






何 S 

1 つ 


に 


k 


力 




優 3 




ク 




覷 § 








兵 i 
衞ぃ 


九 《 


出 だ 




搔か 


1*、 




L 




た 






の 




思ミ 


B き e 


し 


tj ゝ 


< 


ク 


< 




る 




れ 

1 レ 


美 ひ' 






さ 


頃! 




成 * 






力 


十 


し 


田た 

/ふ も 


メ 




X 


を 




て 


ん 


力 > 




t 

y 


娘! 




r 


て 




ばか 






作? 






の 


ら 


の 


ヅ 


ハめ 


座き 






吳《 




力 > 




羊て 


b 







豕 1 


は 


襟 




緣 4 


A 

J 






れ 


晚!? 
方 力た' 


6 




紘 カノ 

'暴" 


て 




ま 


へ 


ま 


m 


f) ゝ 


の 








る 


の 




の 






ら 


寄よ る 


し 




欠か 




私? 


の 


針り 


甘 5: 




代ミ 


き 




な 





で 




ヒ 


け 


石 


が 


で 


を 


露ろ 




筆 S 






て 




る 


ド 




g きづ 


や 




買 か 


寓は 






齒は 




ぬ 
ヌノ 


M 眞ぇ 


夕 


る 


rh! 


る 


k ャ 

健' 




t 




し 

レ 


の 




配!^ fl 


が" 鍮? 


象, 

5t、 ん 


圑条 




X 


は 




見み 






虫? 






ム 


, 


の 






は 








行い す 




ト. あ 


噙< 




し 


れ 


in 


煙 f 




で 


づ 

ノ 




ん 




る 




げ 

,J 


a 




て 


で 


の 


管る 


し 

レ 


火 ひ 


し 

レ 


ャ 




n 






fl 






ゐ 




さ 




# レ 


を あ 




>5、 


1 こ 




さ 




ら 


る 




ま 


遲き 






\ 


煽 i 


M び 







少さ 








に 




し 


< 


お 


害 あ 
円 を 

臭! 




ぎ 


I こ 






し 


力 > 




か 






た 


な 


お、 




な 






て 


ば 






鱧 s 

'liH vj, 






の 




ら 


& 




が 


き 


し 




力 > 


れ 




だ 


は 






n 








i 




つ 


よ 


ケ凝 




は 




え 


れ 








< 


草と 






け 






か 


氣き 




V , 


ぬ 




、、> ^ 




店 $ 


を 




か 








が 


酒 g 


の 




o 


愛き 




て 


マ 




ふ 




父 § 


顏 S 








を 


毒 f- 




て 


嬌容 






ァ 


ft' 


力 > 




さ 








る 


買 か 






%、 






ふ 




舞 ま 


し 




ん 


し 















父き 


添 そ 






れ 





て 




今! 


力 > 






ホ 


て 


た 




さ 


へ 




の 




て 






夜 や 


め 






ゾ 


置お 


の 




ん 


た 




は 






さ 














さ 




の 


b 




を 


: わ 


直 も 






大ぃ 


が 








ま 




好 t 







力、 


私? 


ぐ 






さ 


ら 







四 



り もが"^ ¥ で 動 を はな S 事 はな い M なんです ね へ もんな 事 を …… 子が 親に する の は當然 でさね 

も を こど 6 « めしあが , .- 

ぢゃァ 直ぐつ け まし やう か: K< ^う も濟 まな. sM また をん な 事 をお ッ しゃる よ …… 威張って 召 上れな》 

ff^^fff. 1. き P、TII4KM、 ?は I;; の I^Kg の i にな けれ? れに、 f 

, 」*、5 レ. 4- 2n > ^.1S5 5s ん しき ざ しき ほんせん は せん さ A 

^ がが i の It^ に ん でもな し。 ^^i^is の 内、 うつくしき 戎氈を 敷 つめたる 座敷に、 本膳 二の膳 三の 

i fcs さか づき でんき ど 5 ひか s- る V 5 つ は ど.? &S * よしの も、 ば やりせ いざん ほ. ほ > ) 

i を つらねて、 お の^は 電氣燈 の 光に か > やき、 ©璃 の 器 はは、 東海の g 條西山 の 鳳晡。 氷 裡 の a 

を ir にし、 svr を 柏 にして、 PMtf. m^iEins 

^^の iSl い 5i ベて、 いづれ か^し かるべき。 IT の K 視 に^の の 痣を隱 したる は、 木 曾の 麻衣に 雪の 

ほ % おおむ に 5 ^かす。 おの ss^ は、 お i の^^:? に 颭の歡 酽 くし、 ^の i 鲈に は、 さし;^ ひ 月 も あら 

はな ゥ。 i がる か!! の献、 ^ら かきお は ダイヤ モシ ドの 指輪に 飾らね くしく、 淸き 胸: 染みた る 

fi の ¥ よ 6^11 おちた をれ が g の <m"kiln# の n は& かさね^、 た^ 1 筋の 紅 の 舌、 三寸 不爛 

に ii の SIk なし、 も よく 1! みかけて、 いつ k をき K 笑 ひ、 盃に うつす 影 も ニッ三 1 右く 見 ゆ 

る、 船 i の i は ii^ss ふか、 をれ らす、 《ァ 、い、 心 持お、 大 さう 醉 つた M まだ わ 6 ますよ、 今夜 

5 も あんま (ft からだ S ピき 

はがしぶ 4 ですから 些ッ さか 過; しなさい な M 十 ァ丄】 モウい、、 餘 6 過す^ 身 體に惡 S 畤 にか 

11、 さっき^^5ぺ《||さんの^ろでかぅぃふ^がぁった、 ァノ をれ 今度 通の 三 丁目へ 煉瓦 作の 大きな 家が 出來 

たらう H ェ 、都.. もい ふ B がポ つてる …… さう くわす 乙が をの …… 大 さう 高 尙な 品の S 、料理 



隨 s 老 s 

^ぶ ^ち 
^fT に ― 




檨臺 




什し 

1 丄 


^iし 


ん 


れ 班き か 


ft 


の 




な 


な 


云い 


や 


末き 

/1、 ヮ 


tj ゝ 


もげなら """^ 


力ぶ 




向お に 

,つ 1h % ^ 


家え は 

み、 ち 'へ 


ゲ ヒ 




U 






リ 


を る 




ふ 


で ふ 成 を 


が 白 Jr 


が 


し 


な 


> 







撫 5 齒 


私?; 




仕き る 


し 髮カ 

レ み 




が 


が 




け 


; 


ト户 Jr 


キ、 
今 さ 


は 


^せ ん 


y Ml 

z •TVs ^ 







ら 




る 


で、 


げ 楊 f 

、ノ 1^ 1 
ぶ 枝 e 




ir で 


力 > h 


て 


缺ミ 




i 


ナ 


tj ゝ 


あ, 


出 《 、 


A し 

ノ レ 


は 


か 


V ど 






が 


で 

でし 甘 




露;? 


し 昨き 


し き 


い 


し 










い 




て 今え 

\ /ん 




け 

,ノ 


ふ, 


紘 A 






がし 


X 、 


ふ 

タ、 


ん 


、 


ね It 




父ミ 




れ 


居る 

/口 


け ッ 


孃ば 


が 


m 绅〈 

/IH-I ゥ "つ \ 


て 點 * 


せ 


さ 


を 




It 


な 


れ て 


合き 


行い 

暴 j 


^1 方お 


晚? 頭 S 


ん 


ん 






特審 


< 


ば 居& 


で 





^ の 


1 J や 〜 




先 1 

ノリき 


出 だ 

I-M 




k\ 


成 を 


、 /レ 


か 


/ c 


X 相き 


し 






し 




暇? 


つ 


o h 


前ミ 


ソ 


し 手て 


見!: て 


*a=s# 








J: 


r に 


で L 


が 


い 


、 に 


習 § ぶ 




カジ' 


火 ひ 




^《 

ノ〜 


ら 


% が 


行い 




を な 


R ケ 




な 


鉢^ 




れ 


跡き 









れ る 


來 S 、 




家 A 

ぺ、 


1 こ 




る 


で、 

、 


h 此ぁ 


X 


は 

'ぺ 


k や 


て k 




な 


烘; 5 






か 


ま m 

€K っリ S 


ノ、 


田お 

ぬ、 も 


ノ 


ぬ れ 




ん 









, "、灰 

ノ 


す 其き 
、 手て 


れ 


L 

✓^、 


も ひ な 


る ^ 




で、 


て 










が 


*f ノ ■ J や 


t 十 




す 






fj ゝ 


ん 

/ レ 


か t 

夢 1 ^ 


ば 


い 


る 儀え 


\ 能ヽ 




ね ゝ 


お 




ら 

リ 


が 


う 膝》 


大 £ 

ノ 、い 




f) ゝ の 


1 聞き 

\ 所き 
? がろ 

及、 

ら 手 
\ く 

JiL け 手て 

し S た 

Z. い 
7 ふ $ち 

i ド 

m ■k ち 






P 齒か 






ひ 


や の 


變 2 


所^ 


1^^ い 

隨;^ \ 
1 メ ra い 3 










其 あ 

ンゝ VJ 


だ 

ノ\ 


つ 上え 


都つ 


ろ 

し 




き 


娘? 




H 寺 1 

さ 


で 


て 1 こ 


合? 




分え 7?rt 

力 /X ス よ 




し 

レ 


はめ 






ぽ 


K% 置た 


が 


い 


い 中? 




又? 


火 ひ 




マ 


不"^ 

リ, 


仕し い 

1 山 ^ 




へ 


、 が 




ま 


磐? 




ァ 


白 C 

1=1 


事き て 




寇? 


仕 t 欲 ほ 




ん 

/ し 


で、 




力 t 

k こ 


tfa ず 


y 、 


ん 

f レ 




"^ど レ 




が 


灰!? 

リヽ い 




で、 


し ザ 

レ ' 


P 


だ 
/ し 


に い 




ソ 


搔か 




出で 


し 

レ 


て ヅ 


が 


お ゝ 


な Z 




1 こ 






夾き 


や 


ゐ さ 




ら 


る い 




極き 

1』 


な 




な 




て 娘? 


何 ど- 


何 ど- 


さ 




め 


ら 








% のめ 




5 


て 




て 


し 




mi 




か m 


n 


お、 


ふ 探 》3, 




ft: 


な 








% t 


%、 


t. 


事き し 
fi て 




舞 * 


が 




遣 や 


mi 


ふ 見み 


前ミ 


云い 






ら 







の 


檨? る 


行い 





、 ゐ 


な 中 惑 




て 






て 


"^ど 


に 、 




て 


デ る 


事き の S 






何 § 






は 


は 娘? 


て 


相え 


庄も さ 


は う 






お、 




ふ 


何? 


行い はめ 


吳く 




衛& n 


無 ^ ち 




すな 






や 


お、 


き 


が 


い k 




る 


条ん 






私 


ま の 


れ 




さ ヽ 


さ は 




や 


の 




に 


が 


せ m 


る 





ん 九 ど 



七 



A 

ソ 


、 


t レ 


出 だ 




る 


れ 


い 


か 煙 S 


m 
《り 


卞 


avi^ ひ 


家ち 






や 


ヅ 


し 




力 > 


や 


し 


る 草 こ 


い 









お 


せ 


つ 


け 

り 


1' こ 


ト ら 
田ね 


で、 

、 




、 t 


で、 

、 


暮 $ 


鳴 t 


ず ヒ 


ん 

/ レ 


て 


力ぶ 


行い 

暴 J 


ふ、 


山? 私? m 

本 さ fi h 


力 > 


し 

レ 


P3 ど 








家え 

ゝ 巧 







O 


つ 


前き 


つ 




J: 


ヰ 






で、 


せ^ 

一、 の 


た 


て 




に 


の 


な 


せ 


足た 


き 

"グ。 






ム 


仕 L 

,丄 


禾ム f, 


ら 


ね 


) 


り 


方? 


て が 


身み 


リ 




め 

'メ 




A 

ノ 


塞 5 

甲 c 




ft 


( 


ん 


力 > 


ふ 1 ら 


ぬ 




•C 




や 


お 


H- 


問え 


m 
でろ 


雕ゃ 


た' 

/ 一 


ら 


B1J* ぶ 

k k 


の 


勝 力ち- 






な 


ま 
ゃムた 


レ 




屋ゃ 


だ 


の 




内 1 


な 


に 




づ . 


おし 
/ レ 


ゲ 


ァ 


の 


す 


な 


だ 

/し 


だ 

权ん 


奉? れ 


の 


れ 


節 t 




宋, £ 

T ムた 




ね 




娘? 


力 > 


ん 
f レ 




々〈 


at % 


血ち 


ば 


出で 




はし 




る 


家 J; 


がめ 


ら 

TI 






mi 


な コこ 


凍 i 




求き 


M 穿 


3i ん 


キ、 


力 > 

/V メ 


の 


奇き 


、ク 


前ミ 


促? ^ 三え 


Z 


m 


る 


Tk 


"て、 1 

'し ,ん 


«F» う 




お 


麗 5 度& 


-J 




さ 


に 曰 § 




世よ 




よ 


レ 




想? 

»o、 w 


ゆ 


に 


X 




厭 1? 


れ 


遣 や は 




の 


力、 


ナ 

7 


て 


tc 


o 




着き 






た 




h 間 5 mt 


m 此 S 


が 




出で 




同 ま 

1 ゥ か 


飾ち 

ド さ 




が 


ら 


ね 


た 力 > た 


難 i 




娘? 




A 

ノ 


/ レ 




1、、 







h 




る 


力 > h 


の 


自 § 
ど 


がめ 




ま 


か 


ク 


年 f 




ん 


b 


け 


力 > 


ァ る 




先々 




7 


ァ 




頃 さ 

ろ 

た 


ね 




ま 


れ 




な だ 




知し 


程 1^ モ 






あ 

*f ノ 


) 


f> 


す 






い ら 




h 






: 


b 






力、 


ふ, 




m 


れ 


け う 


心ミ 




b 










さ 


ら 




の 


のし 




れ ; 


いろ 




の 




レ 


せ 


, 






は 


a ゝ 


間 5 早? 







あろ 








ん 

/ レ 




芝 ^ 


何 * 


さ 




辛 f 


< 


' 何!: 




はづ 


葉' ポ 




L 


■hi 


立た 


居る 










M 以 ^ It 


な 


氣き 


n 




ft い 







へ 


へ 


云い 


il\ 


し 5 




前 t し 


< 


の 


同き 




け 
ば 


ふ 


て 




%、 





^し 


て 


付 3 


t て 


大き 


付つ 


t 




れ 

1 レ 


ゐ 


行い 


屮ぃ 

ill で 


て 


始 L 


行い 


て 




人 を 


< 


年? 




き 




た 


さ 

ぐ 




吳《 


終? 


や 


ふ 1 


び 


ビ 






B か 


身み 




れ 


聞き 


れ 


何 食 


て 


ら 


て BI は 


た 




の 




頃 S 

り 


か 




る 


の 


な 


今 ま が 


b 




m 




で、 


他よ 

は 

過 J 


I^J (it 


ら 

ソ 


た 


か 




ん 


け 


t 行 






御& 




し 

レ 






ら、 


ら 


れ 






や つ 







mi 




や 






、 




有き 






や 


r て 


知 L 




It 






や 




遊 ゆ 


m 


難 力た; 




甘 そ 

炎の 


な 


思ミ 吳< 


る 


銘 s 


云い 






b 


節 笑 


M4 ん 


*^ ど 
田み 


い 


ふ 


內 1 


ら 


ふ れ 


や 


仙 ま 


は 




せ ま 


で 


で 




へ 




手 さ 


に 


な 


樣? る 


知 L 


の 


れ 




前ミ 


す 


す 


し 


行 ゆ 




m は 


い 


It t 


ら 


ml 可ぺ 






お、 


力 > 


た 


さ 


今き 


に 


私? 


し 


暮 I 私た 




綿?? 

AS 


き 




出で 


ら 


ら 


お、 


ま 


曰 ふ 








し ^ 


や 






來き 


ね 


仕し 


ら 


す 




る 


何 ど 








ic 


の 




る 


1 へ 


方き 






ナ 


や 




れ 


出で き 


七 や 


牝雾 に 




だ 




が 


に 


云い 






力 > 


や 


来さ に 


爺ぢ 風力ぶ 


わ 




け 




h 









な 


す 




な m 


は 


k 


ら 




內, 



きの ふ ふゆ 》> た々 さ 

(其 一 一) 昨 曰の 冬 は ゆきの 下草 

きの ふ け ふ しんぶん c ら ひろ ば Li 5 づ たいしゅん かん か <.0< ひ ビ め おは もん せん e や 9 て 

昨日、 今日、 新聞の 裏に 廣ぃ 場所お 埋めて、 戴春舘 の廣告 人の 目 は 大きく ラ つれば、 門前の 砂利に、 手 

くるま * しゃ わだち はん e や f ぶか きざ げん <ゎん f> るし はんてんき &v-lkj かほ はる や 5 き いへ そ W れん.. > わ 

車馬 車の 轍 繁 昌 のまる し を 深く 刻ん て、 玄關に 纏 半 夭 着た 男の 顏も 春めきて 陽氣 なゥ、 家 は 外お 煉瓦 

づ く 《. お さ f ひのき ぶ しん さんがい て A-w ふ C づく * み ね irs- ぶお 5 も ft£!f は S- しゃ たは ていさい み 

作 して 內は總 檜 木 普請、 三階の手摺から富士筑波を見下^cしis緣薄絹張の障子に大きな體裁を見 

ざしき め あ 3 ほ がく ざいて 5 かた. f ふで あど もみ おは いっけん は をが ろ.? a や 3 

せ、 ^の 座敷に も 目に 餘る 程の 額 あ CN て、 在 朝の 方々 の 筆の 跡 墨つ き 大きく の乙ゥ 一 間 幅の 長 廊下に 優 

あしな ど sol's .S ろしろ * んを を がさ はら SW さ、 く ひろぶ た 5^ た. a せ S き もけ は 5 て .5 あんばい れ 5G- 0-5 

しい 足音 を 轟かし、 色白の 女が 小签原 流に 捧げて 來る廣 蓋の 上に、 當世の喜助が^^丁の鹽梅、 料理 通の 

くち よろこ もみだ が ほ しやくよ こ ひ を ひれ .& き ほひ き <J,<e ん つね た ひげ fe^f L 

口 を 喜ばす 方に はわら ね. il、 隅 田 川に 尺 餘の鯉 はねて、 尾 齷 は 勢 ある 客人 常に 絕 おす、 髭^ 高 帽子の 

f> を ひき げん < わん. よん ちよち 5 あくび み こど こんしん くわい るら 5 くわ S しゃく. W ん 

品 を かへ て 引き. なく、 玄關 翁の 女中の 欠伸 はつ; S に 見た 事 もな し、 懇親 會、 慰勞會 をれ の 祝宴、 乙れ 

かわん. i だい か を ま ちゃ 5 ぶ ふで さき ふく かみ たま つゆこ、 K し& だん あが ね 

の 賀宴、 次第に 數 ♦ ^增し て、 帳塲の 筆の 先に 福の 神 11 n ツキ 紛 ひぬ。 か 露は此 家に 梯子段 を 上. 下. し 

ひど たのしみ た はたら み ? 'へ けんじ きげん へいけ きづ ま さつ ま S せ A あいき や- 5 5 き や 5 どの さま 

て 人の 樂 の爲 めに 働く 身の上^な. o、 源氏の 機嫌、 平家の 氣樓、 薩 摩の 御前に 愛敬 を賣 つて 京の 殿樣 

ほ& t お S しふ U くにを ま S- わか わか て 5 し あは つくし .S も < さ L ら ぬひ もて を 

k 程を宜 くし、 奥州の 御國諺 分らね ^分った やうに 調子 を 合せ、 筑 紫の 磯 臭き も 不知火の やうに 待遇し、 

はいせん s ち さけの き ょ5 て し を たは およ こし ft しゃく た、 み ほる あ ち た 5 ざ 

いっか 杯洗の 中 k 酒 を 呑ませる 器用な 手品 を覺 え、 及び腰の 御酌 も 疊に乙 ぼさぬ 程に なゥ、 惡ロ を當座 

き、 をが み、 ね あか ひや かほ あらた しせん こ /'ろ. L しらほ み 

は 聞 流し、 からか はれても 耳の 根 を 赤く せす、 冷 かされても 顔お 改めす、 自然と 心 は 知らぬ 白齒を 見せ、 

f は くち はし つく この &ろ どの i しど a 5 へ ; 3 や t 6 さか づき 

齬 は 口の端に 作ゥ つけの やうに な し。 され^ 此 頃の 殿樣チ ゾト 湖の 上に 行儀よ くして 居られす。 盃を 

ど む W しひ しゃく & C しんけん ぶん め も の みねつ S たま さ <.»£\ 

取らせて 無理 强の 酌に 御自身 檢 分の 目お 据えられ、 苦し さう J ^さ ひ を 見て 悅に 入. 玉; 3 さて は、 騒々 し 



、! g ひがの i を 船 は されても 麟を 立つ こさ もなら す。 t • r ro,^ 

pff 4^ た リ < t ゆ ももら さ やう; 仕向けねば 》ら す。 何 

がけて g なの は齒の it くやうな 障 文句 並べ § るか 客 i は/ r つ! sk<i. 

I も is る rB? ちに つ ゥら% き I い ぶ m な § リ y 樣 5 ふ 1 れ浮、 へ は 1 

a^hmft. Ilr のず f て、 朝 曰の 花の やう s 



もこ 



JJli 叱って 1ヌ 集よ き 参 (-1 



を o- くろ: „ ^しが、 少し 閑暇に^ r : i ;け If 'i? ^ 

力 iriff f 、 f も IT 子の ぃゝ, の f .slrLfs に r| へ,: い 

^^i,, in の 富ぎ ジ uii. き? u 目?, 

は 五分 て 1e ど ,f t, fo<, ^€¥ff 年 三十の 大 A 株 

クク, -. -トの 着附 見事な. 90 今 はさる 會 社の をして 名^w^"f - J : 

kt L 自 f きす れて、 0i0f0?if 擎素 振、 何處から 見て 1 の 

まる ひど - み-.', f 

九い 人 もし か 見お す * 



5- も ぐら み を 1^ ざ —/^ , t 、、> 

薄暗く、 南の 座敷に か? 力 



ま ils れて、 i? やうく i く、 ^^J^li^lmA 

^1 の f T 人 if や。 a<4 f ぎれ If き,? ム?; 



馨折竹 



お feFEL 



雪 —祈 —竹 ! Bmll I Ism! HJ o null 

はいせん み ひ ど ほり れ 55- たも ど しゃく =4 い きゃく め ふち 

なく 杯洗の 波 か 、おやか は、 一 ト 通の 料理 わら はれ Q 袂*>.7<は へての.;; J 酌 二三 杯のう ちに、 客の 目の 綠ハ 

はや め. L あが かんばん くち したひも ど た ほ まへ わん s- よ み こんや ビき 

早く 召 上 ッた招 牌 を かけて、 口の 下紐 解いた なりに、 大きな 前齒を 遠慮 もな く 見せかけ、 ((今夜 はい 、特 

き をせ &ざ つゆ ばん き あ K ビ 

k 來 たねへ)) ((何故で 御 坐い ます 露さん の 番に來 合せた からさ M オヤ 飛んだ かっけ あはせ です ねへ)) 

しゃ$^5>き a をし まへ. た ほ さげ あ をた だれ 

《ィャ 正直の 話が をれ だ。 < ^う も.; ^前が 居な S さ 大き k 酒が ま づくッ ていけない》 《貴 郞は 誰に でも をん 

こビ おっしゃ さら ね はわ 

な 事 を 仰 有い ますよ)) ((をう だッけ かの、 更に 覺 はない …… 》 

みぎ て ちょつ どめ がね ゐ ち わざ まちめ かま み つゆ わら VJ. し め 

右の 手で 一寸 眼鏡の 位置 を かへ、 態^ 眞 面目な 顔 をして 見せれば、 お 露 は 笑; 3 なから、 ((4 ^年お 召した か 

わ ゆ 一 あ 七, か わい も 5 ろく かし こど まへ 

らお 忘れ 遊 はした のでし やう)) ((可愛 さう.^ まだ 耄碌す る 年 卜 やない …… ヒ K ィ事を いふ …… か 前 もなか 

くち, わる を あ をた L こみ ひどき、 かたきやく たま わたし 

く ロか惡 く成ッ たな M 貴郞 の-;^ 仕込で …… )) ((人 M の. Q るい、 をん な 敵役 をつ けられて 堪る もの か 私 rJ 

3 へしこ を ひど わる こど たがい ちゃ 5 けし 

を. 前に 仕込まれて 乙ん な 成ッ たの: £)(( ァ ラ わんな か- < の惡 S 事 を …… 》《をれで.^-互の帳:^にしゃぅ 

*&か5^*ほ ひど あ 

卜 やな S か ハ、、 、、サ ァ仲 直. CS に 一 つ 上げ やう)) 

さか づき だ & しやく 《- ちょつ どくち こんや S _0 上ろ 

盃を 出せば、 會釋 して 受け、 1 寸 口をつけて、 《今夜 ハ 御 ゆる して 居らし ッても 宜しい のでし やう)) 

- . -ク, I - > ^9 まつ を か .i? S まつ を か かた 5 た せ VC せい 

((ィ ャ さう でも 無 so rJ れ から 濱の核 岡 さいふ 家へ 行かなければ ならない》 《极 岡で いふ 方 は 歌の 先生で 

n ぁゥ ません か)) ((よく 知ッ てるね)) . 

ど はし 3 た 》> た お ふし 53 つゆみ わたく しい せんけい 乙 $ を 

取ゥ かけた 箸 を 又 下 k 量いて、 不思議 さう か 露 を 見れば、 《私が 前 稽古に. H ッ て居ゥ ましたから …… j> 

* & かくは を まへ 5 た i よ ほ もこ をら 

《へ - I 中々 話せる ね …… 4- 前 歌 を 詠む のかい)) I; 詠む さいふ 程 卜 ゃァぉ AN ません が 少しば か 6 習 ひまし 



,<b ん で き いた ビ ち. J をみ まへ も e や 5 き 

たの…… 何にも 出來 n 致しません)) ((何 ラ も些ッ さも 知らな か ッた。 さう 成ッて 見る 前の 素性が 聞き 

^5 こゝく わけ こど き、 あそ 

た いが …… ぶしつけ * たが 何う して 此 家へ 來る やうな 譯 はな ッ たの M もんな 事 を か 閱 遊ばしても しゃう か 

い き は をへ は を 3 を 

あ. ません よ)) ((さう 云 は 卞に マ ァ ^聞かせな 話した ッて减 6 はしまい)) 《卜 ゃァ ^話し 申し まし やう か:! 

せ ひ をん へん は を は かげ ひ あ ひかた 

《ァ、 是非 …… )) ((何だか 變で すねへ M 話し 惜 くけ-.. や 蔭で も 引かう か。 チヤ チヤ チヤ ゾサァ 合方 キジ チ 

を しば ゐ 

リ ^成 るんだ)) 《 ォ * …… か 芝居 じ や ァ あう ません よ)) 

わたくし iKr- こく 4J や.?. t5 めいち ねん &ろ よこ はま la ど、 さま きい ど ほ 5 わき はぎせ か を まへ を のころ しゃ 5 くわん 

私生國 tt 上 州 明治 十五 年頃よ-.. 橫濱. ^住居して、 親父 檨は 生糸の 貿易に 萩 岡 £ いふ 名前 は 其 頃の 商 舘 

し みせ. &らぉ ほ かどち めん f ま おく. &ら み ど 3 へ ばん 505 て だい KA^S^JJ つか みせ *J る 

に 知られた. き 店藏 大きく、 角地 面お 折 廻 はって 奧藏は 三 In, 前 番頭 手代 十五. < 程 を 使; S て、 店の:^ 

ぱこ St しんだい だいせ ころ ま"」 いつほい けぶ S- あ は どば みよ く はん e や 5 ゆ ふ をぎ a せ 5- はふ くら 

匣の 動きな き 身代。 臺 所の 窓 一 杯に 烟を 上げ、 波止場の 波の 寄せて 來る 繁昌、 夕 a の 威勢よ く 今日 を暮 

さ ほせ は ♦& ち はや つき か た そ わたくし H る fj や 5 ば 5ふ>,- び だ © まへ 

しぬ。 去る 程に 花 は 散る に 早く、 月は缺 くる k 遲 からす。 私が 十三の 春、 商 賣不圖 左前にな 6、 をれ よ 

を y こど ど 、 さ 3 み いち ろく さい め ねむ ! る さ 5 ば て だ 

は 何しても よき 事な く、 親父 檨身を わせ 6 給 ひて 一 か 六の 褰の 目お 眠って 弗 相場に 手 を 出し 玉; S しが、 

ま is- おや 5 めん あらし ふ い へ くら こ お ほ あ を あ わたく t ひ sow あに さま も ほんが 5 

をれ が 又 帳面に 嵐 を 吹かして、 家藏 もめう 込むべき 大きな 穴 を 明けし。 私 一 人の 兄樣を 持ちし、 が、 本鄕 

がっかう f の亇 r ^つぎ や 5 あかつき まくら か? ゎづ ど、 さま < 

の學 校に、 ザ ユリ ディ クシ ヨシの 奥 を 窺いて 卒業の 曉 までに 枕の 數も 僅か なれば、 親 ハ乂檨 はもれ を * 

どしつ わ あ L だ いや く しんだい を ひ どま へ み ほ<ビ 4> が がいこつ -5 へ たまも ら 

る 年の 杖 k 當 て、、 次第.^ 瘠せて 來る 身代の 尾 を 人前 見せす、 北 斗は拜 ね.^、 骸骨の 上の 玉藻 を羅 

や 5 きね み くる てこ かたむ い へさ、 め や かん ざ 5 ばん どう 

緩の 衣^見せ て、 苦しい 挺に 傾き か、 る 家お ゐ たるう ち、 かねて 目 を かけて 遣. し勘藏 S いふ 番頭、 

か iw てづ 30 しくれ 上 ほ $j SS 'かけきん もち a げ ゆく へ -I もの どし しの さしつ か みせ 

金の 手 詰まる 年の 墓に、 餘 程の 賣憑金 を 持 逃して 行方 知れな くな. o しに、 其 年の 凌き ドット 差 S えて 店 

鴛. 折 竹 .1」. 

S ,11 I !> .1 -—^ 

r ! 卜 sji - ^[ r!i J - . , - f^K - Iti^- f . ,Jlr r .fair ;, —!!.—, 



た ゆ t B やの れん ど 3- L S こど < つたく てむ ね 5 へ { ビ、 I 

も 立ち行かぬ やう k なう、 最早 暖廉も 取はづ して 仕舞 ふ 事 ざ、 屈託の 手 を 胸の 上に 組まして、 親父^の 

かほつ きひ &ビ さび どき あ a さませ いざや. f かんむ 9 き かへ き き もり. A 

顔 付 日毎に 淋しくなる 將、 兄樣 成業の 冠 を 着て めでたく 歸 6 來 たれば、 をれ に 氣を盛 返へ し、 乙れ から 

あに さ 2 て こ、 ろ や も 5 きょ ねく たのし たも はる はか ち 5 ら あに さ 3 の < 'び や 5 t 

は 兄 檨の手 k て 心安く 浮世 を 送るべし さ、 幾み は 思 ふ 春 は 果敢なく 散 6 て、 恨めし や 兄 檨は腦 病の 爲め 

けっき いのち 5 ば ど > とど こど かさ はて どち る どし &ろも e. へ 

血 氣の命 を 奪; S 取られぬ。 わるい 事 k わる, S 事 重な. o、 果は 土地 居られす。 年頃 住み なれた 家 を 

ひど もの $r L ぶ, r おは あ ふ た wi, き や $ たちの しゃfc^^^ぃ5^>w おも 

人の 物 さ 眺めさして、 澀圑 扇に 煽ぎ立てられ、 東. 立 退き、 さまく の 商 買 何しても 思 はしから す。 

たけのこ か は いちまいに まい L だい もどで 《• はぎ は その 5 ち は、 さま を あいしゃ, み It そで $ zi 

笏 の 皮の 一 枚 二 枚、 次第 k 資本の 上着 を剝 がれ、 其 内 k 母樣 を. D くして、 哀傷の 淚の袖 fi- す やうな 面 

しろ こど t せん 5 らだを その ひ くらし た たや こ ふ た 5- いのち つ を あさい さ:; J けむ M- いど 

白い 事 もな く、 自然^裏店k其日だけの活計を立てるゃぅkな..c^、 親子 一 一人の 命を舊 ぐ 朝 一 度の 烟 糸よ 

こ、 ろ ほ. V き もの あら ひざら ふ こ みづ. S ほせし ま わか ほ:; SJ を ほ 5 おか ざ 

ゥ 心細く、 着物 さいへば 洗洒 しの ニタ 子、 をれ も 水 k 入る 程 縞 も 分らぬ 程に 尾羽 打 枯らして、 いっか 座 

ぶ どん たゝみ 5 へ ひざ け ふきの ふ i L てん e んさ a そ »L わた くる 

蒲圈 なき 疊の 上に 膝いた からす 今日は 昨日よ. <rs さもしき 事 を 知. をめ、 夭 神檨の 反. 橘よ 6 渡 6 苦し 

*T きょ こ、 ろ ふね て だ も この や ほ. x-^^t う どし せ l&w- ゆく もも 

い 浮世の い^なみに、 心の 舟 もお やうく なれば、 少しの 手助け さて 此 家への * 公。 年の瀬の 琉れて 行末 

み *^>み は f あこ は」 ,^ ぎ さ み こど わたくし ひど S- ど 

の 海 波の 花 K かすべき 當も なく、 rJ れ から 何ん な绪 にう き 身 を かこつ 事 か。; ^ttv- も かく、 一 人の 親 

50 さ 3 のこ く どし < ろう か を 上る ゆめ ね ざめ くる み 5 へ 

父 様の 殘 6 少なき 年 k 苦勞 おかけさす i の 悲しく、 夜 もい やな 夢 k 寐覺 苦しい 身の. な, OJ^ き 



さ ふしぎわん 》* へ は 》- を か .S も, r ど ぁ1^>た あ a £ ケん し Stj ころ はい 

C 何う も …… マ ァ …… 不思議な 綠、 お …… 前 は 萩 岡の 妹 かへ)) ((貴 郎兄を 御存じで すか)) 《 知ッ てる 處か兄 

£ Lfc yj も だち ビ f わたし ほ 5 s あっち はい * & こど 

さんさ は 極く 親しい 朋友お ッた。 途中で 私 はべ ャム の 方へ 行ッ て、 彼 地で 兄さんの C くな ッた事 を 



問いた が、 家 は をん な 風 成 ッ て ゐる乙 さは 些ッ さも 知らな か ジ 3 ((をれ では 兄が 寄宿 舍は 居ゥ ました 

ち it ん もりころ せわ を L や _<3 ちぶん たい おから を < ^ 

將分 …… :!(( ァ 、其 頃 さ …… 兄さん kttsK- く 世話 も成ッ たし 舍は居 4^ 特 分も大 さう 力 は成ッ て" おれ 

ひど もの S も 5 どし ど とろ ね こ 50 で 3 ぉビ つさん yj もく M き 5J 、お ゾ: , - r 

た 人 …… 其妹^知ッ ては7^んな所^^£置ぃ て く 事 ハ出來 ない、 親 ハ乂も 共々 取つ て 及 はすな からか 世 

わ まへ. £? つ f どころ かたづ あ あ J- がた おゆし め fcAJ->、、> 

話 をして、 お前 も 行く は 立派な 所へ 嫁: ける やう k して 上げ やう)) ((マ ァ …… 有難い 思 召し …… 親., 乂カ 

き よろこ £ ざ - 

聞きましたら 何ん な ぶで 御座いま しゃう》 

か を をん を つきもの と、 ろ かん めみ て あ をが ) 

うれし SJ^ つけ 悲しい k つけて 女の 附物、 心の 威 動 を 目に 見せて、 手 を 合 はせ て拜 まぬ はか ゥ 蘆澤リ 

なじめ 《 ハを かひ しつ わ さか づき て したし もの 5^ た ^^^^ 

具 面目 はな 6、 灰の 中 k 火箸 を 杖 じして、 をれ から は 盃も手 親ます。 シ ヅ ミ リ さした 物語 o 燭臺の 

5 へ 2.,* だ ら o ころ き げん わら たお かへ そのよ つゆ こ、 ろお ちつ > ) Li ^,5^,^ ) > ' . V- ) 

上 k 堆 かく 蠟 のさ A- つく 頃、 機嫌よ く 笑ッて 立歸. <= 'し。 其 夜 は 4^ 露の 心 落着かす 始終 影の やうな もの 

い く M- ゑ しんき ろ 5 さき さき をが も はやこの や で き.' S レ 

k つき さはれ、 行末の 歷氣樓 を 先から 先 さ 眺めつ くして、 最早 此家は 出た やうな 氣 にな 6 I- マ ァ うれ 

. たどつ そば K3 おもしろ 5053 あ てんき ひ ど.^ , 

し. S 卜 や » いか …… 親父さん の-; -傍 k 居て …… 面白く お 伽 をして 上げて …… 夭氣の S 、日に は. 伊 をし 

は S ^ おも しろ あ L ざ は がっか 5 や ねつ f- や , を 

てお 花見 k でも 行ッて …… 何ん な k 面白 S おらう …… 蘆澤 さん ハ學 校へ 遣る さ 仰有ッ たか …… さう 成ッ 

きつ ど べんき, 0.5 5.A か t ま せわが ひ こど を か §る1 

たら 屹度 勉強して 外の 方 k 負けな いやう k :… - 4^ 世話 甲斐の ある やう k しまし やう …… 琴 も 中 許に なら 

5 ち さ き& い おも また けいこ でき を あ y がた & 

ない 內 k 下が ッたッ 切、 モウ 行かれな いさ 思ッ たが、 叉. R 稽古が 出來る やう k 成ッた …… 有難 S の C 蘆 

?は この & わん けつ わ K ども だち 6 く、 . / ド、 い 1 ち 

澤 さん…… 此御 恩は决 して 忘れない …… 兄さん もい、 - 友達 を 持 ッて下 だす ッた …… 兄さん さ S へ は 1 

ち わたしたち た を ビ,! 'らお も はい, *^ んゃ 

^ハ 私達 を 置 S て か. D くな..^ なす ジ たの を 何ん なに か 恨めしく 思ッ たが …… 兄さんが あ 6 ァ 乙 を 今夜の 



乂ビ こ、 で . $ はかまる にい あし ざ ほ & しんせ 5 き、 ,J- 

やうな 事 •:.: 此家を 出たら ば 直に ^慕 參ゥ をし やう ::: 兄さん も蘆澤 さんの 御 深切 をお 間^す ッ たら 

んな にかお 喜びな さる だら う ::: ァ 、 乙れ から は 每日學 校へ 行ッて ::: 歸 ッて來 たらば 蘆澤 さんの 部屋 

. ^あいさつ S > どつ どころ S をの ひ しんぶん こど KK ゆ まも ち L さ 

へ 御 挨拶に 行ッて ::: をれ から;^ 久 さんの 處へ行 ッて其 日の 新開の 事で も か 話し. & して をれ から 明日の 

くわ ャ! .ss-f したよみ も こど さら ひ & ども だち あそ き ふた 《- .&^もし5 a をし 

課業の 下讀 をして ::: をれ か濟ん だら 琴の か 俊 をして 居 る^お 友達が 遊びに 來て :•:• 一 一. < で 面白 S 4. 話 

をのつ S3 にお や 5 ねんがく、 わい い やく をく き まら で A .©e" 

をして :… • 其 次の 日曜に は 昔 樂會が あるんで を 乙 へ 行く 約束 をし て •:•: をれ か ら氣!!^し;^^^ へ 出て 可愛 

^ はる みづ や ゐ ねこ き ひか r* こ fj く 

か ッ てる 花に 水で も 遣ッて 居る^ 家の 猫が 來て ザャレ るから 叱ッて …… ァ 、猫 n 憎らし S から 力 ナリヤ 

か せん 5 ち か よ を かた f へど ぶん 1*5 

を 飼 はう …… 先の 家で 飼ッ たやう k 能く 馴れさして 肩の 上へ 止まらした. なんかして …… , に成ッ たら 

どつ き ちゃ た あ あし ざ は くつした あ ひち つき こしら き もの 

父さんの 好な お茶 を 立て ゝ 上げて …: • をれ から 蘆澤 さんの 靴下 を 編んで ••:: 股 付 を 製へ て …… 着物 も 

ぬ, あ, をに 5 た 上 あ L ざ は を ほ もら て をら ひ 

鏠ッて 上け て …… をれ から 何 をし やう …… 歌 を 詠んで 蘆澤 さん k 直して 貰 はう かしらん …… 手 習 をし や 

おし み を s- もね さいく もの をん 

うかしらん…… 押繪を 乙 しらへ て 見やう かしらん …… 折据の 細工 物 をし やう わしらん …… ァ 、何に して 

はや あした を こんや どき た そ こど 

も 早く 明日に 成れ t い、 ねへ …… 今夜の 時の たつの、 が 週い 事)) 

i ちゃ s ば た ほ 50 けいね 5 どき i くち かケ e よ 

折から 帳 塲の大 時 W が 眠む さう 打つ 時の 聲、 口のう ちで 數へ » がら、 《まだ 十將 だよ …… マ ァ いつ 夜が 

明け るんだ ラ)) 

こ ひ ズ 55 が たも ひが は 

(其 三) 戀の 流れ をせ き^めた 思 川 

はるさめ そらみ み は くも あ を てん 4J や 5 S ち ひ か ザぬ こゝろ *^ はさき 

ひさしき. <rv 春雨の 空 南よ. 晴れて、 雲 は ちぎれく k、 やがて 靑 天井の 中よ <>、 日の 影 濡れ 心の 庭先 を 



人 J 


t=| め 

H 


此の 


る 






腰 こし 


さ 


お 


其き 
持き 
主? 


モ 


ぶ 


1 こ 


^ど 




の 


njk V 


姿 ま ち 


【'こ 


の 


、 

し 


がゐ 


-? &ね 
崖 も 


ノ、 


C. 


か 




に 


なな 


の 


aO, き 


す 


/ 

\ 


で 


さ 





A 


の ぎ 


露;? 


の 


活も 

動? 


b 






ら 




な 


は 




― \ 


す 


糸 ど へ 


の 


櫻 f 


\j 


の 






1^ か 


し 


門え 


に 


本^ 


力) 




美 さ 


のら 


し 5 


花 ま 


力、 


III だ 
出 


t 


白 L 

度 A 




の 


At* ひ 

低? 


柳? 
の 


る 


't^Vi^ ^^ひ 

き m ま 


< 


下さ 




は 


心 ミ 


し 


し 


m た' 


表? 


い 


Apt ひ 

1? 
局た 


い m.% 


し 


を 




吉き 


栖 5 


tZ 


て 


の 


南き 


札 1 




し 


て () 


い 


< 


飛 S 
る T 


野の 


^ら 


Asi し 

Wfi ゆ 




Mi 


のみ 


につ 


し ろ 


け 


V) 


い 花 g 




V、 


に 


\& 


趁? 


る! • 
縉 


> 

ふ 


離? 






7 

み 


ま 






b 




眺 S 


力、 


を 


のど 


さ 


坐 ざ 

敷^ 


X 


に 


) > 

に 


ま 


の 




輕 S 


め 


し 




引 ひ 




( 


騰< 




で れ 


今 さ 


も さ' 


< 


て 


< 


し 


さ 


( 


の 


二 f 


\ 


れ 


蜘く 


春? て 


* 、 1 


に 


踏 ふ 


舂 レミ 






し 




早 や 




て 


rfl 产卜 も 


の A 滴お 


に 


差 f ん 


は 


庭 g 


高 か 


ま 


し 


マ < 

+き 


筆き 


■)K 


辛で 


/?ヽ 


霞き 1Z 


屆 5 出' ^ 


で 


乙 


1、 tff 


に 




て 




太 ど 


z 

ん 


圍 


さみ る 


> 

< 


し 


行い 


れ 


駄た 


締し 






開 あ 


の 


て 


r 


, > 


眺 1^ 乘ぁ 






< 


に 


t 


め、 


る 


拔ぬ 


け 


名 を 


tr 


H み 

X 


ソ 


め の < 




枝 g 




さ 


膠 は 






け 


て 


■ 、ん t» 

ml 


> 
\ 


せ 


プ 7* 
《 


V ゆ 


、> 

グ 


ム 




は 






美 ぴ 


る 


た 

Mr. 

山 い 

出い 


o 






し に 


ク 


折 を 


美び 


め 


て 


先き 


It ひ 

Ax 




郵? 
便え' 


ま. は 

_ ^一け 

*y、 

巴き 


曰 は 
早ゝ 


つ 

iwi" ゆ 






ら 








の 


の 


白な 


ソ 


き 






其^ 




月? 


ち 




相? 


\n 


な 


の 


vj 


た 

お 


れ 


枝 g 




血ち 


は 


b 


b 


に 


首 ふ- 






/=1)£- 


ill や 


館 だ 
藤れ 


櫻! ぬ 


k 


し 


k 


須も 


向む 






筋き 


、§» 


a? 




き 






動き 




絞 


磨 ま 


い 




お 
れ 


に 


h 


夫 ふ 


Z 




も] (ぁ 
柳き 


t く 


力 > 


手て 


る 


に 


た 


し 






ち 


が 


見み 






\ し 


せ 






め 




て 




の 


ら 


能よ 






士ふ 
^る 


め さ 


ば 


上 あ 


に 


で 


t 


を 


ふ 


羨! 


向む 


< 


% 


)> 

K 


きみ 

g や 






げ 


一' g 




見み 




不ふ 


や 


a 


覺き 


厭^ 


雨 ま 


C. 


嬌警 K 

は 5 保 ほ 


雨^ 




目め 




れ 


1. こ 




む 






さ 


55? や 
佰 ど- 


# 1 


が 


途ど 


な 


の 


は: 


微み 


の 


襟? 


れ 




云い 


A 


宙, 
爭ど 


き 

纖 


殘の 


&i ん 


b 


son 




塵? 


こ 




は 


ん 


は 


v) 


+、 






ァ 


媚會 


なろ 


mi 




れ 


驟ふ 


は 


R 身み 


し 


m 




で 


ク 


め 


し 


撫き 

/Hit 


は 


名 を 


ぬ 


々く 




圑 1 t 


て 


にろ 


見み 


な 


! 






分 カゎ, 




四 L 


が' 

/V メ 




扇 は 飾き 


行 ゆ 


足? 


せ 






1Z 


銘 5 


の 


ら 




^ 1 




1z 


k る 




昔き 


て 


t 


れ 


處き 


m 


如い 


ね 


へ 


mi 


V、 


上 あ 玉 著 


し 




や 


知 L 


は 


なろ 


の 


何 か 


さ、 


ば 


面》 




な 


げ 力 > 


滅 S 


忍の 
ば 


b 


る 


か 


さ 
は 


^き 


に 




中 ま 


植复 


濡ぬ 


ま 


て 、 


は 







露 2 


物 さ 






〈 


込き 


ら 


め 


、 な 


パ 


し 


し 


か 


が 




に 


花き や 






の 


し 


力 > 


只 ど ら 


ラ 







露;? 


力 > 


如い 




变し 
為 や 


mi 


小 4 




し 


ゆ 




近お 气 


や 


の 


は 


何 か 


m 


な 


のく 


ら 


夭專 


か 


さ 


れ k 


ぐ 


づ 


が 


美び 




な 


は 


る 




し 


地^ 




風 ふ ば れ 

情 g m k 




< 


て 


は 


1z 


る 


檜 ひ 




やた 


1^ 


さ 



t 




の 


>-Il 

* キ》 






を 


何^ 


5 « に 


す 


き 




新^ 


V 




足き 


へ 


县ぁ 
貝 を 


ん 


X 


葉ば 靨ぬ 


ね 


ろ 


は 


ら 


私た 


い 


を 


は にい 
屋 5 1 


お 


郞た 


な 


b 


終 S れ 


て 


す 


し 


は 


休 言 


屮ぃ 

ili で 


に 


4 ど 


證 4 


ら ま 


何究 


f?R'(o M ひ' 


< 


ァ し 


れ 


め 


な 


は 


t 




ぬ し 


に 


向む 


返の 


― ひ 


露 S 


ま 


ぬ 


に ^ 


さ 


叶 


仰? 


n 


う た 




け 


< 




の 


せ 











有 4 




ち よ 


す 


は 


CSC 


方? 


ん 


蘆? 
澤 g 




ま 


ま 


る 




る 


蘆? 


にろ 


雨れ 


が 


ね 


せ 


せ 


ん 


乙 私た 




澤! 




顔 i 




へ 


は 




ん 


ん 


ま 


な 


^ ァし 


の 


隆? 




お、 


< 




B め 


抬 S 


力 > 




ら 


の 何, 


お、 


二 さ 
. t, 


ら 




ら 


か 


鍵 


a 


、 




を 


何 を 


風 S に 






ぬ 


暴て 




前ミ 




な 




や 


ん 


故せ 


が % 


ま 




笑わら 


へ 


< 


は 


おび 


が 


ち 


T 


な 


ふ、 


概づ 




ゆ 


聲? 掛か 


し 


花 ま 


で 




ら 


%ヽ 




笑な 


£ は 




の 




け 


レ、 




— § 


庭 g 


の 


過 J 


疑 


a 


^ し 


4 さ 


顔 S 


ジ、 


て 


力 > 


&ゅ 


ォき 


下げ 


花 g 


ま 


が 


な 


を < な 


私き 


h 


、 




知し 




押ね 




が 


b 


ク 


す 


落 § い 


がし 


見み 


、 


面》 


れ 


も 


し 


の 


誡 f 


な 


て 





せ よ 


花 ま 




、 


1 こ 


な 


ク 


上 あ 


音き 


にど 


知 L 


る 


た 


ば 、 




ま 




降 ふ 




ち 


げ 




奇き 


の 


、 大 S 


取 ど 


た 






t 


が 




運き 
ば 


麗 S 


b 


マ 




ァ 方き 


ら 


笑な 




力 > 


思ミ 




成! 


で 


ま 


ァ 


を 


ラ mx 




U 






ふ 


< 


L 


す 


せ 


h 




t の 




出 だ 




れ 


、 


し 


*5 ほ 

任^ 




X 


ん 




や 


XI 所せ 


し 


せ 




ば 


何 さ 




能よ 




X 


云い 


7 


脇 S 爲る 


ま 


ば 






ん 


t 


< 


蘆? 




へ 


%、 


へ n 


し 






ァ 


な 


田お 
ぱ、 も 


さ 


澤 裏 


ん 




ば 


前ミ 


1 ら 




才 






花 ま 






は 3 




か 


力 > 


の 


け う 


ら 


ャ 




冷つ 


n 


た 


先雾 








風會 


る ^ 








め 




1 こ 


m 


の 


云い 




ふ, 


を 











れ 




腰 こし 


の 


惡ゎ 




が 


& "ゆ 


か 


の 




\n 




n 


ノ 


k 


や 


る 




餘ぇ 


、 


振 古 


間 3 






に 


何 a 


花 ま 


き 




い 






蘆? 


な 


に 






及 




の 


< 


た' 








澤霞 


す 








ぶ 


し 


上え 


れ 


ら 


メ、 




可 か 


は 


ク 








ほ 




に 


ば 






何 t 


笑し 


笑 も 




わ 








ッ 


き ゆ 










力 > 


m 


ら 


る 






の 




t 




7 




ク 


ク 














花 1 


置ね 


き ゆ 




て 


た 


入い 










の 


の 




も, 


を 
ん 
な 






お、 


b 








は 


方? 


ft 


其の 




)) (は 


ら 




ゴ 


k 






h 


が 


鹽ぇ 


傍き 


郞た 


さ 




ラ 


な 






b 


奇き 


栴ま' 


に 


窗 あ 
水づ 


はし 




レ 




さ 






や 


麗 5 


は 






Ml 




ま 


御& 


ん 








し 


で 


何 ま 




の 


て 




覽ぇ 


な 


ま 











It 


お 








嬉 5 


ft 




ムん 


上え 












俯"^ 


露 S 


澤 g る 


ク 


れ 


ら 


心え 


世せ 


に 


向む 


だ 


い 




3 を 
3 ど 


向む 


を 


は 


11*1 れ 


)£ 


し 


何 S 


に 


界 な 位 1 


< 


の 






, こ 


い 


一き 


氣き 


、 ば 


%、 


が 


ん 


JSil は 


の 


しゐ 


を 




况 3 


い 


れ 


寸さ 


ま 


柳 


A ゆ 





な 


お 


何 ど- 






t. 


し 


ふ 


ま 


見み 


づ 


の 




に 


見み 
詰つ 




ゐ 




目め 


て 


あ 




て 


さ 




類 g 


や 


喜ろ 




る 


の 




を 


の 




客 $ 




t 

突つ 




ふ丄 


め 






m 見み 


れ 


は 


今 《 


間^ 


k 




ト、 


で 


て 


の 


其 あ 


< 


合 あ 


を 


能よ 


の 


の 




聞き 見み 


け 


や 


し 


云い 


に 


さ 


し 


ク 


名 を 


く 

、 


か 


方ず 


eS れ 


X 合 § 


ば 


な 


や 


へ 


も 


ク 






に 


も 


言き 


へ 


だ 


て す 








ば 


有ち 


ば 


の 


ま 


し 


ん 


葉ば 


立た 


iiji 


淸 S 目め 
^ 、 


今 さ 




然ぉ 




b 




は 




て 


な 


は 




更? 


の 


か 




し 





m 居ゐ 


'お ど 


眞 'ま 


て 


川?; 


い ,、 


の 




し 


ife ゆ 


し 




< 


< ら 


る 


J: 


實 f 行 ゆ 


樣 i ふッ 


や 




そ 




な 


の 






は 


し 


ぉゝ 


< 


で 


M t 






れ 


花、 i 










て 


知 L 







ら —ひ 


に 




は 


の 






な 


の 






ら 


跡き 


さ、 


顔 S よ, 


ザ 




分 わ 


お 4 ベ 
拆ん 




邪 ま 


い 






で 


/ レ 


に 


b 


の 刷 ま 






力、 


護 こ 




今ね 


美び 


; 2; い 




m 




か 


ま 


下?; 其 g 






ら 




n し 


が 


n 






o 




&?^ す 

は S 


が 上え 


か 




な 


せ 




無 を 


お、 


す 


ッ 


て 




が 色 《 


< 






す 


れ 




ら 







居る 


れ 


暫'^ 


さ 


や^ 


す 




何 を 




程? 


の 


m 






る 




/ ら 




る 




靜ぁ に 




々く 澤 g 




事 こど 


あ 




力 > 


那を ら 


顔 S 




故せ- 


力 > 








は 




が 


ホ 




仕し 樣 i め 






y 


に 




見み 


し 


m 






ヅ 


k 




ァ る 


見み 




55=^ 


小 § 


さ 


れ 


ら 


m 




る 


ノ 


動 さ- 


力 > 


ノ を 


ら 






さ 


田お 
お、 も 


所ず 


へ 


で 






冗 ま 


さ 


赃 9^ 


か 、 


れ 




、 


な 


ヅ 


でろ 


た 


まつ 

m 




ん 


談^ 




IP 


客 $ 蘆 t 


ま 








て 


如い 


や 


き' 




n 


半 S 


せ 




檨! 澤き 






生い 


で 


る 


何 か 




足た 




か 


分》 


す 


n 


が S は 


t 




き 


若 も 




に 


な 


す 




ら 


1 こん 




襟 【さ 




%、 


よ 




て 




花 ま 








ふ, 




出 5? く 


に 




る. 


し 




司 か 


の 


葉ば 








力 > 


に 




で / 


俯さ 




露 S 


乾 ゆ 






美え の 






ら 


手て 




御 こ' \ 


向む 




が 


が 




ら 


< 


跡き 




が 


か 


t 




座 ざ 見み 


け 






生い 




し 


し 






/^け 




入い 




b て 






る 








さ 


か 




曰 ふ 


な 


れ 




ま 佝 ft 


盜? 




げ 






M' や 

子 も 




5§ ゆ 




の 


す 


て 




す か 


む 




れ 


る 




較! 


n 




御 こ- 










や 










は 


ベ 


返 2 






It 


た 


前ミ 




云い 








の 






て 


事 e 




子 も 


の 


の 




は 


に 




少き 


で 












は 


お、 


や 






蘆 を 




し 


h 




ヅ 










ラ 




さ 


澤 ^ 










勿 1 ^ 


< 





雪 折 竹 】 八 

わたし よわみ み も いく 

さか ::: をれ^ キュ 私の 弱 身から さう 見お るの かしらん :•:• 若し ホヅ ト にわ ゝ 云つ て 下 だすった のなら も 

わたし で き ** こど き だ ^ 

れこを 私 は 出來る だけの 誠 を ::•• 尸 、をん な氣 お出して は いけない …… だけれ^ も 何う も …… 私 もこ、 

く f こど もこ たも きか を わたし 

へ來 るまで はこん な 風な 事 は 少しも 思はなかった けれ^も …… だんく 氣に 掛ける やうに 成って …… 私 

あしざわ たも ゐ 》> か わた. J ほ うさ たもる さき こ、 ろ わか 

は逮澤 さん を 思 ッ て 居る のかし らん …… 然し 私の 方で 何ん なに 思つ て 居た つて 先の か 心が 分らなければ 

さっき こどば 

…… だ けれ^も 先程のお 言 紫 …… 》 . 

また かんが f し かせ びん ふ あ あま もよ もら あ ひ ひどげ つ * き 

叉 も 者へ 乙む 折、 濕 めった やうな 風鬢を 吹き上げて、 雨 催 ひの S 合に 日の 影 も なくなれば、 か 露 は氣が 

つ かほ あ かんが どつ さん ど, J ちゃ あ 

付いて 顔お 上げ of モウく 者へ まい …… か 父 樣の處 へ行ッ て-; u.^ でもた てゝ 上げ まし やう》 

たお あ たくけ か あ を、 もど さくら まへ き ふ VJ きゃくま <. ち つ. e- 

i 上かッ て、 後れ毛 を搔き 上げ、 進まぬ やうに 以前の 櫻の 前に 來かゝ .0 しが、 不圖 客間の 中よ. O^RS 

こ .ss くた び きこ たも み、 ひきた 353 C ぶん こど つゆ む rf ど s- ろ ふピ あ. J 

S ふ聲 幾度 なく 閬 ゆれば、 思 は 卞耳を 引 立つ る k、 紛れ もな く 自分の 事、 .fv 露 は 胸 を 轟かして、 二足 

み あ, L たち もせ またき L ら つ ざ ざしき ゆ きゃく こ ゑ おち おや.!' し 

三 足 立!!^ 6 しが、 叉氣 おかへ て、 知れぬ やうに 次の 座敷に 行けば、 客の 聲か落 ゥ いた 調子で、 《さう いふ 

わけ きみ ぎ き や-うしん つ かんしん せ はん を 力 たも ゐ じつ f5 く その ふ stf つ き わ:; Jj ろ 

譯か、 君の 義俠心 は 實に威 心 だが、 世間で は 中く さう は 思って 居ない、 實は 僕ァ其 風說を 聞いて 驚 S 

き $J S こど. S , .. つゆ た. &r ゆん くわん ? めい こん, >SJ こど 

て來 たの だ …… M 何う 云 ふ 事 を 云って いる M か 露さん ハ戴春 館で も 有名の もので ぁッ たから、 今度の 事 

つけ あ い つ ほ s 上 は SfJ きみ つゆ ひき ビ まつ iJ い ろ ま 上 

に 付て は 或る 1 方で は 余程 やかまし so 君が か 露さん を 乙ゝへ 引取 ッ たの は 全く 色に 迷った からだと し 

い ろ. か 5 ケ £. せつ じつ たも ひ よこ ど. S ふ をん C, お 

て、 をれ から 種々 の 搆造說 を 乙 しらへ て、 實に思 も 寄らん 事.^ 云; S 布ら して S る M 何^で. 云 はして 置 

し. T こ 6 が < ぐ ほく か 3 ね ほ きみよ ii ぶんみ <- へ 

かう t やない か、 * 口の I お々 卜ゃァ ない が 僕は搆 はない M それ は 大きにい けない、 君 能く 自分の 身の上 



かんが み きみ いま だ はんげん i, まきみ ひつ 上 s ^<J; くわい しんや 5 

を考 へて 見 玉へ 君 は今寶 出しの 人間. r やない か、 だから 今 君に 必要な の は 社會の 信用 だら う。 をれ を 

かる み も. 5J も i ほ あや た も じつ fl か ! 'つ 

輕く しく 見過の は 餘程過 まっている だろう さ 思 ふ さう 卜 やない か)) 《をれ は實 にさう だ 然し 事賀は 

そ 5ff ん& 5 げん 5 ちか も せ けん くら 3*5 げん せいり 上く ね を か ft^ 

早 晚琉言 打 勝つ だら う^ 思 ふ)) ((だが 世間 は 眩 まされ やすい もの だ。 流言が 勢力 を 得る^ 中く 恐 し 

お きみ つゆ さいくん L たこ、 ろ 1^ , 

いよ :••: をれ はさて 置 S て 君 はお 露さん を 細君に しゃうな ど さいふ 下心 は 無いだら う M ゥ I また… 

い 乙 ど Kb つゆ e づ ま-, T-L ぶん ム じん たい.. - ゆん くわん a こどせ けん. L わた 

…さう 云 ふ 事 は 思 はない M .IV 露さん は 實に申 分の ない 婦人 卜 やけれ.^ も 戴 春舘に 居た 事 は 世 問に 知れ渡 

ゐ S まきみ ゐち も かんがへ も a きみみ ビ ^:>っ ふ f^< し 力/:.^ い 

ジて 居る、 今 君の 位置で 若し さう いふ 考を 持ッて 居るならば 君の 身に 取 ッて實 に 不得策お 乙れ か社會 

^?? f わんけ S ひど ど か < きみ そのこ ビ つ た ほふ さ. < せい I „ ま I ち.^ こ • く 

の 潮流に 關係 しな S 人なら 兎 もお も、 君おから 其 事に 付いて は 大きに 不賛成た) )o 《君の 忠告 は誡に 有難 

けつ あだき 

い .:•: 决 して 仇に は 聞かない)) 

つゆ そ ど ためいき しづ ひきさ ち 、おや ほう ゆ I e & いん や かん ^ 

か露ハ 襖の 外で 溜息 一 トツ 靜 かに HF 下、 がう しが。 父親の 方へ も 行かす。 自分の 部屋へ 歸ッ て、 投 ける 

つく? 3 へ も そで 5 おか. 3 5 づ < ゆ! y <» るし 3 あ ひ > その 

やうに 机の 前に 座 は 6、 袖の 中に 顏を 埋めた ま、、 暮れて 行く 日お 全で 知ら し 明くる日 力ら は 其 

へ や 5 ち ビ<«> よ こ ゑ きこ こど いど ひ !• き つゆ び や 5 き > 

部屋の 中に、 讀 書の 聲も M え 卞。 琴の 糸の 響 もな し —— か 露 は 痫氣^ な ゥぬ。 

y .«ゎ いっし f ち こ つゆ いのち 

(其 四) 梨花 一 枝 打 込んだ 露の命 

ひがし i$ L?c こよい や つきい つばい て ほ"」 ちか まつ き かげ ほ 5 し ^もしろ ) 

東の 丸恣の 障子に、 今宵 十五夜の 月 一 杯に 照らし かけて、 程近き 极の 木の 影法師 は 面白き 墨 繪の枝 振 

み かせ た どづ た. ひこ はさ わた 1 - fcv- P ^^^) み^ - 

を 見せ、 風の 音 訪れる 度に、 木の葉 は騷き 立つ れ^、 乙 ゝに友 づれの 音 も, ^し。 今 を 山吹の K き亂れ たる 

した みづ Ss わ きの ふ き か はつ を て f し &ん W よ ふし はる \し - • 、 t ^fc ) ^-^t^ 

下の 水際に、 昨日お 啼は 卜め の 蛙 は、 馴れぬ 調子 を 遠慮の 節お かしく、 遙か 西に あた. *y て 何處の 色白 



L わ 5r- りせ きこ ひど ^ どき み、 ほビ y IT かも ゆ ひる こ、 ろ ぶ 

の 仕業 か、 風に つれて 間 る 糸の 昔 は、 途切れく K 耳の 邊を 掠めて 行く。 晝 は 心に さまらぬ もの、 舞 

tec, の J 上 しづ し や,/' じいち まい 5 ち さ、 ^9 

臺に丄 る やうに なれば、 夜 はやう く靜 かな. 00 障子 一枚 內は、 をれ にまして 淋ぴ しさう に、 ラゾプ は 

"A >^,o なし ハれ ちか き はち OS ふ ビん W まい. c さ び ろ ふ わ り さら, *y, 

i を ii くして、 ある は^の II を かくし、 押入に 近く 黄八丈の 蒲 圑ニ枚 重ねて、 1KS 絨 の襟ゥ けたる 更紗 

^の iils おに、 らして、 11 やつれて、 力 さ、 うに 11 か 露は橫 になれ-^。 枕元に は、 師 

に i<ps いたる F& 仏の はし、 if c£ の ;ム に、 -歌 i 二三 f 酽せ、 f 二三 

船の わ 6 しが、 肥 ウ^ら したる 事 もなくて、 丁寧に 重ねて わ 6、 病氣は 次第に 長び きて、 暫 らく 

衝 のぎお i れ たれば、 1 は i まし く^れ、 r^^lk るんで がりく. 落ち か、 る 島 田 も、 形 は 分らぬ 程に り 

ぶれ、 Isitt を かしく 1^ 僻つ きて、 後れ毛 は 野 分の 跡の やうに、 た ぼ は何處 にわる やら 知れす。 臉の肉 落 

ちて、 ^の 鋭 いっさな く 濁. o、 鼻の 分けて 高く 見 ゆる c:、 やつれた るの 鏡なる べし。 蒲國の 上から さへ 

たどろ をが た 5 み は、 ね や いのちみ ぢ どころ る,^ I ,さ い-^ f MM^^^V JyrNG 

も あら はに 衰 へた 姿、 生の 母親の 命 短 かくて、 乙の やうな 處に 居合ハ さぬ を 幸 ふほ^の 害って 

み み を だ いづみ せこ ど 

見たら, ハ、 涙の 泉 は 何う して 揠く 事が な 2: ラど 

へだ ^1 S く あしざわ み つゆ も々 たきを ほ » ^» . i - 、 ff (> > ノ r r- ;B- 

隔ての 襖 わけて 入 6 來る 蘆澤、 見る より ^5 露 は 直に 起 直らう さする を ,理 にと めて ((さう してん 出 

V.J け ふ き ぶん きの ふ , か -5 いろ > * 」, ノ\ 

よ 何う だい 今日はち ウ^ は氣分 はい、 かへ、 昨日よ 6 は 顔色 もい ゝ やうた せ)) 

Sis はし さう にき r めた sr § に?^ f か 6 し。 これも&1^んょ.0はた恥ゃ0れして、ぉはを6く、ぃりも 

し ほ" J ほ * ほ:; もこ きわた か げんき めっき ぺ ゆみ,.',」 /TJHi^ 

は 知れぬ 程の 類 骨 も、 少し 際 高に わら はれ、 元氣 のな S 眼附 で、 つくく か 露お a れは 《有 動う 存 しま 



k .« を をん き ねビ たい び やうき 

す さう も 同 卜 やうで S けません OM 何でも 氣を 落して は S けな so をん なに 大した 病氣 でもない のに、 

C ぶん はげ を ほ こど 

自分で 勵 まして 癒ら チか い 事 はない よ OJ1 

► 1 し ざ K みつ をん い め をみ だ ま <ら 5 へ た しづく み 

露 は ザ ツ^ 蘆澤を 見詰めて 何^も 云 はす 眼 はいつ か 涙ぐんで、 枕の 上に 落ち か ゝる乘 を、 見られぬ 

K ほ, y ゆびさき ふ あし ざ ほ かさ たいてい び や 5 き こ、 ろた し も & 

やうに 顔 おをひけ て、 細ッた指先で^^ ッ S 拭く 蘆澤は 重ねてぶ 大體 の病氣 は、 心さへ 俊 かに 持 ジて居 

' ' L t いつ. -ゃ 5 けんめい はや を を みん を もろ し ばい 

れは 直によ くな ッて 仕舞 ふ。 だから I 生 S 命に^ ッて 早く 愈して 皆 揃ッて 芝居へ でも ゆかう じ やな い 

か M さう 致したい ものです が …… )) 

3 つけ つた また ひ L づ く かほ かけ あ. L ざ は み fj ら ど つ しんば い さつ 

睫毛お 傳 つて 又 一 ト 零。 顏は 影に なって、 蘆澤に 見えねば、 をれ さも 知す、 《お 親父さん も 心配して、 先 

き: ゐ, しゃ た 一 わたし まへ ね ど かくき をに ね もしろ は 

程 もい く醫 者に 頼んで たッ け。 私 も か 前が 寐 てるれば 鬼角氣 にか、 ッて何 をしても 面白くない。 早 

みん を よろ て あ をた き < 

く 皆に 喜 はせ る やうに しなく ッ てはいけ i^s せ 0)) 《貴郞 はもん. にお 氣 にかけ て 下, たさる の 0)) 

ちから S こどば いみ い き £& L じう あん 

少し 力を入れた 言 菜、 意味 わ. さう k 云 へ ば、 《 氣に かけな く ッ て …… Z ゝ を 離れても 始終 案. r てばつ か 

), , あ 《 "がい わた く.. > L けっか 5 L .S ま あ をた &ん 

る ojl 《ァ、 有難い、 私 n 死んでも 結構です 0)) 《ナ 11. …: 死ぬ なんて 忌 a しい 事 を …… M* 郞 OM 何 だ 

^たくし あ をた いつしゃ 5 ねか ひ &ざ たい あら ビ こど 

い 0)). 《私 は貴郞 に. 一 生のお 願が 御座 ゥま す》 《大 さう 改 たま ッて、 …… 何う いふ 事 だ so) 

ぺ f ► ね: かへ た * くけ み、 うへ あ おのて 3 くら 5 へ ね 

か 露 はう つ ひけに 寐返, して、 うるさく 垂れ か、 る 後れ毛 を 耳の 上に かき 上げ、 其 手 を 枕の 上 k 置いて、 

„ 、 ^^^^^ を f へ 3 たこの や f こど f ^ & しんせ ク あ た こど 

《乙ん.*^^に御厄介に成ッた丄で、叉此檨な事を申しては濟みませんけれ.^も、御深切な貴郞の事ですから、 

お ね 力 R-5 わたくし を た t-a. が、 w おやち こど も わた <し 

押して. 願 ひ 申します。 私nかぅゃッてゎづらc^て居.<:^ましても、 只氣掛 なの は 親父の 事、 ::: 若し 私. 



雪 折 * 竹 ニニ 

<» ん いち こど ほか を ね やじ あ をた ちから を 

が 萬 1 の 事が わ 6 ましたら、 外にた よ の 無い 親父です から、 何う ど 11 どう ど貴郎 力に 成ッ てゃッ て 

下さい まし o》 

ね も こ ちから こ い あ. L ざ t4 #*- こ た 5S,- ろ ふ.. i ぎ かほ を * か わざ たか わら ひ 

思; S 込んだ やうに、 力 を 籠め て 云へば、 蘆澤は 少し 驚いて、 不思議 さう に顏を 眺めし が、 態^ 高 笑して、 

を y S ね も つ 》• こど まへ C ぶん び や 5 き あんま たい たも も 

《ァ ハ、、 、何 云 ふかさ 思ッ たら、 爺らない 事 を …… .1^ 前 は 自分の 病氣を 餘ゥ大 さう に 思; 5 過 して ゐ 

しんぱい からだ さわ $j この こど い 

るから いけない をん な 心配 をす るから 身 體に障 るん, たよ 0)) 《です が 何う ど 此事を ::: M をれ は 云 ふま 

, こど * &ほ は 5 せいだ わたし Wb ほ 

で-もない 。だが をん.^ 事よ 6 癒す 方 を 精出さ 》 ければ いけ 》 いよ 0) 《私 はさても 癒. y ません o》 《サァ^v 

を K たも さ だ ほ: Jj び や 5 き e ぶん ころ 

れ がわる so 何も 思; S 定める 程の 病氣 卜ゃァ ない 卜 やない か。 ッ マリ 自分で 自分 を 殺す やうな もん, た o》 

わたし $ ほ. ゥ のケ 

《私 は 癒らない 方が 望みです OMH 3 

<^ • f k つゆ まくら 5 へ かほ こわ あ きふ あ. L ざ ほ あき が ほ ビ 

堪へ かねた か、 か 露 n 枕の 上 は 顔お かくして、 タツ S 聲を 上げて 泣 伏せば、 蘆澤は 呆れ顔 《を .rs や 何う 

S わけ $ かま こど を い きか 5J 

云ふ譯 なんだい。 何も 搆ふ事 は 無 い から 云 ッ て ; -聞 せな。 ェ 、何う したの o》 

つゆ & みだ £ まぶた み けつ ま <- ft もつ を W わた. J い ォ 

か 露 n 涙お: 添へ た臉を 見せて、 ((乙れ は决 して 申しますまい さ 思て 居ました が、 私 ハ モウ さても 快復 ませ 

ま 5 し まい わた { し ぴ や 5 き もど あ をた 

ん から 申して 仕舞ます が、 私の 病 氣の本 は 貴郞 です 0)) 

ゆ. J ざ は f またつ ゆみ こ、 ろか ほ. S ひたい ひど むら くも ゆ くお む も 

蘆 澤 は g はす ギッ クリ。 X か 露 を 見 まも. CS しが、 心 C 顏は 出て ゝ、 額に 一 叢の 雲行き、 口 は 結んだ な. 

>S -ん い だ つゆ あ をた せんだって a は ぁづ 3 や おっしゃ こど わ 

何 さも 云; 3 出さす か 露 は 鼻 をす、. ながら、 《貴 郎、 先達庭の東屋で仰有ッた事をか忘れ^^>さぃます 

yj きわたし あ をた 'や 5 だん たっしゃ ほんき おっしゃ .》 し まん ビ5 

まい。 ァノ特 私 は、 貴 郎が御 冗談に 仰有ッ たの かしらん、 をれ さも 本氣で 仰有ッ たの か、 若 も本當 であ 



tJj 5 れ ね も ひビ かんが 3 & きゃくま ほ 5 つゆ こも 

ッたら何ん4^^ュ嬉しからぅさ思ッ て、 獨 AN て 者へ て參. ます^、 4^ 客間の 方で しき-^ にか 露 いふ S が 

きこ 3 こど も こど たちぎ、 5- た やま か はさん あ をた むか 

閱 ゑます から、 誡に濟 まな S 事でした が、 :?v ッ S 立 閲 を 致しました、 します S 山川 樣か 貴郞 に向ッ ての 

&ゐ けん < 「けた ま は る S ちくで R. つど. * こど わたく しみ I こど, あ 

御 異見、 ッて 居る は <^ 1 々御 尤な 事で、 私見た やうな ものと 若し をん な 事が あったら, をれ 乙 を 貴 

た を まへ も した も、 ゥ こど をら な. V を わたし み 

郎 のか 名前になる rj^ ゝ思; S ましたら、 それまで か 慕 ひ 申した 事 も 空恐ろしく 成って、 —— 尸、;;^ の 身 

ふ 、ゥん たいしゅん < わん い けつ このい わけ あは ゐ 

の 不運、 戴 春 舘へ 行った の も、 决 してす き 好んで 行った 譯. r やない けれ^も、 …… せめて 兄、 が 居たら 

たも ひ たや じ や s-tw こ を あ!^ を わたし をせ ふ こ. り い へ i 

乙ん な 思 もしな S ,た KVn に、 親父 は 失敗 ひ、 兄 は. U くなる、 私 は 何故 乙ん な 不幸な 家み 生れた 2: うさ、 

へや かへ ひビり **> ね あ をた ^4 & しんば. & し ごっかんが いで 

部屋へ 歸ッ て獨で 泣いて 居ゥ ました をれ から は 貴郞は 何だか 御 心配 さ 5 は、 始終 考 へてば かう お出な 

もこ ど をた も わたくし こ、 ろ. 3- る まう まこ ど 

さいます から、 若 しゃもの 事で かふ さぎな さるので は 無い かさ 思へば、 私の 心苦し さ € 申す もの n 誡に 

は &* い た で き ほ $j 

か 話し 致す とも 出來 ません 程です OJ> 

こどば も や くつき やう やつ ゆ や さきし ろ &ビ * こ ひ を この &ろぁ L ざ は むね 、ゥち やみち あい 

言葉の 征矢 $:、 究竟の 矢 に、 矢先 白く « 通した 00 戀さ名 W は、 此頃 蘆澤の 胸の 中 は閽仕 合して、 い 

あさ いど だ さ こ 5- ど 々ち みつけ しげよ わけ 

づれを いづれ、 麻の 糸の もつれ 出して、 何處^ 緒 を 見 付る ij もなら す。 よしあしの 繁 あ ふ 世 や、 分て 

ゆ ねぶ;? さは 5- こ、 ろ を がれ みねこ ど この &ろ かほ む?;; ひら 

行く 小.^ の^が ちに、 S つか 心よ き 流に 身お 置く 事 か、 此 頃の 顔の やつれ、 胸の 開けぬ も、 た^これ の 

るし つゆ ❖ まひ われ こ ひ がた し がまん おも かた たも へだて かき 

苦み。 か 露の 病 は、 我への 戀 にや つれた 姿 さ、 知 CN て 我慢が なるべき か、 思 ふ 方に 思 はれて は、 隔の垣 

ゆ め 5- ち ねん やぶ て こまぬ 、つつむ 5 ち けつだん さや はら つゆ し 

の 結; S 目 もい つか、 一念に 破られ、 手 を 拱いて 俯向く 中に、 决斷の 雜を拂 ひかけ たお、 やま は 知らねば 

ど いき 3 た あ *&た ため し 5 へ わたくし Si せつ おも ひ あきら こ、 ろ 

吐息.^ つ S て 叉、 ((贵 郞 のお 爲 に^らない^ 知 As ました. H は、 私 C 何ん な 切な S 思 をしても 蹄め やう S 心 

雪 折 竹 二三 



照き 
闻 


條 

ふ 


掛ぁ 
s た 


ふ 


レノ 


古 こ >^ 




'お 


冬お 


早ま 


な 


t 


さ 


费っ *m ざ 
路 》 择は 




ク 


が 
,こ 


み、 


卿 


れヽ 


レ 7 


の 


< 


A 

9 




小 


は は 


わ 


て 


b 


•=f こ 

S ど 


欲? Pfe ざ 





it 


夜よ 


死し 




にノ 


-A 
3. 


私? 


行 ゆ 




ず 
呆ば 


り V/ • 




然 


の 




し 




し 


目の 菜 


ァし 


< 




t 


v-t a; 




< 






/c 


し 


力 


r に 


何 S 


の 




Pj ん 


ち タ 


4-、 
A>, 


虔 【み 


寒む 


まし 




力 


1® あ 
JK し 
逸 ざ 
摔は 


フ ん 




に 


けき 


\^ 


きつ 
路ゅ 


れ 

<ir し 


< 


ぬ 


ィ、 




る r 


わ 




•Hf よ 


か 


B め : 
日 : 


, 






方? 


わ 


14- 

»7 


能 わ 
跟ざ 


ま A 


ジ 


少き 




MS き 

m 


は : 


/L 


き, 




私 く 


4 レ 


if 


し れ 


て 


し 


ダみ 
々や 


さ 


釉? 私お 


ら 

め た 
ゥ 


は, 

、つ 


つ 


願 




Cl 


あ 


て て 




位 t 


も 

f/"? "ん 
は 


z よ 


1' レ T 1 


> 

< 




白 e 
曰 

ガん 


で 


L 




出で の C 




瞎か : 




芽ん 


や 


て 


がし 


) 


、乙 «»、 
Hi 、ミ か 


Th* き 


妨 a 






^ : 
C* • 




t 




m 


V リ 


f ^ 


\ 


丄 ヾろ nfr 2 

カュ RIJ* 


X 


ゆた 

苦^ 


A 
9 


a: 


Jf レ ^ 


B リへ 


•db- し 


や 


b 


もみ 




し 


ゆ W 




1 > 


や、 
に 


し 




I 人 


目 じい 

し 


蛩§ 


ま 


(7\ 


4 レ 


N 


さ 何し 


ん 


1& 、か 

勝 




わ 
7 こ 




48 た 
概の 


す 


丄へ 


ば 




)m ラ 


o 


て 




o 


fiyh あ t ハ 

m*^ い 


u 




の も 


o 




ノ 




お ゝ し 




《 


V' 




H- あ 
" ャ 


7/-* 


\ 


翻 こ 
聲 (さ 




55 わ 
る 










い 


o 


) や 

し V. 










V * 


A 
'} 




U ちゃ、 




爭§ 




1 日] ん 


jh 十 
ャ 9 

\ 


ねタ 


憩つ 
f& ゆ 










k 


ま t 求 本 




は 


B リへ 






/7\ 


の 




が 
【こ 




n 

'OS 


さ 夭 




め 


' ' わ 


审こ 
"^ど 


A 
ソ 


か 


ぼ 
ヌ 1、 か 


< 




c 


I 人 


Ir 
I 、 


フ は 




る 


TA (- 




は 
丄げ 


乂ゃ 


H- 


は 




f' お 

PH き 


ノ 


云い 


) V 山 で 
【こ ttJ 






ひゝ し 




'*> 


房 4 


な if を 
nu 仏 


れ 




^ ら 

り 


fi ゝ 


タ 


^ 求 




の 


塞. さ 
妥ぃ 




聲象 


I 、 




に 




て 


h 
ん 


て 


》、 TT 
ハ Z よ 




力、 




-4- 

丁 


ば 
は 


ち 


ft ゝ 


お、 






て 




yj い 






1 

し 




カゝ 


つ 


で 










ft 


I あ、 
: 力 ゝ 










A 
y 


て 




ft 






ゾ 


承? 






ィ 


似き 

まこ 


< 


o 


a く 


A し 


れ 








知ち 


<fer ど- 






ひ 


蘆チ 
風 し 


れ 

A レ 


里 は 
宋 


て 








な 








A, 
a! 


は 


1 ギ B 


な 

'小 








@ カノ 
^ く 


〈 


の 


し 






ァふ 
小 


爭、 ♦ 




w • 


、 


蘆! 






田お 
>&( 


お、 


at 




郞た 


RL も 


t (^や 


娜 か 
平ェる 


劊ゝ 
ガ) 


マ 






厂ス 




や 

7 

先 § 
程き 
云い 
ク 

の 

は 

嘘!: 
で 


し 




の 


の 




< 
、 


乇 




の 






O 






ゆ 


まど 
/tec 




何 を 


ム 


心ミ 




め 


め 








はろ 


り 


れ 

4 レ 


ィ レ 


が 




て 








の 


舰を 


な 


故せ- 


« 


ほ 


共? 




ゐ 








お 




い 


-? 


身み 


)2、 


音ォュ 




ま 








邪? 


じ 




-§ "あ 
貝 


1 こ 


迄專 


の 




す 








魔 3 


や 


の 


餘 5 


に 


悲 1' 







く: 






に 






郞た 


ク 


田 れ 
お、 も 


し 




今 S 








な 


い 


兎 ど 








さ 




で 


ん 






る 


か 


や 


山 f 


嬉$ 


て 


に 






なび 






や 




角 か 




れ 








痴ゃ 

菜き 










さ 


し 


れ 


胸 g 




曰 S 






な 


で 




ん 















r- つ わた < し いや こ VJ 

實は 私が 厭. a> のお s^o さう 事なら い、 OJ, 

み ひ ど て た 一つ あが つゆ こ からだ まへ だ ぁ&た 

すねて 見せる も 1 ッの 手、 ズシ^ 立 上らう さすれば、 露 はせ き 込んで 體を 前にの. < ^出し、 ((貴 郞をゥ や 

ちん ま わたくし を は み わ vh-t いつは S- ま 5 

ァ餘. です 私 は 何が 見得で 嘘 ゃ僞を 申し まし やう 0)) 

S> またて づょ < ち をん い いや .5 や 

云 はれ て も 叉 手強く、 ((口でば か 6 は 何 でも 云 へ る。 厭なら 厭で い 

たち ひざ ねさ つゆ ぴ や-. r き ほせ こ、 ろ 5 ち あきら あきら をら もの ひど 

立 かける 膝お、 ぁハ て、 押える ^露。 病氣^ なる 程の 心の中、 諦めても 諦められ ぬが 習; 3、 まして 其. < 

ぉ& こ、 ろ. S いや せつ こら 奪が おきし むね 

に 同 卜 心お 云 はれて、 厭 さいふ 切な さつら さ、 をれ を 堪え かほした もの ゝ、 琉石は 女子、 胸 n すえても、 

かく & こ ひ おから . as- わたくし たら ひど をみ こど でき 

覺悟 はしても、 戀の 力に は 張よ はく、 ((をれ は モウ 私の やうな 足 はない、 —— A 並の 事 も出來 ない もので 

よろ、 ほ f ど !. 一一 わたくし み ど あ W がた をん まう こ どば 

も 宜しく は、 ••:: jK 臭實 にさう だね on 《ハ ィ。 私の 身に 艰ッ てハ 有難い £ も 何 £ も 申さう やうな 言葉 は 

— , 、 ほか こど いつ 

ぁゥ ません。 :•:• です が ::: JK (ナ -1 を 乙に (です, が) が S る もの か。 まゥ 外の 事 は 云ッ 乙な し —— サァ 

をみ だ 上 わら が ほ み ま こど わたく. J ぃ&- な &ひ い 

涙 を 拭; S て 奖ひ顏 おか 見せな o》 《でも 何う も …… M 未だ そんな 事 を …… 私 を 厭 どか 思で なければ モウ 云 

上 あ をた /J むり む & い わら い 

ふの はか 止し r ((ム 、れは 貴郞御 無理です oj> 《乙れ から は モット 無理 を 云ん よ o》 笑; S ながら 云へば、 ((こ 

ビ まへ あし ざ は みや 5じ 

れ からさ n 何う 乙れ からです 0』 《4^ 前、 が 蘆澤^ 名字 を かえて からさ 0》 《さうな. ましたら さど …… 》 

こ、 ろ はだ しんそこ かほい ろ ひさ み くお も *J あ. S き. や 5 あ L ざ は め 5J ほ;; ね 

心の 素肌 わら はれて、 眞底 うれし さうな 顔色、 久しく 見えなん だ 口元の 愛敬 は、 蘆澤の 目に 何れ 程の 赝 

うち み からだ だ ひ よる く 5 き 

値 を 見せし か そんな J;;^ 身體を 出し て 冷お てはいけ ない —— 夜 の 空氣 はよ くな いから】 

かたて みたい や, - 

云; 3 ながら 肩へ 手 を かけて 見て、 《大 さう 痩せた ねへ:! 

雪 折 竹 二 五 



m 顧-の 祌 二 六 

: ろ 5 さゥ r や つゆ をん 5 れ や こ ね きも の かき あ 

れ までの 苦勞 察した さ 云 はぬ ばか 6 の 様子に、 か露ハ 何となく 嬉しく、 少し 起 直ッて 着物 を 搔合ハ せ 

€32 み あ L ざ tt め H く みつ をん 

る 時 胸の ほ £ ゥ Jt£ チヲリ € 見えた 黑 S もの、 廬澤は 目早く 見; E け て ぶ 何お い をれ は、】 

? 1M,II3 し て 取らう さすれば、 押隱 くし て 、 《何でも わ ません よ o》 《隱 さなく ッて もい ゝ t や^ S か o》 5 

がか 笑 ひな さらなければ お見せ 申します。》 《十- -笑ふ もの か。 サァか 見せ o》 

C £ _> あし ざ tt はんしん しゃしん やさ こ、 ろね せん { ばんく を どこ むね し こビば いで 

すに 取って 見れば、 蘆澤の 半身の 寫 具。 優し S 心根 は、 千 句 萬 句よ 6、 男の 胸に 染みて 言葉 も 出す、 か 

つ ^3 ,ゥ つむ $ つゆ - けつ 

霡 はポ ッ€魏 を 紅ら めて、 俯向いて ねる を、 ザ ッさ 眺めて、 《ァ 、 こんな も …… か 露さん こ れは决 して 

わ も あ を tlJ こどば けつ あだ , 

忘れな SM 貴郞の 4- 言葉 も决 して 仇に n …… 】 

あ ろ f こ、 ろ こ はたら ぶ L ゆん 》> や 5 いっこく つき み をみ ませ い ま はる も を か A こ、 ろ は を 

見合 はす 眼の 中 心 を 籠め た 働き 振。 春宵 一 刻、 月 は 南の 窓に 今 を 春の 最中、 いっか, 儒れ 心の 花 はわ 

つゆ 5 つ _ • 

したの 露 は、 さも かし 美く しかる ぺ し。 . 




® 帽 の 神 弦齋 居士. 

L んせ. ゥ てん せじ S 

新 商店 (か 世 辭.^ I 曰 ひな) 

かんだ te が はまち を かほ $1 あらた ひら ビ 5 ぶってん ま ❖ ちに けん た ねく ゆき ま これ e ゆん こみせ 一 

神 田 ト川叮 の 中央に 新に 開けし 唐物 店 わ. < ^間口 一 一間に 足ら 卞 奥行 も 亦た 之に 準 卜た る 小 見 世 なれ^も 品 



の 神 



二 七 



1^ たくさ, C がら も ビ だ を ちち み ねろ しほんな、 じ おか, U ろ あ ね やくしょ こしべん ど f 

物の 澤山微 子 in, 棚の 內に見 ゆる は 卸せし 資. 14 の 多き なるべし、 主人 は 近頃まで 或る 御 役所へ 腰辨當 にて 

かよ こ かんいん を や じ しん ft-c かんかい ち しん ゆ S> ね ど ほか た の .ゥでまぃ を 

通ひし小官員^^^-^しが名古屋の地震ょゥも怖^:しき宫海の地震に搖落され外に賴ひべき枝倆も無きもの 

たく は かねし ほん を せ., r ほう HC は むめ *,_hK>iJ ど 5 ち. C よ みせ ちい ひど やど 

t0 へ し 金 を 資本に して 駟れぬ 商法 を 始めし. 5^-^、 最初 は 何事 も 内輪が 好し さ 店に 小さく .< も 一 雁 は 

つま む もめ あいて ぁゥ ばれし 上う ばい を れ ろけん みせ かざ s- つけ を: こんい てつだつ もら ゆ ゑみ かけ しゅび よ 

す、 妻 さ 娘 を 相手 Ji£ して 夭 晴商寶 を 爲す量 見、 店の 飾付 杯 は 懇意な 商人 は 手傳て 賀; 3 し 敌見掛 は 首尾 好 

でき こ ど きゃく あっか もに こん をん あるじ ものし S- が ほ せう ばい こ、 ろ わ さど つま む をめ i 

く出來 たれ < ^も 馴れぬ 事^て 客极 ひが 何よ. 困難、 i 人 は物識 顔に 商賣の 心得 を歲 さんさ 妻 や 娘お 呼び 

ね 3 へ たち これ あ きんめ をん こし ひく い け こ <* ひく い 

《オイ 和 女達 は是 から 商寶 A になった の だから 何でも 腰 を 低く しなければ 不可な S よ、 腰 を 低く する^ 云 

t やが む ある わけ を きやく み ま い き ほ si こどば かけ だ 

てな にも 屈 膝で 步く譯 では 無い が 客 を 見たら 先づ 勢 好く イラ ジ TJ- ャ f ィさ 言葉 を掛て 品物 を 出したら 

* & やみ せじ S あき をい あいけ 5 かんじん せじ, ゥ 3 S いけ き y や 5 

無閽 に.;^ 世 辭を言 ふの だ、 商賣ハ 愛嬌が 肝腎 だから; -世辭 を 旨く 言 はなければ 不可^い 》 十七 八の 容色 

X む. * め わら だ t のく せた どつ ぼん 5 ちち 、り せじ ^ かっか 5 ね やじ あた <s か 

好き 娘 は *、 さ 笑; S 出し 《其 癖 阿 父さんが 一 番 家中で か 世辭の 無い のです i 四十 好 恰の父 C 頭 を 後き 

たれ これ S たれ せ, つ: i ん を S ま、 で や f じんみん むかつ S ^ し つも かたはら 

《ィャさ己も是からは言ふょ、己も商.<^^成たのだから今迄の樣に人&^に向て威張ゥは仕なぃ積6だ》 傍 

• つま 5 ちわら こ らん 4J んみん たつ. L や い け だ きゃく さ 》* 

^&る妻も打笑ひ 《5N ヲ御覺 なさい、 まだ 人民お なんど £ 被 仰る から 不可ません、 大切な か客樣 では ゎゥ 

あるじ t^,^f ^ そ 5 い ま 5 ち をん 5w おな へたち だい ばん ね a 

ません か》 主人 《成程 爾 云へば 爾 だが 今の 內は 何でも 宜ぃ、 をれ から 和 女達が 第 一 番に覺 えなくて はな 

ふ て 5 .5. わんら いたれ f> を もの みん せ 5 ふだ つ ね た-つ よ もの せ 5 ふだ つ 上 t 

らな S もの は符徵 だて、 元 來己は 品物に 皆. 正札お 着けて ft かう さ 思た が 好 S 物に 正札 を 着ける 亡 外の 

みせ み ♦* その だ 5. や を 5 S た & がい みん ふて 5 ゥ おい 5 ち i 

店で をれ を 見て 直く 其 價ょ. 廉く賣 る さ 云 ふから 大概な もの は 皆 を符徵 お着けて 置た、 家の 符徵は (メ 

S こ、 の e tt^f も は ♦ 

デ タイ コトパ カリ) さ 云 ふので 九つの 字が 1 1 ニニ 四^ 九までに 配當 して ある、 即ち (メ) か 1 で (デ) か 二 



も ふだ かい せん こど せん これ よ ttt t 

で ( タ) が 三お、 若し 札に (タ) £ 書て あれば 三錢の 事で ( タ コ) さあれば 三十 五錢 だから 是を 能く 覺 えて 置 

羞 . 

あるじ ム て 5 こ 5 しゃく を S みせさき ひど きた や 5 も む もめ はや これみ ど ち、 そで ひ ね どつ 

主人が 符徵 の講釋 を爲す 折から 店先に 人の 來ゥ し檨 子、 娘 は 早く も 之 を 認めて 父の 袖 を惹き 《阿 父さん 

き だれ だれ き. やくさ 3 おやじ わ 5 へい .5 &づ じんみん き たまへ で い 

來 ましたよ)) 父 ((誰が)) 娘 《誰が つてお 容樣、 が)) 父は橫 柄に 額き 《ォ、 人民 か、 來 たなら 和 女 出る が宜 い》 

む をめ こ-つべ ふ わたし たどつ で くだ じ なや じ つま か ヘリ ね 3 へ で 9ま 

娘 は 頭 を 振. ((ァ ラ妾ハ 馴れ ま せんから 阿 父さん 出て 下さい)) ^辭 する、 父 は 妻 を 顧み 《和 女 出な)) 妻 

"たちあが だん 15- あ &た S まこ 5 しやく くらる £ 4J ぶん で あるた. r& たれ 

も 立 上らす 《旦那、 貴郞が 今講釋 をな すった 位です から 御 自分で.;^ 出なさい まし》 主人 も 動かす 《己 は 

い ません き こし, い た なまへ たちで く にん た しもん さ 5 ち 5 みせさき こる たれ い このほう 

今 §M で 腰が 痛い から 和 女達 出て 4- 吳れ) ) さ 三 < か 押 問答 中 店先 聲ぁ. ((オイ 誰も 居ない のか、 此帽 

子 は 幾何お》 

とびたて ちる じ せんかた ふ みせ い で こ、 ろ おも い らっしゃ こ ゑ くち いで i« き リ きゃく ぴ 

客に 呼 立ら れ てま 人 は 詮方 無く 店に 出た るが 心に 乙 を 思へ <w も 被 入い の聲 n 口よ ゥ 出す、 突然 客の 措 さ 

はう し 50 つ これ これ 5 ら あらた いか ふ C5 ふだ を あた り たづ 

せる 帽子 を 執て 《是 です か、 是ハ) ) 亡 裏を撿 めしが 如何にし けん 附徵の 札 は 無し 、((オヤ)) £ 四邊を 尋ねて 

おく ほ 5 かへ s- た 3 へたち これ はつ あ ふだし たく む もめ ふ もま もど を か かほ 5, だ 

奥の 方 を 顧み 《コ レく和 女達 は是に 貼て 有った 札 を 知らない か)) 奥よ. 娘が 襖の 外に 半ば 顏を 出し ((ィ 

ケん き や < せん £ わかもの. S ま ぴ じん ねく あ み ど きつ も をた め を、 あるじ 

、 ュ存 卜ません)) 容は 三十 前後の 若者 今 十七 八の 美 A が 奥に 在る を 認めて 屹 S 其方に 目 を 注げ 6、 主人 

L き W あ fey さが ふだ $ し はつ たち はづ V ザ わか これ おも き ぶん 

は 頻に四 邊を搜 し、 《札が 落た のか 知らん、 貼た ものが 落る 箬は 無い が、 ァ 、分った、 是は遲 く 求た 分で 

ふだ つ や S や こ、 ろづ せんや-い これ か かく かくてい ほか 

まだ 札 を 着けなかった つけ)) さ 漸く 心 注き、 ((先生、 是は價格がまだ確定しませんから外のに.1^^すゥたら 

f きゃく もの や 5,** ねか こ、 ろ わら このかた し &< き い つ ね わか しら 

何です)) 客 は其樣 子の 可笑しき を 心に 笑; S 《ィ ャ此 形が 至極 氣に 入た の だから 價が 分らん ければ 一 つ 調 



くだ こどぶ ゃラゃ ていな-;' f び じん たい あるじ 上ん" 一 ころ を せ さく ま ^だ 

ベて 下さい》 111 口 葉 も 漸く 丁檸 にな. し は 奥の 美人に 對 して か、 主人 は 據 無く 《少々 侍ち 下さい》 S 

こどぶ のこ f い て; - めん ,てろ ぶん ど だ このぐ ち もん >*J ん わ 

言葉 を殘 して 奥へ 入. o、 帳面 £算 縫お 執 出して H f ト此 口が 一 ダ.' ズ で 十八 圓か、 十八 圓を 十二に 割れ 

1;^ ん せん あた • つ や んて 5 たは .ri て みせ S できた つ 3 ち- >*-<' こ やまだ かぶ 5 し 

ば 1 つが 一圓 五十 錢に當 る》 さ 漸く 勘定. し 終. o、 急ぎ 店へ 出 求て 待 遠でした な、 此の 山高帽子 は 

あた きゃく しばら くちら しゃ »5 し 5 ち をが これ ら しゃ よ 

1 一圓 五十 錢に 當ゥ ます)) 客 は 暫く 黑羅 妙の 帽子 を 打^め、 I; 是 は 羅紗 も 好し、 一圓 五十 錢でハ 中々 廉 

こ c!- ビき あるじ をに おも いき^? =• きやく もつ ^Js し ビ これ しっさく .C つ かんで 5 まち^ ば 5 

い)) 此聘 主. < は 何 思; S けん 突然 客の 持てる 帽子 を取ゥ I; ィャ是 は 失策、 實は 勘定 を 間 逢へ ました》 さ帽 

し もち ムた、 ,-s く かォぃ 

子 *^>持 て 再び 奥に ffi 入う ぬ、 

つま む もめ きさく たい き く つま む もめ かへ S- み い £ きタ くさ ま ちゃ い 

妻 ど 娘 tt 客に 對 して 氣の毒 にも あ. o、 妻 は 娘.^ 顧 て 《か 糸 や、. か客樣 に.; でも^ 進げ)) € 云; S ながら 

あるじ むか だん を f かん tjf まちが あるじ ふた * ,v- ろ ぶん かんで 5 

主 入に 向 ひ 《旦那 何な すった のです チ I 勘定なん ど を 間 逢へ て さ 1 人 主 は 再び 算盤 を 出し 《ナ 11 勘定.^ 

*» ちが ^ もど C5 いつ し まつ これ て 5^ ゑん ん ど いや . ^つ いくぶん 

間 逢へ たので は 無い、 元價を 言て: H 舞た のお、 是は 丁度 一 つ 一圓 五十 錢で 問屋から 賈 たのおから 幾分 か 

も 5 け み こ <^ くら •, つ で, ハ くら ん し や 5 5 

の 利 SAJ 見込まなければ ならん、 幾何に 賣 たら 宜だ K: うの》 妻 《幾何で も 損お 仕ない 檨に .Sao なさい》 

» しね &ほ かそれ や も 5 いけ こまつ き 力 ふ 

主人 《では ニ圓^ も 仕て 置かう か)) 妻 ((若し や 外で 失よ. 廉く賣 る^ 不可ません ね)) 主人 ((困た な、 昨日 だ 

を ひど てつだ つ い つ £5 い、 け ふこ ま きの ふ きく だ S, 

さ 馴れた 人が 手傳て 居た から 都合が 宜 けれ.^ も 今日は 困る、 昨日 來て 下さい ゥヒ言 はう か)) 

む め は、 5*5, が ちゃのみち やわ ちゃ つ の みせさき い で ふ だんこんる きゃく むか こ 

娘 は 母に 促されて 茶飮 茶碗に 茶 を 注ぎ、 茶 卓に 載せて 店先に 出 たれ.^ も 甲 生 懇意な 客に 向 ふ S は 事變ゥ 

は e き みせ き や < たい なん はづ て さき ふる かほ あから ち、 たし いらっしゃ 

初めて 來 たる 店の 客に 對 する なれば 何 さ.^ く耻 かしく、 手先 も 額へ 離 も 紅み、 父に 敎 へられし 被 入い の 

こ ゑ だ を や 5 や こど き? く へ ち. やわん ね きゃく わきめ ふ む やめ かほ みつめ お 

聲 お出す き rJ るで は 無く、 漸くの 事に て 客の 前に 茶碗 を 置け. o、 客 は 脇目 も 振ら 卞 娘の 顔お 凝視 居る、 

!g の; t 二 九 



の 神 三 

I む Ti- め ち、 しへ せじ い この ビき たも くちゎ^^-,き こどば いで むね ね ビ き あせ こ、 ろ 5 ち 

娘ば 父が 敎 のか 世 辭を言 ふ は 此晚な ゥさ思 ひしが 口 咨咀て 言葉 も 出す、 胸 は 躍り 氣は喘 4 心の 内 にて 

《ァ、 切ない)) 

む. * め む a くるし しし ち、 いだきた せんせい は&は しつれい し た、. & まどく き や 5 ぎ どげ 

娘が 胸中の 苦み を 知る や 知ら 卞ゃ父 は 漸く 出來 A- 《先生、 甚だ 失禮を 仕ました、 只今 篤 さ 協議 を遂 まし 

ゑんい をい よ こど きゃく わらた び じん たい わら ひ しの い を. S 

た £ 乙 k: 二 圓以內 ならば 宜か vC うさ 申す 事で》 客 a 笑; S 度 けれ.^ も 美人に 對 して 笑 を 忍び 《ニ圓 £5 內 V 

&ん こど さ や 5 をん けってい せんせい ほか みせ ほさ ばいきゃく 

n 一圓 何十 錢の 事です)) 主人 《左 樣 ですな、 何十 錢さ 决定 しません から、 先生 外の 店で は 何程に 賣却 しま 

な ケんじ し こま せんせい てきど 5 か がく へ 5 か < だ 

すか 御存知 わ. CN ません か》 客 ((知. ません ね】 主 A 《困 6 ますな、 先生 1 っ適當 價格 を評價 して 下さらん 

この. J ゆ JJ ん まった をれ f ど さつ たみせ このき Z や .4- か いまこ ゝ 

か》 客 は 此主. < 全く 驯ぬ 人な. さ 察せし が 他の 店なら ば此 機に 乘. r て 極く 安く 買 ふべ けれ^も 今此 て 

3 f こど を せんけん び じん い や め 5 どころ き や. T き い だ & しゅじん をん ん か 

左様の 事を爲 さば 婶妍 たる 美人に 卑しまれん 妙な 處に 俠氣を 出し 《御主 ム、 爾 ならば 一 一圓に 賈; S ませ 

をん ビ< かま だい" ん ばつ あるじ 11 くび かたむ , た かし かま 

う】 さ 損得 搆 はぬ 大 奮發、 主人 は 首 を 傾け 《十 1 二 一圓、 ニ圓 では ナト高 S かも 知れません よ) 客 I: ィャ搆 

この ほうし しリ& くき いつ きやく かて. ね あげ つい この ほ, n し か 

ひません、 此 帽子 は 至極 氣 k 入た. £ら1| さ 客の 方よ. 價を昂 て 遂に 此 帽子 を 二 圓に賈 へ 6 

このき やく さ ぁビ ある e い き , つ たく s じつ { る せんき あた J5 の ほつ じつ 

此 客の 去りし 後 主人 ハ ホ ッ ト息を 吐きて 奧 入.. ((ァ 、實に 苦しかった、 g 氣が 頭へ 昇た もの だから 實 

た 3 こんせ te 3 へみせ.? 93- で a < つま 5 をが つ 3 い まち やわん も く む め こ ゑ か .5- ど おやわん 

に 溜らん、 今度 は 和 女 店へ 出て 4- 吳れ》 さ 妻 を 促す、 妻 は 今 茶碗 を 持ち 來る娘 聲 掛け 《 か 糸 や、 茶碗 

そこ お 5, ねまへ を こ 5 ち A せ ゐ く む をめ や わみ せ か t^A- 5 づ くまり ね も て かた をが を 

は 其處に 置て 和 女 少しの 内 店に 居て か れ 1 娘 は 止 ひこ さ を得卞 、店の 片 隅に 蹲踞て 表の 方 を 眺め 居る 

ど ほ にん しょせい ひど W- たよ きみ およ?. どみ た 2- ひ や s びじん ゐ た しょせい きみ 

通る 二三 人の 書生、 一 人 ハ他を 呼び 苎 (オイ、 君、 鳥渡 昆紛 ベ、 非常な 美人が 居る せ)) 他の 書生 《ゥム 、君 

め はや を K か ち. & つら を みせ い ひやめ はじ この や S も み を 

は 目が 速い よ、 何 か 買 はう か》 さ 相 連 6 てド, ャ f さ 店 k 入る、 娘 は, 初めよ. 此檨子 を 見て 居りし かば 



J, ォ ほさら き 0* h る ね どつ い か は あか ft< K げこ ち、 お < む もめ ど ビ ね 3 へ もこ 

猶更 極. 惡く 《阿 父さん"^ 言; S ながら 顏を 紅く して 奥へ 赴 込まん さす、 父 は 奥よう 娘 を 止め、 《和 女少 

で& く たれ いま せんき を ほ もけ だ ち い む もめ f わく や、 や 5 や せ ゆ 5 き だ 

し 出て 居て か n,^ れょ、 己 も 今 疝氣が 愈る さ 助太刀に 行く から》 娘 は 當惑、 良 わ 6 て 漸く 一世の 勇氣. ^出 

ど、 ろむ ね む © ねさ みゼ さき いで しょせい か をた こ をた しきり 5 お をが ねい そこ あ き 5f はんけ ち 

し 轟く 胸 を 無理に 抑へ て 店先に 出た. cv、 書生 は 彼方此方 S 頻は打 眺め 《オイ 姉さん、 其 所に 在る 娟手巾 は 

い くら む. やめ きゃく こどば かけ かほ あか や f や こ はんけ ち ど ふて 5 ふだみ 

幾何お》 娘 は 溶に 言葉 を掛ら れてハ ッさ顏 を 紅く せし が 漸く 《是 れで すか:!^ 手 巾 を 執 符徵の 札 を 見て 

口の 內に ((是 は (ィコ ) さ 書て ある、 ュ I ト (メ) が 一 で (デ) か 二で (タ) (ィ) か、 (ィ) は 四 だな、 四に (コ) が 

f や さんや f これ ft も ひきつ い、 は を しょせい た はんけ ち ゆび こ 

五おから 四十 五錢 か》 ^漸く 算用し 《是は 四十 五錢》 さ 思 切て 言 放て As、 書生 は 他の 手 巾 を 指さし 《此 

ちら む もめ ふ t51、 ど い くら さい 5 ゆび ね 

方 は】 娘 は 再び をれ を 執ゥ 《ュ .》 ト (力 ト) か、 (力) は 幾何た ゥ け、 メデ タイ n トパ カリ n さ 左右の 指お 折 

かケ ご かんたん あいさつ しょせい 3 た はんけ ち ゆび あれこれ あたへ ど 

て 1 々數へ 《八十 六錢》 ^極く 簡 S なる 挨拶、 書生 は復た 他の 手 巾 > ^指さして 彼よ 是 よさ 價を 問へば 

む TV め ゆびね かケ ね をさん や 5 ti くるし み ひどり しょせい これ みかね た いまし 

娘 は 1 數 へて 胸算用す る樣 子の さも 苦もう は 見 ゆ、 1 人の 書生 は 之 を 見 兼て 他お 戒め ((オイ、 

ひやか い かげん はや かた 3 た を みせち. f みま は か てぶくろ か 

君、 贅問 すの は 好 S 加减 にして 早く 何 か賈ひ 給へ》 他 は 猶ほも 店 中.^ 見廻し ((ゥ ム 買うよ、 手袋 を 買 はう 

ねい こけ てぶくろ いくら たまら .J や てぶくろ ゆ ひ む. * め s-i? さ >J 、ろ か をし これ じ 

か、 姉さん 此の 毛の 手袋 は 幾何 だ》 さ 玉 羅紗の 手袋お 指さす、 娘 は荼蠅 きこ W よ^ 心に 悲 みしが 是も將 

せつ あきら てぶくろ ど これ たちき 3- &ど こ どぶ しょせい ふ L ん かほ 

節さ 諦めて 手袋 を 執 H f ト (メデ ) か、 是は 十二 錢】 さ斷 切た る 如き 言葉、 書生 は 不審 顔、 《十二 錢さ 

ばか や も ま ちが を これ あら/、 こどば けお このほか やさ こど!,; i L 

±sr 鹿に 安 S な、 間 逢 ひで は 無い か》 さ是も 荒々 しき 言葉、 盖し此 外に 優しき 言葉お 知ら fi; るな. o、 

む. T でめ かい C ぶん あ <» f 、ざ こ、 ろづ てぶくろ もつ たく い たどつ これ かい 

娘 a 斯く言 はれて 自分に も餘々 廉 過る さ 心 注き 手袋 を 持て 奥に 入 4 《阿 父さん、 是は (メデ )^ 書て ぁゥ 

や も、 ち、 て ど よ あらた ばか. S ゑん せん もん 

ますが 十二 錢 では 廉 過ぎます よ) 父は手;^^執ゥて能く檢め 《馬鹿.^ 言 ふな、 一圓 二十 錢 だ)) 娘 《爾 なら 



の 神 ! I . 三 一一 I . 

ち L た れい かいた い, たっしゃ 3 ちがつ 

(デ) の 字の 下へ 零で も 書て か 置きな されば 宜 のに、 ( タ コ ) さあれば 三十 五錢だ S 被 仰る から 問 逢た ので 

こん:!】 わた 丄 で ,;. た つ いつ くだ ち、 1が ち、 や わみ づ みせ いで 

す、 今度 は 妾が 出る の は 嫌です から 阿 父さん 往て 下さい》 さ 父 を 促す、 父 は 止む を 得す 自 から 店へ 出た 

しょやい れん び ん ひっこ み を にか かへ さ 

i 書生 連 は 美人の 込みし ♦gs- て 何も 買 はすに 歸. 去る、 

これら は き. やく is: せ く ど か ズザ いち ひどろ はい i ひ tt- む め みせ お きゃく き で Jst5 

此 等お 始め € して 客の 店へ 來る每 は家內 中の. < 狼狽せ さる 乙 さ 無し 唯 娘が 店に 居れば 客の 來る 乙 艺 夕.^ 

を は を は く を ゆ ゑ ある ti L ゐ いや む t め みせばん を 

く-、 居らされば 甚だ 寡き 故主 人 は 强て縑 が る 娘に 店番 を爲 さしめ た. o、 

や、 § きた どし-じろ を 5- からだ ,y いき つく ひどり び ん fl ども こ ケ 5 

良 わ, CS 店に 东ウし は 年頃 一 一十 五六に て 服 身體も 極く 意氣に 造. 04^ る 一 個の 美男子、 供に 小 憎 を さへ 

つ しか たいけ わか だん を 

連れた る は 然るべき 大家の 若旦那 にゃあら む、 

ひやくせ まい あ き 

百度 參 4 (倦厭ました) 

こいき わか だん を この せ さき た ま 5 ち や.., も j5> が ねい は S- か を 3 き P れ _* 

小意氣 なる 若旦^ ハ此 店先に 立ちて 先づ 中の 樣子を 眺め 《姉さん、 憚. さまです が 其の 卷 g 草 入 を 見せ 

/- だ - こし ひく こど * ていねい たの ら ど い む もめ かわせい まきたば. J いれ がら も a こ どり いだ 

て 下さい)) さ 腰 も 低く 言葉 も 丁寧 賴むが 如く 言 ふ、 娘 皮 製の 卷烟草 入お 硝子 蓋 の^よ. 出して 客 

まへ た こ. しか おの こし に ほん たばこ いれ だ きせる ^v^c き を M 

の前にsけ-=^、 若 旦都は 店に 腰掛けて 己れ が 腰なる 日本 琉の烟 草 入お 出し 烟管 烟草を 籠め て さも 氣長 

. しら , まきたばこ いれ て ど あらた もべ だいか たづ をの 5 ち ひどつ か £ も つ 

、に 燻しな から 卷烟草 入 を 1 々手に 執 ゥて檢 め總て 代價を 導ね て 其 中の 一 個 を 買 n ん させ. <y 供に 連れた る 

こ ケ 5 し こ、 ゑ、、 をん か せ 5 5 お ゆ ャ くさ ft"- ;,、 

小 僭 は 後 よ. 低聲に ((若 旦, 那爾な もの をお 買; S なすって 何な さる、 家に 往 けば 澤山好 のが あるで ハぁ 

A しんが ほ この こど む め きこ かほ あか い、 ija C で こ ケ 5 

ろません か)) さ 不審 顔、 若旦那 は此 言葉 か 娘 k 開え もやせん さ顏を 紅ら め 《宜 か. 默 てお 在)) さ 小惽を 

せい つい 3 きたば こ いれ か 

制し て遂に卷烟草入を賈 へ <^、 



だいか はら .L>, ず もの * けど こ ? わか だん を t はやみせ たお いづ たも あ. L さきて か 

代 價ハ拂 ひぬ、 品物 ハ 受取. CS ぬ、 小惽 n 若旦那が 最早 店 を 立 出るな らん^ 念; S て 二足 三 足 先に 出掛けし 

, わか だん を を たちい き せる く は 上う を たばこ くゆら みせ 5 ち か *^ た こ をた S ち >ib が む. 4- め 

か 若旦那 は 尙は立 出です、 烟管を 口に 咬へ て 要 も 無き 煙草 を 燻しつ、 店の 內を 彼方此方 さ 打 眺めて 娘に 

むかね い 乙お みせ この t ろ ひら .* の や a らか ビ はづ きの ふ はじ 

向; S ((姉さん、 此の 御 店は此 頃; -開 さので すか》 さ 物 柔 に 問 ふ、 娘は耻 かし さう は 《ハ ィ 昨日から 始 

ひど を こふ e や 5 ぶ たい, かざ 5- つけ よ でき ei-s た 

めました のです》 さま だ 人馴れぬ 口上 振ゥ、 若旦那 《大層お 裝 飾が 好く 出來 ました:! 娘 《何 致しまして】 

このへん や あき を. S ら ざ f^ff けむ むせ & 

若旦那 《此邊 C 賑 かです からか 商賣が 御座いませう 》 娘 《何 致しまして 】 若旦那 は 烟に喃 び » がら 尙は 

たばこ や よこん よ 《p の みせ, y ろ や は $w> いた やう あい 

煙草お 止めす 《能く 期な 好い 物ば か. お 店へ 4^ 揃へ ですな】 娘 は 矢 張. 《何 致しまして》 さ 一 樣の挨 

さつ けだ とのむ め. S ま きゃく せ い こ VJ し きゃく こ どば か こ、 ろくる 

拶、 盖し此 娘 未だ 客に か 世 辭言ふ 事 も 知らねば 客に 言葉お 掛けら る、、 が 何よ. 心苦しき 1^ り、 

この どきみ せ あるじ や 5 や せんき ほ み おく いでき な いつも 3 いらつ. L や こどば か かる こ 5 

此 g 店の i 人 も 漸く 氣の 愈- > しさ 見えて 奥より 出 求れ-. >、 尋常 なれば 先 づ被入 S さ 言葉お 掛け 輕く叩 

ど 5 きゃく 3 へ ざ やく KS: かたぎ しんしゅ4.-んズ^5か- /\ さ や 5 こど でき ま を この ひか s-.*i?^ はら 

頭して 客の 前に 坐すべき なれ. $J も 役人 性質の 新 主人 中々 左 檨の事 は出來 ず、 眼 光 銳く 若旦那 を 睨めて 

いか その 3 へ ざし て もちぶ さた t ぶんかた せひ. S け ふ だいぶ あつたか 

嚴 めしく 其 前に 坐お 占めた As、 若旦那 は 手 持 無沙汰、 自分の 方よ 世 辭を言 ひて 《今日は 大分 か暖氣 

あるじ き げん ど あいき や S げ を ちゃ 5 ら. &K ザ かくかん き も々 は へ じ 

ですな》 ^主人の 機嫌 を 取る、 主人 は 少しの 爱嬌氣 も 無く 《ィ ャ朝來 中.^ 寒氣 です:! ^符合ぬ 返事 娘 は 

i ぶ あい A- う こど ひそかち、 めくばせ ち、 どん こ、 ろづ を y Psi5 $< さ、., とく 

餘 6 無爱 相の 事よ^ 竊に 父上に 目 配 すれ^も 父 ハ 頓さ心 注 かす 《何 かか 入 要です か》 さ 客 k 催促、 娘 は 

あはて ち、 かへ s- .s»*、 き ば こ いれ かつ い た •.• ば あい ど s- つくろ お 5 ヽ -;, ぁ&ぁ も afo. をん 

劇て 父 を 顧み 《今 卷烟草 入 を 買て 戴きました】 さ 場合 を艰繕 ふ、 父 は 大抦 に頜を 揚げ 《ゥム 、最早 濟 だの 

がんか み ねろ く てい たお あが た ほ やま C- な わび z£ 

か】 で」 客 を 眼下 視降 しぬ、 若旦那 は 這々 の體 にて 立上り ((大きに か 邪魔 を 致しました) S 詫る が 如き 

.4- てこ どば こ、 ろ の义ぃ ゆ あど む. * め こ^;^ たどつ ほんど ぶ あいそ. r- いまし 

捨 言葉、 娘に 心を殘 して 出て 行く、 跡に て 娘の 聲 ((阿 父さん C 眞誡に 無 愛 相です よ】 さ 父を戒 ひる、 



I 顧の 祌 ^ 

= ん, * ? _r ん さき *t、 さいせん まち * こ ケ f $ L いらつ. J や - ふへい 

ぎ は?^ を i て 二三 i 先に 進みた 6、 最前よ. 待 居る 小僧ぶ 若旦那 は 何 を 仕て 被 在た のです》 と 不平 

M 若旦那 は i ビ^き (ゥ .< 、今 鳥 I 外の 品物 を 見て 居た の ,た》 小僧 ハ屹さ 若旦那の 顏を观 て 《若旦那、 か 家 

ど 5 ぶつ. e a&lti ぶこ rn *6A たくさん せ あん を S. ち まきたばこ いか » まお 

が 腐 物屋で 卷烟草 入で も 何でも 澤山 あるのに 何 敌彼樣 家で 卷烟草 入れお か 買 ひな さるので す お 負に 彼 

こ 5 ち :ュ ピん わ S- た. A わん W よ しつもん も 乙 こだわ きう ゃゝ — 

所の 家 は 直 段 も 割 高 S では あ 6 ません か》 S 遠慮 無き 質問、 若旦那は少し答J^^究せしか良ぁゥて C ィ 

お まへ fj や 5:* い ft わか しゃ $ ば S S な w/xi も みせ あたつ み し を もの さ 5 ば R- の 

ャ和 子に はま だ 商 資の樣 子が 分らな いのお、 商 賣さ云 ふ もの は 折々 外の 店 を 撿點て 見て 品物の 相 塲ゃ物 

f 々あ、 しら きう こしら か. x-e つ こ ケ 《- ダザ か/.. -ゃ 5 ち わか だん を き. f め 5 

を賣る 工合な. も 調べなければ ならん もの だ } さ 急拖 への ロ實、 小僧 は 中々 承知せ す 《若旦那 は 急に 妙 

こど いま、 で よそ みせ しら け ふ か 5!;; つ あの 5 ち 

事 をな す ゥ たのです を、 をれ ならば 今迄 も 外の 店.^ お調べな さ- > をう » ものです に、 今日に 限て 彼 家 

かいもの き 5 しゃ S ほ き だ も , L や. r ほ き だ や 

で 買物 をな すった の は 急に 商法 氣を 4 ^出し^すった のです か、 若し 若旦那 か 商法 氣, ^か 出しな さる 樣な 

さつ もくな S だん を まっし, © & あんしん ま 5 わ 《 くし まう あ をた うち、 • 

れば 早速 大旦那に 申 上げて 大旦那 を 御 安心 させ 申します、 私 1^ んど、 が 申さな S でも 貴 郞は御 承知で せう 

わ ほ だん を $J のく らい あ. * た み 5 へ あん いらっしゃ し .S どし L や c ばい こ 1 ^ み f 

が 大旦那 は 何 位貴郞 のか 身の上お 案 卜て 被 在る か 知れません、 好い 年 をな すって 商賣の 事に は 頓さ身 

S ち 上ろ i. か げいしゃ くる かねば か つか ほんどう しゃ 5, . , > - 

を 入れす、 女郞莨 ひや 藝者 S ひに 金 w-.- か 使 ひ 48>す つて 具實に 仕樣が 無いで はわ.?? X せんか》 さ 生意秦 

こ わ ゆだん を A ナん A か -し せい わ 《 'らい そん こど fj やべ やつ、 

^小 僭 若旦那に 異見お 言 ふ も 可笑し、 若旦那 は 《叱ッ く》 S 制し I: コ ラ往來 で爾. ^事 を 饒舌る 奴が あ 

ひどぎ、 わる こケ. *- へいき わたくし か ► VI めがね i. > , U 

る もの か、 人 聞が 惡ぃ》 小僧 は 平氣 r たって 若旦那、 が斯 ふやって 大旦那の か 眼力 を 以て 貴 a のか 伊 

けん 《*- は リ やく ほ f-i- つ S ある いつ わたくし だ <» か ど f ま. S しま 

兼 見張 役に つて 處々 へ 追 蹤て步 くのに 若旦那 は 何聘, も 私 を 欺して 途中で 放棄て 4- 仕舞 ひな さるの 

そのたび わたくし 《. お かへ つ しか あんま かんしんいた はふ ぶ け ふ け-^., 

です もの、 其 度に 私 が 家へ 歸て 大旦那に 叱られる の は 餘ゥ威 心 致しません、 今日 S 云 ふ 今日は 决 して 



あ をた S か ほか ゆ まつ. かへ - 

貴郎に 放棄れ ません から 外へ 往か卞 眞直 k か歸ゥ なさい まし)) 

こ ケ う か さげ み こどば は& あへ これ しか こら この わか だん を よ ほ 5j み よわ •; か 

小僧が 期く まで 輕 蔑した る 言葉 を:^ つも 敢て之 を 叱.... 懲さ》 るは此 若旦那 餘程 身に 弱みの ある. らん 然 

け ふ *JbK かん ども ど 5W かへ あん ビ いわ ひど ま あん & い わ 

れ< ^も 今日は 何 を 感じ けん 小惽さ 共に a く 家に 歸.^ ければ 小僧 も 安堵せ り、 家の人 も 亦た 安堵せ ゥ、 家 

は 5 ん! ^ し ちか *$ ど 5 ま 々ち ひろ ビ ざ 5- つく ど S ぶつ みせ こ かたて ま をろ LArg ほんき や み 

は 日本 橋 k 近き 大通り にて 間口 も廣き 土藏 造、 唐物 は 店に あれ.^ も小寶 は: It 手間、 卸賣が 本業 S 見 ゆ、 

上く じつ こり わか だん **> fj よ、 5 こケ 5 50 も を ふ い わ いで ほか ゆ ちょくせん を がわ 3 ち きな れい しべ みせ 

翌日 も:^ 若旦那 は 所用 あ. て 小 僭 を 伴て 家 を 出しが 外へ は往 かす 一 直線に 小川 町に 來. CS て 阅の新 店の 

ど 《 'ぶつ や い この ひ ざつく わ し >55 あたい たか も 3- もども^ ► ふ ん : L や M> ほ 5 fj を もの 

唐物 厘に 入れ...'、 此日 は雜貨 二三 品,、 價の 高き 物お 求めて 展ゥ ぬ、 小 憎 は 不審 《若旦那、 商法で 品物 を 

か ほか みせ や こか を、 f や. i- ち : おれ こ あの,? S L& 

買 ふの ならば 外の 店の も 少し か 買 ひなさい》 さ勸 むれ^も 若旦那 は 承知せ す、 《己 か斯 ふや ゥて彼 家の 品 

も C- ばか か い ま を ほが ねま S け こ >J この こど けつ ほか ひど しゃべ こ ケ 5 くちど 

物 を 買 ふの は 今 i:^ 大金 儲 をす る 事が わるの たから 此 事は决 して 外の 人に 饒舌るな》 € 小 僭 口止め 

まいにちつ こりい わ き そのたび &ど か * &ら 50 も あるひ れい &ど い わ い で ども こ 

して 每日繽 けて 此 家に 來れ み、 小 惽は其 度每 必 すか 供、 或 日 も 刺の 如く 若旦那 は 家お 出た. o、 供の 小 

T な ふみち 5 はて け ふ を が はまち ひゃくせ 3ぃ いぶん あき あし 

惽は同 卜 道に 倦み 果 けん 《若旦那、 今日 も 小川 町へ お 百度 參ゥ です か、 隨 分モ, 倦厭ました 1£ さ 足 も 

を、 これ はげま いま あき f にんげん L んは 5 かんじん ね まへ f しん は i も 

進 す、 若旦那 tt 之 を勵し ((n ラ 今から 倦 K て 何す るのお、 人間 は 辛抱が 肝腎 だ、 和 子の 樣に 辛抱が 無 

どて L や 5 にん しん ほ f もの よ こん しん: をん やく た 

くて は 迚も 商. < になれ ないど:! 小惽 《辛抱 も 物 k 依. < ^けゥ です、 期な 辛抱 は 何の 役に も 立ちません、 を 

f こど あのみ せ む .4- め でゐ どき も はいつ き" か ほか ひど で 

れに 若旦那 は 妙な 事が あ.^ ますね、 彼 店^ 娘が 出て 居る 時 は 直ぐ 入て 何 かか 買 ひな さるが 外の 人が 出て 

ta ざ わ たん まへ ど ほ 3- こし & 5 ^ くわん こ ば ひやか ま X L や < 'ばい た もの 

居る さ 態 さ 1 旦前を 通 越て 要 も 無い 勸ェ塌 なんど を 素 見して 復た房 にか 寄ゥ なさる、 商賣 の爲 めに 物 

か だれで & かま & さ. & かま しつもん こま かの みせ 

を 買 ふなら 誰が 出て 居ても 搆は ないで はわ. ません か;! さ 委細 搆 はぬ 質問、 若旦那 は 困.^ 《ィャ 彼 店へ 



の 關神 ^ 

爺 か 坐て 居て ゥム, ヒ脫 めら れる^ 濤 命が 縮まる からな》 ^譯^*-無き事を問答して小川町に*ゥけ 

れい みせ さい は め ざ む. *- め いね 1 k 

るが 刻の 店に は 幸; S 目指す 娘 乙 そ 出で 居れ ゥ 

わか マ」 ん こん ち t でち ま みせ い む やめ さいしょ 5 ち こ 50 か K この, ろ f や 5 ばい ^1 せば,』 くち い I -^】 

若旦那 《1K の與 へさ 忽ち 店に 入る、 娘 も 最初の 内^事 變ゥ此 頃 は 商賣 にも 勦れ か 世辭も n よ. 出る 如く 

ふ いらつ し. e こ gj ? i か あいき やう たまし ひ,. -て, r< てんがい どび あが L&> もの ね だん 

なゥ しかば 若旦那 を 見て 《オヤ 被 入い》 さ S るゝ W ゥの 愛嬌、 若旦那 は 魂 有頂天 外に 飛上ゥ 品物の 直 段 

CM^ こりぁ?1?^>ぅ せん S- や 5 ^ 5 お こ、 ろ ^くつ つ みせおう PC 力 0V はや 

は 高く も此 愛橋が 千 兩の價 値 わ ど ^心. ^理窟 を 着けて 店 中,^ 見 M しける が ハ テ R ふべき もの は 最早 

ま ろし A てぶくろ A はんけ ち いふ ゑり まき このみ ゼ あ め 

無し、 i? 子 も 買 ひ、 手袋 も 買 ひ、 车巾も 買; s、 シャツ も 買 ひ、 洋 刀も賈 ひ、 襟 卷も賈 ひ、 此 店に 在る 目 

まし f3 & ヒ ハ て-;:" いっこ か もど こん" J こ く お i- もん を- よ ひの 

^き 品 は 大& 一個 づ、 買; S 求め たれば 今度 は 之れ を與れ さ 注文すべき キ" の も 無し 何 か 好き 物 にても 

し, "&の あら ご こどよ 4J <5 ふく たばこ くゆら け ふ よ てんき , ぃゝだ 

あらぬ かさ 品物,^ 撿め るに 事寄せて 先づ 一 1 一服の 煙草 を 燻しぬ、 ((今日は 好い か夭氣 です》 さ 娘 か 言 出す 

あい ft. や, r. こ y5 こ t」 し 5 てんき せん あく にや ぺ だ はて ょ& J- はさ は をし ほ 

愛 g 言葉:、 此方 はも れを 好機に して 夭氣の 善惡ょ 6 饒舌 ゥ 出し 果は 劇場の 噂 はまで 談話 は 飛 « る、 娘 は 

よ かげん 、ん C ひビ" - き を ど や 5 ばい き てん 

好い 加减に 返事して 人の 氣を 外さぬ も 直 買の 氣轉 

か、 V ころ みせさき かた も- きた わかもの この さむ をら ひどね もの あはせ かさねぎ み 々る &, ぺ: 

新る 處へ 店先の dt 隅に 來- > たる 一 一十 一 一三の 若者、 此寒 夭 に 55^^ 袷の 重 襲した る 見苦しき 服装^て 膂 

るき 呂^ &、 ひ lir;s 《今日は 如何 さまです)) さ 腰 を 屈めて 解 i に 問 ふ は 何 か 品物 i 賈 ものに やわらん 

娘 は 若 ilAJSt- て爱 相好く ((オヤ 吸口 屋 さん、 待て 居た のです、 モ- 皆な 挺 I くな ゥ ましたから 百 本 計 6* 

く. に b^^cA. & .WLh- く みさ かたわき ふ ろ しき. つ、 み たろ を か ひらい たけ せ い 》. きたば こ • も^くち 

て さい、)) 若者 は 若旦那に 會釋 して 店の 片 脇に 風呂敷 Q お卸し、 屮を披 て 竹に て 製した る卷 煙草の 吸口 

'ハご をり き f、 い まへ ちい わる も このき やくき. ゥ かへ け しき *5> せん 力た 力ん 

を 取 した ゥ、 ^は 客の 居る 前にて 塲合惡 し, ヒ念 ひしが 此客 急に 歸る氣 色 無ければ 詮方 無く、 客の 方 を 



; 1 つ, t h いもり まヽ きこ こり いくち .WT あいよ よ. X, ちまへ L も 5n こ 6* つ a . 

捨て 11^ 乾の ュ i に來 6 ((此 吸口 は 工合が 好い から 好く 賣れ ます、 二三 日 前から 品切れで 困て 居ました が 

あ, * こ もつ こ こ、 いで こど, よ L & くて. S ねい 乙 の しょしん ゆ ゑ 

貴 »«滅^. 夕に 此へ か入來 なさらな いのです チ》 illn 葉 も 至極 丁寧なる は此 娘な ぎ 初心なる 故^ 若旦那 は 

I で .0、 ま^^ぎの?ぁilは で ィ 難!^ ふ 御座 います)) ど禮を 述べ ゥゝ 五本 十本 さ數 へて 前に 出し 《私 は 遠 

^に ^5 ク まして^れ 夕に ss^ に^ま せんから 御 無 汰,^ 致して 濟 みません)) 娘 《遠方 ど は 何方です》 若者 

b & ^ ざ ざ *r し ^ さき こゝ W たい tv,*' ど を こん 

C ィ田舍 で 御座います、 雜 1H- が 谷の 先です から 此 まで 二 里. わ 6 ませう》 娘 |> ァ大廣 遠くです チ、 此 

をい くち あ U & じ 《 'ん たこ しら C ぶん こ fj ら た ねい 5 で \\ 

吸口 は 貴 郞が御 自分で 御 捲へ. * さるので すか)) 若者 ((へ ィ 自分で 捲へ て 溜めて 置て は 賣ゥに 出ます》 

この もん iwM? わかだんな や.^ や か し の さが いで 、、ねい V たソ み-, じ t.s,^.!: , し ^j^u メ 2. こ, ひ 1ど>っ だ i 

此 問答 中 若 旦孤は 漸く 買 ふべき 品物お 搜し出 けん ((姊 さん をの 奥に 見える 上等の 石 の 営お 一 つ 下さ 

みつ、 いれ f んも か か あた W f 一ら む め たんこ、 き しゃ^ん 5 の 》2 

い》 ^三 個 入 六 七十 錢の物 を 1 つ 買 ひ、 尙ほ 四? r£ お調べて ぁゥ ける が 娘の 一 旦此へ 來て石 離 ♦Msl.y し 後 

U c> いくち.? か-」 -N* もむ かんきゃく .0* ,は みせ い で あ W が ど & ざ た こ ゑ ノ、 

再び 吸口 屋の 方へ 赴きし に 問 却され て 止む を 得す 店 を 出た. <y 、((難 有 ふ 御座います》 さ娘の妙^^る凝も?^ 

に 殘ゥて 足 進ます、 

む. め i,- く おや くみき たつ をい くち や わかもの を、 あみた このへん で い でどき い つ こ、 t つ くだ 

娘 は 奥より 茶な 汲 求て 吸口 屋の 若者に 進め 《貴 郞此邊 へ 出て か 入 求の 特に は 何^でも 此へ 寄て 下さ 

あ W が ど &ざ &ひ いき くだ こおら >*ん さき しな もの もク ま W > 

い)) 若者 《へ ィ難有 ふ 御座います、 ; 8最* になす つて 下さい ますから 此方へ 一番 先に 品物, >.>持 て,^ るの 

しか びん ほ 《 'ひま, *- もの ろ 3- で をの ひ はち つぶ しま 35 ぺ/ リ 上 

です、 然し 貧乏 暇 無し さやら で 物 を賣に 出ます さ 其 日 1 日 は 潰れて 仕舞 ひます し、 さ 申して 便利の 好い 

どころ やちん たか & ざ わ f い * ^yれ£^;:みっか め で いっか め 5:.^ 

處は、 家賃が i€ ふ 御座いま すから 容易に 住めません し、 夫 故 三日 目に 出る さ NJZ: もッヒ 五日 目になる^ 

わけ まこ ど も あほ い、 わけ む. *. め つくく そのよ £'»i'»w さい か i. み *^^s' きた & いへ ん びん さ 5 力 

な譯で 誡に濟 みません)) さ 哀れなる 辨解、 娘 は 倩々 其 容貌 風 釆を窺 ふに 服装 は 汚し, ヒ雖. 1- 人品 左まで か.. 

錕の祌 三 七 




て 




今^ の 


す 


ふ 

す 


本て 


71 


は 


世よ 


の 


漸? 


5^ 


憐§ し 


1: ね 


IS き 


も 

のて 


か 


力 > 




七 




M ほ 

外 ま 


に 


代 7 よ 


くや 


葉ぶ 


みれ 力 > 


力 > 


葉"" 


ら 


ら 

以ぃ 


を 


厘 


斯ズ 


で 


は 


價カ' 


百 




t ら 


な 




at 


七 


れ 


づ 


な 


買 か 




な 


本 t£ 若お, 
位 I 者 さ 


»! す 




1 お 

大 g 


X 


厘 


mt 


な 




セ 




る 


ど 


し は 、 


力 > 






に 


の 




で 


の 


ま 


仕し 


を 






悤た 
举ち 

貴き 動い 




仕 L し 


IS 


はわ 


賈か 


は 


す 


辜 ど 


5| ひ 




此レ 5 




m 
はめ 


入 iTt 


て 




^ • 寸尸 

私ヶ 


a 


安 言 




を 


ん 

さ 


の 


娘? 郞た 進 t 


で 


物 S 


げ 


丄 1 

^し 


ま 


< 




き 
柳 


ま 


で 


がめ は 退? 


は 


早ま 


を 


ま 


厘 


品!; 


せ 




本? 


す 


r 




優? か の 


四 


< 


携 5 せ 


づ 


物 あ 




f' 


丄 
ハ 






し 


家 4 折? 


厘 




ベ さ 




、 


, 






厘え も 


本! 1 


娘 


< 


で 目め 


で 


今 さ 


て 




で 


精る 


さ 




力 > 


h 




尋 § 其き 正? 


m 






宜ょ 


撰え 


此ぁ 店? 


七 


b 


で 




ね 


吸 S し 


す 


置か 


h 


帳? 


ラ 


し 


男? 
にこ 


の 


厘 


け 




本 


吳 く 


口 4 き 


處き 


ひ 


來 7? 塲 


御 こ 


ま 


II 


に 


る 


厘え 




る 


を よ 


がろ ま 




よ 


座 S 


、 

し 


利 


掛ぁ 
田た 


力、 


ほ 


五 




%、 h 




し 


し 




い 


て 


き 


に 




t. 




位 i の 


製 i 詞き 


る 




此ぁ 


代 ま' 
金! 


ま 


極 a 






ま 


娘? 


の 


遣? 
な 退 力 ひ' 




家 や 


飞 


> 

< 


增ま 


れ 


す 


はめ 


ゲ 


に 


懷^ 


るか 


主 


の 


を 




好よ 


し 


ほ 


が 


せ あ 
<^ は 


間 3 


か 


お、 


さ の 


者 さ 


A 


主意 


m 






て 




县ぁ 


れ 


R 


ま 


し 


る 丁 5 


は 


爾? 


だ 


來き 


飽 * 


の 


遣 や 


m! 郞た 


に 


を 


し 


< 


の 寧 g 


舰む 


'in か 


る 




對ば 
pr か 


る 


a 


の 


烕 力ん' 


1 




な 




R な 


言え 


お、 


もの 




t 


b 


)5i も 


が 




ま 


す 


>\ 


― る 










で 


此 


持? 




お ^ 

m も 









日 g 所き 


何 S 幾? 見& 






方ら 


ゝち 


b 


て 


朝き 


何ズ いろ 


t 


千ら 








へ 
持ち 


吸?、 ま 




れ 




は 


の 


本? 何 S 
位 くら れ 
出さ 素 を 


烕 力ん' 


k 






m 




せ 


fj ゝ 


で 




手て 


丄 
ハ 


せ' 




; r 




なき 




屋ゃ 


ん 


ら 


は あ 




間 ま 


B き e 


し 


ft 


ャ 




る 


M 


か 


今^ 


餘 t 






力、 


來き 性? 


力、 




吸 ま 








兩? 

眼 1! 


ら 


は 


h 




が 


ら 


ま h 


愁 


彼き 






±1 




外' カモ 


魯ぁ 
貝 s» 


酷 さ- 




何 g 


夜^ 


す る 


然 S 


は 


屋ゃ 






せ 


It 


で 


郞ん' 


ふ 




程' どま 


の 




五 


力 > 




娘? 




、m 


買 か 


お、 


御 こ' 




に 


十 


t の 


頭^ 
ヒ 


厘 


今け 




はめ 




を だ 


ふ 


ら 


座 ざ 






特 


手て 零 § 

間 ま m 


で 






聞き 


然カ 


泛 力;, 


直ね 








な 


頃 § 


低た 




% 

て 




か 


し 


ベ 


段ミ 


h 


ま 






ま 




れ 


iij か 




す 


今 》 




に 


買 か 


す 




ま 


で 


の る 


ft 








曰 ふ 


有? 


し 


ふ 


于 




す 


休 書 


安? » 


b 






ィ 


の 




係 5 






ま 


ま 


さ ら 




四 






は 


ふ 


貴 象 


It 








卞 


を ん 


娘き 


厘 


m 
は 




ェ 


霉を 


御& 


郞た 


な 


來 5 




若 
者 

竹 5 


勉ズ 


察さ え 


はめ 


宛? 






常み 


座 ざ 


の 


b 


此ぁ 




强客 

し 5 


し 坐ミ 




に 




今け 


の 






ま 


吸 £ 




て 7^ 


れ 


負 ま 






曰 ふ 


で 


ま 




し 


口 4 




て 


の 1 こ 



がま i つ、 " 、 ;^^どっ いつ.^ L いれ .S らしつ づ、 L せい 

に 父 を 顧み 《それでも 阿 父さんが 過 th 仕 入て 被 入た の は 七厘 宛で はわ ゥ ません か K 乂は 叱ッさ 制し 《コ 



• やつ 



ラ 爾な內 慕お 言て 仕舞 ふ 奴が わるもの か》 



ふる ほらし み 

〇 古 帽子 (をれ 見た か) 



>VJ 4J 、ろ K? む. か S ち、 ま h けだ. ,みら5«- よく ね 5 お 

だの & は^^ ふ. の はわら. r、 娘 n 七厘に H はんさ K ふ、 父ハ四 厘に 負け. 云 ふ 盖し勞 力の 價値を 



知る ものわら^ 誰か 之 を 四 厘な ど S 評價 すべき、 左れ^ も 世に ハ此娘 寡 ふして 此父 多し、 ァ、 怨ひ まじ 



このむ. *- め. 



このち、 ね ほ 



f を<- くち わか も 3- こら * &は& ど い t ゆ じん き i わる をく S む. * め だいきん 

怒る まじ さ 吸口 屋の 若者 トツ さ 堪えて 何事 も 言 はす、 ま. < も 極.^ 惡 るければ 奥に 入ゥ ぬ、 娘 c 代金 を 



わか I の まへ 



*; J,.l i<l ( りん づ、 かケ あ 3 も, J せ $ だん を &んま I 

前に 出せ ゥ、 若者 は 五 厘 宛に 數 へて 餘れる を 戻し 《ぉ孃 さん、 旦那 n 四 厘に 負け. C さ 被 仰る 位で 

6 ハま S- んづ、 あげ こど L これぎ 3- «s_- こみ で き こよ ぶん さ, - 

す.^ ら 若し 今 七厘 宛に 進た 事で も 知れます 是 切.;^ 賣込 も出來 ません、 何卒 此の 餘分ハ 納めな すって】 



C さら 5 けど む. * め をく かな かへ 《- 

さ辭 して 更に 受取ら す、 娘 n 奥の 方 を 顧みつ ゝ 1 



わたし しゃ <s ち ゐ よ/じさ 

ェ 、妾が 承知して 居る のです から 宜ぅ 御座います、 



船て. f-tt きなさい、 爾 して 是 から ハ 妾が 店に 居る さき 見て 來て 下さい、 何特 でも 七厘 宛に 置て 進 

しい だいきん わかもの わた わかもの もの か 5 い かん ぃパ たび はい;;^ r,^^ 1 o 

ます》 s 强て 代金お 若者に 渡す、 若者 ハ其 厚意 を 威 卜て 幾度 も拜 謝し 遂 k 金子 を受 て歸ゥ 行く 

^- さ ^ i ^ こ 、ろ お くわい ま このむ をめ さき、 じろ もい くお や わ 力 もに、 Ltf^\ 

もぎ M に misl を^した る ほ^ 心に 愉快なる もの はわら 卜、 して 此娘 先頃よ 6 吸口 屋の 若者が 屨々 

き t し を も たろ た さい ビ q あきん さ i か S くわい ひれつ ふるま ひも こ & , け W 巾. r ^,^u>?v*^p > , 

來ゥて 品物;^ 卸す に 他の 才取 商人の 如く 狡猎 卑劣なる 舉動 少しも 無く、 輕簿 なる 追 從ロも 利か さる 代 4 

--を も の てら こど を もつ ど もつ ど しんせつ f> や .is み, ひど ^fisl * 

k 品物 を銜ふ 如き 事も爲 さす、 最も 正直に 最も 親切に 商賣 する を 見て 珍ら しき 人よ さや I ひ居ゥ しな ゥ 

し Jo.; ぎ や. fw ね も い S まよ あ f tiJ &ビ た もく やん せ fs- はし & 5 ビ;; ^し; e ^ き や TIWL;^ 』 

商業 n 利 を 重す る もの 云へ 今の 世の 商人の 如く、 唯目前の小利のみは走ゥて道德心も揣5く俠義^^- 



の 神 



三 九 



ズォ か ふみた ふ t. る げん i^s ひ れつ: ii ん らんこ こど *5- ひど みち かせ 

無く 買 ふ も の n 蹈 倒し 賣る もの ハ 銜賫し 卑劣 貪婪 是れ 事^す る n 豈に 人た る もの ゝ 道な らん や、 稼ぐ も 

ふくき た も. &く ちゃ わかもの &ビ きんちょくせ ろ W たら い つか あっぱれ あ f $1 n y か. 5 このむ, * め ひも か 

のに ハ福來 る、 吸口 屋の 若者の 如く 動 直 正路に 働きな ば 他日 夭晴の 商人た らん さ 根が 怜悧 なる 此娘竊 に 

この わかもの へたの おゆ さそ はちゃ ろ 4 さ 5 ひない あせ あつ しを もの りん たろ せん 

此 若者 を末賴 もしく 覺 おし i^.<y、 左れば 其の 日夜 勞 働して 額の 汗を聚 めた 品物、 五厘ハ 愚か 一 錢 にも 二 

せん かふ やた おも もさけ L ひどせ S たはん か た , 

錢 にも 置て 遣う 度し さ 念 ひし n 惠 を知ゥ し. < の 情、 他- 期く 乙 を わ. 度 けれ 

む. め .&<» か LI* もの がら も ば こ おさ 2 く い をく .&3 しゅじん どひ や L S きた Lf © y ゆら 

娘 は 今 買 ひし 品物 を 微子笪 は 納めて 奧 室に 入 o ぬ、 奥に ハ 今 主人が 問屋よ 仕入れ 來. し 品物 を 並べ て 

ちゃ 4 'めん ひきあわ い ど をん L や <« ば. S からだ 3 めに は A'-i-.t あたつ み た を Ltw, 

1 々帳面^ 引合せ 《か 糸 や、 何でも 商業 をす るに は 身 體を勞 働して 處々 當て 見る もの だの、 同 tog 物で 

し いれ 5 ち よつ た S そ A. ね だん ちが おれ この &ろ た. & ぶんし いれ せ Mo^ わ 《- たか L を もの けつ か 

も 仕 入る 家に 依て 大層 直 段に 逯 ひが ある、 己 も 此頃ハ 大分 仕 入が 上手 k なって 割の 高 S 品物 ハ决 して 買 

たま へ みせ い ねろ しゃ き ねだん かまね ざ ねぎつ み よ ねれ いまみ どひ 

はない が 和 女 も 店に 居て 卸商 か來 たら 直 段に 搆 はす 直 切れる だけ 直 切て 見る が宜 い、 己な どハ今 或る 問 

や このは ffl わ 《- ねぎつ »• か ffy ま し たか はつ ね 

屋で此 帽子 を 三 割 も 直 切たら 直ぐ 負けた、 彼の 檨子 では まだ ft けた かも 知れん、 が 高く 價を 着けて 惜し S 

こど し む もめ むか て がらば を. - む もめ その tts し て ど 《. ち > &が た どつ これ きょね s: 

事お 仕た》 さ 娘に 向て 手柄 談、 娘 ハ 其 帽子お 手に 執ゥて 打 眺め ((阿 父さん 是は 去年ので c あ. ません か、 

かな ふる かっこう わる こん みせね い 5 L ち、 々わん か.,' ベ ふ きょ.:: ん 

形 は 古し、 恰好 も惡 し、 斯ぁ もの を 店に 於ても 寳れ C 仕ません》 父ハ頑 さして 頭 を 振 ゥ 《ィャ 去年ので 

けつ かま ねだん t かつ おい そん ^ いづ をが ち 5 こど 

も决 して 搆ハ ない、 直 段 さへ 安ければ 買て 置て 損 は 無 いよ、 何れ 長 S 内に 賣れる 事が あるお らう》 

む ,4- め い くぶん あき **ぃ こど を ゆ ゑち、 い けん こど か は お VJ つ きょ ん あき C おん くれ 5 ち 

娘 C 幾分 か 商賣の 事に 馴れし 敌 父の 意見^ 事變. ((阿 父さん、 それ ハ せめて 去年の 秋特 分. らば 暮の内 

S れ てき R- はや はる ふゆ はろ... 1 か い り わ. 9 ひどみ .S. つし 

に寶る rJW も 出來 ませう が 最早 春に なれば 冬 帽子 を 買 ふ もの は あ. ません、 入 要の ある <CC 皆な 買て 仕 

3 このつ ぎ をろ < をつ し L いれ s つ どひ や .SW や も 5 ま 

舞いました から 此次 n 徐々 夏帽子の 仕 入に 移らなければ ならん のです、 ぉ屋 でも 今 安く 賣ら なければ 復 



を 兩? が 



の 神 



四 



この あき もちこ ねだん まけ そん ばか か -まジ 、 ォ 

た此 秋まで 持 越さな けれ はならん から 直 段 も ft たので せう、 爾な もの 針 ゥ.; -買; S なすって は:^ かこ 

かへ つ ち、 て がら かほ はんたい s けん ち、 これ き、 ま を /(\ げき ねまへ い ? さ ク t h. , 

ません 于】 ^却て 父の 手柄顔.^ 反對の 意見、 父 ハ 之 を 聞て 益々 激し ((和 女 ハ 何將 まで 立ても ぎな 1^ らん 

こど い 乙 ま よき L いれ. S ほりだしもの さが A を もの か を. J ^ - 

事 を 言 ふから 困る、 コ レ能く聞けょ、仕入さ云ふもの$:堀出物を搜して安ぃ物.^買ふのが.1^ょ0ぼ|^だ、 

❖ ^ かつ ね いつ 5 つ きつ ど 6i こどし 5 * プぃ 乞 5 ク r*,licN i :x <^ 

安く さへ 買て 置けば 何將寶 て も 屹度 儲 か る 、 今年 賣れ 1^ ければ 來年賣 て も 明 ^ ザ て も: i かる ^ ハ g.r 

乂化 ゐ ► きょねん ねれ や ゑん f つ あ て S せんやき ちゃ. C ん ち I 

事お、 、ノラ 和 女 も 記 臆て 居る だ >c う 去年 己が 道具屋へ 十五 圓で賣 た 彼の 朝鮮^の を、 船.^ ど はび 

めい わん ねん.. r への せん さう どき f^f,i^ S ち じに あ isM もど f I5A In? h, 7-- ♦ tt 

明治 元年 上野の 戰爭の わった 將 k 彰義隊 で 討死した 或る か 旗本の 奥さんから g の fl の Igm;? 船て 「 

ぶ かふ きんねん ちゃ ゆ はやるつ .^-ひくね で k 、■」 、ク 

1 一分に 買た の, たもれ が 近年 茶の湯の 琉 行に 連れて 追々 直が 出た もの だから ホ ラが >c 十五 S に またで は 庇 5 

をの はかめ いじ ねん ざ んざ 上 みせ き ん かつ ほん わき もり このち、, .V fA^ いち f 59 r [ 

いか、 其 外 明治 十 年に 銀座の 夜店で 1 1千 錢に 買た 本 彫の 置物 は 過日の 道具 m で 一一 一 きに S たで は I ハか, き 

f> や 'ばい i こど かんが か &ゃも か 5 & fc^ 5 ^5 

でも 商賣 する は 爾云ふ 旨い 事 を考へ て 買 ふ^き は 極く 安く R ひ賣る さき は 極く 高く 賣る ぼに 仕な けれ 

, い * ft の.? i こつ ど もの ^>ぅ こど れい tj こ 5 もの ど. * 'ぶっしゃ うば (ど た ゆ 

ば 不可ん』 さ 己 か 骨董 物で 儲けし 事.^ ffl さして 特 好物の 唐物 商賣說 くも 可笑し、 

娘 C 呆れて 後た 何事 も 言 はす、 ハ乂$:得意にな.0て5^,きに 一 ケ& ま:^!^ け、 ゼ, だれし^ を?^ に S ベて ぎ は 

む もめ しゃ fits か 《 'しゃく む. め こ、 ろ es ち も せんこく も & くち n- んづゝ a J 5» 

娘に 商寳 の講釋 をな せ 6、 娘 は 心の 內 k 若し 先刻の 吸口 を 七 15!? 炖に £5 た.: V さ 知れな ば!^ ど Ihir ベ 

し クヒ念 ひ、 餘 分の 代金 は 自分の 小遣錢 よ..^ 入て、 おに^ は!^ に lin は^うし、 I ^はだ nii の^を:^ ら ねば 

ゐ くち み ,y いど こん^ るく ちゃ き のん 5<ん.& ら& ュぎ つみこ VJ t 3 - 

吸口 を 見て 《か, や 今度 吸口 屋が來 たら 四 厘 か 三 厘 位に 直 切て ほ 几な、 殊 依る,. d 負ける かも 知れない、 

何で キュ i«K もの を^ 航 て^な いのは i だ》 歡 ri., の^に l,i;5 《ね 阿が さん 『右し おへ^る か i 々か, 松;^ に 



をん ねぎつ 3 や f 5 ち 5 また ま よく じつれい わか だん を 

何でも 直 切たら 負けて 遣る のです か K 乂 《何して ^(- 、家で 賣る もの を 負けて 溜る もの か)) 翌日 刺の 若旦那 

こケ -5 つ あ ひか は みせ きな む をめ この ひど &ん ひつ や 5, まい はち ^つ ひど. & _ ふゆ. L を か こゝ、 

は 小 憎 を 連れて 相 變ら卞 店に 來れ A'、 娘 は此人 何の 必要が あ. て每日 唐物の 一品 か 二 品 を 買 ふ はや 

ねか ね も を じみ きゃく ゆ ゑ あい よ いらっしゃ か .5;$ や もの 1^ 一 - ^^^^^ 

に 可笑しく 念へ きも 驯染の 客故爱 相好く 《被 入い まし、 サァ お掛けなさい まし)) さ 漸く 物 勘れ たる 愛嬌 

こどば 《J をた むかつ £, 、だ あいき や $ こどば こ、 ろ き わか だん を. 》 み、 5 々ひ,^ はつね もの I 

言葉、 乙 は 何人に 向ても 言 出すべき 愛嬌 言葉 +a> れ^ も 心 あ て gg く 若旦那の 耳に は鶯の 初音 も 物の 數な 

ら 卜。 

わか だん を f こ *w みせ まへ ほんや & た みせ を もの な もしろ をが タ<- ぶつ や こ 

若旦那の か 供なる 小僧 は 店の 前に 茫然 さ 立ちて 店の 品物 を 面白もう に 眺めて ぁゥ ける は 流石 唐物 星の 小 

ケ SLKf の ふ こ、 ろつ や、 こ ケ 5 S5 わら ひだ おか ュ f, かだん ち〃 ゆば, 、 

惽 品物の へしに 心 注き しなるべし、 良 あ 4 て 小 憎ハ急 に 笑 出し 《ャァ 可 笑いな, 若旦那 鳥渡 御覽 4lb さ 

5 ち やっかいもの い ifL あやこ か、 つ い あ は きの ふ パま しろ こゝ; 

い、 家で 厄介物に 仕て 居た 古 帽子が 彼 所に 憑て 居ます、 彼の 帽子 は 昨日 番頭さん か 旨く 素人の 小賣屋 に 

5S- つ やつ い 乙の 5 ち . ^ふ をん しろう ど いま &ろ 乙ん もの みせ ^55 ら た よ 

賣 付けて 遣た さ 言; 5 ましたが 此 家で 買た のです せ、 何 ぼ 素人 だって 今頃 斯な物 を 店に 並へ て 置く S は餘 

ほさめ さき き わか だん を あ をた *5 むだ か をの かふ 4 , » , . . 

程 目先が 利きません な 若旦那 貴郞は 何せ 無駄に 買 ふの だから 其 帽子で も 買て ぉ遣ゥ なさい 功德 にな ゥ 

わか だん を しきり め <f せい か 3 t やべ た 

ます》 さ 若旦那が 頻に目 配して 制する はも 搆 はす。 へ ラ く 饒舌 6 立つ る。 

わか ビん * ,^.5ぃ よは も^ゃ しるこ たべき せんぎん くわ は を こ ケ 5 ひや 5 きん もの は y 1 らっ 

若旦那 は大 に弱ゥ 《コ ラ錢を 遣る から 汁粉で も 喰て 來 な》 さ十錢 銀貨の 鼻藥、 小僧 は 洒落者、 錢を 貰て 

たち 》• ほか ゆ これ i しみこ たべ 3 し 力べ - • 3.^ S 

忽ち 外へ 赴きながら ((是 は 旨い な、 汁粉が 喰た くな ゥ たら 復た 饒舌 KV>ll さ 一 參に販 て 行く 

わか だん を む. *- も た. & きま わる ねい あの こ ケ 5 か は もの を W- /(\ -め 5 こど い i - い ゝ き 

若旦那 は 娘に 厨して 極 ゥ惡く 《姉さん、 彼 小 惽は變 み 者で 折々 妙な 事 を 言 ふのに 困 ます)) S 言 紛らす 

C き S さく fc-f S 、まぎ £ ど こた L んち s ひも か あや おも こ ケ 5 

も 一 特の究 策、 娘 n 《ハ ァ爾 です か)) さ 言 粉ら されし 如く 答へ たれき も 心中 窃に 怪しく 念へゥ 、 小 僭の 



mil 8«8«|8|11|"|"|8|88__|^|_"1«^8|"18^ ど うぶつ や ひど ISSK* こ、 

HHIff )|猶| ほえ § 

す、 J、 ぼ嚐: ュ. t お r 右 

^ は 蔵み V 

をぎ ふな、》 . 



日 f r みて 《モ -r たの か、 い 5 $ M 二 rsiif f た 4 ひも I 若旦那 1 



f If れ f I? 醇 を爲せば 娘 f 會 はして 品物 

き f S ベ.?、 If 誰 &、 f 14 な 4 は 4 ん" つ j 

きで i? iii J.T4 ill 如く 己 



しみ もの 



*c-w&i;.03:l.Ltci!^rrwsw>o「*si ' I < く L かほ- き, 一,^ い 一,、, 

i ひ? k 9 tl f ぼ f しまで f 8U 仕 f 美? 

&l . i-l f - . づ しんだい つぶ き? * , , ゐ… I , nlm^ r » ^ ,- lasK 口、 



して I の mfrj 娘 Jl"! る! rs 阿ゾ Hsp 



四 一 ュ 



の 



福の 神 I 四 四 

わ: f いつ , い ら;, -れ めがね たか かんしん ちつ かんしん ぅク 

を&^..言たか今更己の眼カの高ぃのに威心したK^ぅ、;I娘 ((些 ,ヒも 威 心しません;! 父 《ナ 1 一、 だって 寳た^ 

云 ふで は 無い か)) 娘 ((賣 れは 寶れ ましたが 買た < か 大 馬ぎ 者です》 父 《何故、 ^が IHi! たの だ)) 娘 《; お 

連れて 何 か 買 ひに 来る 若い 人です)) ハ乂は 額き 《ゥム 彼の 色の 白い 好い^の 意 な^か、 ,i 人が!: ぎ 

?^^ じっさい こど い がな あん ばらし ^ つ. & "一 こ **> 'た . , 

3 娘 tt 流石に 實 際の 事 も 言 ひ 難く 《それでも 彼な 帽子 を 買て 行く のです もの)) 父 ((何 處 まで 釓惜 みお 1 ム 

ふ)) さ 叱る、 

あや ほち か 5 み 5 あるじ たれ, あや 3 つ か ふるゆう し たち ま 5 いき や <, く いつ r-r ゥビ くい 、-ビ 

誤謬の 功名、 主人 は 己が 誤て 買 ひし 古 帽子の 忽ち 寶れ しょ 6 意 氣揚々 ^して 一 層 得 まに なり 《か 糸 や、 

fe^ I ^ 3- ほ ほ 5>だ しもの かつ た きソど も 5 け ふ どい や -ぃ を., f i もの さが こ 

己の 言 ふ 通, 堀 出物お 買て 置けば 屹度 儲かる、 今日 も j つ 彼の 問屋へ 行て 何 か 旨い 物を搜 して 來 よう)) 

t ゆ 力 ぶれく ゾク 5 ど y や 5 けん ふた、 いわ いで に ほんばし こ. a, た ど 5 ぶ クビ いや いた 

^夭 晴黑 人に^. し 量 見、 ^び家を出て日本橋の此方^^る唐物問屋に至れ<>、 

^f-.-^ つどい や 1 せ て 53^> わか だん を る れいこ ケ. 5 まね こ み あ を さ 

唐^ 問屋の 店に は 丁度 若旦那 も 居れ. o、 例の 小 僭 も 亦た 居れ ,CN、 此方 は 其 就 を 見て ((ャ ァ賁郞 は)) 若且 

那 ハク ズリ、 小 滑 は 後 よ ゥ 7 ラ 帽子) (-》 

かちつ &ぅ if . 

好都合 (^しく 儲かる) 

P , 丄め 50.£ や みせ 4J や 5 きゃく あ ど 《 'ぶつ や あるじ ふ しんが ほ 5 お. が あ をた まい"」 い 

期せ rjo き此 問屋に て 店の 常 客 に 逢 はんさ は、 唐物 屋の 主人 は 不審 顔に 打 眺め 《貴郎 は每 度)) W 言 ひ 

力け. * , や は- ばんで. りたち ていさい わろ き 5 f わか だん, 5- くわ Co しつれい け ふ し いれ も:^ 

掛ける を をれ 言れ て は 番頭 達へ 體裁惡 しさ 急に 遮る 若旦那 ((ィ ャ過日 は 失禮、 今日はお 仕 入物です か、 

をお a や い y ねき たくさん も こど . だ t つきん をよ 

何な. さも 極く か廉く 致して 置ます から 澤山か 持ちなさい、 ,v れに * 郞の 事です から 代 も 即金に は 及び 

.«.rj ひて う こしら た つき ぞ& はら くだ よ &ざ け ふ ** こ は 3 だ ぃ*^ fl ん もの き 

孙" せん 通帳 を裕へ て 置きまして 月末に.:^ 拂; S 下されば 宜ぅ 御座い ま す、 今日 橫 S から 大分 新 物が 來て 



I 1 .1 .. -I n ― r、 !の s です、 ぎきで 賓 口が? う 御 

r ます、 M^ff ぎ f 製で、 是は ひ:?; rr.?g.v> i 

II し、 1fd ダ x;Flf I は ii" 

ぎず ま 1..1.,J^,,bgut^.uu^ill』」<,! す" 

は! IJ ぎ": 以 UHSt^ き f f ? も r! 

っぉく|?^ます、 i し 私が 店に 居る さ 来て 1 さい?.' 

いちん 

i ぎお 人 は S 々悅び 事 ruMl ゾ 仕 だれが 勤 S う、 fr"r? は i 位の i お 

f レ あやぎ 來て 御覽、 己 sl/f":l め はまお? 11、 i 

fa 11 ら M"LP さん、 I 

て餘 る、 s^n^fn$a 慣ハ 

仕い 入れ な 4 し si 霞に 問 ふ、 I ^ 

一? 1 の 舯 



の 神 四 六 

ち、 どくく せん これ し いれ うち きの ふ あの ほ うし かつ 5 ち なかし こど このみせ れい わか. た、 を 

父 は 得々 然た. CN 、《是 を 仕 入た 家ハ 昨日 彼 帽子 を 買た 家お、 さ 乙 H: が 可 笑い事が ある、 此 店に 例の 若旦那 

f ひど ゐ いろ/ \» ん せつ もの 5 つ く あの ひど をのみ せ む もこ きつ ど しゃ. T^i いけんき た まい,. i ち こ、 かい 

風 の. <が 居ての、 色々 親切 物 t 買て!:, れた、 彼 人 は 其 店の 息子お、 が 屹度 商賣 研究の 爲 めに 每日此 へ 買 

もの く み をん あの みん たろ く む もめ はじ をの わ け さど 

物に 來 るの ださ 見える、 何 はせ. よ 彼 息子さんが 皆.^ 卸して 吳れ たのお)) 娘 は 初めて 其 原由 を 悟. CN ((道理 

た 50 つ K あ しいれ たも をん に あ い ゎ& t どい や 

で 阿 父さんに 似合 はない 仕 入 をな すった^ 思 ひました、)) 父 ((何お 似合 はない さは、 爾云ふ 割の 安い 問屋 

さが たれ 5 で 3 へ めいはく い、 わけ 5 で まへ ちが ほか ひど い つ を. f や. *• 5 

を 捜す のが 己の 腕前 だ)) 娘 も 明白に は辨 解せ す ((か 腕前に は 逢 ひぁゥ ません、 が 外の 人が 行て は爾 安く 賣 

たれ かぎ その か は あのむ もこ みせ ゐ ほか ばん ど 5 で a 

.0 ません よ)) 父 r たから 己 k 限る のお)) 娘 ((其 代. 彼 息子さんが 店に 居ないで 外の 番頭で も 出て 居たら 

あ ズチた ま きの ふ f わる ほ 5 し たか つけ つ ば かい しか あの ゐ 

阿 父 は復た 昨日の 樣な惡 い 帽子 を 高く賣 付ら れ たので せう)) 父 ((馬鹿 を 言 ふな、 然し 彼 息子 か 居なければ 

こ £.-3 ゆ い らい あの ひど ゐ どきば か ゆ やく 一とく し おい ん あん どころ 

期 ふ 旨く行 かんのお、 以来 も 彼 人の 居る 特 仕 入に 往く 約束 を 仕て 量た)) 娘 は 何となく 案トら るゝ所 

おどつ あ もこ か よ よ 

^Av ((阿 父さん、 彼 處で買 ふの はモ. '.J- 止しなさい)) 父 I: 何して 止される もの か)) 

し を もの みせ -5.ら もどね や も し をよ 5 よ たち ま きやく ち さ ね や 4J は を 

品物 は 店に 並べられた-^、 元價は 安し、 品 は 好し、 賣る にも 賣.. ^好ければ 忽ち 客に 持 去らる、 阿 爺 は 鼻 

たか む. め こ、 ろ も ビ ころ をん しゅ しゃ 5 げ, つ あらた みせ ひら ど 5 ざ きゃく ものめ づ かいため し を ゆる 

高々、 娘 は 心に 濟 まぬ 所 あ <>、 何 種の 商業に もせよ 新 k 店 を 開きし 當座は 客 も 物 珍ら しく 試 買 を 爲す敌 

じ を かくはん 4J や 5 (1 を げっ みせ ものし や 5 ばい を ころ あし *-5 や げん 

k 一 特は中々繁昌するもの4&<:^、 然れ^ も 1 1 一月 を 過ぎ 店の 者 商寶に 馴るゝ 頃に なれば 客足 漸く 减. i.- て 

さび れい このみせ い 50*,>ゃ$ い いっしゅ ひくち から どし わか きゃく これ き 5.,>5 ま わか 

店の 淋しくな るが 例なる 此店 はか 糸 嬢 さ 云へ る 一種の 引力 あ 6 て 年若き 客 は 之に 吸收 せられ、 復た若 

だん を い たんみ つ ほ £ しゃ し i*-*?- の や をく かんち や 5 たか みん このみせ あつ 3 あさ くれ いた 

旦那^ 云 へ る 隱密の 保護者 あ. て 品物お 安く 送れば 勘定高き 客 は 皆な 此 店に 聚ゥ ぬ、 朝よ. 暮に 至る ま 

ひら あ ひた きゃく .SS 'きた fct .ssoe や 5 B 、たや を かくて まわ か ばあい 

で 店の 開き ある 間 は 客の 入來る fo さ斷 問な く、 か 糸孃さ 母親の み て a 中々 手廻ゥ 兼ぬ る塲 合さ^れ. o、 



や 、*> お、 issujs^s -、 位锗 かる まら rts 〈 さ を? いだ i 

"Mi き,? ゆ SWH:" 

だ)) 父 はずま か しい か、 き 供 li I ^0kff<a0k 

I 錫變 i 誘 If の 

g Ittifilli 



マ』 の 神 四 八 iml 

ね ほ しゃ, ゥは ふかい さき け ^r- しゃか. S て^cち たんきう 1 このむ こ Mt> び をん こビ ふ, け わか. たん ズ _b 

を覺 え、 商 法界よ-.^ 先に 狭 斜界の 夭 地 を 探究せ ゥ、 ? ^して 此 息子 n 勝れし 美男に て 殊に 富家の 若旦那な 

A- のみち を かく は •-&、 5^?»れ ねか ほれ を いがい せめ あげ e 5 ち そ ど SJO らくさん ま. S a-h., ゥ 

うけれ は 其 道に てハ 中々 の 幅 利 さな ゥ、 自惚さ 岡惚 さ內 外よ. 貴 上て 1 將ハ家 を 外にす る道樂 三昧、 兩 

しん はじ しんるい もの .& ろ/ \ し, < ばい み、 *r る さき い けん との さ ほ:;, 1 ほねみ こたへ ぶ t けいけん 

親 始め 親類の 者 も 種々 心配して 耳荼蠅 までの 異見、 此 異見 ハ 左程 骨身に も應 さ. しが 自分の 經驗 にて 

け. r しゃかい ふ はく にんじゃ 5 かんば もつ ど き、 め い けん ちか e ろ や 5 や み たさむ いた み 

狹斜界の浮瑭なる-<情を看破せしか最も効驗ゎる異見^な.c^て近頃撒く身を修る.^至れAT^、 して 見れば 

さ をろ か *J んぶっ S を りんせい たれ ひど.^ み ち の ふ $ よ いづ £ A くわ? •< こ >t うに, I 

左まで 愚^る 人物.^ も わらす、 否、 襄性は 誰し も 入 並の 智能お 備 へて 世に出る なれ^も 兎角 犹叛の 富. < 

こ た t つどめ を こた これ む け 5 ざいさん あた つど t 、ゆう ォぃ il よ . ?,. ど、 

n 子お ゆるの 務を 怠. <=>、 之に 無形 財 產を與 ふる 乙 さを勉 めすして 唯 有形 財產, ^のみ 賦與 する がに、^ 1 

ね ゆ これ ちら みち ね、 ゆ. T ど 5 み くづ せ 5 らくむ も, J へん も こ、 ろ .t, いこん じ や?' 

覺 ゆる は 之 を 散す 道、 多く は 游蕩に 身 を 崩して 道樂 息子^ 變ぜ しむる ゥ、 若し 心 わ. CV て 世態: < 情お 

くわん さつ この け や C や 5© ふ はくて う 5- ざ わ を ほんく たの なら し 

觀 察すれば 此 息子な ら^る も 亦た 狭 斜壌裡 の 浮薄 佻 利に 走 6 義を 忘れ 翻 々どして 赖 むに 足ら^る を 知る 

い た このし やく わい (J ん じつ きんせん むかつ つく この.. - やく わい はん やう iJ か S- せつ 1 

に 至らん、 此社會 の眞實 は 金錢に 向て 盡 すな. cs、 此社會 の 人情 tt 自家の 利に のみ 切なるな ゥ、 

$ このむ. 4- こ! JJ の iJ ゆ、,.' らい き や 5. & 5 あ き べつ せいけつ -J ん てんち もど いた C さん 4J や 5 

來ゥて n 此 息子 殿 も 從來の 境遇に 倦厭て 別に 淸 潔なる 新 天地お まひるに 至う し は 自然の 情、 淸 潔なる 新 

< らく たの ひど f あ L ん 4J つ K 上-う ほ f まさ を M/tfss や f や 

tK 地 £ ハ苦 樂を赖 もしき 人^ 共に する に 在.. o、 赖 もしき- <笆 は具實 女房に 優る もの 無し、 即ち 此 息子 » 

がくき や. く はじ しか このが くき や 5 つく こ だ. S をん iJ せ けんいく た む もめ t ち み 

くホ I ム の 樂境を S 想し 始めた るな. cs、 然れ *i も 此樂境 を 造る tt 是れ 1 大難 事、 世間 幾多の 娘 達お 見る 

まこ ビ 5 e ん ぶつ めった を これ や S し かく だい び ま ち 

も 具に ホ f A の樂 境お 造. 得べき 人物 は 滅多に無し、 之に 要する 資格 は 第 1 美なら さるべ からす、 叉智 

で しかし ま < わ い *i. で くわい ま じゅん 

なら^る ベから す、 旣は 美、 銑に 智、 而て復 た 快^ら^る ベから す、 .M^i^ 快、 復た 順なら さるべ からす、 

かく &ど ちら もん おは よ はた い くにん このむ もこ ^の た、 .S どじ や .f み いだ 

此の 如き 注文に 應 すべき もの 世 果して 幾. <か ある、 此 息子 蹈 n 唯一 のか 糸 孃を見 出せし のみ、 



いど じ や 5 ff び そ L や S げ-フ ^ ち t きゃく たい あい, てう くわ S そ ふ ほ tfrr 

か 糸孃が 風丰は 美な. 其の 商業 を 爲す樣 子は智 なり、 其の 客に 對 する 愛想 は 快な ゥ、 其の 父母に 從ふ 

si じゅん これ わがい わ つま W づ む もこ 乙、 ろ この じ やう ふお やく たは , レ ji "^の:^ ► 

有檨 tt 順な 6、 是乙を 我家の 妻^して 耻 かしから じ^ 息子の 心 は 1 は此孃^:d附着し了れ.<=^、 然るに 其 父 

ほ このな ろ f や き, C しん 4J よ. ゥ ふた、 i S S ち S や よ よめ むか L んるゐ Be で い 5 «!> のこ、 ろ あた a- 

母 tt 此頃 息子の 漸く 謹愼 なる に乘 じて 再び 魔の 入らぬ 内 早く 好き 嫁を迎 へんさ 親戚 始め 出入の 者に 心當 

たの ね もヒ ふ S か 上め くち あ そ こうほ しゃ こ V む ,4- め だれ .& も: w*& か た ひど こ .^e や o ^ 

を赖み 量く、 固よ. y 富家の 嫁の 口、 有る? -V く 其の 候铺 者、 何處の 娘、 誰の 妹 仲に 立つ 人の 口上 を聽 

いづ あつ ばれ は を 上め しか < そ を を xj れょ あれ きい しき > 

けば 何れも 夭 晴 なる 花嫁の 資格 を備 へ^る は 無し、 是 なら 好 けん 彼なら 氣に 入らん と 頻-. ^に 息子に 相談 

み あい S- ち た、 か はふつ t さて あや かね やくそく ふ 

すれ t 息子 ハ 見合 もせぬ 內 から 唯 顔お 振て 辭 する のみ、 扨 《 怪し、 兼て. 約束せ しもの k て も あるか 亡父 

» ふな、 しんば. & ばん ど 5 をい、 つ もの や、 ゥも さ々 ばん VJ. ゥ i が ろ. r- こ 5 へいせ S わか だん & V.. も こ 

母ハ 再び 心配 番頭に 内意 を 告げて 其檨子 お探らし むれば、 番頭 は 流石 老功た けに 甲 素 若旦那の 供す る 小 

T せん 5?』 この f> やべ を が はまち ビ 5 ぶってん ひや <ど ま& こど はく e よ 5 これ 上 

僧 を 詮議、 此小惽 Y ラく^ 饒舌- CS て 若旦那が 小川 町の 唐物 店へ か 百度 參 みせし 事 を 白狀 す、 是で讀 め 

f てき あ . 

た、 當の敏 は 唐物 屋に 在ゥ、 

この ゝ ちばん ど 5 む ふ » あいだ い か そ i> だん ある どき SVJ お、 L いれもの こ S や きた どき > 

此後 番頭^ 息子 さ父毋 さの 間に 如何なる 相談 わ 6 ける や、 或 特か 糸の 父が 仕 入物に 此 家に 來 As し將、 番 

ff あ もた & % ちょ. & ども こ い らしつ くだ ほか いだ お、 L 

頭某ハ 《貴 郞、 御用が 濟 みましたら 鳥渡 其 所まで 被 入て 下さ S} ^外え 誘; 3 出した 4、 父 も 何事 か 知ら 

i6c いづ ろく こど いま、 でむ もこ あんま f もの か ゆ そり 

^れ^ も 翁 頭の 用事 S わるから は 何れ 碌な 事に てハ ある ま 卜、 今迄 息子よ. 餘ゥ 安く 品物 を 買 ひし 故 其 

せん? よ ひそか し. <ば い きん t> よ こ a-fs ビも**> 

詮議 にても あらねば 宜し^ 窃に 心配し ける に 番頭 ハ近 所の 小 料理屋に 伴 ひた ク、 

〇 目出度 いな (ァ -ラ 目出度い な) 

こ wto-e-a- や な < ざ しき ビ いや ばん VJO こ ti や あるじ さけ を、 S しゅじん こん Si ちこゝ まね 35 fc め i- 

小 料理屋の 奧 座敷 問屋の 番頭 は. 5r 賣屋の i 人に 酒,^ 勸め CN ゝ 《御 ま 人 今日 此へ か 招き 申した の は 少し 妙 



で わ 


の 


其 も 


继を 


? ^け 


ジレ 


び 


m* 


港 if 
W ん 


ふ、 




入い 




W ど 




私? 仰 S の 

に丄 せ 事き 


< 


し 


の 


ir 

1、 




y ま? 

が 只 j 


心ミ れ 


塞 じ 


へ 


ぽ 




-t! か 


內么 

r》 ち 


な 


r V ち 


は 


1^ ろ 

m h 


ば 




レノ 


ネぎ 








14* 




に 




の 




々た 


婿 


m し 


ilh か 

み 


總 


ま 
P> ^ん 






な 


JhL ん 


好よ 


て 


ど 


檨 t 

う 


で 


に 


逮き 




rJ さ 


力) 一 


々く 


A 


兩^ 


り 


那を 


い 


撫こ' 








取 ど 


な 


本 き 
尔た 


に 

V 、 


あ 

•f ノ 


止 ど 




AB { 

まし 


1T 
'as 


の 


嫁 ま 


兩? 


は 

A3 ,そ 




h 




レ 




な 


る 
'リ 


め 


御 


(j\ h 


い 


ん, 


を 


親, 


平 こ 


几み 


b 


ま 




A 
9 


る 


(/\ 
V ノ 


ま 


鳳 




•db* い 
口 


^き 


<»w つ 


j ひ 


で 




ま 


す 




\f 

c. 


の 
ぃノ 


で 
人 


し 






ir 
f 、 




撫& 


翻 S 
桃 や 


心 こ 


す 


し 




も、、 


で 


ナ 


れ 


, よ 


八い 


L 


人い 

/ 、 


采^ 

ぬ、 つ 


*u ,ん 




k ろ 


か 




彼き 

V 乂れ 


ろ 

mi 
か 


ナ 


が 

H 


け 


まこ 
爭ど 


A 
9 


細& 

铍 k 

r 

'la 、ん 




• ^な 

日 (0 


ほしい 


Mr 


^ ら 




嫁 


は 


力 > 

/v , 


畨, 
貝& 


れ 


A? 


ふ 


な 


^み 




ん 

/ レ 






に 


>r3 こ 


に 


入た 






士 


い 




ふ、 






急? 欲? 




I5C ろ 


は 


の 








で、 

、 






掛か 


づト c 




K 


い 




ズ こ 


か 


ふ" 》 


御 S 


职 






ぎ 


め 


け 

,メ 


ni ^ 


§ つ 

家 1 
承ち 


If;*: ひ 

膝 |r 


C. 


A 

'ノ 


し 




鬼 1 
かち 


當? 




f 

t: 


か 


每き 
? 1*. 




で、 


It 




飲ゥ 






や 


に 








つ 


1 こ 

1 人 




十 

7 


あ 


の 


進: 


仰ネ 


し 

レ 


被し 
5?^ か 


キ、 


m 


が 




は 




入 


度た 


が 


# い 


-tH か 


め 


れ 




し 




や 


好い 


別つ 


ら 


ひ 


^^か 


力 > 


JtL ん 


X 


ば 


キ、 


碑む 


15 ピ 






)> 
Iv. 


故 ゆ 
S5C ゑ 




な 


)e 


頃き 


メ 


抓を 




嫁 


め 




A 
') 


ん 

/ レ 




鳳 




A 

ノ、 


い 


親]^ 
w や 


ろ 




力 >' 




ir 

if 、 


It 
\ 、 


n < 


な 


H 


被 § 


"ザ、 
》 し、 


p 月 や 




» つ 


達さ 
ほち 


パ 


1^ ら 


えた 






清 や 




c* 


ち, 


仰 も 


V: 


で 


#11 こ' 


で 

に 


% 




A-? 


11 


{ 


遣 や 


A 

ノ 


O 




右 あ 


る 


A. 


>f 'なせ 


烕? 

ノ ぁ* ん 


士 

タ 


ML 

iJ^ji き 


タ 


る や 


す 






"T 
嫁 ii) 


の 

V ノ 


h 


の 


h 


/7\tL 
VJ 


-li ,ん 




に n 




の 
にノ 


ぎこ 

"扁 


る 


ま 


レ 


や 


で 

、 


で 


A 

9 


每き 


な 
あ 


装 

ね 


め 




で 


(7\ 

V ノ 




す 


て 
、 




ナ 


ナ 


す 




に 


ど 





a\ 

w ノ 


れ 

n レ 


ナ 


A>, 


m 




キ、 

し 


n 




な 


力、 


て 


•t い 
八^ 


で 


SK 


n< 


% 




^^ゃ 


の 


ftt し 
W か 


せき 
且ろ 


な 




ら 




7( 


H- 




1 トゃ 




y 


爲た 


し 


In 


な 


小 こ 


ェ 


仕 t 




の 


溶 


う: K 


さ 


/レ 


わ 

^ か 




め 


も 


レノ 


Shy 




ノ \ 


方き 


贫ん 


な 


ゆ 


I 
ヽ 


が 

H 


で 


t ハ 
V , 






れ 


や 
に 


'キ5 


厣ゃ 




が 


代?^ 






か 


し 
レ 


全き 
く つ 


A>, 


I' に 




は 


ナ 


棚 か 
润っ 


V メ 


ハ 


h 


力 > 


何^ 


つ 


ら 




刀た 


卿 




先! 




に 


dt る 


A 
つ 




ら 


で 










で 
に 


鄉 5 




樣曼 






人 e 


番 


ま 


云い 






所た 


在 5f 


れ 


t 


心え 




の 


に 


へ 


は, 


せ 


ふ 


宜で 


に 


の 


のど 


な 


力、 


な 




御& 


來き 




俞ミ 


頭 


ん 




i3、 




娘 ま 


m 


す 


ら 


の 








福 


の 






餘ぇ 


ら、 


心え 




何え 




先 i 


で 




物 さ 




の 


心え 






嫁 


で 


さ 


な 


1Z 


ft 


す 




次し 




神 


配 ま 


の 




釣? 


に 




ん 


の 


御 e 


ま 


が、 




络だ 
あい 


被? 


逃 S 


に 


か 


で 


合 あ 


仕し 


わ 


を 


が 


樣? 


で 






で 


仰 4 


引! 


娘 




は 


て 


b 


見み 


有 あ 


子 も 


大 5 


彼 あ 




す 


る 


し 


換え' 


子 




な 


遣 や 


ま 







分ぶ 


の 




が 




て 




さ 






る 


せ 




て 


何? 


か 


若 




何 S 


卞 t 


は 


m 


ん 


か 


樣言 




ん 


で 




卒ヶ 


遊き 


旦 




力 > 


が 






は 



五 



^ ら 


の 


1 ^■^K" 


< 


力 > 


ら 


我 ft o 


は 


だ 


體 5 


< 




ふ, 


聞ミ 


ひ 


で 


冷 s ら 

淡 7 ぶ 澤? 


れ 


な 


て 


四 


ら 


k 


< 


入 じ 


嫁 £ 




度た 




可け 


ま 


が 


;lv の 

上 i 


万 




付つ 








串 * 

厂タ 


u 


な 


ず 


山え 


せ 


らも 


圓 




け 


惚 g 大 5 


下 r 

■ /乙 


し 

レ 




番? 






娘? ん 

をめ 〜 


烕 カズ 


に 






て 


て 


悅老 


さ 




は 


頭 f ナ 


挨ミ 


心え 


段 2 
家け k{ 


れ 


m 居ゐ 


び こ 






串 


は 

此忌 




m 


e く 
ヲ々 


番 


し 


で 


易ゐ 


る 


で 


it 


ぎ 


し 






4 レ 


頭 




お、 




あ 


に 


の 


早き 


t 


% 


ま 


老? 進 あ 


主 


It た 
ノ乂 


爾? 




ら 


上き 


ま 


水 や 
知 i 


た 速? 
や 


力 > 


草 2 


せ 




げ 


A 


ひ 


頭? 隱ミ 


て 




fees* 


< 

、 


ん 




な 


はお 




で 


さ 


居! 


仕 L 勿^ し 


2. 


ami 

AM ち 




JMj の 




み 〈 




驚き 


云い 


す 


ん 


料^ 


舞な 


體 5 な 


れ 

^ レ 


す 

7 




ど 


奮ミ m 




さ 


丄, 

ハ S 


か 


の 


かつ 




を 


い 




る 








の 


申 5 




由, 




前ミ 


每? It 


着つ 


檨 t 








極& 


此き 


深 か 


し 


ィ 


认ら 
ぬみ 




で 


月? は 


け 


に 


O 


思ず 




め 


方ら 


さ 

人ミ 




ャ 


が 


れ 


す 




五 




見み 


事し 


ひ 




度た 


の 






あ 
tf ノ 




が 


百 


万 




せ 


の 




a 


家 墓 


物 さ で 




る 


ら 


今 さ 


圓 


圓 く 


万! な 


で 


タはま 

一 r か 






が 


力 > 


は 


か 


• ^ノ 


ば 


申 * 


位 t 


位 t 


圓! 


け 


かや 


頭き 




此き 

z レ り 


W お 


な 


無?: 止 や 


で 
に 


能よ 


上 も 


來? 


にゐ 




れ 


知 I 


をべ 




方ら 


と 


の 


め 


士 


< 


たげ 


る 


な 


芳 


ば 


し 






の 


おゆ 

條 


で 


な 


力 ゝ 


若 £ 通 S 力、 


る 


な 


て 


てつ 




相, 


す 


さ 


ら 


旦 2 
那を 


k m 


五 
万 
圓 
に 
な 

た 

は * 
向?' 


圓 


ら 


仕し 


老ミ' 

5 力〜 




談 5 

P "^ん 


る 


け 


が 


る 


貴き 


で 


ん 


舞 ま 








m 
滿ん 


れ 


獨ど 


に 


所た 


を 

さ 


のし 


旨! 


は 




ふ 


始? 






ば 


h 




の 


娘? 


不ぃ 






め 




T 


家 か 


態 § 


娘? 


及? 




め 


はめ 


可け 


し 


却 


た 






で 




おめ 


び 


は 


て 


tm 


( 


ま 


た 


てつ 






し 


地ち 


•»< ^を 


力 > 


ま 


止 や 


S 帝き 


k 


何? 


せ 


ら 


安 t 








面》 


をし 
誇 こ 


ら 


せ 


め 


めら 


w 


ん 


向?: 




*、 




が 


は 


其き 


ん 


た 


さ 


る 


し 


t 


ふ 


見み 


テ 




如い 


五 


M 


%、 




方 


せ 


伤も 


て 


强? か 


ら 






何で 


百 


It 


積? 


進 あ 


が 


ま 


b 


己 


情ぶ 


ら 


れ 


斯か 




で、 


ケ 




b 


げ 


か 


せ 


で 


は 




仕し 




程'! 

迄 1 




t 


所 k 


し 


で 


ま 


家 1 




居 を 


斯カ' 


島な Q 


度? 損き 




貴 ま 


It 




御& す 


の 






ふ 






4»ん 


た' 


に 




所た 


&i 


ィ 


相? 
談ミ 


X 


後た 
柳 


實ミ t 


智ち 




を 


の 


力、 


向? 




の 


廣 さい 


ャ 




め 


t 


す 


W ん 




れ 




ら 

爱ミ 


ふ 




娘ぶ 


證ぶ 


か 


を 


貴き 
客た 


は 


申 * 


の 


が 


m\ 


で 


ずに 


で 




子 5 


書 【 獨? 願 


宜で せ 


で 




愿ん 






は 


古い 




さ 


のよ 


b 


ひ 


は 


の 


ば 


容? 


る 


居! 




何え 


出 だ 




ん 


八 


m 


度た 


御 こ 


で 


外? 


易る 




の 




出 だ 


で 


す 




を 


十 


をめ 


a 


短 ま 


す 


の 


It 


ム 


身み 


圓 


す 




か 




若 


万 


無む 


t 


慮 W 上 


好い 


は 




分ん 








ら 




旦 


圓 


理《 


^な 






IP 


進 あ 




It 


れ 


言い 




は 




那 




は 


ふ 


力 > 


極 こ- 




げ 




な 


で 


ふ 


ま 能ち 




の 



娘 


る 


が 


心 


し 


は へ 


仕し な 上さ 


小 こ 


度た 


座 、巧 


來こ 


ふ、 


は 


娘? 


御 こ' 


を 


て 


向!^ 1 は 


度? さま 


賫さ 


U 


レ1 


ら 


持 も 


固? 


をめ 


承ぶ 


聞,. 




ふ 


金え る す 


屋ゃ 


《 


ま 


れ 


ち 


よ 


嫁 ま 


知 1 




主 


が、 m 


はなよ 


の 


田 た 


す 


て 


の 




に 


な 


見み 


A 


極 こ 料 さ 


何^ 、 、 


主 S 
だ 


てつ 




位え 


若 


吳 く 


さ 






く は 5 


程' さ 爾ミ ず 


居る 


番 


世せ 


•7: 、る 




れ 


ら 


上 之 


ィ 


m 每ま 


出 L なし 


は 


る 


頭 


間! t 


す 


那 


て 


な 


で 


ャ 


乏? 月? 


t 馬' - 娘 




の 




へ 


か 


に 








些き Ki 出 だ 


す 鹿 か!: 


力 > 


で 


ィ 


-, く ♦ 

外 ^> 


ち は 


惚》 


跡き 


m 


け 




力 > し 


で な 進 あ 


し 


す 


ェ 


聞ズ 


大? 


れ 


で 


に 


れ 




何 :1 て 


せ 若げ 


< 


サ 


ぜ' 


抵?. 


て 


直 も 


n 


ば 


失^ か % 


ぅ旦な 


田 お 
ぽ、 も 




貴^ 


惡 な 


な 


居た 


C 


爾ミ 


迂 5 


禮 


の 宜ぃ 


""那 け 


ひ 




所た 


い 


豕も 


b 


逃1^ 


な 


濶$ 1 こ 


拳' き い 


港 でれ 






は 


か 


力 > 


ま 


出 だ 


•!» "さ 


に 


'fe た 


で さ 


頭 は ば 


街! t 




道 あ 
げ 


ら 


ら 


す 


し 


を 


は- 


h 


貴? い 




頭? 




先き 


ずら 
だ 


力、 


て 


言で W 


ま 


所お ふ 


御ミ 6 旦 


さ 




る 


の 


ら 


お 


出た 


め 


せ 


の 富き 


兩 t ま 那 


ん 






豕 4 


の 


、 




し 


ら 


ん 


檨? で 


親え せ が' 






串 暴 


次し 


で 


若 




て 


れ 


に す 


の ん 御 こ' 
仰 病ま 


折 S 




し 


第 £ は 


れ 


置ね 


な 


番 


立 さ が' 


角ケ 




た 


で 


中 ま 


る 


< 




頭 


派ば ^ 


せま 氣 1 


若お 




の 


仕し 


身え 


那 


樣言 








な 主 


k A に 


旦ミ 




で 


度 や 


が 


な 


却 5: 


申 を 




店き A 


は^で 
幾い 成 t % 


那を 




は 


金え 代 


店き 
へ 


事 ど 


てつ 


し 


待 や 


t ^ 


が 








が 


で 


耻? 


た 


ち 


張き 御 こ' 


何 1 程 1 ま か 
で 、 成 を 


そ 






澤? 


m 
合 


か 




の 




< 烕ミ 


れ 




爾ら 


山え 


入い 


何 t 


梭か 


で 


さ 


居ゐ 心 k 


% 併 i 


程'! 




ふ 遣 や 
云い ら 


ま 


來で 


に 


さ 


す 




る な 


向!: し な 


ま 




せ 


な 




ま 






事き ふ番 えさ 


で 




ふ 


な 


ん 


さ 


な 


す 




先 ま 


に で 
爾' え ^ 


の 頭? る 


It 




m 


け 




い 




し 


令 ひ 


づ 


欲 ほ さ ど 


御 こ' 




れ 


を 


ま 


ま 




貝み 


兎 ど 


な 番 


しん 不ぃ 


熱 S 




力 > 


ば 


れ 


す 


せ 




所た 




事 【, 頭 


が' 愈 i、 可け 


心え 




ら 








ん 


n 


が 


角 か 


言い 御た 


る々 〈ま 






成' ザ 




復ま 


娘 


も 

が 


御 こ' も 


だ 差 3 しせ 


爭き 
で 




る 


ま 


n 




主 


1 し 
承 や 


先? 


ふ 待 ま 


け 上 あん 
仕し るが 




ぺ 


せ 


來く 


何い 
特っ 


A 


慾 r 知怎 




の ち 


す 




く ん 

立 さ 一 


る 




によ 


な 


の 


は な 


度^ 事き m 


力、 




嫁 S 


で 


大 g 


迷! 


す 


卒 見や 


失 も さ 


金え に 頭 


ら 




派ば 


主 


も 




丈 や e 


て 





の 


禮 S い 


はな & 


獨? 




な 


A 


粗 も 




夫 i 


fift む 




心ミ 


に 、 


遣 $ 6 ィ 


娘? 
め 








ゴ 


で 


理<« 


% 


f ろ 


'fe た か 


てま ュ 




力 > 


m 


な 




すわ 


に 


御 5 


當? 


る し 


其き し 御& 
親? た 心え 


で 




ら 


仕し 


< 


私^ 


嫌ぶ 


當? 










貰! 


ふ 


m 


し 


のし 


が 




の 


申 暴 れ 


達 § ら 配 ま 差き 




ひ 


御 こ' 


で 



を くら ゐ あ. * た みせ たびく い で まへ ど ほ どき 

て 居る 位です】 番頭 ((オヤ 若旦那が 貴所の 店へ 度々 か往 です か》 主人 《ナ 11 店の 前 を か 通 44 & さる 將で 

ばん ど .5 つ ひ ,J-5 だん き ね c & SJi-si ん こ、 ろき しか あいさつ L くだ し 

番頭 tt 遂に 相談,^ 極め 《をれ でも 1 應は 御當. < のか 心お か 聞きな すって 確 W し 挨拶 を 仕て 下さい、 仕 

た., -きん を y その. ゥ へ & そら だんい な こ、 ろ 上ろ つ、 がた べつ き 

度 金 や 何 か は 其 上で 御 相談 致し ませう)) 主人 は 心の 悅びを 包み 難く * ク くして 《ィュ 別に 聞かんでも 

む め こ、 ろ わか を い まこ、 & AJr- だん 2 を た しか を しか 

娘の 心: tr 分って 居ゥ ますから 今 此で御 相談 申し 度; S もので、 確 さして 居. ますよ、 確^)) 番頭 《をれ は 

わたくし れ 5 けん ゆ わうた ほ だん 15- あ をた さつ もく & せ. r> ち こど ま おしあげ 

しても 私の 一 量 見に は 行きません から 一 應 大旦那 や 若旦那に 貴所の 早速 御 承知な すった 事 を 申 上ます、 

,y の 5 へ ま あ x_b た ほう ま を あ よかへ. を 5 だん き お 

其 上で 復た 貴所の 方へ 申して 進け ますから 貴所 も 能く か歸 りなす ク て 相談 を 極めて.; - 貴き^ さい》 ま 人 

、、ありがた *^ ざ しか もし たく きん は, し で を あ をた a e ん W 上く た, 

((難^ ふ 御座います、 然し 番頭さん、 若し 仕度 金の か 話なん どが 出ましたら 成る たけ 貴郞 の御盡 力で 多く 

f ね、 しゅじん ふ ち5 わたくし でき く つも 

なる 樣に願 ひます))、 番娘 《多くして はま 人へ 不忠、 私 は 出來る だけ 寡 4 &く する 積. y です》 ま 人 《ィ ャハ 

ャ} 

こ や. I あるじ & ち そ 5 さけ ゑ 《. ま は をし み、 いき やうく い へ かへ い へ む. * め いど ち、 

小 寳屋の 主人 は 御馳走の 酒に 醉; S 旨い 話 を 耳に して 意 氣揚々 ^して 家に 歸. <r 'ぬ、 家に ハ 娘のお 糸が 父の 

fe^ し乂 ばい . t ほろ^;-ぃき げん かへ み ふしぎ こど あやし たどつ めづ 

遇き に 心配して あ. しが 其の 微醺 機嫌に て 歸ゥし を 見 不思議の 事よ さ怪 みける 《阿 父さん、 か 珍ら しく 

たいそ き ポ,^ ゥ -J こ &ち f を 5. らしつ このち、 ^ £ おそ 5 さけ ほか 1* み ち、 

夭 層 御機嫌で すな、 何處で 御馳走に 成て 被 入た)) 此 父の 酔 ふ は 御馳走の 酒よ. 外に 無し さ 見えた ゥ、 父 

むはめ かほ み る ほ うつく たや み ほれ.. ほ; Sj ひど ほれ む S- も 上 こ 

は 娘の 顔 を 卜 ッさ視 て 《成程 美しい、 親が. 視て さへ 惚々 する 程おから 人が 惚れる の も 無理 ハ 無い》 娘 C 橫 

む をん たどつ はや たく い らっしゃ ち、 みせ お < い ぃビ お まへ ちょい どこ. • 

を 向き ((甸 です 予阿 父さん、 早く 奥へ 被往 いよ】 ハ乂ハ 店よ, CS 奥に 入ゥ ながら I: か 糸 や 和 女 も 鳥渡 此 へお 

臨の 神 , 玉 三 



腐の 神 玉 四 

S で む そめ ま しいれ こ 5 しゃく ね も おく きな 

入來》 娘ハ復た仕入の講釋かさ思ひっゝ奧に來れ^^、 

あるじ つ 3 む *4>め まへ た け ふ ひさしぶ fwbJVJ,? し た & あど It ん々 らゐ ! んぶ 《- あつら き つま 

主人 は 妻^ 娘 を 前に 置き 《今日ハ久振<=^で鱺飯でも奢らぅかの、 跡で 五錢 位の 井 を a へて 來 な』 妻 tt 

わら 5SJ んぶ 5- さ こ ねぎつ か 上 ものい、 はか を 

笑 ひ ((五 錢の丼 ハ 何處 にも あう ません よ;! 主人 《直 切て 買 ふが 宜ぃ、 物 は 呼 價で買 ふ もので は 無い》 娘 

— たビっ け ふ めづら こビ たっしゃ かね も 5 t_3.?« 'け まん もん 

《ォ ホゝ阿 父さん ハ 今日 珍しい 事 を 被 仰る か 金 儲で も 》 さいました か)) ま 人 《ィ ャ大 儲お 二度 五万圓 

ど まいげつ つ! -ど feo* へ げ 》< ヱち 5J つ- -ゅ a 、 

取れて 毎月 三百 圓宛 取れる のおから ュ ティ だ KVN、 4- 糸 や、 和女ハ 今日から 一 日に 三度 宛 場に 入浴って 

き いつも f ち 上つ ど あらつ で をよ あた 5 しつば あらつ e かん 3、, つ る い 

來な、 そして 平 將の樣 に 鳥渡 洗て 出る ので は 無 S 、能く 頭から 尾まで 洗て 三 特間も 入浴て 居る が宜 い、 も 

ねし ろい ふ だんつ か f わろ せつ や L まつ e や S ど 5 せい t5 ねし ろい かくよ ま、 

して 白粉 も le. 時 使 ふ 樣な惡 いのは 1 切 止めて 仕舞て. H 等の 西洋 白粉で も 買て 來 るが 宜ぃ、 そして 和: K の 

かほ ねし どこつ ほくろ ゆ はいつ よ かるいし み、 した こも もの _5 くろ t ビ き 

顔に は惜 S 所に 1 つ 黑子か ある、 湯に 入浴たら 能く 輕 石で 耳の 下 を 擦って 其 sg+ を 落して 來な、 をして 

かみ 3 いに ち & つ- "あら よ をビ で か 5 上& け せいよ. r-i 一ん や 5 き .si 

髮も每 日 一 度 宛 洗 ふが 宜 い、 をして 外へ 出る^き は 顔が 汚れる S 不可な いから 西洋人の 樣に 薄い 布片を 

かぶ ゆ » た <さん おどつ 5? 

被って 行きな、 をして、 ゝ、 ゝ、》 娘 《モ I 澤山、 阿 父さん、 何な すった のです :} 

も. S ちう ち、 >ら/.- S ち. p*^ f L .,3 かみ お まへ ぺ <?5 ん け ふ ほさら よ み 

醉 中の 父 は呵々 さ 打 笑; 3 ((ァ ハ 、何も 仕ない が 併し 見れば 見る は^ 和 女 は 別嬪 だよ、 今日は 酒更 能く 見 

たまへ ねか わか どき か べっぴん か <た2 へ 5 つく を ま 29 

える 和 女の 阿 母さん も 若い 將は 可な. 別嬪だった が 中々 和 女 は < ^は 美しく 無い、 和 女の 美し いのは 全く 

たれ い おど こ f つ をん あみた 

己の 好い 男が 遷ゥ たの だな》 妻 も 《何です ね f 貴老》 

む をめ ひさ みせ あ た こ 、ろが、 ねビ つ を K わたし &ょ. り でる 

娘 は 久しく 店 を 明けて ft くも 心掛 As 《阿 父さん、 何 か 妾に 御用が あるので すか、 無ければ 店へ 出て 居 ま 

みせ か 》• い い ちゑん づ、 も 5 a L か W を 

すよ》 父 《ナ -1 店なん どはモ 》. 構はん でも 宜ぃ、 躉圓ゃ ニ圓宛 儲けて 居た WnJvC が 仕方 も 無い から 店 は 



や ねれ これ らく ゐん& よ へんじ いで > . 1.1 

モ I 止め だ、 をして 己《是 から 雞隱 居お する の だからの》 娘 は 返事 もせす して 店へ 出ん^ » す、 父 は 呼 

ヒ 3 を 乙 3 つくれ を i ど ふ e ん もこ は をし . 

止め 《オイ 侍った J (-. 、少し 待て 4^ 呉よ か 糸さん、 ィャ 4Jj 糸さん では 無 S A 糸 夫人、 少し 話 かおるから 

1 た 3 めで *» Kfc-L e ゥ むかし *,<«ら つ き 

待ち 紛へ 目出度 ひ 話 だよ、 實に 目出度 ひ、 ァ.' ラ 目出度; S な 目出度 ひな、 昔 は 厄拂 ひが 爾 云て 求た もの 

む. *- め もん は **1 ようい お <» へ , 5 れ * - , 

だ】 娘は侯 かしく 《何です か 話 は》 父 《か 話 かえ、 お 話 は 容易に 話されない、 話せ t 和 女 か 嬉し かる 話た 

し まつ おい たのし L ft f ^ いま ねれ あ ばん ど <- よ かけあつ し たく きん た,^ さん X 

が、 爾云ふ 話 $: 仕舞て 置て 藥 みに 仕て 置く 方が 宜ぃ、 今にの 己が 彼の 番頭に 能く 掛 合て 仕度 金 を澤山 取れ 

ねまへ •* へ &ら よろこ や 20 a 

ば 和 女の 前に 並べて 悅ば せて 遣る から 待て 居な》 

L たく きん &ん き ,-.4. て がた おどつ よめ <fe た ほ あ ' ^ 

仕度 金の 一 語 は閼捨 にな. 難し 《阿 父さんお 嫁の 口で も あるので すか》 父 《大 有. だ》 母 《か 糸に は 婿 

を 取る ので は あ, CN ません か】 さ 左右す る < ^く 詰 寄す る 

かみ ** らも «J ほんど 

〇 祌爭ひ (何れが 眞誡) 

かね いどに や f よ むこ むか この や ゅづ は、 む もめ を<> だん か、 ひどよ < f 

豫 てお 糸 孃には 好. き 婿を迎 へて 此家 を讓 らん もの S 母 ど 娘が よりく の 相談、 期る. < は 好 けれ 斯る人 は 

あ つね こ、 ろ つ わか ひど., くわん さゥ は L あ ひだ もで こ 、ろ あた でき を やさき い ま はか ち、 

惡 しけれ^ 常に 心 を 注け て 若き A 々を 觀 察し 母子の 間に は .§2 に 心當ゥ さへ 出來, おる 矢先. るに 今 俄に ハ乂 

よめ. &S- くち S む め たが ひ かほ み あは ft«J ろ ふ せい まへ も、 あ をた ひ yjs む. め 

よう 嫁入の 口 あ さ 言 はれ 母 € 娘 は 互に 顏を 見合せ て 驚け る 風情、 母 は 父の 前 進み 《貴郞 か 糸は獨 娘 

よ,, y や つも きつもん ひけ き げん よろこ き げん が ほ 、 

ですから 外へ 遣らない 積. では ぁゥ ません か、】 さ 詰問 * 父 は 酒の 機嫌^ 悅 びの 機嫌に て 1】 コく顏 タイ 

を や ビ ころ や わけ おれ た や こどき き , . 'さほ > ひば 

ャ 其の 遣られ^ S 所 を 遣る のに は譯 がわる、 己 はか 糸の 爲 めだから 遣る 事 k 極めて 來 たのた か 先の- < は 

f かみ ビ ころ 上:^ ゆ ちれ む TV め きつ き L ま _ つ ' . 

福の 神お、 か 糸 も瀰の 神の 所へ 嫁に 行く のおから 婿し か Kvi 娘は屹 もして 《モ I 極めて 仕舞た のです 



SI の 神 玉 六 

か 先の 家と は何處 です》 父 は 獨ゥで 嬉しが ゥ 《何處 ださ 云て 此處だ S 云て マ ァ 乙れ 程 目出度; S 事 は || い、 

じつ «*» ねまへ たのし L 3 つ ft ね さ S L かた & たまへ o.:! 

實は まだ 話さ i& いで 和 子の 樂みを 仕舞て 置かう さ 思た か 爾ぅ閬 かれて は 仕方が無 いから 話す よ 和 女 嬉し 

ちつ 5 れ き 5 れ たまへ よめ ゆ さき <- れ 

ぃだ^<:ぅ)) 娘 《些 さも 嬉しく は ぁゥ ません】 父 《マ ァ SS けば 嬉しくなる、 和 女の 嫁に 行く先 はの、 嬉し 

いだ う》 

む もめ ひど くや こ、 ち なビっ *1 こ K や たっしゃ , S れ きた 

娘 は獨. 悔しき 心地 《阿 父さん 何處 です か 早く 被 仰 いまし》 父 《ァハ 、嬉しい もの だから 閬き 度が る、 

な 3ti ろ ねまへ ゆ さきに ほんいち かねもち むこ い ねどこ ねまへ ほ る 

聞て 驚くな よ、 和 子の 行く先 は 日本 一 の 金 持で お 婿さん $: 日本 一 の 好い 男お、 和 子 だり て 内々 惚れて 居 

& ゥ がふ い *♦ た 5 ぶつ どひ や わか だん を あき き み いや いや こど 

るの だから 尙ほ 都合が 好い、 彼の 唐物 問屋の 若旦那 だよ》 娘 は 呆れ 氣咏 《ァレ 嫌な》 父 《ナ 11 も 嫌 》 事 

かねもち い おど こ その < 'へね まへ ん そこ は ゐる ねまへ た ふく かみ これ ほ e め で 

ハ あるまい、 金 持で 好い 男で 其 上 和 女に 心底 惚れて 居の だから S n ば 和 女の 爲 めの 福の 神お、 是程目 出 

たこ £ を $ あ &> た む む もめ く いつ い つ 

度 ひ 事ハ無 S でハ 1^ いか》 母 は 傍よ ゥ 《貴郞 向 ふで 娘 を吳れ でも 言た のです か】 父 《言た<^rJ^Cで 

を < び や ちき し .& さわ せん ほ 5 い ひど W む をめ む り のケん もら 

は 無い、 吳れ なければ 病氣 にな ゥ て 死ぬ 云ふ騷 ぎだ、 先方の 言 ふに は獨 娘 を 無理に 望で 貸 ふの だか 

けつ t ** つ .L S L たく きん まん ゑん .S ん&. よれ 5 まいげつ づゝ ねれた ち く 

ら决し て 粗末に は 仕^ い 、 先づ 仕度 金 さして 五萬圓 それ か ら隱居 料と し て 每月 三百 圓宛己 達に 吳れる ざ 

をん S た ぶん その <らゐ こどき おも ね 3 へ S れ さい <• ち 

も 何 ももた だ 言 はな S が 多分 其 位 事に 極まる だるう さ 思 ふの だ、 和 女 も 嬉しから う》 妻 il もして 家の 

ち どつ ぎ f ち ほか い む め もらつ C さんきん た< さんど むこ さが 

跡繼 C 何な さるので す》 父 《家へ は 外から 好い 娘 を 貰て 持參 金の 澤山 取れる 婿で も搜 すの さ》 妻 は 娘の 

氣を 兼ねて 何 さも 言 はす、 , 

tfno もく せん 》1 ばら L あん やが も こ、 ろづ *- & ど ft どつ わたし ふく かみ ? ほ 

娘 は默然 £ して 暫く 思案せ A^、 聽て何 か 心 付きし 如く 《阿 父さん、 妾 も 福の 神の 檨 なか 婿さん が 欲しい 



ね もつ ふだん かみさま い のつ ゐ ベ たいそ 5 め でた ゆめみ どく ゐ が ほ み け ふし 

^念て 平生 神様に 祈て 居ましたら 昨夕 大層 目出度 ひ 夢を見ました》 父 ハ 得意顔 l>_tNlAK-、 今日の 知ら 

$」ん ゆめ まか わたし やしろ »• へ ゆ ど ころ もん たい rys に や 3 ち 

せたら う 何な 夢お》 娘 《先 づ斯 ふなので す、 妾が 瀾の 神の 社へ か * ゥ 往く 所で、 何でも 大曆賑 かな 町の 

»• んをか S- つば や しろ その を か きれい きもの き ひどた ち さか も 9 し や き さわ a 

中央に 立派な 社が あって 其 中に 綺麗な 着物お 被た 人達が 酒宴 を 仕て ドゾチ ャヅ) /\. 陽 氣に騷 S で 居 まし 

もこ い { そこいつ 310 L ね もつ もんばん い これ 

3 父 《其 所が 福の 神の 家おから》 娘 ((さ乙^cが其所へ往てか參6.^仕ょぅさ念たら門番の言ふのに此 

やしろ を びんば S がみ みや わたし ふく かみ や しろ こ あ き その さき 

ハ 福の 神の 社で は 無い 貧乏神の お宮です ささ、 をれ から 妾が 福の 神の 社 ハ何處 に 在る^ 聞いたら 其 先の 

& さび どころ をし く だん < ゆつ み <» る ゐ どか やう どころ ちい きた ほこら 

極く 淋しい 處 ださ 敎 へて 吳れ ましたから 段々 往て 見ます S 丸で 田舍の 樣な處 k 小さな 汚ない 51 があって 

その♦^.か いっせ f けんめい を はたら ゐ おどつ よ ゑ びん ゆ. がみ かい 

福の 祌 n 其 中で 一 生 S 命に 何 か 働いて 居ました、 阿 父さん 能く 書なん どに 福の 神.^ 貧 之 神が 描て ぁゥま 

3 る ちが f;i かい ほんど 3 こど きもの きた を い ろ まっくろ 

すが 丸で 逢; S まする、 寄に 描た 福の 神が 眞誡の 貧乏神で 具誡の 福の 神 ハ 着物 も 汚い し 色 も眞黑 でした よ 

い まね どつ たっしゃ どう ぶつ や む もこ 3 つた わ frs びんば S がみ だ S きら 

だから 今 阿 父さんが 福の 祌だ S 被 仰る 唐物 屋の 息子 は 全く 貧乏神な のです、 妾し ハ 貧乏神 ハ大嫌 ひです) 

きぬ かほば かい わか だん を ほんど お 3 へ つま ゆめみ い 

父 C 氣の拔 けた 顔、 馬鹿 を 言 ふな 唐物 屋の 若旦那 乙を 具 心の 福の 祌だ、 和女ハ 詰らない 夢を見る から 不 

け ゆめ さかゆめ いさかみ J{> もつ まった びんば 5 がみ む もめ ねっしん 

可な S 夢 は 逆夢 S 云て 逆さに 見る もの だから 和 女が 福の 神 ださ 念た のハ 全く 貧乏神な の だ》 娘 は 熱心に 

きたみ を り L い つし よ i- げんめい はたら ゐ ふく かみ よ き もの き あぞ ゐ びんば, T がみ 

《ィ 、 ュ 、污 S 服装お 仕て 一 生 S 命に 働いて 居る のが 騙の 神で、 好い 着物 を 被て 遊んで 居る のが 貧乏神で 

す》 

ち、 む+め ひん ふく & やち じん あら を さ. r ほ vrSJ も もの げん へん どこ ろ さい か い あ *j>VJ を いちがい いつ まつ 

父 S 娘が 貧福兩 神の 爭; 5、 雙方 共に 其言ハ 偏す る 所 あ. o、 妻ハ中 k 入. 《貴 郞爾ぅ 一 槪に 言て 仕舞て n 

わか .SVJ い S は を .&3 ふく かみ f み た& ちら あ. y ん を びんば 5 

分. ません がお 糸の 言 ふの は 末の 話しです、 今覼の 神の 樣に 見えても 奢. 散して 遊で 居れば 末に は 貧乏 

蹈の神 玉 七 



蹒 I の I 神 aml^llum! 五八 

Si み またい 3 やう み ひビ せいだ かぜ 6 な ふく かみ い. , . k 

神に な 6 ますし、 又 今 貧乏神の 檨に 見える 人 も 精出し 稼いで 居れば 末に は If の 神になる, ヒ言 ふとです、 

い 》• ねっし やつ よめい ち やば そ ど ほ ビ 5 ぶつ や い か かねもち あん 5^4 か む も 乙 だい . た ゆ ま びんは..'^^ 

今 被 仰た 嫁入 口 も 矢つ 張. 其の 通. y で 唐物 屋が 如何に 金 持で も 彼な 馬鹿 息子の 代に なれば 忽ち 貧乏神 

し 3 .S やむ & あ をた はや さき こど は や 

一に な CN て 仕舞 ひます、 をれ だから か 糸の 嫌がる の も 無理 はわ. ません、 貴郞 早く 先へ 斷 つてお 遣-. S なさ 

め こ、. ろ fj こどば あたま ふ f これ こど あ わか だん を ねれ し を もの や も 

< い】 さ 娘の 心 を 知れる 言葉、 父 は 頭 を 振..' 《何して 是が斷 はれる もの か、 彼の 若旦那 は 己に 品物 を廉く 

たろ { かんしん ひど ばか む をこ 1& んこど ばかち が C ぶん ど 5 ぶつ や くせ 

卸して 吳 れて烕 心な 人 だの k 馬鹿 息子 さは 何の 事 だ】 妻 《馬鹿に 逢 ひ あ ゥ ません、 自分が 唐物 屋の 癖に 

3.S にち こ、 ど 5 ぶつ か き た e ぶん 《. お もん かま し を もの や も あ をた 5 X ほ: fj ば 

每日此 へ 唐物 を 買 ひに 來た. 又は 自分の 家の 損 をす るに 搆は卞 品物 を 廉く貴 郞に賣 るなん ど さは 餘程馬 

か も 5 ち a ぁゥ あ をた をん たっしゃ i が こたへ & 

鹿で はお. ません か、 若しもれ が 家の 息子で > も 有ったら 貴 郞は何 さ 被 仰る でせ う》 父は琉 石に 答を爲 

がた 

し 難し。 

さい ま を < ひざ も、 あ た かな a そ- 5 だん おもつ ゐ びんば *T がみ どころ &b ほんど ふ 

妻 は 益々 膝 を 進め ((貴 郞に 兼て 御 相談しょう S 思て 居た のです が、 もんな 貧乏神の 處で 無く、 具 誡の福 

かみ あ $ ち む C ど い ど ま S せ その ひど は を L L 6 これ 

の 神が 有. ますから をれ を 家の 婿に か 取. なさい まし、 か 糸 S も 每度其 人の 咄を 仕て 居た のです が、 是 

ほんど L や 5 みちが & ふく かみ き や 5 げ ほん ビ ど, ゥ ぶつ どい や かねもち 

乙, V* 誡の正 咏違ひ 無しの 福の 神です よ》 父 は 興 あ. <^氣 に 《具 誡の靦 の 神 だ、 唐物 問屋よ. CV も 金 持 か) 

.< くもお ち めんか さく たくさん もゥ ゐ せこ ひど 

妻 《ィ、 H、 金 持で はわ ゥ ません 覼 持です》 父 《をれ では 地面 家作で も澤山 持て 居る のか、 何 處の人 だ 

さい む もめ か 7 わら l^K か いひいだ か ふせい あ *<b た X かんが らん k い まびん 5^5 

妻 は 娘 を 顧みて 11 n リど笑 ひしが 俄に 言 出し 兼ぬ る 風情、 《貴郞 能く 考 へて 御覧なさい ましよ 今 貧乏し 

_0 も ゑよ ひど ふく かみ s まよ ゑよ , , .S か 

て 居ても 末に 好く 5^>る-< が 繭の 神で せう》 父 《ィ、 ャ今も 能くって 末 も 好くなければ 不可ん のう:! 妻 《爾 

ゆ S3 あん まっくろ かせ ゐ ゑ か をら ふく かみ まっくろ 

は往 きません よ、 今 乙 を彼樣 に具黑 になって 稼いで 居ます が 末 は 必中 福の 神になる のです》 父 《具黑 に 



^T, a よ & fel ん IJ* ち. 'ちょ £ 'ち .4ゐ< ち ねろ く わ 力 ひど * 

^ て i で 居る さは 誰か》 妻 は 再び 躊躇し ゥゝ 《ァノ をら 家へ 卷 煙草の 扱 口 を 卸しに 來る 若い 人 かぁゥ ま 

せう》 父 は 驚き 《何お、 ァノ 乞食 か》 さ 呆れ 親 妻^ 娘 は 期く あらん さ 期した るな ゥ、 期し たれば 乙 を 

が sil^i4nK を しなれ、 ? y-.^ ながら 吸口 屋の 若者 i 編の 神の 芽 生な As さ 洞見し はお 糸 嬢が 眼力 此眼 

力 を pf i へ V4sa^f 髮 せしめし, fes に は i らしき 蟹、 it て 娘 あ 

いへ 3 ん C や *.5 た?' を つ ひ この こ、 ろ かたむ あめ ふ ひかせ ふ 1 '* -; ^せ >g 

がせな ば 家の 繁昌 疑 ひ 無し ざ 母 も 遂に 此 若者に 心 を 傾けし なゥ、 雨の 降る 日 風の 吹く 夜 店の 閑 

ぶき cf つ 化., ;>- のバ 25- か わかもの 5 はさ ** を w この こど さ. r だん たも を 

なる 特に 乘 匕て 母 ^ 娘 は 徒々 の 物語に 彼の 若者の 喋を爲 して 折 あらば 父に も 此事を 相談 せん さ 念 ひ 居り 

し, f す. i4r4itr。v き Si-Kr ハぁ s.,^ は ir きら T§ の あ i せき 

父 は? i の^く &點れ 離 《ぎ が^はぎ でも i い 事 i 。ふ、 人 も あらう 乞食 同樣な 彼の 吸口 屋を嬉 k 

け ^1 1 ひ&. う & れ まん ど ふく かみ い じ さんきん まん ゑん もク < 

1}るさは 怪しからん^も 何 さも 言樣が 無い、 己 は 具誡の 福の 神 ださ 言 ふから 持 * 金の 十万 圓も 持て 來る 

船 か v4i だ、 爾で i フ のなら 早く 唐物 星の 方 を 極めて 仕舞て. S 互に 幾 をす るの が 肝腎で は 無い か》 母 さ 

父が 問答. # は默然 £ して 聞 居た るか 糸孃 忽 ち屹 S 身 を 正し 《阿 父さん、 何も 被 仰ても 妾 は 唐物 屋 へな 

ゆ いや だんせん いひ は その や S も けっせん よ 5. & 4 & , 、 , み,. 、 *レ 、.st^」 ろ 

んど往 くの は 嫌です:! さ 颧然言 放ゥ、 其辭 色の 决然 どして 容易に 動かし 得べ くも あらぬ を 見て ハ乂は 驚き 

まさらお まヽ いや. & こ 3 をせ. S や あんば かひ 50 しん いや .. : „ * k J. fe^r^ . 

《今更 和 女 k 嫌^ 言 はれて は 困る よ、 何故 嫌お)) 娘 ((彼な 馬鹿な 人 は 死で も 嫌です》 父 《でも 好 S 男で は 

^ r たど こ きら かね かね あつ びんば うがみ お まへ ほ、 ゐ 

無い か)) 娘 《好い 男 は 嫌 ひです》 父 《金が あるよ】 娘 《金が 有ても 貧乏神です)) 父 《和 女に 惚れて 居る 

を いや たいせつ む をめ むげ しか こら ふりや, つけん たこ ^^0- ^ ^ _d どゐ, 

のおよ】 娘 《尙ほ 嫌です》 父 は 大切な 娘 なれば 無 下 は 叱り 懲 して 不量見お 起されて はおて 損 を增す 基な 

福の 神 - 玉 九 



■ の-神 六 〇 

tf »s - r-^^. &. ま いど お *» へ あ る < ちゃ い い . さ. * が 

ゥさ よ 6 言 らげ 《か 糸 や、 をれ では 和 女 も 彼の 吸口 屋が 好い さ 云 ふの か》 娘: 石に ハ ィ 

, ft む ひき け い せひ あ ひどむ こした いつ ゐ 

とも In へす M 紅ら めて 下 を 向く、 妻 は 引受け 《好い のです よ、 if が 是非 彼の 人 を 婿に 仕度 言て 居 

I か 5 のケ をら ほんど を 5 f- ひ W や ちゃ さ MS ケ 

るので すよ》 父 は 娘の 顔 を 観き 《爾 か、 具 誡に爾 なのか》 W 強て 問 ふ、 娘 は 漸く 《ハ ィ、 何卒》 

り C- ヽ さ ん し .*-_0 くち や わかもの れい i も つ かた みせさき き いつ このみせ 

船ぉにて&,る相锇のぁぅさも知らす吸ロ屋の若者は例の如く荷物を肩にして店先に來れ^、 何時も 此店 

き^- いぎ ^や-め わがみ & W きた *^ かま ちゃ お しんせつ あっか く またし * & もの た たかね かつ 

れば內 儀 さ 娘が 我 身の 服装の 汚き k も搆 はす 茶な.^ 出して 親切 k 扱 ひ吳れ X 品物 も 他よ ゥ高價 に 買 

く e さん たの も このい へ い いつ t せころ ひど e や 5 ま よ, V みせ ゆ あた ひ 

て吳れ るよ.? 然さ賴 もしく 念 ひて 此家を 唯 一 の 休み 處 さなす も 人の 情、 况 して 餘 所の 店に 往 けば 價の 

fo- も t しふ もリ かひ ビ を s- み. 3i? い ろく くち き もこ .1^5 がる みせ じゃま 

ぎき 爲め 品物 を rJ を 買 ふ 入 あれき も 服装の 見苦しき を 忌みて 碌に 口 も 利かす、 少し 長居 すれば 店の 邪魔 

た; sy- て よ か この や おやこ ひど 1*- さけ L たの も をみ たん かん こビ ふか 

になる S て 追 立ら る \ 世 中.^ 此 家の 母子の みは. < の 情 を 知る ものよ さ 賴み少 き 身 は 恩に 烕 する 事 あ 深く 

こ 5 や き It た みせさき ち S- は いた _ け ふ, いつみせ を む. t め #4- がた み 

此 家に 來 れば赖 まれ もせぬ に 店先の 塵 を 掃き な^する は 至りし^り 今日は 何特も 店に 居る 娘の 姿が 見 

Z く を みせさき こも か こん! ii ち よ て,^ き .?Q くち ► — 

へ ねば 奥に でも 居る にや 店先よ..^ 聲を 掛け 《今日は 好い か 夭氣 さまです 吸口 はま だ 御座います か》 

こ^,」 たく つ 5 つま -S3 もめ かへ W き お 5. & へいせい $ ビ ひだ か、 ば あは ゆ ゑ かほ 

此聲奧 に 通 t けん 妻 は 娘 を 顧み y ラ來 たよ さ 注意す る、 KI. 生^れ は 直に 飛 出す 娘 なれ^も 期る 塲合故 顔 

あかた ち、 くお や きい み おこ びん は.^ がみ > * おれ-で - た 々か/ k C きふ 

を 紅く して 立ち もせす、 父 は 吸口 屋ざ閬 てが、 お W 身 を 起し 《貧乏 祌か、 己 か 出よう)) さ. 掛る、 娘 は 急 

をで ひ ねビっ *» 

k 袖を惹 き 《ァラ 阿 父さんお 待ちなさい》 . 

ねち や 々わし かっき - 

〇 御茶 菓子 (買て 求ませう) 

概^?,の?1^都^ぉにき^^のぁ.^さも^ら亨?9先に來0て平生の如く昔なひしは奥ょ6飛出したる$< 



大 



ず 

つ, 


?-? t 


此こ 


t ラ 


で 


違ゐ 


吸き 


兼?; 力 > 


良 5 


い 


の 


貧? 


は 


可 か 




の 


辨で 見み 


ぎ 




L 


人ビ 




釉ま 


乏' ぎ 


突& 


な 


c* 


ゴ 


解 S ん 


座 ざ 


し 


屋ゃ 


fl 


t 


今 ^ 




神 S 


然 'る 
笑! 
聲? 




ん 
/ レ 


タ 








の 


/B が 




押き 


め 






) 


矢 や 




て 


紫 わ 

/fn か 


妻 


め 


那" ザ 


へ 


玉? 


サ 


\ 




t 




去 も 

^Pl の 


は 


ん 




阿き 


さ 


組 あ 


森 も 


ァ 


の 


ば 


力 > 


必 t 


n 


困 i 




少 f 


頭き 


げ 


力 > 




矢 や 


/) 


ら 

决? 


すら 


出 だ 




す 


し 


父つ 


かま 


て 


何き 


卒ケ 


へ 


和 S 


娘^ 


し 






醉 i 


さ 


ら 


怒 ど- 


tj ゝ 


く 


郞へ 


し 


がめ 


拔 S 


ァ 


まき 


て 


に 


叱え 


鳴 を 


i: 

I み れ 


へ 




が 


て 


我 わ 


け 




入 e 


居る 


マ 


h 




5>、 

ぬ, 


のて 


ろ 




が 


に 


吸^ 




る 


ァ 







る 


通 ほ 


方 f 


い 


孃ミ 


を 


怒せ 


□ 4 


益 ま 


の 


奥? 


< 


け 


の 


A 

ノ 


1 


の 


さう 


物 あ 


鳴 を 


屋ゃ 


々〈 
吼き 


で 


へ 


る 






下ム 
1 だ 


f) 




ん 


を 


ら 


さ 


t 


被 ^ 
入? 




3 






突 5 


ろ 


t 


|p1 か 


れ 


ん 




力 > 


せわ 

/T^ 力, 


ラ 


ナ 


い 


然 S 




ふ, 


< 


て 


の 




に 


いや 


安 も 

^\ の 


吸 






Ay 




叱ム 


賈か 


何 f さ 

审 ど 


知"^ 




良き 


)£ 


は 


P 


赃を 


白き 

« づ 


來く 


娘 


t 


X 


fl 




だ 


頻& 


驚 S 


M 




1^ か 


る 


ハ 






か 


事! 


ャ 




にり 








^ ん 




fl 


さ 


の 


分お 


で 


、 


何 t 




て 


和な 


何 を 


內, 
1^ レ、 


の 


よ ら 


れ 


m 


ら 


は 


外さ' 

聞 S 


の 


MS 


^^の 

顏 t な 


郞へ 


故せ 


レ 


h 




ま 




さ、、 




事き 


さ 


は 


-5^ ノ 


て 




ィ 


t 


れ 


れ 




なん 


で 


ん 


眺 J 




て 


お 

せ や 




な 


し 


さ, 


ま 


ん 


す 




! 


置ね 


^く 


J 十- ス 




It 


% 


せ 


ど 


チ 


t 


む 


此き 


力、 


斜 

ザ >i く 


入 C 






て 


觅ビ 


ん 


は 






る 


店き 


な 


に 




吸^ 

屋ゃ 
さ 
ん 
が 

少き 
し 

も 

知し 
た 

で-' 

h 
b 
ま 
せ 

ん 


娘 




に 




構き 




妻 




へ 


い 


=fT- お 




の 




角 や 




は 


大ほ 


は 




來く 


の 


ち 、- 


A? 


爲た 


ら • 

ソ 




吸 


な 




若 


ん 


る 


だ 




を 


め 


ん 


分え 


P 




な 


者 


It 






力 


見み 


に 




の 


屋 


rt 


聲メ; 


に 


奥, 

ノ、 \ 




阿ミ 
! リ ソ 


ネぃ 
ホど 


て 


きクゎ 


氣き 


事^ 


さ 


レ 




向!^ 


1 




# か 


や 


急警 

J じ、 


る 


の 




ん 


吸 


仕 L 


a 




な 


さ 


%、 


に 




毒? 


b 


御 e 


P 


て 




馳き 
Ri で 


ら 


ん 


茶? 


やわ 




に 






屋 


外^ 

聞! [; 




ん 


k 


を 


顔 li- 




今た 

*s 、も 


入 e 




和き 
郞へ 


P4 


し 


ど 


SI 

口 つ 


進 あ 


k 

造? 


主る 


a 


か 


さ 


のん 


屋ゃ 


た 




げ 


だ 


旦ミ 






は 


惡 S 


さ 


る 


サ 


て 


な 




n 


腹 f 






v> 


ん 


娘? 




買 か 




是 と 


頰? 


那 ^ 


な 




で 




勘 カん' 


f め 


サ 




平 


膨す 


私? 


し 




家 あ 


さ 


忍ミ 


m 




求き 


生 も 


れ 


ら 


がし 


居 を 


雙 f 
方' f 


の 


之 ft 


し 




出で 




の 


n 


し 


惡る 


る 


娘 




て 


娘 


て 




で 








It 


へ 


を 


頻き 




は 
父? 


行'》 






( 


y 


の 


相? 


氣き 


欺 5 


に 


さ 


け 



も. じ .L ゐ みせ びん =^5 がみ は, <bL を ひど しゃ ベ ち 

ひ, 阿 * さん n 何 を 仕て 居る、 n ラく 店で 貧乏 祌 S 話なん ど をす るで n 無い;! さ獨 うで 饒舌. 散ら 

す、 

は、 あるじ よ かへ りみ みせさき ゐく ちゃ そで おさ けつ あ をた こど 1^ こ 

母 を ま 人の 呼.^ を も 顧す 店先; て 吸口 屋の 袖お 押へ 《ィ、 ュ决 して 貴郞の 事から 起った ので n あ-. v?^ 

sfjs ケ はらた せひ あ をた は をし した & めいわく こ ま 9 

ん から 何卒- R 腹 を か 立ちな さるな、 是非 貴郞に 4^ 話 を 仕度 ひ rj^ が あるので すから 御迷惑で も 少し 待て 

_0 くだ - かへ わかもの ひきど ねく あ K いでき た む もめ こどば f は #?Q くち や 

居て 下さい》 さ歸 らん^す る 若者 を 引 止む る檨 子、 奥よ. CS 劇て ゝ出來 .0 し 娘 も 言葉 忙しく、 吸口 屋 さん 

& f こ まつ *0 くだ ^Ji- ケ わたし たも たもつ こどば ftK たく あるじ i い £ 

後生です から 少し 待て 居て 下さい、 何卒 妾お 助ける さ 念て》 さ 言葉の 終らぬ k 奥よ. は.? <の聲 《か 糸 

(( だまへ みせで い け はやお や いれ い ま かつ ま & fcs^ 

み々、 和 女まで 店へ 出て は 不可ない、 早くお 茶を點 ないか》 娘 《今^ 茶 を 買て 參. ます》 主人 《和 女が 

い ► い おつか い もら だいじ ひど を ちから .& め. fx* 

往 かなく つても 宜 S 阿 母さん k 往 てお 貸; 3、 和 女 は 大事な 人で $: 無 S か】 S 力を入れて 目配せす る、 娘 は 

し ふ * „ .«^.た.し かつ き, - たち もゐく おや わか. 9 の この や $ も み かね e や. 9 t 

知らぬ 振. 《ィ、 ュ妾か 買て 來ま す》 ^立 かゝ る、 吸口 屋の 若者 は 此樣子 を 見 兼て I; か孃 さん、 何です 

わたくし かつ ま tO あへ こ ほ 3 こど き く ぎょくろ ち&. ぶか もこ- 

か 私が 買て 參, ませう》 娘 は敢て 拒ます 《をれ では 誠に か氣の 毒です が 玉露の; -茶を 少し 許-^ 》 さ錢を 

わた かいもの たり あるじ たく この や 5 も み む め で ゆ 3 たも ビが ばん 

渡して 買物 を赖 む、 ま.<は奧ょ.<^此檨子を見たれ<^も娘の出て往くょ.0は增し^想って咎めもせす、 

f たい ほづ が ほ こんお あ. くげ ちょ を ていさい つくろ た か ケ 

頭へ 對 して 耻 かし 顔に 《 今日は 生憎 下女が 居りませんで:! さ 體裁を 繕 ふ も 可笑し、 番頭 は 《何卒 モ f .f^ 

かま きま もんく わん S よ い さて & L ゆ e んか けん いか 5- き S て 3 へ 

搆ひ なさ S ます i£ € 極う 文句の 遠慮 を 言; 5 《扨 御 ま 人 彼の 1 件 は 如何 4^ 極ゥ k な. <y ました. 手前^も 

は 5 どく た ほ だん * & わか 55 だんいた ど ころ ひど & e や $ む e- もら 》« を L t く 

の 方で も 篤 さ 大旦那 や 若旦那 さ 相談 致しました 處、 お 一 人のお 孃 さん を 無理に か 貰 ひ 申す のた から 仕 il- 

きん ゑん さ L あ & &ん きょ w や f まいげつ .:v らるぁ よ あらまし さ 5 だん き fl かて まヽ 

金 は 五千圓 ほ^ 差 上げて 御隱居 料 は每月 五十 圓位 進げ たら 宜 からう さ荒增 相談 を 極めました 然し 手前の 



t-, ばか さう だん き こちら へんじ き 5 ち ふ あんしん わざ,. (- うかが カ^ • ► 

方針. 相談 を 極めても 此方の.; - 返事お 聞か.^ S 内 は 不安心で すから 態々 伺; S ました 譯 です》 i 人 は g ョ 



ゑん 



まいげつ ゐん きょ © や 5 



I ! I ,<<5 あ 《> がた わけ &ざ s- L たく きん . , - . , . . 

T- くお 辭義を 仕 《誠に はや 難 有い 譯で 御座ます、 仕度 金が 五 千 圓で每 月の 隱居料 か 五十 圓、 想た 

f& L けっか 5 こど む み よろこ ばん ど $ かたち た *• & しゅじん & ビら にん しゃ お 

は少 いが もれに 仕ても 結搆な 事で》 無 閤に悅 ベ は 番頭 は容を 正し 《御 ま 人 をれ ょゥ も御當 人が 御 承知 

3 <- か *• た あたま かき まこ ど をん まへ 3 を.. -ぁ >J ほ 

なさい ました か、 先づ それお 伺 ひ 度; S のです》 主人 は 頃 を搔 《をれ は をの 誠に 何で、 前に も 申 上け た 通 



L?« ふ f わけ あ をた を 5 a ど 5 にん くち f , > -5 ね 

6 承知 も 不承知 も わ- > ません 樣な譯 で》 番頭 * 《ィ H 貴 老は爾 でも 御當 人の. 口から 直に 御 承知の 旨お 伺 

5 ち ね はだん を へんじ で き は を は かって ま * しぶん e や 《, わたくし ちか は をし いた た 

はない 內は 大旦那に 返事が 出來 ません、 甚だ 勝手な 申 分です がか 嬢さん に 私から 直にお 話 を 致し 度 ひさ 

存 卜ます が 如何で せう》 さ 詰め寄す る、 

あるじ 1. む. め 上 S どこ、 :&で さき SW- く ね, f.tt »• ばん ど5 .W か あ をた い らっしゃ k 

主人 は 急に 娘 を 呼び 《か 糸ゃ此 へお 入來】 娘よ 6 先に 入來る 女房、 先ゥ翁 頭に 向 ひ 《貴 郞被入 いまし、 

や 《J せ は あい & あ 9 がビ こ ざ しょた いめん あ ひさつ た うれい . ね i は 

每度 宿が.; - 世話に 相 成. ます をう で 難 有 ふ 御座います》 ^初對 面の 挨拶、 番頭 も 答 鱧す る、 女房 は屹 



ひざ も、 わたく. J ま を S いひだ あるじ き 5 せい なまへ を K S , • 

さ 膝お 進めて 《妾から 申す の も 異な ものです が 娘 は】 さ 言 出す を 生人は急 に 制し ((和 女 は 何も 言 はんで 



V めし <ち t いど はや * こ fl き 3- む もめ よ みせ あ 

宜 いよ》 さ 目で 知らせた. 口で 知らせた. 《か 糸 やく 早く 來な いか》 さ頻に 娘.^ 呼ぶ、 娘 は 店に 在 

を か ノ\ ねく きた S まみせ ばん みせばん い いま ちゃ, き - 

て 中々 奥へ 来らす 《今 店番が ゎゥ ません から】 主人 《 店番なん どは宜 いよ》 娘 《でも 今お 茶か來 ます》 

ま 人 I; か 茶なん ど は 要らない よ》 

この どきね うは きでんき おく こも か ぃビ ちゃば & をん ft まへ くわし かつ • , 

此時 女房 は 氣轉を 利かせて 奥よ 6 聲 掛け 《ぉ糸ゃ4-茶計ゥでも何だから和女はか菓千を買て.^-ぃでな》 

tS> る ほ i ろ こ む * め, <»ゐ や K» げた は S たもて で ねさき - で い V- 

成程 さ 悅ぶ娘 《ハ ィ 買て 參. ませう》 € 矢庭に 下駄お 突て 表へ 出た. o、 i 人 は 驚き 《コ ケ 出て は 不可ん》 



の 神 



さ 11 



nn 祺の 祌 .K 四 ^^^^ 

さ 制す も ハ ャ 遲かゥ し、 

む め ゆ げん むか #?0 くお や わか 4 の ちゃぶくろ も き 1:! み さっき 3 こど 

娘 は 行く 乙 S 二三 間、 向 ふよ 吸口 屋の 若者 か 茶袋 を 持ちて 來るを 見 C モシ 吸口 屋 さん、 先刻 は誡 にか 

き f f^K わた <f * あ をた #4、ゐ くち たか かつ 

氣の 毒でした ね》 若者 ((何 致しまして、 私 乙 を 貴 娘に か氣の 毒で な. > ません、 貴孃が 私の 吸口 を 高く 買 

くだ こ ど ね ほ だん を L む もめ き 5 かほ あか そう ほか わけ 

て 下さる 事が 大旦那に 知れた のでせ う》 娘 は 急に 顔 を 紅ら め 《ィ、 ュ、 爾 なので は あ. <y ません、 外に 輝 

こど 

の ある 事です》 

わ 5 ら S たちば をし こ、 ろみ ろ たも む もめ もゐ くち や は をし をば や か S ゆ 

往來 にて は 立 話 も 心苦し さ 想; S 娘 は 《吸口 屋 さん 少し. R 話が あ 6 ますから 讀麥屋 の 一 一階へ 行き ませう)) 

わかもの いざ を ひ けんさき さば や かいの ほ L んち 5 この c せん いど じ や 5 わ."" み e せん を 

S 若者 を 誘て 四 五 間 先なる 讀麥屋 の 一 一階に 登. ぬ、 吸口 屋の 心中 は此 慈善なる お 糸 孃が我 身の 慈善 を爲 

た ち * いかり ふ わがみ あ た はび &ど や たも 

したる 爲め 父の 怒に 觸れ しなら ば 我 身 飽くまで も 娘の 爲 めに 詫 事 をな して 遣らん さ 念へ るな ゥ、 娘 は 吸 

じっさい こど は をし ば あ K よ その しんちう き おも をん e ぶん 5 ひだ がた 

口 屋に實 際の 事 を 話して 壌 合に 依れば 其 心中 を も 聞かん S 念へ る なれ.^ も 何 さなく 自分よ 6 は 言 出し 難 

をん き $1 さケ お! iJ ろ じつ もこ め 5 わけ S *りを 

し 《吸口 屋 さん、 何 どもお 氣の 毒で 嘸お 驚きなさい ましてせ う、 實は 少し 妙な 譯 で》 さ 言; 3 かくる 折蕃 

ば や * ん&の ゆ き あつら をん いた e やま おも 6^ き くだ 

麥屋の 女 登 ゥ來. 《 か 跳へ は 何に 致し ませう》 娘 は 邪魔な € 念 ひつ、 《モリで もカケ でも 持て 來て 下さ 

げちよ を いた > もつ きく だ くお S ち 

S} 下女 は尙ほ 《モリに 致します かガケ に 致します か》 娘 《ザ かで も 持て 來て 下さい》 下女 は 口の 内に 

あつら た か つぶや ft ゆ この どき もゐ くお や ひざ も、 e や 5 わ 亡くし 

《でもつ きの » へ ^ttp 笑し い》 ざ 吸き つ 、降ゥ て 行く、 此特 吸口 屋は膝 を 進め ((か 孃 さん もれで は 私の 

こど だん を たこ をの こビ も こ め 5 わけ 

吸口の 事で 旦那が 怒. CN なすった ので は あ As ません か】 娘 《ナ II 其 事で は あ ゥ ません が 少し 妙 »譯 でチ》 

<iia ぶんい ひだ か 

€ 隨分言 出し 兼ねた 4、 



ト ゾく€階子^^^登4來るは丁*カ^? ゆ -tr がて たの さ、 吸口 屋 さん 誠に 先刻 は 

.,1 k らぞ f tsF んの f 和? g 行く i 一 U れゾ》 2」 "の】 娘 マ :| 

.^d ノ cna- ま 良 こ fft 女 今のお 話 をせ すク』 J- , 

おぎ It さまでし?,》 吸口 屋 1 何 しま て 0^^lr, 0a0flf0 

母 ?れ であ rf ii $iJ10Ht0fr 

では f る 争 f のです が rsyrluMU ん Ts 

るので す、 flits 4 然 HS"Hiri 

まい 力』 f 3 をせ u、 , - f ビミ て は 困 6 ます 力 

f 画 I に ぽ 4 し "想 rr のて k9) S き f が 

す If あ \f 、 Ji. おき^^ 

i,00ffai お 糸? 吸 ロ屋の 顔き f * 守 n 



. 藏の种 六 六 

げ ちょ .? おはこ わ はだい まい あつら 

下女が 持 運 ぷ大臺 一 枚 《ヘイ 々跳 ひ》 一 

こ、 ろ ねが まつる, 

〇 心の 願 ひ (待て 居ます) 

rxt^ fe\ き .9 よろこ を 3 そのみ <? こん 5 ち あ へい、 か i. かつ いづ. J ^ へんく Tc^ 

人船ハ 1^ 己 を 得る ょゥ悅 はしき は 無し、 况 して 其身窮 困の 中に 在 ゥ敝衣 葛 何 處に往 くも 泛々 たる 俗人 

けい V? 5 お Lt 1 わがみ L たれ ち f おん かん S3 ど ぶつ や は、 む. *- め た 

に輕蔑 さる ゝ 中に 異に 能く 我 身 を 知る もの わらば 誰か 値遇の 恩に 威せ さらん、 今 唐物 屋の 母^ 娘が 他に 

t くせん わ か、 は をの ひ かせ をる < ちゃ ふく かみめば へ みぬ わが いへ むこ ^ , 

目前の 榮華. るに も拘ら す、 其 日 稼ぎの 吸口 屋を 願の 祌の芽 生な ゥさ 見拔 きて 我家の 婿に せん さ勸 むる: 

^^9V VJ9 ひつ い; 》 y ちき さ いまみ ぶん あ 3 つ 9 あ ひ わる f へ よ. IC I ほ 

n 若者に 取て 畢生 無二の 知己なる べし 左りながら 今の 身分に て n 餘ゥに 釣合 も惡き 上に 愁 深き 主人の 到 

てい^ 5.S ffe » るく おや わかもの い ちね e- わん W よ 、、わた レ t む r こ .:! r くだ. r ) » ^^^^ t ^ 

底 同意す る箬も 無ければ 吸口 屋. の 若者 n 1 應 遠慮して 《私の 樣な もの を 婿に 仕て 下さる S のか 欲 召 ハ難. 

Z ざ ケ くま を つ OA ぶ ねん も VJ ゐ i ねみ ぶん ちが また をの 5 へ > { ぱ^ V- - 

ず ふ 御座いま すが 俗に 申す 通 6 釣合 はさる ハ不綠 の 基、 餘ゥに 御身 分 も 違 ひます し X 其 上に 旦那 か 迚も 

& a S づ かひ 》• この- tyj & C たいま * しあげ くち こど は ^ 

御 承知な さる 氣 わ AV ません から 先 づ此事 C 御 辭對申 上ます》 さ 口に n 斷ゥ を述 ぶれ.^ も 深く 一 一人の 

ねん かん や fi- も ものがん く あら は 

恩に 威. r たる 樣子は 其 顔色に 現れた. 

ビ 5 ぶつ, は、 ひざ も、 みぶん み S わん Q よ & むよ 5 こどよ の&か かね R- ち びん 》 うは k ^^(& 

唐物 屋の 母 n 膝お 進 め 《身分が 釣合 C ない さの 御 遠慮 ハ 御 無用 の 事 世 中に 金 持 だの 貧乏人 だの も 色々 名 

つ < べつ 》> B だか み ね を にんげん かへ ゥこど X びん 1? はん ^t- /、^ど-ひ化く 

を 着けて 區別を 仕ます が 裸體に すれば 皆な 同じ 人間、 却て 殊 依る^ 貧乏 A の 方に の 正し S 尊; S A 力 

L か S を しつれい い 3 わたし さも 《5 i i£ w つば 1^ a 』 > 

あるか も 知れません、 欺 ふ 申して は失禮 だか 今 乙 を 妾 共の 方が 少し 貴郞ょ 6 立派ら しく 仕て は 居る. 屯の 

、きのぎ if F は 四 五ね 钇の: ^は . ラ ィ Kto て P き は i き ssr>- へ も P かな S 

&み *t ん,, (つ む *- め <-« さ 9* を _0 わかもの L んち 5 み ぬ .S ち&ん わか 

御身 分に お 成. なさる だろう さ何特 でも 娘が.; ^曙 を 申して 居る のです》 S 若者の 心中お 見 きし 1 言 若 



«t c らっしゃ か をら 

i き ひ、 ビ , ft s きの f まいで Is 必 

ひなません、 就て I て f も 1 して 見よう かのう】 I 

? 一 つ S ひが 御 f す、)) ゥ、 の さへ^^^ 

zfipfii 娘 I よ あ 意の 事 i 承, 5 1 





母 か 


進 あ 


母で 








吸^ 


居る 


t 


爺ち 


さ 


差さし 
上 § 


郞た 


具 1 ん 3 




さ 


げ 




ni 


限!' 




P4 


ま 





を 




へ 


誡ど 
で 
す 
お、 


母う 


ん 


て 


娘き 


籠? 


b 


の 


屋ゃ 


す 


て 




ま 


ま 


か 






置ね 


はめ 


る 


稼^ 


t 


の 




下 も 


め 


せ 


す 


願 g 


成 f 


阿た 


さ 




、 


ぎ 


か 


rjt わ 
ねか 


何 f 
卒ケ 


さ 


て 


ん 


お、 


a 


a や 


父 § 度た 


生ま 




ま 


欲? 


者 あ 




农も 

问 5 


力 > 


ら 


t. 


t 


さ 


ひ 


の 




せ 


召め 


は 
此& 

葉ば 


爾? 


ま 


、 


、 


申! 




想? 


ん 


が 


願が 






し 


し 


し 


き 


あ 

貝 3> 


貴 象 


す 


母? 






金?; 


U 




、 


て 


て 


、 


貴 ま 
郞 7 こ 


郞た 


郞た 


の 




て 




は 
用; t 


始? 




ナ 


下 も 


下, も 


妾お 


が 


は 


« 娘? 
外 ま はめ 


吸 塞 


め 


め 






さ 


t 


さ 


共 4 


t 


妾お 




て 


mi 


て 




貴き 




い 


力 > も 


婿き 


共き 


れ 


で 


5 さ 


屋ゃ 




笥を 


達 § 




女た 


ま 


て 


ま 


ら 


に 


の a 




有 あ 


右? 


に 




の 


し 




の 


す 


物 J 


し 


推 を 


す 


家 1 


ま S 






向? 


ふ, 


中き 


た 




御た 


ね、 


t 


し 


る 




本で 


ま 


f> 

進ミ 




お い 

tn で 


に 


る 




家 4 


宜老 


% 

い 

S 


t 




4 ど 


見み 


に 


せ 




で 


仕し 


t 

悅息 




位 言 


し 


賴 g 


願 g 


ic 


劣き 


し 


ん 


み 


せ 


舞き 




に a 


5 


は 


ひ 


ふ 


致!? 


b 


て 




寄よ 


れ 




て 


び こ 






御& 


卞 




位 1 


し 


し 


何?: 


共^ 




で 


力、 


h 


尙を 






座 ざ 


唯? 


A? 


で a 


ま 


な 


な 




は 


ら 





ほ 






い 


mi 


の 


t 


す 




h 


が も 




M を 


直 も 


て 


後き 






ま 


服 力 5- 


逸た 


力、 


、 


御 こ' 


t 


ギね 
め や 


郞た 


ぐ 今 S 
家ミ か 


の 




立た 


す 


V ん 


め 


ら 


今 5 


身み 
分ズ 


% 


爺ち 


/^や 


% 


fi 








b 


な 


娘き 


の 




は 




へ 


客 $ 


t 








m 


ら 


^め 


內き 


に 


稼き 


內 る 知る 


ま 


往 i5 


が' く 


相? 






本で 


ビ 


す 


妾き 
^し 


はも 


さ 


ぎ 




下 ,も 


で 


て 


居る 


談 2 




内 1 


ま 


琉 !:' 




何 S 
分尤 


へ 


な 


で 5 


さ 


来き 


隙 i 


る 


し 




に 


で 


し 




貴? 


成き 


す 


溜た 


れ 


て 


k 


力、 


け 






拜 S 






郞た 


ポね 
あや 

爺ち 


て 





め 


ば 




見み 


ら 


る 




t 


借 4 






の 


下, も 


て 


れ 


此ぁ 


て 




困き 


が 




力! 


しく 






お 


に 


さ 




金 £ 


約? 


居る 


ふ, 





母き 




P 永み 


て 


勿^ 




仕し 


at 


れ 


二 

年 2 


が 


朿? 


て 


出 だ 


た 


は 




力 > 


は 

濟 * 


體 S 




出 だ 


め 


ば 


百 




下 も 


し 


ね 


娘? 




け 


無 * 




し 


て 


其の 


の 


圓ズぇ 




さ 


な 




にめ 




た 


み 






な 




m 


內 1 


程' さ- 




す 




向 2 




が 


ま 






さ 




は 


に 


あ 


の 






ん 


ひ 




俄お 


せ 


を 




る 




妾 も 


一曹 f (J 

立^ 




間 5 


ねか 


た 


の 


今 さ 




にか 


ん 


れ 




ま 


で 




旅ば 


ま 


で だ 




ら 


體 5 




心ミ 


が 


は 




で 


す 


が も 


な 


す 


致!? 


は 


宜ょ 


直 も 




注 5 


御た 






n 


力、 


如い 


御 こ' 




し 






娘? 


ぐ 






ま 




何-え 


ら 


何 か 


身み 


を 


置 £ 


A け 


御 こ- 


はめ 


咨 も 
具 ど 






葉 






年 2 


何? 


樣 t 




れ 




曰 A 


座 ざ 


考! t 


本で 






に 


に 




で 


卒ケ 


に 


に 


を 




で 


い 


ペが 


の 




は 




私き 






爾そ 


で 


成き 


貴き 


ゴ 




ま 




が' 




失 ま 


へ 


のし 




待 3 






て 


郞た 


で 


< 


せ 


m 


t 








m 






な 


ギ た 
あや 


下 4 







ハ 

八 



_ iMMmamalm^B^tMlmimmmmmMmmmMits こ、, ぉゐ ん ど. 《 

一 € も宜ぅ 御座います)) さ辭 する A 《ィ、 ュ 今逮 リズ i 力 7 T 

一 t i^l^^ の 二階 を 立 出で た 6、 : i I 



sp」 Hrsi きき 1 き 感.^ " 

ノて l^gi^^JV^ では わ. O ません、 彼 も 大層 嬉しがって 居 6 ますの て 。 f ^ 



群お を きて & 5 たるに 此膀颧 く 妻と 娘は歸 6 來れり 、 ク., I くたい ノ ず、 

s こ? つ. - I ビ で ン たもので すから ッヒ遲 くな 6 ました 貴郞 鳥渡ん I 

の A 言、 妻 は 席に 入 6 《ナ 一一 今 鳥渡 其處 て佝ズ や 5 5 せころ き つ 

ph) きき 1 1 な J て f 

きから き 羅!. お、 f 附は r な irsf, か: 承知: f :r":r 

r/. こ i> も > ^め よ. ► > 

4- おやく》 さ 小 聲は娘 を 呼ぶ、 



む. *.* この ひな きやく ゑし やく いそ よ. T だん も そばよ かね は、 5 お あは かね づ、 み 50«> いだ せ あ ゐ くち や 

娘は此 暇に さ 客 會釋 して 急ぎ 用 篛笥の 側 へ 寄..^ 兼て 母 打合せた る 金 包 を 取 出して 店に 在る 吸口 星に 

*t こ き ま * た こ sj & ざ ちょ S ビ fa, くだ ひき ビ む め さ, *- 力 こわ 

さん、 少し 4- 問き 申し 度; 5 事が 御座います から 鳥渡 か 坐. なすって 下さい》 ^引 止む る、 娘は统 石に 是 

►"ni^ ^-^c s 15 s ざ ふ w かへ きゃく 》* へ ひか ばん ど f こどば み e さ だ & 

も 振, W されす ((Ji か 御用で 御座いま すか)) さ 振 返. て 客の 前に 扣 へた 6、 翁 頭 は 言葉 短 かく 《定めて 御 

•L-o-fi 'ち こ i--<J つ、 んビん あ & ビ くしん ねん ね む, め こ、 かたち fc> わたくし 

承知で せう が 今度の 綠談は 貴 孃も御 得心な. のでせ うな)). さ 念 を 推す、 娘 は 此なゥ さ容を 正し 1 ィ、 H 妾 

a ざ *• かよめ f_*s i -C s fse ん ねが i わたくし 

は I- 取ゥで 御座います から へ 嫁 はは 參. ません)) 翁 頭 (( ィ ャ 其 所 を 御 ま 人に か 願 ひ 申した のです か 私 

f い で くだ こど む もめ きつば s き く £ ざ B、 わたし ふ ち 

共へ か入來 下さる 事 は》 娘 は 斷然さ 《か氣 の 毒で 御座いま すが 母 さ 妾 は 不承知です》 

ばん どう あき がま * あ.? だい "J ころ いど およ い ビこ い : - む め • ざ-, タ, -^^ ^ . \, 

番頭 は 呆れ顔、 主人 は臺 所よ ゥ T レか糸 や、 鳥渡 來ぃ e 云へば)) 娘 は ズッさ 座お 立ちて 店頭に 來.^ 彼 

*-ゐ< おや かね づ、 み わた 

の 吸口 屋は金 包お 渡した 

わ Ate- 5 けど W fe し. sti. しか ちゃ./' ゑん はい •> やく S - < ^^? ^ 力せ 

若者 は をれ を S 取て 押 頂き 《然 らばお 嬢さん、 遠慮 無く 拜 借して 行きます》 さ懷 中へ 入れ 長居 は 店の 邪 

て讓 る、 iA,f ^t. 纏よ えよ 呼へ あに i へ f て^へ if ぁ 

C i({ t よびた ちゃ わかもの いま. L ゆ じん ♦* ば あ ひ. s.-y . ^"て、. び % 

A 《 コ レ か,>5^々々さ後ろょ6呼立ゥる、 吸口 屋の 若者 は 今 主ムに 逢; S て C 嫫合惡 し-さ 急ぎ 表へ. 出る 

<^^ながら1て、1^け 《泥棒 w》 さ 呼 は 6 た A>、 店に 見て 居た るれ 糸 嬢 《オヤ 掬兒 だよ》 さ 驚きて 是 

telr どび 《 A-L f ひきど お、 》• «J こ ゆ * ひき. 

も % てへ 飛 出さん さす、 後ろよ 急 は 引 止 ひる 父 《復た 何處へ 行く】 さ 弓 炭す、 



f ばん ど o こ ゑ & t ゆ C ん ちゃう こ、 ろ 》• か s- わたし SVJis た ある C む をめ もで ビら 

奥. ild て 翁 頭の 聲 《御主人、 お嬢さん のか 心 を 伺 ひました から 私 はか 暇 致します 1 主人 は 娘の 袖 を 執へ し; 

を こ ま く" ゑ 

まゝ 《少し 待って 下さい》 さ 泣 整、 ノニ 

み *s; たもた 一 

〇 身 投 (助け 度; S) 

ビ<- ぶつ V- ひや わか だ 4,6 ばん VJ5 かへ fct 3 ちわび いく *- を みせさき ゎ.1 ら. S ひど のケ , ていきち 

唐物 問屋の 若旦那 は 番頭が 歸 6 の遲 きを 待 詫て 幾度^ 無く 店先よ ケ往來 の 人 を 望み 《ォ ィ貪吉 や 纏 は 

み こ ケ 5 むかつ らち ♦» さ S だん こ ケ <• わ かだん を こ * ろ 》> L ねち つき はら t いき J ^ - 

まだ 見 ゑない か】 さ 小僧に 向て 瑢も 無き 相談、 小僧 は 若旦那の 心 を 知る や 知ら 卞ゃ 落着 拂 つて 平氣な 顔. 

b か fsfy-b み わたし 1* わか だん を き くお へ やつ そ yj で 1?^.^ 一 

《若旦那 k 見 ゑなければ 私に も 見 ゑません な》 若旦那 は氣を S らち 《口の 减ら- ない 奴 だ, 外へ 出て 番頭 か M 

{ C みき おく み いつ こ き S 

來 るか 來^ いか 見て 來て? れ》 小惽 《見た からさ 云て 來. ia> いもの は 求ます ま. s:》 若旦那 《n レ サ爾な 意、 

ち わる こどい ちょつ どで み も ru f ひど ttL * が はまち いっこ , 'こ.. ケ 5 f た - 

地の 惡ぃ事 を 言 は卞に 鳥渡 出て 見ろ、 若し まだ 來な S 樣 なら 1 走. 小川 町まで 往て來 い】 小 憎 は 仕方な; 

みせさき たちい き わ. S- だん を よろこ ばん ど <• き てつだ ftf ; Lf* * 1; 

. しに 店先に 立 出で 《求ました <》 若旦那 は悅 びて 《翁 頭が 來 たか》 小僧 《ィ 、尸鐡 道 馬車 か》 . \ 

わか だん を かつ くや ひどば か. L を ? -» まち いつこ こケ f へ $ 3 ひ < 一 ^ 

若旦那 は擔 がれて 悔しが 6 《人 を 馬鹿に 仕ないで 小川 m まで 往て來 い 3 、小 惜は减 らすロ 《迷子. のく 番; 一 

f 乙 t 'ゑ さけ か た まち か. ゆ に 一 

頭さん やわい】 ?低聲 に 叫び 48> がら 彼方の 町へ 駆けて 行く、 

ハ か K ぶんど f た M<.J?l く ぶら. t かへ きた わか だん を 《• れ 》• よろこ ばん ど 5 ね は &く f 

入れ 代って 番頭 は 他の 方角よ 6 飄然^ 歸ゥ來 る、 若旦那 はャレ 嬉し や^ 先 づ悅び 《翁 頭 大き は 御 苦勞だ :| 

は を L * ん yjf をん を こ あいまい さ Z .j 

つた、 ズ ッ カリ 話 は » つた か》 翁 頭 は 何 さ 無く モタ c して 《ハ ィま, た少 ^曖昧 4ssr 左れ^ 一 

.0 かだん を べつ あいまい み こ のこ る ね ほかた せ. C ば. r- L たく きん たくさん もら 一 一 

も 若旦那に は 別に 瞹昧 さも 見えす 《まだ 少し 殘 つて 居る のか、 大方 先方で 仕度 金, r 澤山賓 ふから をれ で 一 

む. * め よめい e だ かひ ビ、 の • つる か tt つか L たくで き 3 つく 

娘の 嫁入 道具.^ 買 整へ なければ ならん、 就て は 十日で も 1 1 十日で も: 仕度の 出來 るまで 待て cj- れ^... n ムふ ノ 



ォ flfi か 


無 ま 


頭? 
誰 K 
% 

雨え 

な 

もん 

t 

は 

仕し 

ま 

せ 

ん 

、 






—ふ 

~ 't こ 


まい 

1=1 




ん 


/1 つ 


井む 


7E 


TV 


ィ < 




寫$ 
^ ど 


の 


だ 
ノ、 




h 頭? ど 


は 


?\ ひ 


非 ひ 
づ h 


だ 
1 し 


港? 古い 

W ん 口 


ず 




ゴ 


七 71 き 


に 

K、 


ま は 


に 


H? 
ノ 1 さ 


の 


世せ 


ム 


*只4 >*\ 




老 S 


タ 


A 

ソ 


今 さ 


せ 苦 S 


は 


力)' 




間 2 




C ^レ 


\/\ 


爺ち 


( 


で、 


ん 笑な 


能よ 


》 むる 


a く ♦ 






ん て 

/ レ ^ 




に 

\ 、 




外? 
W 、か 


^^で 

だ 


、 ひ 


< 


い 


Xr 


對ミ 


構 1' 


\ わ か 




住さ 


し 

レ 


へ 


當? し 






俘 か 
且 


し 


は 


•tL ん 




Ah 




■ ^ち 


rhf 

T か 


k\ ^ 


越 こ 


か 


す 


て 


ん 


マ 恥み 




て 


*T か 


で 
、 


へ 


が 葬 g 




^チ 


指, 

ん 


仕し 




7 ^ 




私た 


へ 




出で 


何 文 式 ひら 


t 




料 や 


度? 




tfK Hit 




達み 


嫁 ま 

め 


梓 * 


た 


た' た' 


云い 


力 > 


尾 や 


k 


仕し 


へ くや 
* 、 




はち 


な 




事き 


力 > の 


ふ 


云い 


力 > 


立ミ 度? 


、 




ズ 


ん 

/ レ 


サ 


が 


少き 御& 事き 


ふ 




UK 


な 

'あ 


i^B "づ 




ク 




て 


無 も 


し 法 1 


H 


の 


る 






A 








貝 ら 


い 


あ 


で 


お、 


仕し 


は 


、 し 




欺か 
7v| 


省き 
ヌ ら 




力 > 






は 


ら 


度た 




TU ま C 




若お 
旦ミ 
那を 




ゥ 


鹿た 


ら 


口 も の 


が 
f レ 


慨& 


嫁る 


ひ 


で 


郞へ 見み 




向お 


た 


rk 


此ミ m t 




IP 


入 《 


t 


祐 f 


は % 

Bfe ま 今^ 
Hp の つ ま 




mi 




まい 

口 




る m 


フ、 


力 > 


道? 
具く ♦ 


云い 


へら 






嫁 J 


、 起ぎ 






ふ 




B ふ お 

M で 




ぬ、 る 




る 




に 


若お の 




月 J の 


の 


港 や 
但 


私お の 




い 


へ 


が 


の 


來き 


旦 2 惡 S 




が 


m 


な 


る 


にし mi 




f ど 


隱& 

ん 


中!: 


だ 

1 レ 


て 


那を い 




惡ゎ 


料? 


ち 


お、 


IrJ ん レ 






居き よ 


k、 


X 

' J 


Mk は 事き 




る 


屋ゃ 




ら 


^ 兼げ 




申 ま 

f せ 


す 


氣き 




姑 ど 


m ば 




け 




ぎ 


先 ま 


云 な 
iM ヮ as 




上 t 


る 


樂き 


\ 


や 


谷 $ か 




れ 


わ 


の 


づ 


f? る 

は お" は 

先 1 色 《 




サげ 


積? に 


ク 


め h 




ば 


る 


間' 


身 t 




せ 


b 


遊き 


ム 


^ 被 5 
ュ 仰お 




曆 i 


1 


に 


體だ 




ん 

/ レ 


n 


ぷ 


持 も 


の 




をみ 






n 






力 > 


!: つ 


"4»" ど 


ち 


機- 


、 い 




書 1' 




せ 


け 


の • 奴な 




ち 


は 


ま 


嫌? 


當ミ t 




直 § 






寄よ 


V ルゃ ヮ 




彼 あ 


し 


出で 


す 




M す 




し 


3 


損え 


送 こ 


读 2 S き 






て 


來き 


え 


取 ど 


が 、 




て 


れ 


料? 




は'"" 请ク 

迫 か 




媳^ 


落ん 


な 




る 


何 f 實名 






さ 


で 


樣 f 


mi は 




のめ 
"^ノ 


ト 






の 


し は 




月 さ % 


仕し 


に 


よ し 




ポど 


な 


私な ^Ltz 
はし ^し 


が 


た 爾ミ 




化 ( 

採! 3 


亦 ま m 


爾? 


b さ 




n 


さ 


丄む 
ハっ 


、 な 




越 こ 


先? 


k 




大は 樣? 
悅急 子 ^ 




敝だ 

ml 


ん 




實ミ か 


-y 跑 わ 




す 


方? 


す 


て 




然ミ 


な 


賣ま 


は 


敷し 


、 で 




か' 


の 


る 


與く 


び こ t. 






さ 


がい を 




^1 纏き 
つ ら * 




宜ぃ 


M 


が 


れ 


で 變; i 




r 


言! S 


嫌 1 


れ 








達 S 


宜ぃ 




居 a に 




思? 






が 


成 を 


た な 






が 


い 


若 も 


f 逾 a: 




m 


下 4 


た' 


望? 


ん 






ぎ 


If 




し 


\ 頭 f 
當ず や、 




てつ 


さ 


ね、 


み 




當? の 




法 5 


弊;: 


此も 先艾 
頃? 方チ 




か 






n 


な 


hi で 




事 e 


で 




仕し 




店^ 




ら 


の は 




な 


今 こん 




で 



にん けつ いや S きづか ひ を あ- た よめ * & いや い や 6 をん を めくら ほか いつ 

人 さ て决し て 嫌 S 云 ふ 氣遣は 無 い 、 貴郎の か 嫁に 成る を 嫌 ださ 云 ふ 樣な女 は 盲目よ. <y 外に ある ま い ざ W 



あ む もめ め あつ ?! i ん 3.>5 かしら かめ あ あきめくら せ? SJ-T- まった 

たで はない か、 彼の 娘 は 眼が 二つ 有た k: うな:! 番頭 ハ頭を 接き 《眼 は 二つ 有. ますが 明 盲目 31: 様で 全, - 

>J 、ろ めくら わか だん を かほ いろ や S や へん 

心が 盲な のです》 若旦那 は 顔の 色 渐く變 卜 



お まへ 

: 頭^ん 和郞が 私の 事 を 先方の 人に 惡く でも 言 はなければ 

. <t .!- .,- !, せ けん をん i^- わたし きら ね やた ち ね ほ よろこ as 

此 話の 毀れ る 15$. は 無い 箬だ、 世 問の 女で 私 を 嫌 ふ もの はわる まいし、 親 達 は 大喜びで 居る ざ K ふの だし、 



このは * &し こ は 



1* か はい ひど ぶちこ ほ けつ まど ま わけ も この こ VJ, でき い ねまへ, わ;^ 

中へ 入った 人が 打 毀さなければ 决 して 纏らない 譯は無 い 、 若し 此 事が 出 來んさ 云 へ ば 和 郞が惡 い の だか 



たや 



ら私は 和郞を 親の 饗さ 就覘 うよ、 3> 

ばん ど 5 た: fj ろ こ fei- ろ ど かく い ちな 5ft ほ だんみ- & さ s だんいた . にげ &VJ なく. & 

番頭 n 驚きて 《是れ は 驚きます な、 兎も角も 一 應 大旦那 ど 御 相談 致し ませう)) さ 逃る か 如く 奥に 入る 

わか だん を のケ つ を き たも ば S せん この どきた おかへ こ ケ S て. & きち 、、わか だん を. こ さ. W ば • ん? ±1; 

若旦那 は 望みの 綱の 切れし 思 ひに て 然 たゥ、 此將立 歸.. ^たる 小 僭貞吉 ((若旦那 何處を 探しても 铬頭さ 



ゐ わか だん を I く こた こ ケ 5 あやし わか だん * & f ? -I , 

んは 居ません よ》 若旦那 ハ默 して 答へ す、 小 僭 ハ怪み 《 若旦那 何 かなさい ました か ャァ此 番頭さん 



げた かへ い か !• きっさ 5 き ど わかだん^ ためいき ク 

の 下駄 かわる、 乇. '歸 つたので すか、 如何でした 吉 左右 は)) さ 生 意氣は 問へ.^ 若旦那 は 溜息 を 吐く のみ 

をん い こ ケ 5 けい ぺっ &ど らゎひ ふく わか だん を あ を が は 3 ち べつびん - , いひ-^ 一, 

にて 何 さも 言 はす、 小僧 は輕蔑 せる 如き 笑 を 合み て 《若旦那、 彼の ジラ 小川 W の 別嬪 于 》 さ. P 掛 くれは 



わか だん ♦* き, f かほ つきだ あれ ビ う 

若旦那 急に 顏 お突出し II ナ -1 彼が 何した 】 ^キヨ n 

ました】 



する、 小 憎 は 笑 ひなが 



い まこの さき 上 こちゃ o ど ほ 

ら 《今此 先の 横町 を 通. 



: , たち ま げた は たもて い で あしばや ゆ つ 53 よこち や 5 も か む もめ あ 

若旦那 は 何 思; 3 けん 忽ち 下駄 を 穿き て 表に 出た. o、 足 速に 行く 次の 橫町、 若し や 彼の 娘 k 逢; S もせん さ 



I ひどめ つ K 上 ひど また L つ 5*4' ま、 かや. f ど きふる を じ 

往 * の 人に 目 を 注 くれ.^ も 似寄りた る. < さへ あら 卞、 叉しても 失望、 H ィ 儘よ、 期 樣の將 は 古き 聊染の 



の 神 



七 11 で 



50 ころ たもむ き 3* ら くるま めい はし ゆ や "ばし を W は を ころ ふ や:; J 

處に でも 赴きて 氣晴 しにで もな さん もの さ 車 を 命 卜て 走らせ 行く 柳 橋、 折し も 花の 頃 なれば 先づ 船宿に 

やねぶ ね. L た ぎの lib み し たがつ むか ふじ ま は をみ で かけ 

て 屋根 舶を 仕立てさせ、 妓を 載せ 波に 隨 て 向島の 花見^ 出掛た- y、 

はもみ ひど さま./. \ を か この わか だん を ふ へい は をみ い おじ き ばら f つく わ S は を さん あいにく 

花見の 人 も 種々 ある 中 k 此若 旦那 は 不平の 花見、 一 將の 氣晴し 鬱懷を 花に 散 せん さする なれ^も 生憎 

a&y ふへ S ひど てら わか だん i& もみだ づ、 み ねく の » あ fj ゆろ 5 は*^,み わん ひら か、 どき ゑ 

花 は 不平の- < を 照 さす、 若旦那 は 隅 田 堤の 奥に 登. て 或 る 酒樓; ^花見の宴 を 開きぬ、 期る 特に は醉ふ 

よ しひ さか づき どつ の は JC つ ひ せき e や 5 ひた ほ ひ た ひどさん ねき あか やが めさ 

を 好けれ^ 強て 杯 を 執て やけ 飮 みお 始め 終に 席上に 醉 俄れ て 日 落ち. < 徵卞る も 起 上らす、 脑て 目覺む 

L ゆん げ つま 5 ろ 5 あほ ちゃ て. & あ 5、 ん てら げっか は をみ あど かくべつ ふた、 ふね さは し?^ ら お じ や <- 

れは 春月朦 a さして 淡し く 長 堤の 櫻 雲お 照す、 月下の 花見 も 後 は 格別^ 再 ひ 舟に 棹 さして 暫く 中流に 上 

かよ ふ ふね n-tz< かへ S まやば し あた き ふ a を か わか だん 1^ さけ 

下せし が 夜の 深 くるま、 に 舟 を 兩國に 返さん S 廐 橋の 邊. CS に來 か、 れ. o、 船の 中 k て は 若旦那が 酒に も 

あ げいしゃ あ ひて おさ くわい だん しゅび まつ ひるま み い 上る こ! a こんや f ばん 

飽きけ ん藝者 さもお 相手に 威し の 怪談 《オイ 首尾の 极も晝 間 見る 《 好い が 夜 は 怖 いの、 今夜の 樣な晚 k 

<ぴ< ゝ L ん? ものく びく、 ば で おもしろ 

は 首錢ゥ だの 情死 だのが ある ものお、 其 首 溢 $ が 化けて 出る なんど は 面白いで はない か》 ^からかへ は 

しゃく こ さも これ きい 1 こ 《!b だ こ は ねい h かだん を t ん は を よ しん tJ5 

4- 酌の 子供 は 之 を 聞て 急に 怖氣 立ち 《ァレ 怖い ナフ 姊 さん、 若旦那 爾な 話し はか 止しな さいよ、 情死な 

い き くびく、 いや ほか ねん を しんじ 5 も しゃく も を 

らま だ意氣 だけ^も 首溢ゥ なんど は 嫌 だ ク)) 外の 女 《ォ * 、情死 tt 好き かえ】 .f- 酌 《好きで は 無 S けれ 

い き わか だん を ねまへ い 3 にんじう や い くびく、 い や み をげ f しゃく を 

$j も意氣 です ク)) 若旦那 《ァハ 、和 女 も 今 k 情死で も 遣る が宜 い、 首 溢 4 が 嫌なら 身投は 何お】 か 酌 ((尙 

ほ 嫌お ヮ)) , 

わか だん ゑ つ » S を 5 み をげ 5* んぃ き ば あちい み もげ. S け 

若旦那 は 笑 壷に 人 i 《爾 でない 身投が 一 番意氣 な もの, た、 をれ も さんや 爺さんの 身投 では 不可ない け 

S む もめ iibK S ひ .<b づけ むこ きら み もげ い ;.^ やれ, ゐ _ たれ 

れ< ^も 好い 娘 か 何 か ^許嫁の か 婿さん を 嫌って 身お 役る なんど さ?^ の は 洒落て 居る でハ無 S か、 誰か 



み へ r -ズ おれ み ズ^ボ たん を ^ みた , か《 ねが たや か 5< む をめ おや ぴゃ f 

身 ^投げれ バ宜 な、 己 は 身 投の女 を 助けて 見 度; 3 のが 兼ての 願 ひ, た、 . ^るべ くなら 親孝行の 娘が 親の 病 

きを ほた み f つ かね こしら その かね も s- ど f ち かへ *f5 ん. & はし 

氣 お直し 度 S から 身お 賣て金 を 持へ たさ ころ 其 金 を 掬兒に 取られて 家へ 歸れな い^か 何 どか 云 ふので^ 

1义; ュめ ふね 15. か み 1^ い、 : ねれ * しんせつ かいは 5 やっかね だ や たや ひきどつ 

の 上から 此 舟の 中へ 身 を 投げれば 宜な、 爾すれは己が親切^£介抱して遣て金^$^出して遣るし親も引取て 

せわ し やる む もめ あ t&Js! & たん しゃ 5 がい わ も く しめ ざる ず IC" しゃ AJ; 

世話お 仕て 遣、 さ 乙 で 娘が 貴 郞の御 恩 は 生涯 忘れません^ 來れ ば^た もの だ)) 坐に 居た る藝者 《^し 

. くだ わな 化 み を i. お ざ この ビき はし した あた いっせい あや げ み づねど 

て 下さるなら 妾 か 身 を 投げ ませう か》 i 7 此時 橋の 下に 當 つて ドボシ^ 1 聲 怪し 氣 なる 水 音 

み ふボ - せん 5^.5 こ ゑ わか だ sr& たちあが たも せん はや ひきみ げいしゃ 

で ノラ 身投 だ)) さ « 頭 の聲、 若旦那 tt 立 上..' 《助け く、 船頭 早く HF 揚げ K1 藝 者^も はゥ tx く 

せん 5!.- う ため S ふね こ;^.」上 て の ひきあ そまつ ♦& 5- し わか おど こ わか だん を これ み たど こ 

船頭 は 忽ち 船お 漕 寄せ手お 延ばして 引 揚げた るに 粗末な 服装 を 仕た る 若き 男. り、 若旦那 は 之お 見て 《男 

> き こどば せんどう たど. J & ざ いき だいち や 5 ぶ せん" W 

かえ》 さ氣の 無き 言椠、 船頭 《ハ ィ 男で 御座います、 まだ 息が あ, ますから 大丈 失です)) ^船頭^も は 

H » かいはう その どこ たち ま しゃ, r きつ わか だん を ふしゃ 5 ぶし. や 5 ぉ< よびい まへ をん み 

水 を 吐かせて 介抱し ければ 其 男 は 忽ち 生氣 付きぬ、 若旦那 は不性 無性に 奥に 呼 入れ 《和郎 さん は 何で 身 

^ . み 5 & いのち さけ き げん い こど まじめ AJ ば る 

4^>ん どを投 けなす つた、 身 を 投げる^ 命が ぁゥ ません】 さ 酒の 機嫌 か 言 ふ 事も眞 面目なら 卞、 W に 居た 

わか ねん を S3、 で この さわ き の »ん や S> どき かへ 3- まん ど わ A どん を L 

る 若き 女 は 今迄 此 騒ぎに 氣を 呑まれて JiJ 然 さして ぁゥ しが 此將 若旦那 を 顧みて 《眞誡 です チ若 i ー那、 死 

, は み , さ t や 5 る り もんく ど ほ し つま こど わ でし でな 

んで 花實か K くかいな つて 淨 瑠璃の 文句 はも ある 通. 死ぬ ほき 溜らん 事 はわ ゥ ません 妾 は今ド ボ, シ^ 

たビ L どき ぴ つく W い き ど こ わけ わか く 3= 'こど 

昔の 仕た 將には 吃驚して 息が 止ま. ふもうでした》 さ是れ も譯の 分らぬ 繰言、 

^ , , - . ^か,^ の i ばら わか だん を I かほ *5> が こ、 ろ, f ち i かんが を や i さ わか だん を どん こ、 ろづ 

助けられ たる 若者 は 暫く 若旦那の 顔 を 眺めて 心の 内に 何 か考へ 居る 樣子、 左れ < ^も 若旦那 は 頓^ 心 注 か 

、、さ ケ さむ 3 いっぱい の 《y ねまへ をん わけ み を さナ さ & ひど 

す ((嘸寒か^0ぅから先づ 一 杯お 呑みなさい、 爾 して 和 郞 さん は 何の 譯 があって 身 を 投げた か 酒の 肴に 一 

福の 神 - 七 玉 



. 福 の 神 七 六 

«ォ J わ.?' もの か 5 あ み を e 、つ さけ さか * & ま ひ. こ ^$ 

つ してお おかせなさい)) 若者 は 顏を撝 げた ゥ、 身 を 投げる ほ の 事實、 酒の 着^ は 餘.. ^人お 侮. = ^たる 

^;1^かな.4|^の^^.、 &^.4^^«^る4に•b 《1-^ さん i はす か酽 しなさい よ、 , 度 面白い 事が わ 

-57>^ 5 > 1- te% ^ い しん々 わん かね ゆ ゑ かね だ や おや び や S き 

るので せう、 は が i を ^ け 度 ひ^ 云 ふの、 が 心願で 金敌 ならば 金 は 出して 遣る、 親が 病氣な 

ら S も^^て is る ふ ものです から i 慮な し k お話しなさい よ〕 若旦那 は 眼に て 制し {ゴ レく 

叱ッ く》 

た y みづを わめで た 

〇 谷 の 水 (末 ど 目出度き) 

g けら. Ir.- る!^ il は s^sll, の is^ なる にこ:^ から? T; れ きも、 斯く問 ひ 質されて は 其 事情 を 述べ^る- 譯に 

、 rv ,- tc * & ^^t^^ ^^0, わで し み をげ P じ や 5 は * & ま を さケけ ち やつ わら 

もなら す、 か獻^ して i を i め 貝 ま?^ て?^ が^ 投の 事情 を か础し 中したら 嘸 小心な 奴. -か笑 ひ 

も わ .0 ませう が のき mil" は, た 傲^で^ に ひ 仏^ ^ ^しめる もので き 座い ます》 さ 胃 頭に 先 づ其驕 

ii ま I を に銜し ii き cn^ii らんて 手 ほ g ビ^て 断 力に ^ 日 を る も の でぎ き い ますが だの 頃 is< が 私 k 立 

^の 11 を Ie させ ふ 組ぎ U ら m 賣の 資本に^ 百 圓の金 を 貸して 吳れ ました、 然し 其 人 どても 

^る^で は. & し^%1 してぎ めた 金 を 私 k ,して? 5^ れ たので 私 は 身 を 粉に しても 其 因 、ぬに 酬ひ » ければ 

し A よ かみ 《.^どけ を け ふ その かね 5 けど も を W- ど - しま, - * 

な 6 ません、 然る に 世に は 神. や、 儆も無 いもの か 今日 其 金 を 受取る S 直ぐ 掏兒は 取られ て 仕舞 ひました 

50 b たし おん じん ひわけ ゆ ゑし わび こど し やう このはし み を, ざ: 

をれ を 取られて は 私 も 恩人に 言 譯がぁ ^^ま せん 敌 死んで K 事 を 仕 此 橋から 身を投 けたので 維 座い ま 

^ L C5 ものがた a 

す》 S 一 伍」 什の 物語 



ま 今^ 


貸 か 


欺か 


親え 


げ 


宜い 


し 




幸き 


け 


然き' 


若 力 わ > 


せわ 
る か 

旦!^ 

那'' 


せ 何 t 


し 




切さ 


た 


レ、 


て 


け 


でさ 


ひ は 


る 


し 


も 


ん £ 


て 




や 


の 


、 


遣? fz 


は 


此ぁ m 
右 力' な 


生& t 


, 紫き 


進 あ 


で 


ら 


で 


身み 


て 


4 ビ 


無 を 


さ 


顧た 


は 
此ぁ 


げ 


餘ょ 


物 あ 




投? 尸 


其き 


力 > 


IP 


旦;^ 




て 


みり 


今 さ い 




好 を 




は 


上え 


川, 


身み 




の 


居ゐ 


て 


物 あ 


お 


ラ 


な 


さ 




SB: 'ザ 


に 




ま 


は 


で 


れ 


哀 1 


語^ 


貴き し 






や 


金 £ 


い 


親? ね、 


の 


金ね 


却 5: 


ば 


れ 


ピ] 


郞 た- た 


藝!^ 


t 


ら 


は 


力 > 


力 > 


ら 




が' 


てつ 


後き 


t 




が、 、 


者 4 


531f- む 


今^ 
か 


、 


病? 

氣き 


是 せ- 


でさ 


有 あ 


の 


は 


mi 


て 


爾ミ 二 


tt 


舌べ 


mt 


身み 


非 ひ 

お 


す 






稼^ 


し は 


左 さ 


あ 百 


眼め 


ら 


に 


曰ゲ 


投き 


で 


が 


m 


が 


ぎ 




程? 
威?: 


吝け 圓 2 


k 


れ 


ベ 


W 


は 


居る 


度き- 


于 


o 


番ぁ 
貝み 


出 だ 


嗇ぉ で 
臭 ふ % 


揚ぁ 


て 




が 




る 


は 






郎た 


し 


れ 


ト' 


げ 


は 




出 だ 


IP 


な 


ま 


若お' 使 2 


を 


て 


は 


ft 


い 三 


て 


わ 

る か 


( 


し 


カュ 


ら 

親? 


け 


曰 2 
那を 


ふ 


恨' 4 




飛 ど 


る 


事き 百 


何? 


旦? 


饒ぁ 


て 


と 


て 


の 


み 


に 


ん 


子 も 


:^' や' 




« 


下 も 


身み 


の 


見み 


の 




ま 


き、ねん 


た、 


で 




立た 


さ 


ist げ 


世せ 


度た 


被き 
仰 4 


困き 


せ 


返た 事き 




仰 あ も 


す 


默 5 て 




を 


話 わ 


1/> 







し 


で 


触ォ 


る 金お 


于 







ま 


搜 J 






る 


て 


、 




し 


< 


な は 






頻 きし 


せ 


し 


仕し 


爾を 


It 


か 


を 


す 


た 


フ 


ら 直& 


わ 

't3 か 


居ゐ 


It' 


5 


て 


て 


L 


は 

W こ 


山で 


れ 


る 


な 


ゝ 


妾 g ぐ 


旦 2 


ら 


右 か 


、 


此ミ 


遣 や 


て 


の 


n 


事 ど 




ム 


はし 出 だ 


那を 


れ 






に 


h 




ん 


で 
今 さ 


お、 


% 


死 L 


え 


モ し 


貸 か 


ぬ 


那を 


れ 


居& 


度た 


れ 






出で 


ん 


輕 力ぶ 


1 て 


す 




k 


を 


る 


a 


が 


晚^ 




來き 


で 


< 


や 

m 

m 




fit 


促 i 
ナが 


m 


の 




衾お 


It 


噂 1! 


し 


t 


S" ひ 


笑わら 


郞た て 


ん 




本で 


で 


7E れ 


ま t 


は 


を さ 




す 




てつ 


の 身み 


て 


爾そ 




1 こ 


す 


が 


の 


身み 


仕し 


モ 


が 




It* か 

お、 づ 


か 投き 


、 


ん 




し 


i}、 




身み 


投き 


て 




死し 


仕 L 


m t 


綺き 


も 




て 


ら 


生? 


投き 


が 


か 


死し 


ん 


樣言 




ゆ 

や ft 


麗 1^ 


ら 




%、 


和お 


の 


な 




m3 で 


ぬ 


で 




手て 


1 こ け 


に 


仕し 




稼? 


郎ミ 


願 S 


ら 


る 


の 


氣き 


仕し 


*d> も 




き、 度た 


進 あ 
げ 






ぎ 


さ 


U 






で 


な 


群つ 


ふ 


把 ど 


b ひ 


力 > 




な 


ん 


n 




の 


す 


ん 


て 


の 


れ 


ま t 


て 


^を 




さ 




お、 




X 


ど 


は 


は 




せ 、 


か 


v> 






丁; E 


ら 


圓 2 


が 




を 


そ 

rA- の 


3Bt む 
ハ" 




ん m 


仕し 


力、 






度 ど- 


何? 
卒 う' 






ィ 


か 


AS 


理《» 


座 ざ 


よ 仰き 


舞 ま 


ら 




チ 


好い 


しれ 


ェ 


出 だ 


It 




に 


〜 れつ 




私た 






い 


身み 




は 


サ 


し 




わ 


居ゐ 


是 の 


な 


がし 




せ わ 
あか 


處き 


投 


圓【 え 


ま 


和ね 


な 


il 


ち 


た 


力、 で 


さ 


其き 




旦ミ 


へろ 


が 


は 


n 


郞ミ 


さ 


の 


ま 


る 


ら<- は 


い 


百 






身み 




直 を 


身み 


さ 


る 


損き 


せ 


藝 j: 


'紫 


よ 


金! 






ど 


れ 


く、 


投き ん 


な 


を 


ん 


者 さ 


*^、 

m 




k 




投を 


ば 


出 だ 


k 


の 




掛カ 




は 



の祌 七 八 

ふねつ ぃビま いた t- わか-たん を このげ いしゃ きら たいへん い や 

へ 舟 を 着けて 直ぐお 暇 を 頂きます よ》 若旦那は此藝者^^^嫌はれては大變なゥ^云ふ檨子にて 《ィ、 H 遣 

.S んゃ L か を げいしゃ し かた を よ ズ^5ん わん 々らい わ V!L こしら 

るよ、 百 圓遣ゥ ますよ、 仕方が無い)) 藝者 《仕方が無 いのなら か 止しなさい、 何の 百圓 位、 妾が 裕 へて 

この ひど あ わか だん を し かた & たまへ, ,てん たこつ こま ilv くわいち 5 

此 人に 進げ ますよ)) 若旦那 I: ィ、 仕方が無く は 無い、 和 女が 爾 なに 怒て は 困る よ】 々ながら 懷 中の 

かね だ わかもの 3 へ わ 

金 を 出して 若者の 前に 置く、 

わかもの か;!; $ て ど か、 を さけ 5 た を もくねん し あんが は げいしゃ もば お 

若者 は 金お 眺めて 手に も 執らす、 期る E 惠 お受け 度く も 無し さ默然 さして 思案 顔、 藝者は 側に 進み 《和 

まへ ど せっかく わか だん を だ ど た 3 へ ビ わたし もら ク 

郞さんか執.<.^なさぃょ、 折角 若旦那 か 出した の だから か 執.^ なさ いよ、 和 女さん、 が 孰らなければ 妾が 貰 

L ま くらい & ^ わか だん t<b ふ どころ いし かまどつ ね 

て 仕舞 ふ 位な もので うせ そ 上 一度^ 若旦那の 懷 へ は 入れ は 仕ません から 搆はす 執て.; -ft きなさい、 

むだ を しき リ も、 む M- な のかね わかもの くわ いちら たし こ わかもの こ、 ろよ か、 

ョ I 無駄に 成 6 ますから】 さ 頻に勸 めて 無理に 其 金 を 若者の 懷中 k 押 込 ひ、 若者 は 快 く はわらね^ 期 

ば あい ゆ ゑつ ひ これ t らひ 5 これ ざん e はい L やくいた いづ かせ だ のち かへ ま * あが 

る 塲合故 遂に 之 を 貰 受け 《それならば 是は暫 特拜借 致します、 何れ 稼ぎ 出した 後に はか 返し 申しに * 上 

たく さ おら いらっしゃ いんぎん い わか だん 5 ち いひ か げいしゃ 5ぉ け 

ますが か 宅 は 何方で 被 在い ます》 と 慇戀に 言 ふ、 若旦那が ((家 は …… € 言 掛けん さする を 藝者は 打消し 

たまへ をん こどき ょ&ざ ねまへ あ けっかへ 

《和郞 さん 爾を事 を閬 かない でも 宜ぅ 御座 S ます、 もれ は和郞 さんに 進げ たも のおから 决し て 返す に n 及 

また かへ ど f さび こ、 ろ わか だん を わか だんみ も & & 

びません、 1^ 返した £ て をれ を 取る 檨な琳 しい 心の 若旦那で はぁゥ ません、 于 I 若旦那、 爾 して 名 4.; 名 

の 5 ち あか かへ つ いつ こ、 ろの こ さ 5 はう た よ このま、 わか 

乘 つた. 家 を 明した. する^ 却て 何^までも 心が 殘ゥて 双方の 爲 めに 好く あ. 9 ません から 此饞 でか 別れ 

や. S3 ばし き 

なさい、 オヤ モ -柳 橋へ 來 たよ)) 

ふね や, 23 ばし ふ &ゃ& つ いち S„J5 i いで げいしゃ わかもの 5 をが ねまへ か M こり ま/' いで 

舟 は 柳 橋の 船宿に 着きぬ、 一 同 は艄を 出た るに 藝者は 若者 を 促して 《和郞 さん は搆 はす、 此饞か 往なさ 



- : わかもの げいしゃ いくた ひ れい の いづこ ズ _b たちいで • 

い)) £ 勸 むれば 若者 は藝 者に 幾度 も 鱧 を 述べて 何處 S も 無く 立 出た- cs、 

との わかもの か ひ < ちゃ わかもの をの * ち この かね もどで よこ はま こ ま もの どうぶつ みせ ひらみ こ くだ 

此 若者 乙 を 乃ち 彼 の 吸口 屋の 若者に て 其 後 此金を 資本 にして 橫濱は 小間物 唐物 の 店 を 開き 身 を 粉に 碎き 

ひっし べんき やう ぺんき やう はん 4J や. ゥ X fa, たち ま 《. お ね ほ かね ま 5 ね ひくて の L や 5 

て 必死の 勉强、 勉 强 すれば 繁昌す る は 世の 道理、 忽ちの 内に 多くの 金 を 儲け ゝれば 追々 手 を 伸ばして 商 

くわん で い w や. * かひな これ ど<. け. 5 ろ も ねん ね ほ S ビ ひや 

館へ も 出入し 安き 品物,^ 買 出して は 之お 柬 in 小へ 卸しけ る ほ^に 數 年^らす して 一 の大 なる 問屋 さはな ゥ 

こ、 ねい へいせい こ、 ろざ fl や 5 や たつ ど 5 けい で ざん ざ ; ほ /^わ 5 だ S ど 5 ぶつみ ぜ ひら 

け. o、 此に 於て 平生の 志 も 漸く 達し たれば 東京に 出て 銀座 通ゥ は廣大 4^ る 唐物 店 を 開きぬ、 

を かいげ 5 しき どうじつ みせ まへ こうど 5 t &ど か をら もの みせばい つ かさ よ めづ せいだ 5- 

其の 開 業 式の 當日は 店の 前に 紅燈を 山の 如く 掛け 並べ 品物 を 店 一 杯に 積み 累 ねて 世 珍ら しき 盛大なる 

けいき かね くわ 5 こく し くば どう じつ こ fs- もの ねろ..! ひ f わ S- びき を L この どき 

景氣 な. <y、 兼て 廣吿を も 四方に 配うて 當日は 小 寳物も 卸 物 も 非常の 割引 を 爲すさ 知らせた るに 此特 まで 

s せ" し. や 5 ばい つ r ゐ を が はまち ビ 5 ぶつ や しゅじん け ふ この しんみせ や も i> もの かひい さっそく 

も 依然 さして 商賣. £g け 居た る 小川 町の 唐物 屋の 主人 は 今日 乙 を此新 店に て 安き 品物 を 買 入れん さ 早速 

ぎ ,5 ざ みせ でか むかし もる くち や わかもの いま ど 5 ぶつ どひ や に ゆ じん みせ あ ss- く きゃく た. & わ も 

銀座なる 店に 出掛けた. o、 昔ハ 吸口 屋の 若者、 今 は 唐物 問屋の $<tt 店に 在. て 入 求る 客に 對せ しが 忘 

* が はまち しゅじん き M み ね ほい よろこ $J. ゥケ こちら にた ね 503- あっか を が はまち 

れ もやらぬ 小川 ro の i 人の 來ゥ し.^ 見て 大に悅 び 《サァ 何卒 此方へ》 さ 下へ も 置かぬ 取扱 ひ、 小川 W の 

ww^t^ さら をの ひ 50 むか., み こ、 ろづ た 1- あいさつ し& もの ち., もん わかもの たくさん 

i 人 は 更に 其. < の 昔 馴染た るに 心 注かねば 唯 <! ィく^ 挨拶して 一 一三の 品^お 注文す る.^ 若者 は澤 山の - 

lf0 t きた riJ-T- ケ さ ど あ, た こど & や を さし あ だき 

品物お 持ち 來 《サァ 何卒 何れで もお 取. なさい まし、 貴老の 事なら 極く 安くして 差 上げます、 特に 

だん を )- , あ をた S が は 3 ち ど ぶつみ せ だ いで かた sas^JW-s ら. x'e ん ねさろ さや 5 . &ざ 

旦^ 贵老は 小川 町へ 唐物 店 を 出して か 在の か 方です な)) さ 突然 言 ふに 老人 は 驚き 《ハイ 在 檨で御 坐い 

よ _c ケん 4J ふ しんが ほ わか &の ひざ も、 み わ を わたし ねん せんなき たばこ も & ぐち もつ 

ます、 能く 御存知です)) さ 不審 顔、 若者 は 膝 を 進め 《お見忘れで すか、 私 は 四 五 年 前卷烟 草の 吸口 を 持 

よみせで か. & ら うじん つら < その Si ほ をが をる ほせそう. & み おは 

て 能くお 店へ 出た ものです)) 期く 言 はれて 老人 ハ倩々 其 顔お 眺め 《成程 爾 言へば 見覺 えがわ. ます、 へ 



ふ し JD しつれい その あ K ォた ? SJ5 いまこ みせ も. f 

. '不思議な ものです な、 失 鱧ながら 其 貴郞が 何して 今 は 期ん な 店 を か 持ちな さる 樣 な. でした》 さ 

むかし ね も t つれい こど 50 

昔 を 思 ひて 失 禮な事 を 問 ふ、 

わかもの の しつれい -cc^ 5 か をの ころ あ ひど L ほん だ もら ま よこ はま い つ L や <v くわん むき 

若者 は此失 鱧なる 言葉 を 怒-. S もせす、 I; ハ ィ其頃 或る人から 資本お 出して 貰 ひ 先 づ橫濱 へ往て 商館 向の 

しゃ 5ばぃ はじ ぃぐゎ い w わき だん. /\ ど 5 ぶつ 50 ひや €-x> とれ ま を 

商寶を 始めた さ rJ>C 意外に 利益が ぁゥ まして をれ から 段々 唐物の 問屋 をす る樣 に. }6ゥ ました、 是^ 申す 

むか あみた がた & ひ いき かげ ゆ ゑ, 《の£ ねんがへ むかし *&じ み かた & や も fj を もの さ しあげ あ * 

も 昔し 贵老 力に 御 E® 負に なった か 蔭 敌其御 恩返しに 昔 馴染のお 方に C 極く 安く 品物 を 差 上ます、 して 貴 

た 5 ち かみ せ 5 みん か は ら 5C ん か は あ をた 

老 のか 家で はか 內 儀さん もお 孃 さん も 皆な. R 變 りが あ. ません か》 老人 《ハ ィ變ゥ もお. ません が貴郞 

. こん *& や こし もつ ど む もめ も i こど f かみ 

か 期な にか 成. < ^だ うさ は 少しも 知ゥ ませんで した、 尤も 娘が 爾ぅ 申した 事が ぁゥ ますよ 貴郞は 福の 神 

よみ i だ. S こく i K .s らっしゃ よ 5 4<b つ む め せんけん かん ふく わかもの ちゃ 

だって、 能く 見れば 何 處か大 黑檨に 肖て 被 在る 檨だ》 さ 今 成て 始めて 娘の 先見 を 感服す る、 若者 ハ茶 

くわ だ あつ らう じん もて を どき め 5 こど 5 か !• あ ころ あ をた よ Lt© L いれ どう 

菓 などお 出して 厚く 老人 を 待遇し 《畤に 妙な 事 を 伺 ひます が 彼の 頃 貴老が 能く 品物 を か 仕 入 » すりた 唐 

ぶつ どひ や K ほん し さき お あ S まさ た どかけ ら. x-e ん この こど き 

物 問屋が 日本 橋の 先に 居ゥ ましたが 彼れ は 今 何うな つて 居 ます】 さ 問ひ掛 た. o、 老. <は此 事 を 聞かれ 

きう JJ たも ひなこ &ど ケ つ ひど ,りき しづみ わか あ VJ んゃ その じ ぶんたい も 5 せいだい やつ る 

舊將を 想起せ し 如く 悚 然として I" ィ 人の 浮沈 tt 分らん もので 彼の 問屋 は 其將分 大層 盛大に 營 業て 居 ま 

ま を しゅじん を く む もこ だい そのむ もこ こめさ 5?^ て だ たち ま 5 お ざ 5. さん 14>< 

した か 間も無く 主. < か 死去 » り 息子の 代に な. ます さ 其 息子が 米 相場へ 手お 出して 忽ちの 内に 財產を 失 

しま い ま f> たや へん かも くらし L を ひと 5.C さ き t_v よの を か わか 

なして 仕舞 ひ、 今では 下 谷邊に 幽かな 生活 を 仕て 居る V- の 人の 噂に 聞き まし ^ir 實に世 中 は 分らん もの 

しき S- みづか かん を このむ もこ つい い た こゝろ さど こど 

です》 さ頻に 自ら 烕卜 居る は此息 子に 就て 痛く 心に 悟 ゥし事 あるな ゥ、 

か ら 54J ん さ わかもの にち も みせ ひま みはから ひ したや ね もむ き か わか だん を い へ i-f たづ や $ や 

欺くて 老人 は 去れ 4、 若者 は 二三 日 過ぎて 店の 隙 を 見 W 下 谷に 赴 て 彼の 若旦那の 家お 種々 に 尋ね 渐く 



t や V こど さが あ そのいへ いな み たいけ む もこ たちぶ をら みかげ を さび がた か い せ, <ゎ が 

の 事に 搜し當 てゝ其 家に 至- y 見る に 大家の 息子が 零落れ し 習 ひ^て 見る 影 も 無き 淋しき 姿、 且つ 以前 我 

み たも どき, y ば る ほね * < げいしゃ いま によ 5 ばう たちはたら ね わかもの くわ. S ち s 

身 を 助けし 特 側に 居て 骨折 4 吳れ たる 藝者も 今 は 女房に な. てまめく しく 立 働き 居れ 6、 若者 は懷中 

わん かね だ せんねんた. * れい わか だん を あた わか だん を ひ e や 5 上ろ こ むかし かた いま 

よ. り 三百 圓の金 を 出して 先年 助けられし 禮なゥ さ 若旦那に 與 へたる に 若旦那 は 非常の 悅び、 昔 を 語 今 

つ し き 3- その か •fjs しゃ 

を 告げて 頻に其 厚誼 を 謝した うける、 

この、 ちわ かもの この わか だん t* わがみせ ばん ど 5 か、 S くれ を せわ わか だん 1* もの どく かん 

此後 若者 は此 若旦那 を 我 店の 番頭に 抱へ 入れて さ 無く 世話 をな しければ 若旦那 は 愈々 其德 感し、 

つ ひ この わか だん を が はまち いどむ. t め お、 ま 5 しこ い ど わかもの かね のケ &ど ふ *> ふ 

遂に 此 若旦那 か 小川 町なる か 糸 娘の 父 k 申込みて か 糸 娘 € 若者おば 兼ての 望みの 如く 夫婦 S は なし け 

こ か ゑつ ひ 5 み たはみ づ こ は fj た <*• ふく かみ #t ゑ め • でた 

ゥ、 古歌に 《末 遂に 海 S なる ぺき 谷水 も ばし 木の葉の 下 潜る らん》 覼の 神の 末 ど 目出度き 

® 怫 魔 【歡 柳 浪 

あさく さ ど& もの 

(上) 接 草の 捕物 

これ を si& ど ひるま め.. S こ, ゥ/ たん ビ 5 _<t53 て 5 き あさく さ を みき くらまへ はう はげ ゆ わかもの 

是は 何事? しかも 白晝。 明晃々 たる 短刀 を 右の 心に 拔 をば めて、 錢 草の 並 本 を藏 前の 方へ 逃 行く 壯 者。 

どし いろ ぁパ までし ろ まつ さ * かほ くちびる いろ 5しを 、 、 、 まゆか、 ざん ばつ かせ 

歲は 二十 一 二、 色 は飽迄 白い か、 具靑 になった 顔に 唇 も 色お 失って、 きみの ある 盾に 掛る散 髮は風 

みだ お そゝ まみ iJe-#* さ み つね を どこぶ 0- おも や みつもん くろろ は を W 、 , 

は亂れ て、 血お 注ぐ 外眦 凄まじ けれ. $J、 見る から 甲 生の 男 振が 思; S 遣らる ゝ。 三紋の 黑诏, の 羽織に せる 

ゝ ひどへ ものき しろ お 5 はビち S- めん まきな び その S 'や., f. はし ねち あは まへ はさ 、、ゝ 

ぢの單 衣お 着て、 白の 中 巾 縮緬 をぐ るぐ る^ 卷帶 になし、 其兩端は^8合して前に揷ひ0 をれ にからみ し 

& 5 づ きん けい <3W はし • ゎづ な ひど 、、、さが はし ひざがしら あた いま ねち ふ せい 

龍 頭の 金^ 針 は、 鎮の端 か 僅かに 帶に 留まって ぷら <>s 下 .cs、 走る 膝頭に 當ゥて 今にも 落ん 風情、 なれ 



き、 5 ばあい これ まき, を ゆ 5 よ もちろん い や い でた ち t んし みは づ ね 

^も 危急の 場合、 之を卷 直す の 猶豫は 勿論ない。 賤 しからぬ 打扮、 紳士 W 見ても 耻 かしから ぬに、 追 は 

つみ けい e じゅんさ ふ た S- おひ これ じつば いつば い だ てん 》 し つ ね ゆき、 ^しい をみ 

る、は何の罪ぁ-^^てかo 刑事 巡査 二 入 追す が. て、 此も 十步を 一 歩の 韋駄天 走ゥ 平日から 往來の 頻繁 並 

き ひど &み はくち 5 はくじん べつ ひど め ねき ろ 5 わ s さ わ 5 はげまよ こわ ものみ はん e や 4 3 へ ゆ 

木の 難 蘭 を、 白 晝の白 別して. < の 眼 を 驚かし、 右往左往に 逃 迷 ひながら 怖 S 物見た さの 人情、 前に 散 

おも 5 しろ かこ きちがい ね きちがい ひど * &み くらまへ むか <づ やう I これ 』 け 

るか さ 思へば、 また 背後から 圍んで 11 狂人を 追 ふ 狂人 11 人濱 は藏 前に 向って 崩る ゝ樣 な。 是も 見物 

い ちはん は s: てんき しょくにん を どこ まっし くら かけき まへ はし さんじゃくおび あそび ん を どこ さ、 • , 

の 一人の、 半纒 着の 職人ら し S 男が、 驀地に IS て來 たが、 前に 走る 三尺 帶の遊 人ら し S 男に S へられて 

を、 こど もど き ば や しょくにん *0ゃ<* び かたさき つき どば あぶね かけぬけ つか たお 

進 ひ 事なら す。 素よ. 氣早ぃ 職人、 三尺 帶の 肩先 を 突飛して I えい タ浮雲 XI き駔拔 る。 突れ て 倒れ 

おきあが はや あ もび Si ん も しょくにん ね ひつ 5 しろ てっけん ふる ちくしゃ 5 の 5 て,^ ネ々 

て 起 上る が 早 いか、 遊 A は 直ぐ 職人に 追附 き、 肖 後から 鐡箏を 揮って I こん 畜生 I 腦 夭 を 打る €、 

.L よく Si ん げん をゝ ビ ふ かへ これ お を てっけん ふる 乙、 こ せ 3< あ ひ はじ , 

職人 は 二三 問 斜め 飛んで 振 返って、 此も 同じく 鐡拳を 揮って、 此處 にも 小 戰鬪が 始まらう € し たか、 

たがい かほ みあ は きち やら 5 ひ さ こど いて _ 

互に 顔 を 見合せ て、 C やに 吉 か。》 《熊の 野郎め! 非道 S 事お しゃがる。 お、 痛. 1。》 

あたま さも くま わら ベら ば 5 て め H さき つき どば わ W み ► こん & - _ ゆ は- » 

頭 を 擦れば 熊 は 笑 ひて、 ((篦棒め タ! 手前が 前に 突飛す が惡 いや。 rJ れ 見ね. -、 如 此に膝 頭 を 措む いた 

い。》 

i ひざがしら つばね きち 5 ちわら たげ て め * かんぺん _ はい *S ん, -D パ^ ゝ て, 

熊 も 膝頭に 唾液 を逾 るので、 吉も打 笑 ひ 《か 互-だ。 手前 も 勘辨し >C い。 一 體喧 琴て .1 な 何お 熊, 手 

め >1 み み み きちこう を てき ど《^の „ SOS- もの > ばれ』.、 3 

前 見た のか o》 《見た の、 見ね t1 のッ て、 吉公、 素敵な 捕物 だせ》 《え ッ! 捕物。 何人お (0 手前 知 

らね >1 奴 か o》 

<3 I み 、くお よ こ £ ゑ L Si ころ てめ H し e あはい 

熊 は 吉の耳 口 を 寄せて,^ 聲 になり、 《知らね- 處 か。 をれ 手前 も 知って る、 三次 哥々 だせ 0:1 《え、 ッ 



! 三が iv- そ SCN ァぉ i お、 ^^して, 込んだ るう 0} ((大 槪 知れて らァ、 をら 上野の …… 《お雪 坊 

を f 害した ぃ1っ|: か OJ> 《まァ さう さしき や 思へ ね Ho 乃公 も あの人 はや ァ 世話 はな ゥ てるから、 如何 かし 

はも い くや <5 いつ み を かま やつ みん *^ ひげ. L ま k ひ. ど T る L 

て 肥け てュ ^ 思って、 今 奥山に 行て 見たん だが、 仲間の 奴ら ァ 悉皆 逃て 仕舞 ゃァ かって 一 人 も 居ね ェ 

どて た..,. ら ひど W- L f せめ を さま S* だけ み どビ ね も で を ほき どころ 

んだ、 迚も 乃公 一 人 卜 や ァ仕檨 がね H から、 切て は 結局 * も 見届けて H ^思って、 また 出直して 來た處 

だ。 ず^に^ であ ゥ たな ァせ ST だ。 ぎ^も:^ らね 人ト やね H せ、 乃公 V 1 處 1 骨折て Dls>^ か。 

きち 

xr. 吉。》 

こきむ 無ち 耻 のぎ も Igf て 湯!, >lf し SPV 起 V モ のか。 i は sfFf しく、 

J I い きち し 5- &み あ ひて じやく tJ5 I まつ ひるな 

.o;^ 三次 W やら を 助け やう ^云へ.^、 吉 tt 逡 巡して、 《相手 は 三尺 棒お らう 卜 やね ュか もれに 具晝間 

5 .ひ (て i わ こどい て め ェ ぶんせ わ 

だせ。 如何して 手相 k なれる もん 卜 やね i 《弱 >1 事 を 云 ふない。 手前 も隨分 世話にな ゥ てる 卜 や ァねェ 

J た ど. oij ち こど rt- のち ♦i. て い を どこ て めェ をの くれ >1 こど 

か。 義の爲 めに ゃァ犮 達の 事;^ だって 命 を 捨^く ッ ちゃ ァ、 好い 漠 はや ァ なれね >1 手前 も 其 位な 事 

ァ てるおら うじ やね ュ か。 其 樣意氣 地の ね-事 を 云 ふない。 さァ 乃公.^ 1 處は 行ね ェ。】 

く JS a デ きち ゆ 《.き ども あど した さん はし たち ひど- C み かく ,- ♦i- 力-た 2" D 

熊に K まされて 吉 も勇氣 づき、 共 は 跡 を 慕 ふて 一 徵 走ゥ、 忽ち 雜 翻に 隱れて 姿 は 見へ す 

觀の f はぎぎ g も is、 1 ii は Is で、 ft 鎖の r き 十六 七の, f き i 

づきて S の lii^il いく、 is の 肩に 手.^ 掛て、 身材を 伸して 往來を 眺め、 《如何し たんだね。 ま ァ大變 

>- こど ic *4>K 4J やう さま わた く 《 .- t び ま を き を. 3- かけだ レら 

な M だ 事、 船が 始まった のかね 0》 i. がって、 か 孃樣、 ^ がか 呼 申した 將、 直 駆 出して 入ッ しゃる 



„ ほんど を こど たつ かさん し &ビ a 

さ 徒 直な さ S ましたの k 、眞實 に 惜しい 事 をなさい ましたよ o》( (だって 母檨 さか 裁縫 をして 居た もの。 

をに >. SJ ろ ゅ5 & ざい さろ 65 

ま、 何な の o》 ((盗賊 ださう で 御 在ます よ 0} 《え ッ! 盜賊 0》 . 

む をめ 力 ほい K- か お! S 5 ば かた つか いた ちゃ 5 さま そん & 

娘 は 顔色 を變 へて、 覺 へす 乳母の 肩 を 抓めば、 《か ゝ痛。 4- 孃檨、 其檨 にか 畏怖なさい ませんでも、 ^ 

f , ま„ゐ いた やろ ば 5 を み おろ ほ 5 & ざい 5」 んを い、 を ビ こ £ ざい 

方へ 參ゥは 致しません よ、 盗賊:^ つて、 普通の 盗賊 卜 や 御 在ません の、 如何 好男子で 御 在ました らう。 

& け にん * &ん か はさき や か はさき や , 

われ か 御家人 か 何 かなら、 川崎屋 にさせたい やうでした よ。 $J うして 川崎屋 よ. まだ. (すつ さ g 點ぞ 

. P ざい ほんど おや, r さ 3 みま を &ざ. & 

で 御 在ます もの、 眞實 にか 孃檨に 4- 見せ 申した う 御 在ました よ 0》 

む め あ.^ • - や $ め 5 ば み か はさき や fwj こま せろ はう 

娘 は 顏を赧 めて、 さけす む樣な 眼で 乳母 を 見て、 《川 崎屋 だって I 新 駒 だって、 賊盗 ではい や だ わ 0J 

もば き、 ゐ みせ わか ねんば づら たく づど かほ つね へこ や 3 ち! 6 z 

傍に 聞 居し 店の 若; s 衆、 乳母 面の 奥勤め 顔 を、 平生から 凹まして 遣らう ど待搆 へて 居た、 1 入の!^ iio 

C 乳母^ん、 此には 一 番降參 しました な。 乳母^ん の 盗賊へ K« ^ん^ ァ、 slim おい、 ま &^、 

だ. S ちんぶん 

まっての 大珍 開で げすせ oj> 

ひど a- たん やろ ほ 5 かみ ふた w や、 5 、 

また 一 人 か、 i さう だく。 乳母^ん 、がわの 盗賊のお 神さん に 》CN て、 1 1 人が 中 k 該兒 生んで ざ つた m 

ゝ f カズ 、ー -、, I にか L か 5 もみ わ が $ け つもの がた e- e らい や 

^其 子 か 何でけ しゃう 然. 而 して 即ち、 豪 傑 譚の 自雷屋 なんでげ しゃ 50》 

み をく を せ 

皆々 《何故、 く 0} 

の を どこ そ W み せき ばら :?. ま.? 1 & ざい S. きみら & 

其 男ぐ つ S 反身に な ゥ て、 一 吸 拂ひニ ッ三ッ 、《ュ ヘシ、 H タへヅ 蝦; g 衣で 御 在 やす S 云ウ たって、 君 等 i、" 

^ _f1r5 はばか ねこ ふみ がら わか w む w 

智 文盲の 輩に は、 憚. o» がら 猫に 文穀 で、 か 了解に ならん の は 無^も わ 6 やせん。 fW ゾ、 せ I、 あ 自!^ 



や がまば け きみら ^^さか ゆ. i や 5 もの だ. & がく. L や い やし ff もつ み 

也が よく 蝦蟇 k 化る の は、 君 等 だ ゥて眞 逆、 僕の 樣な其 大學者 を、 ュ ん ゾ苟 くも 朋友 は 持た 冥利 は、 

こりく らゐ こビ ま L っゐ お ほ まけ まけ その e らい や がま ね ほへ び でつく わ あぶらあせ 

此 位な 事 は 先づ 知て 居る もの^. K 負 k 負て あげやせ う。 ュ ヘシ、 其自雷 也の 蝦蟇が 大蛇に 出暄 す^ 油汗 

ちか たど その ちゃ i. まつ ばん ど 5 にらみあ ひ い や 5 k 1: に 

を 流して、 近い 譬へ、 が 其 H i ゾ、 長极^ 番頭さん の 睨 合 € 云つ 4^樣》 もので げす を 乙で ュ へ ヅ 蝦蟇 か 

にげだ をのが まわ たも々 こ ねんば こ C らい や め 5 

rJ を )/\. 逃 出して、 其 蝦蟇 衣の 下 k 潜ろ 込 むんで げす も 乙で 乳母^ん の 子が 自雷 也へ は、 ュ へ ゾ妙 でけ 

をん こど おつ わか た さん きみ わが は. S けんり ぎ む 

せう。 ュ へゾ、 ュへゾ oj> 《は、 は、、。 何の 事 だか 些 さも 分らない の。 ュ ~ ゾ澤 山の 君 我輩。 權利 義務 

で 5 ち つみ かる くら. & 1^ 

の 出 をい 中が、 まだし も 罪が 輕ぃ 位な もんだ。》 . 

,3^,^?;ちゎら わかもの め 《■ ち れいせ 5 ふく わから ゃゥ あ わん L ゆ. しゃ 5 $J がた 

iSr 々打 笑へば、 若者 は 眼の 中 k 冷笑 を 合んで、 《ぇゝ 、了解ね ュ奴 k 逢つ ちゃ ャ、 綠 なき 衆生 は 度し難し で 

お o-ij やく i& ん はだ はだ ゝゝ ゝ 、 がつ たいおん 5 れ し を もく?. まわ い ころも C ダ 

わ、、 温石 何 ど虜さ さしり 合し 體 温の 嬉し さお 知らん や。 抑 も 蝦蟇 衣と 云つ ば、 衣 さ 云 ふ 字に 拘 

S. きみら 》: ゆん し 5;^ き L きせ あやま t ちんい け ど んぃ いほ が ま 上ろ こ 丄ゅソ 

泥で、 君 等が 春秋 ニ季 のか 仕着^ 誤解る ベから す。 將珍^ 云 ふ 毛唐人 謂って 曰く さ 蝦蟇 W んで此 草の 

した ふく ケ 5 i がま わ ズク づく ほん を 5 こ £ 'もく かん まいめ 5 ら たしか めいれ 5 は, ん せ,^ 

下に 伏藏 す、 敌に 蝦蟇 衣 さ 名付^、 本草 綱目 二 千 二百 五十 卷の百 八十 三枚目の 裏面 に^に 明瞭に 判然 S 

かい &< む ひつ か しゃく f3 やせん そ 5 か. & これ やま ど か を 

書て わ. やす。 を rJ でュ へ ゾ、 極 無筆 k 講釋 しゃす^ ね、 また 車 前 草 さも 書て、 之 を 大和ぶ 假名で 

かく その、 ゝゝ、 め o でき 

書 さ、 ュ へゾ、 其かん ば rJ さな. やす。 ュ ヘシ、 妙で げしゃう。)) 《はゝ は ゝゝ。 出來 たく o》 

み $J つ 5 ば、、、 もの *ど こ せ、、、 い ほ: fu くら ひこ おゆ いで 

皆 ふ 哄^ 笑へば、 乳き やっき さなって 其 男の 背 をい や^ 云 ふ 程 喰 はせ、 《彥^ ん、 覺 へて か 出よ。》 

ふ W あ 5=1 こぶし した 、、く !• ひこ にげ いだ ど たん あぶ はお どん ほ 5 おや 5 まク て ぬ々 ひ 5»i ろ はお まき £ ち 5 しん 

また 振 上る 寧の 下 を かい 潜りて、 彥七逃 出す 途端に 虻 蜂 蜻龄の 長 feo 手拭の 後鉢卷 して、 《御 注進く。》 

^ ま かけこ きた の S- ち ム ©- み を/ \ぁ き ズ% か ばん? f ちゃ 5 まつ にら この や ろ 5 $J こ 

土間 は^込み 來.. .,^、 乘 地の 振 をす るので、 皆々 呆れた 中に も 番頭、 長极 をぐ ッさ 睨まへ、 《此 野郎、 何處 

佛楚 1 , 戒 八 玉 



佛究 1 紙 八 六 

s つ ゐ その ま ね をん こど 

へ 行て 居た のお。 其 真似 は 何の 事お。》 

て も きせる 、 、 ふる ちゃ, r まつ よつ ば. S 5 * をで した ちょつ ど^く ち bio まつ $ 

手 k 持つ 烟 管ぶ るく さ顫 へる ので、 長 核は 四ん 這に. i& つて 乳母の 袖の 下 鳥渡 隱れる of 長 松^ん、 何 

をす るんだ ね、 氣咏 の惡; so)) 

5 ば どび のい ちゃ 5 まつ の 5 て,^ ,、 , 5 て, おや 5 まつ つく S. &ゑ ちか たどへ ちゃ 5 まつ ばん ど 5 にらみあつ や 5 

乳母 は 飛 退て 長 极の腦 SK を ほん^ 打ば 長 核 は 假聲、 I; ュッへ シ、 近ひ喩 が長极 S 番頭さん さ 睨 合た 樣な 

, I ► をが もの まか ばん ど 5 かた がま たんば 

もので けす。 を rJ でュ ッ へゾ、 長 S 物に は卷れ る、 番頭さん に は 勝れ やせんから、 蝦 慕に なって 乳母^ 

そで した ちゃ 5 たちば を や e らい や み 

んの铀 の 下 k、 ^うでげ す; 嬢さん、 立 花屋の 自雷也 S 見へ やす かね >1 へヅ、 く、 チ、 ヅプ イノ プ 

ィ 0】 《は、 は、、 o】 

み はら か、 わら だ ばん どう しぶめん くづ む もめ わら ひ かく おや, r まつ まへ み き 

皆々 腹 を 抱へ て 笑 ひ 出し、 番頭の 澀面も 崩れる。 娘 も 笑を隱 して、 ((長 核 や、 か 前 見て 來 たかへ。;! ((か ゥ 

わ も ゐ ,y の& ち らしん 

さ 忘れて 居た。 其 御 注進く 0》 

また て ぬな ひ はお まき き ^ おや つ まへ そん を き さ はや は を き A 

もや 手拭で 鉢卷 して、 ぐ ゥさ氣 取れ は、 《長 核、 45! 前其樣 k 氣 取らな くゥ て、 早く 話して か閬 せよ 

し 上 も 5 は tf> こ、 ろ > な きざ きさら は, 5, 

らお 孃 さんの 所望お。 話した く 《心得ました 0J, 《もう 氣障 だよ 。氣 取な く ウタて お話し ッ たら 0)) 

ちゃ 53 つ や 5 く はち 3 き ic- や 5 き、 か わたくし A けだ .Pi き さろ ま.,' 

長 i^tt 漸々 鉢卷を さ. CS 、《か 嬢さん、 聞なさい まし、 欺う でげ す。 私が 駆 出して 行ます もね、 あの 盜賊 

こまが た どころ たいこ 9* たん ど 5 まつこ 5 ふ W かむ L,i 、 、 はいつ 、ゝ はら どころ お 3 わ 《- 

が 駒 形 堂の 處へ追 込れ て 短刀 を眞 額に 振 冠って、 芝居 ら つけが 這 入て ぐつ さ 晩んだ 所でげ す 巡査 さ 

ふた S- さあべ る つか て かけ を、 こ! 《 がた た 5 .L ら かべ せ を か 、ゝ ゝ、 つけ み がまへ どころ 

んがニ <洋 刀の 钃に手 を掛て 進む の を、 駒 形 堂の 白壁に 背中 をび つた. OS 着て、 身搆 をした 所 は、 まる 

おど は や ぺん てんこ ケ 5 ざ S: ぎ S- め si!. べんてん こ ケ 5 あさく さ いは あた ,0. 

で 音羽屋の 辨夭 小僧 11 镦髮で 乙 も あれ 明治の 辨 夭 小 僭 は あれ, たらう。 淺草で 云 ふなら、 まるで 當. TVS 



れ 


れ 


で 


合き 


? St 

膽ぃ 


す 


は 
い 


娘き 


フ 


ん 


ク 


屋ゃ 


し 


h の 


力) 


て 


は 


て 


よ、 


はめ 




to" ま 

で 


! 


の 


て 


ヌゃ 


ら、 


ま 


な 


居る 


ん 


/ 


顔 S 




辨 2 
夭 I 






居ゐ 


鹿 か m 


ノ、 


し 




ま 


で 


( 


/ 


を 




長? 




る 


に ぎ 


( 


た 


ん 


し 


す 


o 


\ 


ぼ 




小 こ 









は ん 


\ 




ね 


で 


た 


ね 


か 


、か 








、つ 


叱 L 


子 こ 


出で の 







す 


力 >' 





孃:? 


f き 






n 


其き 


な も 
寸り 


來さ 檨? 
ま た 




僕ず 


が 


ね 


身み 


さ 5 


さ 




o 


檨を 


ク 


位 言 




な 


、 


、 


ん 


ま 


せ 




て 


I 


なゐ 


せ 《 




ん 


浮 あ 

歪ぶ 


如ミ 


き 




し 


る 






は 


叱 L 




ん 、 




ど 


何 を 













か 


如 e 


V 


ん 


せ 傍 「f 






な 


間 も 


し 






乳!? 


乳; 




孃? 


何う 


\ 


た' 


X に 




、 


IP 


隙き 


ま 


さ 


母ば 




さう 


で 






か 見 




餘ミ 




が 


せ 


い 


母ば 


はお 




ん 


% 


《#» 


は 


孃ミ て 




ま 


ん 


h 


ん 


ま 




長 * 






1 


に 


、 


さ, 居ゐ 




h 


n 








し 


ん 


松^ 




■ ^あ 
^% 


IP 


けノ > 

文 ま 


は 


ん fi 




喝? 


お、 


n 


巡? 





は 


をつ 




孃た 


よ 


を 








采 L 


ら 


の 


査な 


査 S 


直さ 


m 




此き 

if 





届? 








た 




か 


さ 


に 


み 






け 




長, のた 






間 it 


、 


ん 


さ 


ふ, 








れ 




〜 


fel 藝!; 
めつ 者 * 




ん 


ば 


盜き 




ん 


神 ま 


長 S 




につ 


お、 




V 




た' 


お、 


賊? 


輕 4 


が 


さ 




釣? 


ら 


ろ 


、 


、 が 




力 > 


b 


は 

然 t 


卒さ 




ん 


^つ 




込き 


其き 







極 1 云い 




ら 


逃 5 


は 


m 


1 こ 




れ 






さ 






、 


出 だ 


傍き 


ii 


― 


ん 




ま 


夭 I 




ん 


を ま 






し 




に 


手て 


P 未み 


か 

孃 J 
様き 
に s 
せ? 

穩を 

t- 




し 


小 こ 


は 




云& し 




れ 


た 


人り 


寄よ 




iJf を 




ft 


ft? 




長! 






で 


ん 


の 


ら 


掛 力け' 


t 




ね 


が 


け 


だつ 


て せ 




如え 


で 


巡き 


れ 


て 


措 t 







如き 


3^ め 


や 




此を 


す 


査 S 


な 


ヒ、 


の 




逢き 


何, 


五 





が m% 




に 





さ 


い 


b 、 


は 




さ 


し 


厘え 


て 


ら 下き 




聲数 


す 


ん 


ん 


/ 


わ 




ん 


た 


の 


〜 


7 のた 




變ま; 


る 


It 


で 


\ 






如 ど- 


の 


賄 ひ、 


ゾ 


か 




h 




飛 g 
掛で 


す 


•^db つ 

^» 
寄よ 


や 




何 5 




赂ろ 





手て 酌 4 




が 


H け 
兄ん 

AS., tt 
物 さ 





か 






で 






ふ, 


前 5^ がく 




し 


る 




つ 




•O 




け 


•V 


7 
ん 


前 ま が : 




れ 


は 






ぎ 


て 




早? 




す 


1 


さ' 


さ 


相に, : 




位ち 








ん 


< 






可ね 


r 


ん 


手て t 




をね 


わ 


巡き 






の 


甘 も 

rH- の 




:&ゃ 


笑 か 




の 


な へ 






7 


査 S 


す 


役卞 


先 i 






し 




檨? 


ら。 ^ 




ん 




さ 






目め 


を 




はつ 




に 






で 




ん 


の 


ね 


で 


%、 




ex 


な 


叱し 


奥? 奧? 




す 


ぐ 


が 


m 
でろ 







話 g 




力 ど 




山 ま 


山? 長 1 









弱 f, 


m 




し 




で こ 


%、 


ク 


の 


出? ^つ 






mi 




o 

m 


賊? 





1 




げ 


讓? 


I 


鈴?' 




采し 


の 











せ 


さ 5 


叱 L 


木き 


11 m 



み ザ < ひざ •*、 んど S ちゃ 5 あ. S わ. * ふで くわ ちゃ 5 まつ a をし き、 ほ ゐ ちゃ. X. まつ き や 《> の 

皆々 膝 を 進めて、 番頭 も 帳 合 を 忘れ、 筆を啣 へたな 6 長 松の 話に 聞 惚れて 居る。 長 松 は S よく 興に 乘 

にげだ ひどり ねま わ M- も き ねら ひ VJS- お 14* わ S- くみつく ふり 

.CS て、 《逃 出した 一 人の 巡査さん を、 盗賊が 追掛る 間隙お 覘 CN て も 一 人の 巡査さん, が 組 付の を、 盜賊は 振 

は& はげ だ わ 5 らい f けんぶ ク ばい ねま は り だん かけつけ はげ 

解いて 逃 出しました ね。 往来の 方 は 見物が 1 杯に なって るのに、 、巡査さん, が漸々 驅付 たもんだ から 逃る 

こど でき if か K どひ こむ つも か し どび こも こ をいだ ね ほ あめ お ほ 

事が 出 * な いんです それで、 盗賊 は 河へ 飛込 積ゥ で、 河岸から 飛込う さする^、 先日からの 大雨で、 大 

かわ みづ ま y& をが いき ほひ も てき さもが ぺん てんこ ケ 5 これ たビろ み 

川の 水が 增 して 濁って 琉るゝ 勢て つたら 素敵な もんです せ琉 石の 辨 夭 小僧 も 之に は 驚 S たさ 見へ ました 

ちょつ どま, y つく どこ ひど & たまわ q ^ろ tto たんた 5 もつ f て くみつ. S たま ほか ねま わ C 

な、 鳥渡 慌忙處 を、 一 人の, 巡査さん が 泥棒の 短刀 を 持てる 方の 手に 組 付た から 堪ゥ ません。 外の 巡査 さ 

^ろ ゆう つかまへ や 5 so き い し SJ こ ど き くみつ. & ねまわり かほ 

ん もばら く^ 泥棒 を 取捕樣 さする 將、 二つ 三 ゥ 石が 何處 から 飛んで 來た のか、 組 付て る 巡査さん の 顔 

ぶつ、 か ほか おまわり せ を か ぶつ、 か くん て 《*& た * ろ は 5 もけ だ ち 

に 命中って、 外の, 巡査さん の 昔 中に も 命中った もんだ から 組 だ 手 は 放して 倒れる、 泥棒に 助太刀が ある 

たも たまわり たち ね *J ろ その も きみ t つも ば や をん せろ ゆ 5 けんぶつ l6 か どび 乙み 

さ 思って 巡査さん 達 は 驚く 其 間隙お 見て、 實に 素早い の 何のって、 泥棒が 見物の 中に 飛込まし たから、 

おも どき わたし. ソ ちた S <\w £ や 5 い わたく L びっくり ぬ こし、、、 

あっさ 思った 聘、 私の 頭の 上で 御用 だ ッさ云 はれた から、 私 は 吃驚して 拔 けました な 一 I 腰が がく ウッ 

ぬけ くち $ • をれ さ 5 かん じん ビ ころ き 

さ拔 ましたな。 あ、、 口が 酸ば く》ゥ ちまた OJI 《其から 如何したい。 肝腎な 所になる さ氣を 持せ やが る。 

わる くせ ちゃ. * まつ はや ほ を ちゃ 5 まつ ばん & おさ 5 あげ もの あど は& きか 

惡 S 癖 だ 長 松^ん 早く 話さな いか。》 《長 极、 晚に 御馳走 をして 上る から、 其 後お 話して. R 聞せ o》 《え、 

ちゃ 5 ばん ft & つ くだ ほんど ひ, J j{> ん あて ちゃ 5 だいち や 5 

嬢さん、 晚に 馳走て 下さる ッて、 具實ですか彥さんゃ何か當^^^^>らなぃけれ<$^ か孃 さんなら、 大丈 

ぶ は を は を * &ん たも ク み ね<ゃ<» よ みかけ も 9 きち S やつ 

夫 だ 話します よ、 話します さも 何, た W 思て 見ます さね、 奥山で 能く 見掛る 掏摸の 吉 さか 云 ふ 奴なん 

も. S ついし げ I *;»*ゎ& i Lff きき 

です 其奴が 石を投 やが つたんだ ッて Q 避査 さんがぐ るく 卷に 縛つ ちまつ たんです ぁゝ、 來た、 來 



ぁキこ & —- 

た、 彼 處に來 ましたせ 0》 - 

みみく み かわ こり 501*. ら S またく さわが ひど W あそびにん もの たかて こ て ^ し ^ ゆ 

皆々 見返る ど此 時往來 叉々 騷 しくな ゥて、 一 人の 遊 人らしい 者 を 巡査 か 高手小手に 縛め W> 行く 

ケく こま: a.: さ :5Sj う だ "^をん い ❖ わい aw ちょ ゎづ きり if にげ 3 よ ひ み ちち ぬ ろ 5ち ほこ や 5 み 

賊は駒 形 堂の 大難、 意外の 救助に 僅かに 切拔 け、 わつ さ 逃 迷 ふ 雜鬧の 中お、 拔 けつ 潜りつ、 露 路橫町 身 

どころ さが かけき た けいさつ て あて. t きま ti ゆん さ く みち か &t VJW- 

を 通るべき 所 も あらば 亡、 探し 》 がら K 來れ^ 謦 察の 手當 隙間 く 巡査お 配った ので、 道の 角々 て 取 

たさ 1^ む 3 やばし か $J ちか 3 で やろ や はげの み : ゆくて てし だ S ば JT^i-* もん^ >u ば, J;"t ゝ 

^へられん^ して は、 切拔 けく、 廐 橋の 角 近く 迄 攧く逃 延び 見れば 前 路は鐵 道 馬車 圓太郞 馬車、 A 

りきしゃど^-しんぃ,? ど ものみち ふさ し せん e や „■ へき こど むま やばし まが かど じゅんさ はしゅつしょ、 

力 車 等 進行 を 止められし 物 道 を 塞 いで、 まるで 自然の 城壁 殊 k 廐 橋への 曲 4 角に は 巡査の 派出所が わ 

? * さ >j て の *^ み あど た ひせ ま ゆん さ て #^ で ケく は をり か、 

つて、 ^ でもなければ 迚も 通れら れぅ さは 見へ ぬ。 跡から 遺 迫る 巡査の 手が 旣に賊 の 羽織に 掛 る。 あは 

«ら おも S つま ひも どい は を 3- じゅんさ て のこ 《; しろ た ふ 

や、 捕 へられた かさ 思 ふさ、 何程の 間に 紐 を 解た, り、 羽織 は 巡査の 手に 殘ゥて あまされて 背後に 倒れて。 

3 し じ 上 んさ か けき た 、じ よう こも かく どき ひどつ つぶで どん き をの じゅんさ ひな ひ .;J 'ちわ 

派 i3 所の、 1 爱 ばたく^ 驅 來ゥ、 御用 亡 聲を掛 る特、 またく 一 箇の 礫が 飛で 來て、 其 巡査の 額 を 打 割 

びく き をん たび.. i- のが む f e ゆ, <さ こ、 あつ しら さ 53 ま e から も S い ま つき ケく $ん めい 

る。 度々 の 危難 度々 通れても 此時 無數の 巡査 は 此處に 集ま ゥ、 白鷺に 交る 烏 一 羽、 今 ど 盡る賊 の 運命? 

•J* への さよ あらし 

(中) 上野の 小夜 嵐 

ふ s-fNJ- ちめ ひど き あきく こ i ひ ゆふこく 、、、、ほし かほみ こど 3 «- してん わん K ち 5 への 

降續 いた 雨に 人の 氣も飽 々した 今宵、 夕刻から ちら はら 星 も顏. £5.-、 殊に は 摩利支 夭の 綠日、 上野の 

ひろこ, ち まん を S. ば -J やみち ゎづ レ 1.* のこ このへん Si 5 こん を ひど, を い ある 乂. 5- 

廣 小路 は 中央の 馬車 道 も 僅かに 輒 道お 殘 L たばか ゥ。 此邊に 如何して 如 此に人 か 住んで 居 やう さ、 或絲 

々いか きも つぶ ほさ にぎ ほ どき 々わつ はじ ひど ゆ かたがけ でた ち かる 》*.. ち は つか こ 2 もの 

iS 家に 膽を « させた 程の 賑ひ 時 は 八月の 始め、 人 をれ /^の 浴 衣掛に、 打 扮も輕 SB 扇 遣 ひ。 小間物 

&. まへ ひど は を さ S" 5 ゑき や まへ あさが ほ つる をで ひ Si あし ど*、 お ほ こ, r-s- みづ やしる こ や みぜ 

匿の 前に は 人の 花お K せ、 植木 店の 前に は 朝顔の 蔓に袖 を 牵れ て、 足 を 止む る も 多い。 氷 水屋 汁 子屋店 



佛宽】 紙 九 

み.^ - んじゃ 5 ひさ のん 5 らみ こんや さ はら くわん こ こ ゑ ど り まち くまで かしら しゃ さく らんぶ 

から 店の 繁昌、 久しく 飮だ怨 を 今夜 一 度に 晴 して、 戳 呼の 聲 tt 鳥の 市の 熊 丰八ッ 頭 も 三舍を 避る。 洋燈 

まつ t» ろ., - ほ;;^ふ ち 《■ てん 5 つ ちゃ 5 めん い を か み き り たおの ほ をの ひど &み あつ も 4- み て あせ 

商 麼蠟の 焰は冲 夭 に 映って、 二三 町 四面 は 田舍に 見られぬ 霧が 立 登る。 其雜 蘭の 熱さ、 凉に 出て 汗 40 か 

ひビ こ、 ろ わら ^ 5 へ W yj.^ わ S だい S し ざ か $ へ ひどり を? J T ち は やぶか おひ ひ y. まちが ほ どし かま 

く 《< 心 笑 ひ 顔に、 上野の 夭王臺 の石阪 上に 一 人の 男、 圑 扇に 藪 蚊 を 追ながら 人 待顏。 歲は 一 1 十二 一 、顔 

> . &ろゝ 、、ゝ f> ろ V め C t/V 、 一 * も *• たか は を し 3 くち もど これら にが ばし S 、を どこ 

の 色く つき. 白く、 眼 は 塞み あれさ 淸 しく、 つんと 高 S 鼻、 \ つた 口元、 まづ是 等が 苦み 走った 好男子。 

ま ,.^>..- らち i ゆ > 力 わ を か C くづ かた た ほ おか ゆかた あさぎ しろ た づをケ め ち りめん 、 、 、 

具 岡の 白地 雪 輪の 中に 三の 字 崩しの 形 を 大きく 置せ た裙 衣に、 淺黄^ 白の 手綱 染の 縮緬の し きをぐ 

まき げたや はた. > ろ め 5 ど はみ を ち 上い どつ ゝ か か t-ど もん のこ a さか 5 へ ^f^が か 

る ク\卷 にして、 下馱は 八幡 黑の女 夫 鼻緒 を 鳥渡 突 掛け、 踵 は 一寸 も 殘ゥて 居る。 阪の 上に 長く 屈んで 

も f れす、 si の li&ksl ?、 i^BTPff. K のぎ 1 め?、 

.! つ, ち こ, „ ^ち ぶ:^, ベい, ざ > の ほ く ひど あし もど まちかね ふ せい やが そで 、 、 、 まつち どり だ ひ つ 

彼方此方 を遙 Tfs て 石阪を 上って 來る 人の 足音 を 待 兼る 風情 聽て 袖から かめ を <ki 燧火を 取 出し、 火を摺 

■ ^1 ふか こど や、 L ばし ざ か 5 へ きた さかした もが こど またし ばし あくび i つぶや 

て 煙草 を 吹す 事 稍 少膀。 また 石阪の 上に 來ゥ、 阪 下を眺 むる 事 叉少特 欠伸 交, に 何か獨 語き たれ^、 

, , ful ^ ■ f ^, こ ひど ふへ S はかまへ み はらし ひど ま は .& し ざ か 5 へき み 

はき さは 知れす、 待て < ^も 來ぬ 人への 不 Kt. らしい また 墓の 前、 見晴を 一 廻. して、 石 阪の上 k 來て 見 

した の ゆく ひど かげ もこ かほ どけいだ つきかげ C 

れ.^ 、 下から 上, CS 來る 人の 影 もない。 少し ひつ さした 顔に て、 將尉を 出して 月影に かさして、 《もう 十聘 

C までく や 5 き こん を こど ちいつ fj よ tJ ^ t 

だ。 九將迄 來る樣 に云ッ さいたの J^、 まだ 來 やがらね Ho 如此 事なら、 彼女^ 1 處に出 挑 <rs や ァ I つた 

やぶつ か さ、 だけ ていがい き 

菝 蚊に 刺る ゝ丈 でも 大槪. r ゃァね もう 來 さうな もんだ o》 

みたろ 卞 L ざ.^ あし *i ど _ これ ま 5 ちの » く ひどみ その かげ を どこ くわん ゐん を どこ こ X? ^.V-A, H づ 

見下す 石 阪に足 昔。 此か W 待り 中に 上.. 來る 人、 見れば 其 影 は 男。 官員 らしい^の、 « も き|5 か 甌酽鄘 

, み はら はう ぶらつく や 5 も あん を やつ き じゃま み "- < 5 ち sfsj ん あし J ビ しか 

ひしな から、 見晴 しの 方お 逍遙 檨子 彼檨 奴が 來 ちゃ 邪魔になる さ 見送る 中に、 また 石阪に 足音 然も 



やさ あしね ど をん & おも £ 'ち は をし &ゑ きこ ふた s- くはづ さて これ ちが rrt * * の * 

優しい 足音 は 女、 さ 思 ふ 中に 話 聲が間 ゆる。 二人 來る箬 がない。 叉 手は此 も逢ゥ たか^ 見る 中に 上 d 

く をん & ふた S- づれ や t きふ 5 «- つく む をめ げ 4J 上 やま &し ねぎし かへ — > . /, にんせ, 

來るは 女の 二人 連 I 屋敷 風の 美しい 娘 さ 下女 乙れ は 山 越に 根 岸に 歸る らしい 。また 逢ゥ たか 今度 

まて の li く f を きょみ づ わき さかく し もこい t'^. み-,、. • 

はさ 待 < ^も、 また上.0來る檨子も^^ぃ0 淸水 脇の 阪 から 來 るか も 知れぬ さ。 其處に 行て 檨子を 見れ さ 

こ 、 の ゆ ひビ 3- ど W- ゐ 3 へ はう ゆ ひど、、、 ゝ、 * もし つきかげ 、い 

此處 から は 上る もの 一 人 もない。 鳥居 前の 方に 行く- < ちら. ほらり 若 や £ 月影に すかせ < をれ らし 

の み もの 5 ち i ざ か あしな ど これ ちが たも , いそ さか 5 へく ダき "^』 ^ひ^ 

き 者 も 見へ す 其 中に 閗 ゆる は 石阪の 足音 此も逢 ふかさ 思 ひながら 急いで 阪の 上に 來る 膀、 其 人 は旣 

の はし ま C 

に 上. 仕舞 ひて、 《三次さん か o》 

あちら よびかく やさ こ ゑ き ゆき をん こん を また . . > » . c^^. . ) 

方から 呼 S る 優しき 聲。 u\ 來 たか。 お雪、 何 だって 如此に 待し やが るんだ もう 十將 過た ろ 

まへ まちみ K どこ よ きめ くれ , * &ん > 

う 卜 やねへ か 0)) 《だって か 前さん、 待合す 處を 能く 極 さ S て な いんだ もの。 をれ に、 何 卜 や ァなレ 力 

5 へき ひ. 0- かし まつ い L や S げっ まっかね ゆか い 

ね、 緣 日の 植木 を 素 見ながら 待て、 も 能 so をれ から 极月 か、 极兼 かに 行う s.;^ 云 ひだった から 私 は 

? I どこ さが しゃ うげ つ まっかね たづ み J らは: r \ まつ 

植木の 處を すつ さ 探して、 をれ から 核 月に も 核 兼に も 尋ねて 見たん だよ。)) 《篦棒め ッ、 此處に 待てる さ 

まどい & めん わたし ねる C こん. 4- ビこ f>j ち あ ひ 

あれ ^云つ さいたん 卜 やね VI か OJ- 《御免なさいよ、 私, が惡 かった^ら。 三次さん、 此如處 へ 待合す なん 

をん であ ひ f を か 3 へ わたし こど みん jS> し ゐ いま > わ ゆ.; 

て、 佝 だか 出合で もす る樣で 可笑しい じ やない かね。 か前さんざ私の事は皆か知って居るし今卜ゃ^5^の 

a 、お し,?^ ち まへ せわ ちつ かま こど > » 

^親 も 承知で か 前さん の 世話になって るんだ.^ の、 些 さも 搆 ふ事ァ あ.?^ ァ しな S やねもう 遲 いから 

んみ あつ こど ん にち ひやか はや かへ らう > まへ き もの ^ ら,, . ま^£ 

其樣に 暴い 事 もな いよ。 綠日 でも 素 見して。 早く 歸宅卜 やな S かぬ .£则 さんの 好な 物 を 捲へ て 待てる 

iS* つか あ ハ あ W がたい ゆき こんや を こ は を こど わん はち , ダク, 』》^^: 

さ 親 母が 云って たよ 0)) 《を ゥゃ難 有が ッゃ 雪、 今夜 少し 話して 工事 も あるし 緣 日なん かまた 何日で も來 

佛 魔】 紙 九フ 



られ らァな アツ。 些^其邊を逍遙ぃて見ゃぅ卜ゃね >^ か OJ> 《か 前さん^ j 處 に^ら、 私 ゃ何處 でも 行が 

まへ ま 上 だ 4J ぶんよ e & ろまで ねく やま さみ どこ まつ こど か てん 

ね、 か 前さん は 迷; 5 出した 將分 は、 夜の 一 1 時 頃 迄 も 奥山の 淋しい 處に 待てた 事 も あるが ね、 期うな つて 夭 

か はれ ひど かく こど いら 乙ん を さみ どこ あるく j5> んこ はや 5 てまへ し 

下 暗て 人に 隱れる 事 も 入なくなる さ、 如此 淋しい 處を步 行の は 何だか 怖い 樣 だよ ッ。》 《手前 はさう か 知 

たいら やつば むかし こど わ も どき .i- こん & 50 こ て ひきばり あつ ある. & み 

らね ^ が、 乃公 は 矢 張 昔の事が 忘れられね ^ から、 特々 如此 虞.^、 手 を 引 張 合て 步 行て 見て >1 よ 0》 《す 

あろ か わたし 51^ 5 こんや へん こわ や 5 き をん さび し や 5 

ん なら 歩, 行う がね 。私 は 如何した のか、 今夜 は 變に怖 S 樣な氣 がして、 何だか 淋しく ッて 仕樣がない 

よ。)) 

をん を からだ ふる を どこ ゝ、 ゝみ を a こゝろ たちつ か や 5 を き せ 

女 は 身 體 をぶ るく タ )顫 はせ るの を、 男 は 卜 さ 見て、 rJ れも何 か 心の 落 付ぬ 檨子。 《をれ は 氣の所 

ゐ &ん げんまへ は 5 いつ み 

爲だ 。櫂 現前の 方へ 行て 見やう oj> 

を どこ まへ たて ねん を を、 ほきつ せビこ あるぐ こど を ど. J もば ゝ ゝ、、 iw,y て 

男 は 前に 立ば、 女 は 進まぬな, がら 惚れ 切た 男 さ 仃事 いやで もなければ 男の 傍に 。ひった-.^ さ 寄 添 ひ、 手 

て irys- あ こ复 >4 る つきかげ 5 へ 

さ 手 を 握 合って、 棺に篩 はれて 月影の ぼれ た. H を ぶら. く 

をん ビし やつ せ いろ くろ かほ つきかげ てら e つぶつ 上 ほ" I しろ み しん しろ 

女の 歲は漸 さ 十八 か 九。 少々 色の 黑 S 顔 も 月影に 照せば、 實 物よ 6 も餘程 白く 見へ る。 乙れ は 具から 白 

'へ みがきあげ ほ だ あ ひ ま わた はくろ 5 かけ まね ほ :;,- 巧よ つど ほんべ か め > ゝゝゝ くち 

い 上に 磨 上^ 肌合、 置; 綿に 白 蠟を掛 て、 眞 似.^ する 程 鳥渡 本 紅 を さしたら S うか。 眼 はばつち 口 は 

つ » み かほ だ < -々 てん ま ff> ぶん も > &ん い ひた ひぎ は も 二 5 も おは び た ん た ほ ひ 

荅。 顔の 四ッ 道具:^ 1 點の申 分 もない。 若し 難お 云へば 額際が 少し 薄い。 乙れ は 多くの 美人が 多く は批 

,^.ん これ tl5 ぶん のケ い せん ん ひビり むづか み これ める かみ くし 

難され る。 此に お K み を 云へば、 千 人 1 人 まづ 六し い。 して 見れば、 之 は 許され もす る。 髮は櫛 

まき しろ もど ゆ ひ もんじ 5... め あつ nsr か げん この を かま S き 5 れ d もの を どこ つ _c も f ち 5 がた ゆかた 

卷 にして、 白 元 結で 十文字に 止た 瀟洒 加减、 此社會 には粹 € 嬉しがる。 衣服 は 男と 對摸樣 の 中形 浴衣 



た * S .^^c ^4-3 ^ ィ、 メ が めん ち 5 や たび げ た を どこもの は,? や はた々 ろ た t« め 5VJ 

下 卜め キ男^ 對の 手綱 染。 帶は »s 子 さ 中形 縮緬の 晝 夜帶。 下駄 は 男物、 鼻緒 も 八幡 黑、 唯 女 夫で な S 

.[ > * i ' > つ.. ひ たのし わか だん によ これ いのお 

はか ゥ、 何もかも 對 にした 樂み 若い 男女に は 之が 命? 

t 1e . ^2! て 1 ひきみ き 上み づだ 5 わき さか お &ん げんまへ か、 つき まつ *J こ ゑ は& れいろ. r- 

三次 は.;^ 雪^ 手 を nt> 合 ひ、 淸水 堂の 傍の K を下ゥ て、 權 現前に さし 掛る 月 は 全く 稍 を 離に 七、 ^1?瓏た 

ひ- ュ . ふ, た J A こど . そ *0 た 3> &ん げん ど ゐ <ビ いしだ み あし ふみか、 C そで たさ き たち 1- ま 

る 光輝に 一 1 人 は實に 一 双の 玉 權 現の 鳥居.^ 潜って 石 疊に足 踏掛る 三次の 袖 を^へ て、 か Iff" おが ゥ、 

. ^もん., ゆ くらつ ほ どこ ゆく よ ベ 5 ぶ ざ か た 3- 5 ち かへ 

i 其 檨暗黑 い 所へ 行の はか 止しよ。 US 風阪を 降て 家に 歸 らう 卜 や^い かね 0)) 

1 き i^utii - - み, .,35!>f ほ みづ た やう め たちつ まゆむ し は こ、 ろ も、 み つきかげ 

三次 は 振 返って 見る か 雪の 顔 — 水の 漏る 檨な 眼が 落 付かす、 眉 根の 皺に 心の 進まぬ も 見へ て、 月影に 

び たん 、りれ ひが ほ じ もどく ゆき いろ 3 よ いま や .? きし 

拭 ふた 美人の 愁顏 C 三次 tt 元來か 雪の 色 k 迷って、 今の 身 I か ii にも 知られたくない I にもな かつ 

>/sso N ル ほ.^」 い :^ジ むし V, し , ^の 5 つ かほみ みほ! わ © こ、 ろ きわ, i.- だき か、 きつ 

此程嫁 かる は 虫 か 知らす か、 其 美く しい 顔 を 見れば 見る 程、 覺へ卞 心 も 消々 にな ゥ、 懷抱 へて 接 

物 も 仕た so をれ も わが 身に は換 へられぬ^ 思 ひ 返して、 《な J^、 怖い 事が わる ij- ん か。 櫂 現の 阪 から 

け はた お ひ ろ こ, r 'ち で ね ひら ゆく どま き 

池の 端へ 下. て、 廣 小路に 出 やう まァ 乃公の 行 通 ゥ,^ 來ね ェ0 一一 

y ^^c ^ C そで, L かにぎ いし;;? 'ろ £> しろ まっくら も 3- を か て ふる ひ A !んげ t 

か 雪は猶 Mil 次の 袖 を 確 ど 握って、 石燈 籠の 蓊 後の 暗 黑な 森の 中の 凄 さに 手も顫 へめ、 曳れ くて 權現 

P ヽ 4 だ, いし ざ か お V たも. C み 52 まが ゆき あし ど をで て は ズ% 5 

前 力ら iy.csk 石阪を 下る か^ 思へば 三次 は 右に 曲る か 雪 は 足 を 止めて、 釉の手 を;^ さす、 ((如何した の 

こんばん そん,, _b 50 こ いや 5 るせ わ お いら c は 5 く い 

今 晚は。 其樣處 ばか. o、 嫌 あなね。】 《五月 蠅なァ 乃公の 行く 方に 來ゥゃ 能い 匕 や ァねュ か 0)) 

e こ ゑ, * こいか ゆき も yj し ほれき つ を V. こ s こど ふか い を ti- みん & 

三次の 聲は 少し 怒る。 か 雪 は 素よう 何も 知らす、 惚 切た 男の 云 ふ 事、 深く 辭 むで. なく、 唯 何 さなく 氣 

み わ!? k わが ま、 い み を どこ た it <s んを こ は たも き この も W fl たかげ くら 

. ^の惡 さに、 我儘お 云って は 見る もの、、 男 を 怒らす 程な. ら、 如何 怖 S 思; S もす る氣。 此 森の 下 蔭の 暗 



さ ゆ さ つまさき おちば さな やつ SJJftt" つ ゑ, C まへ く つきかげ い つ 3 5 そ たら み 

黑! お雪 は 爪先で 落葉 を 探りく、 漸さ 動物園の 前に 來れ ば、 月影 は 何特の 間に か 薄くな ゥ、 空お 見れ 

ほし、、、、、、 く. f -c 卞 ほ- はっきり み こ、 ろ はも ひどし ほ こ、 ろづょ 

ば 星. ちら ゥ ほら ゥ、 ^ん よ. CN さ 曇りて、 三次の 顏も 明瞭 さは 見へ す、 心細 さは 1 入。 まだし も 心強い 

や か ひど わ おがへ ゆき あ ひ へだ は を ゑ きこ じ、、 こ" やま あき 

は、 谷 中 あた ゥの 人の 緣日 歸ゥ、 行 合 も すれば、 森 を 隔て ゝ話聲 も 聞 ゆる。 三次 も. ぅ此 山に 飽 たか、 

お i 'もん &ほ 3 が このみち まつ も ベ 5 ぶ ざ か た w かへ こ、 ろ ゆき おちつ あし はこ せん は&. 

中 門 通ク; ^曲る ので、 此 道の 眞直は 房 風阪、 をれ を 下て 歸る心 雪 は 落 付き、 足の 運び も 自然に 早い 

お 5 もん まへ ど は を り や 5 だいし か <J き どたん : ゆき そこ く ふた 3- びっくり あし ど み 

中 門前 も 通.^ 過ぎ 兩 大師の 角に 來た 途端、 《お雪 か、 其 處に來 るの は0)) 二人 は 吃驚 足 を 止め、 見れば 

かたかげ ひど かげ ゆき たい, ね そ 

片 蔭に 人影、 《お雪 か。 大曆遲 かった の。》 . 

ゆき さつ もく へん e で e たちな たこ しつど の ほか しの ぴを どこ にく こ ゑ せきこ て めへ 

4^ 雪 は 早速 k 返事 も 出^。 三次 は 忽ち 起る 嫉妬、 われ を 除け て 外の 忍 男、 惡し V 聲も急 込み、 《手前 

をん ゆき をん 上. *- 

は 何 だい。 や 雪に 何の 用が あるんだ 0》 

さき * どこ を せ へんじ ふた W- ちかよ e ね » こぶし K ぎ ゆき 43 しろ かく 

先の 男 は 何故か 返事 もな く、 つか)/ \-€ 二人に 近寄る 三次 は覺へ 卞箏を 握れば、 か 雪 は 三次の 背後 k 隱 

れて身 はわな く。 

《か 雪 卜 やない か。 か 雪く。)) 

ゆき こも >H る わなし ゆき まへ &た 

お雪 は 聲も 額へ、 ((私 はか 雪です が、 か 前さん は 何人です 0》 

その <1 を どこ ちかよ ふたり #4. がた み ゆき しつれい & めん 

其 間に 男 は 近寄-^、 二人の 姿 を CN く f 見て、 《や 雪 t やない。 rJ れ は失騸 をし ました 御免 をす 

つて …… on 

ちわぶ くわん るん てい どし 上 a を どこ てん わ だい さか f へ で あつ ひど む もめ か ひ ねん K ち かへ まちみ K 

打 詫る は宫 員體の 年寄の 男、 夭 王 臺の阪 上で 出會た 人らしい、 《娘^ 下婢と が綠 日から 歸 るの を 待合し 



ゐ ビ ころ ふた S- もがた み ちが い, > わい しつれい 

て 居ました 處へ、 二人の か 姿 を 見 違へ て、 意外の 失 鱧 をし ました o》 

ていねい あ 5- さつ ふたり あんしん よ かげん あい 3 つ わか ぺ£ 'ぶ ざ か few お b C しんさ か g き みち 

丁寧な 挨拶 二人 も 安心して 能い 加减 に挨梭 をして 別れる 房 風阪を 下る かさ 思へば、 三次 は新阪 行の 道 

まが ) ゆき こん を どこ おも ねこ . を どこ 5 しろ e ふ W かへ ゆ^ て 

に 曲る。 か 雪 は 叉 如此處 を^ 思へ <$J、 怒られて はさ 男の 背後から すなく。 三次 は 振 返って 、《お雪 手 

めへ ゆ だん, あん を ic あ ひびき L 

前 も油斷 かなら ねュ、 如 彼 男 さ麟曳 する たァ 知らなかった 

ゆ^ e もば を, J こ て しか は ぎ ぃ》* ひど まへ f をん 

か 雪 tt 三次の 傍に すつ さよ ゥ、 男の 手 を 確^ 握り、 《え、 今の- < か so お前さんの 樣 でも, Ja>s、 何た ね 

ひど>^が きの ふ け ふか わたし こ、 ろし ► , 

A逢;sだ^cぅ卜ゃ^'なぃかねo 昨日 や 今日 斯うな つたん じゃあるまい し、 私の 心 を 知らない かなん ぞの 

檨 に。》 メ 

C はぎ て ふ 9 はみ もこ みのけ し てめ ェ こゝろ ね いら のみこめ 

三次 は 握られた 手 を 振 放し、 少し 身 を 退て U ゝ、 知らね ュ。 手前の 心 は 乃公に ゃァ飮 込ね ェ 0】 

ゆき e を 5^ よ あま や 5 ものて ひつば ま M S 5 こんばん かぎ そん を こど な. ぶ 

;-雪 は 三次の 傍に 寄ゥ、 甘へ る 樣に其 手 を 引 張ゥ、 《お前さん 如何した の、 今晩に 限ゥて 其檨事 を、 戯 

つ , いや: ), * さっき だま て め H ねいら か あるく いや 

弄ち ゃァ嫌 だよ 0} 《先刻から 默 つて 6 や、 手前 は 乃 as 期う や ゥて步 行の が、 嫌で く iS> らね H んだな 0J- 

* まへ わ た 《J こ ゆ こん を 

《わら! さう 卜 やない よ、 .21 さん^なら 私し ゃ何處 へで も 行く よ。 だけ.^ も此檨 …… on 

.S ひかけ こどば き ねこ ほれ よわみ そん,, ォ き わなし わる 

云掛て 言葉お 切. り、 また 怒らして はさ 惚 たが 弱 身、 《其 檨氣卜 やな いんだ けれ <^ …… 私が 惡かゥ たよ。 

わたし わる かんにん く かんにん - 

私か惡 かった から、 え、 堪忍して. R 與れ 。え 堪忍して …… 0} 

ねば^お び や 5 て か その かほ みつ みまか §! きか あい よは こ、 ろ . e ね K 

男の 帶に兩 手お 掛け、 其 顔 を 見詰めて 身お 住せた お雪 0. 可愛 さに 弱る 心お、 三次 は 鬼に して、 《それ. r や 

ねいら い W こ さ こ いや? い きつ ビ ! iJ こ sal 

ァ 乃公の 行く 處 なら、 何處 へ, たって 可否 は 云 はせ ね >1 ど o】 ^61. 屹度 何處 へで も 行ます よ o》 



ゆき 、、いき ひか ゆけ .L んざか た S- 々ち しゃ、,? >ん て i' ゑ £ わ ふ まつ そら しの やみ ほんやり み 

お雪 は ほっさ 呼吸 をして、 曳れて 行ば 新 阪の下 口。 將 軍手 植の 五葉の 极、 S を 凌いで 閽 ながら 朦腫 W 見 

も £ てん み をが ほし み ,、 も きれめ .S3 あめ たち ひだ 《- み たた S やみち 

ゆる 凄 さ! 一 夭 まるで 黑 流し、 星 も 見へ す、 雲の 顴目 もな く、 今 k も 雨が 落さう。 +y 方お 見れば 靈廟道 

みち い むし やみ もみ か > > > £ft も & ね » み ふる 

I. 道と 云 ふよ. も 寧 ^>閽 の 住居、 し いん^ 感 ゆる 凄 さ! 覺 へ す 身 も 額 へ る。 

C この やみ も、 ゆき こ 》 さみ はね あは f たが を K い * どこ て 

三次 は此 M を 進む に、 お雪 は 怖 さ! 淋し さ! 齒の根 も 合ね^、 また 疑 はれ やう かさ 何も 云 はす、 男の 手 

て くみあ S »< る かほ あ e- か み やみ ゆめ こ、 ろ *«- S こ? ゑ 

さわが 手 を 組合して、 をれ をぶ るく 顫 はしながら、 わが 顔の 有處も 見へ ぬ 閽路を 夢の 心。 折^*-折、 梢 

、、、を ゆき 、 、 e 、、、つけ た ほつ ぶ あめ *j 5 

が^つ € 鳴る。 お雪 はわつ S 三次に しがみ 附ば、 わら! 大粒の 雨が ばらく ((あら、 如何し やう。 お 

まへ こん y_b どこき しか |:i こ、 ひど や も f 

前さん 如此處 へ來て …… 《仕方が ねュ。 此處で 一 休み休みね ェ。》 

ゥれこ *» をん した 60 Lft きこ や ね あた ね ど 5 しろ さ ■> たし 

連 込れ たは 何の 下 か 森の 下 か。 ばらく £ 聞 ゆる は、 屋根に 當る昔 か をつ S 後手に 探れば、 確かに 

おた s や もんした C まつち ど 5* だ 、、、ふか もた び あか たばこ ひ ひか & ゆき 

靈廟の 門下。 三次 は 燧火を 取 出し かめ を を 吹す。 吸 ふ 度に ぽっく^ 明るくなる 煙草の 火の 光に お雪 

ま S かね や 5 をど こ か は み $j f ほれ め をの かほ をん & まへ 

は 待 兼た 樣に 男の 顔お 見れば、 如何した か惚た 眼に も、 其 顔が 何 さなく 凄 so お雪 は摺 寄う、 《お前 さ 

け ふ ? こん を yj こ あるい 

ん、 今日は 如何した の、 如此處 ばか ウ^ 行て。》 

じ 、、、み ゆき てめ ェ き、 ほか て め H ね いら しゃ f べェ をん fj 

三次 は 卜る 6 見て、 《か 雪、 手前に 聞て * の は 外で もね. -が、 手前 は 乃公の 商賣は 何だか 知ゥ てる だら 

まへ しゃ ばい わたし し きつ し < これまで. * が ねん こん を わ け 

う OJ> ((え、 前さん の 商賣、 い、 え 私 は 知らないよ o》 《確 S 知らね. - か。 此迄 長年 如此 交情 k なって ゝ、 

もの を どこ L や 5 べェ し f ふ じつ をん を し つ しつ い 

其 男の 商賣を 知らね X 樣な 不實な 女で も あるめ X 知て るなら 知て る S 云; S ね s】 

ゆき C た !• あそび おん お t を s>< ふ しん こど t 乙、 ろ さど f 

お雪 は 三次 を 普通の 遊. < さは 思へ^、 折々 不審 ^事がないでも なく、 若し や^ 心に 悟った 檨 でも あるが、 



をの こ 、ろ を ふ 



1n^..r^it tft ミ rf ズ でも、 J0 

f か。 45 るく あへ る。 《き?^ 知"? ェ S . 

iff 【ゎゝ 。f. ゥ U ク くても 安 て 。一。 I、 が 1 やう。? f た fs 

HIT J 降:,"! u v』p。 ,f - 《わ ゝ、 

ゆき て, さ、 おて る 蒙お よ》 なァに ^ む 

醫? li しく、 f - 11 

s を f ? ね 田でば、 (わさ、 つ s . ! ^tfi^o 

TSf んで、 if の IKi む li の 々たる.. 刀 き? 

ひど &ろ » o\\ : ゆき かん,.,」." , I 

《人殺し s、 く)) C ゆき < び か、:: く r ^こ;;;, て 組. & さす、 《か 雪、 谌 S しろ 

ぎ if , <ffs ……: 三次 は 8 の 首 I へて Kf 當て 動力 さす 1 

佛冤 1 紙 

に i ^^En^^^^ — .1 M 



佛鬼】 紙 九 八 

ぎ ねん やいば ひら ひどつ 

疑念の 刃 また 閃めいて、 また 1 突き 

fen- くも たへ ま つきかげ 5 つし だ あ S- さ むざん む ざん む ざん 

折から 雲の 斷 間の 月影、 寫 出す 光景、 無殘! 無殘! 無殘! 

^ だ たまが しわ 

(下) 隅 田の 玉 柏 

- れん じつ たい .5 みだ がわ 5- よ 5 がし みづ ひら どころ S つ をい ば 《- かな き is ねむ まやば. L け ふ あめ あが 

連日の 大雨に 隅 田川兩 河岸、 水の 溢いた 處も ぁゥ、 每特も 水防 方の 氣を 揉す 厩 橋。 今日は 雨の 止って 

むいか め みづ かさ よ ほ tJ げん も S ゆ 5 かた け さ ひきあ 3 « し こん! ぶ をん > . < い をい くら 

六日 目、 水量 も 餘程减 卜て、 水防 方 も 今朝 引上げ、 先 づ橋は 今度 も 無難。 が、 平水に 比 ぶれば ま, たく 

t( , ^ハ せい つちいろ a£ 5 づ ま f $ やうみ さ 上 もい れん たつ じん 力 どんち. 5 ^く 

中々 の 水勢、 泥 色に 濁って 、渦お 卷く樣 な 流れ 檨、 見る からの 凄ま t さ? 好し、 水練の 達人で も、 無頓着 

* び ど み わた どころ つ 5 か 5 ふね さ <- た ♦-t ゆび まつ かげ も ac やう け S さつ ゆ 55^ LX^LX^ 

に帶は 解けまい 見渡した 處 通行の 舟 は 一艘 もない、 唯 首尾の 核の 蔭に 水上 謦 察の 端艇、 職掌な か 

あぶ を ^AaL し が S まるた ど こ は をが く けんぶつ らぅにゃく^^!んはょ ゆ ゑ はし > 

ら危險 いもの 。犬 猫の 死骸 丸太 1^ の壞れ な^の 流れ 來 るのお、 見物の 老若男女、 rJ れ 故に 橋 も §^ら め 

く。 

どき くら へ は 5 ひど &ゑ さわ $ みづも ひど たもむ くらまへ か 5J »f> ^で も W あ ひ!^ 

將に藏 前の 方に 人 聲が騷 がしい。 何 かさ 水 を 捨て ゝ人 は趨 くもの も ある。 藏 前の 角よ. 橋 迄 は、 其 間 

«づぉ 《ん て 5 た そのち ひだ たち! a た を ひ ど &> か ^^ゅんさ ね にげく C ちゆん 3 て 

僅に 半 m にも 足らぬ 其 間 も 忽ち 織る やうに 成る 人の 中.^、 に 追 はれて 逃 來るは 三次。 巡査の 手 は 

も? C ど,、 どら C ふ 9 むく ひら たんた 5 み &ビ ちゆん 3 む.; J つい 

.M^ に 三次 の^に 屈いて、 わ はや 捕 へられし か。 ゃット 三次が 振 向な. 閃め かす 短刀、 美事 巡査の 胸 を 突 

あ ふむき た ふ しゅんかん ほか ちゆん さ て .54? ね £.ま やばし 5 へ a だ. てん は. > ほし こ たちのび こ 、ろ.' 5 乂 、 > 

て、 仰向 倒れる 瞬間。 他の 巡査の 手 を措拔 け、 廐 橋の 上に 韋駄天 走 6、 橋 を 越へ て 落 延ん心 か 橋 上 

のこ け ぶつ S かたはし よ 3 ね も. C にげ S. お しらは ち ふ もで はし こ 

は殘. < ^し 見物、 わつ >J 云って 片端に 寄る 間遲 し、 三次 は 逃る 中 も 白刃 を 打振ゥ く、 旣に橋 を 越 へんさ 



み は 《1 づめ はしゅつしょ ちゆん さ にん B し ゆくて ふさ て おひ じ、 むか さつ * 3 へ てき ろ てき 

して 見れば^ 詰の 派出所の 巡査 三人 檻の 前路を 塞いで、 手 負 猪に 對ふ獵 夫。 前面に 敵わ 4 背後に 敵わ 

さ い 5 さかまく みづ ねよ ぎ ふ たんれん t はい ど S? びん おち はい L 4 し のが みち 

4y 右 は逆卷 水、 游泳 不 鍛練の 三次 は、 蠅取 瓶に 陷た 蠅、 もがいても をれ は少將 迚も 逃る ゝ 血路 はな 

だいたん せち て ゐ のお まど らんかん て か、 B し、 た きこ みづ おど は L 5 へ けんぶつ 

so はら! 大膽 何ら k も 捨る命 を 的、 欄 千に 手が 掛 るか、 橋 下 Ji£ 聞 ゆる は 水 昔 橋の 上の 見物 は = 

ど びこん t> どび こん はて らんかん み ねろ もで ケ< がた み 、 、 、 

ゃァ! 飛込お、 (0 Is 次が 飛込お 上手の 欄 千から 見下した が、 <§3 は 賊の姿 も 見へ ぬ。 また^ろ 

したて のケ どたん むざん * &、 つ こ ^ も、 ん$JS' 5 ク さかまく みづ 

(€ 下手 を观く 途端に 、 無殘! 七歲 ばか 4 の 小 兒筋斗 を 打て 逆卷 水に …… 

t やつ は レクひ ど 5- つ てばや きもの ぬが どき みづね どた か どび こ , I • '^r ) ^^^^ 

三次 は漸さ 橋杭 取 付き、 手早く 衣服 を 股ん^ する 將、 水 音 高く 飛込ん、 おは、 われ を 捕へ ん爲 めの、 &査 

のが だけ こ みづ. J 、ろ で も ❖ み、 きこ たも „ 

か 逃る、 丈 はさ、 少しく 水心な S でもなければ。 旣に 潜らん さする 耳に 聞 ゆる は 8 助け る ッ く 

S ひど さけた も だれ ねれ を しれ みれ を、 つ. 3^ らゐ こ., せ.^ f *Cf > 4 バ _^ 3 5 

I さ 云 ふ 人の 叫び。 助け >cf は 何人 を か。 乃公 を か。 何 か 知ね^ 見ば、 七歲 位な 小兒か 浮つ 沈つ。 や 

ふびんた を む ざん が ろあく t> この こ、 ろ ねこ さやが, ひど かわ かざ S ) A-^ » * * お il 

ジ 11 不便、 助けたい。 無 殘强惡 の 三次に も此 心の 發るは 流石に 人の 皮は粧 飾で もない。 思へ は 乃公 

のがみ こ f ビも L どら L だれた も * - -^w 』 え 1^ 

も 股る ゝ身、 あの 兒を救 はん^ すれば、 共に 死ぬ か。 捕 へらる、 か、 tsi^x も 怖る しい 三次 も此敌 

あい ふ ころ じゅんさ ころ このみ づ 50 びこん ばんし <. お せ f のケ せ は ひビ 5 へ 

に 爱婦を 殺し、 巡査 を 殺し、 此 水に 飛込お^、 萬 死の 中に 一 生の 望み。 え ゝジ背 腹、 人の 上よ 4 我 か 

f へ しあん しゅんかん e のがる だけ 6 な どき たも ヌし I 5, 、 さ. け 、; 

上 …… 思案 も 瞬間、 三次 は 逃る 丈 はさまた もや 潜らん さする 時 i 助ける ッ、 く I 橋の 上で 叫 ふ 

こ ゑ み、 つら み こ SJ も がた み をが たも 5 ち ちい て をみ 5 へ 

聲は また 耳 を 貫ぬ く。 見れば 小 供の 姿 は 見へ ぬ。 ゃッ! もう 琉 された かさ 思 ふ 中、 小さい 手 か 波の 上に 

くる おも ひや ふ びん たも もの こ ゑ C f こ/ろ- - ,♦、 

も かくは、 苦し さも 想像ら れて、 ぁゝッ 不便お Isz^^. く =a 其聲は 三次の 腦 11 心に ひん ひ 

ひ *- か あいさ 5 ふびんく る ふ びん これ 3 で つみ ほろ » ま